ヤフーのポケットWiFi・Yahoo!Wi-Fiの料金や評判、WiMAXとの比較

ヤフーのポケットWiFi・Yahoo!Wi-Fiの料金や評判、WiMAXとの比較

Yahoo! Wi-Fi

【2019年2月更新:Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の新規受付が終了】
Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の新規申し込み受付が終了しました。Yahoo! Wi-Fi公式サイトでは、Yahoo!モバイル(Ymobile)でのポケットWiFi契約をおすすめしていますが、当サイトのおすすめは同じソフトバンク回線利用の大容量ポケットWiFiサービス・ネクストモバイル(NEXT mobile)です。なお、このページではYahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の解約手続きや問い合わせ方法を中心に紹介します。

Yahoo!JAPANが提供するデータ通信サービス、Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)。業界最安値級の月間通信容量5GB月間通信量無制限の2つの料金プランがあるポケットWiFiサービスで、ソフトバンク回線を利用するサービスです。
 
WiMAXの月間データ通信量7GB制限プランと比較して、Yahoo! Wi-Fiの5GBプランは通信量が少ない方に魅力的な料金設定ですが、WiMAXのギガ放題プランにあたるヤフーWiFiの月間通信量無制限プランは知っておくべき注意点やデメリットが多く、十分に比較・検討しないと損をする場合もあります。
 
このページではポケットWiFiサービス・Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の料金プラン内容や評判・口コミを紹介、WiMAXと比較してどう?という観点で解説、解約手続きや問い合わせ方法の違いも紹介します。

【2018年8月:料金プラン名改定】
Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の料金プラン名が下記の通り改定されました。このページではすでにYahoo! Wi-Fiを利用中の方にも、現在検討中の方にも分かりやすいよう、新・旧のプラン名を併記して解説します。
改定前(旧料金プラン名) 改定後(新料金プラン名)
Y!Fi(ワイファイ)データプラン2(4G LTE) 3年契約たっぷりプラン
Y!Fi(ワイファイ)ずーっと得するデータプラン2ライト 3年契約おてがるプラン

コンテンツ

ポケットWiFiサービス・Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)とは

Yahoo! Wi-FiYahoo!JAPANのサイトを訪れると、力を入れて宣伝しているのか「Yahoo! Wi-Fi」(ヤフーワイファイ)を目にする機会が多くありませんか?
 
Yahoo! Wi-FiとはWiMAXなどと同様、ルーターと呼ばれる小型の通信端末を持ち歩くことで、どこでもインターネットに接続可能なポケットWiFi、あるいはモバイルワイファイと呼ばれるサービスの1つ。ヤフーを運営するソフトバンクグループはYahoo! Wi-Fiのほか、ワイモバイル(Y!mobile)やソフトバンクのポケットWiFiを提供、このページで注目するのがYahoo! Wi-Fiのサービスです。

ソフトバンクのY!mobile(ワイモバイル)と何が違う?

Y!mobileYahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)とY!mobile(ワイモバイル)は、どちらもソフトバンクグループのポケットWiFiサービスで、よく似たサービス。どちらもSoftbankの4G LTE通信回線を利用したポケットWiFiで、通信速度や対応エリア、繋がりやすさに大きな違いはありません。料金面も大きな違いはなく、違いを強いてあげるとすれば、

・Yahoo! Wi-Fiは、Yahoo!Japanなどを運営するヤフー株式会社のポケットWiFiサービス、Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンク株式会社が運営するサービス
・両者を比較して通信ネットワークや対応エリアは同じだが、選択できるモバイルルーター端末の種類が異なる

の2点。それ以外はあまり違いの無いサービスと考えて問題ありません。

モバイルWiFi最安?月間5GBプランの割引キャンペーンに注意

ポケットWiFi・Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)が注目されるのは、月間データ通信容量5GB制限プランがWiMAXを含む各モバイルWiFiサービスの中で最安級の月額料金プランと宣伝されているからです。

ポケットWiFiを月額料金2,480円で利用できるためYahoo! Wi-Fiは「最安」とされていますが、3年契約が必要な上、月額462円のYahoo!(ヤフー)プレミアム会員費用が別途必要な制約もあります。

キャンペーン特典適用にはYahoo!(ヤフー)プレミアム会員加入が必要

すでにYahoo!(ヤフー)プレミアム会員の方には魅力的な料金設定かも知れませんが、ヤフーのプレミアム会員に未加入の場合は、会員費用の負担(月額462円)が別途増えるため、その点も含めてYahoo! Wi-FiとWiMAXや他のポケットWiFiとの料金比較が必要です。Yahoo! Wi-Fiの宣伝は魅力的ですが、落とし穴とも言えるデメリットで注意が必要です。

Yahoo!プレミアム会員にはショッピングやトラベルなどヤフーのサービスを利用する際にお得にポイントが貯まる特典がありますが、普段あまりヤフーのサービスを使わない方には不要なサービス。

ヤフーのプレミアム会員にならずにYahoo! Wi-Fiの月間データ通信容量5GBプランを利用すると、月額利用料金の割引特典は適用されず月額3,696円。この料金で月間データ量5GB制限では、WiMAXや他のポケットWiFiと比較して非常に費用対効果の良くないサービス

WiMAXと比較して高いYahoo! Wi-Fiの解約金・契約解除料もデメリット

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の契約はいずれの料金プランも3年契約が基本ですが、Yahoo! Wi-Fiの解約金・契約解除料がWiMAXを含む他のモバイルWiFiと比較して高額な点はデメリット。

例えば、契約開始後6ヶ月以内にYahoo! Wi-Fiを途中解約する場合、3万円以上の解約料金が発生。また契約2年目の途中解約でも2万円以上の違約金がかかります。
Yahoo!WiFIの解約金
契約満1年での途中解約に約3万円の解約金が、契約満2年での途中解約に約2万円の解約金がかかる。※出所:ヤフーワイファイHP(https://wifi.yahoo.co.jp/promotion/plan)

WiMAXの解約料金は最大19,000円なのと比較すると、非常に高額な解約金。Yahoo! Wi-Fiを利用開始後に「遅い」「使いたいエリアで繋がらない」となっても、実際には非常に途中解約しづらいサービスである点は契約上のデメリットで注意が必要です。

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)はクーリングオフ対象外

「Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)に関する特定商取引法の表示」には以下の記載があり、クリーングオフの対象ではありません。つまり契約直後の解約・キャンセルにも上記解約金が必要です。

・特定商取引に関する法律上のクーリングオフが適用されるサービスではありません。
(https://wifi.yahoo.co.jp/promotion/guide/tokushohoより引用)

WiMAXの場合、各プロバイダが初期契約解除制度に対応、契約開始8日目までのキャンセルであれば違約金無しでの解約が可能。この点もWiMAXとYahoo! Wi-Fiを比較した時の違いです。

ここからはYahoo! Wi-Fiの2つの料金プランを詳しく解説します。

月間データ通信量5GB上限プランの月額料金

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)で月間データ通信量に上限のあるプランは、「3年契約おてがるプラン」(旧・Y!Fi(ワイファイ)ずーっと得するデータプラン2ライト)という料金プラン。ヤフープレミアム会員でない場合の実質の月額負担金額は2,942円です(ポケットWiFiサービス月額料金2,480円とYahoo!プレミアム会員費462円)。

WiMAXの月間通信量7GB制限プランの月額料金は最安で2,700円前後。このためヤフーのプレミアム会員の場合はYahoo! Wi-Fiがお得ですが、プレミアム会員でなければWiMAXの方が安い料金でおすすめです。

月間5GBのデータ容量制限を超えると厳しい速度制限

またWiMAXの月間通信量上限7GBと比較すると、Yahoo! Wi-Fiの3年契約おてがるプランの場合は5GB上限とデータ通信容量が少なく、動画を長時間見たり、音楽・電子書籍等をダウンロードする場合、すぐに速度制限がかかる恐れも。
 
超過すると同一月内は厳しい速度制限が発生し、通信速度が約128Kbpsまで低速化、Yahoo! Wi-Fiのルーター端末を使用したインターネット通信はほぼ利用できません。また速度制限解除には500MBあたり500円の追加費用が必要で、通信容量が多い場合は同じYahoo! Wi-Fiでも通信量無制限プランの契約がおすすめ。

3年契約おてがるプランの料金・サービス内容

※以前まであった契約1年目のみ月額料金が1,980円に割引されるYahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)のキャンペーンが、2018年8月の料金プラン改定に合わせてなくなりました。

3年契約おてがるプラン
(旧・Y!Fi(ワイファイ)データプラン2(4G LTE)さんねん+アシスト1080)
月額利用料金 2,480円 ※Yahoo!プレミアム会員対象の割引キャンペーン料金、プレミアム会員でない場合は月額3,696円
利用ルーター機種 モバイルルーター・Pocket WiFi 601ZT(無料)
通信速度 下り最大速度112.5Mbps / 上り最大速度37.5Mbps
月間データ通信量 5GB上限
※超過すると128kbpsの速度制限
※制限解除にはデータ容量500MB毎500円が別途必要
3日間の通信データ量による制限 10GB
その他 月額料金の割引キャンペーン適用には、Yahoo!(ヤフー)プレミアム会員(月額462円)への加入が必須

Yahoo! Wi-Fi申し込み後、最短即日発送、翌日にルーター端末到着

601ZT
色はピンク、ホワイト、ブルーの3種類から選べる
モバイルルーター601ZT

この月間通信容量5GB上限プランで使用するモバイルルーター端末は「Pocket WiFi 601ZT」機種のみで、他のルーター端末は使用できません。601ZTはコンパクトでカラフルなデザインが特徴のモバイルWiFiルーターですが、下り最大速度112.5Mbps、上り最大速度37.5Mbpsと遅い速度。ただしヤフーへの申し込み後、最短即日発送で翌日にはルーター端末が届く点はYahoo! Wi-Fiの魅力です。

月間通信無制限プランの月額料金(アドバンスオプション込み)

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)のもう1つのプランが月間通信容量無制限の「3年契約たっぷりプラン」で、WiMAXのギガ放題プランにあたるもの。ただし、プラン内容は月間通信量7GB制限プランにアドバンスオプションを追加契約、アドバンスモードを使用した通信が月間データ容量無制限となるもので月額利用料金は4,380円(Yahoo! Wi-Fi月額利用料金3,696円とアドバンスオプション月額料金684円)。

WiMAXのギガ放題プランは実質月額料金が3,500円前後のため、無制限プランの比較ではWiMAXのギガ放題が料金面でおすすめ。また3年契約たっぷりプランの場合、ヤフーのプレミアム会員でも特別な割引はありません。

無制限は対応エリアの狭いアドバンス通信のみ、標準モードは7GB

注意が必要なのが、対応エリアが広く、繋がりやすいソフトバンクの4G LTE回線を利用する標準モードの通信容量は月間7GB制限である点で超過した場合は約128Kbpsの速度制限が発生します。Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の無制限プランは、あくまでアドバンスモード通信が無制限になるだけです。

さらに問題はアドバンスモード対応エリアが狭い点。大都市部が中心のアドバンスモード対応エリアはWiMAXのサービスエリアよりも狭いと考えられ、繋がりにくいとの口コミ・評判も見られます。このため通信容量無制限プランの比較では、対応エリアの面でもWiMAXのギガ放題がYahoo! Wi-Fiよりもおすすめです。

3年契約たっぷりプランの料金・サービス内容

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の月間通信量無制限プラン「3年契約たっぷりプラン」(旧・Y!Fi(ワイファイ)データプラン2)は、利用開始後3ヶ月のみ料金が割引となる以外、特にキャンペーン特典などはありません。

3年契約たっぷりプラン
(旧・Y!Fi(ワイファイ)データプラン2(4G LTE)さんねん+アシスト1080)
月額利用料金 4,380円 ※アドバンスオプションが3ヶ月間無料となるキャンペーンが適用され、最初の3ヶ月は3,696円
利用ルーター機種 モバイルルーター・Pocket WiFi 603HW(無料)
通信速度 下り最大速度612Mbps / 上り最大速度37.5Mbps
月間データ通信量 上限なし
※アドバンスモード利用時
※標準モードは月間7GB上限、超過すると128kbpsの速度制限
3日間の通信データ量による制限 10GB
その他 上記料金は、アドバンスモードで無制限の通信を行うために必要なアドバンスオプション(月額684円)費用を含む。

下り最大通信速度612Mbps対応!高速モバイルルーター機種603HW

ルーター端末・603HWYahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の通信量上限無しプランで使用するルーター機種は「Pcket WiFi 603HW」で、他の機種は選べません。月間通信無制限のアドバンスモード(AXGP/TDD-LTE通信)に対応、下り最大速度612Mbps対応の高速モバイルルーター端末です。約5秒の高速起動など機能性に優れた機種で、こちらの端末も午前11時までの申し込みで最短翌日に配送、送料も無料です。

上り最大速度37.5MbpsはWiMAXと比較して遅い、大きなデメリット

WiMAXと比較してYahoo! Wi-Fiのデメリットの1つが上り最大通信速度が遅い点。上り通信速度が高速なほど画像やファイルのアップロードがスムーズですが、Yahoo! Wi-Fiの上り最大37.5Mbpsと比較してWiMAXの上り最大速度は75Mbpsと、上り通信速度が約2倍違います。

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の2つの料金プラン比較まとめ

ここまでYahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の月間通信量5GB制限・3年契約おてがるプランと、月間通信量(アドバンスモード通信のみ)無制限の3年契約たっぷりプランを紹介しました。あらためてYahoo! Wi-Fiで契約可能な2つのプランの概要を比較表にまとめました。
 
月間データ通信容量5GB未満ですでにYahoo!(ヤフー)プレミアム会員の場合、Yahoo! Wi-Fiの3年契約おてがるプランは安くてお得なプランと言えそうです。

3年契約おてがるプラン 3年契約たっぷりプラン
実質月額利用料金 2,942円 4,380円
ネットワーク回線 FDD-LTE/AXGP FDD-LTE/AXGP/TDD-LTE
通信速度 下り最大速度112.5Mbps 下り最大速度612Mbps
月間データ通信量制限 5GB上限 上限なし(※アドバンスモード)
7GB上限(※標準モード)
速度制限時の通信速度 128Kbps 128Kbps

ヤフー(Yahoo! JAPAN)のポケットWiFiとWiMAXのサービス比較

最後にヤフー(Yahoo! JAPAN)のポケットWiFiとWiMAXを比較して、WiMAXの魅力やメリット、Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)よりもWiMAXをおすすめする理由をまとめます。

Yahoo! Wi-Fiの通常モードはLTE通信で対応エリアが広い

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の標準モードの通信は、ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンがインターネット通信を行う際と同様のLTE回線の電波を使用します。このLTE回線の電波はWiMAXと比較して特に室内や屋内で繋がりやすく、また対応エリアもWiMAXと比較してやや広いため、標準モードで利用する範囲ではWiMAXよりもYahoo! Wi-Fiの方が繋がりやすいメリットもあります。

ただし、都市部ではWiMAX通信の回線ネットワークもほぼ全域をカバー、LTE回線と対応エリアは同等レベル。都市部の利用が中心の場合、回線の違いは大きなデメリットになりません。

アドバンスモードはAXGP回線使用、大容量利用ならWiMAXギガ放題

一方、Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)のアドバンスモードは通信量上限が無いものの対応エリアが都市部の限られたエリアのみ。これはLTE回線を使用する標準モードとは違い、Yahoo! Wi-FiのアドバンスモードはAXGP回線を使用する特別な通信だからです。
 
このAXGP通信の接続可能エリアが非常に限定的で、WiMAXのサービスエリアと比較するとヤフーのアドバンスモード対応エリアは狭いのです。通信容量の制限無く、たっぷりインターネット通信を利用したい場合も、まずAXGPに接続できなければ意味がありません。その点でYahoo! Wi-Fiよりもエリアが広くて利用しやすい、WiMAXのギガ放題の方がおすすめなのです。

Yahoo! Wi-Fiの「おてがるプラン」は月間データ量5GB上限とWiMAXの通常プラン(7GB)と比較して通信容量が少ない、「たっぷりプラン」のアドバンスモード(AXGP)対応エリアはWiMAXよりも狭い割に料金が高い、という点がWiMAXの料金プランをおすすめする理由です。

WiMAXの料金は契約プロバイダによって異なる

Yahoo! Wi-Fiの料金は上記説明の通りの1つで、契約先もYahoo! Japan(ヤフー)です。一方、WiMAXには20社以上のプロバイダがあり、どのプロバイダでも同じWiMAX回線を利用するサービスを契約できますが、プロバイダごとに月額利用料金やキャンペーン内容が違います

ビックカメラ、ヨドバシ、ヤマダ電機の店舗・店頭でも契約可能

ビックカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店もWiMAXプロバイダの1つで、各店舗・店頭でWiMAXの契約ができる点はメリットです。店舗によってはWiMAXの契約でポイント還元があるなど、Yahoo! Wi-Fiにはないお得なキャンペーン特典がある点も魅力。
 
ただし、店舗でのWiMAX申し込みの場合は月額利用料金が高く、Yahoo! Wi-Fiよりも費用が高くなる場合もあります。

WiMAXの契約はネット専業のプロバイダがおすすめ

WiMAXを契約する場合、ネットからの申し込みが最も安い料金で契約でき、おすすめ。中でも当サイトのおすすめランキング1位のプロバイダ・Broad WiMAXは月間データ通信量7GB制限プランを月額2,726円、月間通信量無制限のギガ放題プランを月額3,411円で利用可能で、いずれもWiMAXプロバイダの中で最安級の料金。どちらもYahoo! Wi-Fiと比較して安い料金のポケットWiFiとなります。

Yahoo! Wi-Fi補償サービス(月額300円)は加入が必要?

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)のモバイルルーター端末には1年間のメーカー保証がありますが、2年目以降の故障や紛失・盗難の場合、修理代金や端末交換代金がかかります。この費用を安く抑えられるのが、Yahoo! Wi-Fi補償サービス。月額300円となるため、追加で加入するとさらにYahoo! Wi-Fiの月額利用料金が上がります。
 
WiMAXの場合は無料で機種変更が可能なプロバイダがあるのと比較してYahoo! Wi-Fiには機種変更サービスがありません。万が一、故障や紛失・盗難があると高額な費用が発生する可能性もあり、また契約途中でYahoo! Wi-Fi補償サービスの追加ができないため、契約時の加入がおすすめ。不要な場合は利用開始後に解約も可能です。

Yahoo! Wi-Fiの支払い方法はクレジットカード・引き落としを選択可

WiMAXと比較した際のYahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)のメリットの1つが料金の支払い方法。Yahoo! Wi-Fiの料金はYahoo!ウォレットに登録したクレジットカードまたは銀行口座の引き落としで支払いが可能です。
 
WiMAXはクレジットカード支払いが主流で、銀行の口座振替・引き落としでの支払いも可能ですが選択できるプロバイダはごく一部に限定される上、クレジットカード払いよりも費用が高いことも。クレジットカード払い以外でポケットWiFiを利用する場合、Yahoo! Wi-Fiなど他ポケットWiFiとの料金比較が重要です。

WiMAXとYahoo! Wi-Fiの解約手続きや問い合わせ方法の違い

WiMAX、Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)のいずれのポケットWiFiサービスの契約でも、解約手続きの方法や違約金、問い合わせサポート体制などは申し込みの前に比較、確認しておきたいもの。

WiMAXの場合は契約プロバイダにより解約手続きや問い合わせ体制に違いがあるため、主にYahoo! Wi-Fiの解約・問い合わせ方法を紹介します。

ヤフーワイファイ・WiMAXともに解約には電話での手続きが必要

ヤフーワイファイのサービス解約には「Yahoo! Wi-Fiカスタマーセンター」への電話問い合わせが必要です。またWiMAXのサービス解約でも各プロバイダでの電話問い合わせが必要な場合が多く、一部プロバイダのみがWEBでの解約手続きに対応しています。

なお、前述の通りヤフーワイファイの解約違約金がWiMAXと比較して高額な点に注意が必要です。

ヤフーは電話での問い合わせサポートが万全である点も安心

ヤフー株式会社が運営するサービスということで複数の料金支払い方法に対応していたり、電話での問い合わせへのサポート体制が整っている点も安心できるメリット。解約時の問い合わせ先にもなる「Yahoo! Wi-Fiカスタマーセンター」は毎日9:00から20:00まで年中無休で問い合わせに対応しています。
 
WiMAXの電話問い合わせはプロバイダによって対応が違い、サポートセンターが年中無休のプロバイダもありますが、日曜日は営業していないプロバイダもあるのが現状です。

ヤフーワイファイはそもそも料金プランの変更ができない

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の場合、契約開始後に料金プランの変更ができません。このため契約前に月間データ通信容量5GBプランか、通信量無制限プランかを十分比較して決定することが必要。またプランごとに利用するモバイルルーター端末が決まっているため、利用開始後の機種変更もできません

もしプラン変更が必要な場合、Yahoo! Wi-Fiサービスを違約金を支払って一度解約の上、再契約が必要です(2019年2月以降、再契約はできなくなっています)。

比較してWiMAXではプロバイダによって機種変更が可能なほか、月間通信量7GB制限プランとギガ放題プランの変更は月単位で無料で行うことが可能です。このような自由度の高さもWiMAXの利点の1つです。

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)が向いているのはこんな人

サービス内容面でも、料金面でもWiMAXと比較してメリットが少ないYahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)ですが、例えば以下のような場合はYahoo! Wi-Fiの月間5GBプランをおすすめできます。

  • 地方在住でWiMAXの対応エリア外(Yahoo! Wi-Fi・ソフトバンクのLTEネットワークの圏内エリア)
  • 動画を観たり、ルーターとパソコンを接続することがなく月間データ通信量が極小
  • すでにYahoo!(ヤフー)プレミアム会員、またはヤフーのサービスをよく利用するのでプレミアム会員になっても良い
  • 料金の支払いをクレジットカード以外の方法で行いたい

WiMAXをおすすめしたいのはこんな人

上記にあてはまる点が無いという方にはWiMAX、特にWiMAXのギガ放題プランが圧倒的におすすめです。

  • 都市圏エリア在住、あるいは主な利用場所が都市圏内
  • 動画視聴や音楽のダウンロードなど、たっぷりネットを楽しみたい
  • Yahoo!(ヤフー)プレミアム会員ではない、余計な出費は避けたい

実際に利用・検討中の方による評判・口コミ

Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)を実際に利用中の方や、検討中の方による評判や評価、口コミ情報を紹介します。

データ通信量無制限のモバイルWiFiとして、WiMAXの評判が良い様子

月間データ通信量が多い方にとって、WiMAXのギガ放題プランにするかYahoo! Wi-Fiのたっぷりプランにするかは悩みどころ。ただし、無制限で利用可能な対応エリアの違いからWiMAXの評判の方が良い様子です。

ヤフーのアドバンスモード(AXGP通信)対応エリアが広がってないとの口コミも

アドバンスモード(AXGP通信)対応エリアが広ければ、Yahoo! Wi-Fi(ヤフー)のアドバンスオプションも魅力的な使い放題のポケットWiFiになりますが、以下の口コミを見る限り、対応エリアが狭いと感じる方が多そうです。

アドバンスモードやWiMAXが圏外の場合、他のポケットWiFiの検討が必要

いずれにせよ月間通信利用量が多い場合で、Yahoo! Wi-FiのアドバンスモードやWiMAXの圏外エリアで利用する場合は、他のポケットWiFiサービスを検討する必要がありそうです。

※Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)についての評判や口コミ情報は、随時更新・追加しています。

以上、Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)のサービス内容について、WiMAXとの比較を交えて説明しました。

最安価格でとにかく(5GBでいいから)ポケットWiFiを持ちたい場合はYahoo! Wi-Fiがおすすめですが、それ以外ではWiMAXがおすすめ。

Yahoo! Wi-Fiよりも便利に利用できるWiMAXにはお得な料金プランやキャンペーンが多数あり、安い料金で利用できます。当サイトのWiMAXプロバイダ最安ランキングで、一番安いポケットWiFiを探してみませんか?

2019年2月、Yahoo! Wi-Fi(ヤフーワイファイ)の新規申し込み受付が終了しました。当サイトでは同じソフトバンク回線利用の大容量ポケットWiFiサービス・ネクストモバイル(NEXT mobile)もおすすめしています。
【最安ポケットWiFiはどれだ?!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/7/31までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!