解説!モバイルルーター最新機種WX05の速度・評判とW05との比較

解説!モバイルルーター最新機種WX05の速度・評判とW05との比較

最新機種WX05ルーター

2018年11月、NEC製のWiMAXルーター最新機種『Speed Wi-Fi NEXT WX05』発売開始!
 
NEC製WiMAXルーター製品の一つ前の機種・WX04発売から1年。比較して最新端末WX05は新機能が増え、使い勝手が向上しています。また2019年9月現在、WiMAXプロバイダの本家UQ WiMAXなど、多くのWiMAXプロバイダが最新機種WX05を新規契約時に提供中です。
 
当サイトでもWX05の最新情報を紹介すべく、2018年1月発売のHuawei製モバイルルーター最新機種W05と比較、WX05のメリットは?W05との違いは?W05とWX05を比較してどっちがおすすめ?など、最新の評判・口コミ情報も含めて徹底レビューします。
 
またWiMAXプロバイダの中にはルーター最新機種WX05の端末代金無料キャンペーンやWX05への機種変更サービスも。WiMAXの最新端末WX05のお得な入手方法もあわせて紹介します。

【2019年9月更新】
WiMAXのモバイルルーター端末W05には後継機種があり、最新機種は2019年1月発売のW06。2019年9月現在、WiMAXの契約ではW06とWX05のどっちを選ぶかの比較が重要です。当サイト・WiMAX比較ナビのおすすめはW05の後継端末・W06ですが、理由は「W06・WX05・W05徹底比較~どれがおすすめWiMAXルーター?」でご確認ください。

WiMAXルーター最新機種WX05のレビュー~W05・WX04との比較や違い

WX05のイメージ
2018年11月販売開始!WiMAXルーターWX05

2018年11月、モバイルルーター最新機種Speed Wi-Fi NEXT WX05発売。
2018年1月のHuawei製WiMAXモバイルルーター最新機種W05の発売に続き、NEC製モバイルルーター最新機種WX05が発売されました。WX05にはW05には無い新機能が搭載され、NEC製品の1つ前のWiMAXルーター機種WX04と比較しても機能や使い勝手が向上しています。
 
今後、WiMAXプロバイダの新規契約や機種変更では、WX05とW05の違いは何か、おすすめはどちらかの比較が重要。そこでこのページではWX05とW05の比較を中心に、WX05を選ぶメリットやデメリットを紹介、徹底レビューします。

WX05とW05・WX04を比較してスペック上の違いや変化が無い点

NEC製のWiMAXモバイルルーター・WX05とWX04、またHuawei製のWiMAXモバイルルーター最新機種W05の対応通信モードやサイズ、重量などのスペックを比較・レビューした表が下記。特にWX05はWX04とサイズ・重量の比較では違いが無く、また通信モードへの対応もWX05・W05で比較して違いがありません。見た目の比較ではWX05は赤色の端末を選べる点が特徴です。

WiMAXルーター製品 WX05 W05 WX04
製品イメージ WX05 W05 WX04
販売開始 2018年11月 2018年1月 2017年11月
au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)対応
WiMAX2+(ハイスピードモード)対応
WiMAX(ノーリミットモード)対応 × × ×
製造メーカー NECプラットフォームズ Huawei(ファーウェイ) NECプラットフォームズ
サイズ(横×奥行き×高さ:mm) 111×62×13.3mm 130×55×12.6mm 111×62×13.3mm
重量 128g 131g 128g
ソニックレッド・ピュアホワイト ブラック×ライム・ホワイト×シルバー アクアブルー・クリアホワイト

WX05・W05ともにauの4G LTE回線・ハイスピードプラスエリアモード対応

auロゴWX05とW05・WX04の比較で共通点がどの端末もauの4G LTE回線を使う通信・ハイスピードプラスエリアモード対応の点。利用中のWiMAXルーター端末で通信モード設定を標準のハイスピードモードからハイスピードプラスエリアモードに変更すると、WiMAX2+回線に加えてauの4G LTE回線も使って通信します。

このハイスピードプラスエリアモードを使えば、WiMAX2+電波の圏外エリアでも、auの4G LTE対応エリア内の場合はWiMAXのWX05やW05ルーター端末を使ってインターネットに接続、通信が可能です。

※契約内容により、ハイスピードプラスエリアモードの利用にはオプション料金が発生する場合もあります。
 
なお、WX05・W05のいずれの機種も旧WiMAX回線を使用する「ノーリミットモード」(下り最大速度13.3Mbpsの低速回線)には非対応の点も共通。旧WiMAX回線の電波は2020年3月に停波予定で、ノーリミットモードのサービスも終了予定のため、デメリットではありません。

WX05の新機能やWX04と比較してスペックが向上した点

同じWiMAXのモバイルルーター機種でも、Huawei製のW05と比較してNEC製のWX05だけの強み・新機能や、また同じNEC製のWX04と比較してスペックや使い勝手が向上した点を3つ紹介します。

電波が弱い時に通信速度を約20%アップ!WiMAXハイパワー対応

WiMAXハイパワー対応
最新機種WX05に搭載されたWiMAXハイパワー

WiMAXのモバイルルーター最新機種WX05は、W05やWX04には無い新機能「WiMAXハイパワー」を搭載。このWiMAXハイパワーとは、WiMAX2+の通信電波が弱い際に自動的に通信時の送信パワーを上げて、通信速度を約20%改善・アップさせる機能です。
 
WX05のWiMAXハイパワー対応は、省電力モード設定の「ハイパフォーマンスモード」と同様、電池・バッテリーの消耗が進む分、通信速度が向上する機能。省電力モードと違い、設定変更不要で自動的に作動し、特に自宅や建物屋内などWiMAX2+の電波が比較的弱い環境で通信速度改善効果を期待できる一方、電池・バッテリー消耗に注意が必要です。

WX05の初期設定ではWiMAXハイパワーが“常時ON”の状態。電池・バッテリーの減りが早いと感じる場合、“充電時のみON”や“OFF”への設定変更がおすすめです。

WX05の通信速度が遅い時に利用したい「おまかせ一括設定」

おまかせ一括設定
WX05ルーターの省電力モードやWiMAXハイパワー
の設定を一括変更できる便利機能

W05やWX04などWiMAXの従来機種では、ルーターの電池残量が少なくバッテリーの消耗を抑えたい場合、省電力モードをエコモードに変更したり、画面の明るさ・輝度を下げたり、1つ1つの設定の個別変更が必要でした。また充電できる環境では設定を元に戻した方がWiMAXの通信パフォーマンスが上がるため、面倒な設定作業が必要に。
 
比較してWX05から搭載の「おまかせ一括設定」機能を使うと、1つ1つの個別の設定変更が不要となる便利な機能。「通信速度を優先・スタンダード設定・バッテリー持ちを優先」の3段階から1つを選び一括設定すると、設定内容に合わせてWiMAXハイパワー、省電力モード、Wi-Fi暗号化強化、ルーター画面の輝度調整などの個別設定を一括変更できる便利機能です。

WX05の初期設定ではおまかせ一括設定はOFF、“一括設定しない(個別設定)”の状態で、WX05の速度が遅いと感じる場合はおまかせ一括設定で「通信速度を優先」を設定するのがおすすめ。「バッテリー持ちを優先」と比較して電池・バッテリーの減りが早い点に注意が必要ですが、WX05を利用して快適な速度でWiMAXによるインターネット通信が可能です。

WiFiビジュアルステータス(チャネル使用状況の確認)

WiFiビジュアルステータス
WiFiチャネルの混雑状況がグラフで確認できる
「WiFiビジュアルステータス」

WX05を使ってWiFi接続する際、周波数2.4GHzのWiFiの混雑状況を確認でき、空いているチャネルを使用して通信接続するよう変更できるWiFiビジュアルステータス(チャネル使用状況の確認)機能。周囲のWiFi使用状況をルーター画面上で確認でき、選択可能な3つのチャネル(1、6、11)から最も空いているチャネルに切り替えできる機能で、チャネルの切り替えでWiMAXの通信速度向上を期待できます。

WiMAXルーターの通信速度アップ方法としてはやや上級者向けの機能。WX05の通信速度を上げたい場合、まずはおまかせ一括設定や省電力モードの見直しが有効で、それでも改善しない場合はWX05ルーター端末の「WiFiチャネル使用状況」メニューから上記の確認・変更を行います。

電池・バッテリーの連続通信時間が長い点がNEC製品の強み

以上で紹介したWX05の新機能以外で、NEC製のWiMAXモバイルルーター端末であるWX05やWX04と、Huawei製のモバイルルーター端末W05を比較した際の違いの1つが電池・バッテリー容量の大きさと連続通信時間。電池・バッテリー容量が大きいのはNEC製品の端末WXシリーズであり、連続通信時間が長い点が強み。
 
外出時間が長い方や充電ケーブルを持ち歩きたくない場合、WiMAXのW05機種と比較してWX05機種がおすすめとも言えそうですが、W05機種でもノーマルモードで9時間の連続通信が可能と、比較してバッテリー容量が極端に少ない訳ではありません。

WX05とW05・WX04のバッテリー容量・連続通信時間の比較

Huawei製W05と比較して国産NEC製のWiMAXルーター・WX05やWX04の方がやや電池・バッテリー性能が高く、連続通信時間が長いスペックが特徴です。

WiMAXルーター製品 WX05 W05 WX04
連続通信時間 約11.5時間(スタンダード設定) 約9時間(ノーマルモード) 約11.5時間
連続待受時間(休止モード) 700時間 850時間 700時間
バッテリー容量 3,200mAh 2,750mAh 3,200mAh

W05には無い、WX05・WX04のクレードルだけのWウイングアンテナ

WX05のクレードル
専用クレードルに設置されたWX05

またWX05やWX04などNEC製のWiMAXモバイルルーター機種を利用するメリットが、Wウィングアンテナと呼ばれる補助アンテナのある専用クレードル。この補助アンテナとビームフォーミングと呼ばれる機能の組み合わせでWi-Fi通信速度が最大30%向上、特に屋内でWiMAX電波受信の改善効果があるとされています。
 
ただし、WX05のクレードルは別売りで別途購入が必要な製品で、必要な場合はUQ WiMAXのサイトやAmazonなどで購入可能。WiMAXの新規契約時に必ず購入が必要な製品ではありません。なお、W05機種専用クレードルには補助アンテナが無く、クレードルの性能を比較するとWX05がおすすめと言えます。

LANケーブルで有線接続可能な点もWiMAXクレードルのメリット

補助アンテナのあるWX05のクレードルはおすすめの製品ですが、WiMAXのクレードルの共通メリットがLANケーブルを利用してWiMAXルーター端末とパソコンなどの機器の有線接続が可能になる点。
 
通常、WX05やW05などのWiMAXモバイルルーター端末は無線WiFiやBluetooth接続のみが可能で、無線接続に非対応の古いパソコンなどのインターネットには利用できません。一方、クレードル製品を購入すれば有線接続も可能になり、古いPC機器のインターネット接続でもWiMAXを利用可能になります。

WX05と比較してW05をWiMAXのモバイルルーターにおすすめする理由

ここまでWiMAXのNEC製モバイルルーター最新機種WX05の新機能や、Huawei製W05に無い機能を中心に比較・紹介しましたが、当サイト・WiMAX比較ナビ編集部のおすすめはWX05よりもW05。当サイトは販売開始時期の新しいルーター端末をおすすめしていますが、WiMAXのモバイルルーターは2018年11月発売の最新機種WX05と比較して、2018年1月発売のW05をおすすめします。

WiMAXの通信速度の比較で選ぶなら、WX05よりも高速なW05

WiMAXのモバイルルーターの比較で最も重視すべき通信速度のスペック。省電力機能やWiMAXハイパワーなどの速度改善機能が充実していても、最大通信速度スペックが遅い端末を選ぶと実際の利用時の通信速度に満足できないもの。
 
以下はWX05とW05・WX04の各WiMAXルーター端末の下り最大通信速度・上り最大通信速度を比較した表です。

WiMAXルーター製品 WX05 W05 WX04
下り最大通信速度 440Mbps 758Mbps 440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps 112.5Mbps 75Mbps
販売開始 2018年11月 2018年1月 2017年11月
製造元 NECプラットフォームズ Huawei(ファーウェイ) NECプラットフォームズ

W05の下り最大通信速度758Mbpsと比較してWX05は440Mbps

W05ルーター
下り最大速度758Mbps対応!モバイルルーターW05

WX05やNEC製の従来機種WX04の通信速度は下り最大440Mbps。比較してHuawei製の最新機種W05の下り最大通信速度は758MbpsとWiMAXの最速モバイルルーターはW05。一般的なフレッツ光など固定回線の下り最大速度1Gbpsと比較しても劣らない高速インターネットが魅力のWiMAXですが、高速インターネット通信を利用するならWiMAXのルーター端末のおすすめはW05です。

WiMAXの上り最大通信速度もWX05と比較してW05は速い

メールの送信や写真・画像ファイルのアップロードなどの上り通信の最大速度もW05は112.5Mbpsと、最大速度75MbpsのWX05端末と比較して速い点もメリット。大容量ファイルをアップロードする場合、スムーズに通信できるのはWiMAXのW05端末で、WX05と比較して約1.5倍早くアップロードが完了する可能性もあります。

W05の充電時間がWX05より短い点もメリット

2つのWiMAXモバイルルーター最新機種・W05とWX05の充電時間を比較すると、NEC製のWX05の約160分に対してW05の充電時間は約130分と、30分ほど充電時間が短いメリットも。なおどちらも充電用のACアダプタは同梱されず、USBケーブルのみの付属。USB接続できるパソコンなどで充電できるほか、別売のACアダプタを購入するか、携帯やスマホのアダプタで代用も可能です。

このように特に通信速度の点でWX05と比較してW05が上回り、WiMAXのおすすめモバイルルーターはどちらかと言えば最新機種WX05よりもW05というのが当サイトの結論です。

各WiMAXプロバイダの新規契約や機種変更対応状況(2019年9月現在)

当サイトのWiMAXモバイルルーターのおすすめはW05機種ですが、WX03端末やWX04端末などNEC製品のルーターを利用中の場合や、外出先での利用が多くバッテリーの持ち時間を重視する場合、W05と比較して最新機種WX05を利用したい方も多そうです。
 
そこで2019年9月現在、WiMAXの主要プロバイダが新規契約時にWX05を提供しているか、機種変更時に選択可能かなど、各プロバイダの最新機種WX05への対応をまとめました。

WiMAXプロバイダの本家UQ WiMAXおよび当サイトのおすすめランキング上位6社のWX05対応状況は以下の通りです。

WiMAXプロバイダ 新規契約時 機種変更時
UQ WiMAX WX05を選択可能
※ただし、価格3,800円で有料購入が必要
WX05を選択可能
※ただし、機種変更価格は契約・利用期間で異なる
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
GMOとくとくBB
WX05を選択可能
端末価格無料キャンペーン実施中
WX05を選択可能
※現在のルーターを20ヶ月以上利用中であれば、機種変更代金は無料
So-net モバイル WiMAX 2+
nifty WiMAX(ニフティ)
BIGLOBE WiMAX 2+(ビッグローブ)
WX05を選択可能
※So-netは無料、niftyは端末価格1円、Biglobeは実質無料(端末代金分を値引き)
WX05を選択可能
※UQコミュニケーションズ社で手続き可能で、機種変更価格は契約・利用期間で異なる
JPWiMAX 2019年9月現在、WX05の取り扱いなし(モバイル端末はW05・W06のみ) WX05への機種変更は不可

ルーター端末の即日発送に対応!Broad WiMAXとGMOとくとくBB

Broad WiMAXWiMAXプロバイダの新規契約でWX05の端末代金が無料のプロバイダのうち、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)とGMOとくとくBBは申し込み当日にルーター端末を発送する即日発送に対応、届け先エリアにより最短で申し込み翌日にはWX05が到着する、急ぎの方に特におすすめのWiMAXプロバイダ。
 
またBroad WiMAXは東京・大阪周辺にルーター端末受け取り用の店舗もあり、最速で申し込み当日のWX05端末受け取りが可能です!
※WX05の在庫状況にもよるため、発送タイミングは申し込み時に各WiMAXプロバイダに確認ください。

Broad WiMAXは毎月実際に支払う月額料金プランが安い

ルーター端末WX05の即日発送に対応するGMOとくとくBBとBroad WiMAXを比較して、Broad WiMAXは毎月実際に支払う月額料金が安い点がメリット。GMOとくとくBBの場合はギガ放題プランの月額料金が4,000円以上なのと比較して、Broad WiMAXは月額3,411円とWiMAXプロバイダの中で比較しても最安級。

GMOとくとくBBは選択する機種でキャッシュバック金額が違う点に注意

一方、GMOとくとくBBの場合は特典金額最大3万円以上のキャッシュバックキャンペーンがあり、月額料金は高いものの実質利用費用が安い点が特徴。ただし、キャッシュバック金額は新規契約時に選択するルーター機種で異なり、古いW05機種の方が金額が大きく、最新機種WX05の方がキャッシュバック金額が少ない場合に注意が必要です。

Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンでWX05に無料で機種変更も

違約金負担・乗り換え
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の
違約金負担・乗り換えキャンペーン

またWX05に機種変更したいが契約中のWiMAXプロバイダが機種変更に非対応の場合や、ルーターを変更したいが途中解約の違約金があるため契約を継続しているという場合、Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンの利用もおすすめ
 
Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンを利用、WiMAXの契約プロバイダをBroad WiMAXに切り替えると、WX05やW05の最新端末が無料提供される上、契約中プロバイダの途中解約に伴う違約金を最大19,000円までBroad WiMAXがキャッシュバックするお得なキャンペーン。さらに当サイト経由のBroad WiMAX申し込みの場合、Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンの追加特典も。

無料かつお得なWX05への機種変更方法として、当サイト経由でのBroad WiMAXへの乗り換えがおすすめ。詳しいキャンペーンの内容・利用方法は「Broad WiMAX(ブロードワイマックス)のAmazonギフト券キャンペーン」をご確認ください!

実測速度はどう?WX05の評判・口コミ

当サイトおすすめのWiMAXルーター機種はW05ですが、WiMAXの新規契約や機種変更でWX05を利用中の方の評価はどうでしょうか?WX05についての最新の評判・口コミ情報を確認しました。

WX05の実測速度は比較的十分との口コミでの良い評価

さっそくWiMAXの最新端末WX05のクレードルを利用、実測速度をレビューした方も。実測速度は10Mbps以上と比較的十分な結果の口コミで、評価も良い様子。

実機で比較した結果、W05と比較してWX05は持ちやすいとの評判も

個人の好みにもよりますが、WiMAXのW05とWX05の実機に実際に触れて比較した結果、W05よりもWX05の方が持ちやすく、扱いやすそうとの評判も。

※WiMAXルーターの最新機種WX05の口コミ・評判情報は定期的に追加・更新します。

以上、WiMAXモバイルルーターの最新機種WX05について、W05やWX04との比較や機能・速度スペックのレビュー、各WiMAXプロバイダの対応状況、最新の評判・口コミ情報を紹介しました。
 
主なWiMAXプロバイダはWX05を無料提供しているため、WiMAXの契約で重要なのは料金・キャンペーンやサービス内容の比較

当サイトのおすすめプロバイダは、月額料金が最安級、かつW05・WX05ルーター端末のいずれも無料で、即日発送・即日受け取りが可能なBroad WiMAX。新規契約でおすすめはもちろん、現在WiMAXを契約中の方もBroad WiMAXの乗り換えキャンペーンを利用、無料でWX05やW05を入手できます。

当サイト経由のBroad WiMAX契約・申し込みには、Amazonギフト券1万円分をプレゼントする2019年9月末までの期間限定キャンペーンも!この機会にBroad WiMAXの情報をぜひご確認ください。

【最新機種WX05が無料・即日受け取りも】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019年9月の当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!