【比較】WiMAX 2+の3つの通信モード~速度や対応エリアの違い

【比較】WiMAX 2+の3つの通信モード~速度や対応エリアの違い

3つの通信モード

・ハイスピードモード
・ハイスピードプラスエリアモード
・ノーリミットモード

WiMAX 2+には切り替え可能な3つの通信モード設定があり、各通信モードの対応エリアや速度、利用制限の違いを把握して活用すれば、快適なインターネット通信が可能です。
 
このページでは、ハイスピードやハイスピードプラスエリアなど各通信モードの特徴や設定方法、メリット・デメリットを比較。特に、auの4G LTE回線を利用可能な通信モード・ハイスピードプラスエリアモードの利点や制限を紹介します。
 
また、旧来のWiMAX通信とWiMAX 2+通信の違いや4G LTE回線を利用する他のポケットWi-Fiとの比較を説明、WiMAX 2+サービスを提供するプロバイダの比較ポイントや注意点も解説します。

コンテンツ

違いは?WiMAX 2+と他モバイルWi-Fiのインターネット通信回線の比較

ハイスピードプラスエリアモードなどWiMAX 2+の3つの通信モードの比較の前に知っておきたい、WiMAX 2+の通信回線と4G・LTEなど他社のモバイルWi-Fiルーターが使用する通信回線の違い
 
WiMAXサービスは2009年に「UQ WiMAX」の名前で開始され、最新サービス・WiMAX 2+は2013年に提供開始。WiMAXもWiMAX 2+も専用ルーター機器を使うインターネット接続サービスですが、他のポケットWi-Fiルーターや携帯電話、スマホのインターネット通信と比較して、利用する通信回線が違います。
 
携帯やスマートフォン、他の多くのポケットWi-Fiがインターネット接続の際に利用する通信回線は「4G LTE」回線。比較して、WiMAX 2+は「WiMAX 2+」という名前が通信回線・方式そのものを指し、4G LTEとは別の通信です。

WiMAXとWiMAX 2+で利用する通信回線の比較

基地局の増加グラフ
WiMAX 2+の基地局は急速に増加、3万基地を突破

従来のWiMAX回線に加え、新たに提供開始された通信回線・WiMAX 2+のサービス。当初、WiMAXと比較してWiMAX 2+の基地局数が少なく対応エリアは限定的でしたが、ここ数年でWiMAX 2+対応基地局が増加。現在は都市エリアで人口カバー率99%以上のサービスです。
 
またWiMAX 2+になり、従来のWiMAXと比較して通信速度が高速化。2013年の開始当初は下り最大110MbpsだったWiMAX 2+は、2019年に下り最大通信速度867bpsと、光回線と比較しても遜色ない高速インターネット通信が可能です。

他社ポケットWi-Fi・モバイルWi-FiサービスのLTE通信との違い

携帯電話やスマートフォンでのインターネット接続時に使用する4G LTE回線。またWiMAX 2+と同様にモバイルWi-Fiルーター端末を使うインターネット接続サービス・YmobileやYahoo! Wi-FiといったポケットWi-Fiも4G LTE回線を利用、よく似たモバイルWi-Fiルーターでも利用する通信回線が違います。
 
WiMAX 2+回線と比較した時の違いは何でしょうか?4G LTEは、基本的に携帯電話の通信事業を行うドコモ(docomo)やau、ソフトバンク(Softbank)向けの回線で、WiMAX 2+で使用する通信回線とは違います。

WiMAXとLTEの最大の違いは電波の周波数

携帯やスマホ、多くのポケットWi-Fiサービスが利用する4G LTE通信の電波は700~900メガヘルツという周波数の電波。比較して、WiMAX 2+サービスの電波が使用するのは2.5ギガヘルツの周波数と使用する電波の周波数が最大の違い。
 
繋がりやすさが重視される4G LTE回線の電波はWiMAXの電波と比較して周波数が低く、建物などの障壁があっても回り込む特徴があります。一方、WiMAX 2+の使用する2.5ギガヘルツと高周波数の電波は直進性が強く、高い建物などに遮られやすい性質がデメリット。

このため4G LTEと比較してWiMAX 2+はやや屋内・建物内部で電波が入りにくかったり、圏外となるエリアも。YmobileなどのポケットWi-FiがWiMAX 2+と比較して地方や室内でやや繋がりやすいのは通信回線や使用する電波の違いに理由があります。

ただし、最近はWiMAX 2+でもauの4G LTEネットワークを利用した通信・ハイスピードプラスエリアモードを利用可能で、通信速度や電波の繋がりやすさで他のポケットWi-FiとWiMAX 2+の違いが減っています。以下、WiMAX 2+で利用・変更可能な3つの通信モード設定(ハイスピードプラスエリアモード・ハイスピードモード・ノーリミットモード)の違いを比較します。

他の通信モードと比較して速度が最速!ハイスピードプラスエリア

ハイスピードモード・ノーリミットモードなどWiMAX 2+の他の通信モードと比較して対応エリアが最も広く、また通信速度も最速なのがハイスピードプラスエリアモードの特徴・メリット。ハイスピードプラスエリアモード対応ルーター機種の場合、端末の通信モード設定を変更・切り替えすると利用できます。
 
WiMAX 2+の標準通信モード・ハイスピードモードに「プラスエリア」が付いていますが、これはハイスピードプラスエリアモードが通常のハイスピードモード・WiMAX 2+回線に加えてauの4G LTEネットワーク回線も同時利用する通信モードだからです。

WiMAX 2+圏外エリアでも使える!auの4G LTE回線を利用する通信

auロゴWiMAX 2+のルーター端末で設定できるハイスピードプラスエリアモードはauの4G LTE回線を利用する通信モードで、WiMAX 2+の圏外エリアでもauの4G LTE対応エリアの場合はインターネット接続可能な点がメリットの通信モード。

WiMAX 2+のサービスエリアは都市圏を中心に拡大中ですが、比較してauの4G LTE対応エリアは地方や山間部にも拡がり、ハイスピードプラスエリアモードはハイスピードモードと比較して接続可能なエリアが広い点が特徴。

他ポケットWi-Fiと比較してWiMAX 2+のサービスエリアがやや狭い点がデメリットでしたが、ハイスピードプラスエリアモードの活用で広範なau対応エリアでWiMAXのルーター端末を利用できます

WiMAX 2+とauのLTEで下り最大速度1,237Mbpsの高速通信がメリット

WiMAX下り最大速度1237mbpsの仕組み
auのLTEを使う通信モード・ハイスピードプラスエリアモードは下り最大速度1.2Gbps(1,237Mbps)対応と高速

通信モード・ハイスピードプラスエリアモードの最大のメリットが速度。WiMAX 2+モバイルルーターの最新機種でおすすめのW06でハイスピードプラスエリアモードを利用するとUSBケーブル接続時は下り最大速度1,237Mbps対応、Wi-Fi接続時も下り最大速度867Mbps対応の高速通信を利用可能。また上り最大通信速度もauのLTEを使うハイスピードプラスエリアモードの場合は75Mbpsと高速。
 
自宅の固定回線で利用するフレッツ光などの光ファイバー回線が下り最大1Gbps(=1,000Mbps)対応なのと比較して遜色ないレベルに通信速度が向上している点もWiMAX 2+の特徴です。

LTEオプションは有料、ただしWiMAX 2+の3年契約プラン利用で無料

なおハイスピードプラスエリアモードの利用には、LTEオプションと呼ばれる有料のオプションが必要ですが、多くのWiMAX 2+プロバイダで3年契約プランの利用でLTEオプション料金が無料。auの4G LTE・ハイスピードプラスエリアモードを実質無料利用できる点がWiMAX 2+の3年契約のメリットです。

2年プランで利用中の場合、月額1,005円のオプション料金が請求される

一方、WiMAX 2+を2年プランで利用中の場合、ハイスピードプラスエリアモード通信が発生した月のみWiMAX 2+の利用料金に月額1,005円のLTEオプション料金が加算される有料サービス。オプションの事前申請や申し込みは不要ですが、利用月のみ料金が請求されます。

ハイスピードプラスエリアモード利用は月間7GB上限、超過時は速度制限

一点注意が必要なのが、auの4G LTEを利用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードは月間データ量7GB上限に制限される点。超過するとギガ放題プラン契約中でも約128Kbpsの速度制限が発生し、翌月1日まで解除されません。

ハイスピードモードも道連れで規制対象、約128Kbpsに低速化がデメリット

さらに注意が必要なのが、この速度制限はハイスピードプラスエリアモードだけでなく、通常のハイスピードモードも道連れで約128Kbpsに低速化する速度規制の対象の点。ハイスピードプラスエリアモードで7GBを使い切ると、以降、月間無制限・ギガ放題プラン契約中でもWiMAX 2+ルーターで一切通信ができない点は注意が必要なデメリットです。

このため通信モード設定のハイスピードプラスエリアモードへの変更は、WiMAX 2+の圏外時など限定した利用がおすすめ。

ハイスピードプラスエリアモード非対応のルーター機器に注意

比較的新しいルーター機器はすべてauのLTEを使う通信モード・ハイスピードプラスエリアモード対応ですが、古いルーター端末では一部非対応の機器もあり注意が必要。ハイスピードプラスエリアに非対応で、WiMAX 2+(ハイスピード)とWiMAX(ノーリミット)のみに対応した機種は以下の通りです。

【ハイスピードプラスエリアモード非対応ルーター機種】
モバイルWi-Fiルーター端末:WX03、WX02、WX01、WiMAX2+ NAD11
ホームルーター端末:novas Home+CA、Uroad-Home2+

WiMAX 2+のホームルーター端末・L02やHOME 01でも利用可能

Speed-WiFi-HOME-L02
据え置き型のホームルーター最新端末
2019年1月発売のWiMAX HOME L02

ハイスピードプラスエリアモードは、モバイルルーター端末だけでなく自宅利用向けの据え置き型ホームルーター端末でも利用可能。ホームルーター最新機器のL02機種やHOME 01機種はハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードに対応、端末のボタンを使って通信モード設定の切り替え・変更ができます。

ハイスピード(HS)・ハイスピードプラスエリア(HS+A)のモード切替方法

ハイスピードプラスエリアモード対応のモバイルルーター機種の場合、ルーター本体の設定メニューから簡単な方法で通信モードの切替が可能。ハイスピードモード使用時にはモバイルルーター端末の画面上に「HS」と表示され、この表示が「HS+A」の場合は通信モードにハイスピードプラスエリアモードを設定中と確認できます。

ルーター最新機種W06などHuawei製品の通信モード設定方法

当サイトおすすめのWiMAX 2+最新機種W06など、Huawei製のモバイルWi-Fiルーターで通信モード設定をハイスピードプラスエリアに変更する方法は次の通りです。

  1. ルーター端末のホーム画面で「通信モード設定」をタップ
  2. 通信モード設定画面で「ハイスピードプラスエリア」をタップ
  3. ルーター画面上部の通信モードが「HS+A」に変更されたことを確認

WX05機種の場合、「ワンタイム HS+A」モードの利用も

WX05端末のメニュー画面
モバイルルーターWX05端末のメニュー画面。
右下にあるのがワンタイムHS+Aボタン。

NEC製モバイルルーター端末・WX05機種の場合、メニュー画面の「ワンタイム HS+A」をタップすればハイスピードプラスエリアモード(HS+A)に切り替わる便利機能も。ルーター端末の電源を切ったり、ハイスピードプラスエリアモードを解除するデータ通信量を指定してハイスピードモードに戻せるため、通信モード設定の戻し忘れを防げます。

【ハイスピードプラスエリアモードの特徴まとめ】
auのLTE回線を使うハイスピードプラスエリアモードは、他の通信モードと比較して最も対応が広く通信速度も速い点がメリット。一方、月間データ量7GBの通信量制限を超過するとハイスピードモードも道連れで速度制限が発生する点が注意すべきハイスピードプラスエリアモードのデメリット。

WiMAX 2+の標準インターネット通信モード・ハイスピード

WiMAXの切り替え可能な3つの通信モードで、標準の通信モードがWiMAX 2+回線を利用するハイスピードモード。WiMAX 2+のサービスエリアでは、ハイスピードモードで高速インターネット通信が可能です。

ギガ放題プラン契約でハイスピードモードを無制限で利用可能

WiMAX 2+には月間データ量7GB上限と、月間通信量無制限のギガ放題の2つの料金プランがありますが、ギガ放題プランの契約で使い放題となるのがハイスピードモード。月間通信量7GBプランの契約の場合、ハイスピードモードの通信量が7GBを超過すると速度制限がかかりますが、比較してギガ放題にはこの速度制限がなく、月間通信量の制限なしで高速インターネットを利用できます。

月間データ量7GB制限とギガ放題の2つの料金プランの月額料金の差はわずか700円程度。このため契約者の約8割が利用中の人気プランがギガ放題プランです。

広いサービス提供エリアでハイスピードモードに接続可能

関東地方のサービスエリアマップ
関東地方のWiMAX 2+サービスエリアマップ

他のポケットWi-Fiサービスと比較して最大のメリットとなるWiMAX 2+のギガ放題プラン。YmobileやYahoo! Wi-FiなどのポケットWi-Fiにも通信量無制限プランがあるもののWiMAX 2+と比較して無制限利用の対象エリアが限定的。WiMAX 2+のハイスピードモードの場合は接続可能なサービス提供エリアが大都市を中心に人口カバー率99%と広い点が特徴。

3日間で10GB以上の通信で下り最大約1Mbpsになる速度制限に注意

WiMAX 2+のギガ放題プランは月間通信量無制限でも、直前3日間の通信量合計は10GB制限なのが注意点。ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの合計通信量が直前3日間で10GB以上になると速度制限がかかります。
 
ただし、3日間で10GBの通信量を超過しても下り最大速度約1Mbpsで通信可能な比較的緩やかな速度制限で、速度制限の時間帯も夕方18時から深夜2時までと、日中は問題なく使える点が特徴です。

比較して月額料金の安い月間7GBプランを契約中に月間データ量7GBの通信量上限を超過した場合や、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超えた場合は、通信速度が約128Kbpsに低下する厳しい速度制限が発生。この速度制限は翌月まで解除されない点に注意が必要です。

WiMAX 2+の通信速度は下り最大558Mbpsの高速インターネット

WiMAX 2+回線を利用する通信モード・ハイスピードモードの通信速度は、下り最大558Mbps、上り最大30Mbps(ルーター最新機種W06利用の場合)。他のポケットWi-Fiの多くは下り最大速度150Mbps~200Mbpsのサービスで、比較してWiMAX 2+は高速インターネット通信が可能です。

使用ルーター端末やエリアでハイスピードモードの速度は異なる

ただし、ハイスピードモードの下り最大558Mbps対応エリアは、東京、神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫の一部エリアで、多くのWiMAX 2+サービスエリアでは下り最大440Mbps。また使用するルーター端末が古い機種の場合、下り最大220Mbpsや110Mbpsにハイスピードモードの速度は減少します。

モバイルルーター機種別・ハイスピードモードの対応速度

モバイルルーター機種別のハイスピードモードの対応速度は以下の通りです。新しい機種では高速通信が可能ですが、比較的古いモバイルルーター機種は速度が遅い点に注意が必要です。

モバイルルーター機種 WiMAX 2+対応エリアでのハイスピードモードの速度
W06・WX05・W05・WX04・W04・WX03 下り最大440Mbpsが可能
※ただし一部のエリアでは、下り最大220Mbpsまたは下り最大110Mbps
WX02・WX01・W03・W02・W01 下り最大220Mbpsが可能
※ただし未対応エリアでは、下り最大110Mbps
【ハイスピードモードの特徴まとめ】
WiMAX 2+ギガ放題プランの契約で、広いエリアに対応したハイスピードモードを月間通信量無制限で利用できる点がメリット。ただし3日間で10GB以上の通信に制限があり、この点は固定回線と比較した場合のデメリット。

新しいルーター端末ではすでに非対応のノーリミットモード

上記2つの通信モードと比較して格段に通信速度が遅いノーリミットモードは旧来のWiMAX回線を使う通信モードで、低速ですが無制限利用が可能な通信モード。ただし、旧WiMAX回線は2020年に停波・サービス終了予定で、ルーター最新機種もノーリミットモードに非対応、今後は利用されない通信モードです。

ノーリミットモード・ハイスピードモードの設定切り替えは自動

なおノーリミットモード対応機種の場合、WiMAX 2+エリアではハイスピードモードに、WiMAXエリアではノーリミットモードに通信モード設定が自動で切り替えられ、手動での設定変更・切り替えはできません。

ノーリミットモード対応ルーターを利用中の場合、機種変更がおすすめ

ノーリミットモードで使用するWiMAX回線は2020年にサービス終了のため、古いルーター機種を利用中の場合は早めの機種変更がおすすめ。機種変更の可否は契約プロバイダによりますが、UQ WiMAXの場合は契約利用開始22ヶ月を経過していれば無料で最新機種に変更可能です。
 
また契約中のプロバイダが機種変更に非対応の場合、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の乗り換えキャンペーンを利用、解約違約金分がBroad WiMAXからキャッシュバックされ、かつルーター最新機種の無料入手が可能です。

ノーリミットモードの特徴まとめ

  • ノーリミットモードで利用する回線は旧来のWiMAX回線
  • ハイスピードプラスエリアモードとは違い、追加料金は発生しない
  • 通信量無制限
  • 通信速度:下り最大13.3Mbps
  • 2020年に停波予定である点が注意点で、今後は利用されない通信モード

WiMAX 2+のプロバイダ選びで重要な比較ポイント

以上、ハイスピードプラスエリアモードなどWiMAX 2+の3つの通信モードの比較や他ポケットWi-Fiサービスとの比較を紹介しましたが、この内容はどのWiMAX 2+プロバイダ契約も同じ内容
 
実際のWiMAX 2+の契約・利用で必要なプロバイダ選びでは、料金やキャンペーンの比較が重要。WiMAX 2+サービスを提供するプロバイダは20社以上あり、それぞれ月額利用料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容が違います。

通信モードや速度、サービスエリアはどのプロバイダも同じ

UQ WiMAXを除くWiMAX 2+のプロバイダはすべてMVNOと呼ばれる事業者で、どこも同じUQコミュニケーションズが管理するWiMAX 2+通信回線を借りて通信サービスを提供するプロバイダ。どのプロバイダ契約でも、通信モードや各モードの通信速度、サービスエリアに違いはありません。

UQ WiMAX以外のMVNOとは

MVNOとは自社で設備を持たず、他社の通信インフラを借りてサービスを提供する事業者。WiMAX 2+の場合、通信設備を管理はUQコミュニケーションズで、UQコミュニケーションズ運営のUQ WiMAX以外のプロバイダはすべてUQコミュニケーションズの通信回線を借りたサービスを提供。利用する通信回線が同じため、WiMAX 2+プロバイダを比較して通信速度の速いプロバイダ、電波の繋がりにくいプロバイダは無いのです。

月額料金プランとキャンペーン特典の最新情報の比較・確認が重要

プロバイダで違うのは、月額料金プランやキャッシュバックなどの新規契約キャンペーンの特典内容。つまりWiMAX 2+のプロバイダ比較とは料金・キャンペーンの比較。ただし、各プロバイダの料金やキャンペーンは頻繁に更新されるため、最新情報での比較が重要です。

当サイトでは常にWiMAX 2+プロバイダの料金・キャンペーン最新情報を確認、比較結果を提供しています。

最後に当サイトのおすすめプロバイダ・GMOとくとくBBとBroad WiMAXを紹介します。いずれも3年契約でハイスピードプラスエリアモードを使うLTEオプションが無料、無料でauの4G LTEを使えるプロバイダです。

高額キャッシュバックキャンペーンで人気のGMOとくとくBB

GMOとくとくBBGMOとくとくBBは最大4万円以上の高額キャッシュバックキャンペーン特典が人気で、おすすめのプロバイダの1つ。WiMAX 2+の月額料金は高いものの、キャッシュバックがあるため実質費用負担が最安級のプロバイダです。
 
ただしキャッシュバックの受け取りは契約開始の約1年後、また手続きがやや複雑な点がGMOとくとくBBのデメリット。

安い月額料金がおすすめのBroad WiMAX(ブロードワイマックス)

BroadWiMAX当サイトのおすすめプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はGMOとくとくBBと比較してキャッシュバックキャンペーンは無いものの、WiMAX 2+の月額料金が安いため、3年契約の費用総額がGMOとくとくBBと同様に最安級のプロバイダ。
 
また当サイト経由でのBroad WiMAX申し込みでは、Amazonギフト券1万円分をプレゼントする限定キャンペーンも実施中。他サイトと比較してお得な料金でBroad WiMAXを契約できます。

以上、WiMAX 2+が使用する通信回線と携帯・スマホや他のポケットWi-Fiサービスが使用する4G LTE回線の比較や、WiMAX 2+で利用可能な3つの通信モードの注意点やメリット・デメリットを比較・確認しました。

最近のWiMAX 2+は3年契約が主流、3つの通信モードの比較の中で最速・対応エリアも最大のハイスピードプラスエリアモードを利用しやすい方向に料金改定や割引プランが導入されており、今後はこの通信モードがWiMAX 2+の標準となりそうです。

様々な観点でWiMAXの通信モードを比較しましたが、WiMAX 2+で重要なのはプロバイダの比較であり、最新の料金プランやキャンペーン特典の比較。当サイトでは各プロバイダの最新情報を基に「おすすめランキング」などを公開中です。ぜひ一度ご確認ください!

【WiMAX 2+の最新料金情報を網羅!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019年9月の当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!