高いWiMAXの料金を節約・見直したい!おすすめの方法は?

高いWiMAXの料金を節約・見直したい!おすすめの方法は?

WiMAXが高い

契約時は納得していたWiMAXの料金。一方、利用を続ける間にふと毎月の請求額が高いと感じることも。新規契約時は適用された割引キャンペーンが無くなり、月額利用料金の値上がりなどWiMAXの契約当初と比較して期間の経過とともに高いと感じるのは、実はよくある話です。
 
そこでこのページではWiMAXが高いと感じる理由や原因を徹底解説、WiMAXの高い費用の節約方法や、おすすめの見直し方法を紹介します。WiMAXの費用を安くして快適に使い続けましょう!

WiMAXの料金が高いと感じる理由

利用開始当初は安いと感じたWiMAXの料金も、期間の経過とともに高いと感じることも。WiMAXの料金が高いと感じる理由や原因は、契約プロバイダでも違いますが、よくあるケースを以下で紹介します。

契約期間とともにプランが値上がり、高い月額料金になる場合

WiMAXプロバイダには契約期間とともに料金プランが値上がりするところもあり、利用開始時の安い月額料金と比較して期間が経つと高いと感じる場合も。主要WiMAXプロバイダで契約期間による値上がりに注意が必要なのは下記のようなプロバイダです。

下記WiMAXプロバイダを契約中の場合、契約開始後1年~2年で月額料金が高いと感じる場合もあります。
WiMAXプロバイダ 月額料金の値上がり(ギガ放題プランの場合)
GMOとくとくBB 開始~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
カシモWiMAX 開始~1ヶ月目:1,380円
2~24ヶ月目:3,580円
25ヶ月目以降:4,079円
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 開始~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円

契約更新後はキャッシュバックや割引キャンペーンがなく、高い

2年や3年の契約期間を満了後、同じプロバイダで契約更新すると高い料金でのWiMAXサービスの利用になる点にも注意が必要。初回契約時はキャッシュバックキャンペーンや割引キャンペーンの適用で安いのと比較して、更新後はキャンペーンがなく、高い費用負担になるためです。
 
特に初回契約時のキャンペーン特典金額が大きいWiMAXプロバイダほど注意が必要で、契約更新後の料金を高いと感じる可能性が高まります。

GMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAX 2+の契約更新は料金が高いためおすすめできない

WiMAXプロバイダの中で高額なキャッシュバックキャンペーン特典のあるGMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAX 2+を契約中の方は特に注意が必要で、新規契約時はキャッシュバックで他と比較して実質費用の安いプロバイダですが、契約更新時はキャッシュバックキャンペーンがなく、ただの月額料金の高いプロバイダ。更新後の費用が高い点がデメリットで、更新・継続利用をおすすめできないプロバイダです。

WiMAX申し込み時に加入したオプションサービスの解約忘れに注意

上記のGMOとくとくBBなどは、申し込み時の有料オプションサービス加入がキャンペーンの適用条件のプロバイダ。利用開始後に解約可能なオプションサービスですが、解約を忘れると結果的に毎月の請求額が高い金額になる点に注意が必要です。

GMOとくとくBBやBroad WiMAXのキャンペーン適用にオプション申し込みが必要

例えば、キャッシュバックキャンペーンで人気のプロバイダ・GMOとくとくBBの場合、申し込み時に安心サポート(月額300円)とWiFi・公衆無線LAN接続サービス(月額362円)のオプションサービス加入が必要。オプションが不要な場合は解約できますが、解約を忘れるとその分だけ高い請求金額になります。
 
またBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合も、キャンペーン適用条件として安心サポートプラス(月額550円)、My Broadサポート(月額907円)のオプション加入が必要で、こちらも解約忘れで高い月額費用になる点に注意が必要です。

家電量販店の店舗など、そもそも高いところでWiMAXを契約した

またWiMAXを利用中、ネットや友人の評判・口コミで「WiMAXを安いプランで契約できた」との声を耳にし、比較して自分のWiMAXが高いことに気づく場合も。
 
WiMAXを契約できるプロバイダは本家・UQ WiMAX以外にも20社以上あり、どのプロバイダも同じWiMAX2+通信回線を利用するインターネット接続サービスの一方、月額利用料金や利用可能なキャンペーンに違いがあります。このため、よく知らずにauショップや家電量販店の店舗など高いところでWiMAXを契約、後で後悔される方もいるようです。

UQ WiMAXやヤマダ電機・ビックカメラなどの店舗、auは料金が高いプロバイダ

UQ WiMAXのロゴ
WiMAXプロバイダの「本家」
UQ WiMAXは料金が高い

特に注意すべきがUQ WiMAXや、ヤマダ電機(YAMADA Air Mobile WiMAX)・ビックカメラ(BIC WiMAX)など家電量販店の店舗、auでの契約。GMOとくとくBBやBroad WiMAXの場合は実質月額3,000円台で月間通信量無制限のギガ放題プランを利用できるのと比較して、UQ WiMAXなどの場合は月額4,000円以上です。
 
WiMAXの料金比較を十分にせず、他のWiMAXユーザーと比較して月額料金が高い、特典金額の大きなキャンペーンが無く実質費用総額も高いところで契約してしまう場合に注意が必要です。

ルーター端末の有料購入が必要な点がデメリットで高いと感じる理由

また、UQ WiMAXやヤマダ電機・ビックカメラなどの家電量販店の料金が高い理由でありデメリットが、新規申し込み時に価格2万円前後でのルーター端末の有料購入が必要な点。GMOとくとくBBやBroad WiMAXの場合はルーター端末が無料提供のため、比較してWiMAXの費用が高いと感じる原因になります。

auの4G LTE回線を使用、オプション費用が請求されて高い

WiMAXを2年契約で利用中、ルーター端末の通信モードを変更してハイスピードプラスエリアモードを使用すると、使用月はLTEオプション費用1,005円が追加請求され、これが原因で高いと感じる場合も。

ハイスピードプラスエリアモードはauの4G LTE回線とWiMAX2+回線を同時に使用する通信モードで、WiMAXルーター端末の通信速度が高速化。またWiMAX2+回線が圏外の場所でもauの4G LTE回線の対応エリアであればインターネット通信可能な便利な通信モードです。

建物内などWiMAXの電波が繋がりにくい場所でも便利な通信モードですが、毎月使うとLTEオプション費用が追加された高い請求額に。この場合はLTEオプションを無料利用できる3年契約への切り替えが費用の節約・見直し方法としておすすめです。

WiMAXが高い時におすすめの費用節約・見直し方法

以上、WiMAXが高いと感じる理由はさまざまですが、諦めて高い料金を支払い続けたり、解約の必要はありません。WiMAXの費用を節約、見直しする方法があるからです。以下、当サイト・WiMAX比較ナビがおすすめする、WiMAXが高いと感じる時の費用節約・見直し方法を紹介します。

ギガ放題利用中で通信量が少ない場合、安い月間データ量7GB制限プランに変更

最も簡単な費用の節約方法が、WiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランを利用中の場合は、月額料金の安い月間データ通信量7GB制限プランに変更する方法。月間7GB制限プランと比較してギガ放題プランは月額500円~1,000円高いため、プラン見直しはおすすめの節約方法です。
 
多くのプロバイダが無料のプラン変更を受け付けていますが、一部プロバイダはギガ放題プランのみの提供で月間7GB制限プランに変更できない点や、あくまで通信量が少なく月間データ量7GBで十分な場合におすすめの方法である点が注意点です。

格安SIMのセット利用やギガMAX月割で携帯電話・スマホを含め費用節約

また高いWiMAXの費用の見直しの代わりに携帯電話やスマホの費用を見直し、通信費用全体を節約する方法もおすすめ。例えば、ドコモ・ソフトバンク・auの携帯電話やスマホを利用中の場合は格安SIMに変更したり、スマホの契約をギガMAX月割を適用可能なUQモバイルに変更、WiMAXとのセット割での費用節約方法もあります。

※WiMAXと格安SIMの併用による料金節約方法については別記事「格安SIM徹底比較~WiMAXとの併用・組み合わせでおすすめは?」もご確認ください!

次回更新時期に別のWiMAXプロバイダでサービスを新規契約

契約状況により、しばらく高い料金の支払いが必要ですが、WiMAXの料金を安くする方法が次回更新時期に必ず別のWiMAXプロバイダに乗り換え、サービスを新規契約すること。新規契約キャンペーンが適用されない契約プロバイダの継続利用はWiMAXが高いと感じる最大の要因です。
 
解約違約金のかからない更新月に現在のサービスを解約、他の安い月額料金、お得なキャンペーンのあるWiMAXプロバイダに変更すれば、高い費用になったWiMAXをもう一度安い料金で利用できます。

使用する通信回線や速度、対応エリアはどのWiMAXプロバイダも同じ

ちなみに現在WiMAXを問題なく使用できている場合、他のプロバイダに乗り換えても問題なく使用を継続できます。どのプロバイダも同じWiMAX2+通信回線を使用するサービスで、料金の高い・安いはあっても、通信速度や回線、対応エリアに違いはないからです。

つまりWiMAXを満足して使用している方ほど、プロバイダの積極的な乗り換えがおすすめです。

乗り換えキャンペーンを利用、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)に変更

Broad WiMAX次回の更新時期まで待てない」「今すぐWiMAXの高い料金を見直したい」場合にもおすすめの方法が1つあります。それがBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の乗り換えキャンペーンを利用、現在契約中のプロバイダを解約して、Broad WiMAXとの契約に変更する方法です。

乗り換えキャンペーンを利用、違約金を実質負担せずにプロバイダを変更でき、また月額料金の安いBroad WiMAXへの変更で、高いWiMAXの料金を今すぐ節約可能です!

他社プロバイダの途中解約にかかる違約金を最大19,000円までキャッシュバック

Broad WiMAXの違約金負担・乗り換えキャンペーン(2020年)

Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンとは、他社プロバイダやポケットWiFiなどのインターネット接続サービスを解約、Broad WiMAXを新規契約する方が対象のキャンペーンで、他社の途中解約時の違約金を最大19,000円までBroad WiMAXが負担・キャッシュバックするキャンペーン。高い違約金を実質負担せず、契約途中でもすぐにBroad WiMAXを契約可能です。

他と比較して月額料金が安いBroad WiMAXの利用は、おすすめの節約方法

Broad WiMAXへの乗り換えのおすすめ理由が他プロバイダと比較して安い月額料金。月間7GB制限プランは月額2,726円~、ギガ放題プランは月額3,411円~と、特に他社WiMAXの高い月額料金に悩み中の方には乗り換え翌月から節約効果のある、おすすめの方法です。

高い料金の見直しに加え、無料でルーター最新機種に変更可能な点もおすすめ

Broad WiMAXへのWiMAXの契約変更は高い料金の見直しになる上、ルーター最新機種に変更可能な点もおすすめ。Broad WiMAXとは新規契約のため、申し込み時にモバイルルーターやホームルーターの最新機種を含む端末から無料で1台が提供されます。
 
契約中のプロバイダによっては機種変更ができない場合や、機種変更代金が高い場合もあるのと比較して、Broad WiMAXへの乗り換えは費用節約に加え、無料で最新機種に変更できる点もおすすめです。

当サイト経由のBroad WiMAX申し込みの場合、Amazonギフト券キャンペーン適用

当サイト限定・Broad WiMAXのAmazonギフト券キャンペーン
当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーン

さらに当サイト経由でのBroad WiMAX申し込みの場合は、当サイト限定のAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンの適用対象で、申し込み後すぐにAmazonギフト券を受け取り可能なキャンペーンを実施中です。

当サイト経由のBroad WiMAXへの乗り換えは、
・違約金負担が実質不要
・高いWiMAXの月額料金を見直しできる
・ルーター端末の最新機種に無料で変更可能
・Amazonギフト券1万円分ももらえる

などがメリットの、おすすめの方法です!

以上、WiMAXの料金が高いと感じる理由や、おすすめの節約・見直し方法について紹介しました。WiMAXの料金が高い理由次第で、Broad WiMAXへの乗り換えはすぐに費用の節約・見直しが可能な方法の場合も。WiMAXの高い料金に我慢せず、プロバイダ変更も含めた積極的な見直しがおすすめです。
 
当サイトおすすめのBroad WiMAXのキャンペーン情報は下記ページで詳しく解説中です。あわせてぜひご確認ください!

【WiMAXの高い料金にお悩みなら…】

2020年10月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年10月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年10月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!