サポート体制によるWiMAXプロバイダの評価と有料オプションの要否

サポート体制によるWiMAXプロバイダの評価と有料オプションの要否

No problem慣れないWiMAXルーター機器の操作や、目に見えないインターネット通信や接続のことなどWiMAXの利用中に困ったことが起きた時、電話での問い合わせサポートやWEBのサポートサイトなど問い合わせ窓口がしっかりしているWiMAXプロバイダと契約していれば何かと安心。
 
このページではWiMAXプロバイダに直接電話で問い合わせ可能かなど、各WiMAXプロバイダの問い合わせサポート体制を比較・検討するため、主要プロバイダのサポートサイトやお客さまセンターでの問い合わせ対応時間、評価・評判を比較して紹介。また、「安心サポートなどの有料オプションは必要?」といった疑問にも回答します。

WiMAXプロバイダの問い合わせサポート~電話番号・対応時間の比較

WiMAXの契約で検討・利用する方の多い主要プロバイダに限り、各WiMAXプロバイダのサポート体制や電話問い合わせの対応時間などを比較して紹介します。特に、UQ WiMAXのサポートサイトは情報が充実、WiMAX利用者に役立つと評判。契約先のプロバイダがどこかにかかわらず、困ったことがあれば問い合わせ前に確認してみるのもおすすめです。

多くのWiMAXプロバイダは電話での問い合わせに対応しており、対応時間の長さが比較・検討のポイント。また問い合わせしなくても解決できるように公式サイトのサポート情報が充実しているかも重要な比較ポイント。

UQ WiMAX・UQコミュニケーションズお客さまセンター

UQ WiMAXのロゴ1日の電話問い合わせ対応時間が最も長く(朝9時から夜9時まで)、またサポートサイトの内容が非常に充実していると評判なのがUQコミュニケーションズが運営するUQ WiMAX。WiMAXの利用料金は高額ですが、問い合わせサポート体制の評価が高いプロバイダです。

公式サポートサイトURL http://www.uqwimax.jp/support/wimax/
問い合わせ方法 電話およびメール
問い合わせ窓口の電話番号 0120-929-818(契約者向け)
0120-959-001(新規契約検討中の受付・相談)
対応時間 9:00~21:00(年中無休)
サポートの評価・評判 ・UQ WiMAX公式サイトのサポート情報が非常に充実、ルーター機種の製品マニュアルも全機種確認可能
・電話での問い合わせ対応時間がWiMAXプロバイダの中で比較して最も長い

UQ WiMAXサポートサイトはエリア対応情報などが他社と比較して充実と評判

UQ WiMAXのサポートサイトは、ルーター全機種のマニュアルを確認できたり、困った時の対処方法などのコンテンツが充実との良い評判。これらのサポート情報は他社と比較して充実と評判で、UQ WiMAXと契約が無くても利用可能なため、WiMAX利用者であれば誰もが有効に活用したいもの。
 
また新たな基地局の追加設置情報など最新のWiMAXのエリア対応状況も確認でき、例えば出張先や旅行先がWiMAXを利用可能な対応エリアかどうか、事前に確認することも可能です。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)お客様サポート窓口

BroadWiMAXシステム障害情報などサポートサイトの情報がリアルタイムに更新されているほか、土曜日も電話問い合わせが可能。Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はWiMAXプロバイダとしてサポートサービスが十分整っていると評価できます。

公式サポートサイトURL https://support.broad-isp.jp/wimax/
問い合わせ方法 電話およびメール
問い合わせ窓口の電話番号 0120‐546‐376
※解約の場合は別途専用番号へ
対応時間 11:00~18:00(月~土/年末年始除く)
サポートの評価・評判 ・WiMAXの障害状況やメンテナンスのお知らせがリアルタイム更新で、公式サイトの内容が充実
・時間帯により、お客様サポート窓口への問い合わせ電話が繋がりにくいとの評判も

料金プラン変更手続きなどはBroadサポートサイトで申し込み可能

WiMAXには月間通信量7GB制限プランと月間通信量無制限のギガ放題プランの2つの料金プランがありますが、これらのプランは月単位で変更が可能。この料金プラン変更の申し込みはBroad WiMAXを契約後に利用可能な契約者専用の「Broadサポートサイト」で手続きができ、お客様窓口に電話の必要はありません。
 
またBroadサポートサイトではキャンペーン適用に必要な有料オプションの解約申請や料金支払いで使用するクレジットカードの登録・変更が可能。充実したサポートサイトはBroad WiMAXを契約するメリットの1つ。

GMOとくとくBB WiMAXの問い合わせ先~対応時間が平日のみがデメリット

GMOとくとくBBでは電話での問い合わせにも対応していますが、WiMAX関連問い合わせの対応時間は平日のみで、特に平日は仕事などで問い合わせをしづらい方は注意が必要なデメリット。また問い合わせの電話が混み合い、非常に繋がりにくい時間帯があることが、GMOとくとくBBの公式サイトでも注意されています。

公式サポートサイトURL https://help.gmobb.jp/contact/select/
問い合わせ方法 電話およびメール
問い合わせ窓口の電話番号 0570-045-109
対応時間 平日10時~19時
サポートの評価・評判 ・毎日10時~12時、16時~18時は問い合わせの電話が非常に混み合うとの評判
・土日は電話でのWiMAX関連の問い合わせに対応しておらず、評価は低く評判も良くない

BIGLOBEカスタマーサポート・インフォメーションデスク

BIGLOBE比較的大手のプロバイダ・BIGLOBE WiMAX 2+だけに年中無休で電話での問い合わせサポートを行っており、またWiMAXの新規契約ではチャットでの問い合わせも可能です。

公式サポートサイトURL http://support.biglobe.ne.jp/
問い合わせ方法 電話およびメール・チャット
問い合わせ窓口の電話番号 0120-86-0962
※フリーダイヤルに接続できない場合は、03-6385-0962
対応時間 10:00~19:00(年中無休)
サポートの評価・評判 ・BIGLOBE WiMAX 2+への新規申し込みを検討中の場合はチャットでの問い合わせ対応もあり、リアルタイムに質問できる
・月初は問い合わせの電話が混み合い、つながりにくい

nifty(ニフティ)カスタマーサービスデスク

niftyBIGLOBEと同様、年中無休でのサポートサービスを提供しているほか、インターネットサービスプロバイダの老舗・nifty(ニフティ)だけにサポートサイトの情報も充実していると高評価です。

公式サポートサイトURL http://support.nifty.com/support/service/wimax/index.htm
問い合わせ方法 電話およびメール
問い合わせ窓口の電話番号 0120-32-2210
※フリーダイヤルに接続できない場合は、03-5860-7600
対応時間 毎日10:00~19:00
サポートの評価・評判 ・nifty公式サイトのサポート情報が充実と高評価
・WiMAXのプラン変更などWEBから申請、変更手続きできる点が多い点も利用者から良い評判

So-net会員サポートでの問い合わせ対応

メール・電話のみならず、チャットやFAXでの問い合わせにも対応している点がSo-net WiMAX 2+の特徴で、他の大手WiMAXプロバイダと同様、原則として年中無休で問い合わせへのサポート対応を行っている点も評価できます。

公式サポートサイトURL https://support.so-net.ne.jp/
問い合わせ方法 電話およびメール・チャット・FAX
問い合わせ窓口の電話番号 0120-80-7761
対応時間 9:00~18:00
※1月1日、2日およびSo-net指定のメンテナンス日を除く
サポートの評価・評判 ・電話、メール以外にもチャットやFAXでも問い合わせが可能など、問い合わせ手段が多い点がSo-net WiMAX 2+の評価ポイント
問い合わせ対応体制の維持にはコストもかかるため、サポートが充実したWiMAXプロバイダほど利用料金がやや高くなる傾向。サポートを重視するか、料金を重視するか、そのバランスを重視するかで、WiMAXプロバイダの検討も変わりそうです。

「端末補償サービス」などの有料サポートオプションは必要?

WiMAXプロバイダによってはWiMAXのプラン料金以外に「安心サポート」といった有料オプションへの加入を勧めたり、キャッシュバンクなどキャンペーンの適用条件として有料オプションの契約を義務付けているところもあります(多くの場合、WiMAX利用開始後に有料オプションはいつでも解約可能です)。
 
WiMAXの契約時に、この有料サポートオプションに加入すべきか悩む方も多いようなので、一例を紹介します。

各WiMAXプロバイダの有料サポートオプションの内容・料金一覧

WiMAXプロバイダ各社それぞれで有料のサポートオプションを提供しています。内容を見るとWiMAXルーター機器の故障などを想定したサポートと、インターネットやパソコンなどの操作全般を想定したサポートの2種類があります。代表例を以下の一覧にまとめました。

WiMAXプロバイダ 有料サポート オプション費用 内容
UQ WiMAX 端末補償サービス 380円/月 WiMAX機器の故障、盗難、紛失など、トラブルの際に、同一機種・同一色の交換用機器(リフレッシュ品)をお客様がお申し込み時に登録いただいたご住所(国内のみ)にお届け
Broad WiMAX 安心サポートプラス 550円 WiMAXルーターの、水濡れ・正常な使用状態での自然故障が無料で修理が行えるオプションサービス
※紛失・盗難・部分破損・故意での故障は対象外
Broad WiMAX My Broadサポート 907円(税抜)最大2ヶ月無料 PCサポートサービス、メールサービス、セキュリティソフトの提供など
GMOとくとくBB 安心サポート 300円/月 WiMAXルーターの故障修理が無料
※紛失・盗難・水漏れ・故意での故障は対象外
nifty @niftyまかせて365 500円/月 電話がつながりやすい会員専用の問い合わせ窓口が魅力。その他、「パソコンの調子が悪い」「デジカメの写真を印刷したい」など通常のサポート窓口では対応してもらえない相談内容にも対応してもらえる
So-net WiMAX 2+ So-net 安心サポート 500円/月 インターネットやパソコンにまつわる疑問や不安を解決する有償のサポートサービス。
相談・問い合わせ料金(1件につき):1,200円
※毎月最初の相談1件は無料

利用開始1年以内のルーターの自然故障ならメーカー保証が有効

WiMAXのルーターに特化したオプションプランは加入検討の余地がありますが、前提としてどのWiMAXプロバイダとの契約でもルーター機器には1年間のメーカー保証があることを知っておくべき。
 
故意の損傷などを除き、正しい使い方をしていたのにルーター製品が故障した場合、メーカー保証で修理・交換も可能です。無料でメーカーが対応するため、このケースを想定すると有料オプションの追加契約は不要です。

パソコン利用全般のサポートは後から追加申し込みも可能

またniftyやSo-netが提供するパソコン利用全般のサポートは自分自身のITスキルや知識にもよりますが、インターネットで調べれば解決できることも多く、WiMAX契約時にわざわざ加入しなくても良さそうです。必要に応じて後から追加申し込みも可能です。

有料サポートは申し込み不要、ただしキャンペーンに必要なことも

当サイトでは、WiMAXの契約時に有料サポートオプションへの申し込みは原則不要と考えていますが理由は以下の通りです。

・WiMAX契約2年目以降は、比較的安価で機種変更が可能なプロバイダがある
・WiMAXは毎年新しい機種のルーターがリリースされる傾向
・毎月のサポート料金を支払うよりも、2年目以降に故障した場合は機種変更やプロバイダの乗り換えで、ルーター最新機種にするのが経済的

ルーターの紛失や盗難の対策として申し込みを検討する余地もありますが、そもそも紛失・盗難にも対応しているのは、上記一覧ではUQ WiMAXの端末補償サービスのみでその他は加入しても紛失・盗難対策にはなり得ません。

ただしBroad WiMAXとGMOとくとくBBでは、有料オプション加入をキャンペーン適用条件の1つとしているため、キャッシュバックなどの特典を受け取る場合は契約時に申し込みせざるを得ません

Broad WiMAXとGMOは契約開始後のオプション解約手続きが必要

どちらのWiMAXプロバイダもキャンペーン適用には安心サポートといった有料オプションへの加入が必要になりますが、同時にWiMAX利用開始後いつでも解約できるとしていますので、必要が無い場合は忘れずに有料オプションを解約することが必要となります。
 
Broad WiMAX、GMOとくとくBBともに会員ページから簡単に解約手続きを行うことができ、サポートに電話する必要はありません。

WiMAX端末故障時の問い合わせ先や修理・機種変更手続き

各プロバイダの端末補償サービスを契約しているか、していないかにかかわらず、使用中のWiMAXルーター端末が故障した場合の問い合わせ先や修理・機種変更の手続きはどうなるのでしょうか?各WiMAXプロバイダの対応の違いを比較しました。

製品故障時の各WiMAXプロバイダ問い合わせ先や修理フローの違い

利用中のルーター製品の故障が疑われる場合の問い合わせ先や修理フロー、機種変更への対応の各WiMAXプロバイダによる違いを比較したのが以下の表です。

WiMAXプロバイダ ルーター製品故障時の問い合わせ先・修理フロー 機種変更対応
UQ WiMAX 利用開始15日以上の場合は直接auショップへ相談 利用期間に応じて端末料金が変わるものの、いつでも機種変更可能
BroadWiMAX BroadWiMAX・お客様サポート窓口にまずは問い合わせ、故障の場合はauショップへ 20ヶ月以上利用中の場合は無料で最新機種に変更可能
GMOとくとくBB GMOとくとくBBへ電話問い合わせが必要 20ヶ月以上利用中の場合は無料で最新機種に変更可能
BIGLOBE WiMAX 2+ まずはBIGLOBEカスタマーサポート テクニカルサポートデスクまで電話問い合わせ、故障の場合はauショップで修理対応 UQ WiMAXの場合と同じ料金で、いつでも機種変更可能(UQコミュニケーションズで変更手続き)
nifty 機器の故障が疑われる場合はauショップに直接相談 UQ WiMAXの場合と同じ料金で、いつでも機種変更可能(UQコミュニケーションズで変更手続き)
So-net WiMAX 2+ So-netサポートデスクへ問い合わせするか、auショップ店舗に持ち込み UQ WiMAXの場合と同じ料金で、いつでも機種変更可能(UQコミュニケーションズで変更手続き)

いずれのプロバイダの契約でもメーカーへの修理受付窓口はauショップ店舗

WiMAXプロバイダにより、まずはカスタマーサポートへの電話問い合わせが必要な場合もあるものの、いずれもルーター製品をメーカー修理に出す場合の受付窓口はauショップの店舗になります。UQ WiMAXやniftyの場合は直接近くのauショップ店舗にルーター端末を持ち込むように指示がありますが、不安な場合は一度契約中のWiMAXプロバイダに電話問い合わせすることがおすすめです。

修理にかかる料金(1万円~3万円程度)はauショップに支払い

なお有料の端末補償サービスなどに加入していない場合、修理に1万円~3万円程度の料金がかかる場合もあり、auショップ店舗にて支払いが必要。修理料金やWiMAXの利用期間によっては、機種変更サービスを利用したほうが料金が安い場合もある点に注意が必要です。

WiMAX解約時の連絡先が通常の問い合わせ電話番号と違うことも

WiMAXを解約する場合、契約先の各プロバイダに電話連絡する必要があり、原則としてオンラインでは解約できません。また、プロバイダによっては解約専用の電話番号が設けられているなど、通常の問い合わせ先・サポートデスクとは別になっている場合も。WiMAX解約時の問い合わせ先や連絡先は下記の記事でも詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。
参考記事:WiMAXの解約・更新月の前に知っておくべき注意点
 
 
以上、主要なWiMAXプロバイダの電話問い合わせ先やサポート体制の比較、解約時の注意点などを紹介しました。

UQ WiMAXやBIGLOBE、niftyなどの大手プロバイダはサポート体制が整っている分、利用料金が高くなる傾向。これと比較すると、当サイトでおすすめしているBroad WiMAXは料金が最安な上に月曜~土曜日の電話サポート、かつサポートサイトも充実とバランスのとれたプロバイダです。

各プロバイダのサポート体制が分かったら、次は各プロバイダの料金・キャンペーン比較。お得なWiMAXプロバイダを見つけるには、最新の料金・キャンペーン情報での比較・検討が必要です。当サイト限定のキャンペーン情報もありますので、ぜひ一度ご確認ください!

【料金・キャンペーンを徹底比較!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/3/31までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!