即日契約・開通可能なおすすめのWiMAXプロバイダはどこ?

即日契約・開通可能なおすすめのWiMAXプロバイダはどこ?

WiMAX即日契約

今日WiMAXが欲しい!即日契約したい!
急な引っ越しや、使用中のモバイルWiFiルーターが壊れたなどの理由で、とにかく最短でインターネット手段が必要で、即日契約・開通できるWiMAXを探す方も多い様子。
 
もちろん即日契約可能、回線工事不要で開通できるWiMAXですが、料金プランを比較せずどのプロバイダも同じだと思って申し込みすると後で後悔することも。
 
そこでこのページではWiMAXを即日契約できる場所・店舗やプロバイダの紹介からメリット・デメリットの比較、また即日発送に対応したプロバイダや最短本日からWiMAXを利用開始できるプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)のおすすめ理由など、WiMAXを最短で利用開始したい方に役立つ情報をお届けします。

今日(2018年11月19日中に)、WiMAXを契約・即日利用開始したい場合、このページ下部の「即日契約が可能なおすすめプロバイダ・Broad WiMAX」を今すぐ確認ください!

即日発送や最短で開通可能なWiMAXプロバイダをお探しですか?

即日発送に対応していたり、最短で開通可能なWiMAXプロバイダを探している方には、以下の状況の方が多いようです。

  • 急な引っ越しや転勤で、インターネットプロバイダを至急契約したい。
  • 使用中のモバイルWiFiルーター端末が故障、通信ができない。急いでWiMAXを即日申込したい。
  • 来週の旅行・外出で急遽ポケットWiFiが必要に。即日発送や最短で開通できるポケットWiFiを探してる。

あなたは今、どんな理由で即日対応できるWiMAXプロバイダを探していますか?

WiMAXなら契約当日にルーター端末の受け取り・インターネット開通

WiMAXのメリットは回線工事などが不要で、専用のルーター端末を受け取り後、即日でインターネットを開通できる点。フレッツ光やauひかりなどの固定回線・光回線によるインターネット通信サービスの場合は契約手続き・回線工事に時間がかかり、すぐにインターネットを開始するのは難しいもの。
 
その点、WiMAXの場合はルーター端末と接続するノートPCやスマホ、iPadなどのタブレット端末で5分程度の初期設定作業を行う時間が必要なだけ。最短で契約当日に端末を受け取り、インターネット通信を開通できます。

ただしWiMAX料金の支払い方法にクレジットカードが必要

WiMAXの申し込みは即日でできますが、ルーターの即日発送や即日受け取りにはクレジットカードが必要。一部のプロバイダはクレジットカードでの料金支払いの他、銀行の口座振替・引き落としでの支払い方法にも対応していますが、口座振替の場合は事前審査が必要で端末発送までに時間がかかります。
 
WiMAXを即日発送で申し込み、最短で利用開始するにはWiMAXの月額利用料金の支払い方法としてクレジットカードが必要で、契約時にクレジットカードを用意する必要があります。

支払い用のクレジットカードさえ用意できれば、あとは即日契約や即日発送が可能なWiMAXプロバイダのどこで申し込みをするかが重要です。

WiMAXの契約・申し込みを至急したい!最短で届くのはどこ?

WiMAXサービスの契約・申し込みができるプロバイダは25社以上。ただし、即日開通・インターネットを即日利用開始できるプロバイダや、ルーター端末の即日発送に対応したプロバイダはごく一部。また即日開通だからと十分な料金比較をせずに契約すると後で後悔することも。
 
最短でルーターが届きWiMAXを利用開始できるプロバイダの中でも、どこでWiMAXを契約するべきか、即日開通や即日発送が可能なプロバイダを対象にメリット・デメリットを比較します。

家電量販店店舗(ヨドバシ・ビックカメラ・ヤマダ電機など)

ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店の店舗店頭でもWiMAXの申し込みが可能で、これらの家電量販店もWiMAXプロバイダ。店舗にはWiMAXのルーター端末もあり実際にサイズや使い勝手などを確認できる点がメリットで、また店頭での即日契約も可能。ルーター端末の在庫さえあれば最短で申込当日の利用開始も可能です。

申し込み当日、ルーター端末の店頭在庫状況次第

ただしルーター端末の在庫状況には注意が必要。申し込み当日、店舗・店頭に最新機種のルーター端末の在庫がないからと、慌てて古い機種の端末でWiMAXを申し込むことはおすすめではありません。古い端末は通信速度が遅い可能性があるほか、機能面でも最新機種のルーター端末と比較して劣る可能性もあります。

店舗店頭での契約はWiMAXの価格・費用が高い

さらに、量販店の店舗・店頭で提供されるWiMAXの料金プランは月額料金が比較的高め。ビックカメラではポイント還元が、ヤマダ電機では店舗によりキャッシュバックキャンペーンなどがあるものの、それらを考慮した実質総額費用でも他プロバイダと比較して高いのです。
 
後ほど紹介するネット・WEB申し込みが可能なプロバイダの方が価格が安く、キャンペーンも充実。家電量販店の店舗店頭は、即日契約・即日開通ができる点はメリットであるものの、利用期間全体で考えた時のWiMAXの費用負担が数万円高くなる点がデメリットです。

全国のauショップ店頭での即日契約・申し込みにおける注意点

auロゴWiMAXの通信サービスを運営するUQコミュニケーションズはauと同じKDDIグループの会社でもあり、auの公式モバイルWiFiサービスはWiMAX。このため、全国のauショップ店頭でWiMAXの即日契約・申し込みを受付しています。
 
auショップでの申し込みする場合の注意点は家電量販店の場合と同様、ルーター端末の店頭在庫の問題や月額料金プランが高い点が挙げられますが、さらにauショップの場合はWiMAXの端末の中でもNEC製端末(WX05やWX04など)の取り扱いが無く、Huawei製端末しか選択できない点もデメリット。

auスマートバリューmineはauショップ以外での申し込みも対象

auの携帯電話・スマートフォンを契約中の場合、WiMAXの申し込みと同時にauスマートバリューmineという割引キャンペーンを利用できます。最大月額1,000円がauの利用代金から割引されるキャンペーンですが、auショップ経由でWiMAXを契約しなくても申請可能です(一部非対応のWiMAXプロバイダもあります)。

即日開通はネット・WEBでのWiMAXの新規契約がお得でおすすめ

WiMAXの利用料金が最も安いのは、ネット・WEBで新規契約する方法。店舗がなく主にネット・WEBでサービスを提供するWiMAXプロバイダが多数あり、各社、月額料金が安い、キャッシュバックキャンペーンが充実している点などが魅力。
 
店舗を持つプロバイダと比較してコストがかからず、お得で安い料金プランを提供できる点がおすすめの理由ですが、すべてのプロバイダがルーターの即日発送サービスに対応していないため、即日契約・開通が可能なWiMAXプロバイダの中での比較や検討が必要です。

WiMAXの利用期間全体で考えると、費用負担が安いのは店舗・店頭での申込よりもネット契約を利用する方法。WiMAXの即日契約あれば、ネット申し込み可能、即日開通・即日発送可能なプロバイダがおすすめです。

GMOやUQ WiMAXは即日発送対応、ただし利用開始は最短翌日以降

WiMAXの主要プロバイダの中で、契約即日のルーター端末発送に対応しているのがGMOとくとくBBやUQ WiMAX、ブロードワイマックス(Broad WiMAX)などのプロバイダ。このうち店舗での端末受け取りが可能なブロードワイマックスを除き、GMOとくとくBBやUQ WiMAXでの契約では即日発送は可能でも即日の利用開始はできず、ルーター端末が届くのは最短でも翌日以降。

GMOとくとくBBやUQ WiMAXの即日発送は届け先エリアで到着日が変わる

GMOとくとくBBとUQ WiMAXは申し込み当日のルーター端末の即日発送サービスに対応していますが、ルーターが届くのは最短翌日以降、利用開始も申し込み翌日以降となります。あくまで契約即日の発送というだけで、いつから利用開始できるかは届け先エリアで変わります。

GMOとくとくBBの即日発送サービスを利用した場合の流れ

GMOとくとくBB参考までにGMOとくとくBBの即日発送サービスを利用した場合に、最短でいつ端末が届くかの流れを紹介します。

GMOとくとくBBへの申し込み手続き

まずGMOとくとくBBの即日発送を利用するには、平日の場合は15:30、土曜・日曜・祝日の場合は14:00までの申し込み手続きが必要。またWiMAX料金の支払い用のクレジットカードも必要です。

最短当日に端末発送、配送状況を確認できるメールが届く

GMOとくとくBBへの申し込み時に「即日発送」を指定すると、最短当日に端末が発送されます(「通常発送」を選択すると申し込みから4営業日後の発送になる点に注意)。発送が完了すると、配送状況を確認するための「配送伝票番号」の書かれたメールが届きます。この配送伝票番号をもとに、佐川急便のホームページで端末の配送状況を確認できます。

ルーター端末の到着(届け先エリアにより配送日数が異なる)

東京都内からのルーター端末発送の場合の到着目安は、配送先が関東エリアであれば最短で発送翌日、関西・中四国・東海・東北地方の場合は発送の翌々日、北海道や九州・沖縄地方の場合は申し込み3日後です。

特に関東や関西エリアで利用する場合、ブロードワイマックスの店舗受け取りと比較して1日~2日、利用開始が遅いのがGMOとくとくBBの即日発送。最短で今日から即日開通で利用する方法としては、店舗受け取り可能なブロードワイマックスがおすすめ

WiMAXの端末を短期レンタルを申し込む方法も

もし即日でWiMAXの端末が必要な場合、WiMAXルーターの有料レンタルサービスを申し込む方法も。レンタル業者の中には、端末の即日発送に対応していたり、空港や店舗での即日受け取りに対応しているところも。最短でWiMAXの利用を開始する1つの方法です。
 
ただし「まず短期間、WiMAXのレンタル端末を利用し、その間にプロバイダをじっくり決める」のも良いですが、レンタル料金は割高なためレンタル期間が長くなる場合はプロバイダ契約を進めるのがおすすめ。

無料のお試しレンタル・Try WiMAXも即日発送に対応

Try WiMAX
15日間無料のWiMAXルーターのお試しサービス・Try WiMAX

WiMAX端末のレンタルであれば無料のお試しサービス「Try WiMAX」を利用する方法も。Try WiMAXはUQ WiMAXが提供するサービスで、14:30までのレンタル申し込みで即日発送に対応しているほか、レンタル料金や端末の返送代金もかからず無料で利用できるサービスです。
 
ただし、この場合も貸出機器が届くのは最短でも翌日以降、配達先によっては2~3日後になる点に注意が必要です。

プロバイダの即日契約ならブロードワイマックスがおすすめ!

BroadWiMAXネットから申し込みができ、かつ月額料金・総額費用ともに最安級のプロバイダでおすすめなのがブロードワイマックス(Broad WiMAX)

最短で契約・申し込み即日のルーター発送に対応しているWiMAXプロバイダは他にもありますが、申し込み当日にWiMAXルーター端末の受け取りができ、インターネット通信を即日利用開始できるのはブロードワイマックスだけです。

Broad WiMAXならルーター端末の即日店舗受け取りが可能

他のWiMAXプロバイダと比較した際のブロードワイマックス(Broad WiMAX)の特徴が、ルーター端末受け取り用の店舗を運営している点。主にネットでWiMAXの契約・申し込みを受付しているプロバイダの中では唯一、ネット申し込み後、店舗で端末の即日受け取りが可能です。
 
店舗は東京2店舗(渋谷・秋葉原)、埼玉1店舗(大宮)、大阪1店舗(梅田)の計4店舗と限られますがどの店舗も駅から近く、また複数路線の乗り入れ駅のため、利用可能な方も多いと思います。

東京23区内であればバイク便による即日配達サービスも提供

さらに東京23区内であればバイク便によるルーター端末の即日配達サービスを提供、このサービスを利用しても最短申込当日にルーター端末が届きます。配送料金がかかるものの、12時までの申し込み受付で当日中の配達が可能です。

WiMAXルーター端末の在庫も豊富、最新機種・W05も無料提供

W05のイメージ
WiMAXのモバイルルーター「W05」

ブロードワイマックスのメリットがルーター端末の在庫が豊富で、最新機種も無料提供される点。WiMAXのルーター最新機種・W05の通信速度は、下り最大758Mbps、上り最大112.5Mbpsと光回線によるインターネット通信と比較しても遜色ないレベル。この端末を今日申し込みをして、今日から利用できる点がブロードワイマックス最大のメリット。

端末受け取り後、電源を入れればインターネット通信が即日開通

またWiMAXなどモバイルWiFiルーター端末の利点は、端末本体の電源さえ入れればすぐにインターネットが開通、通信を開始できることです。利用するノートパソコンやスマホ、タブレット端末側での設定が必要ですが、難しいものではなく5分程度で完了できます。

営業時間内なら、受付後、最速2時間以内に受け取れる場合も

ブロードワイマックスに「店舗受取希望」で契約・申し込みすると、完了時に受信する「申込受付メール」のほか「お渡し準備完了メール」が発送されます。この「お渡し準備完了メール」までの時間は、ブロードワイマックスの営業時間内であれば受付後、最速2時間以内
 
このため平日午前中に申し込みをすれば当日昼過ぎには端末の受け取りが可能。また受け取り店舗の営業時間が17時もしくは19時までのため、即日でWiMAXを開通するには平日15時ごろまでの申し込み完了が必要です。

店舗が遠い場合は送料無料のルーター端末即日配送サービスも

東京・大阪周辺から離れていて店舗での受け取りが難しい場合でも安心なのが、ブロードワイマックス(Broad WiMAX)のルーター端末即日配送サービス。GMOとくとくBBやUQ WiMAXと同様、送料無料で最短即日発送に対応、届け先エリアによっては最短で申し込み翌日に端末が到着、WiMAXの利用を開始できます。

月額利用料金が最安級、キャンペーン特典受け取りの手間も不要

申し込み当日に利用開始できること以外に、ブロードワイマックス(Broad WiMAX)には「月額利用料金が最安級」というメリットも。下記に、当サイトの料金ランキングで上位3つのプロバイダ(Broad WiMAX、GMOとくとくBB、So-net)に限った料金プランの比較表を参考までに掲載します。

月間7GB制限プラン・ギガ放題プランの料金比較表

WiMAXの2つの料金プラン(月間7GB制限プラン・ギガ放題プラン)の料金を、月額利用料金および3年間の総額料金で比較しました。ちなみに、ブロードワイマックスとGMOとくとくBBは最短即日発送ですが、So-netの場合は最短でも翌日発送です。

月間7GB制限プラン 月間通信量無制限・ギガ放題プラン
プロバイダ 月額利用料金 3年間の総額料金 月額利用料金 3年間の総額料金
ブロードワイマックス(Broad WiMAX)
※月額料金最安
2,726円 98,336円 3,411円 120,941円
GMOとくとくBB
※4万円のキャッシュバック
3,609円 92,424円 4,263円 114,660円
So-net(ソネット) WiMAX
※月額料金割引キャンペーン
2,780円 103,128円 3,380円 124,680円

ブロードワイマックスは“手間やリスクが無く安い”が人気の理由

月間7GB制限プランでも月間通信量無制限のギガ放題プランでも、毎月プロバイダに支払うWiMAXの月額利用料金が安いのはブロードワイマックスというのが比較結果。毎月の費用負担を軽くしてWiMAXを利用できる点で人気のプロバイダです。
 
また契約期間3年間のWiMAX費用総額では上記3つのプロバイダ間で大きな差は無く、これはGMOとくとくBBには最大4万円のキャシュバックキャンペーンがあるから。このキャッシュバック特典金額の受け取りは利用開始の約1年後と遅く、受け取り手続きを万が一忘れると特典が失効するリスクもあります。

申し込み当日に利用開始できるのはブロードワイマックスのみですが、キャッシュバックキャンペーンではなくシンプルに月額利用料金が安い料金プランも、安心してブロードワイマックスを契約できる理由の1つ。

当サイト経由でブロードワイマックスを即日契約するメリット

WiMAXの即日契約を希望されている場合は、これからこの場でブロードワイマックス(Broad WiMAX)の即日契約が可能です。当サイト経由でブロードワイマックスに申し込みした方だけのメリットもあります!

  • 最短即日(本日)ルーターが発送されます(配送料無料)。また東京・大阪周辺の方なら今日、店舗で受け取りが可能です(日曜・祝日以外)。
  • 利用開始月(今月)のWiMAX料金は日割り計算で安心。また来月以降も、最安級の月額料金でWiMAXを利用できます。
  • さらに当サイト限定、2018年11月末までのAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンも適用対象。申し込み後、2~3週間でAmazonギフト券があなたの手元に届きます。

WiMAXプロバイダの即日契約なら、ルーター端末の即日受け取りが可能(または即日発送が可能)、安い月額料金でWiMAXを利用可能なブロードワイマックスがおすすめです。

ブロードワイマックスや当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーンの詳細は下記ページもご確認ください!

【期間限定キャンペーンも実施中!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら