【比較】WiMAXの支払い方法による料金の違いやメリット・デメリット

【比較】WiMAXの支払い方法による料金の違いやメリット・デメリット

WiMAXの支払い

月額利用料金の支払い方法は、WiMAXではクレジットカード払いが一般的。他の支払い方法と比較してクレジットカード払いはキャンペーンの割引適用が最大で、最もお得なWiMAXの利用にはクレジットカードが必要。最もメリットの多い料金支払い方法です。
 
一方、一部プロバイダは口座振替・銀行引き落としなど他の支払い方法に対応、クレジットカード無しでもWiMAXの新規契約・申し込みは可能です。ただし一部キャンペーンが不適用、手続きに時間がかかる、振込手数料が請求されるなどデメリットや注意点もあり、支払い方法別のWiMAX料金の比較・検討が重要。
 
このページでは、支払い方法別のメリット・デメリットの比較や、口座振替などクレジットカード以外の方法で契約可能なおすすめWiMAXプロバイダを紹介。また料金の引き落とし日や利用開始後のクレジットカードや支払い方法の変更など、WiMAXの料金支払い方法関連のよくある質問も確認します。

最もお得に契約可能なWiMAXの支払い方法はクレジットカード

WiMAXの新規契約では20社以上のプロバイダから契約先を選ぶ必要がありますが、ほぼすべてのWiMAXプロバイダがクレジットカードでの料金支払い方法に対応する一方、クレジットカード払い以外に対応するプロバイダは限定的です。

このためクレジットカード以外の支払い方法でWiMAXを契約する場合、検討できるプロバイダサービスの選択肢が減る点がデメリットです。

クレジットカードによる支払い方法でのWiMAX新規契約のメリット

支払い方法をクレジットカードにする最大のメリットが多くのWiMAXプロバイダを比較、契約を検討できる点で、逆に口座振替・銀行引き落としなど他の方法を選ぶデメリットはプロバイダ会社の選択肢が少ない点。さらに、クレジットカード払いの場合のメリットには以下もあります。

  • 口座振替の場合に必要な事前審査などの手続きがクレジットカードの場合は不要、その場でWiMAXを契約可能
  • ルーター端末が最短即日発送で、WiMAXを早く利用開始可能
  • 口座振替の場合と比較してキャンペーン適用の制限が少なく、クレジットカードがあれば最安料金でWiMAXを利用可能

逆に言えば、上記は口座振替などの支払い方法で契約するデメリットであり注意点です。

一方、口座振替など複数の支払い方法に対応するプロバイダはお客様サポートが充実、また複数の支払い方法に対応できる比較的大手のWiMAXプロバイダ。クレジットカード以外の支払い方法に対応するWiMAXプロバイダは他社と比較して信頼できる会社とも言えそうです。

どの支払い方法がお得?~実質利用料金の確認と比較

クレジットカード払いは他の支払い方法と比較して、どの程度お得でメリットがあるでしょうか?クレジットカード以外の支払い方法に対応する下記のWiMAXプロバイダ3社を対象に支払い方法による料金の違いを確認・比較します。

  • WiMAXプロバイダサービスの本家・UQ WiMAX
  • 当サイトおすすめの人気プロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
  • 口座振替支払いでもキャッシュバックのあるBIGLOBE(ビッグローブ)

WiMAXプロバイダの支払い方法別料金比較~ギガ放題プランの場合

2019年11月現在、ギガ放題プランでWiMAXを契約した場合の利用期間3年間の料金実質総額の比較が以下の表。比較表の通り、支払い方法がクレジットカードの方が最安料金でWiMAXを利用可能で、支払い方法の違いによる請求料金の差が2万円~3万円の場合もあります。

下記はギガ放題プラン申し込みの場合の料金ですが、WiMAXの月間7GB制限プランも同様で支払い方法はクレジットカードの方が安く利用できます。
支払い方法 Broad WiMAX UQ WiMAX BIGLOBE
クレジットカード
(3年間のギガ放題プラン実質料金総額)
124,352円 163,881円 155,591円
口座振替・銀行引き落とし
(3年間のギガ放題プラン実質料金総額)
150,609円
※初期費用18,857円割引キャンペーン適用外
163,881円
※クレジットカード払いの場合と同額
163,391円
※キャッシュバックはあるものの、振込手数料分が増加

※口座振替による支払い方法では毎月200円の口座振替手数料がWiMAX利用料金に加算されますが、上記はそれも含めたギガ放題プランの実質総額です。

3年契約でLTEオプション・ハイスピードプラスエリアを無料で使える

支払い方法がクレジットカード払いか口座振替かでキャンペーン適用が変わり、WiMAXの実質利用料金も変わりますが、どの支払い方法でも3年契約の場合はLTEオプションが無料。auの4G LTE回線を使用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモード利用にはLTEオプションが必要ですが、3年契約の場合はどの料金支払い方法でも無料で使える点は同じです。

上記3社で3年契約が可能なのはBroad WiMAXのみ。支払い方法にかかわらずBroad WiMAXの料金は最安、かつ3年分のLTEオプション費用(約36,000円相当)を含む、お得な料金です。

選べるルーター機種やWiMAXの回線速度、通信制限の内容も同じ

ちなみに支払い方法が違っても選べるルーター機種は同じで、クレジットカード払いでも銀行引き落としでもモバイルルーター最新機種を利用可能です。また、どのプロバイダ契約も利用する端末やWiMAXの回線速度は同じで、また料金プラン別の通信制限や速度制限の内容も同じ。WiMAXをどの支払い方法で、どのプロバイダで申し込みするかによる違いは料金・キャンペーンだけです。

なお、どちらの支払い方法でもBroad WiMAXでは新規契約時にルーター端末が無料提供なのと比較して、UQ WiMAXとBIGLOBEの場合は価格約2万円で有料購入が必要な点に注意が必要です。

銀行口座振替など他の料金支払い方法を利用できるプロバイダ

クレジットカード払いは料金メリットが大きいとは言えクレジットカードが無ければそれ以外の支払い方法が必要です。一部WiMAXプロバイダは銀行口座振替・引き落としでの支払い方法にも対応、口座振替で契約・申し込み可能なプロバイダは上記に挙げたUQ WiMAX、Broad WiMAX、BIGLOBEの3社です。

auショップや家電量販店の店舗も口座振替可能だがプラン料金が高い

WEBで新契約・申し込みが可能なWiMAXプロバイダ以外、auショップやビックカメラなどの家電量販店店舗でも口座振替でWiMAX契約が可能ですが、WEB契約・申し込みと比較してauショップや家電量販店店舗での申し込みはWiMAXのプラン料金が高く、料金面でおすすめの契約方法ではありません。

クレジットカード払い以外の方法でのWiMAX契約のデメリットや注意点

支払い方法別の料金比較の通り、口座振替などクレジットカード払い以外の支払い方法のデメリット・注意点はWiMAX申し込み時のキャンペーン特典金額や手数料も含む総額料金が変わる点。支払い方法はクレジットカードの方がキャンペーン適用も多く手数料不要で、WiMAXの実質負担料金が安いのです。

口座振替の場合は事前審査手続きが必要、ルーター端末の到着が遅い

またWiMAXの料金支払い方法に口座振替を選ぶと、クレジットカードとは違う申請書類の提出や事前審査などの手続きが必要。この審査手続きには1~2週間の時間がかかり、その分だけルーター端末の発送・到着が遅れ、WiMAXの利用開始が遅い点もデメリットであり注意点です。

振込手数料がかかり、クレジットカードと比較して料金が高い

またクレジットカード支払いと比較して口座振替の場合のWiMAX料金が高い理由の1つが振込手数料。支払い方法に口座振替を選ぶと毎月200円程度の手数料がWiMAXのプラン料金に加算されて請求されます。

本家UQ WiMAX(UQコミュニケーションズ)が対応する各種支払い方法

クレジットカードや口座振替・銀行引き落とし以外にどんな支払い方法が可能でしょうか?UQコミュニケーションズ株式会社が運営するWiMAXプロバイダサービスの本家・UQ WiMAXではコンビニ払いや銀行振込にも対応していますが利用できる人・シーンは限られます。

UQコミュニケーションズの支払い方法 対応可否 備考
クレジットカード払い
口座振替
コンビニ払い コンビニ払いが使えるのは、口座振替の設定完了までの間のみ
銀行振込 法人契約の場合のみ可能

口座振替支払い可能だが料金プランがお得でないUQ WiMAX

WiMAXプロバイダの本家UQ WiMAXだけに複数の支払い方法に対応、お客さまサポートの安心感もあります。ただしWiMAXの月額料金プランは他のプロバイダと比較して高額で、WiMAXの支払い方法がクレジットカードか口座振替かにかかわらず、UQ WiMAX以外のプロバイダの方がお得な料金で契約できます。

ルーター端末も無料提供されず、新規申し込み時に購入が必要

UQ WiMAXの料金が高いもう1つの理由が、新規契約・申し込み時にルーター端末の購入が必要な点。他の多くのWiMAXプロバイダは最新機種を含むルーター端末を無料提供しますが、UQ WiMAXの場合は購入価格15,000円が必要です。

複数の支払い方法に対応するWiMAXプロバイダ各社の料金比較

口座振替に対応したWiMAXプロバイダ各社のギガ放題プラン料金を比較すると、UQ WiMAXと比較してBroad WiMAXやBIGLOBEで申し込みした方が安い料金でWiMAXを利用できると確認できます。

BIGLOBE WiMAX UQ WiMAX Broad WiMAX
対応可能なWiMAXの支払い方法 口座振替
クレカ
その他 ゆうちょ銀行自動振込、NTT東日本/西日本・ドコモの料金やKDDIサービス料金との同時支払い
利用料金(支払い方法は口座振替・ギガ放題プランの場合) 初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 +
初期費用18,857円
月額基本料金 3,980円~ 3,880円~ 3,411円~
キャッシュバック 10,000円(クレジットカードの場合と同額) 3,000円(クレジットカードの場合と同額) 10,000円(当サイト限定・Amazonギフト券キャッシュバック
実質月額料金 4,416円 4,430円 4,071円
契約期間 1年 2年 3年

法人契約の場合は銀行振り込みや請求書払いなどの支払い方法も可能

WiMAXを個人利用する場合は対象外ですが、WiMAXプロバイダを法人契約で利用する場合はクレジットカード・口座振替以外にも会社宛ての請求書払いや、銀行振り込みでの支払い方法を選択できるプロバイダもあります。

2019年11月最新情報:ニフティ(@nifty)はクレジットカード払いのみ

口座振替・銀行引き落としの支払い方法に対応したWiMAXプロバイダの1つだったニフティ(@nifty)ですが、2019年11月時点の最新情報では新規契約時に選べる支払い方法がクレジットカード払いのみ。メリットだった口座振替・引き落とし対応が休止中に注意が必要です。

WiMAXをクレジットカード払い以外で契約できる、おすすめ2社

各WiMAXプロバイダの月額料金プランや支払い方法によって変わるキャンペーン適用も考慮して実質総額料金を比較すると、クレジットカード支払い以外の方法(銀行の口座振替)でWiMAXを契約する場合、以下の2つのプロバイダが当サイトのおすすめです。

口座振替可能かつ1万円のキャッシュバック!BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBEBIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX 2+は口座振替はもちろん、ゆうちょ自動振込やNTT東日本や西日本、docomoの料金と合算での支払いや、auユーザーの場合はKDDIへの支払い時に合算できるなど、多様な支払方法に対応。クレジットカード以外の支払い方法でおすすめのWiMAXプロバイダです。

2019年10月の料金プラン改訂で、ギガ放題プランの1年契約が可能になった一方、新規申し込み時に価格2万円でルーター端末購入が必要になり、支払い方法にかかわらずBIGLOBEのおすすめ度が低下しました。

支払い方法が口座振替の場合も1万円のキャシュバックキャンペーン特典がある点は魅力ですが、1万円キャッシュバックがあってもルーター購入金額の負担が必要、かつギガ放題プランの月額利用料金も安くないため、支払い方法がクレジットカードでも口座振替でも、おすすめプロバイダは次のBroad WiMAXです。

安い月額料金と限定キャンペーン!Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAX

支払い方法がクレジットカードの場合はキャンペーン適用で無料になる初期費用18,857円を、口座振替の場合は負担する必要があり、クレジットカードの場合と比較して実質負担総額が高いBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。

ただしBroad WiMAXはギガ放題プランが月額料金3,411円など最安級で、またBIGLOBEのようなルーター購入やキャッシュバック受け取り手続きも不要で、支払い方法は口座振替を希望、かつ毎月の支払い料金を最安にして確実にお得にWiMAXを利用したい場合、一番おすすめのプロバイダです。

当サイト経由の申し込みで利用可能なAmazonギフト券キャンペーン

さらに当サイト限定でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンも実施中で、このキャンペーンは支払い方法がクレジットカードの場合も口座振替での申し込みの場合も適用対象。口座振替でお得にWiMAXを契約するチャンスですので、ぜひお見逃しなく!

【Amazonギフト券1万円分がもらえる!】

支払い方法関連のよくある質問・疑問や確認すべき注意点

WiMAXの料金支払い方法について、他にもさまざまな疑問・質問が寄せられています。以下、よくある質問や確認すべき注意点をまとめて紹介します。

WiMAXの利用料金の引き落とし日やクレジットカードの請求はいつ?

WiMAXの支払い方法にかかわらず、利用料金は月末締め・翌月払いが一般的。その上でクレジットカード支払いの場合は、銀行口座からの引き落とし・請求日は各カード会社の指定日が引き落とし日です。また口座振替の場合は利用する金融機関やプロバイダで違う可能性があり、確認が必要ですが、このページで紹介したBroad WiMAXやBIGLOBE、UQ WiMAXの場合は各月末の26日または27日が引き落とし日です。

支払い方法で口座振替・銀行引き落としを選んだ場合の審査手続き

WiMAXの申し込み時に支払い方法で口座振替を選んだ場合、口座振替の申込書や本人確認用書類の提出が必要で、それらの書類提出後に審査手続きも必要。このため、初回契約時には口座振替の設定完了までに1週間~2週間程度の時間がかかる場合も。クレジットカード申し込みの場合、最短翌日から端末を利用開始できるのと比較して加入手続きに時間がかかる点に注意が必要です。

残高不足や支払い遅れの場合、WiMAXの通信サービスは停止?

残高不足の場合は翌月に2ヶ月分の料金が引き落とされる、または別途支払い用の用紙が送られてくる場合もあります。対応は契約するWiMAXプロバイダで違う可能性もあり詳細は各プロバイダに確認が必要ですが、引き落としできない状態が続くと通信回線の強制停止などWiMAXサービスを利用できなくなる場合も。早めの支払いが重要です。

お客様サポートセンターで契約開始後に支払い方法を変更できる?

クレジットカード払い以外に非対応のWiMAXプロバイダの場合は変更できませんが、紹介した銀行口座振替可能なプロバイダでは契約開始後の支払い方法の変更手続きをWEBサイトやお客様サポートセンターで受け付けています。契約中のWiMAXのプランにより変更できない場合もあるため、詳細は契約中のプロバイダにお問い合わせください。

Broad WiMAXの場合、公式サポートサイトで支払い方法を変更可能

当サイトおすすめのBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合、契約後に利用可能になる公式サポートサイトでクレジットカード情報の登録が可能。口座振替からクレジットカードへの支払い方法の変更や、クレジットカードの有効期限に伴うカード情報の変更は、オンラインで手続きできます。
 
一方、クレジットカード払いから口座振替への支払い方法の変更の場合はお客様サポート窓口に電話連絡が必要です。

請求書を送付してもらい、コンビニ払いはできる?

支払い方法としてのコンビニ払いはどのWiMAXプロバイダも受け付けていません。例外は口座振替による支払い方法を申請後、審査に時間がかかり、口座振替の設定が未完了の場合にプロバイダから支払い用の請求書が送付され、それをもってコンビニ等で支払う場合です。
 
※みなさんからWiMAXの支払い方法についての質問を受け、随時このQ&Aを更新しています。

【WiMAXのお役立ちコラムも提供中】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019年11月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!