2019年1月最新:WiMAXプロバイダの最安料金比較ランキング

最安はどれだ

一円でも安くしたい!
けど面倒な料金比較はしたくない!
現時点で最安値のWiMAXプロバイダを教えてほしい!

 
そのようなニーズにお応えするため、このページでは2019年1月時点のWiMAX各プロバイダの最新月額料金プラン・キャンペーン情報を徹底比較、最安料金でWiMAXを契約できるプロバイダの最新価格情報をお届けします。
 
いくら料金が最安でも、受け取りが面倒・忘れるリスクもあるキャッシュバックキャンペーンは嫌という場合や、クレジットカード無しで口座振替支払いを利用したい方向けに、WiMAXの契約条件別に比較した最安値プロバイダも紹介!

このページで、あなたに合ったWiMAXの最安値プロバイダが必ず見つかります!

2019年1月最新情報!WiMAX料金の最安値比較

2019年の各WiMAXプロバイダの月額料金プランやキャッシュバックなどのキャンペーンを徹底調査、絶えず最新情報に更新してお届けするWiMAXプロバイダの最安料金比較ランキング!事務手数料や月額料金など、すべてのWiMAX費用とキャンペーン特典金額を加味した負担総額を算出。2019年1月時点の最安値プロバイダがどこかを比較、紹介します。

2019年1月現在の料金プラン別WiMAXプロバイダ最安ランキング

月間通信量7GB制限のWiMAXの通常・ライトプラン契約、月間通信量無制限のギガ放題プラン契約のいずれでも、最大4万円のキャッシュバックキャンペーンがあるGMOとくとくBBと月額料金が安いBroad WiMAXが2019年1月時点の最安で、おすすめのWiMAXプロバイダ。
 
なお、GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は契約時に指定するWiMAXのルーター機種により変動します。また3年契約総額は最安ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック特典受け取りは契約開始の1年後、また受け取り期間を過ぎると無効となる点に注意が必要です。

月間7GBプランを最安契約できるおすすめプロバイダ(2019年1月)

月間7GB制限プランの料金比較で2019年1月時点の最安値、契約先として一番のおすすめWiMAXプロバイダはGMOとくとくBB、Broad WiMAXです。

WiMAXプロバイダ 3年間総額料金(最安) 備考
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
98,533円 2019年1月は最大35,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中
業界最安級!月額料金2,726円~のBroad WiMAX(ブロードワイマックス) 98,662円 初期費用(18,857円)の全額割引・無料キャンペーン、および当サイト限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン適用
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+ 100,154円 月額料金割引キャンペーンを適用
@nifty(ニフティ)WiMAX 2+ 102,370円 2019年1月限定・3万円のキャッシュバックキャンペーンを適用
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 103,128円 3万円キャッシュバックキャンペーンを適用
カシモワイマックス 111,922円 カシモおトク割引適用
UQ WiMAX 136,752円 2019年1月実施中のキャッシュバックキャンペーンは適用対象外(ギガ放題プランのみ)

ギガ放題を最安契約できるおすすめプロバイダ(2019年1月)

ギガ放題プランの3年総額が2019年1月時点で最安値、WiMAXの契約先プロバイダとしておすすめなのがGMOとくとくBBとBroad WiMAXです。

WiMAXプロバイダ ギガ放題プランの3年間総額料金(最安) 備考
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
120,769円 2019年1月は最大35,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中
業界最安級!月額料金2,726円~のBroad WiMAX(ブロードワイマックス) 121,340円 初期費用(18,857円)の全額割引・無料キャンペーン、および当サイト限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン適用
JP WiMAX(ジェーピー・ワイマックス) 121,100円 Amazonギフト券1万円分のキャッシュバックキャンペーン適用(ただし、端末はW05、L01sのみ)
@nifty(ニフティ)WiMAX 2+ 125,490円 2019年1月限定・3万円のキャッシュバックキャンペーンを適用
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 126,310円 3万円キャッシュバックキャンペーンを適用
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+ 130,394円 月額料金割引キャンペーンを適用
カシモワイマックス 134,122円 カシモおトク割引適用
UQ WiMAX
(キャッシュバックキャンペーン適用)
147,082円 2019年1月、ルーター機種W05、L01s限定の13,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中(最新機種WX05・HOME 01は対象外)

いずれも契約期間3年間の実質負担総額、LTEオプション込みの料金

WiMAXの契約期間は2年間よりも3年間が主流で、2019年1月時点の最安料金比較はいずれも3年契約を前提とした実質負担総額(各種割引やキャッシュバックキャンペーンの特典金額も考慮したWiMAXの実質負担費用)で行っています。

またWiMAXの3年契約では月間7GBプラン・ギガ放題プランのどちらの申し込みでも、多くのプロバイダでauの4G/LTE通信回線を利用可能なLTEオプションを無料提供しています。つまり上記のWiMAXの最安料金比較は月額1,005円のLTEオプション利用料金込みの金額です。

auの4G/LTE通信回線・ハイスピードプラスエリアモードを利用可能

WiMAXのルーター端末を使用し、auの4G/LTE通信回線経由でインターネットに接続できる通信モード・ハイスピードプラスエリアモード。WiMAX2+回線の圏外エリアでもauの4G/LTE回線対応エリアではインターネット通信が可能です。
 
事前申し込みが不要なオプションサービスで、ハイスピードプラスエリアモード使用月のみLTEオプション利用料が請求されますが、WiMAXの3年契約では無料利用可能なおすすめの通信モードです。

月間7GB制限プランでもギガ放題でも最安値はGMOとBroad WiMAX

GMOとくとくBB vs Broad WiMAX2019年1月現在の料金比較ランキングでは、月間7GB制限プランでもギガ放題プランでも、WiMAXを最安値で契約できるおすすめプロバイダはGMOとくとくBBとBroad WiMAX。月間7GB制限プランの場合は3年間の料金総額が10万円以下、ギガ放題は3年総額約12万円の最安値で利用可能です。
 
ただし、同じ最安プロバイダでもGMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンを利用する必要がある一方、Broad WiMAXはWiMAXの月額料金そのものが安いという違いに注意が必要です。

使用する端末や速度制限など料金以外はプロバイダ間の違いはなし

GMOとくとくBBやBroad WiMAXなど、どのWiMAXプロバイダとの契約でも使用するWiFiルーター端末の機種やサービス提供エリア、通信回線速度、また規定の通信量をオーバーした際の速度制限などは共通で、違いはありません。
 
どのプロバイダもUQコミュニケーションズが管理するWiMAX2+通信回線やauの4G/LTE回線を利用する同じインターネット接続サービスを提供、月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容以外を比較しても違いがほぼ無いのです。

同じ品質のインターネット通信サービスだからこそ、WiMAXでは各プロバイダの料金を比較、GMOとくとくBBやBroad WiMAXなど最安値プロバイダとの契約が重要なポイントです!

キャッシュバックキャンペーン無しで一番安いプロバイダ

キャッシュバック無しで最安はどれだWiMAXの最安プロバイダ比較で悩ましい点は、キャッシュバックキャンペーン特典の扱い。問題なくキャッシュバック特典を受け取れる前提での最安値料金比較は上記の通りですが、キャッシュバック特典は受け取りづらかったり、期限を過ぎて貰い損ねるリスクも。WiMAXの契約でキャッシュバックの受け取りに失敗する方も多く「面倒な手続きのあるキャッシュバックは嫌!」との口コミも。

高額キャッシュバックキャンペーン特典の受け取りには制約が多い

WiMAXのキャッシュバック特典受け取り方法の面倒さはどんなものでしょうか?2019年時点で高額キャッシュバックキャンペーンを実施するWiMAXプロバイダ・GMOとくとくBB、BIGLOBE(ビッグローブ)それぞれのキャッシュバック特典の受け取り手続き・方法を紹介します。

GMOとくとくBBのWiMAXサービスの場合~特典受け取りは11ヶ月目

GMOとくとくBBのWiMAXサービスを最安で利用するには必ずキャッシュバック特典の受け取りが必要ですが、特典受け取りは契約開始から11ヶ月目。また、GMOとくとくBBでは以下の特典受け取り方法のルールがあり、正確に理解していないとキャッシュバック特典を逃し、最安どころか他社と比較して高額なWiMAX負担費用(3年間のギガ放題プラン料金が15万円以上)となる点が注意点。

キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。
(中略)
振込時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。
(中略)
4.ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合
(https://gmobb.jp/wimax/cashback/attention/)

GMOとくとくBBからキャッシュバック受け取りの案内メールを受信後、翌月末までに登録を完了しなければWiMAXのキャッシュバック特典は無効で、受け取りできません。この場合、GMOとくとくBBは最安のWiMAXプロバイダではなくなります。他のキャンペーンと比較してキャッシュバックはリスクがあるため、おすすめしづらいのです。

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+の場合

WiMAXプロバイダ・BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+を契約する場合も、キャッシュバックキャンペーン特典を受け取らなければ最安料金で利用できません。GMOとくとくBBの場合と同様、

  • WiMAXのキャッシュバックの連絡は普段自分の使っているメールアドレスには来ない
  • 期間内(BIGLOBEの場合は45日以内)に手続きしないと、特典が失効する

などの受け取り方法に注意が必要です。

BIGLOBEの「連絡先メールアドレス」にBIGLOBEメールアドレス以外のアドレスを登録している場合も「口座指定案内メール」はBIGLOBEメールアドレス宛に送付します。

「口座指定案内メール」が届いた翌日(月初2日目午後)より、特典一覧ページで口座指定の手続きができるようになります。キャッシュバック受け取りの手続きができる期間は特典の適用日の翌日(月初2日目)から45日間です。
(http://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/paychg/kouza_cashback.html)

キャッシュバックに注意が必要な理由の1つが途中解約しづらい点

GMOとくとくBBやBIGLOBEなど高額キャッシュバックキャンペーンを実施するWiMAXプロバイダでは、いずれも特典受け取り前に途中解約するとキャンペーン特典は無効になる点にも注意が必要。
 
最安料金だからとキャッシュバックキャンペーンを利用して契約後、引っ越しや転勤で利用エリアが変わった結果、WiMAXが使えなくなることも。契約初年度の途中解約には高い違約金の支払いが必要で、キャッシュバック特典も受け取れず、WiMAXの費用は最安どころか非常に高額となる点もキャッシュバックをおすすめしづらい理由の1つです。

最安値はどこ?キャッシュバックが嫌いな人向けのプロバイダ比較

このような手間やリスクから、キャッシュバックを利用しない方法でWiMAXの最安値はどこ?との声も。そこで“受け取れない可能性もあるキャッシュバック特典を除いた”場合に、月間7GB制限プラン・ギガ放題プランのそれぞれで最安のWiMAXプロバイダがどこか、2019年1月の料金情報を基に比較したのが下記の最安プロバイダ一覧です。

キャッシュバックキャンペーンを利用しない方法でWiMAXプロバイダを最安契約するなら、料金比較の結果、月額利用料金が最安級のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)とSo-net WiMAX2+、JP WiMAX(ジェーピー・ワイマックス)が2019年1月時点のおすすめ。

月間7GBプランをキャッシュバック無しで最安契約できるプロバイダ(2019年1月)

月間7GB制限プランをキャッシュバックキャンペーンを利用せずに最安料金で契約できる、2019年1月時点でおすすめのWiMAXプロバイダは下記4社。いずれもauの4G/LTE回線を利用するLTEオプション込みの料金です。

WiMAXプロバイダ 契約期間3年総額料金(最安) 備考
業界最安級!月額料金2,726円~のBroad WiMAX(ブロードワイマックス) 98,662円 初期費用(18,857円)の全額割引・無料キャンペーン、および当サイト限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン適用
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+ 100,154円 月額料金割引キャンペーンを適用
カシモワイマックス 111,922円 カシモおトク割引適用

ギガ放題をキャッシュバック無しで最安契約できるプロバイダ(2019年1月)

WiMAXのギガ放題プランをキャッシュバックキャンペーン無しで、2019年1月現在、最安料金で契約できるおすすめプロバイダは下記5社でいずれもauのLTEオプション料金を含みます。

WiMAXプロバイダ ギガ放題プランの契約期間3年総額料金(最安) 備考
業界最安級!月額料金2,726円~のBroad WiMAX(ブロードワイマックス) 121,340円 初期費用(18,857円)の全額割引・無料キャンペーン、および当サイト限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン適用
JP WiMAX(ジェーピー・ワイマックス) 121,100円 Amazonギフト券1万円分のキャッシュバックキャンペーン適用(ただし、端末はW05、L01sのみ)
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+ 130,394円 月額料金割引キャンペーンを適用
カシモワイマックス 134,122円 カシモおトク割引適用
GMOとくとくBB
(月額割の場合)
123,005円

WiMAXの月々の費用負担を軽く…月額料金比較での最安プロバイダ

WiMAXプロバイダによっては最初の3ヶ月は利用料無料!などとして4ヶ月目以降に利用料金が跳ね上がる場合も。毎月の支払い料金の負担を安くしたい場合、月々支払うWiMAXの費用負担ができるだけ一定で、かつ最安なプロバイダがおすすめです。そこで、ここでは2019年1月時点の月額料金を比較、最安のWiMAXプロバイダを紹介します。

ギガ放題プランの月額料金最安値は1,380円!カシモワイマックス

カシモWiMAXWiMAX月額料金の最安と言えばカシモワイマックス。キャッシュバックなどのキャンペーンは無く、とにかく安い月額料金が強みのWiMAXプロバイダです。とは言え、最安値の月額1,380円は契約後1~2ヶ月間のみで、その後、カシモワイマックスの月額料金が上がります(月間7GB制限プランは月額2,980円、ギガ放題は月額3,580円)。
 
このため契約期間3年間の総額料金を比較すると、カシモワイマックスは最安のWiMAXプロバイダではありません。月間7GB制限プランやギガ放題プランで、毎月の費用負担を抑えたい方におすすめは他の最安プロバイダです。

月額料金割引キャンペーンでおすすめのSo-net WiMAX2+

so-netSo-net WiMAX2+では2019年1月現在、月額料金の大幅割引キャンペーンを実施中。3年間の総額費用では最安プロバイダではないものの、月間7GB制限のFlatツープラスプランが月額料金2,780円、月間通信量無制限のギガ放題プランの月額料金が3,380円と他社と比較して最安値級で、3年間変わらず固定料金でWiMAXを利用できる点もおすすめポイント

WX04機種を選ぶなら、クレードルも無料のSo-netが最安

WX04のクレードル
補助アンテナ付きのWX04ルーター端末専用クレードル

さらにSo-net WiMAX2+でおすすめが、WiMAXのモバイルルーター機種・WX04の利用。下り最大通信速度758Mbps対応の最新機種W05と比較して速度が遅い一世代前の端末ですが、So-netでWX04機種を選ぶとFlatツープラスプランを月額2,720円で、Flatツープラスギガ放題プランを月額3,380円で利用でき、いずれも最安値級の月額割引料金。
 
またWX04専用クレードル端末の無料プレゼントキャンペーンがある点も、他プロバイダとの比較でSo-net WiMAX2+のメリット。

2018年11月のルーター最新機種・WX05の発売に伴い、上記キャンペーンは終了しました。

通常・ギガ放題プランともに安い!月額料金最安級のBroad WiMAX

Broad WiMAX月額料金の安さでは、当サイトの人気ランキング1位のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)が最安プロバイダとしておすすめ。月間7GB制限の通常・ライトプランは月額2,726円、ギガ放題プランは月額3,411円と、2019年1月現在、WiMAXプロバイダの中で比較して最安級のおすすめサービスです。

Broad WiMAXはauスマートバリューmine割引を適用可能

auのスマホやケータイの契約があれば、WiMAXの契約と同時に申し込み可能なauスマートバリューmine割引。最大で月額約1,000円がau利用代金から割引される制度で、auユーザーであればBroad WiMAXを一番安く利用できます。同じく月額料金最安級のカシモWiMAXはauスマートバリューmine割引の適用対象外。カシモと比較してBroad WiMAXをおすすめする理由の1つがこのauスマートバリューmine割引を利用できる点です。

下り最大速度758Mbps対応のモバイルルーター最新機種W05が無料

W05ルーター
下り最大速度758Mbps対応!最新機種W05

いくら最安でも利用可能なルーター機種が古い端末では意味がないもの。Broad WiMAXは下り最大速度758Mbps、上り最大速度112.5Mbps対応のモバイルルーター端末W05や2018年11月発売の最新機種WX05、ホームルーター端末HOME 01などを無料提供している点も安心。

モバイルルーター端末WX05はW05と比較してバッテリー容量が大きく、連続通信時間が長い点が特徴ですが、下り最大速度440Mbps、上り最大速度75Mbps対応とW05と比較して通信速度が遅い端末である点に注意が必要で、当サイトではW05機種をおすすめしています。

またBroad WiMAXは契約・申し込み当日の端末即日発送に対応、東京・大阪にはルーター端末受け取り専用の店舗もあり、契約当日の受け取りも可能。最安料金だけでなく、申し込み後の手配の早さもBroad WiMAXが人気の理由です。

WEB申し込みでWiMAXの初期費用18,857円の無料キャンペーンも

Broad WiMAXの月額利用料金が他のプロバイダと比較して最安なのは、契約時に初期費用18,857円が必要だから。電話でのWiMAX申し込みや、口座振替支払いでの契約にはこの初期費用がかかりますが、WEB申し込みかつクレジットカード支払いであればWiMAXの初期費用が無料になるキャンペーンも実施中。

ただし最安契約には安心サポートなど有料オプションの加入が必要

初期費用無料キャンペーンなどを利用してBroad WiMAXを最安値で契約するために注意が必要なのが、安心サポートプラス・My Broadサポートという2つの有料オプションに加入が必要な点。これら安心オプションへの加入がBroad WiMAXのキャンペーン適用条件なのです。
 
ただし、安心サポートプラス・My BroadサポートのオプションはWiMAXの利用開始後すぐにサポートサイトで解約が可能で、忘れず解約すれば費用を請求されることは一切ありません。

Broad WiMAXをWEBで申し込み、クレジットカードを利用、有料オプションに一時的に加入し、かつ当サイト経由でAmazonギフト券1万円分を受け取る方法が、最安料金でWiMAXを契約する1つの方法です。

2019年1月限定・当サイト!Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン

カシモワイマックスやSo-netと比較した際の大きな違いの1つが、Broad WiMAXの場合は当サイトだけのAmazonギフト券1万円分プレゼント・2019年1月期間限定キャンペーンを活用できる点。
 
Amazonギフト券1万円分を考えるとカシモワイマックスやSo-netと比較してBroad WiMAXが最安で、またキャッシュバックキャンペーンと違って契約後すぐにAmazonギフト券を申請でき、キャッシュバック嫌いな方でも問題無し!
 
当サイト限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンは、2019年1月末までの期間限定キャンペーン。この機会にぜひ一度チェックしてみてください!

【月額料金最安級のBroad WiMAX】
Amazonギフト券10,000円分プレゼント

クレジットカードではなく口座振替支払いで一番安く利用する方法

WiMAXの契約を検討中の方には、クレジットカードが無い、クレジットカードで利用料金を支払いたくない方も。ただ、WiMAXの料金支払い方法はクレジットカードのみのプロバイダが多く、口座振替や銀行引き落としに対応するのは3社のみ。つまり、3つのWiMAXプロバイダの中でどれが最安かの確認が必要です。
 
また口座振替では毎月200円程度の手数料が発生したり、クレジットカード支払いの場合のみ適用されるキャンペーンが適用されなかったり、クレジットカード支払いの場合の最安料金と、口座振替の場合の最安料金は同じWiMAXプロバイダでも異なります

口座振替に対応したプロバイダ~手数料込みの最新価格ランキング

ギガ放題プランを3年契約、口座振替でWiMAXの月額料金を支払う場合を想定、口座振替に対応したWiMAXプロバイダの2019年1月時点の最安価格ランキングが下記で、金額には口座振替手数料を含みます。

WiMAXプロバイダ ギガ放題プランの3年間総額(最安) 備考
業界最安級!月額料金2,726円~のBroad WiMAX(ブロードワイマックス) 147,375円 クレジットカード払いでは割引される初期費用18,857円が加算
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 148,510円 キャッシュバック15,000円分は適用対象
UQ WiMAX 157,282円 10,000円キャッシュバックは適用対象(ただし、ルーター最新端末WX05・HOME 01は対象外)
口座振替に対応したWiMAXプロバイダの中でも最安はBroad WiMAX。当サイト経由での契約であれば口座振替でもAmazonギフト券キャンペーンの対象で、他サイトと比較して最安で契約でき、おすすめです。

WiMAXを最安で契約する方法はUQ「以外」でのインターネット申し込み

UQ WiMAXのロゴ上記の口座振替の場合のギガ放題プラン料金にもある通り、UQ WiMAXの月額料金は他のプロバイダと比較して高額、最安ではありません。また他のプロバイダでは無料提供されるルーター端末が、UQ WiMAXの場合は有料で購入の必要も。

WiMAXを最安で契約する方法は、UQ WiMAX「以外」の月額料金が安い、キャンペーンの充実したプロバイダで申し込みをする方法です。

またauショップやビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店の店舗・店頭でのWiMAXの申し込みも、UQと同様の高額な料金プランとなり、インターネットでのプロバイダ契約と比較して最安の契約方法ではない点に注意が必要です。

2019/1/31まで!Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンの詳細はこちら