【比較】WiMAXの5つの利点・メリットと注意すべきデメリット

【比較】WiMAXの5つの利点・メリットと注意すべきデメリット

選択

ポケットWiFi・WiMAXの契約では、メリットやデメリットを十分比較した上での契約がおすすめ。もちろん当サイト・WiMAX比較ナビのおすすめはWiMAXですが、このページでは利点だけでなく、注意が必要な欠点もまとめて紹介します。
 
とは言え、利用シーンやWiMAXの他にどのインターネット接続サービスと比較するかでメリット・デメリットは違います。このページでは固定回線や他のモバイルWiFiと比較し、幅広くWiMAXの利点や注意点をまとめて紹介。料金プラン内容や通信速度、速度制限などしっかりメリット・デメリットを比較、納得してWiMAXの利用を始めましょう!

コンテンツ

WiMAXのメリットや利点~5つのおすすめ理由

契約者数2,000万人以上、人気・おすすめのポケットWiFiであるWiMAXですが、魅力やメリットは何でしょう?WiMAXには多数のメリット・利点がありますが、当サイトでは以下の5点をWiMAXの人気・おすすめ理由と紹介しています。

  1. モバイルルーター1台で、いつでも、どこでも、高速・大容量インターネットが可能!動画再生もアプリのダウンロードも快適
  2. 開通工事が必要な自宅用の固定回線と違い、最短申し込み当日からWiMAXのWiFiルーターを利用開始可能
  3. ルーター1台で、スマホやノートパソコン、iPadなどのタブレット端末がすべてネット接続可能
  4. スマホのテザリングと比較して電池が長持ち、長時間のネット接続でもバッテリーの心配なし
  5. インターネット無制限のお得な料金プラン・ギガ放題で、動画視聴もアプリダウンロードも無制限

ルーターと呼ばれるWiMAXの通信端末1台に、上記メリットがすべて含まれる点がWiMAXの利点。一方、WiMAXは完璧でデメリットなしのモバイルWiFiではないのも事実。以下、WiMAX以外のインターネット接続サービスと比較、詳しくWiMAXのメリット・デメリットを解説します。

光ケーブルなど固定回線と比較した場合のメリット・デメリット

マンションなど集合住宅の場合、フレッツ光やauひかりなど光ケーブルのインターネット回線があり、回線契約をすれば自宅ですぐにインターネット接続可能な場合も。基本的に自宅でのみ使用する固定回線と比較して、WiMAXのメリットやデメリットは何でしょうか?

固定回線と比較して外出先でも使えるモバイルルーターが最大の利点

WiMAXのメリットの1つが持ち運び可能なモバイルWiFiルーター。インターネット利用が自宅のみの場合はメリットになりませんが、外出先・移動中もインターネット通信を利用したい場合、固定回線より持ち歩きできるWiMAXがおすすめ。
 
「外出中はスマホでネットを使う」という場合も、通信容量に注意しながらのインターネットよりWiMAXの月間データ通信量無制限・ギガ放題プランの契約で、安心して大容量の通信ができる点もメリットです。

比較的安い料金、回線開通工事不要もWiMAXのメリット

Broad WiMAX
当サイトおすすめのBroad WiMAXの場合
月額2,000円台でインターネットを利用可能

固定インターネット回線の一般的な月額利用料金4,000~6,000円と比較して、最安プロバイダのWiMAX契約では月額3,000円前後とインターネット費用を節約できる点もWiMAXの利点でメリット。
 
また引っ越し直後の場合、固定回線は契約や開通工事の立ち会いが必要で、比較してWiMAXはWEBサイトから簡単に申し込みでき、契約・申し込みの最短当日からルーター端末でインターネット接続可能と、料金が安い上に手間や時間がかからない点もメリットの1つです。

WiMAXには自宅向けの据え置き型ホームルーター端末のメリットも

WiMAX HOME 02
2020年1月発売の据え置き型最新端末
ホームルーターWiMAX HOME 02

WiMAXでは持ち歩き可能なモバイルルーターに加え、自宅向けの据え置き型ホームルーター端末も利用可能。ホームルーターはモバイルルーターと比較して外出先では利用できない点がデメリットのWiFi端末ですが、自宅内のWiFi電波の受信範囲が広く、通信も安定するメリットがあり、固定回線の代替方法にもおすすめ。もちろんホームルーターも回線工事不要で、最短契約当日から使える点が契約のメリットです。

光回線との比較でも十分なインターネット通信速度

WiMAXの契約検討の際、自宅用光回線の「上りも下りも最大速度1Gbps!」といった広告と比較して、WiMAXの通信速度は数百Mbpsと遅いと不安を感じる方も。ただし、この通信速度は理論値でインターネット回線状況次第で通信速度は違います

WiMAXのモバイルルーターの通信速度は下り最大867Mbps・上り最大75Mbps

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

2019年1月発売のWiMAXのモバイルルーター最新機種W06は下り最大速度867Mbps、上り最大速度75Mbps対応の高速ルーター端末。さらにUSBケーブルと有線接続して使用、かつハイスピードプラスエリアモード使用時は下り最大速度1.2Gbps対応と固定の光回線と比較して遜色ない高速通信が可能です。
 
また2020年1月発売のNEC製モバイルルーターWX06もおすすめ。下り最大速度440MbpsとW06と比較して遅い点はデメリットですが、バッテリー容量が大きく連続通信時間が長い点がメリットで、電波の繋がりやすさを改善する機能もある、おすすめモバイルルーターです。

一般的に下り通信速度が10~20Mbpsあれば快適なインターネット通信が可能

自宅マンションなど集合住宅の共有通信回線の場合、固定回線でも混雑状況や時間帯でインターネットの繋がりやすさが違います。一般に10~20Mbpsの下り通信速度があれば快適に動画などを視聴可能で、光回線など固定回線でもWiMAXの速度でも十分高速インターネット通信が可能です。

地方での対応エリアの狭さはWiMAXのデメリット

WiMAXのデメリットを挙げるならば対応エリアの狭さや繋がりにくさ。首都圏や大阪、名古屋、札幌、福岡など都市部は広いエリアをカバーする一方、地方や山間部にはWiMAXの圏外エリアも。
 
自宅がWiMAXの圏外エリアなど、そうした場所で安定したインターネット接続サービスを探す場合はこの点がデメリットで、利用エリアにより固定回線や他のインターネット接続サービスの方がWiMAXと比較してメリットが大きく、おすすめの場合もあります。

ギガ放題の3日間で10GBの通信量制限もWiMAXのデメリット

WiMAXには月間データ通信量7GBプランと月間通信量無制限のギガ放題プランの2つの料金プランがあり、人気・おすすめプランは使い放題のギガ放題プラン。ただし、月間通信量無制限でも3日間で10GBまでの通信量制限に注意が必要で、完全無制限の固定回線と比較してデメリットです。
 
なお、WiMAXのルーター端末で3日間でデータ量10GB以上の通信をしても速度制限は夜間の時間帯のみで昼間は通常速度で利用でき、制限中も速度最大約1Mbpsでインターネットを利用可能と比較的緩やかな制限です。

【まとめ】
固定回線との比較でWiMAXのメリットは持ち運び可能や回線工事不要、安い月額利用料金などが利点。比較して圏外エリアや、ギガ放題でも注意が必要な速度制限はWiMAXの欠点でありデメリット。

他のポケット・モバイルWiFiと比べた場合のメリット・デメリット

ドコモやソフトバンク(Y!mobileも含む)など通信会社各社が提供するポケットWiFiやモバイルWiFiルーターサービスとWiMAXを比較した場合、それぞれのメリット・デメリットは何でしょうか(ちなみにauの場合、WiMAXがauの公式モバイルWiFi)。
 
持ち運び可能なWiFiルーター端末を使うサービスの点は同じで、メリット・デメリットの違いも少ない一方、他のポケットWiFiと比較した場合のWiMAXの利点は、月間通信量無制限のギガ放題プランを安い月額料金で利用可能な点です。

通信速度はドコモ・ソフトバンク回線のサービスと同等で欠点なし

WiMAXや、ドコモやソフトバンクのLTE回線を利用する各ポケットWiFiサービスは、基地局増加や通信設備の改善、通信技術向上の結果、年々通信速度がアップ。利用するルーター機種により対応スピードの差はあっても利用中の実測通信速度には大きな差がない場合もあり、スペック上の最大速度比較で大きなメリット・デメリットの違いはありません。
 
一方、インターネット接続の安定性の点では「WiMAXが繋がりやすいエリア」と「ドコモ・ソフトバンクLTE系のポケット・モバイルWiFiの方が繋がるエリア」の違いもあり、利用場所次第でどちらのサービスがおすすめかが違う場合も。WiMAXの利用の場合、まずは利用予定場所が対応エリアかの確認が重要です。

ギガ放題(月間容量無制限)プランの安い月額料金がWiMAXの利点

WiMAXと他のポケットWiFiの比較で最大の違いは月間通信容量無制限プランの月額料金。WiMAXをはじめ、各社の標準料金プランは月間通信容量5GB~7GB制限プランで、この標準プランの料金差は比較的大きくありません。
 
一方、月間通信容量無制限のプランではWiMAXにメリットがあり、動画をよく見る、スマホだけでなくパソコン接続でも利用するなど通信量が多い場合は通信量無制限のギガ放題プランがおすすめ。特に月間20GB以上、インターネット利用する場合に利点が大きいのがWiMAXです。

auユーザー限定の割引制度で、WiMAXの利点・メリットが拡大

auスマートバリューmineさらにauのスマホ・ケータイを契約中のauユーザーは、毎月最大1,000円がau利用料金から割引される「auスマートバリューmine」へ申し込み可能。auユーザーだけの割引は、WiMAXサービスを運営するUQコミュニケーションズがauと同じKDDIグループの会社のため。
 
auのスマホ・ケータイを利用中の場合は割引適用後、実質2,000円台でWiMAXの無制限プランを使える利点・メリットがあり、他社のポケットWiFiサービスを検討する必要がほぼありません。

auスマートバリューmineなどauが適用する割引制度の詳細は、別記事「auユーザーならWiMAXをお得な料金で契約!auスマートバリューmine」をご確認ください。

スマホのLTE回線と比較して電波の繋がりにくさがWiMAXのデメリット

一方、他のポケットWiFiと比較した場合のWiMAXのデメリットは、固定回線との比較と同様、対応エリアや電波の繋がりやすさ。他のポケットWiFiの多くはスマホや携帯電話と同じLTE回線を利用するインターネット通信サービスで、スマホや携帯の電波が入る場所ではポケットWiFiも繋がる点がメリットです。
 
比較してWiMAXは独自の通信回線で、基地局も対応エリアも急速拡大中ですがLTE回線と比較して電波が繋がりにくいエリアも。都市部は問題ありませんが、地方ではデメリットもあります。
 
※自分の利用エリアがWiMAXの対応エリアかは、WEBで簡単に確認できます。詳しくは【超簡単!】自分の場所がWiMAXサービス対応エリアか確認する方法をご確認ください。

WiMAXのクレードル購入やLTEオプションの使用でカバーする方法も

クレードルに設置したWX06機種
専用クレードルで電波受信感度が改善!
2020年1月発売のモバイルルーター最新機種WX06

WiMAXのモバイルルーター機種のうち、WX06やWX05機種のクレードル(卓上型の充電器のような機器)にはWウィングアンテナと呼ばれる補助アンテナ機能がある点がメリットで、このクレードルの追加購入で屋内・室内の電波感度が向上、繋がりやすさの改善効果を期待でき、WiMAXのデメリットを軽減できます。

auのLTE回線を使えるハイスピードプラスエリアモードでデメリットを解消

またWiMAXの契約内容により有料(月額約1,000円)ですが、auのLTE回線経由で通信ができるLTEオプションの使用も便利。このオプションを利用、ルーター端末の通信モードをハイスピードプラスエリアモードに変更すると、WiMAXの圏外エリアでもauの対応エリアであればインターネット通信が可能です。
 
auのLTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモード通信は月間データ量7GBの制限がありますが、WiMAX2+の電波が入りにくいエリアでの使用はデメリット解消の有効な方法の1つです。

【まとめ】
動画利用などで通信量が多い場合、他のポケットWiFiと比較してWiMAXのギガ放題プランにメリット。繋がりにくさはデメリットだが都市エリアなら問題なし。またクレードル購入やLTEオプションを利用する方法も。

WiMAXとWiMAX2+の比較

サービス開始当初のWiMAXサービスと、2013年開始のWiMAX2+サービス。現在、WiMAXを新規契約する場合はWiMAX2+通信を利用するサービスのためWiMAXとWiMAX2+の比較は必要ありませんが、比較を通してどのようにサービスが発展したかを確認できます。
 
以下、旧来のWiMAXサービスと現在のWiMAX2+サービスを比較して改良された点やメリットと、一部制限が増えた点をデメリットとして紹介します。

WiMAX2+のメリット~下り最大558Mbpsの高速通信

WiMAX2+の最大のメリットは通信速度。旧来のWiMAXは下り最大速度40MbpsのサービスでしたがWiMAX2+で飛躍的に向上、下り最大110Mbpsとなったものが最近は下り最大速度558Mbpsまで高速化。WiMAX2+の基地局も増加中で、主要都市でほぼ100%のエリアカバー率もWiMAX2+のメリットです。
 
またWiMAX2+回線に加えauの4G LTE回線も利用可能で、いつでもどこでもWiMAXのルーター経由で高速インターネットに接続できる利点も魅力です。

WiMAX2+のデメリット

サービス改善とともにメリットが増えたWiMAX2+ですが、旧来のWiMAXサービスから利用条件が厳しくなった点が契約期間。2020年現在、WiMAX2+は3年契約が主流で、比較して旧WiMAXは1年契約が可能でした。できるだけ契約期間を短くしたい方にはデメリットですが、他のポケットWiFiも3年契約が主流で避けられないデメリットとも言えます。

【まとめ】
旧WiMAXと比較して3年契約など契約期間の縛りはデメリットの一方、WiMAX2+は通信速度が向上、また繋がりにくさも改善した点がメリット。

契約・利用するプロバイダ次第で利点が変わる

以上、WiMAXと他の通信サービスを比較してWiMAXのメリットを紹介しましたが、さらにWiMAXは契約するプロバイダによる利点の違いも。契約プロバイダによる違いが料金で、月額料金の違いやキャッシュバックキャンペーンの有無で料金メリットが変わります。
 
つまり、WiMAXは契約プロバイダ次第で利点が増えたり、逆にメリットが減る可能性もあり、プロバイダ比較が非常に重要です。以下、WiMAXの主要プロバイダのメリットや特徴、デメリットや注意点を紹介します。

メリットが少ない本家UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

UQ WiMAXのロゴ
WiMAXプロバイダの「本家」
UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

WiMAXの通信回線を管理するUQコミュニケーションズが運営するプロバイダサービスが「UQ WiMAX」。20社以上あるプロバイダの本家ですが、UQ WiMAXの契約は他プロバイダと比較して料金プランが高いほか、ルーター端末の購入が必要な点がデメリットで、おすすめではありません。価格面の利点やメリットが多いのはUQ WiMAX以外のプロバイダです。

価格メリット大!月額が安いBroad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAX当サイトおすすめのBroad WiMAX(ブロードワイマックス)は割引価格の安い月額料金で毎月の費用負担が低い点がメリットのプロバイダ。また当サイト・WiMAX比較ナビ経由のWEB申し込みではAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンも利用可能。他のキャッシュバックキャンペーンで多い「受け取りは契約開始から1年後」と比較して、契約後すぐもらえる点もメリットです。

ルーター最新機種を無料提供、店舗で端末の即日受け取り可能な点もメリット

またBroad WiMAXのもう1つのメリットが新規契約時にルーター最新機種が無料提供される点。2020年1月発売のモバイルルーター最新機種WX06やホームルーター最新機種HOME 02など、申し込み時に好きな端末を選べる点もメリット。
 
さらに最短で申し込み即日のルーター発送に対応、東京・大阪周辺にはBroad WiMAXの端末受け取り用の店舗もあり、最短申し込み当日の受け取りも可能な点がメリットです。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は料金プランが安い上、ルーター端末を即日利用開始できる点がメリットのおすすめプロバイダです。

最大4万円のキャッシュバックキャンペーンが魅力!GMOとくとくBB

GMOWiMAXプロバイダの中で高額キャッシュバック特典が有名なGMOとくとくBB。メリットは新規契約対象の最大4万円以上のキャッシュバックキャンペーンで、Broad WiMAXと比較して毎月支払う利用金額は高い一方、キャッシュバックキャンペーン特典も考慮した実質負担料金が安い点がメリットのおすすめプロバイダです。

キャシュバックキャンペーン特典の受け取りは注意が必要なデメリット

価格メリットが大きい一方、実際のキャッシュバックキャンペーン特典の受け取りは契約開始から約1年後とすぐに受け取れず、また受け取り手続きを忘れるリスクも。指定期間内に必要な手続きを完了しないとキャッシュバックキャンペーン特典が失効するため注意が必要な点は欠点でありデメリット。

@nifty(ニフティ)やBIGLOBE(ビッグローブ)など大手プロバイダの利点

大手だけに月額料金プランがやや高額で料金面のメリットは小さい一方、充実したカスタマーサポートや安心感がメリットの@nifty(ニフティ)やBIGLOBE(ビッグローブ)などの大手プロバイダ
 
例えば年中無休の電話問い合わせサポート対応や、クレジットカード以外の料金支払い方法も可能などの特徴があり、大手だけに各種ニーズに対応可能な点がメリットです。

家電量販店店頭での契約にはネット申し込みとは違うメリットも

ヨドバシカメラやヤマダ電機などの家電量販店の店頭でもWiMAXの契約・申し込みが可能で、その場合は各店舗によりポイント還元などのメリットも。ただし月額利用料金はUQ WiMAXと同様に高額で、契約期間の負担総額も高額な点は注意が必要なデメリットです。
 
また上記いずれのプロバイダでWiMAXを契約しても利用する通信回線は同じで利用可能なルーター機種も同じで、通信速度や対応エリアはプロバイダ間でメリット・デメリットの差がないのです。このためWiMAXプロバイダ比較のポイントは、月額料金や割引キャンペーンなど価格メリットが中心です。
 
以上、このページではWiMAXの契約で、多くのみなさんが気にするメリットや利点、デメリットをまとめました。

結論としては、簡単に持ち運びでき、安い料金でネット接続し放題がWiMAXの利点でありメリット。一方、地方でのエリアの狭さは人によりデメリットや欠点になります。またWiMAXではプロバイダ間の料金メリットの比較が重要です。

WiMAXプロバイダの比較では、最新の料金プランやキャンペーン情報の比較が重要です。ぜひ最新情報をご案内中の当サイトのおすすめランキングを活用ください!

【最新料金・キャンペーン情報を網羅!】

2020年9月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年9月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年9月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!