【比較】WiMAXとLTE通信を利用するモバイルWiFiの違い

【比較】WiMAXとLTE通信を利用するモバイルWiFiの違い

3G・4G・LTE

「同じインターネット通信でもLTEとWiMAXはどこが違う?比較したら、どちらがおすすめ?」どちらの用語もよく耳にしますが、その違いを比較して説明するのは意外と難しいもの。
 
LTEとWiMAX、どちらも無線インターネット通信の仕組みの点では比較しても同じですが、多くのポケットWiFiやモバイルWiFiサービスはLTE通信を使用、WiMAXは独自のWiMAX回線を使用、さらにWiMAXにはLTEオプションも…。サービス契約前にLTEとWiMAXを比較して違いを理解しておくのがおすすめです。
 
このページでは、LTEとWiMAXやWiMAX2+を比較、電波や通信回線の違いやLTEを利用するポケットWiFiとWiMAXの違いを説明します。また、WiMAXで利用できるLTEオプションも解説、インターネット接続をする上でLTE通信、WiMAX通信それぞれのメリットやデメリットを比較します。

そもそもLTEとWiMAXを比較した時の違いは?

LTEもWiMAXも、無線でインターネットに接続するための通信方式の点では比較しても違いはありません。LTEでもWiMAXでも、携帯電話やスマートフォン、あるいは専用のルーターを使って通信回線に接続すればインターネットを利用できます。
 
ただし、インターネット接続にはLTEやWiMAXの電波を送受信できる専用端末が必要で、それがLTE対応の携帯電話・スマートフォンやWiMAX専用のルーターなのです。

LTEとは携帯電話やスマホ向けの通信方式

LTEは「Long Term Evolution」の略で、基本的に携帯電話を対象とした通話やデータ通信(インターネット)を行うための通信方式。第3世代の携帯電話(3G)と第4世代の携帯電話(4G)の間の方式のため「3.9G」とも呼ばれる通信方式です(Gは”Generation”の頭文字)。
 
3.9Gとあるものの実際には4Gとほぼ変わらない通信のため、4G LTEなどと併記されることが多いのです。難しく聞こえるかもしれませんが、単純に言えば携帯やスマホの画面上で「LTE」や「4G LTE」などと表示されている場合は、まさにLTE回線経由でインターネットに接続、データ通信を行っている状態です。

まずは、LTEとは“携帯電話やスマートフォン向けの通信方式”と覚えておいてください。

Wi-FiとLTEを比較した時の違いは?

WiMAXの話に移る前にそもそもWi-FiとLTEの違いを説明しておくと、携帯電話向けの通信方式であるLTEと比較してWi-FiはパソコンやIT機器を対象とした無線での接続方式
 
Wi-FiはLANケーブルなどを接続しなくてもインターネット通信をするために生み出された無線接続方式。例えば自宅にWi-Fiルーターを設置すると、家の中のどこでもWi-Fiでインターネット接続可能になりますが、あくまでWi-Fi通信はパソコンやタブレットとWi-Fiルーターの間。Wi-Fiルーターから先のインターネット通信は、どんなプロバイダのどんな回線(光回線やADSLなど)かで違います。

LTEは限られた携帯電話会社が利用できる特別な通信回線

あくまで接続方法の1つであるWi-Fiと比較して、LTEとは携帯電話やスマホなどのモバイルデバイスが対象の通信方式そのもので、より広範囲で安定的に利用可能な通信回線を目的としたもの。
 
またいつでも、どこでも安定したデータ通信を提供するため、国は限られた通信事業者(携帯電話会社)に良い電波(周波数帯域)を確保し、割り当てています。つまりLTE回線は誰でも提供・利用できるものではなく、携帯電話会社などの通信事業者と契約して初めて利用できるものです。

こういった高品質な電波(周波数帯域)を限られた事業者で占有していることが、携帯電話やスマホの料金が安くならない一因という指摘もあります。

スマホのテザリングもLTE?

ドコモやソフトバンクで携帯電話やスマホを契約したり、格安SIMを購入すると音声通話やLTEデータ通信を利用できますが、同時にノートPCやiPadなどのタブレット端末とテザリングで接続、インターネットを利用できる場合も。この時のインターネット通信が何かは、“親機”である携帯・スマホの通信方式次第です。
 
親機のスマホと子機にあたるノートPCやタブレット端末の間は無線のWi-Fi接続ですが、“子機”でインターネットを利用するには“親機”がデータ通信可能な状態であることが必要。親機のスマホがLTEの電波に接続中の場合、テザリング中のノートPCやタブレット端末もLTE回線でインターネット通信をしていると言えます。

UQコミュニケーションズが管理するWiMAX通信

UQ WiMAXのロゴ
WiMAXプロバイダの「本家」
UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

比較して、WiMAXとは“Worldwide Interoperability for Microwave Access”の略称で、国際的な無線通信技術規格の名称。つまりWiMAXは世界中で共通して使われている通信技術ですが、日本ではUQコミュニケーションズが管理・提供する通信サービスを指してWiMAXと表現するのが一般的。
 
WiMAXサービスを契約すると専用の小型通信端末(ルーター)を利用でき、ルーターを持ち歩けば、WiMAXの電波を経由してどこでも高速かつ大容量のインターネットを利用可能になります。利便性と使い勝手の点で、WiMAXは契約数3,000万件以上の人気ポケットWi-Fiです。

LTEとWiMAXを比較した際の一番の違いは電波の周波数

LTEとWiMAXの2つの通信方式の比較で大きな違いが、使用する電波の周波数帯域。「4G」「LTE」など携帯・スマホのデータ通信で使用する電波とは別の周波数帯域にWiMAX電波専用の通信帯域が割り当てられており、その周波数の電波を使用して通信サービスが提供されます。

周波数の違いで電波の性質・特徴が変わる

LTE通信は通常700~900MHz(メガヘルツ)の周波数帯域の電波を使用するのと比較し、WiMAXは周波数2.5GHz(ギガヘルツ)の電波を使用します。一般に電波は、周波数が低いほど障害物があっても回り込めるなど室内・屋内でも送受信が安定する性質・特徴があり、LTEが使用する700~900MHzの帯域は「プラチナバンド」と呼ばれるほど特に安定接続しやすい帯域(前述の通り、この帯域は携帯電話会社が占有しています)。
 
LTEの周波数と比較して高い周波数となるWiMAXの電波は直進方向に進む性質が強い点が特徴で、高い建物などで電波が遮断されることもあり、WiMAXは室内や屋内でやや繋がりにくい傾向があります。

WiMAXと似たモバイルWiFi・ポケットWiFiサービスはLTE通信

少し注意が必要なのがモバイルWiFiやポケットWiFiと呼ばれるサービス。ドコモ(docomo)やソフトバンク(Softbank)の提供サービスのほか、Ymobile(ワイモバイル)やYahoo! Wi-Fiなどが有名です。

小型の通信端末(モバイルWi-Fiルーター)でどこでもインターネットができる点はWiMAXと似ていますが、比較すると通信方式が異なります

WiMAXは専用の通信回線WiMAXやWiMAX2+を利用する通信サービスなのと比較して、モバイルWiFiやポケットWiFiサービスの多くはLTE回線を使用するサービス。名称にWiFiとありますが実際は携帯電話やスマホと同様、インターネット接続にLTEの電波を使います。

docomoやsoftbankのモバイルWiFiサービスは制約が多い

なぜこの違いが重要かと言うと、LTE回線を利用するモバイルWiFiサービスには制限や規制が多いから。LTEは携帯電話向けの通信回線であり特に安定性が重視される一方、携帯・スマホの加入者数やデータ通信量は増加傾向です。
 
このため安定したLTE通信を確保するには、一定通信量を超過したユーザーに速度制限を課す、あるいは大容量プランに高額な料金を設定することが必要です。携帯やスマホの通信量で苦労する方もいますが、同じような苦労がdocomoやSoftbankのLTE通信を使うモバイルWiFi・ポケットWiFiでも起き得ます。

比較してWiMAXは月間通信量無制限のプランを比較的安い料金で利用でき、速度制限も緩いのが特徴。これはWiMAXがデータ通信専用、かつWiMAX専用の周波数帯域の電波を使ってサービス提供しているためです。

ポケットWiFiとWiMAX2+を5つの観点で徹底比較

以上の説明の通り、LTEとWiMAXの比較は通信方式の比較です。Wi-Fi、テザリングなどの言葉も出てきますが、単純に比較すればインターネット通信をLTEでするか、WiMAXでするかの違いです。

LTE回線 ・携帯電話、スマホのインターネット通信
・テザリングのインターネット通信
・ポケットWiFiを利用したインターネット通信
WiMAX2+回線 ・専用ルーター端末を利用したインターネット通信

このLTEとWiMAXの違い、2つの通信方式を次の5つの観点で比較します。

1.インターネット接続のしやすさ・対応エリア比較(どこで使える?)
2.通信速度比較(速いのはどっち?)
3.料金プラン比較(月7GB程度、あまり使わない場合はどっちが安い?)
4.料金プラン比較(月間無制限、通信量が多い場合のおすすめはどっち?)
5.速度制限の比較(契約容量を超過した時の制限は?)

先に結論をお伝えすると、これらの比較結果から安い料金で利用でき、使い勝手が良い点でLTE通信のポケットWiFiよりもWiMAXがおすすめです。

1.インターネット接続のしやすさ・対応エリアの比較

繋がりやすさや対応エリアの広さ、インターネットへの接続のしやすさの観点ではLTE系のポケットWiFiが上回ります。と言うのも、LTEは携帯電話・スマホ専用の通信回線で最も繋がりやすいのです。
 
ただし、比較してWiMAXは繋がりにくく、対応エリアが狭い訳ではなく、特に首都圏や大阪、名古屋、福岡、札幌などの大都市エリアではLTEとWiMAXで接続しやすさに大きな違いは無い状態です。

WiMAX2+の基地局が増加、対応エリアも急速拡大中

基地局の増加グラフ
WiMAX2+基地局は急速に増加、3万局を突破

WiMAX2+の基地局数は3万局を突破、WiMAX2+の対応エリアは急速に拡大中です。またLTEと比較してややWiMAXの電波が届きにくい屋内には屋内専用基地局も増設中。結果、大都市エリアではLTE対応エリアと大きな違いが無いほどWiMAX対応エリアが拡がっています。

ただし、地方や山間部(田舎)エリアではLTEにメリット

とは言え、WiMAXの対応エリアが大都市中心なのと比較して、すでにLTEは全国エリアで対応が進んでいます。地方や山間部(田舎)地域ではWiMAXが圏外でLTEなら接続可能なエリアも多く、そういった地域でのインターネット利用ではLTEにメリットがありそうです。

2.通信速度・スピード比較

実際の利用時の実測通信速度は接続環境やエリア、時間帯で大きく違うため単純比較は難しいところ。ただし、理論値では一般的なLTEの下り通信速度が最大100Mbps~200Mbpsなのと比較して、WiMAXのルーター最新端末では下り最大速度867Mbpsと他の多くのポケットWiFiと比較して高速通信が可能です。
 
とは言え、LTEとWiMAXのどっちの通信も年々改良や改善が進み通信状態がより安定化したり速度も向上中。通信速度の比較ではLTE、WiMAXともに最新のルーター端末を利用すれば問題ないと考えられます。

3.料金プラン比較~月7GB程度の利用の場合

月間7GB上限など通信量制限のあるプランの中では、WiMAXと比較してソフトバンクのLTE通信利用のポケットWiFi・Y!mobile(ワイモバイル)の月間5GB制限プランの料金が最安でおすすめ。ただし、月間データ通信量5GBを使い切ると速度制限がかかる点に注意が必要で、動画視聴などで比較的すぐに超える可能性のある通信量です。

また利用可能なモバイルWi-Fiルーター端末は下り最大速度112.5Mbpsと、WiMAXと比較して遅い速度である点も注意が必要なデメリットです。

LTE通信のポケットWiFiとWiMAXの月額料金(月間5~7GBプラン)

LTE通信を利用するポケットWiFiとの違いの1つがWiMAXの場合は契約するプロバイダで料金が変わる点。ここでは月額料金の安いBroad WiMAXと、最大4万円のキャッシュバックキャンペーンのあるGMOとくとくBBを例に比較します。

サービス名 月間通信量・料金プラン 基本月額料金の比較 3年間総額料金の比較 実質月額料金の比較
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 7GB(通常プラン) 2,726円 101,062円 2,731円
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
7GB(通常プラン) 3,609円 104,433円 2,823円
Y!mobile(ワイモバイル) 5GB(Pocket WiFiプラン2 ライト) 2,480円 92,280円 2,563円
Y!mobile(ワイモバイル) 7GB(Pocket WiFiプラン2) 3,696円 136,056円 3,779円
Yahoo! Wi-Fi 5GB(601ZTルーター利用・3年契約おてがるプラン) 2,480円 100,140円 2,782円

4.料金プラン比較~月間データ容量が数十GB以上の場合

動画を頻繁に視聴するなど月間データ通信量が数十GB以上と多く、また通信制限・速度制限を気にせず使いたい場合はWiMAXのギガ放題プランが圧倒的におすすめ。実質月額料金3,000円台で利用可能と、比較的安い料金で利用できる点も他のポケットWiFiにはないギガ放題プランのメリットです。

LTE通信のポケットWiFiとWiMAXの月額料金(無制限プラン)

月間通信量無制限のWiMAXのギガ放題プランや、ソフトバンクのLTEを利用するポケットWiFi・ネクストモバイルの大容量プランなどの月額料金比較が以下の表です。

サービス名 月間通信量・料金プラン 基本月額料金の比較 3年間総額料金の比較 実質月額料金の比較
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 無制限(ギガ放題) 3,411円 124,352円 3,361円
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
無制限(ギガ放題) 4,263円 126,669円 3,423円
Yahoo! Wi-Fi 7GB(603HWルーター利用プラン*アドバンスモードのみ通信無制限 4,380円 173,874円 4,830円
ネクストモバイル(NEXTmobile) 20GB(ギガネクスト20) 2,760円 113,580円 3,155円

ソフトバンク系ポケットWiFi・アドバンスオプションのデメリット

ソフトバンク系のLTE回線を利用するポケットWiFi(Y!mobileやYahoo! Wi-Fi)が提供する、“月間データ通信量無制限”のアドバンスオプションにはデメリットもあり注意が必要。
 
月額料金684円のアドバンスオプションを利用してインターネット使い放題となるのはアドバンスモードという特殊な通信モードのみ、かつ現時点でアドバンスモード利用可能エリアがWiMAXと比較してかなり限定的で、ギガ放題プランと比較すると使い勝手が悪い内容です。

WiMAXのギガ放題のように月間通信量無制限、かつ大都市エリアであれば比較的どこでも繋がるサービスが、他のポケットWiFiと比較して無い点もWiMAXが人気の理由の1つです。

5.速度制限ルールの比較

LTE系のモバイルWiFiでも、WiMAXでも、何らかの通信制限や速度制限があるのが一般的。例えば、月間通信量5GBや7GBのプランでは、規定の通信量を超過すると約128kbpsの速度制限が発生します。この点はLTE系のモバイルWiFiとWiMAXを比較して違いはありません。
 
さらに注意が必要なのは、LTE系のモバイルWiFiの中には直前3日間の通信量が3GBを超えると128kbpsの速度制限が発生するプランもある点。
 
比較してWiMAXのギガ放題は速度制限が非常に緩い点が魅力。月間通信容量制限が無い上、直前3日間の通信量が10GBになるまで速度制限がかからず、制限がかかっても約1Mbpsの速度で通信可能で、約1Mbpsであればメールの送受信やWEBサイトの閲覧は可能な速度。

速度制限を気にしながら利用する必要のあるLTE系のポケットWiFiと比較して、通信量を気にせずに利用できるWiMAXのギガ放題を選ぶ方が多いのは、この速度制限ルールの違いが理由の場合も多そうです。

auのネットワーク回線が使える!LTEオプションが便利

LTE通信のモバイルWiFiと比較して対応エリアがやや狭い点がWiMAXのデメリットでしたが、このデメリットを払拭するのがauのLTE回線を使えるWiMAXのLTEオプションです。
 
これはWiMAXルーター端末の設定で、通信モードをハイスピードプラスエリアモードに設定するとWiMAX2+通信回線に加えてauのLTE回線も利用してインターネット通信ができるもの。WiMAXの圏外エリアでも、auのLTE対応エリア内であればWiMAXのルーターで通信が可能になる便利なモードです。

WiMAXのLTEオプションは有料、ただし3年契約で無料利用可能

おすすめのLTEオプションですが、原則として有料で月額1,005円のオプション利用料金がかかります。ただしハイスピードプラスエリアモード通信を実際に行った月にしか費用は発生せず、また事前の契約・申し込みが不要なオプション。必要な時に利用、それ以外の月は料金が発生しない点は便利な点です。
 
さらに多くのWiMAXプロバイダでは3年契約でLTEオプションを無料利用可能なメリットも。WiMAXを契約すれば同時にLTEも使える利用者が増えており、今後はWiMAX2+とLTEの比較・検討は不要とも言えそうです。

下り最大速度867Mbps対応の高速通信にLTEオプションが必要

W06イメージ
2019年1月発売!WiMAXルーター最新機種W06

WiMAXのモバイルルーター最新機種W06では下り最大速度867Mbpsの高速インターネットが可能ですが、この最大速度はハイスピードプラスエリアモード設定時の理論値。つまりWiMAXを最速速度で利用するにはLTEオプションが必要です。
 
ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+回線とauのLTE回線を同時に使う通信で、WiMAX2+の下り最大速度558Mbpsと比較してLTEオプションの通信速度が速いのは、WiMAXの速度558Mbpsにau・LTEの速度が加わり最大速度867Mbps対応となるためです。

ハイスピードプラスエリアモードを設定可能なルーター端末が必要

事前の契約や申し込みが不要、また3年契約で無料のオプションとは言え、WiMAXのルーター端末がハイスピードプラスエリアモードに非対応の機種であればLTEオプションを利用できない点に注意が必要。ただし比較的新しいルーター端末はすべて設定可能なため、古い機種を利用中の方に限った注意です。

ハイスピードプラスエリアモードに非対応のWiMAXルーター機種

auのLTEネットワークを利用するハイスピードプラスエリアモードで通信するには、それに対応したWiMAXのルーター機種が必要です。下記のルーター機種ではハイスピードプラスエリアモードは利用できない点に注意してください。
【LTEオプション非対応ルーター機種】WX03、WX02、WX01、WiMAX2+ NAD11、novas Home+CA、Uroad-Home2+

利用は月間7GB上限!通信モード設定の切り替え忘れに注意

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードの制約が、月間通信量が7GB上限と制限される点。7GBを超過すると厳しい速度規制が発生、ギガ放題プランを契約中でも約128Kbpsまで通信速度が低速化します。一時的なハイスピードプラスエリアモードの利用は問題ないですが、通信モードの設定を切り替えしたまま戻すのを忘れて速度制限が発生したとの声も耳にしますので注意が必要です。

まとめ:結局どっちがおすすめ!?

自分が契約中のdocomoやSoftbankなどの携帯キャリアが提供するポケットWiFiを契約したり、スマホの契約プランを変更して容量制限を増やし、テザリングでインターネット利用するなど、LTE通信を使用するサービスももちろん良いですが制限が多いのも事実
 
比較してWiMAXには通信量上限の無いギガ放題プランがあり速度制限の不安が少ない点がメリットで、特に通信量の多い場合におすすめのポケットWiFiです。

LTE通信のモバイルWiFiルーターを使うのがおすすめの場合

ただし、以下のような場合はWiMAXと比較して、LTE通信のポケットWiFi・モバイルWiFiルーターを使うのがおすすめです。
 
・主な利用場所がWiMAXの圏外エリア(地方や山間部など)
・毎月の通信量がそれほど多くない(月間5GB程度)

また「小型のモバイルルーター端末でも、いくつも機器を持ち歩くのは嫌!」という場合、コストパフォーマンスはWiMAXと比較して落ちるもののスマホのテザリングを使う方法も良いでしょう。

比較してWiMAX・ギガ放題プランにはメリットが多数

LTE方式のモバイルWiFiと比較して、下記のような方にはWiMAX、特に月間通信量無制限のギガ放題プランの方がメリットも多数あり、おすすめ
 
・毎日動画を見たり、音楽のダウンロードやSkypeでのビデオ通話など通信量が多い
速度制限を気にせずインターネット利用したい
・ノートPCやiPadなどのタブレット端末を接続してインターネットすることが多く、外出先でも使いたい
・(特にWiMAXが繋がりやすい)主な利用場所が大都市エリア

これらの条件に合う場合、月額3,000円台で利用可能なWiMAXのギガ放題プランの方がLTE回線のモバイルWiFiと比較して快適にインターネット通信を利用できるためおすすめです。

WiMAXの契約ではプロバイダの最新料金情報の比較・確認が重要

他のモバイルWiFiと違い、WiMAXの場合はサービスの契約先となるプロバイダと呼ばれる会社が20社以上あります。この中から自分の希望に合うプロバイダとの契約が必要ですが、プロバイダ比較で重要なのが料金やキャンペーンの比較。各社ごとに料金プランやキャンペーン内容が違うのです。
 
またWiMAXプロバイダ各社の料金やキャンペーン内容は毎月のように更新されるため、最新情報を確認した上での比較・検討が重要です。比較の結果、最もお得なプロバイダと契約すれば、LTE方式のモバイルWiFiよりも高いコストパフォーマンスのポケットWiFiとなるはずです!

以上、LTE通信を利用したポケットWiFiとWiMAXの比較を中心に説明しました。

携帯やスマホのLTE通信は制限が多くコストも割高であるため、どこでも通信量や速度制限を気にせずインターネットを利用するならWiMAXのギガ放題を契約、専用ルーターを持ち歩くのがおすすめです。

当サイトではWiMAXをよりお得に最安で契約できるプロバイダの最新料金・キャンペーン情報やおすすめランキングのほか、WiMAXをもっと詳しく知るためのコラム記事、さまざまな比較情報を紹介しています。ぜひ一度ご確認ください!

【最新料金・お得なキャンペーン情報】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/7/31までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!