口座振替・引き落としで契約可能なWiMAXのおすすめプロバイダ

口座振替・引き落としで契約可能なWiMAXのおすすめプロバイダ

WiMAXの口座振替・銀行引き落とし

いざWiMAXの契約時に重要な月額利用料金の支払い方法。クレジットカードがあれば簡単にWEBで契約・申し込みを完了できますが、クレジットカードが無い場合は銀行口座振替や引き落としでWiMAX利用料金の支払いは可能でしょうか?
 
結論で言うと、銀行口座振替・引き落としでの料金支払いに対応したWiMAXプロバイダがあります!

クレジットカード無しでもWiMAXは契約可能ですが、口座振替対応のWiMAXプロバイダは限られ、多くの情報サイトに掲載中のWiMAXの月額利用料金もクレジットカード支払い前提の料金プランなど、口座振替の場合は想定以上の費用がかかる場合に注意が必要。
 
このページでは「支払い方法=銀行の口座振替・引き落とし」を前提に、WiMAX契約時の注意事項や支払い方法が口座振替の場合のプロバイダの最新料金比較、2019年7月時点で口座振替で契約可能なおすすめWiMAXプロバイダ3社の紹介まで、口座振替・引き落とし希望の方向けに徹底解説します!

WiMAX料金の口座振替・銀行引き落としによる支払いとは

口座振替とは、銀行などの金融機関が預金者の依頼に応じて預金口座からお金を引き落とし、支払先企業の口座にお金を振り込む手続きで金融機関が提供する決済サービスの1つ。事前登録すれば毎月指定の額を自動で振り替えるため「自動引き落とし」とも呼ばれます。
 
WiMAXの月額料金の支払い方法はクレジットカードが主流ですが、一部プロバイダは口座振替・銀行引き落としでWiMAXの料金支払いが可能です。

ところで、口座振替と口座振込の違いは何でしょう?振替は上記の通り“銀行が主体となり”ある口座から別口座に預金を“振り替える”行為。比較して、振込は“自分自身で”自分の口座の預金や手元の現金をある口座に“振り込む行為”。銀行に依頼するのが口座振替で、自分でするのが口座振込と覚えても良いでしょう。

UQ WiMAXを口座振替で契約する場合の手続きの流れ

UQ WiMAXで、WiMAXの料金支払い方法を口座振替(自動引き落とし)で契約・申し込みする際の手続きは以下の流れです。UQ WiMAX以外のプロバイダ(Broad WiMAX・BIGLOBE WiMAX 2+)も基本的に同様の手続きです。

  1. UQ WiMAXの公式WEBサイトでWiMAX月額利用料金の支払い方法を「口座振替」として申し込み
  2. 指定される必要書類(本人確認書類)をスキャンまたは撮影してWEBサイトにアップロード(もしくは郵送、FAX等で送る)
  3. 加入審査開始、審査が完了し次第、WiMAXルーター端末が発送
  4. 「預金口座振替依頼書」が届いた場合は、必要事項に記入して返送(WEBでの手続きも可能)
  5. 手続きが完了次第、口座振替によるWiMAX月額利用料金の支払い開始(手続きが完了しない間は、UQから請求書が送られるのでコンビニ等で支払い

クレジットカードでの契約と比較して必要な手続きが多く、申し込みに時間がかかる(通常1~2週間)のが口座振替。次に口座振替でのWiMAX契約の際のメリットや注意事項を紹介します。

クレジットカード決済不要のメリットと契約時の注意事項

WiMAXの契約で月額料金の支払い方法を口座振替にできるメリットは、当然クレジットカード不要でWiMAXを契約できる点。クレジットカードが無い、またはWiMAXの支払い決済に使いたくない場合、口座振替支払いに対応可能なWiMAXプロバイダの契約がおすすめです。
 
ただし、WiMAXの月額利用料金を口座振替や自動引き落としで支払う場合、以下の4点に注意が必要です。

他の支払い方法と比較して口座振替はWiMAX契約時の必要書類が違う

口座振替での契約手続きの説明の通り、WiMAXの口座振替の利用には本人確認書類が必要。本人確認書類とは、「運転免許証/パスポート/住民基本台帳カード/身体障がい者手帳/健康保険証」などの書類です。
 
これら書類のうち一点(WiMAXプロバイダにより補助書類が必要な場合も)を、契約前にWiMAXプロバイダのWEBサイトへアップロードしたり、メールでの送付が必要。クレジットカード支払いの場合は原則このような書類が必要無く、比較して手間がかかるのが口座振替です。

口座振替の必要書類のスキャンや写真撮影ができない場合は郵送が必要で、さらにWiMAXの申し込み手続きに時間を要します。

加入審査が必要、WiMAXの利用開始までに日数・時間がかかる

本人確認書類をもとに各WiMAXプロバイダが加入審査を行います。これは口座振替での支払い能力を確認するための審査で、過去に公共料金の滞納などがあった方は注意が必要。
 
早く審査が完了する場合もありますが1~2週間程度の時間がかかるのが一般的で、クレジットカード申し込みと比較すると口座振替を選ぶ場合はWiMAXの端末利用開始までにかなりの期間が必要です。

クレジットカード支払いなら即日端末発送のWiMAXプロバイダも

WiMAXの月額料金支払いがクレジットカードの場合は加入審査などが不要で、契約・申し込みに時間がかからずルーター端末の即日発送に対応するプロバイダも。届け先エリアにより、契約・申し込みの最短翌日にはWiMAX端末を利用開始できる点が口座振替と比較した際のクレジットカード支払いのメリットです。

WiMAXの支払い方法を後から銀行引き落としに変更も可能でおすすめ

口座振替・引き落とし対応のWiMAXプロバイダの場合、まずはクレジットカード支払いで契約、利用開始後に銀行引き落としに支払い方法の変更も可能。いずれのプロバイダもWEBサイトでの変更申請や書面での申請に対応、まずは最速でWiMAXを利用開始できるクレジットカード決済で契約、後から口座振替支払いに変更するのもおすすめの方法です。

口座振替・銀行引き落としの審査落ちを防ぐには?

口座振替の審査に落ちるとWiMAXの契約が難しくなるほか、審査落ちの履歴が残ることに。審査落ちを防ぐには、未払いの支払いはWiMAXの審査前に支払っておく、支払い能力を証明するために引き落とし対象の銀行口座の残高を確保しておく、などが必要です。

毎月の請求時に、振替・口座引き落とし手数料が発生する点に注意

どのWiMAXプロバイダも共通で支払いが必要ですが、口座振替を選ぶと利用プランの月額料金に加えて振替・口座引き落とし手数料として毎月約200円が請求(引き落とし)される点に注意が必要。クレジットカード支払いと比較して、WiMAXの実質月額料金が上がる理由の1つがこの口座振替手数料の負担です。

クレジットカード支払いと比較して、キャンペーンが適用されない

口座振替に対応可能なプロバイダが限定され、お得なキャッシュバックキャンペーンのあるWiMAXプロバイダと契約できない場合や、口座振替に対応するプロバイダでもキャンペーン適用はクレジットカード払いのみの場合も。
 
また多くのWiMAX料金比較サイトはクレジットカード支払いが前提のプラン料金情報を掲載しており、口座振替の場合とWiMAXの料金が違う場合も。当サイトでは、口座振替の場合のWiMAX実質負担料金をキャッシュバックなどのキャンペーン適用や引き落とし手数料などの費用も加味して再算出しました。以下がまとめですので、ぜひご確認ください。

口座振替・引き落とし可能!おすすめWiMAXプロバイダ3社比較

WiMAXプロバイダは20社以上ありますが、多くがクレジットカード支払いのみの対応で、2019年7月時点で口座振替・自動引き落とし支払いに対応可能なおすすめプロバイダは、BIGLOBE WiMAX 2+(ビッグローブ)、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)、UQ WiMAXの3社のみ。
 
この3社の口座振替で、支払い用口座の登録手順や手数料の違い、WiMAXのギガ放題プラン契約の場合の2019年7月現在の最新料金を比較します。

引き落とし口座の登録手順や必要書類、振替手数料の比較

WiMAXプロバイダのうち、口座振替・引き落としに対応する3社で、口座登録手順・必要書類の違いや手数料を比較したのが下記の表。いずれもまずはWiMAXの契約申し込み後、口座振替に必要な書類を提出、審査が完了次第ルーター端末が発送される流れです。

WiMAXプロバイダ BIGLOBE WiMAX 2+(ビッグローブ) Broad WiMAX(ブロードワイマックス) UQ WiMAX
BIGLOBE WiMAX BroadWiMAX UQ WiMAX
口座登録の手順や必要書類の提出方法 BIGLOBE WiMAX申し込み後、WEBでの支払い方法登録手続き、または「支払方法登録申込書」の郵送が必要 Broad WiMAXに申し込み後、口座振替・引き落としの必要書類をメールかFAXで提出 UQ WiMAX申し込み後、「預金口座振替依頼書」と共に郵送・FAX、またはWEB手続きも可能
口座振替でのWiMAX契約時の必要書類 運転免許証/健康保険証/パスポート/住民基本台帳カード/障碍者手帳、のいずれか一点 運転免許証/パスポート/住民基本台帳カード/健康保険証と補助書類、のいずれか一点
口座振替・引き落とし手数料 200円 200円 無料
WiMAX料金の振替日・引き落としの日にち 毎月26日 毎月27日または3日 毎月26日
WiMAXプロバイダ3社のうち、唯一UQ WiMAXは口座振替手数料が無料。一見費用がお得ですが、WiMAXの実質総額料金やキャンペーン内容を比較すると最安値でない点に注意が必要です。

通信回線や速度・対応エリアは同じ、料金比較が一番重要なポイント

口座振替に対応するWiMAXプロバイダ3社の比較では、口座登録手順や必要な手続き方法に大きな違いが無く、また通信回線や速度、使用するルーター端末や対応エリアなどWiMAXのサービス内容もすべて同じ。どのサービスもWiMAX2+回線を使った通信サービスに違いはないのです。
 
つまり口座振替・銀行引き落とし支払いでWiMAXを契約する場合のプロバイダの比較で一番重要なポイントは月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容。以下、口座振替で契約する場合の各WiMAXプロバイダの月額料金や総額費用を比較します。

口座振替で契約する場合のWiMAXプロバイダ別・月額料金比較

各プロバイダの料金を「WiMAXのギガ放題プランを口座振替で3年契約」の場合を前提に算出・比較します。また毎月の振替・引き落とし手数料200円やキャッシュバックなどのキャンペーンも加味したWiMAXの実質月額料金で比較、おすすめプロバイダがどこかを紹介します。

口座振替かつギガ放題プランの場合のWiMAX料金比較(2019年7月)

2019年7月時点で口座振替に対応可能なWiMAXプロバイダ3社のギガ放題プラン料金を比較すると大きな違いはありません。ただ、UQ WiMAXの場合は振替手数料が無料の一方、前月と比較して最大13,000円キャッシュバックキャンペーンの適用対象外となり、口座振替の契約条件・料金が改悪しました。
 
支払い方法が口座振替で、WiMAXモバイルルーター端末の最新機種W06・WX05やホームルーター端末の最新機種L02・HOME 01を利用する場合、キャッシュバックキャンペーンの無いUQ WiMAXのギガ放題プランは他のプロバイダと比較して高額。おすすめではありません。

WiMAXプロバイダ BIGLOBE WiMAX 2+(ビッグローブ) Broad WiMAX(ブロードワイマックス) UQ WiMAX
WiMAX契約時の特典(口座振替の場合) 15,000円キャッシュバック
※クレカ払いの場合、23,000円キャッシュバック
当サイト限定!Amazonギフト券1万円分プレゼント キャッシュバックキャンペーン対象外
※クレカ払いの場合、最大13,000円キャッシュバック
WiMAXの3年総額(ギガ放題プラン) 151,884円 150,409円
※クレジットカード払いでは無料となる初期費用18,857円が必要
166,882円
※ルーター端末が有料、購入費用含む
実質月額料金(ギガ放題プラン) 4,105円 4,066円 4,511円
参考)契約3年目の月額料金 4,580円 4,211円 4,380円

キャンペーンがあり料金も安いBIGLOBE(ビッグローブ)もおすすめ

BIGLOBE口座振替支払い対応のWiMAXプロバイダの比較で、ギガ放題プランや月間7GB制限プランの3年契約でキャッシュバックキャンペーンを利用できるBIGLOBE WiMAX 2+(ビッグローブ)はおすすめの1社。クレジットカード支払いの場合は23,000円のキャッシュバックが口座振替の場合は減額されますが、WiMAXのモバイルルーター最新端末W06やWX05も利用可能な点がおすすめ理由の1つ。

さらに、クレジットカード支払いの場合はキャッシュバック振込が7ヶ月後と比較して、口座振替の場合は6ヶ月後とキャッシュバックの受け取りが早い点もBIGLOBE WiMAXでの口座振替のメリット。

大手プロバイダの安心感もあり、口座振替・自動引き落としでWiMAXの契約を希望する方におすすめプロバイダの1つはキャッシュバックもあるBIGLOBEです。

BIGLOBE WiMAXを選ぶとキャッシュバック特典の受け取りリスクも

注意点はギガ放題プランの支払い料金総額の最安値は後に説明するBroad WiMAXで、契約3年目以降の月額料金プランが安いのもBroad WiMAX。BIGLOBE WiMAX 2+を選ぶ場合、キャッシュバック特典無しでは安い料金にならず、キャッシュバックには受け取り忘れリスクなどがある点もおすすめしづらい理由。
 
確実に安い料金でWiMAXのギガ放題プランを契約したい、3年以上の長期間で利用する場合、口座振替でおすすめ、かつ最安値はBroad WiMAXです。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は口座振替でも実質費用が安い

Broad WiMAXBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を口座振替で契約するメリットが、UQ WiMAXやBIGLOBEと比較して安い料金でギガ放題プランを契約できる点。キャッシュバックキャンペーンは無いもののBroad WiMAXは月額利用料金プランが安いため、3年間の実質費用総額も他社と比較して一番安いのです。

月間7GB制限・ギガ放題ともに安い月額料金がBroad WiMAXのおすすめ理由

口座振替での契約の場合もBroad WiMAXのおすすめ理由が安い月額料金。同じ口座振替対応でもUQ WiMAXやBIGLOBEの場合は月間7GB制限プランの月額料金が3,000円以上、ギガ放題プランの月額料金が4,000円以上と比較して、Broad WiMAXは月間7GB制限のライトプランが月額2,726円、月間無制限・ギガ放題プランが月額3,411円と割引価格でWiMAXを利用できる点がメリットです。

初期費用割引キャンペーンを口座振替では利用できない点はデメリット

一方、Broad WiMAXでの口座振替の場合、クレジットカード払いの場合はキャンペーンで全額割引されて無料となる初期費用18,857円の支払いが必要で、初期費用の支払いが必要な分だけクレジットカード決済での契約より費用が増加。ただ、口座振替・引き落としでも最安級の月額料金でWiMAXのギガ放題プランを利用できるため、Broad WiMAXが口座振替の場合もおすすめプロバイダなのです。

当サイト経由のBroad WiMAX契約でAmazonギフト券1万円分プレゼント

Amazonギフト券10,000円分プレゼント
Broad WiMAXの当サイト限定キャンペーンは
口座振替での契約も対象

またキャッシュバックでないものの当サイト限定のキャンペーン特典も。当サイト経由のBroad WiMAX契約はAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン対象で、口座振替での契約もキャンペーン対象。当サイト経由の場合は実質初期費用8,857円で、口座振替でもお得な金額でBroad WiMAXを契約できます。またギガ放題プランだけでなく、月間7GB制限・ライトプランのBroad WiMAX契約の場合もキャンペーン適用対象です。

下り最大速度867Mbps!おすすめルーター機種W06の無料キャンペーンも

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
おすすめのモバイルWiFiルーター最新機種W06

2019年7月現在のWiMAXのおすすめルーター端末は2019年1月発売のモバイルルーター最新機種・W06機種。Broad WiMAXの場合、支払い方法が口座振替でもキャンペーン対象で新規契約時の無料提供もメリット。人気のW06は下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大速度75Mbps対応の高速ルーター端末です。

Broad WiMAXはNEC製ルーター最新機種WX05も含め、端末料金が無料
wx05
2018年11月発売!WiMAXルーター端末・WX05

NEC製ルーター最新機種WX05は通信速度がW06と比較して遅い端末ですが、WX05もBroad WiMAXの無料キャンペーン適用対象。ルーター最新機種の完全無料提供もBroad WiMAXを口座振替で利用するメリットで、モバイルWiFiルーターW06・WX05に加え、WiMAXホームルーター最新機種・L02やHOME 01も無料。
 
比較してUQ WiMAXの場合は端末料金が有料、またBIGLOBEの場合は実質無料のため途中解約時に端末料金の請求可能性がある点がデメリット。口座振替・引き落としに対応したWiMAXプロバイダでルーター最新機種も含め、完全無料で利用できるのはBroad WiMAXだけです。

口座振替の場合、ルーター端末の最短即日発送・受け取りできない点に注意

注意点はBroad WiMAXのおすすめ理由の1つ、ルーター端末の最短即日発送や店舗での即日受け取りが口座振替の場合は利用できない点。これは口座振替・引き落とし手続きに事前審査が必要なためで、審査が完了次第のルーター端末発送に注意が必要です。

2019年7月現在、@nifty WiMAX(ニフティ)の引き落とし対応が終了

口座振替・銀行引き落とし対応の貴重なWiMAXプロバイダの1つだったニフティ(@nifty WiMAX)。2019年7月現在、口座振替・引き落とし対応が終了し、nifty WiMAXの新規契約ではクレジットカード支払いしか選べない状態です。
 
期間限定のキャッシュバックキャンペーンもあり、安い料金で利用できるnifty WiMAXですが口座振替の場合はプロバイダ比較の対象外の点に注意ください。

auショップ・家電量販店店頭での申し込みの場合は店舗に事前確認

全国のauショップでもWiMAXを契約でき、口座振替で申し込み可能。この場合、WiMAX申し込み時に引き落とし口座の銀行通帳や届出印が必要な可能性もあり事前の店舗確認がおすすめです。
 
また家電量販店店頭でのWiMAX申し込みの場合、店舗により口座振替への対応が変わりそうです。ヤマダ電機の個人契約の場合はクレジットカード以外の支払い方法を受け付けませんが、ビックカメラは書類を提出すれば銀行引き落としに対応する様子。詳細はWiMAX契約前に各家電量販店店舗に問い合わせ、確認が必要です。

ただし、auショップも家電量販店もWiMAXの料金プランはUQ WiMAXと同等に高額で注意が必要。価格ではBroad WiMAXやBIGLOBE WiMAX 2+のネット契約がおすすめ。

GMOとくとくBBやSo-net(ソネット)・カシモWiMAXは口座振替に非対応

WiMAXプロバイダの中で人気・おすすめプロバイダの多くが口座振替に非対応。例えば、最大4万円以上のキャッシュバックキャンペーンで人気のGMOとくとくBBや、月額料金大幅割引キャンペーンのあるSo-net WiMAX 2+(ソネット)、安い月額料金で人気のカシモワイマックスなどのWiMAXプロバイダは、残念ながら口座振替・引き落としに非対応です。

他のポケットWiFiも口座振替可能だがギガ放題のようなプランが無い

またWiMAX以外の他のポケットWiFiでは、Y!mobile(ワイモバイル)やNEXT mobile(ネクストモバイル)などソフトバンクLTE回線利用のポケットWiFiサービスも口座振替での月額料金支払いも可能です。ただし、WiMAXのギガ放題のような無制限・使い放題の契約プランが無い点が注意点。
 
Y!moileにはアドバンスオプションと言う使い放題オプションがありますが、アドバンスモード接続可能なエリアでのアドバンスモード通信が使い放題になるオプション。アドバンスモードの電波を受信できないエリアでは使い放題でない点に注意が必要で、比較してWiMAXのギガ放題をおすすめする理由です。

口座振替・引き落とし可能で、かつギガ放題プランのような使い放題のポケットWiFiを探す場合、WiMAXルーター端末の契約を選ぶのがおすすめ。

以上、口座振替・引き落としで契約可能なWiMAXプロバイダを紹介しました。当サイトのおすすめはBroad WiMAX(ブロードワイマックス)とBIGLOBE(ビッグローブ)。特にBroad WiMAXは当サイト限定キャンペーンもあり必見!ぜひ一度詳細を確認ください。

【口座振替で一番お得なWiMAXプロバイダ】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/7/31までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!