困った時どうする?WiMAXルーター端末が故障した際の対処法

困った時どうする?WiMAXルーター端末が故障した際の対処法

WiMAXが故障した

「インターネットに繋がらない」「液晶画面がつかない」など、WiMAXのルーター端末の動作不具合。故障かなと思う時もあるものの、まずは自分で確認・解決できる方法もあります。
 
このページでは、WiMAXのルーター端末を利用中に「故障かな?」と思った時に試すべきことなどの対応マニュアルを完全解説、また実際にルーター端末の故障の場合の修理や機種交換の流れをWiMAXの主要プロバイダ別に説明します。

WiMAXの故障修理料金が高い、機種変更ができない時は…

故障したWiMAXルーター端末の修理料金が高い、契約中のWiMAXプロバイダが機種変更サービスを提供していない場合におすすめの対応方法が、Broad WiMAXへのプロバイダ乗り換え。キャンペーンの利用で解約金がキャッシュバックされ、最新機種に無料で変更可能です。

動作不具合の症状別!WiMAXルーター端末の故障を解決する方法

「問題なく使えていたWiMAXのルーター端末が突然使えなくなった…。」
 
WiMAXのルーター端末を利用中、動作不具合などが生じることも。ただし、すぐに故障と断定せず自分で原因を確認したり、不具合を解決できる方法もあります。契約中のWiMAXプロバイダやauショップに故障・修理の相談する前に、自分で試しておきたい解決方法を動作不具合の症状別に紹介します。

電源が入らない・液晶画面がつかない時は電池パックやSIMカードを脱着

WiMAXのルーター端末の電源ボタンを押しても起動しない、液晶画面が暗いままで点灯しない場合も、すぐに故障と断定せずに試すべきことがあります。まずはWiMAXのルーター端末を十分に充電することが重要で、それでも症状が改善しない場合はルーター端末内部の電池パックやSIMカードの脱着が効果的な方法。
 
電源が入らない・液晶画面がつかない原因が電池パックやSIMカードの接触不良による一時的な動作不具合で、故障でない可能性もあります。電池パックやSIMカードを一度取り外し、再度装着、電源が入るか、症状が改善するか確認してみましょう。

通信速度が遅いときは故障ではなく料金プランによる速度制限の可能性

WiMAXのルーター端末は起動できるのに通信速度が極端に遅い場合も、故障ではなくまずは速度制限の可能性を検討してみるべき。WiMAXには契約中の料金プランにより次のような速度制限があります。この速度制限が発生していないかの確認も、ルーター端末の故障か、速度制限の影響かの判断に必要です。

月間7GB制限プランを契約中、通信容量の上限を超えてしまった

WiMAXの月間データ通信量7GB制限プランを契約・利用中に、月間7GBの通信容量上限を超えると通信速度が約128Kbpsまで低速化する速度制限がかかります。WiMAXの電波は受信できているのに通信速度が非常に遅い、という場合は故障ではなく速度制限の可能性も。
 
まずはルーター端末のデータ通信量を確認、月間データ通信量が7GBを超えていないかを確認しましょう。7GBを超えている場合、当月中は速度制限が続き、翌月まで解除されません。翌月1日にWiMAXルーター端末の速度が改善されれば、故障ではなく速度制限が動作不具合の原因だったと判断できます。

ギガ放題プランを契約中、3日間で10GB以上の通信をした

月間通信量無制限のWiMAX・ギガ放題プランを契約中でも注意が必要なのが、3日間で10GBまでの通信量制限。直前3日間での通信量合計が10GB以上になるとWiMAXの通信速度が約1Mbpsまで低下、遅いと感じる速度制限が発生します。この場合も、まずはルーター端末で直近3日間の通信量の確認が必要です。
 
3日間で10GB以上の場合はルーター端末の故障ではなく、速度制限が通信速度の遅い原因。直前3日間の通信量が10GB未満になれば自動的に速度制限が解除され、また日中の時間は通常速度で通信が可能なため、「夜だけ速度が遅い」場合はルーター故障よりもWiMAXの速度制限を疑いましょう。

auの4G LTEを利用するハイスピードプラスエリアモードで月間7GB以上

WiMAXの月間7GB制限、ギガ放題のいずれの料金プランを契約中でも注意が必要なのが、auの4G LTE回線を利用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードの通信量。ハイスピードプラスエリアモードの通信量が月間7GBを超過するとWiMAXの通信速度が約128Kbpsまで低速化する速度制限がかかります。

この速度制限はWiMAXの通常通信モード・ハイスピードモードも対象。ギガ放題プラン契約中でも一切インターネットができなくなる点が注意点。

この速度制限は一度発生すると翌月まで解除されません。翌月1日にWiMAXルーター端末の速度が改善されれば、故障ではなくハイスピードプラスエリアモードの使い過ぎが速度低下の原因だったと判断できます。

電波が急に圏外…故障を疑う前にWiMAXのシステム障害情報を確認

問題無く利用できていたWiMAXルーター端末が急に電波を受信できなくなり、圏外となる場合も。この場合も故障を疑う前に、まずはWiMAXルーター端末の再起動や利用場所を変え、圏外状態が続くかの確認が有効ですが、同時にWiMAXのシステム障害情報の確認も重要です。

UQ WiMAX公式サイトにある障害情報ページで確認

WiMAXの電波が急に圏外となる場合、ルーター端末の故障ではなく、利用エリアでシステム障害が発生している可能性も。WiMAXの通信回線に障害が起きていないかは、UQ WiMAX公式サイトの「障害情報ページ」での確認がおすすめ。

改善しないときは、WiMAXルーター端末の初期化も有効な解決方法

故障かな?と思ったときにはまず電池パックやSIMカードの脱着や、速度制限・システム障害が原因の可能性を確認すべきですが、それでも症状が改善しない場合、WiMAXルーター端末の設定の初期化で動作不具合が解消することも。
 
以下、各WiMAXルーター端末ごとの初期化方法を紹介します。

モバイルルーター端末・W05やWX05機種の場合の初期化方法

W05のリセットボタン
W05機種のReset(リセット)ボタン

Huawei製のWiMAXモバイルルーター端末であるW05機種やW04機種の場合は端末側面にReset(リセット)ボタンがあり、先端の細いもので約5秒間以上押下すると、工場出荷時の設定にルーター端末が初期化されます。
 
NEC製のWiMAXモバイルルーター端末・WX05機種やWX04機種を利用中の場合は、ルーター端末の「設定」メニューから初期化する方法が可能です。

ホームルーター端末・HOME 01やL01s機種の場合の初期化方法

Huawei製のホームルーター端末・L01s機種やNEC製のホームルーター端末・HOME 01では、いずれも本体背面にReset(リセット)ボタンがあり、先端の細いもので約5秒間、長押しするとWiMAX端末の設定が工場出荷時の設定に初期化されます。

この端末初期化などを試しても、動作不具合や故障かな?と思われる症状が改善しない場合は、契約中のWiMAXプロバイダに問い合わせ、修理などの相談が必要になります。

利用プロバイダ別!故障の時の電話問い合わせ先・機種交換の可否

ルーター端末故障時の電話問い合わせ先や、新しい機種との交換が可能かどうかは、契約・利用中のWiMAXプロバイダにより対応・サポート内容が違います。ここでは主要WiMAXプロバイダ各社の故障時の問い合わせ先や、機種変更サービスの内容を紹介します。

UQ WiMAXの場合はUQお客さまセンターへ電話問い合わせ

UQ WiMAXのロゴUQ WiMAXでWiMAXサービスを契約中の場合にルーター端末が故障した場合、UQお客さまセンターへ電話で問い合わせするか、直接auショップに端末を持ち込み修理の相談が必要です。

故障時の問い合わせ先 UQ WiMAX・UQお客さまセンター
問合せ先電話番号 0120-929-818(契約者向け)
0120-959-001(新規契約の受付・相談)
対応時間 9:00~21:00(年中無休)
ルーター端末故障時は修理も可能ですが、UQ WiMAXでは有料の機種交換サービスも利用できます。

機種交換もオンラインで可能だが、利用期間に応じて変更料金がかかる

UQ WiMAX契約者の場合は、オンラインで機種交換の申し込みが可能です。ルーター端末を2年以上利用している場合などは無料で最新機種への変更も可能で、故障の修理に高い料金がかかる場合は機種変更もおすすめです。
 
ただしWiMAXの利用期間が短い場合は機種変更料金が高く、故障を修理して使用を続けるか、新しい端末に変更するかの判断が必要です。

GMOとくとくBBの場合

GMOとくとくBBGMOとくとくBBででWiMAXサービスを契約中、故障かなと思う動作不具合があった場合は、まず電話でGMOとくとくBBに問い合わせすることが必要です。

故障時の問い合わせ先 GMOとくとくBB・WiMAX電話窓口
問合せ先電話番号 0570-045-109
対応時間 平日・10時~19時

土日祝日は電話での問い合わせサポートの対象外である点に注意

GMOとくとくBB WiMAXの場合、電話での問い合わせサポートが平日のみの受け付けで、土日や祝日はサポート対象外の点がデメリット。また平日も時間帯によって問い合わせの電話が非常に混み合い、繋がりにくい点に注意が必要です。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合はお客様サポート窓口へ

BroadWiMAXBroad WiMAXで契約中の場合も、まずはお客様サポート窓口に電話で問い合わせ、ルーター機器の故障かどうか、修理すべきかの相談が必要です。

故障時の問い合わせ先 Broad WiMAX・お客様サポート窓口
問合せ先電話番号 0120‐546‐376
対応時間 11:00~18:00(月~土 / 年末年始は除く)

利用期間20ヶ月で無料で機種変更可能なキャンペーンも

Broad WiMAXでは利用期間20ヶ月以上の契約者を対象に、無料で最新機種に変更可能なキャンペーンも実施中。このキャンペーンを利用できれば故障したルーター端末を修理しなくても、無料で新しい端末に変更できてお得です。

BIGLOBE WiMAX 2+の場合

BIGLOBE WiMAX 2+を利用中の場合のメリットは、年中無休で電話問い合わせを受付している点。急にWiMAXのルーター端末が動作しなくなったという場合でも、BIGLOBEのサポートデスクが故障かどうか診断してくれます。

故障時の問い合わせ先 BIGLOBEカスタマーサポート・インフォメーションデスク
問合せ先電話番号 0120-86-0962
※フリーダイヤルに接続できない場合は、03-6385-0962
対応時間 10:00~19:00(年中無休)

機種交換はUQコミュニケーションズで申し込み手続き、機器を購入

また故障の場合、修理ではなく機種交換も可能。新しいWiMAXルーター機器の購入はBIGLOBEではなく、UQコミュニケーションズのWEBサイトで申し込み手続きを行います。利用期間に応じて機器の購入料金が必要なものの、いつでも新しい機種・製品に交換可能な点はBIGLOBE WiMAX 2+のメリット。

WiMAXのルーター端末の修理が必要な場合の流れ・対応フロー

契約中のWiMAXプロバイダに電話問い合わせをして、故障と判断された場合はルーター端末の修理が必要になります。この場合の流れや対応フローは以下の通りです。

いずれのプロバイダ契約でもメーカー修理の受付はauショップ店舗で

auロゴ故障したルーター端末の修理はWiMAXプロバイダでは行えず、メーカーへの故障修理依頼が必要です。どのWiMAXプロバイダで契約中でも、メーカー修理の受付は全国のauショップ店舗が窓口で、故障したWiMAXルーター端末を近くのauショップ店舗に持ち込むことが必要です。
 
なお、修理の内容によるものの1~2週間が故障の修理期間として必要で、その間はWiMAXのルーター端末を利用できない一方、WiMAXの利用料金は支払い続ける必要がある点が注意点です。

製品の利用開始から1年以内の自然故障は、メーカー保証で無料修理

故障の修理に必要な料金ですが、ルーター製品の利用開始(WiMAXの契約開始)から1年以内の自然故障であれば、メーカー保証期間のため無料で修理が可能です。ただし、故意の破損や水没などによる故障の場合はメーカー保証の対象外。故障の内容にもよりますが、数万円の修理費用がかかる可能性があります。

有料サポートオプション加入中であれば、修理費用の支払いが不要

WiMAXプロバイダによりサービス内容がやや違いますが、「端末補償サービス」や「安心サポート」などの有料オプションに加入中の場合は故障修理が無料となることも。この場合、故障修理の費用は一度auショップで支払いが必要ですが、その分がプロバイダよりキャッシュバックされるため実質修理費用の支払いが不要で、無料で修理が可能。
 
ただし、有料サポートオプションの内容によっては、故意の故障と見なされる場合は無料修理の対象外となる場合もある点に注意が必要です。

故障の修理料金が高い、プロバイダが機種変更に対応しない時の対応方法

以上のようにWiMAXのルーター端末が故障すると、修理期間はWiMAXを利用できなくなるほか、内容により故障修理で数万円の料金が請求される可能性も。また、故障修理せずに新しいルーター端末に交換・変更しようとしても、契約中のWiMAXプロバイダが機種変更サービスを提供していない場合や、機種変更料金が高額になる場合もあります。

このような場合に、故障したルーター端末を最安費用で最新端末に変更するおすすめの方法がBroad WiMAXの解約金負担・乗り換えキャンペーンを利用する方法です。

Broad WiMAXの解約金負担・乗り換えキャンペーンを利用しよう

違約金負担・乗り換え
Broad WiMAXの違約金負担・乗り換えキャンペーン

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)以外のWiMAXプロバイダで契約中に、ルーター機器が故障した場合、WiMAXのプロバイダ契約そのものをBroad WiMAXに切り替えるのも1つの方法。Broad WiMAXの新規契約ではルーター最新機種が無料提供される上、Broad WiMAXの月額利用料金が安いのでWiMAX費用の節約に繋がる可能性もあります。
 
デメリットは契約中のプロバイダを途中解約する際に支払いが必要となるWiMAXの解約違約金。この解約金をBroad WiMAXが負担してくれるのが乗り換えキャンペーンです。

契約プロバイダの途中解約にかかる違約金をBroad WiMAXがキャッシュバック

WiMAXのプロバイダ契約をBroad WiMAXに切り替えるには、まずBroad WiMAXに新規に申し込み、同時に契約中のプロバイダを解約します。この時、契約中プロバイダには利用期間に応じた解約金を支払う必要がありますが、この解約金が最大19,000円までBroad WiMAXから後日キャッシュバックされるのが乗り換えキャンペーンです。

解約金の請求内容が分かる書類をBroad WiMAXにメールで送るだけ

乗り換えキャンペーンの利用手続きは簡単で、WiMAXの他プロバイダの解約の際に発生した解約金の請求内容が分かる書類をBroad WiMAXのサポート宛にメールで送るだけ。後日、解約金の金額分が最大19,000円までキャッシュバックされます。

乗り換えでモバイル端末の最新機種やホームルーターも無料提供される

wx05
2018年11月発売!最新機種WX05も無料

Broad WiMAXへの乗り換えのメリットが、故障したルーター端末を修理すること無く、最新機種のモバイルルーター端末やホームルーター端末に無料で変更できる点。古いルーター機種を利用中に故障した場合、高い修理料金を払ってもWiMAXの通信速度などのスペックは変わらないまま。
 
一方、最新機種に変更すれば通信速度やルーターの性能などのスペックが向上、無料の上にWiMAXの通信状態も改善されるため、場合によっては故障修理よりもBroad WiMAXへの乗り換えがおすすめなのです。

当サイト限定!Amazonギフト券プレゼントキャンペーンも利用可能

さらにBroad WiMAXへの乗り換えメリットの1つが、当サイト限定のAmazonギフト券1万円分・プレゼントキャンペーンも利用できる点。当サイト経由でBroad WiMAXへ申し込みすると、即日でルーター最新端末が発送され、Amazonギフト券1万円分も入手できます。

「ルーター端末が故障したら修理が必要」と思い込まず、費用をかけずに故障したルーターを最新端末に変更できる方法がBroad WiMAXの乗り換えキャンペーンの利用。契約中のプロバイダにauショップでの修理を指示された場合は、ぜひBroad WiMAXへの乗り換えも検討してみてください!

当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーンやBroad WiMAXの料金プランの詳細は以下の記事で詳しく説明しています。ぜひ一度、故障修理前にご確認ください!

【ルーター故障時はプロバイダ変更も検討!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/7/31までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!