最適な申し込みタイミングや最もお得な方法は?~WiMAXの機種変更

最適な申し込みタイミングや最もお得な方法は?~WiMAXの機種変更

WiMAXの機種変更

同じルーター端末を一定期間利用すると
「バッテリーが弱くなった気がする」
「WiMAXの最新機種は通信速度が速いらしい」

など、WiMAXの機種変更を検討したくなりますよね?

WiMAXの機種変更ができるかは現在契約中のプロバイダによって対応が違ったり、利用期間に応じてルーターの購入価格が変わるもの。そこでこのページではWiMAXの機種変更のタイミングや、契約プロバイダ別の機種変更サービスの提供状況や手続き方法を解説、またお得に機種変更をするためにおすすめの方法を紹介します。

2年が寿命?WiMAXの機種変更時期の目安

WiMAXのモバイルルーターは機器に内蔵されているバッテリーで稼働しており、長期間の利用を続けると性能が落ちたり、稼働時間が短くなるなど、機器の状態が悪くなることも。また、WiMAXのルーターは毎年新機種が発売されており、通信速度や機能が向上しています。
 
ルーターの利用期間が2年程度を過ぎると無料で機種変更に対応するWiMAXプロバイダもあることから、ルーター機種の寿命は2年を目安に考えると良さそうです。

利用開始1年以内の端末の故障なら機種変更ではなくメーカー保証

もちろん利用開始から2年が経過しなくても、急に電波を受信しなくなり圏外となるなど端末の状態が悪くなり、故障が発生する可能性も。この場合、WiMAXルーター端末の利用開始から1年以内であればメーカー保証を利用しての修理や交換も可能です。利用期間が短い場合、例え機種変更が可能でも端末購入価格が高いため、機種変更を検討するよりもまずはメーカー保証での修理の検討がおすすめ。

WiMAXのルーター端末のメーカー修理はauショップで受け付けています。近くのauショップにルーター端末を持ち込んで、相談してみましょう。

自然故障以外はメーカー保証の適用対象外である点に注意

ただし、メーカー保証の適用対象はあくまでWiMAXのルーターを通常の範囲で使用していたにもかかわらず故障が発生したという自然故障が対象。自然故障以外の水没や落下による損傷、盗難などの場合はメーカー保証の適用対象外となる点に注意が必要です。この場合は修理ではなく機種変更が必要です。

利用期間2年~3年を目安に、ルーター機種変更の検討がおすすめ

利用中の端末に目立った不具合が無くても、利用期間2年~3年を目安に機種変更を検討することがおすすめ。WiMAXのルーター製品は年々性能が向上、毎年新端末が発売されています。機種変更により通信速度が上がり、より快適なWiMAXの利用を期待できます。

ルーター各機種の販売時期・通信速度の変化

2018年時点でのモバイルルーター最新機種はW05。2年前の2016年に販売されたW03やW02機種と比較して格段に通信速度が向上、また3年前の2015年販売のWX02やWX01と比較するとauの4G/LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードへの対応にも違いがあります。
 
このように販売時期から2年~3年が経過すると、ルーター機種の通信速度や機能が大きく変化することが分かります。

WiMAXルーター機種 製品イメージ 販売開始時期 下り最大速度 au 4G/LTE対応
W05 2018年1月 758Mbps
WX04 2017年11月 440Mbps
W04 2017年2月 758Mbps
WX03 2016年12月 440Mbps ×
W03 2016年7月 370Mbps
W02 2016年2月 220Mbps
WX02 2015年11月 220Mbps ×
WX01 2015年3月 220Mbps ×
W01 2015年1月 220Mbps

WiMAXのルーター最新機種は下り最大速度758Mbpsに対応

下り最大速度758Mbps
ハイスピードプラスエリアモードでは下り最大758Mbpsの高速通信が可能

WiMAXのモバイルルーター最新機種・W05は下り最大速度758Mbpsに対応。2年前、3年前に当時の最新端末を購入していたとしても、下り最大速度は220Mbps~440Mbpsです。W05に機種変更すれば、WiMAXルーターの通信速度が2倍以上改善する可能性もあります。

auの4G/LTE回線・ハイスピードプラスエリアモードへの対応も重要

また上記の下り最大速度758Mbpsは、WiMAX2+回線に加えてauの4G/LTE回線も使ってインターネット通信を行うハイスピードプラスエリアモード利用時の通信速度。ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+が圏外でもauの対応エリア内であれば、WiMAXのルーターを使ってインターネット通信が可能となる便利な通信モードで、ルーター端末で簡単に設定・変更が可能です。
 
2~3年前の端末の中にはこの通信モードに非対応の製品もあり、最新機種に変更するだけでWiMAXサービスの利便性が大きく向上する可能性もあります。

契約プロバイダ別の機種変更サービスへの対応・手続き方法の違い

定期的なルーターの機種変更の検討はするべきとは言え、具体的な手続き・申し込み方法はどうすれば良いのでしょうか?WiMAXの場合、現在契約中のプロバイダによってはそもそも機種変更サービスを提供していなかったり、機種変更に対応していてもプロバイダにより手続き方法が違います。
 
ここではプロバイダ別に手続き・申し込み方法や、端末購入価格の違いを解説します。

UQ WiMAXの場合、オンラインで製品の購入手続きが可能

UQ WiMAXのロゴ契約プロバイダがUQ WiMAX(UQコミュニケーションズ株式会社)の場合は機種変更サービスが提供され、UQ WiMAXの機種変更受け付けページから、ルーター製品のオンライン購入手続きが可能。なお変更後のルーター製品の購入価格は、現在利用中のルーター端末の利用期間に応じて変動します。

現在の機器の利用期間に応じて変わる端末の購入価格

WiMAXの利用開始から22ヶ月(2年弱)が経過していると、機種変更による端末購入価格が無料となります。また契約期間中であれば、いつでも機種変更を申し込み可能である点も、UQ WiMAXのメリットの1つです。

現在の機器の利用期間 機種変更での端末販売価格
~12ヶ月 20,000円
13ヶ月~18ヶ月 12,000円
19ヶ月~21ヶ月 6,000円
22ヶ月以上 無料(0円)

SIM(IC)カードが変わる場合は回線登録・切替設定が必要

利用中の端末と機種変更後の新しい端末とで同じサイズのSIMカード(ICカード)であれば、SIMカードの差し替えのみでWiMAXの新しいルーター端末を利用できますが、Micro SIMとNano SIMなどサイズが変わる場合は、新しい端末に付属のSIM(IC)カードを基にした回線登録・切替設定が必要です。
 
なお、この新しいSIM(IC)カードの回線登録・切替設定は、UQ WiMAXのWEBサイト上で自分で簡単に行うことが可能。機種変更でSIMカードのサイズが変わる場合は、新しいルーター端末にSIMカードを挿入する前に設定作業が必要なことを覚えておきましょう。

BIGLOBE・So-net WiMAX2+の場合、UQコミュニケーションズで手続き

WiMAXの契約プロバイダがBIGLOBE WiMAX2+やSo-net WiMAX2+の場合も機種変更サービスが提供され、手続き方法はUQ WiMAXでの契約の場合と同様、UQ WiMAXのWEBサイトからオンライン申し込みが可能です。
 
また端末の購入価格も同様で、UQコミュニケーションズ株式会社がプロバイダに代わってルーター製品の販売サービスを提供します。新端末の購入先や代金の支払先がUQコミュニケーションズ株式会社となる点に注意が必要ですが、SIM(IC)カードの回線登録・切替設定もUQ WiMAXのサイト上で行なえます。

UQコミュニケーションズ株式会社で機種変更が可能なプロバイダ

BIGLOBE、So-net以外にも以下の契約プロバイダの場合はUQコミュニケーションズ株式会社から新端末の購入・機種変更の申し込みが可能です。

  • BIC WiMAX(ビックカメラ)
  • ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX2+(ヨドバシカメラ)
  • ASAHIネットWiMAX 2+
  • @nifty WiMAX(ニフティ)

これらのプロバイダ契約の場合、UQ WiMAX契約者と同じ手続きで機種変更が可能で、契約期間中はいつでも変更申し込み可能な点がメリット。なお、機種変更はUQコミュニケーションズと行いますが、WiMAXの契約は新端末購入後も現在契約中のプロバイダで継続します。

auショップ店舗やau公式サイトで契約した場合

auロゴauでWiMAXを契約中の場合も機種変更が可能です。ただし、auの公式サイトやオンラインショップは機種変更の申し込みに対応しておらず、auショップ店舗で手続きが必要。また手続きには印鑑・本人確認書類・利用中のルーター端末本体の持参などが必要です。
 
機種変更料金ですが店舗により在庫・価格が違う場合もあり、機種変更手続きを行うauショップ店舗に事前確認がおすすめ。またauポイントをWiMAX端末の購入代金に充当可能な点もメリットです。

GMOとくとくBBやBroad WiMAXの場合はキャンペーンを提供

当サイトの人気・おすすめプロバイダ・GMOとくとくBBやBroad WiMAXでは長期利用者を対象に機種変更キャンペーンを提供中。いずれのプロバイダのキャンペーンも、20ヶ月以上利用している契約者を対象に、端末価格0円で最新機種を購入・変更可能なサービスです。

ただし機種変更と同時に現在のWiMAX契約が一旦解除され、新たに2年または3年のプロバイダ契約が開始される点に注意が必要で料金プランが値上がりします。また次の契約更新月にプロバイダ変更を考えていても、慌てて機種変更に申し込みしてしまうと更新月がさらに2年、3年先となる点にも注意が必要。

また機種変更とは言え、現契約の解約と新規契約という形になるため、解約金はかからないものの3,000円の契約事務手数料がWiMAXの機種変更とは別に発生する点にも注意が必要です。

特にGMOとくとくBBでの機種変更はお得でない点に注意が必要

特にGMOとくとくBBを契約中の場合、機種変更は料金面でお得ではないため、おすすめできません。変更後の端末価格は無料ですが、ギガ放題プランの月額料金が4,263円、月間7GB制限プランの月額料金が3,609円と、特に割引も無く月額料金が高い上、キャッシュバックキャンペーンなども利用できません。
 
この場合、ギガ放題プランの3年総額は15万円以上となり、GMOとくとくBBでの機種変更・契約更新は料金面でお得でないのです。契約更新月まで待って他のWiMAXプロバイダに乗り換えた方が料金面ではお得と言えます。

このためGMOとくとくBBでWiMAXを契約している場合、実質機種変更はできないと考えるべきです。

Broad WiMAXの場合も更新月に解約、新規契約がお得

Broad WiMAXの場合も同様に機種変更と同時に契約が更新され、ギガ放題プランは月額料金3,741円、月間7GB制限プランは月額料金3,056円となります。GMOとくとくBBと比較すると安い料金でWiMAXを利用可能ですが、できることなら機種変更はせずに更新月を待って一度解約、再度新規契約をし直した方が料金プランはお得になります。

機種変更サービスの申し込みを受け付けていないプロバイダ

20社以上のWiMAXプロバイダがありますが機種変更申し込みを受け付けていないプロバイダの方が多く、上記で紹介したプロバイダ以外は機種変更サービスを提供していない場合が多いのです。
 
例えば契約先がnifty WiMAXの場合、機種変更に対応しない旨が明記されており、ルーター端末を変更するには契約中のプランを解約した後、再度新規申し込みが必要で、契約期間に応じた解約料金の支払いも必要です。また、DTI WiMAXやカシモワイマックスなども機種変更対応の明記がありません。

このため機種変更サービスに対応していないWiMAXプロバイダを契約中の場合、Broad WiMAXの乗り換えサービスを利用して契約プロバイダを変更する方法が、最もお得に最新端末に無料で変更する方法となります。

旧WiMAX対応のルーターからWiMAX2+対応ルーターへの変更

ちなみに現在も旧WiMAXの契約プランで利用中の場合、最新のWiMAX2+プランへ契約内容を変更することで最新機種を無料で入手可能です。旧来のWiMAX回線(ノーリミットモード通信)は2020年3月末に停波・サービス終了予定。現在、古いWiMAX契約のままで利用中の場合は、できるだけ早くWiMAX2+対応ルーターへの機種変更がおすすめです。

旧WiMAX契約者を対象に提供されるおトクに機種変更キャンペーン

旧WiMAX契約者を対象に、WiMAX2+料金プランへの移行・対応ルーターへの機種変更がスムーズになるよう、UQ WiMAXは2018年10月より「おトクに機種変更」キャンペーンを実施。旧WiMAXからの移行措置として、対象者はギガ放題プランを月間7GB制限プランと同料金(ギガ放題プランの月額料金が通常4,380円のところ3,696円)で利用でき、また3年間の契約期間中ずっと割引が適用されます。
 
なおかつ、モバイル端末・W05またはWX04、ホームルーター端末・L01sの3機種のいずれかに、無料で変更・交換が可能なキャンペーンです。

3年契約プランへの変更でLTEオプションも無料で利用可能

また旧WiMAX契約からWiMAX2+への変更で3年契約プランに移行すると、auの4G/LTE回線を利用可能なLTEオプション料金が無料となる点がメリット。LTEオプションとは、auの4G/LTE回線を使う通信モード・ハイスピードプラスエリアモードの利用に必要なオプションで、通常は月額1,005円がかかりますが3年契約プランでは無料で利用できます。

Broad WiMAXの乗り換えサービスを利用、お得な最新端末入手方法

違約金負担・乗り換え以上、旧WiMAX契約を除くと、現在WiMAX2+を利用中の方の多くが実質的に機種変更が難しかったり、機種変更により料金負担が上がるため申し込みづらい状況かも知れません。そのような場合におすすめがBroad WiMAXの乗り換えサービスを利用する方法
 
Broad WiMAXの乗り換えサービスは、他社WiMAXプロバイダとの契約期間中であっても、Broad WiMAXにプロバイダ契約を変更することで、他社との解約にかかる違約金・最大19,000円ををBroad WiMAXがキャッシュバックしてくれるサービス。Broad WiMAXとの新規契約となり、ルーター最新機種を無料で入手できる方法です。

解約金無し、最新端末に価格無料で変更できる唯一・おすすめの方法

機種変更できないとはいえ、WiMAXプロバイダとの契約を途中解約、別のプロバイダに乗り換えすると解約金が発生します。乗り換え先がBroad WiMAXであればこの解約金が実質無料となり、価格0円でルーター最新端末に変更できるのです。
 
現時点でBroad WiMAXのほかに乗り換えサービスを提供するプロバイダが無く、機種変更に対応していないプロバイダと契約中の場合は、唯一価格無料で機種変更が可能なおすすめの方法となります。

WiMAXの対応エリアや通信速度は、プロバイダを乗り換えても同じ

WiMAXの契約プロバイダの変更とは言え、変わるのは月額料金プランや料金の支払い先、ルーター機種のみで、実際のインターネット通信で使用する回線は同じ。WiMAXプロバイダは、どこも同じWiMAX2+通信回線を利用したインターネット接続サービスを提供しているからです。
 
つまり、プロバイダを乗り換えてもWiMAXルーターの対応エリアや通信速度は変わらず、これまで通りWiMAXを利用できる点は安心です。むしろ、乗り換えタイミングでルーター端末を最新機種に変更すれば通信速度は大きく改善するかも知れません。

Broad WiMAXは月額料金プランも安い点がおすすめ

Broad WiMAX
Broad WiMAXであれば月額2,000円台から利用可能

さらにBroad WiMAXであれば、WiMAXプロバイダの中でも最安値級の安い月額料金プランを利用可能。月間7GB制限のライトプランは月額2,726円~、通信量無制限のギガ放題プランも月額3,411円~利用でき、Broad WiMAXへの乗り換えで無料の機種変更が可能となる上、通信料金の節約につながる場合も。

当サイト限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンも適用可能

またBroad WiMAXへの乗り換えであれば、当サイト限定のAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンの適用対象にも。当サイト経由でBroad WiMAXに契約・申し込みをして乗り換えサービスを申請すれば、無料でルーター最新機種が手に入るほか、WiMAXの月額料金も下がり、Amazonギフト券1万円分がもらえる、最もお得な機種変更に。
 
当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーンの詳細やBroad WiMAXの乗り換えサービスは、下記ページで詳しく紹介しています。WiMAXの機種変更ができずにお困りの場合、一度検討してみてはいかがでしょうか?

【乗り換えサービス&Amazonギフト券!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら