【解説】WiMAXをおすすめしないのはどんな理由?~3つのデメリット

【解説】WiMAXをおすすめしないのはどんな理由?~3つのデメリット

注意

高速通信、大容量・ギガ放題プラン、最短申し込み翌日から使用可能…。
 
WiMAXプロバイダの公式サイトや比較サイトにはWiMAXのメリットや利点、おすすめ理由が数多く並ぶものの、おすすめしないという意見やデメリット、注意点は無いのでしょうか?
 
当サイトでも伝えている通りWiMAXにはメリット・利点が多数ありますが、もちろんWiMAXがおすすめでない方、おすすめしない理由やデメリットもあります。このページではWiMAXの契約・申し込み前に最低限把握しておきたい、通信速度や速度制限、対応エリア関連のデメリットや注意点を紹介。またWiMAXプロバイダ別のメリット・デメリットの違いについても解説します。

メリットもあるが利用目的次第ではおすすめしないWiMAX

このページを訪れる方は、WiMAXを全く知らないというより、次のような方が多いようです。

  • WiMAXの良い評判もあるが、本当におすすめ?か疑問
  • WiMAXの申し込みを本格的に検討中、他のサービスと比較中
  • メリットは理解したけどおすすめしない理由やデメリットも知りたい

一方、WiMAXのメリットや利点は、

・モバイルルーター端末一台で、どこでも、高速・大容量のインターネットに接続できるモバイルWiFi
・固定回線と比較して自宅回線工事が不要、すぐに利用開始できるサービス
・他のポケットWiFiと比較して、WiMAXのギガ放題プランは月間データ容量無制限、かつ月額料金も割安

などがあります(詳細は別記事「WiMAXの5つの利点・メリット」参照)が、デメリットや注意点は無いでしょうか?おすすめしない理由があるとすれば、何でしょうか?
 
当サイトで仮にWiMAXをおすすめしないとすれば、その理由となるデメリットや注意点は大きく3つ。以下、3点のデメリットを解説します。

①他インターネット接続サービスと比較しておすすめしない理由

持ち運べるインターネットの点ではWiMAXも他のモバイルWiFiサービスと同様ですが、違いは利用する通信回線。また自宅のインターネット通信で利用する光回線など固定回線とWiMAXの通信回線も違います。この通信回線の違いや利用目的により、WiMAXをおすすめしない場合やデメリットがあります。
 
WiMAX以外の多くのモバイルWiFiルーターは、携帯電話やスマホと同じ通信回線・4G LTE回線を利用するのと比較して、WiMAXのルーターは独自のWiMAX・WiMAX2+通信回線を利用。またフレッツ光やauひかりなど固定回線サービスは光ファイバーケーブルを利用する有線インターネット通信ですが、WiMAXの場合は無線通信です。

他のモバイルWiFiはスマホや携帯電話と同じ4G LTE通信回線を利用

3G・4GLTEスマホや携帯電話でも使用する無線通信は、電波の周波数帯域により使用用途や管理する事業者が違います。このうち700~900メガヘルツの周波数帯域を使用する電波は主に携帯電話用の通信に使用され、ドコモやau、ソフトバンクなどの通信事業者に割り当てられています。

4G LTE通信のおすすめ理由は対応エリアの広さ・接続しやすさ

この周波数700~900メガヘルツの電波は、高い建物があっても回り込んだり建物内部に入りやすい電波で、比較的どこでも接続しやすい、安定した周波数帯域。携帯電話やスマートフォンの4G LTE通信で使用するのがこの帯域の電波で、WiMAX以外の多くのモバイルWiFiも4G LTE通信を利用するインターネット接続サービスです。

WiMAX以外のモバイルWiFiのおすすめ理由やメリットが、4G LTE通信の安定性や対応エリアの広さです。

室内・屋内でやや繋がりにくい点がWiMAXのデメリット・注意点

4G LTE通信と違い、WiMAX通信が使用するのは2.5ギガヘルツの周波数帯域の電波。LTEが使用する周波数の電波と比較して、WiMAXが使用する周波数帯域の電波は直進的に進む傾向にあり、高い建物に通信が遮られやすい、自宅室内や屋内など建物内部に電波がやや入りくい特性がデメリットです。

また携帯電話やスマホで使用する4G LTE通信ネットワークは日本全国どこででも接続できるほど対応エリアが広いのと比較して、WiMAXの対応エリアは特に地方でまだ圏外エリアが多い状況。

このためLTE回線を利用する他モバイルWiFiと比較してやや繋がりにくく、これがWiMAXをおすすめしない理由の1つ目のデメリット。

固定回線と違い、工事不要はWiMAXのメリットだが電波の安定性は低い

無線通信のWiMAXの場合、ルーター端末があればインターネットに接続可能で、光回線など固定回線と比較して開通工事不要な点がメリット。ただし光回線など固定回線との比較でも、WiMAXの電波がやや繋がりにくい点がデメリットで、おすすめしない理由にもなります。
 
開通工事が必要な一方、光ファイバーケーブルを利用する有線通信は接続が途切れにくい安定性がメリットで、無線通信のWiMAXの場合は電波受信状況により接続が途切れたり、インターネットに接続しづらい場合もある点がデメリット。

このためWiMAXの圏外エリアでインターネットを利用予定の場合や、瞬断も避けたいネットゲームを利用する場合、WiMAXはおすすめの通信サービスでなく固定回線がおすすめ。

ギガ放題プランの場合でも3日間で10GBのデータ通信量制限に注意

WiMAXと他のポケットWiFiと比較した時のおすすめ理由の1つ、WiMAXのギガ放題プラン。月間通信容量の制限なし、かつ月額料金3,000円台で利用できるメリットの一方、直前3日間のデータ通信量には10GBまでの制限があります。相当なインターネット通信をしない限り超過しないデータ通信量ですが、完全無制限の固定回線サービスと比較した場合、WiMAXをおすすめしない理由の1つです。

繋がりやすさは異なるが、インターネット通信速度はほぼ同じ

繋がりやすさでは、携帯電話やスマホと同じLTE回線を使用するモバイルWiFiや光回線などの固定回線が良く、比較してWiMAXはやや対応エリアが狭く、繋がりにくい点がデメリットですが、通信速度はLTE通信や固定回線と比較してWiMAXはほぼ同等か高速です。

WiMAXルーター最新機種では下り最大速度867Mbpsの高速通信が可能

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

通信速度の理論値で比較すると多くの光回線が下り最大速度1Gbpsなのと比較し、WiMAXは下り最大速度867Mbps。現在はまだやや遅いもののWiMAXの通信速度は毎年100Mbpsペースで向上中で、通信速度は固定回線と比較して同等レベルです。
 
また2019年1月発売のWiMAXルーター最新機種W06は、USBケーブル接続時は下り最大速度が1.2Gbps(1,237Mbps)対応と対応速度が1Gbps超え。
 
一方、Y!mobile(ワイモバイル)などのモバイルWiFiサービスは一部ルーター機種で下り最大速度612Mbpsですが、多くのルーターが下り最大速度150Mbps対応。通信速度比較ではWiMAXが高速でメリットも大きいのです。

WiMAXルーター端末の速度は遅い?

ネット上の口コミや評判情報を確認すると「WiMAXは遅い」などの評価もありますが、上記の通りWiMAXルーター端末の速度は遅くありません。もちろんエリアにより接続の安定性や通信速度が違うため遅い場所や時間帯もありますが、それは他のモバイルWiFiも同じ。「WiMAXの速度が遅い」かどうかは利用場所次第でもあり、一概にWiMAXをおすすめしない理由にはなりません。

デメリットが無くなる?au・LTEを使うハイスピードプラスエリアモード

基地局の増加グラフ
WiMAX2+の基地局は急速に増加、3万基地を突破

WiMAXのサービスエリアは日々拡大、「繋がりにくいからおすすめしない」という理由は無くなりそうです。例えばWiMAXの基地局はここ数年間で大幅に増加、駅構内や大型ショッピングモールの建物内には屋内型基地局の設置も進み、対応エリアが急速拡大中で建物内もWiMAXに接続しやすくなっています。
 
またWiMAXサービスを運営するUQコミュニケーションズはKDDIグループ会社で、auのLTE回線を使う通信モード・ハイスピードプラスエリアモードをWiMAXルーター端末で利用可能。このハイスピードプラスエリアモードを使えば、WiMAXの圏外エリアでもauのLTE対応エリアではインターネット通信が可能です。

ハイスピードプラスエリアモードの利用に必要なLTEオプション(月額1,005円)がWiMAXの3年契約では無料。3年プランでは、WiMAXのデメリット・おすすめしない理由が1つ減りそうです。

ただし月間データ容量が7GB制限の点は注意すべきデメリット

auのLTE回線を利用できる便利な通信モード・ハイスピードプラスエリアモードですが、利用には対応したWiMAXルーター機種が必要で、また月間データ容量無制限のギガ放題プラン契約中でもハイスピードプラスエリアモードは月間7GB制限の点は注意すべきデメリットです。
 
月間データ容量7GBを超過すると下り最大速度128Kbpsの速度制限がかかる上、WiMAXの通常通信モード・ハイスピードモードも速度制限対象で、翌月までWiMAXのルーター端末を使用できません。このため常時ハイスピードプラスエリアモードでインターネットに接続する方法はおすすめしない方法です。

②2年や3年の契約期間と解約違約金はWiMAX契約時の注意点

WiMAXだけのデメリットでなく、他のモバイルWiFiの契約と同じ注意点ですが、安い利用料金で契約するには2年や3年などの契約期間の”縛り”が発生、これもおすすめしない理由になり得ます。

契約途中で生活が変わり、WiMAXなどのモバイルルーターが不要になっても一定の契約期間は月額料金を支払い続ける必要がある、または解約違約金・契約解除金を支払う必要がある点はデメリットで、契約時に把握しておきたい注意点。

ですが、契約期間の縛りのないモバイルWiFiの短期レンタルなどを長期利用する場合と比較すれば料金メリットは大きく、この契約期間のデメリットは受け入れざるを得ない状況です。

途中解約にはWiMAXに限らずデメリットが多く、注意が必要

WiMAXに限らず多くのモバイルWiFiサービスで、契約の途中解約には解約違約金・契約解除料などの解約料金がかかります。サービス内容や契約開始からの経過年数で金額は違いますが、せっかくお得な料金で契約しても途中解約は費用面のデメリットが大きいため注意が必要。
 
このため契約時には、解約違約金の金額の確認もおすすめ。また2年や3年の契約期間満了以降も、WiMAXなどポケットWiFiの契約更新月以外の解約では同様の解約違約金が発生する場合もあり、この点もデメリット・注意点として知っておきましょう。

契約開始直後の場合、違約金なしの解約方法も

一方、消費者のデメリットを軽減するため国の法律が改正され、2017年施行の改正電気通信事業法令では「初期契約解除制度」が定められました。この制度は契約開始8日目まで、利用者都合で通信サービス契約を破棄できるという内容です。
 
WiMAXサービスの契約事務手数料等は返金されませんが、解約違約金を支払う必要が無い点でデメリットが軽減されました。契約・利用開始直後に「電波が繋がりにくい・使い勝手が悪い」と気づく最悪の場合も最小限の費用負担ですぐ解約でき、契約期間の縛りは以前ほど大きなWiMAX契約のデメリットでありません。

③契約プロバイダによっても変わる、おすすめしない理由

3つ目のデメリットは、WiMAXサービスを提供するプロバイダ(MVNO)が多く、どこで契約・申し込みするのがおすすめか分かりづらい点や、契約するプロバイダの料金プランやキャンペーン内容次第でおすすめする・しないが大きく変わる点です。

Y!mobileなど他のモバイルWiFiと比較して、WiMAXは取り扱うプロバイダ(代理店)が20社以上と多く、選択肢が多い点はメリットですが、同じWiMAXの通信サービスでもおすすめしない契約プロバイダがある点は分かり難いデメリットです。

通信回線・ルーター・速度制限はどのプロバイダで契約しても同じ

プロバイダの数は多い一方、WiMAXの各プロバイダが使用する通信回線やルーター機種、速度制限ルールはすべて同じで、これらの点でおすすめする・しないの差はありません。どのプロバイダのWiMAX契約・申し込みも、インターネット接続は同じWiMAX2+の通信回線を使用、通信速度やエリア、使用するルーター端末にも違いはありません。

WiMAXプロバイダはすべてMVNOでメリット・デメリットの差は無し

MVNOとは自社の通信回線ではなく他社の通信回線を借りて通信サービスを提供する事業者で、格安SIMなどの事業者と同様。WiMAXの場合はUQコミュニケーションズの通信回線を使って多数のプロバイダがサービス提供しています。

同じ通信回線を使用するサービスである以上、どこで契約してもWiMAXのエリアや速度は同じでメリット・デメリットの差はありません。

少し分かりにくいかも知れませんが、WiMAX各プロバイダの違いは「月額料金プラン」と「キャッシュバックなどのキャンペーン内容」だけと理解すれば、シンプルに比較・検討できます。おすすめプロバイダか、おすすめしないプロバイダかの差も、月額料金とキャンペーン内容で決まります。

おすすめかどうかは料金プランとキャンペーン内容次第

WiMAXのプロバイダ比較で注意が必要なのが料金プランとキャンペーンで、この内容次第でおすすめプロバイダか、おすすめしないプロバイダかが変わります。同じ契約期間3年間で支払う費用総額が同じでも、月額料金が安いプロバイダや、キャッシュバックキャンペーンで安いプロバイダがあり、それぞれ契約メリットやデメリット・注意点が違います。

本家UQコミュニケーションズの「UQWiMAX」はおすすめしない

UQ WiMAXのロゴWiMAX全プロバイダの料金プランを自分で比較したり、毎月更新されるキャンペーン情報を把握するのは至難の業。だからと、本家であるUQコミュニケーションズの「UQ WiMAX」の契約はおすすめしません。理由は、他プロバイダと比較して料金が高い点がデメリットだから。当サイトのようなWiMAX比較サイトを活用、20社以上のプロバイダの最新料金・キャンペーン情報を確認することがメリット・デメリット把握の近道です。

【UQ WiMAXの料金が最安でない理由:MVNOとMNOの話】
WiMAXの場合、通信回線を保有するUQコミュニケーションズや「UQ WiMAX」がMNO(移動体通信事業者)で、他のプロバイダ(Broad WiMAXやGMOとくとくBBなど)はMVNO(仮想移動体通信事業者)。MNOであるUQ WiMAXは、WiMAX回線の利用者が増えるように多数のプロバイダに回線を開放、MVNOの参入を促しています。
 
そこでUQ WiMAXが最安料金を提供すると多くの人がUQ WiMAXで契約し、参入プロバイダ(MVNO)が増えません。多数のプロバイダに競争してもらうため、UQ WiMAXは最安料金を出せない構造です。このため、UQ WiMAXは料金面でおすすめしないプロバイダなのです。

WiMAXのキャッシュバックをおすすめしない理由や注意点

WiMAXの一部プロバイダが実施するキャッシュバックキャンペーンは特典金額が大きく魅力ですが、おすすめしない理由も。例えばキャッシュバック受け取り手続きが複雑、受け取り忘れのリスクがあるなど、確実に受け取れない点が注意点でデメリット。キャッシュバック特典金額だけでWiMAXプロバイダを選ぶと後で後悔する場合もあり注意が必要です。
 
数万円のキャッシュバックキャンペーン特典があれば安い料金でWiMAXを利用できますが、キャッシュバック特典受け取りに失敗すると、その分高いWiMAXの利用料金に。このリスクがキャッシュバックキャンペーンの利用をおすすめしない理由の1つで、キャッシュバックで料金が安いプロバイダの契約にはデメリットもあると理解しておくべきです。

例えば、GMOとくとくBBのキャッシュバック特典の受け取り方

GMOキャッシュバックキャンペーン

キャッシュバックキャンペーン特典金額の大きさが魅力のWiMAXプロバイダ・GMOとくとくBB。キャッシュバックが理由でGMOとくとくBBを選ぶ方もいますが、キャッシュバックの受け取りにくさはおすすめしない理由でもあります。
 
そもそもキャッシュバック特典の受け取りが契約開始約1年後と遅い上、指定期間内にキャッシュバック用の銀行口座を登録しないと受け取れず、連絡も自分が普段利用するメールアドレスに通知されないなどデメリットやおすすめしない理由が多数。金額の大きさで決めず、本当に受け取れるか?を十分確認した上でGMOとくとくBBのWiMAXを契約すべきです。

月額料金が安いBroad WiMAX(ブロードワイマックス)はデメリットが少ない?

GMOとくとくBBと比較して、高額なキャッシュバックキャンペーンが無く、毎月支払うWiMAXの月額利用料金が安いプロバイダがBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。毎月支払う料金が安いため、キャッシュバック受け取りの手間やリスク無く、確実にGMOとくとくBBと同等の安い料金でWiMAXを利用できます。
 
リスク無く安い料金で利用でき、おすすめしない理由が少ない上、当サイト経由のBroad WiMAX契約ではAmazonギフト券1万円分プレゼントの限定キャンペーンもあり、これは公式サイトにもない当サイトだけのおすすめのメリット。

このように同じWiMAXでも、契約プロバイダの料金プランやキャンペーン次第でWiMAX契約時の注意点やおすすめ理由が変わります

当サイトのおすすめプロバイダ・Broad WiMAXは契約時の注意点・デメリットが少なく、当サイト限定のキャンペーン・Amazonギフト券のプレゼント特典が契約後すぐに受け取れる点もメリット。この機会にぜひBroad WiMAX(ブロードワイマックス)のお得な料金プランやキャンペーン情報をご確認ください!

【Amazonギフト券1万円分プレゼント!】

2020年4月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年4月現在、当サイト・WiMAX比較ナビと提携する「WiMAX比較.com」、WiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。
当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年4月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!