【解説】WiMAXクレードルの必要性とメリット・電波改善効果

【解説】WiMAXクレードルの必要性とメリット・電波改善効果

WX05専用クレードル

これからWiMAXを新規契約したり、現在WiMAXのルーターを利用中の方の中には、クレードルを購入しようか、そもそも必要かどうか悩まれる方も多い様子。そもそも「クレードル」なんて聞き慣れない商品、どんな製品なのか?本当に購入すべきなのか?など、必要性や使い方、メリットが分かりにくいもの。
 
このページでは、そのような方のためにWiMAXのクレードルがどんな人に必要か、入手した場合の使い方やメリット、購入する場合の価格などを解説、どこで購入するのが一番おすすめか?電波受信は改善する?などの疑問に回答します。

クレードルが必要な人はWiMAX契約者の一部、不要な人が多い

先に結論から説明すると、クレードルを必要とする人はごく一部に限定されます。WiMAX契約者にとってクレードルは絶対に購入が必要な機器ではなく、不要な人が多い製品。
 
クレードルはACアダプタの代わりにWiMAXルーターの充電器としての利用も可能ですが、価格が数千円の充電器をWiMAXの新規契約時に慌てて購入する必要は無いですし、特別なニーズが無い限りクレードルを使う必要はありません

契約時や利用開始後にクレードルの追加購入をおすすめするケース

WiMAXの新規契約の際、あるいはWiMAXの利用開始後にクレードルが必要となる、追加購入をおすすめするのは、以下のようなケースです。

・自宅に光回線など固定インターネット回線の契約があるが、無線LANルーターがなくWiMAXを使って自宅をWi-Fiでインターネット接続できる環境に変えたい
・無線LAN、Wi-Fi接続できない古い機種のデスクトップ型パソコンや無線LAN非対応のノートPC端末があり、インターネット接続できず困っていたり、そのためだけに固定回線を契約中
・出張先のホテル等で「有線LANしか無いのか!」と残念な経験をしたことがある、など

モバイルルーターは基本Wi-Fi、LANケーブルを使って有線接続できない

WiMAXのモバイルルーター端末は、基本的にWi-FiやBluetoothでパソコンやスマホなどの機器と接続、インターネット通信が可能です。ただし、LANケーブルを挿し込むポートは無いため有線接続はできません。パソコンとWiMAXのルーターをLANケーブルで有線接続したい場合にはクレードルが必要です。

WiMAXの利用が主に自宅ならモバイルルーターよりホームルーター

HOME L01s
据え置き型のホームルーター端末「HOME L01s」

WiMAXの利用が自宅中心との理由でクレードルの追加購入を検討中であれば、WiMAXのルーター端末を持ち運び可能なモバイルルーターから据え置き型のホームルーター(HOME L01sなど)の利用・機種変更がおすすめ。

WiMAXのホームルーターはWiMAXのサービスエリア内かつACアダプタを繋げるコンセントのある場所で利用可能な据え置き型のルーター端末。モバイルルーターと同様、WiMAXの高速インターネットを利用できるほか、Wi-Fi接続以外にLANケーブルを使った有線接続にも対応しています。

自宅でのインターネット利用が主であれば、モバイルルーターとクレードルのセット購入よりも、最初からWiMAXのホームルーター端末を選ぶ方法もおすすめ。
 
先に結論に近いことを説明しましたが、ここからWiMAXのクレードルの使い方・利用方法を詳しく解説します。

そもそもWiMAXのクレードルとは何のために使う機器?

W05ルーター
専用クレードルに設置したW05ルーター

「クレードル」とはWiMAXのルーター端末専用のスタンド型の機器を指し、携帯電話の卓上充電スタンドに近い見た目の機器。基本的に自宅に設置しての利用を想定した小さな機器ですが、さまざまな便利な機能もあり、使い方によっては自宅のインターネット環境が格段に充実する場合もあります。

ちなみにクレードルの英語表記は「cradle」で、“赤ちゃん用の揺りかご、子供用のベッド”という意味。クレードルとは“WiMAXルーター用の小さなベッド”という意味合いです。

クレードルの一番の特徴は背面または側面にあるLANポート。ここにLANケーブルを挿し込むことで、WiMAXをさらに便利に使うことができるのです。“無線”で“どこでも持ち運べる”点が魅力のWiMAXですが、クレードルを購入するとまるで“有線LAN”でインターネット通信するようにWiMAXを利用できます。

ルーター端末とクレードルをセット購入するメリット

クレードルの使い方やメリットに、背面や側面にあるLANポートを使用して「WiMAXのルーター端末と他のIT機器を有線LANのようにケーブル接続できる」「既存の有線LANを無線LAN(Wi-Fi)化できる」の2つが挙げられます。
 
少し技術的な話ですが、「素晴らしい!」と必要性を感じられるWiMAX利用者の場合はクレードルの購入がおすすめですし、逆に「ん?何のこと?」となる場合は購入不要とも言えそう。
 
以下、クレードルが必要となる具体的なシーンやメリット・利点を紹介します。

クレードルのポートにケーブル接続、WiMAXで有線インターネット

WiMAXのモバイルルーターとパソコンやスマホ、タブレットなどのIT機器の接続はWi-FiやBluetoothなど無線接続が基本ですが、クレードルにWiMAXの端末を設置、クレードル本体のLANポートとパソコンのLANポートをLANケーブルで有線接続する方法でも、パソコンからWiMAXのルーター端末経由でインターネットに接続可能です。

無線LAN(Wi-Fi)非対応のパソコンでもインターネット接続可能

自宅に古い機種のデスクトップパソコンやノートパソコンがあり、それらが無線LAN(Wi-Fi)に非対応の場合、WiMAXのルーター端末経由でインターネットに接続できません。ところが、クレードルを使うと通信可能になるのです。
 
「無線LANに非対応のIT機器があるため自宅は固定回線を契約している」場合、WiMAXのクレードルを使う方法でこの問題を解消できます。固定回線の契約料金と比較して、価格数千円のクレードルの購入で問題を解決できれば、使うメリットは非常に大きいと言えます。

自宅のADSL・光などの固定回線の無線LAN・Wi-Fiルーターに

Wi-Fi自宅ではADSLや光回線などの固定回線を契約中で、それを利用してインターネット接続が可能な場合、固定回線で使用中のLANケーブルをクレードルに挿すだけで、WiMAXを無線LANルーターとして、つまりWi-Fiのアクセスポイントとして利用する方法・使い方も可能です。
 
手元のスマホやiPad等のタブレット端末とWiMAXルーターとの接続方法は通常の利用と変わりませんが、WiMAXをクレードルに設置し、そこに固定回線のLANケーブルを有線接続すれば、インターネット通信をWiMAX回線ではなく固定回線経由にもできるのです。

この方法で自宅の固定回線による高速かつ無制限のインターネットを無線Wi-Fiで利用できるほか、WiMAXの通信量が発生しないため通信量制限や速度制限の回避にも有効です。

クレードルを使用、出張先ホテルの有線LANも快適なWi-Fi環境に

またクレードルを使用して出張先のホテルの客室等でも簡単に自分だけの無線LAN・Wi-Fi接続によるインターネット環境を作り出すことが可能。ホテル客室のLANケーブルをWiMAXのクレードルに接続すれば、有線LANによるインターネット回線を無線Wi-Fi化できるのです。
 
ホテルに無線LANやWi-Fiの仕組みが無くても、ベッドに寝転がりながらスマホでインターネット通信したり、ノートPCで仕事をすることが可能になり、出張などが多い方にとってクレードルはおすすめのツールとなりそうです。

細かい利点~便利な「充電スタンド」としての使い方

クレードルがなくてもACアダプタを使ってWiMAXルーター端末の充電は可能ですが、クレードルがあると便利。WiMAXのルーター端末をクレードルに置くだけで充電されるので、ACアダプタを都度挿し込まなくてもルーターを充電しながら利用可能で、充電が切れた!なんてことも無くなりそう。
 
それ以外にもクレードルのような充電スタンドがあると見た目がすっきりし、「WiMAXのルーターが見当たらない!」なんてことが起こりにくくなる点も、細かいですが追加購入のメリットです。

WX03・04機種限定!補助アンテナで電波受信や通信速度が改善

WX05のクレードル
補助アンテナ付きのWX05専用クレードル

WiMAXルーター機種のうちWX05やWX04などNEC製の端末を利用中の場合、専用のクレードルを購入することで電波の受信状況や通信速度が改善される可能性も。これは、WX05やWX04機種に対応したクレードルには「Wウィングアンテナ」と呼ばれるWiMAX2+の補助アンテナが装備されており、ルーター端末をクレードルに設置して利用すると電波受信感度が向上するためです。

ルーターを立たせるだけで受信感度が向上、通信安定化の効果も

クレードルが無ければ、どうしても薄型のルーターを机の上などに平らに寝かせて置くことに。その場合、WiMAX電波の受信感度が下がり、電波が繋がりにくくなります。これと比較して、クレードルに設置すれば薄型ルーターを垂直に立たせることができ、360°全方位からWiMAXの電波を受信しやすくなります。

ルーターを立たせる使い方だけでも電波の感度改善を期待でき、その上WX05・WX04の場合は補助アンテナ効果でさらにWiMAXの通信速度が安定化する効果もある点がおすすめ。

それ以外にも、自宅の中で最もWiMAXの電波の入りやすい場所にクレードルを設置、そこにルーターを設置することを習慣付けることも電波受信・通信速度の改善に繋がる1つの方法。自宅でのWiMAX電波の受信で悩まれている方で、かつWX05やWX04のWiMAXルーターを利用中の場合はクレードルを追加購入がおすすめかもしれません。

まずはUQ WiMAXが提供する無料お試しサービス・Try WiMAXを活用、15日間無料でクレードルをレンタルして試してみる方法もおすすめです。

クレードルの有無による実測速度の違いや改善効果(WX04の場合)

WX04のクレードル
補助アンテナの付いたWX04専用クレードル

WiMAX比較ナビ編集部では、WiMAXのルーター端末・WX04を使用してクレードルの有無によりどの程度実測通信速度が変わるかも検証してみました。結果、クレードルにより実測通信速度がやや改善される効果があるものの、今回の環境では大きな違いが見られませんでした。

WiMAXの電波が比較的強いエリアでの速度測定結果

WiMAXのピンポイントエリア判定でも「◯」となる比較的電波の入りやすい場所で、クレードルの有無による通信速度の違いを測定しました。ルーター端末のパフォーマンス設定ごとに各5回ずつ測定した実測速度の平均は下記表の通りです。結果、クレードルによる通信速度改善効果はほとんどありませんでした。

パフォーマンス設定 クレードル有りでのWiMAX実測速度 クレードル無しでのWiMAX実測速度
ハイパフォーマンス 平均10.53Mbps 平均13.33Mbps
ノーマル 平均5.57Mbps 平均6.67Mbps
バッテリーセーブ(エコ) 平均6.33Mbps 平均5.6Mbps

WiMAXの電波が不安定、圏外に近い場所での速度測定結果

WiMAXのピンポイントエリア判定では「△」となる電波の不安定な場所でも同様の通信速度の違いを測定しました。この場合、そもそも通信速度が非常に遅いのですがややクレードルによる受信感度の向上、速度改善効果がありました。

パフォーマンス設定 クレードル有りでのWiMAX実測速度 クレードル無しでのWiMAX実測速度
ハイパフォーマンス 平均1.26Mbps 平均0.79Mbps
ノーマル 平均1.53Mbps 平均0.32Mbps
バッテリーセーブ(エコ) 平均0.76Mbps 平均0.73Mbps

ルーターの利用場所によってクレードル使用による効果に違いがありそうです。ただし、電波の受信環境が良い場合はクレードルがあっても大きく通信速度は向上しないようです。

最新機種・W05(ファーウェイ製)専用クレードルの性能は?

WX05やWX04のクレードルが優れているとは言え、現時点でおすすめのWiMAXルーターはファーウェイ(Huawei製)のモバイルルーター最新機種・W05。WX05やWX04が下り最大速度440Mbps対応なのと比較して、W05は下り最大速度758Mbps、上り最大速度112.5MbpsのWiMAX史上最速の機種である点が最大のおすすめ理由です。
 
このW05のクレードルですが、こちらも急いで購入する必要はありません

電波受信感度を向上させる補助アンテナが無い

W05のクレードルには、WX05やWX04のクレードルにはある「Wウィングアンテナ」と呼ばれる補助アンテナが無いため、室内などでWiMAX電波の受信感度を向上させる効果を期待できません。このため、W05の場合も必ず購入した方が良い製品では無いのです。

価格と購入方法~Amazonや楽天市場、家電量販店でも販売中

UQ WiMAXのロゴWiMAXの新規契約時、クレードルをセット購入するプランなどがあって同時購入すべきか悩まれる方も多い様子。実は新規契約時に慌てて購入しなくても後から個別に追加購入する方法が可能で、UQ WiMAXが運営するUQアクセサリーショップやアマゾン(Amazon)、楽天市場、一部の家電量販店などで販売中の製品をいつでも購入できます。
 
つまり、「クレードルを買う必要があるかどうか分からない」場合は決して慌てて購入する必要はありません!自分に必要か、自宅のインターネット環境で使うと便利かなど、十分考えた上で決める方法で問題ないのです。

クレードルは別売り(有料)で料金が無料のプロバイダは無い

新規契約時に無料でWiMAXのルーターを提供するプロバイダは多いのですが、クレードルは原則として別売りで有料での購入のみ。プロバイダから購入する際の料金は使用するWiMAXルーター機種により異なり2,500円~4,000円程度です。値段が安いもので良い訳ではなく、必ず自分が使用するWiMAXルーター機種に適したクレードルの購入が必要です。

クレードルの商品型番別価格一覧~UQアクセサリーショップの場合

主要ルーター機種とそれぞれの専用クレードル商品の型番、またUQ WiMAXが運営するUQアクセサリーショップでの販売価格(定価)の一覧は以下の通りです。

対応ルーター機種 クレードル商品型番 価格(税抜)
WX05 NAD35PUU 3,686円
W05 HWD36PUU 3,290円
WX04 NAD34PUU 3,686円
W04 HWD35PUU 3,150円
WX03 NAD33PUU 3,565円

ACアダプタが同梱されない点に注意が必要

上記の価格はあくまでクレードル本体のみの価格で、充電に必要なACアダプタが同梱されない点に注意が必要です。W05やWX05端末専用のクレードルを使用するには、別途USBコネクタ(Type C)に対応したACアダプタが必要ですが、ケータイやスマホ用の充電ケーブルが使える場合もあります。

GMOとくとくBBの場合、クレードルセットでキャッシュバック減額

人気WiMAXプロバイダの1つ、GMOとくとくBBは数万円のキャッシュバックキャンペーンがおすすめのプロバイダ。新規契約時にクレードルのセット購入が可能ですが、その分キャッシュバック特典金額が減額される点に注意が必要です。クレードル分の費用負担が無いためお得に感じますが、キャッシュバックが数千円減り、有料での購入と変わりません。

購入前にUQ WiMAXの「アクセサリーショップ」で価格を必ず確認

注意が必要なのが、Amazonなどで定価以上の価格でクレードルを販売しているケース。そのような悪い業者から購入しないよう、まずはWiMAX製品のオフィシャルサイト「UQアクセサリーショップ」で、定価や自分のルーター機種に合ったクレードルの商品型番を確認しましょう。その後にAmazonなどで検索、定価よりも安い価格で販売している製品があればそれを購入する方法がおすすめ。
 
 
以上、クレードルは必要?不要?との疑問にお答えするため、WiMAXのクレードルの使い方やメリットを解説しました。

“クレードルの追加購入をおすすめするケース”に合致する場合は、クレードルがあることで自宅もビジネス環境も便利になり、インターネット費用の節約に繋がる場合も。ただし、多くの人にとってクレードルは慌てて購入が必要な製品ではありません

多くのWiMAXプロバイダではルーター端末を無料提供しているため、クレードルが不要であればあとはWiMAXの料金プランが重要な比較ポイント。当サイトでは各WiMAXプロバイダの料金プラン最新情報やキャッシュバックなどのキャンペーン最新情報をお届けしています。ぜひ比較・検討で活用ください!

【プロバイダ20社以上の料金・キャンペーン比較】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら