Speed Wi-Fi 5G X01とは?~WiMAX初の5G対応ルーター

Speed Wi-Fi 5G X01とは?~WiMAX初の5G対応ルーター

WiMAXの5G対応ルーター徹底解説

2020年3月、WiMAX初の5G対応モバイルルーター端末・Speed Wi-Fi 5G X01がKDDI(au)から発売されました。国産シャープ製のルーター製品で、WiMAX 2+回線とauの5G・4G LTE通信回線に対応しています。

5G通信時は下り最大速度4.1Gbps対応の高速機種で、また端末に有線LANポートを内蔵、クレードル無しでもノートパソコンなどとLANケーブルで有線接続が可能など高機能なモバイルルーター端末です。

ただし2020年5月現在、WiMAX初の5G対応ルーター・Speed Wi-Fi 5G X01はKDDI(au)が法人向けのみに提供する機種で個人契約はできません。個人契約可能なWiMAXルーターのおすすめ機種は別記事「WiMAXルーターの全端末比較~おすすめ機種はどれ?」でご確認ください。

このページでは、WiMAX初の5G対応モバイルルーター端末・Speed Wi-Fi 5G X01の製品仕様書を読み込んだWiMAX比較ナビ編集部が、端末の仕様・スペックを他のルーター機種と比較しつつ徹底レビューします。また通信方式「5G」とWiFiの周波数を表す「5GHz」の違いも解説します。

WiMAXとau 5G回線対応のモバイルルーター端末!Speed Wi-Fi 5G X01

Speed Wi-Fi 5G X01
KDDI(au)の5G対応モバイルルーター
Speed Wi-Fi 5G X01

WiMAX 2+回線とau 5G回線に対応したモバイルルーター端末・Speed Wi-Fi 5G X01機種が、2020年3月にKDDIから発売されました。WiMAXと5Gに対応した初のモバイルルーター端末です。
 
以下、Speed Wi-Fi 5G X01機種の特徴やスペックを紹介します。

5G通信時、下り最大速度4.1Gbps・上り最大速度481Mbps対応の高速ルーター

WiMAX回線と5G回線に対応したモバイルルーター・Speed Wi-Fi 5G X01の最大のメリットが通信速度で、au 5G通信時の速度スペックは下り最大速度4.1Gbps・上り最大速度481Mbps対応。WiMAXのモバイルルーターの最速機種W06の下り最大速度1.2Gbpsと比較して3倍以上高速なルーターの点がSpeed Wi-Fi 5G X01の特徴です。

au 5Gサービス提供エリア以外での通信速度は下り最大1Gbps・上り最大112.5Mbps

とは言え、2020年5月時点でauの5Gサービス提供エリアは首都圏の一部エリア限定で、実際はWiMAX回線やau 4G LTE回線を使ってSpeed Wi-Fi 5G X01を利用する機会が多そうです。ただし、auの4G LTE通信でも下り最大速度1Gbps・上り最大速度112.5Mbps対応と、従来のWiMAXのモバイルルーター端末と比較して高速な端末です。

クレードルなしでLANケーブル接続も可能なシャープ製の製品

5G対応のモバイルルーター・Speed Wi-Fi 5G X01のもう1つの特徴は国産シャープ製の製品で2.5GBASE-Tの有線LANポートを内蔵、クレードルなしでもノートパソコンなどとLANケーブルで有線接続が可能な点。従来のWiMAXモバイルルーターの場合、LANケーブルでの有線接続には別売りのクレードルの購入が必要ですが、Speed Wi-Fi 5G X01の場合は不要で、有線接続により安定した高速通信を期待できます。

KDDI(au)が法人向けにのみ提供、WiMAXの個人契約で利用できない点に注意

WiMAX初の5G対応モバイルルーター・Speed Wi-Fi 5G X01

高速・高機能のSpeed Wi-Fi 5G X01ですが、KDDI(au)が法人向けにのみ提供する機種で、個人契約では利用できない点に注意が必要。WiMAX初の5G対応ルーターの利用にはKDDIとの法人契約が必要です。

UQ WiMAXやBroad WiMAX・GMOとくとくBBなどのプロバイダでは取り扱いなし

このためSpeed Wi-Fi 5G X01機種は、UQ WiMAXやBroad WiMAX・GMOとくとくBBなどのWiMAXプロバイダで取り扱いが無く、利用できない製品。WiMAXの個人契約の場合は、従来のモバイルルーター端末から利用機種を選びます

料金プランも特殊、WiMAXのギガ放題のように通信量無制限ではない

Speed Wi-Fi 5G X01は法人向けの提供のため、料金プランも特殊。KDDI提供の「ルーターフラットプラン40 (5G)」(月額料金6,980円)は月間データ容量40GB制限のプランで、WiMAXのギガ放題プランのような通信量無制限のプランでない点に注意が必要です。

5G・WiMAX 2+・4G LTEの合計月間通信量40GB以上で速度制限が発生

なお、この料金プランの場合は5G・WiMAX 2+・4G LTEの合計月間通信量が40GBを超えると通信速度が最大128kbpsに低下する速度制限がかかり、当月末まで制限が継続、翌月1日まで解除されない点も注意点。ただし、auのエクストラオプションに申し込みすると、月間データ容量超過後も2GBごとに2,500円の料金で利用を継続できます。

WiMAX初の5G対応ルーターですが、2020年5月現在は法人向けのみの提供で、利用料金が高く、使い勝手はあまり良くない印象。今後、個人向けの5G対応WiMAXルーターの発売が期待されます。

WiMAXのおすすめモバイルルーターとSpeed Wi-Fi 5G X01の仕様比較

5G対応のモバイルルーター・Speed Wi-Fi 5G X01は高速・高機能の端末ですが、従来のWiMAXのおすすめルーターと比較して、どの程度進化したのでしょうか?以下、WiMAXのおすすめモバイルルーター・WX06やW06機種と仕様を比較します。

WiMAXのX01・WX06・W06の機能・スペック一覧

2020年1月発売のNEC製WiMAXモバイルルーターWX06機種、2019年発売のファーウェイ製モバイルルーターW06機種と、5G対応ルーター・Speed Wi-Fi 5G X01の機能やスペックの比較は以下の一覧の通りです。

WiMAXルーター X01 WX06 W06
製品イメージ Speed Wi-Fi 5G X01 WiMAXモバイルルーターWX06 WiMAXモバイルルーターW06
販売開始 2020年3月 2020年1月 2019年1月
下り最大通信速度 4.1Gbps 440Mbps 867Mbps
※USBケーブル接続時は1.2Gbps(1,237Mbps)
上り最大通信速度 481Mbps 75Mbps 75Mbps
通信回線 au 5G / WiMAX 2+ / au 4G LTE WiMAX 2+ / au 4G LTE WiMAX 2+ / au 4G LTE
製造元 SHARP(シャープ) NECプラットフォームズ Huawei(ファーウェイ)
サイズ(横×奥行き×高さ) 157×84×16.0mm 111×62×13.3mm 128×64×11.9mm
重量 265g 127g 125g
連続通信時間 約7.5時間 約11.5時間 約9時間
連続待受時間(休止モード) 240時間 700時間 800時間
バッテリー容量 4,000mAh 3,200mAh 3,000mAh
同時Wi-Fi接続台数 16台 16台 10台

WX06・W06の速度は遅いものの、軽量で連続通信時間も長い

通信速度の比較では5Gに対応したSpeed Wi-Fi 5G X01が圧倒的に高速で、従来のWiMAXのおすすめルーター・WX06やW06は遅い一方、X01は端末のサイズが大きくて重く、また連続通信時間が短い点もデメリット。現時点では5G対応エリアが限定的なことを考えると、法人契約の場合でもWX06やW06がおすすめとも言えそうです。

2020年5月現在、いずれにせよWiMAXの個人契約ではWX06やW06機種がおすすめ機種。2機種の詳しい比較は別記事「WX06/W06徹底比較~おすすめルーターはどれ?」でご確認ください。

第5世代移動通信方式「5G」とWiFi周波数を表す「5GHz」の違い

以上、WiMAX初の5G対応モバイルルーターについて解説しましたが、中にはWiFiの周波数を表す「5GHz」と混同する方も。以下、第5世代移動通信方式である「5G」と、ルーター端末とスマホやパソコンを無線接続する際の周波数「5GHz」の違いについて紹介します。

第5世代移動通信方式「5G」は4G・LTEに続く、新たなインターネット回線

このページで紹介した5Gは第5世代移動通信方式と呼ばれる新たなデータ通信方式であり、インターネット回線の仕組み。第3世代である3G、第4世代である4G・LTEに続く、新たな通信規格です。5Gまでの通信方式の変遷をまとめると以下の表になります。

通信方式 サービス提供開始 特徴
1G 1979年 アナログ方式の通信規格
2G 1993年 デジタル方式の通信規格
3G 2001年 約14Mbpsの通信速度
4G 2013年 100Mbps以上の通信速度
5G 2020年 10Gbps以上の通信速度

WiFi電波の周波数2.4GHzと5GHzの違い~メリットとデメリット

一方、「5GHz」は主にWiMAXなどのルーター端末とスマホやパソコンの無線LAN接続時に使用されるWiFi電波の周波数を指します。無線WiFi接続では、2.4GHzと5GHzの2つの周波数の電波を使用しますが、周波数の違いにより下記のようなメリット・デメリットの違いがあります。

WiFi周波数 メリット デメリット
2.4GHz ・WiFiの電波が遠くまで届き、受信可能範囲が広い
・壁など障害物に遮られにくい
・接続可能な機器が多い
・他の電波と干渉して速度が遅い場合がある
・接続がやや不安定
5GHz ・2.4GHzの電波と比較して高速通信が可能
・WiFi専用電波のため他の家電の電波と干渉しない
・直進性が強く壁などに電波が遮られやすい
・非対応のIT機器も多い
2.4GHzと比較して5GHzの電波は高速通信が可能なことから、第5世代移動通信方式「5G」と混同する方もいますが、上記の通り5Gと5GHzは全く別の通信の話です。

WiMAXのルーター端末は5GHzの電波に対応、設定で変更可能

WiMAXの5G対応のモバイルルーターは少ない一方、すでに多くのWiMAXルーター端末が5GHzのWiFi電波に対応、設定メニューなどから周波数を変更できる場合や、自動で最適な周波数が設定される機能もあります。

WX06やHOME 02は2.4GHzと5GHzを同時利用、自動切り替え

WiMAXモバイルルーターWX06
WiMAXモバイルルーター最新機種WX06

WiMAXのモバイルルーターWX06機種や、ホームルーターHOME 02機種などは、周波数5GHzのWiFi電波にも対応した機器で、かつ2.4GHzと5GHzのどちらが最適・高速かを判断して自動切り替え可能なバンドステアリング機能を搭載しています。
 
初期設定ではWiFi周波数の設定が2.4GHzの場合もありますが、ルーターの設定メニューより5GHzへの切り替えや、自動切り替え機能を有効化できます。

W06などのモバイルルーター機種では周波数を設定変更可能

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応・W06機種

WiMAXのモバイルルーターW06機種の場合、自動切り替え機能はないものの、WiFi周波数を手動で設定変更可能です。初期設定では2.4GHzの設定のため、必要に応じて5GHzに変更します。

以上、WiMAX初の5G対応モバイルルーター端末・Speed Wi-Fi 5G X01の機能や速度の特徴や、他のルーター機種との仕様比較、また混同しがちな「5G」と「5GHz」の違いについて紹介しました。

高速・大容量通信が可能な5G通信に対応したWiMAXルーターは、まだ法人契約のみ利用可能なSpeed Wi-Fi 5G X01のみですが、今後新たな機種が発売される可能性もあります。最新情報はぜひ当サイト・WiMAX比較ナビでご確認ください!

【WiMAXの最新情報なら】

※本ページで紹介したSpeed Wi-Fi 5G X01の製品仕様の詳細は、メーカー(シャープ)公式サイトの情報を参照しています。

2020年5月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年5月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年5月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!