契約期間3年がWiMAXの主流に~お得な料金プランも盛り沢山!

契約期間3年がWiMAXの主流に~お得な料金プランも盛り沢山!

3年

以前は2年契約が主流のWiMAXですが、2019年は3年契約にシフト中。利用者にはいわゆる「3年縛り」となり、WiMAXの契約ハードルが上がったようにも見えます。
 
一方で2年プランに無かった、WiMAXの3年契約プランの場合だけのメリットも。このページでは2年利用との違いを比較、3年利用のメリットとデメリット、お得な料金プランやおすすめプロバイダの紹介など、WiMAXの3年契約や契約期間に関連する情報を紹介します。

3年契約はWiMAXやポケットWiFiの主流に

2017年にUQ WiMAXが3年契約の新料金プランを導入以降、WiMAXの主流は3年プラン。いわゆる3年縛り、比較的長期の36ヶ月契約プランです。これはWiMAXだけの傾向でなく、Y!mobileやYhaoo! Wi-Fiなど他ポケットWiFiサービスの場合も同様に3年の長期利用が主流
 
利用者からは、以前の2年契約と比較してWiMAXなどポケットWiFi利用のハードルが上がった気もしますが、WiMAXの場合は2年利用と比較して3年利用はメリットが多いのも事実。

さらにWiMAXの3年契約が主流の今、続々と各プロバイダが2年契約の受付を終了。また2年プランを提供する場合も制限や料金のデメリットがあり、比較して3年契約の方がお得にWiMAXを契約できます。

2019年9月現在、2年契約可能なWiMAXプロバイダとデメリット

2019年9月現在、ポケットWiFiの中でもWiMAXの場合は2年契約が可能なプロバイダがまだありますが、WiMAXの3年利用と比較して割引適用が少ないなどデメリットや制限が多く、WiMAXプロバイダは3年契約をおすすめしています。

WiMAXプロバイダ 2年契約のデメリット
UQ WiMAXのロゴ 2年プランの場合、UQ WiMAXへの新規申し込みが対象の最大13,000円キャッシュバックキャンペーンの適用対象外
GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーンの特典金額が、3年契約と比較して減額(例:ルーター機種「W05」でのWiMAX契約の場合、3年契約のキャシュバック適用金額が42,000円に対し、2年契約は32,500円)
→2018年11月、2年プランでの申し込み受付終了
BIGLOBE 2年プランの場合はルーター最新機種を選べず、旧型ルーターでの申し込みが必要と制限される(3年契約の場合のみ比較的新しいルーター「WX05/W06/L02」を選べる)
→2019年4月、2年プラン受付終了
so-net 3年契約の場合は、キャッシュバックキャンペーン・WiMAX月額料金の大幅割引キャンペーンの適用対象、2年契約は適用対象外
→2019年1月、2年プラン受付終了
nifty 2019年9月現在、ギガ放題プランのみ2年契約可能だが、3万円キャッシュバックキャンペーンは3年利用のみが適用対象

WiMAXの3年契約プラン申し込みのメリット・おすすめ理由

契約期間が3年間に長期化してデメリットが増える印象ですが、実際はWiMAXの3年契約プラン申し込みには2年プランに無かったお得なメリットも多数。以下、WiMAXの3年プランのおすすめ理由を紹介します。

WiMAXの3年契約でauの4G LTE通信回線を使うLTEオプションが無料

auロゴWiMAXではWiMAX2+通信回線を使う通常時の通信モード・ハイスピードモードに加え、auの4G LTE通信回線を使用してインターネット通信を行うハイスピードプラスエリアモードも利用可能(ハイスピードプラスエリアモード非対応のルーター機種に注意が必要)。
 
2年契約の場合、ハイスピードプラスエリアモード利用月のみ1,005円のLTEオプション料金が請求されますが、3年契約の場合は月間データ通信量7GB制限・ギガ放題プランのどちらもLTEオプションを3年間無料利用可能!2年プランと比較してWiMAXの3年プランは36,000円以上の料金割引と同じメリットがあります。

ハイスピードプラスエリアモードは下り最大速度867Mbps対応

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXのモバイルWiFiルーター最新機種W06

LTEオプション・ハイスピードエリアプラスモードを使うメリットの1つが、下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大速度75Mbpsの高速通信が可能な点。ハイスピードプラスエリアモード対応のWiMAXルーター最新端末・W06機種などの利用が必要ですが、光回線と比較して遜色のない通信速度でWiMAXのインターネット通信を利用できます。

WiMAXのモバイルWiFiルーターWX05機種もハイスピードプラスエリアモード対応ですが、下り最大速度440Mbps、上り最大速度75MbpsとW06と比較して速度が遅いため、当サイトのおすすめはW06端末です。

WiMAXの圏外エリアでもルーター端末を使用して通信可能に

WiMAX2+対応エリアは急速拡大中ですが、地方では接続しにくい地域も。WiMAX2+回線の対応エリアと比較してauの4G LTE対応エリアは広く、WiMAX2+が圏外でもauのLTE回線対応エリアではハイスピードエリアプラスモードを利用、WiMAXのルーター端末を使用してインターネット通信が可能。
 
またWiMAXの電波と比較して、携帯電話やスマホの通信でも使用する4G LTEの電波は屋内・建物内部にも入りやすいため、WiMAX電波の弱い屋内で利用する際、3年契約で無料のハイスピードエリアプラスモードが役立つ場合もあります。

一点注意が必要なのは、WiMAXのギガ放題プランを3年契約で利用中でもハイスピードエリアプラスモード通信は月間7GB上限の制約があり、超過すると速度制限がかかる点。WiMAX2+圏外エリアでの通信など、必要時のみの使用がおすすめ。

3年契約は、2年利用と比較してWiMAXの実質月額料金が安い

お金2年契約のデメリットで紹介の通り、2年利用の場合はキャッシュバックキャンペーンが適用対象外など、3年契約の方が安い月額利用料金でWiMAXを利用可能。WiMAXプロバイダが長期3年契約プランのお客さまを優遇するのは当然で、3年プランが主流の現在、WiMAXを長期利用予定の場合は安い料金で契約できる良い機会です。

2年・3年契約比較~UQ Flatツープラスギガ放題プランの実質月額料金

UQ WiMAXの場合、2年プランは最大13,000円のキャッシュバックキャンペーンの対象外で、UQ Flatツープラス ギガ放題プランの3年契約の申し込みが適用対象。それぞれギガ放題プランを2年契約の場合の2年間総額と実質月額料金と、3年契約の場合の3年総額と実質月額料金の比較は以下の通りで、WiMAXの利用料金が割安でおすすめなのは期間3年です。

WiMAXギガ放題プランの利用料金総額 実質月額料金
2年契約の場合 109,800円 4,575円
3年契約の場合 146,384円 4,066円

2年プランから3年プランへ、途中での契約変更手続きも可能

お得な3年契約プランですが、多くのプロバイダで現在WiMAXの2年プラン利用者を対象に、契約途中でも3年プランへの変更を受け付けています。現在2年プランでWiMAXサービスを利用中の方も、LTEオプション・ハイスピードプラスエリアモード無料など3年契約のメリットが簡単な手続きで手に入るのです。

契約期間・2年縛りと比較した場合のデメリットや注意点

メリットが増えたWiMAXの3年契約ですが、もちろん契約期間・2年縛りの場合と比較してデメリットや注意点も。特に2年プランでWiMAXを利用中の方は覚えておきたい注意点です。

36ヶ月間の自動更新、違約金なしで解約可能な機会が減少

従来のWiMAXの2年プランでは、契約期間24ヶ月間で25ヶ月目が解約金の発生しない契約更新月、その後契約が自動更新され新たな24ヶ月の契約期間に。これが3年プランの場合、契約期間36ヶ月で37ヶ月目が契約解除料のかからない更新月、その後さらに36ヶ月間の契約が自動更新されます。
 
違約金・契約解除料なしで解約できるタイミングが減少、37ヶ月目の解約タイミングを逃すとさらに契約期間が3年間自動延長されるため、2年縛りと比較して途中解約や更新に注意が必要です。

契約解除料の例(UQ WiMAXの場合)

例としてUQ WiMAXや他の多くのプロバイダが設定する契約解除料は以下の通りです。2年プランも3年プランも解約金の金額はほぼ同じですが、契約解除料なしの解約タイミングが制限され、最初の期間3年満了後も、WiMAXの途中解約に解約金がかかる点に注意が必要です。

2年プランの場合の解約金 1~13ヶ月目:19,000円
14~25ヶ月目:14,000円
26ヶ月目:無料
27ヶ月目以降:9,500円
3年プランの場合の解約金 1~13ヶ月目:19,000円
14~25ヶ月目:14,000円
26~37ヶ月目:9,500円
38ヶ月目:無料
39ヶ月目以降:9,500円

乗り換えキャンペーンを利用、解約金無しでWiMAXを続ける方法も

WiMAXプロバイダには解約違約金を負担する「乗り換えキャンペーン」を実施するところも。例えば、WiMAXの通信や速度には満足でもプロバイダに不満があったり、WiMAXの料金が値上がりして他プロバイダの料金プランに乗り換えたい場合、乗り換えキャンペーンを利用して解約金を負担せずにプロバイダを変更、料金を節約する方法もあります。

機種変更できない場合、古いルーター使用を続けることが必要

契約期間中、同じルーター機種を使い続ける方の中には、3年契約になり「3年も同じルーター端末を使い続けるの?」と考える方も。WiMAXのルーター端末は毎年新機種が発売され、機能や通信速度が向上。3年前のルーター端末は最新機種と比較して機能的に劣ります。
 
利用中のWiMAXプロバイダが機種変更に対応可能なら3年の間に最新機種へ変更できますが、そうでない場合、3年縛りはデメリット。

利用プロバイダがお得な機種変更サービスに対応しているか確認

利用中のプロバイダが機種変更に対応可能かを確認、対応していれば同じルーター端末を3年間使い続けなくて済みます。例えばUQ WiMAXの場合、3年プラン利用では契約開始から34ヶ月目以降はルーター最新機種に無料でお得に機種変更可能。また34ヶ月以内でも有料で新しいルーターに変更可能で、3年契約でもルーター端末は安心。また同様に、機種変更キャンペーンのあるGMOとくとくBBやBroad WiMAXもお得でおすすめです。

長期利用でお得な料金プラン!おすすめプロバイダ

最後に、主要WiMAXプロバイダの3年契約プラン利用料金を2019年9月時点の最新情報で比較します。月間データ通信量7GB制限プランと月間通信量制限なしのギガ放題プランで、契約期間3年間の負担総額と実質月額利用料金を料金が安い順に一覧比較、3年プランの最安プロバイダランキングです。

3年プランの場合のWiMAX総額費用および実質月額料金の比較

各プロバイダのWiMAX総額費用は、3年プラン契約で適用されるキャッシュバックキャンペーンや料金割引キャンペーンの適用も考慮した実質負担金額を計算・比較します。

auのLTE回線を使うハイスピードプラスエリアモードを無料で利用可能なLTEオプション込みの料金です。

月間データ通信量7GB制限(Flatツープラス)プランの場合

プロバイダにより「Flatツープラス(3年)プラン」や「ライトプラン」など名称が違いますが、月間データ通信量7GB制限プランの料金比較です。2019年9月現在、3年契約で最安のプロバイダはBroad WiMAXとGMOとくとくBBの2社で、いずれも月間7GB制限プランを3年総額約10万円で利用できます。

WiMAXプロバイダ 3年間総額料金の比較(月間7GB制限) 実質月額料金の比較
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
(当サイト限定!Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン)
101,062円 2,807円
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
104,433円 2,901円
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+
(キャッシュバックキャンペーン適用)
106,094円 2,947円
@nifty(ニフティ)WiMAX 2+
(キャッシュバックキャンペーン適用)
112,345円 3,121円
カシモワイマックス 114,922円 3,192円
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+
(月額料金割引キャンペーン適用)
125,114円 3,475円
UQ WiMAX
(キャッシュバックキャンペーン対象外)
143,626円 3,990円

ギガ放題プランの場合

月間データ通信量無制限・Flatツープラス ギガ放題プランの3年契約の場合の料金比較は以下の通りで、WiMAXのFlatツープラス ギガ放題も2019年9月現在の最安プロバイダはBroad WiMAXとGMOとくとくBBの2社です。

WiMAXプロバイダ 3年間総額料金の比較(ギガ放題) 実質月額料金の比較
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
(当サイト限定!Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン)
124,352円 3,361円
JP WiMAX(ジェーピー・ワイマックス)
※ルーター端末が一部機種のみ
124,200円 3,357円
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
126,669円 3,423円
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+
(キャッシュバックキャンペーン適用)
129,384円 3,497円
@nifty(ニフティ)WiMAX 2+
(キャッシュバックキャンペーン適用)
135,465円 3,661円
カシモワイマックス 137,122円 3,706円
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+
(月額料金割引キャンペーン適用)
148,730円 4,020円
UQ WiMAX
(キャッシュバックキャンペーン適用)
163,882円 4,429円

3年間の利用で最安料金はGMOとくとくBBとBroad WiMAX

月間7GB制限プランかギガ放題プランかにかかわらず、WiMAXの3年利用プランが最安料金なのはBroad WiMAXやGMOとくとくBB。2つのプロバイダの3年間実質負担総額を比較してWiMAXの金額差は大きくないですが、キャッシュバックキャンペーンで実質料金が安いGMOとくとくBBと毎月の月額料金が安いBroad WiMAXと内容は違います。
 
また2019年9月時点で月額料金の割引キャンペーンを実施中のSo-net WiMAX 2+も、毎月の支払い費用・3年間の総額費用ともに比較的安くておすすめです。

3年契約で最大4万円のキャッシュバック適用のGMOとくとくBB

GMOとくとくBBのの場合、3年間の実質利用料金がBroad WiMAXと比較して同程度に安いですが、これは最大4万円のキャッシュバックキャンペーンが適用されるからで、キャッシュバック特典金額の大きさがGMOとくとくBBの魅力です。
 
一方、キャッシュバック特典受け取りには指定期間があり、手続きミスや忘れて受け取りに失敗する場合に注意が必要です。比較してBroad WiMAXは毎月支払う料金そのものが安いため確実に最安料金で利用できる点がメリット。

Broad WiMAXなら割引価格、当サイト限定キャンペーンも

Amazonギフト券10,000円分プレゼント
当サイト限定!Broad WiMAXの3年契約が対象の
Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

Broad WiMAXのおすすめ理由は、月間7GB制限プラン・ギガ放題プランともに月額料金が業界最安級の割引価格で、安い料金で3年間、WiMAXを利用できる点が魅力。また当サイト経由のBroad WiMAX申し込みでは、2019年9月の限定特典・Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンを実施中。
 
キャッシュバックキャンペーンと違い複雑な受け取り手続きも無く、Broad WiMAX加入後、すぐにAmazonギフト券がキャッシュバックされます。確実にお得な料金でWiMAXを利用したい方におすすめプロバイダがBroad WiMAXです。

以上、WiMAXの3年契約のメリット・デメリットを解説しました。何となくデメリットが大きいと感じていた方に、少しでも3年契約プランのおすすめ理由やメリットが伝われば嬉しい限りです。

WiMAXの3年契約をお得にするには、料金やキャッシュバックなどのキャンペーン最新情報の十分な比較・検討が必要。当サイトでは主要プロバイダの最新料金・キャンペーンを常に調査し、情報を更新中です。当サイト限定キャンペーン情報も含め、ぜひ一度ご確認ください!

【3年契約での最安プロバイダ選び】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019年9月の当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!