【比較】ワイファイの定義~WiMAXとポケットWiFiの違い

【比較】ワイファイの定義~WiMAXとポケットWiFiの違い

Wi-Fi

自宅や外出先でのインターネット接続で必ず出てくるWiFi(ワイファイ)やWiMAX(ワイマックス)などの用語。2つを比較して、どちらも無線接続の点は共有ですがインターネット通信としては定義も仕組みも違います
 
自宅でも外出先でも快適にインターネットを利用したい場合、WiMAXと他のポケットWiFiを比較・検討したり、自宅の固定回線をWiFi化するか、WiMAXを契約するかを比較する方も多い様子。
 
このページでは、そもそもWiFiとWiMAXの定義や違いから、ポケットWiFiやモバイルワイファイなどさまざまな「WiFi」が付く通信サービスとWiMAXを比較、違いを徹底解説します。

WiFiは接続方式、WiMAXは通信方式を表す用語という違い

WiFi(ワイファイ)の定義とは「複数のIT機器の間をケーブルを挿す有線接続でなく、無線で相互通信(データのやりとりを)するための規格・方式」で、つまり無線通信機能を持つIT機器の製造の「決め事」です。
 
例えば、職場や自宅でLANケーブル無しでインターネット接続するための無線化に必要なのがWiFiという接続方式で、この方式で製造されたノートPCやプリンター、無線LANルーターやWiMAXルーターなどの機器は無線WiFiで接続・相互通信が可能です。
 
このようにWiFiはIT機器間の接続方式を表す一方、WiMAXは携帯電話やスマホの4G・LTE通信のようにインターネット通信を表す用語である点が違いです。

WiFi接続にはスマホや無線ルーターなど対応したIT機器が必要

最近はWiFi通信対応のスマートフォンや携帯電話、ノートパソコンなどのIT機器が増え、また自宅にWiFi接続可能なルーターを設置、家の中のどこからでもWiFi経由でインターネット接続できるようにする方も多い様子。
 
これはWiFi対応機器(スマホやノートPC)とインターネット通信の固定回線(光回線やケーブルテレビ会社の提供回線など)をルーターを介して接続することで実現できます。

WiFi以外の接続方法~LAN・USBケーブルやBluetooth

ちなみにパソコンやスマホとプリンター、インターネット回線の接続方法には、WiFi以外にLANケーブルやUSBケーブルを使った有線接続の方法もあります。有線接続による方法はWiFiなどの無線接続と比較して通信の安定化・高速化が主な違いですが、ケーブルの届く範囲でしか使えない点がデメリット。
 
またWiFiと同様の無線接続方法にBluetoothもありますが、Bluetoothは規格上通信速度が1Mbps前後とWiFiと比較して遅い点が違いでありデメリット。

WiMAXの定義はインターネット通信回線の一つの種類

WiMAX一方、WiMAXの定義はインターネット接続のための通信回線の一つの種類であり、特定周波数の電波を使用する通信方式。WiMAX契約時に提供されるWiMAX専用のルーター(小型の通信端末)は、利用場所の近くにあるWiMAX基地局の電波を受信、相互通信してインターネット接続を可能にします。
 
またスマホやノートPC、iPadなどのタブレットとWiMAXルーター間は通常、無線(WiFi)接続。「WiFiでインターネット通信している」と思えますが、実際はWiFiでルーターに接続しているだけでインターネット通信はWiMAX回線を使ってしています。

WiMAX以外のポケットWiFiは4G LTE回線を使う通信サービスの点が違い

WiMAXと比較して、同様にルーターを使用するインターネット通信サービス・ポケットWiFiは、WiFiという名が付くものの多くがスマホや携帯電話と同じ4G LTE回線を使う通信サービス。WiMAXと同様、タブレット端末やノートPCとルーター間はWiFi接続ですが、インターネット通信回線は4G LTEの点が違いです。
 
WiMAXの電波と比較して4G LTEの電波は高い建物などに遮られにくい、室内にも入りやすいなどの違いもあります。

WiFiとWiMAXは単純比較できない

技術的な話になりましたが、このように接続方式のWiFiと、通信回線の種類であるWiMAX(あるは4G LTE)は単純比較できません。例えば「WiMAXを契約する」と言うことはできますが、「WiFiを契約」と言うのは少し変なのです。

ただし「ポケットWiFi」や「モバイルワイファイ」などのサービス名称が浸透し、WiMAXもその1つであるため、「WiFiとWiMAXのどちらが良い?」との質問が多いのも実際のところ。

そこで以下では、WiFiと名が付く各種通信サービスとWiMAXの比較で、両者の違いを解説します。

①自宅ネット環境の無線WiFi化とワイマックスの比較

戸建てやマンションなどの自宅では、光ファイバーのインターネット固定回線を契約したり、ケーブルテレビ会社が提供するインターネット接続サービスを契約、かつ据え置き型の無線LANルーター製品を設置し、自宅に快適なWiFiネット環境を作り出すことが可能です。

特に家族が多い、安定かつ大容量のデータ通信が必要な場合は、自宅で固定回線を契約&無線LAN(WiFi)環境の準備がおすすめ

逆に1人暮らしや夫婦2人などの場合や引っ越しの多い方の場合、固定回線の契約・開通工事やWiFi環境準備の手間と比較して、WiMAX(ワイマックス)やポケットWiFiなどのルーター契約がお得。
 
一般に光回線の利用料金やプロバイダ費用が月額4,000円~6,000円と比較して、WiMAXは月額料金2,000円台でインターネット利用を開始でき、また引っ越ししても契約はそのまま継続できます。

固定回線・WiFiでのインターネット接続利用がおすすめの場合

以下のような場合、WiMAXと比較して固定回線でのインターネット接続・自宅WiFi環境の整備がおすすめです。

自宅に安定かつ高速のインターネット環境が必要

自宅でインターネットを利用して仕事をする方、オンラインゲームや高画質動画を長時間視聴をしたい方には固定回線がおすすめ。WiMAXと比較して光ファイバーケーブルなど有線回線の方が通信状態が安定するのがおすすめ理由です。

家族が多く、1人1台WiMAX・ポケットWiFiの端末契約は非経済的

WiMAXなど持ち歩きできるモバイルWiFiルーターの方が外出先でもネット利用できて便利ですが、大人数家族の場合は1人1台のポケットWiFi契約と比較して固定回線の方が経済的。ただしWiMAXには自宅利用向けの据え置き型ホームルーター端末も。WiMAXの圏内エリアで料金を安くしたい場合は固定回線と比較してWiMAXのホームルーターもおすすめです。

WiMAXの対応エリア外・圏外の場所に住んでいる場合

日本全国の主要都市で人口カバー率99%以上と広い対応エリアで十分に接続・利用しやすいWiMAXですが、地方や山間部などの場所ではWiMAXの電波が圏外の可能性も。その場合は、固定回線かWiMAX以外のポケットWiFiが必要です。

固定回線と比較してWiMAXを選ぶのがおすすめの場合

以下のような場合は、固定回線と比較して手軽に使えるWiMAXやポケットWiFi契約を選ぶのがおすすめです。

固定回線の契約や開通工事などの手続き・立ち会いが面倒

引っ越し直後など、新居で早く手間をかけずにインターネットを開通させたい場合、固定回線と違い開通工事が不要で最短申し込み当日にWiFiルーター端末を入手できるWiMAXがおすすめです。

インターネット利用費用をできるだけ安く、節約したい

固定回線と比較して全般的に月額利用料金が安いのはWiMAXやポケットWiFi。月間通信量無制限・ギガ放題プランの月額料金が3,000円台と、できるだけインターネット費用を安く、節約したい方におすすめの理由がWiMAXの料金です。

いつでもどこでも高速・大容量のインターネットを使いたい

外出先でもインターネットをよく利用する場合、おすすめはWiMAX。特にノートPCやiPadなど複数の機器・製品があり、外出先でも高速・大容量のインターネットを使いたい場合、格段にネット接続がしやすくなるためおすすめです。

引っ越しが多い場合、WiMAXのホームルーター製品もおすすめ

一方、引っ越しが多い場合やネット利用が主に自宅のみの場合も、固定回線と比較してWiMAXがおすすめ。理由は、WiMAXでは据え置き型のホームルーター製品も利用できるからです。
 
WiMAXのホームルーターが1台あれば自宅でWiFiインターネットが可能な上、最新製品を利用すれば通信速度も下り最大1Gbpsと固定回線と同レベル。特に引っ越しが多い場合、工事不要で自宅にWiFiネット環境を準備できるWiMAXのホームルーター検討がおすすめです。

【まとめ】
都市圏での1人暮らしなど、外出先でも(ノートPCやiPad等のタブレットでも)インターネットを利用かつ通信費用を節約したい場合、「固定回線契約&WiFiインターネット」と比較して、自宅でも外出先でも利用できるWiMAXやポケットWiFiがおすすめ。

②公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)とは?

WiFiを利用したインターネット接続でもう1つ検討できるのは、公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)の利用。公衆無線LANとは飲食店やコンビニ、駅や空港で利用可能な無線Wi-Fiサービスのこと。
 
都市エリアを中心に急速に普及中で、無料サービスもあれば月額料金数百円で利用可能な有料サービスも。この公衆無線LANのWi-Fiを利用すれば、WiMAXが無くても大丈夫?とも考えられそうです。

利用可能なWi-Fiスポットがまだ限定的な点はデメリット

急速拡大中とは言え、公衆無線LANを利用可能なWi-Fiスポットはまだ限定的な点はデメリット。電波が受信できるエリアではどこでもネット利用可能なWiMAXと比較して使えるエリアは限られます。
 
また公衆無線LANは不特定多数のユーザが使用するため、ネットワークの混雑次第で通信速度が遅い場合も。比較してWiMAXは自分専用ルーターを使った接続のため安定して快適に利用できる点がメリットで、セキュリティ面の比較でも多数のユーザが使用するWi-FiスポットよりWiMAXは安心です。

WiMAXやポケットWiFiと併用する方法が効果的

WiMAXと比較して公衆無線LANを利用したWiFi接続のおすすめポイントは、無料または安くインターネット利用が可能な点。例えば、月間データ通信量に制限のあるWiMAXの料金プランや他のポケットWiFiを利用中の場合、公衆無線LANの併用は費用の節約方法になる可能性も。
 
無料Wi-Fiスポットがある場所ではそれを利用、公衆無線LANが使えない場所では手元のWiMAXやポケットWiFiを活用すれば、接続を変更する手間はあるものの自分のWiMAXやポケットWiFiの通信量を最低限にし、料金を節約できます。

【まとめ】
公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)で、いつでもどこでもインターネット接続可能にするのは困難。むしろ、Wi-Fiスポットを併用する活用方法が通信量節約に効果的

③ポケット・モバイルWiFiとWiMAX(ワイマックス)の比較

自宅でも外でも利用できるインターネット接続サービスであるポケットWiFiやWiMAX(ワイマックス)。モバイルWiFiルーターを持ち歩けば、どこでもインターネット接続可能になるサービスです。
 
ただしポケットWiFiには使用する回線の違いによりドコモ(docomo)系サービスやソフトバンク(softbank)系サービスがあり、WiMAXにはUQ WiMAXなど20社以上のプロバイダも。違いを理解するための比較・検討が必要です。
 
以下、主要なポケットWiFiサービスを紹介、WiMAXとの比較や違いを解説します。

ポケットWiFiはY!mobile(ワイモバイル・旧Emobile)の登録商標

まず厳密には、ポケットWiFiはY!mobile(ワイモバイル)の登録商標・商品名で、Y!mobileが提供するサービスの名称。Y!mobileとは2014年に誕生したサービスブランドで、イーモバイル(Emobile)・ウィルコム(WILLCOM)というモバイルWiFi企業をソフトバンクが吸収合併して生まれたサービス。
 
つまりWiMAXやドコモ、ソフトバンクが提供するモバイルWiFiルーターはポケットWiFiではありません。ただ、Y!mobileが提供するポケットWiFiの認知が広がり、一般的に同様のサービス全体が「ポケットWiFi」と呼ばれています。

このため当サイトも、モバイルWiFiルーターを使うサービスの総称として「ポケットWiFi」という単語を使っています。

WiMAX以外の主なポケットWiFiの一覧

以下、WiMAX以外の代表的なポケットWiFiサービスを紹介します。大手携帯電話会社の中でauの場合は公式モバイルWiFiサービスがWiMAXのため、ここではドコモ系およびソフトバンク系のサービスに分けて比較します。

ドコモ(docomo)系のポケットWiFiサービス比較

ドコモ回線を利用するポケットWiFiサービスには、ドコモ公式のモバイルWiFiのほか、同じドコモ回線を安い料金で使えるスマモバ・Cmobile(シーモバイル)などがあります。各サービスの比較は以下の通りです。

商品・サービス名称 特徴 主なルーター機種 通信速度 月額料金
ドコモ:ギガライト&ギガホプラン docomoの4G LTE回線を使用
2019年6月からの新料金プランでやや安くなったものの、データ通信費用が高い点が他サービスとの大きな違い
Wi-Fi STATION SH-05L 受信時最大速度988Mbps ギガライトプラン(月間1GB~):2,980円~
ギガホプラン(月間30GB):6,980円
スマモバ(Smart Mobile Phone) docomoのLTE回線とFOMAエリアに対応
月間データ通信量無制限だが3日間で3GBの制限があり、通信速度も遅い
富士ソフトFS030W 受信時最大速度225Mbps 3日間3GB:3,980円
Cmobile(シーモバイル) docomoのLTE回線(Xi回線)対応
月間データ通信量無制限プランでも3日間2GB制限で月間通信量は実質20GB上限
富士ソフトFS030W 下り最大速度150Mbps Cmobileプラス Xi 使い放題プラン(3日間2GB):3,600円

ソフトバンク(Softbank)系のポケットWiFiサービス比較

ソフトバンク回線を利用するポケットWiFiサービスには、ソフトバンク本体のモバイルWiFiとY!mobile(ワイモバイル)、Yahoo! Wi-Fiがあります。

商品・サービス名称 特徴 主なルーター機種 通信速度 月額料金
ソフトバンク:4G LTEデータし放題フラット SoftBank 4G LTEに対応
月間データ量7GBまで、速度制限の解除には1GBあたり1,000円が必要
Pocket WiFi 601HW 下り最大速度612Mbps 月間7GB:3,991円
Y!mobile(ワイ・モバイル) SoftBank 4G LTEエリアに対応
通信速度が遅い、速度制限の解除には500MBあたり500円が必要
Pocket WiFi 601ZT 下り最大速度112.5Mbps 月間5GB:2,480円
Yahoo Wi-Fi SoftBank 4G LTEエリアに対応
別途、Yahoo!プレミアム会員の加入が必要(キャンペーン利用の場合)
通信速度が遅い、速度制限の解除には500MBあたり500円が必要
Pocket WiFi 506HW 下り最大速度112.5Mbps 月間5GB:2,480円

Y!mobileやYahoo Wi-Fiは安い月額料金で使えると人気

ポケットWiFiサービスの中でもソフトバンク4G LTE回線を利用する通信サービス、Y!mobileやYahoo Wi-Fiの安い月額料金は人気のポイント。月額2,000円台でポケットWiFiを使えるため、安い料金でモバイルWiFiルーターを利用したい場合のおすすめサービスです。
 
比較するとドコモのモバイルWiFiサービスは非常に高額で、ソフトバンクの提供するサービスもY!mobileやYahoo Wi-Fiと比較して高い月額料金です。

ただし月間データ通信量5GB~7GB制限と容量の少ないプラン

Y!mobileやYahoo Wi-Fiの標準プランは月間データ通信量5GBまたは7GB制限で、超過すると通信速度が128kbpsに低下、厳しい速度制限がかかります。
 
WiFiルーターを使って動画を観たり、パソコンと接続して使う場合、月間5GB制限のデータ通信量を簡単に超過する可能性もあり、通信量の多い方には不向きなポケットWiFiです。

WiMAXの魅力は月額3,000円台かつ通信量無制限のギガ放題プラン

WiMAXにも月間通信量7GB制限のプランがあり、Y!mobileやYahoo Wi-Fiと同様、月額料金2,000円台で利用可能。ただし、他のポケットWiFiと比較してWiMAXの最大の魅力で、おすすめ理由は月間通信量無制限のギガ放題プランを月額料金3,000円台で利用できる点。
 
Y!mobileやYahoo Wi-Fiにも月間通信量無制限の料金プランがありますが、実際には無制限で通信できるエリアが限定され、通常モードの通信は月間7GB制限と、WiMAXのギガ放題プランと比較して制約が多いサービスです。

auユーザーの場合、スマートバリューmineで最大月額1,000円の料金割引

auのケータイやスマホを利用中のauユーザの場合、WiMAX契約と同時にauスマートバリューmineという割引プランを申請可能。利用中のケータイ・スマホから最大月額1,000円が利用料金より割引され、auユーザはWiMAXのギガ放題を実質月額2,000円台で利用できるのです。

ネットの通信量が多い場合、インターネット使い放題でかつ月額費用の安いポケットWiFiがWiMAXのギガ放題プラン以外に無いのも、WiMAXがおすすめされる理由の1つです。

都市エリアでの電波の繋がりやすさに大きな違いは無い

WiMAXの対応エリアは急速拡大中で、主要都市エリアを中心に99%の人口カバー率。ドコモやソフトバンクの4G・LTEネットワークと比較すると地方や山間部で電波の繋がりにくいエリアがあるものの、都市部の対応エリアの比較ではほぼ同程度で大きな違いはありません。

Softbankの4G LTE対応エリアマップ

ソフトバンク系ポケットWiFiの対応エリアマップ
マップの赤色のエリアは標準モード(ソフトバンクの4G LTE)対応、青色のエリアはアドバンスモード(無制限)対応

ソフトバンク(Softbank)系のポケットWiFiが利用する4G LTE対応エリアは、首都圏はほぼ全域が対応エリア。一方、通信量無制限となるアドバンスオプション対応エリア(青色)は限定的です。

ポケットWiFi・Y!mobileのアドバンスオプションに注意

ポケットWiFi・Y!mobileで月間通信量が無制限となるアドバンスオプションを追加すると、アドバンスモードの電波を受信できるエリアで無制限のネット利用が可能ですが、上記の通り対応エリアが狭い点が注意点。
 
またアドバンスオプションを追加すると月額料金は4,000円台とWiMAXのギガ放題プランと比較して高いポケットWiFi利用料金になる点にも注意が必要です。

WiMAXのサービスエリアマップ

関東地方のサービスエリアマップ
東京都内を含む、関東地方のWiMAX2+サービスエリアマップ。ピンク色のエリアが下り最大440Mbps対応エリア。

WiMAXもソフトバンクの4G LTEと同様、首都圏はほぼ全域が対応エリア。WiMAXのギガ放題プランを契約すれば対応エリア内でインターネット通信を月間通信量無制限で利用可能です。

WiMAXではauの4G LTE回線・ハイスピードプラスエリアモードを利用可能

一方、地方エリアではWiMAXの電波が繋がりにくく、比較して他のポケットWiFiが繋がりやすいとの評判もあります。ただし、auの4G LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードを使える点がWiMAXのメリット。
 
ルーター端末の通信モードの設定をハイスピードプラスエリアモードに変更すると、WiMAX2+回線と同時にauの4G LTE回線も使ってインターネット通信するため、WiMAXの電波が圏外でもauの4G LTE対応エリアでは通信が可能です。

ハイスピードプラスエリアモードを利用すれば、ドコモ・ソフトバンク系のポケットWiFiと同様、WiMAXを広いエリアで快適に利用できます

通信速度比較ではWiMAX以外のポケットWiFiの方が遅い

WiMAXの通信速度は最新機種を使えば下り最大867Mbpsと高速。ソフトバンク系のポケットWiFiは下り(ダウンロード)通信速度がアドバンスモード利用時で最大612Mbpsですが比較してやや遅い点がデメリット。ただし、どちらも年々通信速度が向上、固定回線(光回線など)と比較しても遜色ない速度で高速インターネット接続が可能なサービスです。

2019年発売のWiMAXルーター最新機種は下り最大速度867Mbps対応

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

WiMAXのモバイルWiFiルーター最新機種で2019年1月発売のW06は下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大速度75Mbps対応のおすすめ機種。WiMAXの新規契約では、多くのプロバイダでこのモバイルWiFi端末を無料提供中です。

UQ WiMAXなど一部WiMAXプロバイダではルーター端末の購入が必要

UQ WiMAXのロゴ
WiMAXプロバイダの「本家」
UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

人気のポケットWiFi・WiMAXは家電量販店やインターネットサービスプロバイダなど20社以上のプロバイダで契約できますが、その本家がUQコミュニケーションズが運営するUQ WiMAX。認知度も高く人気ですが、UQ WiMAXや家電量販店でのプロバイダ契約は新規契約時にルーター端末の有料購入が必要で、WiMAXの月額利用料金も高い点に注意が必要です。

WiMAXの契約はUQコミュニケーションズ以外のMVNOがおすすめ

WiMAXはどのプロバイダ契約でも同じWiMAX回線を利用するポケットWiFiサービス。UQコミュニケーションズが回線を貸し、各プロバイダはそれを利用して通信サービスを提供するMVNO(自社で通信設備を持たない通信事業者)です。
 
通信速度や対応エリアはどのプロバイダでも同じですが、WiMAXの利用料金プランやキャッシュバックなどキャンペーン内容に違いがあり、料金の安いプロバイダの契約がおすすめです。

【まとめ】
対応エリアの広さや繋がりやすさ、通信速度の比較でポケットWiFiとWiMAXで大きな違いは無く、比較ポイントは月間通信量と料金。その点で他のポケットWiFiよりおすすめがWiMAXのギガ放題プランで、特にauユーザーはWiMAXで決まり!

ポケットWiFiからWiMAXへの乗り換えならBroad WiMAXがおすすめ

broadWiMAX乗り換えキャンペーン

WiMAXの契約では各プロバイダの料金・キャンペーン比較が重要ですが、中でも最安級の料金で利用できるのが当サイトおすすめのBroad WiMAX(ブロードワイマックス)
 
新規契約でもおすすめですが、注目はY!mobileやSoftbank AirなどのポケットWiFi契約者のBroad WiMAXへの乗り換え。Broad WiMAXは他社ポケットWiFiの解約違約金を負担する乗り換えキャンペーンを実施中で、Y!mobileやSoftbank Airの途中解約でBroad WiMAXに乗り換えると、解約違約金のうち最大19,000円がキャッシュバック対象に。

他社ポケットWiFiを利用中でWiMAXに乗り換える場合、プロバイダを比較すると、乗り換えキャンペーンのあるBroad WiMAXがお得でおすすめ!

またBroad WiMAXには乗り換えキャンペーン以外にもメリットが多数あります。

割引価格の安い月額料金!Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

WiMAXプロバイダの中で比較してBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめの理由の1つが割引価格の安い月額料金。月間通信量無制限・ギガ放題プランが月額利用料金3,411円~とUQ WiMAXやGMOとくとくBBなど他のプロバイダと比較して約1,000円安い月額料金でポケットWiFi・WiMAXを利用できます。

モバイルWiFiルーター最新機種W06などの無料提供キャンペーン

Broad WiMAXでは新規契約・申し込み時にルーター端末を無料提供するキャンペーンも実施中。下り最大速度867Mbps対応のモバイルWiFiルーター最新機種W06も新規契約時の無料提供対象で、据え置き型のホームルーターも無料。最短申し込み当日にルーター端末の受け取りが可能な点もおすすめです。
 
UQ WiMAXなど一部プロバイダの場合、新規契約・申し込み時に価格約2万円で端末購入が必要で、比較してBroad WiMAXの実質費用が安い点も特徴です。

キャッシュバックで実質価格が最安のGMOとくとくBBと比較しても安い

ポケットWiFi・WiMAXの契約では、特典金額最大4万円のキャッシュバックキャンペーンがあるGMOとくとくBBがおすすめされることも多いのですが、理由はキャッシュバック特典も含めた実質価格が他のプロバイダと比較して最安級だから。
 
一方、GMOとくとくBBのキャッシュバック特典の受け取り手続きは複雑で、受け取りに失敗するユーザーも多いのが実際のところ。このため当サイトではキャッシュバックキャンペーンなしでも確実に安い料金で利用できるBroad WiMAXをおすすめしています!

当サイト経由の新規契約・乗り換え申し込みでAmazonギフト券プレゼント

Amazonギフト券10,000円分プレゼント
当サイト限定Amazonギフト券キャンペーン

当サイト経由でのBroad WiMAXへの契約・申し込みのメリットが、当サイトが期間限定で実施中のAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーン。新規契約も他社ポケットWiFiからの乗り換えもキャンペーン対象で、WiMAXの月額利用料金が安い上、当サイトからAmazonギフト券までプレゼントされます!

以上、「WiFi」の名が付くサービスとWiMAXを比較しました。どのサービスも一度契約すると数年利用を続ける必要があり、慎重に比較・検討したいところ。ただ、大容量(無制限)の高速インターネットを利用したい場合、他のポケットWiFiよりもWiMAX、中でもおすすめはBroad WiMAX(ブロードワイマックス)が結論。

当サイトではさらに詳しくWiMAXとポケットWiFiなど他のインターネット接続サービスと比較しています。他のコンテンツもぜひご覧ください!

【WiMAXとポケットWiFiの比較の関連記事】

2019年12月・当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 現在、当サイト・WiMAX比較ナビと提携する「WiMAX比較.com」、WiMAX公式プロバイダ「Broad WiMAX」が共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンをお見逃しなく!
2019年12月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!