徹底レビュー!最新機種W05のスペック・評判とWX04との比較

徹底レビュー!最新機種W05のスペック・評判とWX04との比較

W05ルーター

2018年1月、WiMAXルーターの最新機種『Speed Wi-Fi NEXT W05』が販売開始!
 
1つ前のルーター機種・WX04が発売された2017年11月からわずか3ヶ月ですが、新機種の販売開始を待っていたWiMAXユーザーのみなさんも多かった様子。WiMAXの本家UQ WiMAXだけでなく、多くのWiMAXプロバイダが最新機種W05の提供を開始しています。
 
当サイト・WiMAX比較ナビもW05の通信速度やスペックを紹介すべく、1つ前のルーター・WX04と比較、W05は何が進化し、どこが違いか?WX04と比較してどっちがおすすめか?など、最新の評判や口コミ情報も含め徹底レビューします。
 
またWiMAXプロバイダの中にはルーター最新機種W05の端末代金が無料となる、お得なキャンペーンも。WiMAXの契約を検討中であれば、ぜひこの機会にお得なプロバイダを見つけてください!

【2019年1月最新情報】
W05、WX04の2つのWiMAXモバイルルーター端末にはすでに後継機種があり、それぞれ最新機種は2019年1月発売のW06と2018年11月発売のWX05。2019年1月以降はW06とWX05のどっちを選ぶかの比較が重要。当サイト・WiMAX比較ナビのおすすめはW05の後継端末・Huawei製のW06ですが、理由は「W06・WX05・W05徹底比較~どれがおすすめWiMAXルーター?」でご確認ください。

WiMAXのルーター最新機種・W05とWX04の比較や違い

W05のイメージ
2018年1月販売開始!WiMAXルーター端末W05

2018年1月、最新ルーター『W05』販売開始。
WiMAXのルーター最新機種W05が注目されています。1世代前のルーター『Speed Wi-Fi NEXT WX04』の発売が2017年11月。そこからわずか3ヶ月の期間ですがWX04と比較して、従来の機能をすべて引き継ぎつつ、大きく進化しているのがWiMAXの最新機種W05の魅力。このページではWX04とW05の2つの端末を比較、大きな違いがない点とW05で大きく進化した点をあわせて紹介します。

W05とWX04を比較して大きな違い・変化がない機能

W05が進化したとは言え、従来のW04やWX04などのWiMAXルーターで可能だった機能が無くなっていたら使い勝手は落ちますよね。W05とWX04を比較して、まずは大きな違いがない、変わらず利用可能な機能から紹介します。

W05機種 WiMAXルーター端末 WX04機種
W05 製品イメージ WX04
× WiMAX(ノーリミットモード) ×
WiMAX2+(ハイスピードモード)
au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)
130 サイズ:横幅(mm) 111
55 サイズ:高さ(mm) 62
12.6 サイズ:厚み(mm) 13.3
131g 重さ 128g
ブラック×ライム・ホワイト×シルバー アクアブルー・クリアホワイト

WX04・W05ともにauのLTE回線・ハイスピードプラスエリアモード対応

W05とWX04の比較でまず重要なのが、どちらの端末もauの4G LTE回線を利用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモード対応の点。WiMAXの電波が弱かったり、WiMAXが圏外となる対応エリア外でも、auのLTEネットワークのエリア内ではW05もWX04もモバイルルーター端末の通信モードをハイスピードプラスエリアモードに変更してインターネット接続できます。
※契約内容により、ハイスピードプラスエリアモードの利用にはオプション料金が発生する場合もあります。
 
なお、どっちの機種も古いWiMAX回線(下り最速13.3Mbpsの低速回線)を利用するノーリミットモードには非対応の点も違いはありません。

どちらも軽量で持ち運びしやすいサイズ・重量のWiFiルーター

WiMAX・WX04
W05より1世代前のWiMAXルーター端末WX04

W05・WX04ともに重さの比較では約130グラムと大きな違いはなく、どちらも持ち運びしやすい軽さのモバイルWiFiルーターで、カバンなどにも入れやすいサイズ。形状はWX04と比較してW05は横長で、持ち上げた時に手にフィットしやすくなった印象です。いずれにせよ、機能が増えたW05は重いということはありません。

カラーバリエーションは変化、W05はスタイリッシュなデザインに

WX04と比較して横長で細身のデザインに加え、色味はWX04が白と青の2色だったのと比較して、W05は白と黒×ライムグリーンの2種に。特に黒×ライムグリーンは、スポーティでスリムな印象のある配色。持っていると周りから注目されそうなデザインはW05の1つの特徴です!

WX04と比較してW05の機能・スペックが向上した点

1つ前のモバイルルーター機種・WX04の販売からわずか3ヶ月にもかかわらず、WiMAXの最新機種W05にはWX04には無い優れた機能が多数。最も重要な通信速度も含めて特に注目すべき3つの機能・スペックを、WX04と比較してW05で大きく進化・向上した点として紹介します。

W05 WX04
W05 製品イメージ WX04
最大758Mbps 下り通信速度 最大440Mbps
最大112.5Mbps 上り通信速度 最大30~50Mbps
約130分 充電時間 約160分
2018年1月 販売開始時期 2017年11月
HUAWEI(ファーウェイ) 製造元・メーカー NECプラットフォームズ

W05では下り通信速度が最大758Mbpsまで向上

下り最大速度758Mbps
WiMAXのモバイルルーター最新機種W05では下り最大速度758Mbpsの高速通信が可能

WiMAXの従来機種WX04の通信速度は下り最大440Mbps。比較してW05では大きく向上、下り最大速度758Mbpsまで高速化しています。フレッツ光などの固定回線と比較しても劣らない高速インターネットが魅力のWiMAXですが、W05でさらに高速通信が可能です。

発売当初は下り最大708Mbps、上り最大75MbpsだったW05の速度が、2018年7月のファームウェア更新で下り最大速度758Mbps、上り最大速度112.5Mbpsとさらに高速化。

上り通信の最高速度も従来機種と比較してW05は速い!

さらに注目は、W05では上り通信の最高速度が大幅に改善された点。通常、動画視聴や音楽ファイルのダウンロードなどは“下り”通信ですが、メールの送信や写真・画像ファイルのアップロードは”上り”通信で、その通信スピードは上りの通信速度スペックに依存します。
 
WX04を含むWiMAXの従来機種では上り通信速度は最大でも30~50Mbpsなのと比較して、最新機種W05は上り最大通信速度112.5Mbpsまで向上。WiMAXユーザーがW05に機種変更すると上り通信速度が約3倍になる可能性があり、大容量ファイルをアップロードが多い場合、かなりスムーズな通信になりそう。

W05の通信速度はWX04と比較して大きく向上。この点がWiMAX契約時にモバイルルーター端末W05を選ぶことをおすすめする最大の理由です。

充電時間がWX04より30分短い

W05とWX04の充電時間を比較するとWX04の約160分に対してW05の充電時間は約130分と30分短く、充電が早いというメリットも。なおどちらも充電用のACアダプタはルーター端末に同梱されず、USBケーブルのみの付属。USB接続できるパソコンなどで充電できるほか、別売のACアダプタを購入するか、携帯やスマホのアダプタで代用も可能です。

W05で新搭載の便利機能「Wi-Fiお引越し機能」

Wi-Fi設定の簡単コピー機能WiMAXルーターの買い換えで面倒なのが一度設定したスマホや・タブレット、ノートPCとの接続設定をすべて再度やり直す必要がある点。ところがW05で新搭載の「Wi-Fiお引越し機能」を使うとスマートフォンやパソコンの再設定が不要で、ルーターをすぐに利用可能!これは、W05が古いWi-Fiルーターの接続情報(SSIDや暗号化モード、暗号化キーなど)を自動でコピーすることで実現される機能で、特にWiMAXルーターとの接続機器が多い方におすすめの機能です。

国産メーカーNEC製のWX04とHUAWEI製のW05という違いも

国産メーカーのモバイルWiFiルーターへの根強い人気・信頼もあり、「IT機器は国産メーカー製が良い」方にはWX04もおすすめ。ただしWiMAXのルーター端末は販売時期の新しい機種ほど細かな機能の改善・改良がされており、比較で迷う場合は最新機種のルーターを選ぶのがおすすめです。

WiMAXのルーター端末は、W△△(W+数字)の機種がHUAWEI製、WX△△(WX+数字)の機種が国産メーカーNEC製で、数字が大きいほど最新機種です。

Speed Wi-Fi NEXT W05~その他の特徴・スペックのレビュー

WiMAXのW05は、WX04と比較しておすすめのモバイルルーターである理由は上記の説明の通りですが、実はまだ他にもW05で改善・改良された点があります。W05の詳細スペックのレビューとあわせて紹介します。

他にも!W05を選ぶべきポイントや改善・改良点

WiMAXのモバイルルーター端末選びで、W05を選ぶべき理由やおすすめポイントとして紹介したいのが、以下のような機能の改善・改良点です。

バッテリーを効率よく利用!3つの通信パフォーマンスモード

W05端末は連続待受時間が約850時間と十分なバッテリー性能がありますが、さらに電池持ちを良くするための3つの通信パフォーマンスモードを搭載。初期設定である標準モード・ノーマルモードはWiMAXの高速通信とバッテリー消費のバランスを適切に保つモードで、通信速度を最大化し、WiMAXの通信パフォーマンスを上げたい場合はハイパフォーマンスモードへの設定変更がおすすめ。
 
逆に端末の充電が切れそう、できるだけ電力消費をセーブしたい場合、W05のバッテリーセーブモードを利用すれば、電池の減りが最低限に抑えられます。バッテリーモードでは通信速度低下に注意が必要ですが、便利な3つのパフォーマンスモードを利用すればWiMAXをさらに上手く使いこなせそうです。

WiMAXモバイルルーターの情報を管理するスマホアプリの利便性が向上

WiMAXモバイルルーター(W05を含む)の電池残量やデータ通信量などを確認できる専用のスマホアプリの使い勝手が向上。ルーター端末の情報の確認だけでなく、通信パフォーマンスモードの変更や電源を落としたり、データ通信量のアラート通知を設定できるなど、アプリから各種設定操作が可能です。WiMAXのモバイルルーター端末をカバンから取り出さず、手元のスマートフォンのアプリ経由で各種操作ができて非常に便利。

iPhoneやiPadなど、iOS端末の接続設定がW05なら簡単!

これまでiOS端末とWiMAXルーターの接続では煩雑な設定作業が必要でした。ところが、W05ではルーターの液晶画面上に表示されるQRコードを読み取るだけで設定ファイルが自動作成され、あっという間に接続設定を完了できます!面倒な設定操作がグッと簡単になりました。

W05のスペック・仕様詳細

製品名 Speed Wi-Fi NEXT W05
通信方式 WiMAX2+、au 4G LTE
最大通信速度 【ハイスピードプラスエリアモード】
※WiMAX2+回線に加え、auのLTE回線を使用
下り最大758Mbps/上り最大112.5Mbps
【ハイスピードモード】
※WiMAX2+回線のみ使用
下り最大558Mbps/上り最大30Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
11n/11g/11b(2.4GHz帯)
バッテリー容量 2750mAh
充電時間 約130分
連続通信時間 〇ハイスピードモードの場合
バッテリーセーブモード:約630分
ノーマルモード:約540分
ハイパフォーマンスモード:約390分
 
〇ハイスピードプラスエリアモードの場合
バッテリーセーブモード:約550分
ノーマルモード:約390分
ハイパフォーマンスモード:約260分
連続待受時間 約850時間
※クイックアクセスモード設定がOFFの場合
インターフェイス USB3.0 Type-C、Bluetooth 4.1
最大接続可能数 Wi-Fi機器:10台/USB:1台

W05・WX04などWiMAXルーターの取扱説明書・マニュアル

WiMAXルーターの利用にあたって必要最低限の事項がまとまったマニュアルはW05・WX04ともにルーター本体に同梱されますが、より詳しい取扱説明書やマニュアルはUQ WiMAXのWEBサイトでダウンロード可能。各種設定の詳細が解説されており、ルーター端末の使用で困った時は一度参照するのがおすすめ。
※WiMAXルーター端末の取扱説明書・マニュアルのダウンロードはこちら

注意!クレードルを使う場合の比較ではWX04がおすすめ

W05クレードルWiMAXルーター端末の充電器として使用できるクレードルですが、WX04・W05それぞれ専用のクレードルが販売されています。WiMAXのクレードルとは背面や側面にLANケーブル用のポートがある機器で、WiMAXのモバイルルーターをクレードルに設置、かつLANケーブルを使ってさまざまな利用方法も考えられます。
 
例えば、無線LANに非対応の旧型のデスクトップパソコンやノートパソコンとWiMAXルーターを設置したクレードルをLANケーブルで有線接続、WiMAX経由でのインターネット接続を可能にしたり、また自宅に固定インターネット回線がある場合はそのLANケーブルとクレードルを有線接続、WiMAXルーターを無線WiFiルーターとして使用できます。

ただしクレードルは別売りで、必ずWX04またはW05専用のクレードルを購入する必要があります。またクレードルの機能を比較するとW05よりもWX04の方がおすすめです。

WX04のクレードルには電波受信の感度向上が可能な補助アンテナ

WX04のクレードル
補助アンテナ付きのWX04ルーター専用クレードル

上記のようなクレードルの使い方も重要ですが、「クレードルで電波の受信感度が良くなる?通信速度が上がる?」かを気にされる方が多い様子。結論で言うと、W05のクレードルには通信速度の向上はほぼ期待できず、WX04のクレードルの場合は受信感度・通信速度の改善を期待できます
 
WX04のクレードルには「Wウィングアンテナ」と呼ばれる補助アンテナがあり、これがWiMAX電波の受信感度を改善。通信状況が安定する結果、実測・体感の通信速度の向上が可能です。W05のクレードルには補助アンテナがないため、クレードルを購入する価値はWX04と比較して低いのです。

ルーター端末料金無料!WiMAXプロバイダの新規契約キャンペーン

すでに多くのWiMAXプロバイダが最新機種W05を取り扱い中で、中にはWiMAXの新規申し込みで最新ルーター・W05の端末料金の無料キャンペーンも。以下、当サイトの人気WiMAXプロバイダ5社はW05端末を実質無料で提供しています。

  • Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
  • GMOとくとくBB
  • Biglobe(ビッグローブ)
  • @nifty(ニフティ)
  • So-net
    •  
      またWiMAXには月間通信量7GB上限プランと、月間通信量無制限・ギガ放題の2種類の料金プランがありますが、いずれの月額料金プランでも使用するルーター端末は同じで、どちらの契約でもW05が無料提供されます。

      ルーター端末の即日発送に対応!Broad WiMAXとGMOとくとくBB

      Broad WiMAXW05の端末代金が無料となるプロバイダのうち、Broad WiMAXとGMOとくとくBBは契約・申し込み当日にルーター端末を発送する即日発送に対応、最短申し込み翌日にW05の受け取りが可能で、急ぎの方におすすめのWiMAXプロバイダ。
       
      またBroad WiMAXは東京・大阪にルーター端末受け取り用の店舗があり、最速で申し込み当日の端末受け取りも可能!
      ※W05の端末在庫状況にもよります。発送タイミングは申し込み時に各WiMAXプロバイダに確認ください。

      既存のWiMAXルーターからの機種変更について

      これから新規契約の方は端末代金無料のキャンペーン活用、W05をお得に入手できますが、すでにWiMAXを契約・利用中の場合はどうでしょうか?機種変更は、契約プロバイダにより対応や料金が変わるため、詳しくは契約中のWiMAXプロバイダへの確認が必要です。

      ただし概ねどのWiMAXプロバイダも「機種変更は可能、ただし契約期間で機種変更料金が変わる」のが一般的。契約期間が1年未満、あるいは1年半未満の場合は1万円から2万円の機種変更代金が発生しますが、すでに1年半以上の期間、WiMAXを利用中の方はお得に、場合によっては機種変更代金0円で最新端末W05を入手できます。

      どっちがおすすめ?W05の評判・口コミ

      当サイト・WiMAX比較ナビは、WiMAXのルーター端末には最新機種W05をおすすめしますが、W05を利用中の方の評価はどうでしょうか?最新の評判・口コミ情報を確認する限り、W05への期待や評価がかなり高いようです。

      「実測通信速度が速い」と評価するW05ユーザーも多い様子

      下り最大速度758Mbps(発売開始時点では最大708Mbps)まで通信速度が高速化した効果を、実測でも体感できると評価する方が多い様子。通常、下りの実測速度が10Mbps程度あればインターネットでストレスなく動画視聴が可能と考えられますが、下記口コミではそれ以上の速度がW05ルーターで実測されています。

      人気機種のためか在庫不足でルーター発送が遅いとの口コミ

      W05の性能や新機能に満足!と評価するレビューが続々と

      W05はルーター本体の起動が非常にスムーズとの評判も。

      W05からの新機能「Wi-Fiお引越し機能」も評価されている様子。

      評判の良さ・期待の高さから機種変更を申し込みしたとの口コミ

      W05の発売タイミングと合わせて、WiMAXの機種変更を申し込みした方も。口コミの内容からW05への期待の高さ・評判の良さがうかがえます。

      ※WiMAXルーターの最新機種W05の口コミ・評判情報は定期的に追加・更新します。

      以上、WiMAXルーターの最新機種W05について、WX04との比較を中心に機能やスペックのレビューや最新の口コミ情報・評価・評判などを紹介しました。

      【2019年1月最新情報】
      2019年1月にWiMAXルーターW05機種の後継機種、最新端末W06が発売されました。W05と比較してW06端末は下り最大速度がさらに高速化し、おすすめ。すでに多くのWiMAXプロバイダがW06端末を無料提供しています。

      当サイトのおすすめプロバイダは、WiMAXの月額料金が最安級、かつルーター端末の価格無料キャンペーンや即日発送・即日受け取りを利用可能なBroad WiMAX。新規契約でお得なのはもちろん、すでにWiMAX契約中の場合もBroad WiMAXの乗り換えキャンペーンの利用で、解約金0円で最新機種W06を入手できます。
       
      また当サイト経由でのBroad WiMAXへの契約・申し込みには、Amazonギフト券1万円分をプレゼントする2019年7月末までの期間限定キャンペーンも!この機会にBroad WiMAXの情報をぜひ確認してみてください。

      【最新機種W06の無料・即日受け取りも】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/7/31までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!