ポケットWiFiルーターを無料レンタル・お試しできる!Try WiMAX

ポケットWiFiルーターを無料レンタル・お試しできる!Try WiMAX

Try WiMAX

「自宅が圏外だったらどうしよう…」「本当にWiMAXのルーターで期待通りのインターネット通信ができる?」などWiMAX契約前の悩みは尽きないもの。
 
そんな悩みを解消してくれるのが、ルーター機器の無料お試しサービス「Try WiMAX」。貸出用のルーター端末を無料でレンタルでき、自宅や利用予定場所で実際に使ってお試しができる、嬉しいサービスです。
 
今すぐWiMAXの契約が必要!でなければ無料でお試しできる「Try WiMAX」の利用が、少し手間をかけてでもおすすめ。今回、実際に無料のお試しレンタルを利用してみましたので、写真とともに利用方法やお試しの手順、返却方法や注意点をまとめて紹介します。

ルーター端末のお試し無料!15日間のレンタルサービス・Try WiMAX

Try WiMAXは、WiMAXサービスを管理するUQコミュニケーションズ社が提供するルーター機器の無料お試しサービス。申し込みすると15日間無料でWiMAXのポケットWiFiルーター端末をお試しできるとあり、特にWiMAX契約前の方に人気のサービスです。
 
実際に利用予定のルーター機種を、Try WiMAXを使って試してみることで、

  • 自宅などの利用予定エリアがWiMAXの圏内か、圏外かが分かる
  • WiMAX回線の通信速度がどの程度か体感できる
  • インターネット通信のデータ量がどの程度か、実際に測定できる

などのメリットがあります。

またプロバイダ「UQ WiMAX」を運営するUQコミュニケーションズのサービスですが、Try WiMAXはUQ WiMAX以外でのプロバイダ契約を検討中の場合でも利用できる無料レンタルです。

WiMAX対応エリアはサービスマップやピンポイント判定でも確認可能

関東地方のサービスエリアマップ
関東地方のWiMAX2+サービスエリアマップ

拡大中のWiMAXのサービスエリアですが、地図上での圏内エリア・圏外エリアの確認にはUQ WiMAXのサービスエリアマップが便利。WiMAXの対応エリアが地図上で色付けされて表示されます。
 
またルーター機器をレンタルしなくても、精度高くエリアを確認できる方法が「ピンポイントエリア判定」。UQ WiMAXのWEBサイトで利用可能なサービスで、利用予定場所の住所の番地・丁目までを入力、WiMAXの圏内エリアか、圏外エリアかを確認できる方法です。

ただし、エリア判定結果が「〇~△」「△」など「〇」ではない場合でも実際にはWiMAXの電波を受信でき、利用可能なエリアも。

このためTry WiMAXでポケットWiFiルーター端末を無料レンタル、自宅やWiMAXの利用予定場所で実際にお試しすることが最も確実なエリア確認方法なのです。

お試し無料のポケットWiFiルーターでWiMAX回線の通信速度の確認も

レンタルしたW05
WiMAX比較ナビ編集部が実際にお試ししたW05

WiMAXのようなポケットWiFiルーター端末を無料でお試しできるもう1つのメリットが通信回線の実測速度を確認できる点。WiMAXのルーター最新機種・W05は下り最大速度758Mbps、上り最大速度112.5Mbpsに対応していますが、これらの通信速度はいわゆる理論値。
 
実際にWiMAXのルーター端末を利用した通信回線の実測速度は、利用エリアや建物内の場所、時間帯などによって変化します。この実測速度はルーター端末を使用しなければ確認できず、これも無料でお試しできる点がTry WiMAX利用のメリットです。

プロバイダ数は多いが、対応エリアや使用するルーター製品は同じ

またWiMAXを契約できるプロバイダは数が多いですが、どのサービスも同じUQコミュニケーションズが提供するWiMAX2+通信回線を利用したインターネット接続サービス。同じ通信回線を利用するため、対応エリアや通信速度、使用するルーター製品の機種はUQ WiMAXと他のプロバイダで違いがありません。

つまりTry WiMAXを申し込み、エリアや実測速度の確認結果に問題が無ければ、どのWiMAXプロバイダとの契約でも問題が無いことになります。

無料お試しの利用方法・申し込みの流れ

ここからはUQコミュニケーションズが提供する無料お試しサービス・Try WiMAXの利用方法や申し込み手順、レンタル期間終了後のルーター端末の返却方法など流れを解説します。

無料レンタル貸出条件~クレジットカードやメールアドレスが必要

まず無料のお試しレンタル・Try WiMAXの申し込み前に、貸出条件として以下の準備が必要です。

  • 申し込み者本人名義のクレジットカード
  • 携帯電話・PHS事業者が発行している携帯電話のメールアドレス、 またはSMSを利用できる携帯電話番号
  • 開通コード通知用のメールアドレス(上記携帯電話のメールアドレスとは別)

また上記以外にも、
・日本国内に在住の20歳以上の方
・過去180日間以内にTry WiMAXの利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
という貸出条件があり、特に未成年の場合はTry WiMAXを申し込みできない点に注意が必要です。

クレジットカードがない、ただしデビットカードはある場合や、携帯メールアドレスがない場合、WEBサイトからTry WiMAX利用の申し込みができず、書面での申し込みが必要で、お試しレンタルの開始までに時間がかかります。

Try WiMAXの利用料金は無料だが、クレジットカードの登録が必要

Try WiMAXは無料のお試しサービスであり費用は請求されませんが、紛失や破損時の保証のためにクレジットカードの登録が必要です。また、レンタル申し込みの際にクレジットカードの有効性が確認されるため、期限切れのクレジットカードでは申し込みできません。
※クレジットカードなしでルーター機種をお試ししたい場合、Try WiMAX以外の有料レンタルサービスなどを利用する方法もあります。

申し込み方法・手順

Try WiMAXの申し込み後、2日以内に出荷、届け先地域によっては最短申し込みの3日後からお試し利用が可能です。
※WiMAX比較ナビ編集部が実際にお試し利用したたところ、申し込みの当日に出荷され、翌日すぐにレンタル用端末が到着しました。(発送元は神奈川県、届け先は東京都内)
 
実際にTry WiMAXを申し込みする際の方法・手順は以下の流れです。

仮登録画面
仮登録画面のイメージ
  1. UQ WiMAXの公式サイトにあるTry WiMAXの画面より、まずは開通コード通知用メールアドレス、および携帯メールアドレス(またはSMSを利用可能な携帯電話番号)を仮登録
  2. メールアドレスに本登録用のURLが、携帯電話のメールアドレスに開通コードが届く
  3. 本登録画面にアクセス、申し込み番号・開通コードを入力
  4. ※この画面で「貸出機器の在庫状況」を確認、無料お試しで利用したい機種の在庫があるかを確認。在庫なしの場合は時間を改める(開通コードは7日間有効)。

  5. 本登録画面で、希望利用機器、届け先住所、クレジットカード情報を登録
  6. 登録が完了すると2日以内に出荷され、貸出開始日・返却期限の書かれたメールがUQ WiMAXから届く

Try WiMAXで無料お試し可能なルーター機種と貸出在庫の確認方法

W05ルーター
下り最大速度758Mbps対応!WiMAXのW05ルーター

せっかくなので、Try WiMAXでは実際に契約・利用予定の機種をお試ししたいもの。現時点でのおすすめは最新機種のモバイルルーター・W05。また主に自宅での利用の場合は、ホームルーター最新機種・HOME L01のレンタルもおすすめです。
 
レンタル申し込みタイミングによっては貸出機器の在庫がない場合も。まずはTry WiMAXで無料お試し可能な機器の在庫状況を確認してみましょう。
※最新のレンタル端末在庫状況を確認するには、UQ WiMAXのこちらのページで確認する方法が確実です。

レンタル可能なモバイルルーター・ホームルーター機種一覧

Try WiMAXで無料レンタル・お試しが可能なルーター機種は以下の通りです。

758Mbps対応モバイルルーター Speed Wi-Fi NEXT W05 ※最新機種・おすすめ
Speed Wi-Fi NEXT W04 ※クレードルセットもレンタル可能
440Mbps対応モバイルルーター Speed Wi-Fi NEXT WX04 ※クレードルセットもレンタル可能
Speed Wi-Fi NEXT WX03
370Mbps対応モバイルルーター Speed Wi-Fi NEXT W03
据え置き型のホームルーター Speed Wi-Fi HOME L01 ※最新機種・おすすめ
novas Home+CA

クレードルとセットでの無料レンタル・お試し利用も可能

WX04のクレードル
補助アンテナの付いたWX04専用クレードル

Try WiMAXでお試し可能なルーター機種のうちW04(Huawei製)とWX04(NEC製)では、専用クレードルとセットでの無料レンタルも可能。特にWX04のクレードル機器には「Wウィングアンテナ」と呼ばれる補助アンテナがあり、WiMAXルーターの電波受信感度を向上させる効果もあり、これを無料でお試し利用可能です。

特に自宅内での電波受信に不安を感じている場合や、国産NEC製のWX04端末で契約予定の方には、クレードルセットでのお試しがおすすめです。

お試しレンタルの申し込みはUQ WiMAXの公式ホームページから

クレジットカードやTry WiMAXのメールを受信可能な各種メールアドレスが準備でき、またお試しするルーター機種が決まれば、後はUQ WiMAXの公式ホームページからTry WiMAXの申し込みをするだけ。簡単なアンケートへの回答も必要ですが、5分~10分程度で無料レンタルの申し込みは完了します。

時間帯の指定は可能だが、配送日の指定はできない

申し込み時の注意事項は、配達時間帯の指定は可能だが配送日の指定はできない点。申し込み時に指定する配送先住所での受け取りが必要なため、確実に受け取り可能な時期・タイミングや住所でのTry WiMAXの利用がおすすめです。

以前はヤマダ電機・ビックカメラの店舗店頭でも手続きができた

以前にもTry WiMAXを利用したことがある方はご存知かもしれませんが、ヤマダ電機やビックカメラ、エディオンなどの家電量販店の店舗・店頭でも、無料お試しサービスの申し込み手続きが可能で、その場で端末の持ち帰りもできました。ただし、現在は上記の通りUQ WiMAXの公式WEBサイトからの申し込みと郵送対応のみの点に注意ください。

レンタル機器の到着後、お試し期間中に確認したいポイント

Try WiMAXのイメージ
Try WiMAXで到着するパッケージ。

Try WiMAX申し込み後、数日でレンタル機器が到着します。専用の箱に梱包された状態で届き、充電ケーブルやマニュアル、返送用の着払い伝票や返却方法の説明も同梱されているので安心。
 
また到着前に、15日間のTry WiMAX無料レンタル期間中にお試ししたいポイントや確認事項をまとめておくのがおすすめ。一般的には、

・パソコンやiPadなどのタブレット端末、スマートフォンなど各種機器で接続可能か試す
さまざまな利用予定エリアでWiMAXを利用できるか試す
・通信モードやパフォーマンス設定など、各種設定を変更して通信回線の速度を確認する

などの確認ポイントが考えられます。

Try WiMAXの返却も同梱の「着払ゆうパック伝票」を使えるので無料

無料お試しレンタル・Try WiMAXは、もちろんルーター機器の配送も無料。15日間のお試し期間終了後の返却も、同梱されている「着払ゆうパック伝票」を使えるので無料です。
 
Try WiMAX返却時の発送方法は、「ゆうパック取り扱い店舗への持ち込み」「インターネットでの集荷依頼」「電話での集荷依頼」が可能。なお、ゆうパックの取り扱い店舗には、全国の郵便局のほか、コンビニ(ローソン、ミニストップ、セイコーマート)などがあります。

Try WiMAXの注意点まとめ

無料のお試しレンタル・Try WiMAXは気軽に利用できるサービスですが、いくつか注意点もあり、ここからまとめて紹介します。
 
前提として、無料のお試し期間は発送日と返却日を含む15日間で、出荷後のメールなどに記載される返却日はUQコミュニケーションズへの到着日。つまり、実質的にお試しできる期間は15日間より少なくなります

お試しは無料だが端末を返却しないと機器代金を請求される場合も

Try WiMAXは、登録料金やルーター端末利用による通信料金、機器レンタル代金、配送費用などが一切かからず無料ですが、貸出機器の返却がされなかったり、貸出機器を紛失・破損した場合は、機器代金相当額が請求されます。このため、Try WiMAX申し込みの際はクレジットカードが必要なのです。

費用は請求されないが「利用枠」は確保される

なお、Try WiMAXの申し込み手続き完了後、登録したクレジットカードの機器購入代金相当額分の「利用枠」が確保されます。つまりお試し期間中は機器購入代金相当額の分だけクレジットカードの利用限度額が減る点に注意が必要。
 
これは万が一、レンタル機器が返却されなかったり、紛失・破損した場合の保証で、期間内に端末を返却すれば、一切費用は請求されず、利用枠の確保も終了します。

Try WiMAXの貸出期間内に返却しないと違約金を請求される点に注意

Try WiMAXの貸出期間内にレンタル端末を返却しなかった場合にUQコミュニケーションズから請求される機器購入代金相当額ですが、下記の通り違約金金額が決められています。返却忘れに注意が必要です。

レンタル機器の種類 違約金(税抜)
Wi-Fiルータ(クレードル無し) 20,000円
Wi-Fiルータ(クレードル有り) 22,750円

ギガ放題プランを契約した時と同じ通信制限や速度制限

Try WiMAXは無料のお試しレンタルだから通信量も無制限、と言う訳ではなく、実際にWiMAXの「ギガ放題プラン」を契約する場合と同様の通信量制限や超過した場合の速度制限が発生します。
 
また、Try WiMAXはレンタルサービスという性格上、同じ月内に別の人が利用した分も通信量のカウント対象となるため「自分はそんなに使ってないのに制限が…」ということが起きる可能性も。

おさらいですが、ギガ放題プランの契約でも注意が必要なWiMAXの通信制限や速度制限は下記の2つです。

auのLTEを利用するハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまで

Try WiMAXの無料レンタルでもauの4G/LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードをお試し可能。ルーター端末上で通信モードの設定をハイスピードプラスエリアモードに変更すると、通常のWiMAX2+回線に加えてauの4G/LTE回線も使って通信するため通信速度が向上、またWiMAX2+の圏外エリアでもauの4G/LTE対応エリアであればインターネットが可能です。

ただし通常のWiMAX契約時と同様、ハイスピードプラスエリアモードの通信量は月間7GBの制限があり、無料レンタル中に超過した場合、超過した月の月末までWiMAXの通信速度が128kbpsまで低速化します。

この速度制限が発生するとお試し期間中のインターネット通信がほぼ困難な状態となり、そもそもお試しの意味が無くなるため注意が必要です。

直前3日間の通信量は合計10GB、超過すると速度が約1Mbpsに

また月間通信容量が無制限のWiMAX・ギガ放題プランでも、直前3日間の通信量は合計10GBまでの制限があります。ただし、この制限は超過しても約1Mbpsの速度で通信が可能な比較的緩やかな制限。WiMAXのルーター端末を使って一切インターネット通信ができない状態にはなりませんが、せっかくのお試しに支障が出るため注意したほうが良いでしょう。

このように実際のWiMAX契約時と同じ状態を無料レンタルでお試しできるのは貴重な機会ですが、速度制限が発生してしまうと電波の受信状態や実測速度を正しく把握できなくなります。無料お試し中は、動画視聴やオンラインゲームなど通信量が大きくなる使い方は控えめにするのがおすすめです。

お試し無料で電波受信・エリア確認ができたらプロバイダ比較へ

お試し無料のTry WiMAXで実際のルーター端末を使った電波受信の確認、対応エリアが確認でき、回線に問題無いことが確認できたら次はWiMAXの契約!ただし、WiMAXの契約では20社以上あるWiMAXプロバイダの料金・キャンペーン比較が非常に重要です。

UQ WiMAXは月額料金が高く、契約先には不向き

UQ WiMAXのロゴ
WiMAXプロバイダの「本家」UQ WiMAX

無料のレンタル・お試しサービスであるTry WiMAXを利用できるUQ WiMAXですが、実はWiMAXの契約プロバイダとしては不向き。理由は「WiMAXの月額利用料金が高い」からです。

魅力的なキャンペーンが無く、ルーター端末も有料

UQ WiMAXを利用する場合の月額料金は月間7GB上限プランが3,696円、月間データ通信量無制限のギガ放題プランが4,380円と、他のプロバイダと比較して高額。また2018年現在、キャンペーンもキャッシュバックの1万円のみと、3年契約の実質負担総額でも他社よりも費用が高くなります。
 
またルーターのお試しレンタルは無料ですが、いざUQ WiMAXで契約しようとするとルーター端末が有料である点にも注意。ルーター端末の価格はそれほど高額ではなりませんが、結果的にWiMAXの費用が高くなるため料金面でUQ WiMAXはおすすめのプロバイダではありません。

おすすめは安い月額料金でルーター発送も早いBroad WiMAX

BroadWiMAX当サイトでおすすめのWiMAXプロバイダは、安い月額料金で人気のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。月間7GB上限プランが月額2,000円台、ギガ放題プランが月額3,000円台と業界最安級の料金でWiMAXを利用できます。

ルーター即日発送対応、東京・大阪の店舗で最短契約当日の受け取りも

Try WiMAXでルーター機種を無料お試しした後であれば、WiMAXの本契約後のルーター発送は早いほど嬉しいもの。Broad WiMAXの場合は契約・申し込み即日での発送に対応するほか、東京・大阪周辺にある店舗で最短で契約・申し込み当日のルーター受け取りも可能。数あるプロバイダの中でも、契約・申し込み当日からWiMAXをお得な料金で利用開始できるのはBroad WiMAXだけ!

GMOとくとくBBやSo-netも安いがキャッシュバック特典にリスクが

WiMAXの契約期間の実質費用総額では、数万円のキャッシュバックキャンペーンのあるGMOとくとくBBやSo-net、BIGLOBEなどのプロバイダも安く、最安料金でWiMAXを利用するのであれば検討対象のプロバイダになるでしょう。
 
ただし、これらのプロバイダの実施するキャッシュバックキャンペーンには特典受け取りにリスクがあることも把握しておくべきです。WiMAXのキャッシュバックキャンペーンでは特典の受け取りが契約開始の約1年後であったり、キャッシュバック特典の受け取り手続きが煩雑で万が一指定期間内に手続きが完了しないと特典が失効する可能性もあります。

キャッシュバックキャンペーン特典の受け取りに失敗すると、WiMAXの利用料金総額が数万円ほどBroad WMAXよりも高くなるリスクがあります。この点、Broad WiMAXはキャッシュバックが無くても月額料金が安いため確実にお得な料金でWiMAXを利用できるのです。

以上、無料レンタル・Try WiMAXの利用方法や流れ、ルーター端末お試し後の契約プロバイダの比較ポイントをまとめました。
 
ルーターをお試しして問題ないことが確認できれば、すぐにでもWiMAXを契約して利用を開始したいですよね!そのためにはお得な最安料金でルーターの即日発送・即日店舗受け取りが可能なBroad WiMAXがおすすめです。
 
Broad WiMAXとの契約であれば、期間限定のAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンを利用できる当サイト経由が断然お得。Broad WiMAXのAmazonギフト券キャンペーンについてまだご存知ない方は、当サイト限定のキャンペーンですのでぜひ一度、下記のリンクからご確認ください。
 
Try WiMAXでの無料お試し後、プロバイダの比較・検討でぜひまた当サイトをご利用ください!

【WiMAXの最新情報はこちらから】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら