【比較】スマホのテザリングとWiMAXはどっちがお得か?

【比較】スマホのテザリングとWiMAXはどっちがお得か?

WiMAXとテザリング~メリット・デメリット徹底比較

ソフトバンクやauなど大手通信キャリアが有料化するなど話題のテザリング。テザリングが有料になり、WiMAXなどモバイルルーター併用を検討する方も多い様子。

外出先でパソコンやタブレット端末を使う場合、iPhoneなどスマートフォンのテザリングは便利で、WiMAXやポケットWiFi無しでもテザリング可能なスマホがあればインターネット通信可能な点がメリットです。一方、テザリングのデータ通信量やスマホのバッテリーの確認が必要な点がデメリットで、WiMAXなどモバイルWiFiルーター併用の方が便利で料金が安い場合も。

このページではスマートフォンや携帯の4G LTE回線を使うテザリングによるインターネット通信と、WiMAXルーターを使った通信の速度や通信制限を徹底比較!メリット・デメリットや料金、使い勝手の違いをドコモやソフトバンク、auなどキャリア別に比較・紹介、どちらがお得でどっちがおすすめか?を解説します。

テザリング有料化!WiMAXなどWiFiルーター併用を検討するべき?

従来、大手通信キャリアでは実質無料提供だったテザリングオプション。auとソフトバンクは2018年にテザリングを有料化、一方ドコモ(NTT docomo)は現在も無料でテザリングを利用できます。
 
テザリングオプションが有料ならWiMAXなどモバイルWiFiルーターの併用・申し込みを検討すべきか悩みますが、料金はテザリングとWiMAXのどっちがお得でしょうか?WiMAXがあれば、より快適、便利にインターネットが使えるでしょうか?

テザリングとはパソコンやタブレットをインターネット接続する機能

WiMAXとテザリングの比較の前に、そもそもテザリングとは何か?を説明します。

テザリングとは、パソコンやタブレット端末をインターネット通信やテザリング可能なスマホや携帯電話とWiFiなどで接続、スマホや携帯をアクセスポイント(中継地)として、パソコンやタブレット端末でインターネット通信を可能にする機能。

テザリングではiPhoneなどのスマホや携帯がアクセスポイント、WiMAXの場合はWiMAX専用のルーターがアクセスポイントとなりインターネット接続する点が違いですが、通信の仕組みはよく似た形です。

テザリングやルーターの接続方法はWiFi・Bluetooth・USBの3種類

テザリングとWiMAXによる通信は、接続方式も似ています。パソコンやタブレット端末とスマホ・携帯、またはWiMAXルーターをテザリングで接続する方法には、WiFi接続、Bluetooth接続、USB接続と3つの方法があり、このうちテザリングでよく利用される方法がWiFi接続です。

最も通信速度が速いUSB接続と最も遅いBluetooth

スマホのテザリングでもWiMAXルーターとの接続でも、最も通信速度が速いのはUSB接続によるテザリング方法。ただし、USB接続用のケーブルが常に必要で、ケーブルの範囲内でしかテザリング、WiMAXを利用できない点がWiFi接続と比較したUSB接続のデメリットです。
 
一方、WiFi接続と同様に無線接続でき、バッテリー消費も少なく使い勝手の良い点がメリットのBluetooth接続は、規格上通信速度が1Mbps前後で、スマートフォンのテザリングでもWiMAXでも通信速度が遅い点がBluetoothによるテザイング方法のデメリットです。

3つの接続方法を比較すると上記のメリット・デメリットがあり、最もバランスが良いのがWiFi接続。以降のテザリング、WiMAXの説明もWiFi接続を前提にしています。

テザリングとポケットWiFiの比較~メリットとデメリットの違い

テザリングとWiMAXなどのポケットWiFi、どちらも外出先でのパソコンやタブレット端末のインターネット接続に便利な方法ですが、携帯やスマホの4G LTE通信回線を利用するテザリングと専用の通信回線やWi-Fiルーターを利用するポケットWiFi・WiMAXでは、比較するとメリット・デメリットに違いも。以下、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

iPhoneなどスマホによるテザリング利用のメリット

WiMAXなどモバイルWi-Fiルーターを別途契約・併用せず、携帯電話やiPhoneなどスマートフォンのテザリングのみとする場合のメリットは、以下の2点です。

・持ち歩くのが、携帯やiPhoneなどスマホ一台だけで済む
・通信会社の契約も携帯電話・スマートフォンで一本化できる

小型とは言え、ケータイ・スマホと別にWiMAXなどのWi-Fiルーター端末を持ち歩かずに済む点が一番の違いで、通信費用の支払い先も増えず「シンプル」なのがテザリング利用のメリットです。

スマートフォンや携帯の4G LTE通信回線は対応エリアが広い

もう1つのテザリングのメリットが広い対応エリア。スマートフォンや携帯電話のインターネット通信で使用する4G LTE回線は対応エリアが広く、どのエリアでも比較的安定してネット接続可能です。
 
比較して、WiMAXの対応エリアは地方でやや狭い点がデメリット。大都市地域ではLTE対応エリアと比較して遜色ないWiMAXのサービスエリアですが、地方の利用が多い場合、エリア次第でテザリングの方が繋がりやすい場合もあります。

WiMAXなどモバイルWiFiルーター使用のメリット・おすすめの理由

ただし、このページの結論は携帯電話・スマホのテザリングよりもWiMAXなどモバイルWiFiルーター端末の契約・利用の方が、特にデータ量が多い場合にネット利用の使い勝手、料金面でメリットが多いという点。WiMAXなどWiFiルーター併用のメリットやおすすめ理由、スマホによるテザリングのデメリットを紹介します。

LTEのテザリングは通信速度が遅い、WiMAX回線なら下り最大867Mbps

まず第一のWiMAXのメリットが通信速度。スマホやケータイのテザリングは4G LTE回線を使ったインターネット接続で、その通信速度は4G LTE回線の通信速度次第です。キャリアやエリアで違うもののLTE回線の下り最大速度は概ね150Mbps前後と遅い点がデメリットです。
 
比較してWiMAX回線の通信速度はテザリングの5倍以上!2019年発売の最新機種W06は下り最大速度867Mbps、上り最大速度75Mbps対応と、スマホで利用するLTE通信と比較して高速のインターネット通信がWiMAX併用のメリットです。

特にノートパソコンと接続して仕事や勉強で利用する、iPadなどのタブレットで動画やオンラインゲームを利用する場合、テザリングの速度には限界も。データ通信量の多い人ほど、テザリングと比較してWiMAXなどのポケットWiFiがおすすめの理由の1つが通信速度です。

スマホのバッテリー消費が多いテザリング、肝心な時に電池切れも

スマホや携帯のテザリングではバッテリーを急速に消費する点がデメリット。肝心な時にスマホや携帯が電池切れで電話やメールに使えなくては面倒。実際、バッテリーの問題でテザリングよりもWiMAXのようなモバイルWiFiルーター併用をおすすめする口コミも多くあります。

WiMAXのWiFiルーターは連続通信時間が10時間前後と1日持ち歩いても十分なバッテリー。モバイルルーターがあればテザリング不要で、スマホのバッテリーを気にせず外出先でインターネット通信ができる点もメリットで、おすすめ理由の1つです。

LTEと比較してWiMAXは速度制限が緩く、月間通信量無制限プランも

テザリングでもWiMAXでも、注意が必要な通信量制限や速度制限。どちらも一定の通信容量を超過すると速度制限がかかりますが、この速度制限が比較的緩いのがWiMAXの特徴であり、メリット。

例えばソフトバンクのスマホの場合、直近3日間で3GB以上の通信をすると超過した翌日の午前6時から24時間、速度制限が発生するプランも。また契約プランの通信容量を超過した場合、約128Kbpsに低速化する厳しい速度制限がかかります。
WiMAXのギガ放題プランなら3日間で10GBまで制限無しで通信可能

比較してWiMAXのギガ放題プランは月間通信量無制限で、直近3日間の通信量が10GBを超えない限りは速度制限無し。制限が発生しても超過した翌日午後6時から深夜2時までの最短8時間で解除され、制限中も速度約1Mbpsで通信可能です。月間通信容量は無制限のため、月末でも通信量を気にせずにインターネット利用できる点もWiMAXのメリットです。

テザリングによるPC利用の場合、通信制限のリスク・デメリットも

ノートPCでインターネット接続する際、携帯・スマホのテザリングを利用する人もいますが意図せず通信容量が膨らむリスクもあり危険。パソコンにはウィルス対策ソフトやWindowsのアップデートなどもあり、気づかぬうちに膨大なデータ通信量が発生する場合もあります。
 
長時間インターネット通信をしていないつもりでも、いつの間にかパソコン経由でスマホの通信量を消費、通信制限・速度制限がかかるリスクがテザリングのデメリットです。

スマートフォンの大容量プランよりWiMAXの追加契約が安い

通信キャリアや料金プラン、適用可能な割引キャンペーンの内容でも違いますが、基本的にテザリングのためにスマートフォン契約を大容量プランに変更するより、スマホの契約は最小、WiMAXの追加契約の方が安い料金で利用できます。
 
特に通信量が多い場合、携帯・スマホの最小プランとWiMAX・ギガ放題の併用が結果的に安い費用となりコスパが良いとの口コミの評判も多く見られます。

通信キャリアによっても料金が大きく変わるため、以下では通信キャリア別にテザリングとWiMAXの料金を比較します。

各通信キャリアのテザリングとWiMAXの料金・サービス比較

テザリング利用の場合の費用とWiMAX料金の比較とは言え、通信キャリアごとに対応や料金プランが異なり、どっちがお得かを一言で答えるのは難しいところ。以下、大手通信キャリア3社の各料金プランと、WiMAXの利用料金やサービス内容を1つずつ丁寧に比較、どっちの方がコストパフォーマンスが高いかを検証します。

docomo(ドコモ)のテザリングとWiMAX

docomoのロゴdocomo(ドコモ)でiPhoneなどのスマートフォンを契約、大容量プランでテザリングを利用する場合と、WiMAXを契約・併用する場合で料金を比較します。

docomo大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較

docomoユーザーの場合はテザリングオプションを無料利用できる点がメリットで、月間データ通信量が30GB以下の場合、月間通信量30GBの大容量プラン「ギガホ」を契約、テザリングの利用でも料金的には悪くありません。
 
ただしドコモのLTEよりも高速通信のインターネットを利用したい、通信量・速度制限を気にせずインターネット利用したい場合は、ドコモのテザリングよりもWiMAX・ギガ放題プランの追加契約がおすすめです。

docomo(大容量プラン) VS docomo(最小限プラン) WiMAX
ギガホプラン プラン名 ギガライトプラン ギガ放題プラン
30GB 月間通信容量 1GB 無制限
6,980円 月額利用料金 2,980円 3,361円~
6,980円 月額合計 6,341円

特に月間30GB以上の通信をしたい場合、ドコモのギガホプランでテザリング利用と比較して料金が安い、ギガライトプランとWiMAXギガ放題の併用がおすすめです。

Softbank(ソフトバンク)のテザリングオプションとWiMAX

docomoと同様の料金比較をSoftbank(ソフトバンク)の場合でも行った結果が以下の表。docomoのサービスと違い、Softbankの場合はテザリング利用に月額500円のオプション費用が発生する点がデメリットで注意が必要です。

Softbank大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較

他の大手通信キャリアと違うSoftbankの特徴が、月間データ通信容量50GBの大容量プラン・メリハリプラン。ただし、この50GB制限プラン契約よりも、最小プランに申し込みしてWiMAXギガ放題を追加契約の方がお得なのが料金比較の結果です。

Softbank(大容量プラン) VS Softbank(最小限プラン) WiMAX
メリハリプラン
※データプラン50GB+基本プラン(音声)
プラン名 ミニフィットプラン
※データプランミニフィット(~1GB)+基本プラン(音声)
ギガ放題プラン
50GB 月間通信容量 1GB 無制限
8,480円 月額利用料金 3,980円 3,361円~
500円 テザリング費用
8,980円 月額合計 7,341円

※ソフトバンクの携帯・スマホの契約を最小化、WiMAXを追加契約した方がテザリングよりも料金がお得でおすすめ。

auケータイ・スマホのテザリングとWiMAX

auロゴauのケータイ・スマホを契約中の場合、オプション費用が必要なテザリングよりもWiMAX併用が断然おすすめ。auユーザーの場合、WiMAXの契約と同時にauスマートバリューmineという毎月最大1,000円の割引を利用でき、docomo・Softbankユーザーよりもお得な料金でWiMAXを利用できるからです。

au大容量プランと「最小プラン+ギガ放題」の月額料金比較

auスマートバリューmine割引額は契約中のケータイ・スマホの料金プランにより変動しますが、auもSoftbankと同様、月額500円のテザリング費用がかかるため、auスマートバリューmineの適用を除いてもWiMAXのギガ放題プランを追加契約した方が総額費用は安くなります。

au(大容量プラン) VS au(最小限プラン) WiMAX
auデータMAXプランPro プラン名 新auピタットプランN ギガ放題プラン
30GB 月間通信容量 1GB 無制限
7,480円 月額利用料金 2,980円 3,361円~
500円 テザリング費用
7,980円 月額合計 6,341円

まとめ:メリット・デメリットを比較してどっちがおすすめ?

主要通信キャリアごとに、スマホを大容量プランで契約・テザリングを活用するパターンと、最小プランで契約・WiMAXを併用するパターンで料金やメリット・デメリットを比較しました。以下の3点が結論のまとめです。

  • docomo(ドコモ)ユーザーの場合、月間通信量30GBのギガホプランを契約、テザリング利用をメインにする選択もアリ(ただし、月間通信量が30GB以上の場合はWiMAXがおすすめ)
  • Softbank(ソフトバンク)・auユーザーの場合、テザリングが有料の点がデメリット、データ量最小プラン(1GB)とWiMAXの併用が安い
  • いずれも、スマホのバッテリーや速度制限を気にせず高速インターネット通信を利用したい場合、テザリングは速度の遅い点などがデメリットで、比較してWiMAXがおすすめ

上記よりさらに安い費用に節約できるのが格安SIMや格安スマホとWiMAXの併用・組み合わせ。いずれにせよテザリングオプションが有料のauやSoftbankを契約中の場合、WiMAXの検討はおすすめです。

WiMAXの契約ならプロバイダの料金・キャンペーン比較が重要

当サイトでは幅広くWiMAXについて比較・解説していますが、いざ契約で重要なのはプロバイダ比較。20社以上のWiMAXプロバイダから自分に合うプロバイダを見つけるには当サイトのようなWiMAX比較サイトの利用が便利です。
 
大変そうに思えますが、プロバイダ比較のポイントは最新の料金プランとキャッシュバックなどのキャンペーン情報のみ。それ以外の点はWiMAXのプロバイダ間で大きな違いが無いのです。

どのプロバイダもUQ WiMAXと同じ通信回線、速度やエリアも同じMVNO

WiMAXのプロバイダは20社以上ありますが、すべてUQ WiMAXが管理するWiMAX2+通信回線を利用したインターネット接続サービスを提供するMVNO。本家プロバイダ・UQ WiMAXが有名ですが、UQ WiMAXも他のプロバイダも同じWiMAX通信サービスを提供する会社で通信速度や対応エリアに違いは無いのです。

多くのプロバイダが最新機種のWiFiルーター端末を無料提供

多くのプロバイダでは、テザリングの5倍以上の速度・下り最大867Mbpsで通信可能なWiMAXのWiFiルーター最新機種を、契約時に無料提供。またネットで契約後、最短当日にルーター端末が発送され、すぐに利用開始できる点もWiMAXのメリットです。
 
WiMAXプロバイダの比較ポイントは料金とキャンペーンと覚え、ぜひ当サイトでテザリングよりもお得な最新料金・キャンペーン情報をご確認ください!

【WiMAXの最新料金・キャンペーン情報】

2020年7月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年7月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年7月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!