テレワーク・リモートワークにはポケットWiFiが便利でおすすめ

テレワーク・リモートワークにはポケットWiFiが便利でおすすめ

テレワークでおすすめのポケットWiFi

働き方改革などで導入企業が増えるテレワークやリモートワーク。一方、突然の在宅勤務で、自宅に十分なインターネット通信環境がなければ仕事も捗りません
 
このページではテレワーク・リモートワーク向けに便利なポケットWiFiを紹介、WiMAXなどポケットWiFi利用のおすすめ理由や、おすすめのポケットWiFiサービスなど、テレワーク中の仕事を快適にするために役立つ最新情報を紹介します。

2020年7月、急ぎでテレワーク用のポケットWiFiの契約・導入が必要な場合は、当サイトのおすすめ方法をまとめた「急ぎで仕事用のテレワーク・リモートワーク環境が必要な方へ」をご確認ください!

コンテンツ

テレワーク・リモートワークにポケットWiFiをおすすめする3つ理由

テレワーク・リモートワークに必要なインターネット環境。急な在宅勤務でインターネット通信手段がスマホのテザリング以外になかったり、通信品質が不安定で回線速度も遅いインターネット環境では、テレワーク中の仕事も捗りません
 
そこで当サイト・WiMAX比較ナビのおすすめはポケットWiFiの利用。在宅勤務・テレワーク中の自宅はもちろん、電波を受信できるエリアではどこでもリモートワークで仕事が可能な点がメリットで、社会人なら1台契約すると便利なサービス。
 
以下、当サイトがテレワーク中の通信手段にポケットWiFiの利用をおすすめする3つの理由を紹介します。

回線工事不要でテレワーク・在宅勤務用のインターネット環境を導入できる

突然の在宅勤務、自宅のインターネット手段がスマホのテザリングだけでは、テレワークの仕事は難しいもの。一方、フレッツ光など自宅のインターネット回線契約には回線開通工事が必要で、インターネット利用開始まで時間がかかります。
 
そこで急なテレワークにおすすめがポケットWiFiの契約。WiMAXなどポケットWiFiサービスの契約では回線工事が不要、端末が自宅に届けば簡単にテレワーク用のインターネット環境を導入できる点がメリットです。

テレワークや在宅勤務でテザリング以外に自宅のインターネット環境がない、またはインターネットが遅いと困っている場合、すぐにネット環境を利用できるポケットWiFiの契約がおすすめです。

固定回線と違い、ポケットWiFiは自宅以外のテレワークにも使用できる

またフレッツ光など固定通信回線の場合、自宅でしかインターネットを利用できない一方、ポケットWiFiサービスを契約、持ち歩き可能なモバイルWiFiルーターを利用すれば、自宅に加えて外出先でのテレワークでもインターネットを使用可能です。
 
在宅勤務中、自宅だけでなく近所のカフェで仕事をしたり、お客さま先のオフィスでもインターネットを利用したい場合など、ポケットWiFiが1台あればどこでもインターネットに接続可能で、テレワーク中もさまざまな働き方が可能です。

ポケットWiFiサービスは固定通信回線と比較して安い月額利用料金

フレッツ光など一般的な固定インターネット回線の月額利用料金は5,000円~6,000円。それ以外に開通工事費用や自宅用の無線WiFiルーターの購入など、テレワーク用のインターネット環境導入に費用がかかるもの。比較して、WiMAXなどのポケットWiFiサービスの場合は月額利用料金3,000円台
 
安い費用で自宅・外出先などどこでもテレワークで仕事が可能な点も、ポケットWiFiの利用をおすすめする理由の1つです。

テレワーク向けポケットWiFiの選び方や比較ポイント

ポケットWiFiサービスにはWiMAXなど数多くのサービスがあり、どれがテレワークにおすすめかの十分な比較・検討が必要です。以下、データ通信容量や速度、月額料金など、テレワーク向けポケットWiFiのおすすめの選び方や、比較すべき3つのポイントを紹介します。

ビデオチャットも利用できる大容量・高速な通信速度のWiFiルーターか?

テレワーク向けのポケットWiFi契約で確認すべきが、料金プランの通信容量や、使用するルーター端末の通信速度。特にテレワーク・在宅勤務中にZoomやSkypeなどビデオチャットを利用する場合、十分大容量で高速な通信速度のポケットWiFiルーターの利用がおすすめです。
 
通信速度ではLTE通信回線を使うポケットWiFiと比較して、WiMAXがおすすめ。モバイルルーター最新機種の使用で下り最大速度867Mbpsなど、他のポケットWiFiと比較して最速級の高速インターネット通信の利用が可能で、テレワーク中のネット環境にも安心です。

テレワーク中のビデオ会議の推奨速度環境やデータ通信容量の目安

テレワーク中のポケットWiFiの料金プランを選ぶにあたり、どの程度のデータ通信容量が必要か、またどの程度高速なルーター端末が必要かの目安が以下の表。テレワーク中のビデオ会議で多く使用される、ZoomやSkype、Googleハングアウトの各公式サイト情報から推奨速度環境やポケットWiFiに必要なデータ通信容量の目安をまとめました。

テレワーク中のビデオ会議の時間や使用ツールによるものの、最低でも月間通信容量20GB以上のポケットWiFi契約がおすすめ。また速度は高速な方が良いものの、ビデオ会議は数Mbpsあれば十分です。
テレワーク中の主なビデオ会議ツール 下り・上り通信速度(推奨) 1時間あたりのデータ通信容量 1日2時間使用した場合の1ヶ月の通信容量目安
Zoom(映像+音声) 0.6~1.2Mbps/0.6Mbps 約0.4GB 約16GB
Skype(映像+音声) 1.5~4Mbps/0.5~1.5Mbps 約1GB 約40GB
Googleハングアウト 3.2Mbps/3.2Mbps 約0.7GB 約28GB
一般的な動画視聴(中画質) 約0.3GB 約12GB

※データ通信容量は同時通話人数などでも変動するため、あくまで目安です。

テレワーク・在宅勤務の自宅が電波を受信できるネットワーク内か?

ポケットWiFiが安い料金で早く導入できるインターネット通信サービスでも、テレワーク・在宅勤務の自宅が電波を受信できる対応ネットワークの圏外では意味がありません。このため急ぎの契約でも事前のエリア確認が重要です。
 
例えば、ソフトバンクの携帯・スマホを契約中の場合はソフトバンクのLTE回線を利用するポケットWiFiの契約が安心でテレワーク用におすすめ。携帯・スマホでソフトバンクLTE回線の電波を受信できれば、ポケットWiFiサービスも利用可能です。
 
比較して、人気のポケットWiFi・WiMAXの場合、住所の丁目・番地までを入力して詳細なネットワーク状況を確認できる「ピンポイントエリア判定サービス」の利用がおすすめで、テレワーク前にネットで簡単に通信回線の対応エリアを調べられます。

利用可能なキャンペーンも含む実質価格が安いポケットWiFiか?

最後にポケットWiFiの契約で重要な料金プランの比較。テレワークや在宅勤務など仕事で必要なものは安い価格以上にサービスの品質も重要ですが、とは言え2年~3年縛りのポケットWiFi契約なら、利用料金も時間をかけて比較したいもの。
 
特に人気ポケットWiFi・WiMAXの場合、契約できるプロバイダが20社以上あり、プロバイダにより月額料金やキャッシュバックなど利用可能なキャンペーン内容に違いがあり、キャンペーン特典金額も含む実質負担価格での料金比較が重要です。

テレワーク・リモートワーク用のおすすめポケットWiFi3選

以上の比較観点から、当サイトがテレワーク・リモートワーク用におすすめするポケットWiFiサービスを厳選、以下で3つのサービスを紹介します。

WiMAXのモバイルWiFiルーターW06~下り最大速度867Mbps対応の高速機種

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター人気機種W06

テレワーク用のポケットWiFiで、通信速度を重視する場合のおすすめがWiMAXのモバイルWiFiルーターW06機種。下り最大速度867Mbps、上り最大速度75Mbps対応の端末で、他のポケットWiFiと比較しても高速通信が可能な、口コミでも評判の人気機種です。
 
WiMAXの月間通信容量無制限・ギガ放題プランを契約、このポケットWiFiルーターW06機種を利用すれば、在宅勤務でも快適なテレワークが可能です。

USBケーブル接続で下り最大1.2Gbpsの高速通信を利用可能な端末

WiMAXのモバイルWiFiルーターの魅力は無線WiFi接続でなく、USBケーブルを使用した有線接続の場合に下り最大速度1.2Gbpsまで高速化する点がメリットで、ノートパソコンなどを使う仕事でおすすめ。一般的な固定光回線が下り最大速度1Gbpsのインターネット通信サービスなのと比較しても、WiMAXのW06機種は十分な高速通信を利用可能な端末でテレワーク用におすすめのポケットWiFiです。

WiMAXのWX06は口コミの評判も良いポケットWiFiルーター端末

実際にWiMAXのW06を使用中の方からも良い評判で、実測30Mbps以上など十分な速度との口コミも多いポケットWiFiルーター端末。テレワーク用におすすめです。

WiMAXのギガ放題プランを契約、月間通信量無制限で月額3,000円台

ポケットWiFi・WiMAXの利用料金は契約プロバイダで違いますが、最安プロバイダで契約すれば、月間データ量7GB制限プランは実質月額2,000円台、月間通信量無制限のギガ放題プランは実質月額3,000円台と安い料金で利用可能
 
キャッシュバックキャンペーン特典や、一部プロバイダを除いてモバイルWiFiルーターが新規契約時に無料提供の点も、テレワーク用のポケットWiFiにWiMAXの契約をおすすめする理由の1つです。

WiMAXのデメリット・注意点は対応エリアと3日間で10GBの制限

テレワーク用にポケットWiFi・WiMAXを契約するデメリット・注意点が、対応エリアの問題と3日間で10GBの通信容量制限。自宅でWiMAXの電波を受信できなければ意味がなく、契約前の対応エリア確認が重要で、東京都内など大都市圏ではWiMAXの電波は繋がりやすい一方、地方での利用には注意が必要です。
 
またWiMAXギガ放題プランは月間データ通信容量が無制限の一方、3日で10GBまで(Zoomの標準的なビデオ通話で約25時間分相当)の通信量制限があり、超過時の速度制限に注意が必要。ただし、速度制限が発生しても制限時間帯は夕方18時から午前2時頃までの8時間で、テレワークの業務で使う日中時間帯は通常速度で利用でき、大きなデメリットにならない場合もあります。

契約はルーター無料・最短即日発送のGMOとくとくBBかBroad WiMAXがおすすめ

GMOとくとくBB vs Broad WiMAXテレワーク用にポケットWiFi・WiMAXを契約する場合、通信量無制限のギガ放題プランの料金が安い、キャッシュバックなどのキャンペーンがあるプロバイダで、かつルーター端末が無料で、できるだけ発送の早いプロバイダがおすすめです。
 
この条件に合うおすすめプロバイダがGMOとくとくBBとBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。どちらも新規契約で端末を無料提供、また契約後、端末の最短即日発送がメリットのプロバイダで、急なテレワーク・在宅勤務にも対応できます。

ただし、GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンで実質負担価格が安くなるプロバイダで、キャッシュバック特典の受け取りに注意が必要な点がデメリット。当サイトでは月額料金が他社と比較して安いBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の契約をおすすめします。

WiMAXのホームルーター・HOME L02~下り最大速度1Gbps対応の据え置き型

WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02
据え置き型のホームルーター端末
WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02

高速な通信速度がおすすめのWiMAXですが、テレワーク中のWiFiルーターの使用が主に自宅のみで、自宅に安定したインターネット環境を早く、安く導入したい場合、WiMAXの据え置き型ホームルーター端末の利用もおすすめ。固定回線と比較して、回線開通工事が不要でコンセントに接続するだけでインターネット通信が可能な点がメリットです。
 
中でもWiMAXのホームルーター・HOME L02は下り最大速度1Gbps対応の高速ルーター端末。モバイルWiFiルーターと比較して据え置き型のホームルーター端末は自宅利用が前提で、自宅の広い範囲で電波を受信、インターネット接続可能で家族と共用も可能。在宅勤務・テレワーク用にもおすすめの、口コミの評判も良い端末です。

おすすめのBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合、新規契約で無料提供

当サイトでおすすめのWiMAXプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)で契約する場合、モバイルWiFiルーターだけでなくホームルーター端末も選択可能で、新規契約キャンペーンで価格も無料で提供される点がメリット。
 
また最短契約即日に端末が発送され、届け先により最短翌日に端末が届く点もテレワーク用におすすめで、東京・大阪・名古屋にあるルーター受け渡し専用の店舗では申し込み即日の受け取りも可能です。

特に急なテレワーク・在宅勤務でポケットWiFiを契約する場合、端末の即日発送で到着までの時間が早いBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめで、固定回線と悩む場合はWiMAXのホームルーターの検討がおすすめです。

※ポケットWiFiルーターの在庫不足の場合、発送に時間がかかる場合も。その場合は当面のテレワーク用にまずWiMAXなどポケットWiFiの短期レンタルもおすすめです。

ソフトバンク・ドコモ・auのLTE回線利用の無制限ポケットWiFi・ギガWi-Fi

ギガWi-Fi高速通信が魅力のポケットWiFi・WiMAXが当サイトのおすすめですが、テレワーク中の利用エリアや自宅などの利用場所がWiMAXの圏外の場合、WiMAX以外のポケットWiFiの検討が必要です。多数のポケットWiFiサービスがありますが、おすすめはソフトバンク・ドコモ・auの3キャリアのLTE回線を利用可能な無制限ポケットWiFi・ギガWi-Fi。
 
WiMAXと比較して通信速度が下り最大速度150Mbps対応と遅い点や、端末がレンタル扱いで解約時に返却が必要な点がデメリットですが、3日間でデータ通信量10GBの制限も無く、通信量無制限で利用できる点がメリットのポケットWiFiです。

繋がりやすいソフトバンクなどの4G LTE回線ネットワークを使うポケットWiFi

ポケットWiFi・ギガWi-Fiのおすすめ理由は、ソフトバンク・ドコモ・auの4G LTE回線ネットワークエリアに対応、電波が繋がりやすい点。テレワークや在宅勤務の場所がソフトバンクなどのスマホや携帯で電波受信が可能な場所であれば、ギガWi-FiのポケットWiFiルーターを利用可能で、WiMAXと比較して地下などでも繋がりやすい通信がメリット。
 
また当サイトおすすめのBroad WiMAXと同様に端末の最短即日発送に対応、急なテレワーク・在宅勤務の場合でもすぐに端末が届きます。月額料金プランもWiMAXと同様に3,000円台で利用可能な人気・おすすめポケットWiFiです。

通信速度よりも電波の繋がりやすさを重視する場合やWiMAXの圏外エリアで利用予定の場合、ソフトバンクLTE回線の電波を、安い月額料金で利用可能なポケットWiFi・ギガWi-Fiがおすすめ!

2020年7月、急ぎで仕事用のテレワーク・リモートワーク環境が必要な方へ

以上、テレワーク・リモートワーク用のポケットWiFiの比較ポイントや、おすすめサービスを紹介しましたが、中には急ぎで仕事用に自宅のインターネット環境が必要な方も。以下、当サイトおすすめの最短でテレワーク・リモートワーク用のインターネット環境を導入する方法を、2020年7月の最新情報で紹介します。

当サイトのキャンペーンを利用、最短即日発送のBroad WiMAXを契約

Broad WiMAX
当サイトおすすめのBroad WiMAXは
月額2,000円台からインターネットを利用可能

テレワーク用のおすすめポケットWiFiで紹介した通り、端末の最短即日発送に対応したBroad WiMAXの契約がおすすめ。月間データ通信量無制限のギガ放題プランを月額料金3,411円~で利用でき、当サイト経由の申し込みの場合は当サイト限定Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンも利用できます。

テレワーク・リモートワーク中に、快適な通信速度かつ月間通信容量が無制限で利用できるポケットWiFiがWiMAX。また数多いプロバイダの中で月額料金プランが最安級のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめです。キャンペーンやサービス内容の詳細は下記ページでご確認ください!

電波受信などに問題がある場合、初期契約解除制度を申請して解約可能

WiMAXの契約で重要なのはエリア確認で、本来はテレワークの前にルーター端末の無料お試しサービス・Try WiMAXを利用した電波の受信確認がおすすめです。ただし時間が無い場合はまずBroad WiMAXを契約、電波受信に問題があれば初期契約解除制度を申請して解約可能で、違約金などの心配はありません
 
初期契約解除制度は電気通信事業法令で定められた制度で、契約後8日以内は利用者の都合で回線契約を解除できます。契約事務手数料3,000円などは返金されませんが、途中解約の違約金は支払い不要です。

急なテレワークなどで今すぐポケットWiFiルーターが必要な場合はWiMAXを契約、電波受信に問題があれば8日以内に解約、高額な費用負担のリスクはありません

テレワーク用に無制限ポケットWiFi・ギガWi-Fiを契約

ギガWi-Fiロゴテレワーク中の自宅などの利用場所でWiMAXの電波状況が悪い場合、すぐにポケットWiFi・ギガWi-Fiの契約への切り替えがおすすめ。ギガWi-Fiも最短で契約即日の端末発送に対応、WiMAXと同様の据え置き型ホームルーター端末は選べませんが、モバイルルーター端末が新規契約時に無料でレンタル提供の点もメリットです。
 
対応エリアの広いソフトバンクやドコモ、auのLTE回線を利用するポケットWiFiのため電波受信の問題は比較的少なく、通信速度がやや遅い点を除けばテレワーク用にギガWi-Fiの無制限プランの利用もおすすめです。

もちろんギガWi-Fiも初期契約解除制度に対応、最悪の場合は違約金なしで解約可能ですが、ギガWi-Fiは口コミでも良い評判で人気急上昇中のポケットWiFi。サービス詳細は下記ページでご確認ください!。

短期テレワークなら契約期間の縛りなしで使えるポケットWiFiレンタル

テレワークが2週間や1ヶ月など短期の場合は、契約期間の縛りなしで使えるレンタルサービスの利用がおすすめ。ソフトバンクのポケットWiFiルーターやWiMAXの端末は1ヶ月5,000円程度の費用でレンタル可能で、端末の即日配送に対応するサービスもあり、急なテレワーク・在宅勤務にもおすすめです。

WiFiレンタル最大手!即日発送のWiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ当サイトおすすめのポケットWiFiの短期レンタルサービスは「WiFiレンタルどっとこむ」。東京商工リサーチによる国内用WiFiレンタルサービスの調査で2年連続NO.1の評価を得ている最大手のサービスで、在庫も豊富、即日発送対応のため端末到着までの時間も早く短期のテレワークにおすすめです。WiMAXのほか、ソフトバンク回線を利用するポケットWiFiもレンタルできます。

テレワークにおすすめのポケットWiFiルーター機種 1ヶ月のレンタル費用
WiMAX W06(高速・月間容量無制限、ただし3日10GB制限) 5,019円(当サイト特別価格)
SoftBank E5383(ソフトバンク通信エリア対応・無制限) 4,612円(当サイト特別価格)

当サイト・WiMAX比較ナビ経由でWiFiレンタルどっとこむ公式サイトにアクセスすると、テレワーク中のポケットWiFiを特別価格でレンタルできます。

契約期間が1ヶ月単位!レンタル利用におすすめの縛りなしWiFi

縛りなしWiFi短期のテレワークや在宅勤務では上記のレンタルサービスのほか、1ヶ月単位で料金を支払うポケットWiFiサービス「縛りなしWiFi」もおすすめ。1日単位で利用できるレンタルと比較して月単位のレンタル利用ですが、契約期間の縛りなしで利用でき、解約金が常に無料。契約期間のあるWiMAXのプロバイダ契約と比較して通信容量は少ないものの、当面のテレワーク・在宅勤務におすすめのポケットWiFiです。

テレワークにおすすめのポケットWiFiルーター機種 料金プランと月額費用
Softbank 801ZT(ソフトバンク通信エリア対応・1日2GB制限) 縛りなし・通常プラン(3,300円)
SoftBank E5383(ソフトバンク通信エリア対応・月間容量20GB制限) 縛りなし・ライトプラン(3,000円)

※ただしテレワークで長期利用の場合、レンタル利用は費用が高いため、WiMAXやポケットWiFi・ギガWi-Fiの契約がおすすめです。

テレワーク・在宅勤務用のポケットWiFiについてよくある質問

最後にこのページのまとめとして、テレワーク・在宅勤務用のポケットWiFiについてみなさんからのよくある質問を紹介します。

テレワーク・在宅勤務中のインターネット環境のおすすめは?

テレワーク・在宅勤務中の自宅ネット環境には、もちろんフレッツ光などの固定回線もおすすめですが、回線工事に時間や費用がかかるほか、自宅でしか使えません。その点、WiMAXなどのポケットWiFiルーター契約は回線工事不要ですぐにネットを使える上、自宅だけでなくカフェなどでもテレワーク勤務が可能。特に急ぎの場合はポケットWiFi契約がおすすめです。

テレワーク・在宅勤務用にポケットWiFiを契約する場合のおすすめは?

テレワーク・在宅勤務用にポケットWiFiを契約する場合、ビデオチャットなどを快適に行うのに十分な通信速度・容量のポケットWiFi契約がおすすめです。これを機に長期契約を検討中の場合は、WiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランの契約がおすすめで、また短期のテレワーク・在宅勤務であればレンタル利用も可能です。

契約期間の縛りなしでWiMAXやポケットWiFiをレンタル利用できる?

WiMAXなどポケットWiFiルーターの契約は、2年や3年の契約期間の縛りがあります。一方、テレワーク中に1日単位でポケットWiFiを利用できるレンタルサービスや、1ヶ月単位でポケットWiFiをレンタル利用、いつでも無料で解約可能な「縛りなしWiFi」の利用もおすすめです。

以上、テレワーク中のインターネット環境やおすすめのポケットWiFiについて紹介しました。テレワーク・在宅勤務を快適にするため、Broad WiMAXやギガWi-FiのポケットWiFiルーター契約やレンタル利用をご検討ください!

2020年7月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年7月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年7月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!