大容量・月間150GBプランが低料金!それがだいじWi-Fiのおすすめ理由

大容量・月間150GBプランが低料金!それがだいじWi-Fiのおすすめ理由

それがだいじWi-Fi

数あるポケットWiFiサービスの中で安い月額料金の月間20GB~100GBの大容量プランが人気のそれがだいじWi-Fi。2020年6月に料金プランを改訂、現在は月間150GB保証プランを低料金で利用できるサービスを提供中です。

それがだいじWi-Fiは他の無制限ポケットWiFiと同様、ドコモ・ソフトバンク・auの3キャリアの通信回線に対応、広いエリアで繋がりやすく、海外でも使えるなどのメリットは同じ。ただし他のポケットWiFiは通信障害や不安定に発生する速度制限などの口コミがある一方、それがだいじWi-Fiは月間150GBを保証、3日で10GBの制限もなしと安心のサービスです。

このページでは、それがだいじWi-Fiの料金プランやおすすめ理由を徹底解説、WiMAXや他の無制限ポケットWiFiと比較して、それがだいじWi-Fiのメリットやデメリットを紹介します。

それがだいじWi-Fiのおすすめ理由

それがだいじWi-FiのロゴそれがだいじWi-Fiはドコモ・ソフトバンク・auの通信回線を利用可能なクラウドSIMを利用するポケットWiFiサービス。他のクラウドSIM型のポケットWiFi(どんなときもWiFiやMugen WiFiなど)は通信量無制限のサービスを提供するのと比較して、それがだいじWi-Fiは月間150GB保証の大容量プランを提供しています。
 
それがだいじWi-FiのポケットWiFiサービスがおすすめの理由は何でしょうか?以下、3つのおすすめポイントを紹介します。

それがだいじWi-Fiは月間150GB保証プランを安い月額料金で利用可能

それがだいじWi-Fiは無制限ポケットWiFiではないものの、月間150GB保証の大容量プランを提供、月額料金3,250円と安い料金で利用できる点が第一のおすすめ理由。2年縛りで、WiMAXなど他のポケットWiFiと比較して契約期間が短い点もおすすめです。

月間150GB以内は、3日間での通信量制限なしで安心して使える

人気ポケットWiFi・WiMAXでおすすめのギガ放題プランは月間通信量無制限の一方、直前3日間で10GBまでの通信量制限があり、超過時は通信速度が最大1Mbpsまで低下する速度制限がデメリット。比較して、それがだいじWi-Fiは月間150GBの制限はある一方、150GB以内の間は速度制限もなく、3日間の通信量制限なしで使える点がメリットです。

特に1日あたりのデータ通信量が多い方には、月間150GBまで通信量や速度制限を気にせず安心して使える点がそれがだいじWi-Fiのおすすめポイントです。

他の無制限ポケットWiFiの中には速度低下など悪い評判・口コミのサービスも

もちろん通信量が多い方には、それがだいじWi-Fiと比較して完全無制限のポケットWiFiがおすすめですが、どんなときもWiFiやMugen WiFiなど無制限にもかかわらず速度制限がかかったり、通信障害などが原因で新規申し込み受付を停止するサービスも増加中(詳細は別の記事「クラウドSIM型の無制限ポケットWiFiサービス最新情報」を参照。
 
実際に、利用ユーザーからは「速度が遅い」「繋がりにくい」などの悪い評判・口コミも増えています。

それがだいじWi-Fiも他の無制限ポケットWiFiと同様のクラウドSIMを利用、同じルーター端末を使用するサービスですが、無制限ではなく月間150GBを保証。制限があるものの、逆に月間150GBまで安心して使えるサービスの点がおすすめです。

ドコモ・ソフトバンク・auの3キャリアの通信回線に対応

3キャリアの通信回線に対応それがだいじWi-Fiは、他の無制限WiFiと同様のクラウドSIM技術を採用。使用するモバイルルーター端末にはSIMカードが無く、インターネット通信に必要なSIMカードの情報をクラウドサーバー側で管理する仕組みです。
 
ソフトバンク回線の電波が繋がりやすいエリアではソフトバンクのSIM情報が、ドコモ回線の電波が繋がりやすいエリアではドコモのSIM情報が自動的に選択され、ソフトバンク・ドコモ・auの3キャリア、すべての通信回線に対応できる点がメリットです。

利用可能エリアが広く、海外でも使える

それがだいじWi-FiなどクラウドSIM型のポケットWiFiのメリットが、3キャリアの通信回線のいずれかに接続できるエリアではインターネットに接続可能なため、利用可能エリアが広い点です。また海外でも自動的に接続可能なSIMが選択されるため、使用中のモバイルルーター端末は海外旅行先の現地でも利用可能です。
 
それがだいじWi-Fiを契約すれば、世界134の国や地域でモバイルルーター端末を利用可能で、海外旅行時のレンタルWiFiが不要になります(ただし、利用には1日あたり900円または1,200円の料金が別途かかります)。

端末が最短即日発送で、すぐ届く点もおすすめ

また、それがだいじWi-Fiは他のポケットWiFiに少ない最短即日発送に対応。土日は配送が無く、最短即日発送は平日の申し込みの場合のみですが、届け先エリアによってはそれがだいじWi-Fiの契約・申し込みの最短翌日に端末がすぐ届く点もおすすめ理由の1つです。

他のポケットWiFiサービスとの比較とメリット・デメリット

上記のおすすめ理由で紹介した、3キャリアの通信回線対応や海外でも使える点などは、他の無制限ポケットWiFiサービスと同様ですが、他のポケットWiFiサービスとそれがだいじWi-Fiの違いや、比較してメリット・デメリットは何でしょうか?

以下、それがだいじWi-Fiのメリットや契約時の注意点・デメリットを、他のポケットWiFiサービスと比較で紹介します。

それがだいじWi-Fiの利用メリット
  • ルーター端末が購入扱いで解約時の返却が不要
  • 途中解約時の契約解除料が他サービスと比較して安い
それがだいじWi-Fiの注意点・デメリット
  • WiMAXと比較すると通信速度が遅い
  • 月間150GB超過時は速度制限がかかる

ルーター端末が購入扱いで解約時の返却が不要な点はメリット

それがだいじWi-Fiで利用するモバイルルーターは端末が購入扱いのため、解約時の返却などが不要な点がメリット。また購入費用も無料で、端末代金が不要な点もメリットです。

他の無制限ポケットWiFiではレンタル扱いで返却が必要な場合も

比較して、他のポケットWiFiサービスの中には使用するモバイルルーター端末がレンタル扱いで、解約時に返却が必要な場合や、返却を忘れると数万円の機器代金を請求されるサービスも。それがだいじWi-Fiは購入扱いで、余計な手間も無く安心です。

途中解約時の契約解除料が他のサービスと比較して安い

それがだいじWi-Fiの契約期間は2年で、他の3年縛りのポケットWiFiと比較して契約期間が短い上、途中解約時の契約解除料が一律9,500円と安い点もメリット。他のポケットWiFiサービスの場合、契約1年目の途中解約に2万円~3万円の違約金が必要な場合もあります。

契約期間2年未満の途中解約時は端末残債の請求に注意が必要

ただし、それがだいじWi-Fiのモバイルルーターは無料ですが、実際は契約期間中の割賦払い契約の点に注意が必要。初回の契約期間2年未満の途中解約の場合、契約解除料は安いものの、ルーター端末の残債が請求される可能性があります。

それがだいじWi-Fiのルーター端末はWiMAXと比較して速度が遅い

この点はそれがだいじWi-Fiのデメリットですが、使用するモバイルルーター端末の通信速度スペックがWiMAXと比較して遅い点に注意が必要。使用するのは他の無制限ポケットWiFiと同じルーター機種ですが、通信速度重視の場合はそれがだいじWi-Fiと比較して高速なポケットWiFi・WiMAXがおすすめです。

利用機種U2sの速度スペックは下り最大150Mbps対応

それがだいじWi-FiのU2s機種それがだいじWi-Fiで利用可能なモバイルルーター端末はU2s機種のみで、どんなときもWiFiやMugen WiFiなど他の無制限ポケットWiFiと同じ端末。速度スペックが下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsと、WiMAXなどのモバイルWiFiルーターと比較して遅い点がデメリットで、同時接続可能台数も5台のみと、複数人数での共同利用には不向きな端末です。

比較してWiMAXのW06機種は下り最大速度867Mbps対応と高速

WiMAXモバイルルーターW06比較して、高速な通信速度で人気のポケットWiFi・WiMAXの場合、モバイルWiFiルーター機種のW06を選ぶと、下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大1.2Gbps)、上り最大速度75Mbps対応の高速インターネット通信を利用できます。
 
ちなみに、WiMAXの場合もそれがだいじWi-Fiと同様、多くのプロバイダが新規申し込みキャンペーンでルーター端末を無料購入扱いで提供している点もメリット。途中解約時に残債が請求されるなど、それがだいじWi-Fiのようなデメリットもありません。

月間通信量150GBと大容量だが、超過時の速度制限はデメリット

それがだいじWi-Fiは月間通信量150GBの大容量プランがメリットですが、万が一、通信量上限を超過すると厳しい速度制限がかかる点がデメリットで、速度制限は当月末まで続き、追加料金の支払いなどで解除できない点もデメリットです。

超過時は送受信時最大384kbpsに低速化、翌月まで解除されない

それがだいじWi-Fiを利用中、月間通信量150GBの上限を超過すると、ルーター端末の通信速度が送受信時最大384Kbpsまで低速化する速度制限がかかり、ほぼインターネット通信ができなくなります。また速度制限は翌月1日まで解除されません。

完全無制限で使いたい場合は他のポケットWiFiサービスがおすすめ

比較してWiMAXのギガ放題プランには3日で10GBの制限があるものの、それがだいじWi-Fiのような厳しい速度制限が発生しない点がメリットです。また一切速度制限のない完全無制限のポケットWiFiを使いたい場合は、それがだいじWi-Fi以外のポケットWiFiサービスがおすすめです。

まとめ:それがだいじWi-Fiをおすすめするのはこんな人

以上、それがだいじWi-Fiの料金プランやおすすめ理由、他のポケットWiFiとの比較でメリットや契約時の注意点・デメリットを紹介しました。
 
結論のまとめとして、それがだいじWi-Fiがおすすめなのは以下のような人です。

  • 月間通信量150GBで十分(動画視聴が1日平均3~4時間以内)
  • 通信速度にこだわりが少ない、またはWiMAXの圏外エリア在住
  • 月間無制限より150GB保証の方が安心できる

上記のような方には月額利用料金3,250円と安い大容量ポケットWiFi・それがだいじWi-Fiはおすすめ!即日発送にも対応しているので、ぜひ公式サイトで詳細をご確認ください。

【月間150GB保証!大容量ポケットWiFi】

 
逆に、通信速度にこだわりたい方にはWiMAXがおすすめ、またWiMAXの場合は当サイト限定のAmazonギフト券キャッシュバックキャンペーンを利用できるBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめ。また通信量無制限にこだわる方には、2020年7月も新規契約可能な無制限ポケットWiFi・ギガWi-Fiもおすすめです!併せてぜひご確認ください。
【それがだいじWi-Fi以外のおすすめ】

2020年7月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年7月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年7月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!