RaCoupon(ラクーポン)って何?!楽天系のWiMAXサービス徹底解剖

RaCoupon(ラクーポン)って何?!楽天系のWiMAXサービス徹底解剖

楽天WiMAXのキャンペーン

ドコモ・ソフトバンク・auに続く“第4のキャリア”楽天は、インターネット通信サービスに注力する企業で、格安スマホや格安SIMを扱う「楽天モバイル」のほか、フレッツ光やドコモ光など光回線サービス、WiMAX関連ではラクーポンや楽天ブロードバンドのサービスがあります。
 
このページではラクーポンと楽天ブロードバンドのWiMAXサービスについて、おすすめのWiMAXサービスか、他のWiMAXプロバイダと比較したメリットやデメリット、解約手続きの方法や注意点を紹介します。

2020年11月現在、株式会社EPARKに譲渡されたラクーポン(CP WiMAX)、楽天ブロードバンドともに新規契約・申し込み受付を終了。楽天でWiMAX契約を検討中の場合、他プロバイダの検討が必要です。当サイト・WiMAX比較ナビではWiMAXの料金プラン・キャンペーン比較の最新情報を提供、おすすめプロバイダを紹介中です。

ラクーポン(RaCoupon)WiMAXと楽天の関係

ラクーポン(RaCoupon)WiMAXは、2017年11月に楽天から株式会社EPARKに事業譲渡され、CP WiMAXに名称変更後、新規申込受付は中止。以下、主にラクーポンWiMAXの概要と解約方法を解説します。

ラクーポンWiMAXは楽天クーポン株式会社のサービスだった

ラクーポン(RaCoupon)とは楽天のサービスの1つで、楽天グループの各種サービスをお得な料金で利用できるクーポンサービス。このラクーポンは現在も楽天のサービスとして運営中です。
 
このうちラクーポンWiMAXは、ラクーポンサービスの「買うクーポン」としてWiMAXの契約受け付けやルーター機種が販売されていました。このラクーポンサービスの買うクーポンは元はシェアリーというサービスで、2013年に楽天に統合されたサービス。当時のシェアリーWiMAXがラクーポンWiMAXに変更され、楽天グループの楽天クーポン株式会社がラクーポンWiMAXを運営していました。

さらに2017年、ラクーポンサービスの買うクーポンが楽天から株式会社EPARK(イーパーク)に売却されました。

EPARKマーケティングが運営会社、Eクーポン・CP WiMAXに名称変更

楽天クーポン株式会社が運営していたラクーポンWiMAXサービスは運営会社が楽天から株式会社EPARKマーケティングに、「RaCoupon(ラクーポン) 買うクーポン」も「Eクーポン」というサービス名に変更、ラクーポンWiMAXはCP WiMAXに名称変更されました。

楽天IDが使用できなくなり、新IDへの移行も発生

従来、楽天IDで利用可能だった「RaCoupon(ラクーポン)買うクーポン」ですが、運営会社の変更に伴い楽天IDが使用できなくなり、ラクーポンWiMAXユーザーも含め、EPARK会員IDを新たに取得、過去の購入クーポンの移行が必要でした。

運営会社は楽天クーポンからEPARKマーケティングに

運営会社が楽天からEPARKマーケティングに、サービス名がCP WiMAXに変更されたものの、ラクーポンで契約したWiMAX端末は継続利用が可能でした。

2017年10月31日まで 2017年11月1日から
会社名 楽天クーポン株式会社(楽天株式会社) 株式会社EPARKマーケティング(株式会社EPARK)
サービス名 RaCoupon(ラクーポン) 買うクーポン(racoupon.rakuten.co.jp) Eクーポン(coupon.epark.jp)
WiMAXサービス RaCoupon(ラクーポン) WiMAX CP WiMAX

ラクーポンはEPARKのCP WiMAXに変更、新規契約受付終了

楽天のラクーポンWiMAXはEPARKマーケティング運営のCP WiMAXに変更され、2020年11月現在、新規契約申し込み受付は停止中。現在は既存契約者向けのサービスです。

2020年11月最新情報
2020年1月、CP WiMAX(旧ラクーポンWiMAX)を運営する株式会社EPARKマーケティングが株式会社ハイホーに吸収合併され、現在はCP WiMAX利用者の問い合わせ先は株式会社ハイホーです。

旧ラクーポンの電話問い合わせ先・解約方法のサポートはEPARK

このWiMAXサービス運営体制の変更で「楽天だから加入したのに!」と解約を希望する方も。ただしEPARKのCP WiMAX(Eクーポン)WEBサイトには、

会社名変更を理由とした解約を希望される場合でも、ご契約約款に沿ってご利用料金や契約解除料等をお支払い頂く…
(https://help.epark.jp/faq/show/1690より)

とあり、個々の契約内容に沿った解約金・違約金が通常通り発生します。契約プラン情報はすべて楽天からEPARKへと引き継がれ、ラクーポンWiMAXの契約内容や解約の問い合わせは、EPARKのCP WiMAXの問い合わせ窓口にする必要があります。

CP WiMAX(旧楽天・ラクーポン)への解約金・違約金が発生する途中解約の場合、Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンを利用、WiMAXの契約プロバイダをBroad WiMAXに変更して利用を継続する方法もおすすめです。

EPARK・ハイホーでは電話問い合わせに対応、電話番号の公開も

EPARKでは(2020年11月現在はハイホーが)電話でのWiMAX関連の問い合わせに対応、電話番号も公開中です。ただし、電話問い合わせの受付時間は平日10:00~18:00のみで混み合う可能性に注意が必要。なお、問い合わせはWEBサイトのフォームからも可能で、WiMAXの解約はEPARKのマイページにログインして申請できます。

EPARK・CP WiMAX専用問い合わせ窓口
0570-006-131
受付時間:平日10:00~18:00
hi-ho(ハイホー)インフォメーションデスク(2020年1月以降)
0120-858-140
受付時間:9:00~18:00(年末年始除く)

※解約方法の詳細は、CP WiMAX(旧ラクーポン)の「WiMAXの解約申請方法」を確認ください。

解約方法はマイページから、手続きは希望月の20日までに完了

CP WiMAX(旧ラクーポン)の解約方法ですが、手続きを解約希望月の20日18時までにEPARKのマイページにログインして申請・完了が必要です。これを過ぎると翌月の解約扱いで、場合により解約金や違約金が発生する可能性に注意が必要です。

楽天ブロードバンドのWiMAX~月額料金やキャンペーン

楽天ブロードバンドのWiMAXも2019年3月で新規申し込み受付を終了。2020年11月現在は楽天でWiMAXを契約できません。以下、楽天ブロードバンドの概要とWiMAXの解約手続き方法を紹介します。

楽天ブロードバンドラクーポンWiMAXのEPARKへの売却の一方、楽天ブロードバンドのWiMAXサービスは継続提供、他社WiMAXサービスに無い楽天だけの特典もあり、楽天で契約を検討する方も多い様子。
 
以下、楽天ブロードバンドのWiMAXサービスと他のWiMAXプロバイダを比較、おすすめポイントや注意が必要な点など、月額料金プランやキャンペーン特典の比較からメリット・デメリットを確認します。

楽天ブロードバンドはお得?WiMAXの料金プランとキャンペーン内容

楽天プロードバンドのWiMAXサービスは、すでに楽天会員で楽天市場でよく買い物をする方、楽天のクレジットカードを持っていてポイントを貯めている方にはメリットのある内容。楽天WiMAXサービスの月額料金プランやキャンペーンの特徴は以下の通りです。

楽天WiMAXの料金プランは月間データ通信量7GB制限とギガ放題の2種類

楽天プロードバンドで契約する場合、WiMAXの月額料金プランは月間データ通信量7GB制限のWiMAX2+接続サービスプランと月間通信量無制限のWiMAX2+接続サービス・ギガ放題プランの2つで、他のWiMAXプロバイダと同様の内容。月間通信量の上限超過時の速度制限、3日間で10GBまでの通信量制限も、楽天と他プロバイダを比較して違いはありません。

インターネット申し込みが対象のキャンペーン特典

楽天ブロードバンドのWiMAXサービスにインターネット経由の入会・申し込みは、下記キャンペーン特典対象の点がおすすめポイントです。

  • 新規契約特典として楽天スーパーポイント5,000ポイント還元
  • 契約期間中、毎月100ポイントが楽天からプレゼントされる
  • 契約開始後、3ヶ月間はWiMAXの月額利用料金が無料

楽天のWiMAXサービスだけに楽天ポイントの還元キャンペーンがメリットで、他のWiMAXプロバイダには無いキャンペーン特典。逆に、他のWiMAXプロバイダが実施中の乗り換えキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンは楽天ブロードバンドにはありません。

auスマートバリューmineに対応、最大1,000円の月額割引

auのケータイ・スマホを契約中の場合、WiMAXの契約と同時に申請可能なauスマートバリューmine割引。他のWiMAXプロバイダと同様、楽天ブロードバンドも対応可能なプロバイダで、auユーザーの場合は月額最大1,000円がau利用料金から割引されます。

楽天ブロードバンドと他のWiMAXプロバイダの比較

楽天のWiMAXサービス内容を、当サイトが最安・おすすめプロバイダとして紹介するBroad WiMAX(ブロードワイマックス)と料金やサービス内容を比較し、楽天WiMAXの特徴や注意が必要な点、デメリットを確認します。

Broad WiMAXと楽天WiMAXの料金プラン・キャンペーン・サービス比較

※2019年3月時点の各公式サイト情報をもとに比較表を作成しています。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス) プロバイダ 楽天WiMAX
Broad WiMAX 楽天ブロードバンド
・最新機種を含む全端末無料
・WEB申し込み、料金支払い方法がクレジットカードの場合は初期費用が全額割引
・当サイト経由の申し込みでAmazonギフト券1万円プレゼント!
キャンペーン ・端末価格無料
・契約開始後3ヵ月は月額料金無料
・楽天スーパーポイント5,000ポイント還元
・毎月楽天スーパーポイント100ポイントをプレゼント
2,726円 月額基本料金(月間7GB制限プラン) 3,696円
3,411円 月額基本料金(ギガ放題) 4,380円
101,062円 3年間料金総額(月間7GB制限プラン) 124,968円
124,352円 3年間料金総額(ギガ放題) 147,540円
クレジットカード/口座振替 支払い方法 クレジットカードのみ
W06、WX05、L02、HOME 01 提供ルーター W06のみ
最短即日発送、店舗受け取りの場合は当日から利用可能 最短利用開始日 申し込みから1週間~10日程度で到着
1ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目~36ヶ月目:9,500円
38ヶ月目以降:9,500円
解約金・契約解除料 1~6ヶ月目:32,240円
7~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目以降:9,500円
メールでの問い合わせ以外にも、電話での問い合わせには11:00 ~18:00(月~土/年末年始は除く)で対応 問い合わせサポート メール・チャット(9:00~18:00・年中無休)での問合せ以外に、電話(0800-600-0222)にも対応
株式会社リンクライフ 運営会社 楽天コミュニケーションズ株式会社

楽天ポイント還元・3ヶ月無料特典の一方、WiMAXの月額利用料金は高い

楽天スーパーポイントを使ったキャンペーン特典、WiMAXの月額利用料金が3ヶ月間無料キャンペーンもありますが、月額利用料金が高いため契約3年間の実質費用総額ではBroad WiMAXと比較して2万円から3万円高いのが楽天ブロードバンドのWiMAXサービス。
 
月間7GB制限・ギガ放題のいずれのプランもBroad WiMAXと比較して毎月約1,000円高い月額利用料金で、キャンペーンがあってもお得でないのが楽天ブロードバンドのWiMAXです。

WiMAXのルーター最新機種が無い点がおすすめしない一番の理由

楽天ブロードバンドで申し込み可能なWiMAXルーター機種がW06の1機種のみと、モバイルWiFiルーター端末のWX05や、ホームルーター端末のHOME L02などWiMAXルーター最新機種の取り扱いが無い点は大きなデメリットで、注意点です。

W06端末は下り最大速度867Mbps、上り最大速度75Mbps対応
WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

楽天ブロードバンドのWiMAX申し込みで選べるモバイルWiFiルーターのW06端末は2019年1月発売、下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大速度75Mbps対応の高速ルーター端末で最新機種。当サイトのおすすめ端末ですが、NEC製のモバイルWiFiルーター最新機種WX05や据え置き型ホームルーターなど他の端末を選べない点は、楽天のWiMAXをおすすめしない一番の理由です。

モバイルWiFiルーターWX05やホームルーターを選ぶことができない

2018年11月発売のモバイルWiFiルーターWX05は、W06端末と比較して通信速度が遅いものの、電池・バッテリー持続時間が長く、外出利用の多い方におすすめの機種。また自宅利用が主の場合、ホームルーター端末L02がWiMAXのおすすめ端末ですが、いずれも楽天では選ぶことができない端末です。

楽天ブロードバンドの場合、ルーター端末の発送・到着が遅い

楽天WiMAXの申し込み後、ルーター端末到着までに1週間~10日程度、最大2週間かかる場合も。他のWiMAXプロバイダは最短で申し込みの即日発送対応だったり、Broad WiMAXの場合は契約当日にルーターを受け取り可能な店舗も。ルーターの到着が遅く、WiMAXの利用開始が遅い点も楽天WiMAXのデメリットで注意点です。

WiMAX料金の支払い方法はクレジットカードのみ、楽天カードを推奨

Broad WiMAXがクレジットカードと口座振替の2種類の料金支払い方法に対応するのと比較して、楽天の場合はクレジットカード払いのみ。銀行口座振替でのWiMAX料金の支払い方法には非対応で、また楽天のサービスだけに利用料金の1%が楽天スーパーポイントで還元されるクレジットカード・楽天カードによる支払い方法がおすすめされています。

楽天ブロードバンドは機種変更・プラン変更に非対応もデメリット

楽天WiMAXは契約後のルーター端末の機種変更や契約プランの変更に非対応。他のWiMAXプロバイダでは契約期間により料金がかかる場合があっても、ルーター機種変更に対応していたり、月単位で料金プランを無料で変更でき、この点も楽天WiMAXのデメリット。

ルーター端末故障時はauショップに持ち込み、楽天のサポートは無し

万が一、使用中のWiMAXルーター端末が故障した場合もauショップへの持ち込みを案内されるだけで、楽天ブロードバンドのサポートが無い点も不安な注意点です。

解約違約金(契約解除手数料)が高い点に注意が必要

楽天のWiMAX解約金

Broad WiMAXと楽天WiMAXの比較表の通りですが、特に契約開始後半年以内でのWiMAXの解約で、楽天の場合は解約違約金の金額が非常に高い点に注意が必要です。(契約開始半年以降の解約違約金は他WiMAXプロバイダと同等)

楽天ブロードバンドの解約手続きの方法

楽天ブロードバンドで契約したWiMAXの解約ですが、手続き方法はオンラインでの解約、電話での解約のいずれかの方法が可能です。

オンライン解約手続きの場合 楽天ブロードバンドの会員サイト「メンバーステーション」にログイン後、解約申請フォームから手続き
電話での解約手続きの場合 楽天ブロードバンドカスタマーセンターへ電話、解約手続き
電話番号:0800-600-0222(9:00~18:00・年中無休)

楽天WiMAXの無料解約方法~Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンの利用

2020年11月現在、新規申し込み受付を終了した楽天WiMAXですが、すでに契約・利用中の方の場合、解約には所定の解約違約金がかかります。楽天のサポート体制や機種変更、故障時の対応に不安な場合、別のWiMAXプロバイダへの乗り換え検討もおすすめです。

Broad WiMAX乗り換えキャンペーン(2020年)特におすすめがBroad WiMAXの乗り換えキャンペーンの利用。料金比較の通り、楽天ブロードバンドと比較して月額料金が約1,000円安いBroad WiMAXへの乗り換えは、WiMAXの費用節約に繋がる方法です。さらにキャンペーン利用で楽天の解約に伴う違約金のうち、最大19,000円までをBroad WiMAXがキャッシュバックする評判のキャンペーンです。

実質無料で楽天WiMAXを解約できる方法で、Broad WiMAXとの新規契約ではルーター最新機種が無料提供で、機種変更も無料で可能。Broad WiMAXへの乗り換えなどお得なキャンペーン内容は、当サイトの「Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の限定キャンペーン情報」をご確認ください!

利用する通信回線や対応エリア、速度制限はUQ WiMAXと同じ

楽天ブロードバンドと他のWiMAXプロバイダの共通点が、WiMAXサービス各社で利用する通信回線はすべてUQ WiMAXが使用するのと同じWiMAX2+通信回線で、プロバイダによる通信速度や対応エリアの違いは無い点。
 
通信速度や対応エリアは楽天もUQ WiMAXもBroad WiMAXも同じで、また速度制限ルールも同様。楽天WiMAXでも「月7GB超過時(通常プランの場合)」と「3日間10GB超過時(ギガ放題プランの場合)」に速度制限がかかります。

このためEPARKのCP WiMAXや楽天ブロードバンドのWiMAXを問題なく利用できている場合、安い月額料金で解約違約金もキャッシュバックされるBroad WiMAXへの乗り換えが、すぐにでもおすすめです。

実際の利用者による評判・口コミ情報

以下、ラクーポンWiMAXや楽天ブロードバンドのWiMAXを実際に利用中の方の評判・口コミ情報を紹介します。
 
まず楽天のラクーポンから、EPAEKのEクーポンへの切り替えは、みなさん分かりづらい様子。

楽天のラクーポンWiMAXの解約を検討する方も多い様子。違約金のかからない解約更新月以外は、Broad WiMAXの乗り換えキャンペーンの利用がおすすめです。

もちろん、モバイルなどとあわせて楽天で統一したい!方もいらっしゃいます。

※楽天WiMAXについての評判や口コミ情報は、随時更新・追加します。

結論として、ラクーポンWiMAXも楽天ブロードバンドも新規申し込み受付を終了しており、WiMAXプロバイダの選択対象ではなく、またいずれもWiMAXの新規契約でおすすめしづらい内容のサービスでした。

楽天以外のプロバイダの利用がおすすめ

WiMAXのプロバイダは楽天以外にも20社以上あり、各社が独自の料金プランやキャンペーンを提供中。十分比較・検討すれば楽天WiMAXより有利な条件・最安料金で利用できるプロバイダが見つかります。

最大4万円のキャッシュバックキャンペーンが人気のGMOとくとくBB

GMOとくとくBB楽天以外のWiMAXプロバイダの中で特に人気、おすすめがGMOとくとくBB。申し込み時期や利用するルーター端末で特典金額は違いますが、最大4万円以上のキャッシュバックキャンペーンが人気のプロバイダ。GMOとくとくBBのおすすめ理由は楽天スーパーポイント5,000ポイントより魅力的なキャンペーン特典です。

月額利用料金が安く、ルーター最新端末も無料のBroad WiMAX

BroadWiMAX料金比較でも取り上げたBroad WiMAX(ブロードワイマックス)はキャッシュバックキャンペーンは無いものの、楽天など他プロバイダと比較して安い月額利用料金がおすすめ。ルーター最新端末も無料提供で、契約当日の端末発送や即日店舗受け取りが可能なプロバイダです。
 
当サイト経由のBroad WiMAX契約の場合、Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンの適用対象にも!(詳細は「Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の限定キャンペーン情報」をご確認ください)
 
WiMAXの最新料金情報やお得なキャンペーン情報はぜひ当サイトの情報をご覧ください。お得な当サイト限定キャンペーン情報もあり、おすすめのWiMAXプロバイダが見つかります!

【2020年11月のWiMAX最新料金情報】

2020年11月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年11月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年11月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!