【解説】ポケットWiFiやWiMAXのルーターがネットに繋がる仕組み

【解説】ポケットWiFiやWiMAXのルーターがネットに繋がる仕組み

ポケットWiFi・WiMAXの仕組みを徹底解説

外出先や自宅でのインターネット利用におすすめのポケットWiFiやWiMAXのモバイルルーター。小型の通信端末1台でどこでもインターネットを利用可能ですが、どんな仕組みなのでしょうか?

モバイルルーターの利用や契約ではWiMAXなど複数のポケットWiFiサービスの比較・検討が重要で、各サービスで共通の仕組みや、サービスによる仕組みの違いの理解が重要です。このページでは、WiMAXや各種ポケットWiFiサービスのモバイルルーターはなぜネットに繋がるのか、その仕組みや理由、また各サービスごとのメリット・デメリットの違いについて徹底解説します。

ポケットWiFiやWiMAXの仕組みを徹底解説~ネットに繋がる理由

小型の通信端末1台で、どこでもインターネット接続が可能になるWiMAXなどポケットWiFiのモバイルルーター端末ですが、どのような仕組みでモバイルルーターはネットに繋がるのでしょうか?各ポケットWiFiサービスで仕組みの違いは何でしょうか?
 
まずは、WiMAXなどのポケットWiFiを使ってネットに繋がる仕組みや理由を徹底解説します。

モバイルルーターはスマホやパソコンなどの機器とWiFi接続、基地局と無線通信

WiMAXやポケットWiFiのルーターを介したインターネット接続の仕組み
WiMAXやポケットWiFiのルーターを介したインターネット接続の仕組み(通常、ルーターとスマホやパソコンなどの機器はWiFiで接続、ルーターと基地局は無線通信でデータのやり取りを行う)

WiMAXなど各ポケットWiFiサービスで利用するモバイルルーターは、スマホやパソコン、タブレットなどの機器と通信基地局の中間にある機器で、スマホやパソコンなどの機器とWiFiで接続したり、周辺の基地局と無線で相互通信できる機器です。
 
スマホやパソコンでインターネットに接続、WEBサイトへのアクセスやネット動画を再生する際は、その要求がモバイルルーターを経由して基地局に伝わり、そこからインターネットに接続される仕組みで、返ってきたデータは基地局からWiMAXなどポケットWiFiのルーター経由でスマホやパソコンに転送されて閲覧できます。

近くに基地局がなければインターネット通信ができない仕組み

WiMAXでも他のポケットWiFiサービスでも共通点は、上図の通り、近くに基地局がなければインターネット通信ができない仕組みで、モバイルルーターが近くの基地局の電波を受信できなければ圏外です。つまり基地局が多いサービスほど、モバイルルーターが電波を受信できるエリアやインターネット接続が可能なエリアが広くなる仕組みです。

ポケットWiFiルーター内部には電波を送受信する仕組みとSIMカードが必要

またWiMAXやポケットWiFiのルーター内部には電波を送受信する仕組みに加えて、各通信会社との契約情報が記録されたSIMカードが必要。SIMカードの情報をもとに有効な契約があればインターネットに接続できる仕組みで、有効なSIMカードなしではルーターだけでインターネット通信はできません。
 
最近ではルーター内部にSIMカードが無く、SIMカードの情報をクラウドサーバーで管理するクラウドSIMと呼ばれる仕組みのポケットWiFiもあります。

WiMAXなどポケットWiFiサービスの仕組みで最大の違いは使用する通信回線

基本的なインターネット接続の仕組みはWiMAXも他のポケットWiFiサービスも同じですが、最大の違いは使用する通信回線。サービスにより使用する通信回線の仕組みが違うため、電波の繋がりやすさやエリアの広さ、通信速度にも違いがあります。

この仕組みの違いを理解し、ポケットWiFiの契約では自宅など利用エリアが電波の届く圏内エリアか、通信速度は自分の利用目的に合うかなどの事前確認が必要です。

LTE回線を利用するポケットWiFiはスマホのネットの仕組みと同じ

DocomoやSoftBankなどの通信キャリアが提供するモバイルルーターやY!mobileなど多くのポケットWiFiは、携帯電話やスマホのネットで使用するのと同じ4G LTE回線を利用する仕組みのサービスで、使用するルーターは4G LTE回線の電波を使用してインターネットに接続する仕組みです。
 
LTE回線の基地局が非常に多いため、広いエリアで電波に繋がりやすい上、4G LTEの電波の性質として室内や地下でも比較的ネットに繋がりやすい仕組みの点が特徴ですが、通信速度や携帯電話やスマホでネットを使用する時と同様で、それほど高速ではありません。
 
※一部、5G回線に対応したポケットWiFiもありますが、まだ5G対応エリアが狭いため、実質的には4G LTE回線に接続、インターネットを利用する仕組みのサービスです。

WiMAXのモバイルルーターは独自の通信回線を利用する仕組み

WiMAX2+一方、WiMAXのモバイルルーターが使用するのは独自のWiMAX 2+通信回線である点が、他のポケットWiFiとの比較で仕組み上の最大の違いで、WiMAXも人口カバー率99%以上と広い対応エリアですがLTE回線と比較するとやや対応エリアが狭い点がデメリットです。
 
ただし、WiMAXのモバイルルーター最新機種を利用すれば下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)対応の高速インターネット通信を利用可能な点がメリット・特徴で、他のポケットWiFiと比較してWiMAXが人気の理由の1つです。

WiMAXも他のポケットWiFiもモバイルルーターを利用するサービスの基本的な仕組みは同じですが、使用する通信回線の違いや対応エリア、通信速度の違いを理解した上でのサービス比較が重要です。

サービスや仕組みの違いとメリット・デメリットの比較

続いて、さらに詳しく各ポケットWiFiサービスやインターネット接続サービスの仕組みの違いや、それに伴うメリット・デメリットの違いを比較します。以下、主な3つのインターネット接続サービスについての比較です。

インターネット接続サービス 通信の仕組み(使用する回線)
DocomoやSoftBankのポケットWiFi 各社の4G LTE回線
WiMAXやauのモバイルルーター WiMAX 2+回線・auの4G LTE回線
自宅用の固定回線 フレッツ光・auひかりなどの光回線

LTE回線を利用する仕組みのポケットWiFiのメリットとデメリット

モバイルルーターを利用するポケットWiFiサービスでは、WiMAX 2+回線を利用する仕組みのサービスか、LTE回線を利用する仕組みのサービスかでメリット・デメリットに大きな違いがありますが、LTE回線利用のポケットWiFiの代表がDocomoやSoftBankの提供するモバイルルーターです。
 
またY!mobileのポケットWiFiや、ギガWi-Fi、Mugen WiFiなどクラウドSIMを利用するポケットWiFiも、LTE回線を使ってインターネットに接続する仕組みのサービスです。

広いエリアで電波に繋がりやすい仕組みの点がメリット

前述の通り、LTE回線を利用するポケットWiFiのメリットは対応エリアの広さ。携帯電話・スマホでも利用する通信回線である4G LTEは、すでに日本全国の広いエリアに基地局があり、どこでも電波に繋がりやすい点がメリットです。
 
またLTE回線の電波は周波数帯域が700~900MHzの特に繋がりやすい電波で、室内や屋内でもインターネットに繋がりやすいのが特徴。LTE回線を利用する仕組みのポケットWiFiのメリットです。

月間100GBなど通信容量上限を超えると速度制限がかかる点がデメリット

一方、LTE回線を利用するポケットWiFiには通信容量無制限のサービスは無く、月間100GBなどの容量制限がデメリット。通信容量上限を超えると速度制限がかかり、翌月までインターネットに接続できない制限がかかる仕組みです。
 
一部ポケットWiFiサービスでは追加料金の支払いで速度制限を解除できる場合もありますが、データ通信量が多い場合、LTE回線を利用するポケットWiFiはおすすめでありません。

WiMAX回線を利用するモバイルルーターのメリットとデメリット

契約者数2,000万人以上の人気ポケットWiFiがWiMAXで、WiMAX回線を利用する仕組みのモバイルルーターの利用者が多いのですが、人気理由は何でしょうか?以下、他のサービスと比較したメリット・デメリットを紹介します。

LTE回線と比較して高速な通信速度がWiMAXのメリットで評判の良い理由

LTE回線を利用するポケットWiFiと比較してWiMAXが人気で評判の良い理由が高速な通信速度。WiMAXのモバイルルーターは専用のWiMAX 2+回線を経由してインターネットに接続する仕組みで、使用するルーター端末で速度のスペックは違うものの、LTE回線と比較して高速なインターネット通信が可能な点がメリットです。

モバイルルーターW06機種は下り最大速度867Mbps対応の高速端末
WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

中でも通信速度が高速なルーター端末として口コミで評判なのがモバイルルーターのW06機種。下り最大速度867Mbps、上り最大速度75Mbps対応、ルーターとスマホやパソコンをUSBケーブルで接続すれば下り最大速度1.2Gbpsの高速通信も可能なおすすめの端末です。
 
またWiMAXには据え置き型のホームルーター端末もあり、中でもHOME L02機種は下り最大速度1Gbpsに対応したおすすめ機種です。

月間通信容量無制限のギガ放題が口コミで人気の料金プラン

また他のポケットWiFiと比較してWiMAXが人気のもう1つの理由が、月間通信容量無制限で使えるギガ放題プラン。当サイト経由の契約者の9割以上が利用する人気の料金プランで、特にデータ通信量の多い方にWiMAXが人気の理由がこのギガ放題プランです。

ただし3日で10GBの通信容量制限があり、超過時は速度約1Mbpsに

注意点は月間通信容量は無制限である一方、WiMAXには3日で10GBまでの通信容量制限がある点。直前3日間の通信量合計が10GBを超過すると通信速度が約1Mbpsに制限されますが、この速度制限は夜間のみの制限で日中は通常の速度で通信できるほか、3日間の通信量合計が10GBを下回れば自動解除される仕組みの比較的緩やかな制限です。

WiMAXの場合、UQ WiMAXのほか各プロバイダで契約する仕組み

一方、WiMAXの契約自体も他のポケットWiFiと異なる仕組みです。DocomoやSoftBankのモバイルルーターは直接DocomoやSoftBankで契約しますが、WiMAXの場合、本家のUQ WiMAXに加えて20社以上のプロバイダでも同じサービスを契約可能な仕組みです。
 
このため、どのプロバイダで契約するかの比較・検討が重要で、特にGMOとくとくBBやBroad WiMAX (ブロードワイマックス)が当サイトで人気のおすすめプロバイダです。

各プロバイダで通信の仕組みは同じだが、月額料金やキャンペーンに違い

どのプロバイダ契約もWiMAX回線を利用する通信サービスの点で仕組みは同じですが、プロバイダにより月額料金プランやキャッシュバックなどのキャンペーンに違いがあり、同じ月間通信容量無制限のギガ放題プランでも契約プロバイダにより費用が大きく変わります

WiMAXのギガ放題プランは、最安プロバイダで契約すれば実質月額3,500円で利用でき、他のポケットWiFiと比較しても安い月額料金がメリットですが、プロバイダ比較が重要な仕組みに注意が必要です。

固定回線・光回線とポケットWiFiの仕組みの違いとメリット・デメリット

以上、ポケットWiFiやWiMAXのメリット・デメリットを紹介しましたが、最後に自宅用の固定インターネット回線・光回線の仕組みと比較します。光回線の場合、通信の安定性や高速な通信速度がメリットの一方、高い費用や外出先で利用できない点がデメリットです。

固定回線・光回線は速度が高速で通信容量無制限で使える点がメリット

自宅用の固定回線・光回線サービスの最大のメリットは、高速な通信速度で通信状態も安定、かつ通信容量無制限で使える点。特に長時間の動画視聴やオンラインゲームなどで自宅でのインターネット通信量が多い方には光回線の契約がおすすめで、無線通信の仕組みであるWiMAXなどポケットWiFiと比較して、光ファイバーケーブルを使用する有線通信の方がインターネット通信は安定します。

規定通信量を超えると速度制限がかかる点がポケットWiFiと固定回線の違い

また一般的なポケットWiFiでは月間通信容量の制限や、WiMAXのギガ放題プランの場合の3日間で10GBまでの制限など、規定の通信量を超えると速度制限がかかる点がポケットWiFiのデメリットで、比較して固定回線は完全に通信容量無制限で使えるインターネットサービスの点が違いであり、メリットです。

固定回線サービスはポケットWiFi・WiMAXと比較して高い料金がデメリット

例えばポケットWiFi・WiMAXの場合、月間通信容量無制限のギガ放題プランを実質月額3,500円程度で利用できるのと比較して、フレッツ光などの固定回線サービスの場合は月額5,000円~6,000円が必要。また利用開始時は回線開通工事が必要で工事費用もかかるなど、ポケットWiFiと比較して高い料金がデメリットです。
 
また仕組み上、外出先では使えない自宅専用のサービスのため、外出時のインターネット手段としてスマホは大容量プランが必要など間接的な費用負担も。ポケットWiFiやWiMAXの場合、スマホの料金プランは最小限にできる点も料金が安くなるポイントの1つです。

以上、ポケットWiFiやWiMAXのモバイルルーターを使ってインターネットに接続する仕組みや、契約する各サービスのメリット・デメリットの違いを比較しました。

特に、WiMAXなどのポケットWiFiサービスは基本的な通信の仕組みは同じである一方、契約時には使用する通信回線の違いや料金の違いに注意が必要です。

仕組みの面からも、通信速度を重視する場合はWiMAX、通信エリアや電波の繋がりやすさを重視する場合は他のポケットWiFiがおすすめで、通信量が極端に多い場合は自宅用の固定回線・光回線の契約がおすすめです。
 
WiMAXなど主要ポケットWiFiの料金比較は、下記ページで詳しくご案内しています。ぜひ併せてご確認ください!

【WiMAXやポケットWiFiの料金比較】

2020年11月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年11月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年11月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!