料金プラン・ルーター端末・速度は?NEXTmobileとWiMAXを徹底比較

料金プラン・ルーター端末・速度は?NEXTmobileとWiMAXを徹底比較

NEXTmobile

月間データ通信量7GBでは足りない!場合におすすめのポケットWiFiサービス・NEXTmobile(ネクストモバイル)。人気のWiMAXと比較した際のNEXTmobileのメリットは、月間20GBを月額利用料2,760円と割安な料金で利用可能というコストパフォーマンスの高さで、口コミでの評判も良いポケットWiFiサービス。
 
またNEXTmobileはソフトバンクのLTE通信回線を利用するポケットWiFiのため、全国の広いエリアで使える点もおすすめ。以前は月間データ容量7GBのポケットWiFiサービスでしたが、同じ料金で月間20GBまで使えるようになりグッとお得になったのも評判が良い理由です。
 
「WiMAXは魅力的だがエリアが圏外」「月間通信量無制限・WiMAXのギガ放題プランが必要なほど使わないが、月間データ容量7GBでは不安…」という場合のおすすめポケットWiFiがNEXTmobile(ネクストモバイル)。このページでは料金プランや対応エリア、ルーター端末や通信速度の観点でNEXTmobileとWiMAXと徹底比較。あわせてNEXTmobileで契約する場合の流れも紹介します。

コンテンツ

ポケットWiFi・NEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXの比較

NEXTmobile(ネクストモバイル)もWiMAXも、モバイルルーター端末を持ち歩くことで、どこでもインターネットが可能になるポケットWiFiサービスである点では同じ。ただし料金プランやキャンペーン、利用するルーター端末や対応エリア、速度を比較すると、同じポケットWiFiでも大きく違うことが分かります。
 
それぞれの観点での比較に入る前に、NEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXの各ポケットWiFiサービスの概要を簡単に紹介します。

ソフトバンク回線利用のポケットWiFi・NEXTmobile(ネクストモバイル)

NEXTmobileのロゴNEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXを比較した際の最大の違いが通信回線で、NEXTmobile(ネクストモバイル)はソフトバンクのLTE回線ネットワークを使用してインターネットに接続するポケットWiFiサービスです。提供するのは株式会社グッド・ラックという、ソフトバンクの通信設備を借りて通信サービスを提供するMVNO事業者。
 
ソフトバンクの通信回線を利用し、広範なエリアで利用可能なポケットWiFiサービスを提供している点がNEXTmobile(ネクストモバイル)の最大の特徴です。

UQコミュニケーションズが運営するポケットWiFiサービス・WiMAX

UQ WiMAXのロゴ比較してWiMAXは、UQコミュニケーションズが運営するWiMAX2+通信回線を使ったインターネット接続サービス。UQコミュニケーションズが基地局などを開設、2018年現在も対応エリアが拡大中のポケットWiFiサービスで、契約者数も増え続けている人気のモバイルWiFi。
 
WiMAXにはUQコミュニケーションズが運営するUQ WiMAXのほか、20以上のプロバイダサービスがあり、どこのプロバイダでも同じWiMAX2+通信回線を使ったインターネット接続サービスを契約できますが、契約プロバイダによって月額利用料金やキャンペーンが異なる点がポイントです。

NEXTmobile(ネクストモバイル)は株式会社グッド・ラックが提供する1つのサービスですが、WiMAXの場合は同じサービスを20社以上のプロバイダが提供しているため、契約にあたっては各プロバイダの料金プラン・キャンペーン比較が非常に重要です。

ここからは、料金プランや対応エリア、各ポケットWiFiサービスで利用するルーター端末、通信速度を比較します。

NEXTmobileとWiMAXの月額料金プランやキャンペーン

まずはNEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXの月額料金プランや、新規契約時に利用可能なキャンペーンを比較します。WiMAXの場合は契約プロバイダによって月額料金や利用可能なキャンペーンが違うため、ここでは当サイトおすすめのWiMAXプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合を例に紹介します。

NEXTmobile(ネクストモバイル)の料金プランは月間20GB~50GBの3種

NEXT mobileの料金
2018年10月現在のネクストモバイル料金
(NEXT mobileのHPより)

NEXTmobile(ネクストモバイル)の月額料金プランは月間データ通信量20GBプラン、30GBプラン、50GBプランの3種で、それぞれギガネクスト20/30/50という料金プラン名。WiMAXや他のポケットWiFiでは、標準プランの月間データ通信量が5GB~7GBであるのと比較すると大容量の料金プランが特徴です。
 
NEXTmobile(ネクストモバイル)の各料金プランの月額料金は以下の通りです。

月間データ通信容量(料金プラン) 月額料金
20GB(ギガネクスト20) 2,760円
30GB(ギガネクスト30) 3,490円
50GB(ギガネクスト50) 4,880円 ※最初の1年間は月額3,490円

契約したデータ通信容量を超過すると速度制限が発生

NEXTmobile(ネクストモバイル)の料金プランは大容量とは言え、契約したプランの月間データ通信容量を超過すると、ルーター端末の速度が約128Kbpsまで低速化する厳しい速度制限が発生する点は注意が必要なデメリット。この速度制限は追加料金を支払っても解除できないため、データ通信容量を超過した日から当月末まで速度制限が継続、翌月まで解除されません。

WiMAXの月額料金プランは月間7GB制限プランとギガ放題の2種類

一方、WiMAXの月額料金プランは月間7GB制限プランとギガ放題プランの2種類で、この点はWiMAXのプロバイダで共通です。標準プランは月間通信容量7GB制限ですが、WiMAX契約者の約8割が利用する人気プランはギガ放題プラン。月間通信量の制限なくインターネット通信を使える点がメリットです。
 
Broad WiMAXで契約した場合の各料金プランの月額料金は以下の通りです。

月間データ通信容量(料金プラン) 月額料金
7GB(ライトプラン) 2,726円
無制限(ギガ放題プラン) 3,411円

標準プランの比較では月間20GBまで使えるNEXTmobileがお得

NEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXの標準プランを比較すると、どちらも月額料金2,000円台ですが、月間データ通信容量が7GB制限となるWiMAXと比較して、月間20GBまで使えるNEXTmobileがお得と言えます。
 
ただし、月間データ通信量を20GB以上利用したい場合は、通信容量の制限無しで使えるWiMAXのギガ放題プランの方が、NEXTmobileのギガネクスト30・50プランよりもお得でおすすめ

新規契約時に利用可能なキャンペーンの比較

新規契約時に利用可能なキャンペーンを比較すると、NEXTmobile(ネクストモバイル)はWiFiルーター端末の無料キャンペーン程度なのに対し、WiMAXはプロバイダ各社がルーター端末の無料提供キャンペーンに加えてキャッシュバックや商品券のプレゼントなど様々なキャンペーンを実施している点が特徴。
 
WiMAXプロバイダの中には数万円のキャッシュバックキャンペーンもあり、月額利用料金が高くても、キャッシュバックによって実質負担費用は安くなり、お得な料金での利用も可能。またBroad WiMAXの場合は当サイト限定でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施、NEXTmobileと比較してお得なキャンペーンが多い点はWiMAXのメリットです。

お得なキャンペーンや、NEXTmobileには無い月間通信量無制限プランのあるWiMAXの方が、特に月間通信量の多い方におすすめ。重要なのは利用エリアがWiMAXの対応エリアかどうかで、WiMAXが圏外であれば当然おすすめはNEXTmobileです。

ここからは月額料金プランの次に重要な対応エリアを比較します。

対応エリアの違い~ソフトバンクLTE回線vsWiMAX2+~

同じポケットWiFiルーターを使ったインターネット接続サービスとは言え、NEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXでは使用する通信回線が全く違います。通信回線が違えば、当然通信速度や対応エリアが違っうため、各サービスの対応エリアの比較が重要です。

日本全国で繋がりやすいソフトバンクのLTE回線ネットワーク

softbank(NEXTmobile)対応エリア
softbank(NEXTmobile)の対応エリア

NEXTmobile(ネクストモバイル)の一番の特徴が、ソフトバンク(Softbank)の携帯電話やスマホと同じLTE回線ネットワークを使用するモバイルWiFiである点。ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンが利用可能な3G通信対応エリアや4G・LTE通信対応エリアであればNEXTmobileのルーター端末経由でインターネットに接続できます。
 
日本全国で繋がりやすいと評判のソフトバンクのLTE回線ネットワークのため、どこでも使える点がNEXTmobile(ネクストモバイル)の特徴であり、メリット。

LTEの電波の特徴は建物内部・屋内でも繋がりやすい点

また後述するWiMAXの通信で使用する電波と、NEXTmobileやソフトバンクの携帯電話・スマートフォンなどが使用するLTE電波を比較すると、大きな違いが電波の周波数。LTE回線で使用する電波の周波数は、比較的どんな環境でも繋がりやすいとされる700~900MHz(メガヘルツ)の周波数で、建物内部など屋内にも回り込める点が特徴。
 
これと比較してWiMAXの電波の周波数は2.5GHz(ギガヘルツ)と、LTEの電波と比較すると直進性が強く、高い建物などに遮られることがある点がデメリット。屋内での利用に適しているのは、どちらかと言えばNEXTmobile(ネクストモバイル)のようなLTE回線を利用するポケットWiFiです。

人口カバー率99%以上と対応エリアが拡大中のWiMAX2+

関東地方のサービスエリアマップ
東京都内を含む、関東地方のWiMAX2+サービスエリアマップ。ピンク色のエリアが下り最大440Mbps対応エリア。

一方、WiMAXの主要都市部では人口カバー率99%以上で、対応エリアが引き続き拡大中である点が特徴。また空港や駅、大型の商業施設には屋内型の基地局の整備が進んでおり、建物内部でも繋がりやすいサービスとなってきています。

auの4G/LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードも

WiMAXの特徴が、auの4G/LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードを利用できる点。これはルーター端末で設定できる通信モードの1つで、ハイスピードプラスエリアモードに設定するとWiMAX2+の圏外エリアでもauの4G/LTE対応エリアであればインターネット接続が可能です。
 
NEXTmobile(ネクストモバイル)など他のポケットWiFiが使用するLTEの電波と比較して、屋内での繋がりやすさがWiMAXのデメリットでしたが、このauの4G/LTEを使用するハイスピードプラスエリアモードを利用すれば屋内でも安定したインターネット接続が期待できます。

各サービスで利用可能なルーター端末のスペック・速度比較

次に、NEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXの各サービスで利用可能な最新機種のルーター端末をもとに、スペックや通信速度を比較します。NEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXで共通の特徴が、持ち歩き可能な小型のモバイルWiFiルーター端末に加え、自宅用の据え置き型・ホームルーター端末も無料提供している点。それぞれのルーター端末ごとに比較します。

モバイルルーター端末の比較~FS030W vs W05

NEXTmobile(ネクストモバイル)の新規契約時に無料で提供されるモバイルルーター端末がFS030W機種。一方、WiMAXのモバイルルーター端末の最新機種が、2018年1月に販売開始されたSpeed Wi-Fi NEXT W05。2つのルーター機種のスペックを比較した表が下記です。

WiMAX(ワイマックス) ポケットWiFiサービス NEXTmobile(ネクストモバイル)
Speed Wi-Fi NEXT W05 モバイルWiFiルーター機種 FS030W
製品イメージ ネクストモバイルのルーター
758Mbps 下り最大通信速度 150Mbps
112.5Mbps 上り最大通信速度 50Mbps
WiMAX2+・au 4G LTE 通信回線 Softbank 4G・LTE
9時間 連続通信時間 20時間
131g 重量 128g

WiMAXと比較するとNEXTmobileは通信速度が遅い点がデメリット

WiMAXのモバイルルーター端末・W05機種と、NEXTmobileのFS030W機種の比較で最大の違いが通信速度。WiMAXでは下り最大速度758Mbpsでの高速インターネット通信が可能であるのと比較して、NEXTmobileでは下り最大速度が150Mbpsと遅い点がデメリット。
 
ソフトバンクのLTE回線を利用、対応エリアの広いNEXTmobileですが、モバイルルーターの通信速度はWiMAXと比較して遅いため、WiMAXの対応エリアで電波が繋がる場合はWiMAXのW05がおすすめのモバイルWiFiルーターです。

WiMAXのおすすめモバイルルーターは、下り最大速度758Mbps対応のW05

WiMAXのモバイルルーター最新機種は、下り最大速度758Mbps、上り最大速度112.5Mbpsに対応した、WiMAXルーター史上最速の機種。特に上り通信速度はNEXTmobileを含む他のポケットWiFiルーターと比較しても圧倒的に速く、画像や動画など容量の大きなファイルもスムーズにアップロードできる点がメリットです。

ホームルーター端末の比較~HT100LN vs HOME L01s

自宅用のインターネット回線として、フレッツ光などの固定回線の代替として利用されることもあるホームルーター端末。NEXTmobile(ネクストモバイル)ではHT100LN機種が、WiMAXでは最新機種のホームルーター端末・Speed Wi-Fi HOME L01sが、それぞれ新規契約時に無料で提供されます。
 
2つのホームルーター端末のスペック・速度比較は以下の表の通りです。

WiMAX(ワイマックス) ポケットWiFiサービス NEXTmobile(ネクストモバイル)
Speed Wi-Fi HOME L01s ホームルーター機種 HT100LN
HOME L01s 製品イメージ ホームルーター・HT100LN
440Mbps 下り最大通信速度 150Mbps
30Mbps 上り最大通信速度 50Mbps
WiMAX2+・au 4G LTE 通信回線 Softbank 4G・LTE
42台 同時接続台数 10台

どちらのホームルーター端末も通信速度は同程度

NEXTmobile(ネクストモバイル)のホームルーター端末・HT100LNでは下り最大速度150Mbps、上り最大速度50Mbpsでの通信が可能。これと比較して、WiMAXのホームルーター端末・HOME L01sでは下り最大速度440Mbps、上り最大速度30Mbpsと、下り最大速度はWiMAXが上回りますが、上り最大速度はNEXTmobileのホームルーター端末の方が速くなります。
 
頻繁に容量の大きなファイルをアップロードする場合は上り通信の最大速度を重視してNEXTmobileのホームルーター端末を選択するのも良いでしょう。

同時接続台数で比較するとWiMAXのホームルーター端末が優位

ただし、ホームルーター端末の同時接続台数の比較ではWiMAXのホームルーター端末が最大42台と、NEXTmobileの端末よりも上回ります。比較的大人数での利用を想定している場合や、比較的大人数の家族でパソコン・スマホなど複数の機器を持っている場合はWiMAXのホームルーター端末の方がおすすめ。

NEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXの速度制限

月間通信量無制限のWiMAXのギガ放題プランでも、直前3日間のデータ通信量は10GBまでの通信量制限があり、これを超過すると速度制限がかかります。速度制限中でも約1Mbpsで通信可能で制限時間帯も夜間のみという比較的緩やかな制限ですが、通信量の多い方にとってはデメリットにもなり得ます。

3日で10GBの速度制限が無い点はNEXTmobileの評価が高い理由

WiMAXのギガ放題プランでも注意が必要な直近3日間で10GBまでの通信量制限ですが、同様の通信量制限はYahoo! Wi-Fiやワイモバイル(Y!mobile)などの他のポケットWiFiサービスにもあります。
 
この通信量制限や超過時の速度制限がNEXTmobile(ネクストモバイル)には無く、現時点ではこの点がNEXTmobileの評価が高い理由の1つです。特にWiFiルーターを特定の期間に一度に長く使用する、という方には直近3日間での速度制限のないNEXTmobileは評判が良い様子。

月間通信容量超過時の厳しい速度制限はNEXTmobileのデメリット

もちろんNEXTmobileも月間通信容量の制限を超過すると、通信速度が約128Kbpsまで低速化する厳しい速度制限が発生する上、速度制限の解除ができない点に注意が必要です。通信量が多くなる場合は、NEXTmobileの中でも通信容量の大きな料金プランを選ぶか、月間通信容量無制限で使えるWiMAXのギガ放題プランがおすすめ。

WiMAXのギガ放題プランであれば厳しい速度制限が無く、また通信速度もNEXTmobile(ネクストモバイル)と比較して高速となります。WiMAXの利用可能エリアで、かつ通信量が多い場合はWiMAXがおすすめです。

NEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXのどちらがおすすめ?

最終的にNEXTmobile(ネクストモバイル)が良いのか、WiMAXの方が良いのか、2つの比較で悩まれる方もいるかもしれません。おすすめとしては、自分自身の利用量・利用頻度にあわせて「WiMAXの月間7GB制限プラン」<「NEXTmobile(ネクストモバイル)」<「WiMAXのギガ放題(無制限)」の順に比較すると良さそうですが、最も重要なのは対応エリアの比較かも知れません。

ネットの口コミ・評判から、どちらがおすすめかは利用場所次第

ネット上の口コミ・評判を確認すると、「WiMAXの方が速度が速くて良い」という口コミもあれば、「WiMAXは繋がらないエリアもあり、NEXTmobileの方が電波が入りやすい」との評判も。どちらがおすすめかは、利用場所次第で大きく変わる様子。
 
この点で安心なのは、WiMAXには無料のお試しサービス「Try WiMAX」がある点。契約前にWiMAXのルーター端末を無料でレンタルして、ネット上の口コミや評判に左右されず、自分で実際の端末を使って対応エリアや通信速度を確認できる安心のサービスです。

まずは「Try WiMAX」を利用して問題なければWiMAXを、問題があればNEXTmobile(ネクストモバイル)を選択するのも1つの方法。Try WiMAXの詳しい利用方法は別記事「無料お試し・Try WiMAXの利用手順まとめ」で詳しく解説しています。

電波を受信可能な対応エリアなら料金の安いWiMAXがおすすめ

WiMAXの電波を受信できる対応エリアであれば、料金比較の結果からも、NEXTmobile(ネクストモバイル)と比較してWiMAXが料金も安くておすすめ。特にWiMAXのギガ放題プランであれば月間通信量無制限のため、通信量が多い場合でも安心して利用できます
 
ギガ放題プランほどは使わないけど月間7GBでは不安な場合は、NEXTmobileの月間通信量20GB(ギガネクスト20)プランが料金面でもおすすめです。ただし、WiMAXと比較すると通信速度が遅い点がデメリット

WiMAXが圏外の場合、他ポケットWiFiよりもNEXTmobileがおすすめ

WiMAXとの比較ではNEXTmobile(ネクストモバイル)よりもWiMAXが魅力的ですが、特に地方などWiMAXの対応エリア外で利用予定の場合は、NEXTmobileの料金プランは魅力。理由は、他のポケットWiFiの多くは月間データ通信量7GB制限のプランしか提供していないからです。
 
他のポケットWiFiサービスでは月間通信容量を超過すると速度制限がかかり、解除には1GBあたり1,000円の追加料金がかかるなど通信量の多い場合は不向き。これと比較してNEXTmobileは、月間通信量20GBから50GBのプランが格安料金で提供されるので、特に通信量の多い方におすすめのポケットWiFiはNEXTmobileと言えます。

ネクストモバイルへの申し込み方法と利用開始までの流れ

NEXTmobile(ネクストモバイル)への申し込みはWEBサイトまたは電話ですが、やはり申し込み内容が記録として残りやすいWEB申し込みがおすすめ(電話だと口頭での申し込みになり、正しく伝わっているか不安になるもの)。嬉しいのは、申し込み完了から最短即日発送でルーター端末が配送される点。固定回線の工事などと比較して、すぐに使い始められる点はNEXTmobileのメリットです。
 
必要な情報は住所情報と利用料金の支払いに使用するクレジットカード情報程度なので、契約・申し込みも簡単に済ませることが可能です。

口座振替の場合は審査に時間がかかり、手数料も発生する点に注意

NEXTmobile(ネクストモバイル)の月間30GB(ギガネクスト30)プランを申し込みする場合は、毎月の利用料金の支払い方法として口座振替も選択可能。クレジットカードが無い場合は嬉しいサービスですが、契約にあたっては審査が必要となるためルーターの発送・利用開始までに時間がかかる点と、毎月の利用料金とあわせて口座振替手数料200円が請求される点には注意が必要です。
 
以上、NEXTmobile(ネクストモバイル)とWiMAXのサービスを、料金プランやキャンペーン、対応エリア、速度などの観点で比較しました。まとめると、当サイトとしてNEXTmobileをおすすめすのは以下のような場合です。

・地方在住など、(Try WiMAXの結果)WiMAXの対応エリア外で月間7GB以上の通信を予定している
・月間データ容量7GBでは物足りないが、無制限ほどは不要、かつ利用料金を最低限に抑えたい

もし条件に合致する場合は、自信を持ってNEXTmobile(ネクストモバイル)をおすすめします。下記のリンクよりさらに詳しくNEXTmobileの料金や評判を紹介しています。ぜひご確認ください!

【NEXTmobileの料金・評判を徹底解説!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら