おすすめモバイルルーター端末はどれ?ポケットWiFiサービス比較

おすすめモバイルルーター端末はどれ?ポケットWiFiサービス比較

WiMAXのルーター

一言でポケットWiFiやモバイルルーターと言っても、WiMAXやY!mobile(ワイモバイル)、Yahoo! Wi-Fiから、ドコモ(docomo)、ソフトバンク(Softbank)の提供するモバイルWiFiルーターまでたくさんの種類があり、各サービスで使用できるモバイルWiFiルーター端末やおすすめ機種は違います。
 
どのサービスを契約するかの比較にあたり、月額料金やキャンペーンなど費用の比較も重要ですが、ルーター端末の性能や通信速度の比較も同じくらい重要。いくら料金比較の結果が安くても通信速度が遅いWiFiルーターだったり、インターネットに繋がりにくいポケットWiFiでは意味がありませんよね。
 
そこでこのページでは、WiMAXや各ポケットWiFiサービスで提供されるモバイルルーターの中ならおすすめの機種・端末を紹介、「利用するルーター端末の比較で選ぶなら、おすすめのポケットWiFiはどれ?!」という観点で解説します。

小型通信端末・モバイルWiFiルーター~比較やおすすめ基準は?

そもそも小型の通信端末・モバイルWiFiルーターとはどんな端末でしょうか?比較やおすすめ機種の紹介に入る前に、まずはルーターとは何かについて解説します。

ルーターとはインターネット接続経路の途中にあって通信を中継する機器の総称。このページで紹介するルーターは主に無線通信を行うルーターのため、WiFiルーターなどと呼ばれます。

WiFiルーターの役割は、データ・情報の伝達を仲立ちすすること。例えば、4G・LTEやWiMAXなどの通信回線と手元にあるスマートフォンやパソコンの中間に位置するWiFiルーターは、スマホやパソコンから送られてくる「WEBサイトにアクセスしたい」という情報を中継、通信回線を通してインターネットに接続、アクセス先のページ内容が返ってきたらスマホやパソコンにその情報を伝達します。

PC、タブレットなどの機器とWiFi接続、基地局からの電波を送受信

モバイルWiFiルーターを介したインターネット通信では、まずインターネットに接続したいPCやタブレットなどの機器とルーターをWiFi通信で接続します。また、機種によってBluetoothやUSB接続が可能なものもあります。ルーターは近くにあるLTEやWiMAXの通信基地局の電波を受信し(電波を受信できないエリアは圏外)、基地局との電波を通じてインターネット通信回線に情報を送受信します。

LTEやWiMAXなどの電波を送受信するためには専用のWiFiルーター端末が必要で、LTE専用のルーター端末はLTEの電波を、WiMAX専用のルーター端末はWiMAXの電波を送受信できるように作られています。

スマホのテザリングによるインターネット接続との比較や違い

スマホのテザリングを利用した経験のある方も多いと思いますが、テザリングの場合はスマホそのものがルーターの役割を果たします。ノートパソコンやタブレットなどとスマホをWiFiで接続、スマホの4G/LTE通信を利用してインターネットに接続するのがテザリング。
 
WiFiルーターによるインターネット接続と比較して仕組み上の違いはありませんが、スマホのテザリングの場合、スマホのバッテリーを早く消耗してしまう点や、スマホそのものの通信量を増やしてしまう点がデメリット。毎月の通信量が多い場合はテザリングよりも専用のモバイルWiFiルーターを併用したほうが、使い勝手の面でも費用の面でもお得です。

端末比較の方法や、ルーター機種のおすすめ基準

どのモバイルWiFiルーターが良いかなどの端末を比較する方法や、このページでWiFiルーターのおすすめ機種を選ぶ際の基準として、主に各機種における以下の3点に注目します。

通信速度や使用するインターネット回線の比較

契約するポケットWiFiサービスにより使用するインターネット通信回線が変わります。例えばWiMAXであればWiMAX2+やauの4G/LTE回線を利用して通信を行うのと比較して、Y!mobileやYahoo! Wi-Fiはソフトバンクの4G/LTE回線を利用するサービス。
 
また同じ接続回線を利用するサービスでも、使用するモバイルルーターの機種により通信速度が変わる場合もあります。モバイルWiFiルーターの比較では、これら機種ごとに異なる通信速度や接続回線を比較、通信速度が速く、利用可能エリアが広い端末がおすすめです。

バッテリー性能や連続通信・稼働時間の比較

持ち運びを前提としたモバイルWiFiルーターの比較で欠かせないのが、バッテリー性能や連続通信・稼働時間の比較。電池の持ちがよく、長時間使用できる端末がおすすめで、省電力モードなどのバッテリーの消費を抑える便利な機能にも注目します。

モバイルWiFiルーター本体の軽さ・重量の比較

バッテリーの比較と同時に注目すべきなのが端末本体の軽さや重量。どれだけ速度の速いルーターでも重い端末であれば持ち運びしづらくなるもの。ただし、最近のモバイルWiFiルーター端末はどれも小型化・軽量化が進んでおり、古い端末を選ばなければ100g前後の軽さです。

モバイルWiFiルーターのおすすめランキング

実際にポケットWiFiの各サービスで利用できる主要なモバイルWiFiルーターを「通信速度」「バッテリー」「軽さ・重量」の観点で比較、おすすめランキングを作成してみました。

比較ランキング ポケットWiFiサービス モバイルWiFiルーター機種
1位 ドコモ(docomo) Wi-Fi STATION N-01J
2位 WiMAX(ワイマックス) Speed Wi-Fi NEXT W05
3位 WiMAX(ワイマックス) Speed Wi-Fi NEXT WX04
4位 Y!mobile(ワイモバイル)・Yahoo!Wi-Fi Pocket WiFi 603HW
5位 Y!mobile(ワイモバイル)・Yahoo!Wi-Fi Pocket WiFi 601ZT

ランキング上位のモバイルWiFiルーター各機種について、おすすめのポイントやメリット・デメリットなどを比較・解説します。

ランキング1位はドコモ(docomo)のWi-Fi STATION N-01J(NEC製)

docomoのWi-Fiルーター
下り最大通信速度788Mbpsに対応・docomo Wi-Fi STATION N-01J

モバイルWiFiルーターの性能を比較してランキング1位となるのが、ドコモ(docomo)のモバイルWiFiルーター・Wi-Fi STATION N-01J。ドコモのPREMIUM 4G・LTE・3Gなどの各通信方式に対応、利用可能エリアが広く、また通信速度も十分な端末。またメーカーはNECプラットフォームズ株式会社と国産のルーター機種です。

ドコモ(docomo)のWi-Fi STATION N-01Jの仕様

ドコモ(docomo)のモバイルWiFiで注目すべきは下り最大788Mbpsの通信速度。また連続通信時間や待受時間が比較的長く、バッテリーの性能が良い点はおすすめ理由の1つです。

モバイルWiFiルーター機種 Wi-Fi STATION N-01J
下り最大通信速度 788Mbps
上り最大通信速度 50Mbps
通信回線 docomo PREMIUM 4G・LTE
連続通信時間 11時間
連続待受時間 970時間
重量 110g
製造メーカー NECプラットフォームズ株式会社

下り最大速度788Mbps、docomoのPREMIUM 4G回線に対応

Wi-Fi STATION N-01Jのメリットの1つが下り最大速度788Mbpsが可能な、ドコモ(docomo)のPREMIUM 4G回線に対応している点。PREMIUM 4G対応エリアはまだ限定的ですが今後拡大予定で、ポケットWiFiサービスの中でも最速級の通信速度を利用できます。
 
またドコモのWiFiルーターのメリットは対応エリアが広い点。LTEや3G通信にも対応しているため、PREMIUM 4Gに接続できなくても、安定した速度でのインターネット接続を期待できます。

他のポケットWiFiと比較して月額利用料金の高い点がデメリット

逆にドコモ(docomo)のWiFiルーターの最大のデメリットが月額料金。後述するWiMAXでは月間通信量制限なしのギガ放題プランを実質月額料金3,000円台で利用できるのと比較して、ドコモのウルトラデータLLパック(月間データ量30GB)は月額8,000円と非常に高額。通信は安定しているものの、特にデータ通信量の多い場合は費用負担が重くなります。
 
また万が一、規定のデータ通信量の上限に達すると通信速度が128Kbpsに制限される「リミットモード」に。この速度制限の解除には、通信量1GBあたり1,000円の追加料金がかかる点にも注意が必要です。

ルーター端末の価格が高い点にも注意

他の多くのポケットWiFiでは価格無料で提供されるモバイルルーター端末ですが、Wi-Fi STATION N-01Jをドコモのオンラインショップで購入すると26,568円。月々サポートという割引キャンペーンで実質負担価格は無料となりますが、途中解約などを行うと端末代金が請求される可能性がある点に注意が必要です。

2位のモバイルWiFiルーターはWiMAXのW05(Huawei製)

モバイルルーターW05
下り最速758Mbps対応!WiMAXのW05ルーター

ルーターの性能ではややドコモの端末に劣るものの、利用料金も含めた総合的な評価では一番のおすすめとなるのが、WiMAXのW05。2018年1月に販売開始されたWiMAXのルーター最新機種で一番人気のモバイルルーターです。

WiMAXのモバイルルーター・W05の仕様

下り最大速度が758Mbpsであるのに加え、上り最大速度が112.5Mbpsと他のモバイルWiFiルーターと比較して最速級の端末です。

モバイルWiFiルーター機種 Speed Wi-Fi NEXT W05
下り最大通信速度 758Mbps
上り最大通信速度 112.5Mbps
通信回線 WiMAX2+・au 4G LTE
連続通信時間 9時間
連続待受時間 850時間
重量 131g
製造メーカー Huawei

auの4G/LTE回線を利用でき、下り最速758Mbpsの高速通信が可能

下り最大速度758Mbps
ハイスピードプラスエリアモードで下り最大758Mbpsの高速通信

WiMAX・W05機種のメリットの1つが下り最速758Mbpsの高速インターネット通信が可能な点。この速度は標準のWiMAX2+通信に加えて、auの4G/LTE回線も同時に使用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードで実現される速度。

加えてWiMAX2+の対応エリアも全国人口カバー率99%以上と、広範なエリアで高速通信を利用できる点も魅力の1つです。
上り最大速度が112.5MbpsとモバイルWiFiルーターの中で最速級

また動画視聴やファイルのダウンロード時の下り通信だけでなく、ファイルのアップロード時などのデータ通信・上り通信の最大速度も112.5Mbpsと、主要モバイルWiFiの中でも最速級であるのがW05の特徴。特に動画や容量の大きなファイルを頻繁にアップロードすることがある場合には、W05のように上り通信が高速のルーター端末がおすすめです。

WiMAXのギガ放題プランの契約で月間通信量無制限で利用可能

W05機種に限らずWiMAXの特徴でありメリットが、月間通信量無制限のギガ放題プラン。他の多くのポケットWiFiのプランには通信容量制限があるのと比較して、WiMAXのギガ放題プランを契約すれば、モバイルWiFiルーターを使ってWiMAX2+の高速インターネットを無制限で利用可能です。
 
3日間でのデータ通信量が合計10GBまで、超過すると夜間のみ約1Mbpsまで速度が低速化するという緩やかな速度制限はあるものの、通信量の多い方におすすめはWiMAXです。

UQ WiMAXを含む、20社以上のプロバイダで契約できる

UQ WiMAXのロゴWiMAXをおすすめするもう1つの理由がお得な価格やキャンペーン。最も有名なのがUQ WiMAXですが、それ以外にもSo-netやnifty、GMOとくとくBBなど20社以上のプロバイダでWiMAXの契約ができます。契約プロバイダによって価格プランや新規契約向けのキャンペーン内容が違うため、料金を比較、できるだけ安いプロバイダと契約することになります。

WiMAXはauの公式モバイルWiFi

ちなみにWiMAXはauの公式モバイルWiFiであり、全国のauショップでも申し込みが可能。ドコモやソフトバンクには独自のモバイルWiFiサービスがありますが、auの場合はWiMAXなのです。またケータイやスマホの契約がauの場合、最もお得なモバイルWiFiはWiMAXになります。

auのスマホ・ケータイと契約があればスマートバリューmine割引も

auユーザーがWiMAXを契約するメリットが、auスマートバリューmineによる料金の割引。auで利用中のプランにもよりますが、WiMAXを契約すると最大月額1,000円がauの利用料金から割引されるキャンペーン。auユーザーなら実質最安価格でWiMAXを利用できます。

GMOとくとくBBの場合、最高4万円のキャッシュバックも

WiMAXのキャンペーンの中でも特に人気なのがGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン。キャッシュバック特典金額が最高4万円にもなるキャンペーンは、他のポケットWiFiサービスには無い内容。ただし、キャッシュバックの受け取りがやや複雑であったり、キャッシュバックの分だけ月額利用料金が高い点には注意が必要です。

WiMAXのWX04(NEC製)機種も人気・おすすめ

WiMAX・WX04
W05より1世代前の端末・WX04

WiMAXのW05機種と比較してやや速度が劣り、ランキングは3位なものの比較的人気があり、おすすめがWiMAXのWX04機種。国産のNEC製のモバイルWiFiルーター端末で上り最大速度75Mbpsに対応しているほか、バッテリー容量が大きく連続通信時間が長い点がメリット。
 
もちろんWiMAXのギガ放題プランを契約すれば月間通信量無制限で利用でき、またauの4G/LTE回線にも対応しています。

WiMAXのモバイルルーター・WX04の仕様

モバイルWiFiルーター機種 Speed Wi-Fi NEXT WX04
下り最大通信速度 440Mbps
上り最大通信速度 75Mbps
通信回線 WiMAX2+・au 4G LTE
連続通信時間 11.5時間
連続待受時間 700時間
重量 128g
製造メーカー NECプラットフォームズ株式会社

バッテリー容量が比較的大きく、長時間の利用が可能

WX04機種の特徴はバッテリー容量の大きさ。ノーマルモードでの連続通信時間は11.5時間と主要WiFiルーター機種の中で最長、省電力モードであるエコモードに設定すれば13時間まで利用時間を延ばすことも可能。外出先でもバッテリーの心配することなく、比較的長時間で利用したい場合にはおすすめの端末です。

専用クレードルの使用で、自宅・室内でも電波受信感度が向上

WX04のクレードル
補助アンテナの付いたWX04専用クレードル

他のポケットWiFiが利用するLTEの電波と比較して、WiMAXの電波はやや自宅や室内で弱い点がデメリットで、これを補うのが別売りのWX04専用クレードル。クレードルとはモバイルWiFiルーターの充電器のような機器で、WX04専用クレードルには電波の受信感度を向上させるWウィングアンテナ(補助アンテナ)が付属されており、室内でも快適なインターネット接続を期待できます。

端末購入価格は無料(0円)のプロバイダがほとんど

WiMAXの多くのプロバイダが新規契約時のモバイルWiFiルーター購入代金を0円としています。WX04に限らず、最新機種W05も無料で入手可能です。ただし、UQ WiMAXだけはルーター購入が有料。価格はそれほど高額ではありませんが、UQ WiMAXは月額料金プランも高く、価格面ではおすすめのプロバイダではない点に注意が必要です。

ソフトバンク系のルーター端末ならPocket WiFi 603HW(Huawei製)

ソフトバンクLTE対応・603HW
Y!mobile・Yahoo!Wi-Fiで最速の603HWルーター

続いて紹介するのが、ソフトバンク(Softbank)の4G/LTE回線に対応したモバイルWiFiルーター・Pocket WiFi 603HW。通信速度の点ではWiMAXのWX04を上回りますが、最大速度に対応したエリアが狭く、また他の端末と比較してバッテリー容量が少なく連続通信時間が短い点がデメリット

ソフトバンクLTE対応・Pocket WiFi 603HWのスペック

モバイルWiFiルーター機種 Pocket WiFi 603HW
下り最大通信速度 612Mbps
上り最大通信速度 37.5Mbps
通信回線 ソフトバンク(Softbank) 4G・LTE
連続通信時間 6時間
連続待受時間 850時間
重量 135g
製造メーカー Huawei

Y!mobile(ワイモバイル)やYahoo! Wi-Fiの契約で利用可能

Pocket WiFi 603HWは、Y!mobile(ワイモバイル)やYahoo! Wi-Fiのサービスを契約すると利用可能なモバイルWiFiルーター。Y!mobileでは「Pocket WiFiプラン2」という月間7GB制限プランを契約すると603HWを利用でき、またアドバンスモード通信が可能となるアドバンスオプションの追加も可能です。
 
これと比較してYahoo! Wi-Fiの場合は、初めからアドバンスオプションを追加した形でのプランのみで、どちらのポケットWiFiでも月額料金は4,000円以上。これはWiMAXのギガ放題プランが月額料金3,000円台で利用できるのと比較すると、やや高額です。

アドバンスモードを利用して下り最大通信速度612Mbpsが可能

WiFiルーター端末・603HWのスペック上では下り最大通信速度612Mbpsが可能ですが、これはアドバンスモード利用時の話。つまり、高速インターネット通信を利用するにはアドバンスオプションの追加契約が必要です。アドバンスモードではない通常通信モードでの下り最大速度は350Mbps、WiMAXと比較して劣ります。

アドバンスモード対応エリアの範囲が狭い点がデメリット

アドバンスオプションのメリットは、アドバンスモードによる高速通信が可能となるほか、アドバンスモードによる通信を月間無制限で利用できる点です。
 
月間通信容量に制限がない点はWiMAXのギガ放題プランと同様ですが、問題はアドバンスモードで通信可能な対応エリアの範囲が狭い点。通信量無制限とは言え、アドバンスモードに接続できなければ月間データ量7GB制限のWiFiルーターとなってしまうため、多くのエリアでおすすめできない端末である点がデメリットです。

Softbankの格安モバイルルーターならPocket WiFi 601ZT(ZTE製)

コンパクトなWiFiルーター・601ZT
色はピンク、ホワイト、ブルーの3種類から選べる601ZT

603HWと同様、ソフトバンク(Softbank)の4G/LTE回線に対応し、Y!mobile(ワイモバイル)やYahoo! Wi-Fiで提供されるモバイルルーター端末がPocket WiFi 601ZT。2017年にグッドデザイン賞も受賞した、ZTE製のコンパクトなデザインの端末です。
 
Y!mobile(ワイモバイル)・Yahoo! WiFiの月間5GB制限プラン、月額料金2,000円台の格安プランで利用可能な機種です。

ソフトバンクLTE対応・Pocket WiFi 601ZTのスペック

価格は安いものの、他のモバイルWiFiルーターと比較して通信速度が遅い点がデメリットです。

モバイルWiFiルーター機種 Pocket WiFi 601ZT
下り最大通信速度 112.5Mbps
上り最大通信速度 37.5Mbps
通信回線 ソフトバンク(Softbank) 4G・LTE
連続通信時間 8.5時間
連続待受時間 1,050時間
重量 93g
製造メーカー ZTE

Y!mobileやYahoo! WiFiの月間データ通信量5GBプランで使える機種

601ZTはY!mobileやYahoo! WiFiの月間データ通信量5GB制限プランで利用でき、いずれも月額料金が2,000円台と、まずは格安料金でモバイルWiFiルーターを持ちたい方におすすめの機種。
 
ただし、アドバンスモードの通信量が無制限となるアドバンスオプションを追加できない上、月間5GBのデータ通信量上限を超えると速度が約128Kbpsまで低速化する厳しい速度制限も。動画視聴や大容量ファイルのダウンロードで利用する場合、データ通信量5GBは短期間で到達する可能性もある点に注意が必要です。

SoftbankのLTE回線を利用、下り最大112.5Mbpsと速度が遅い

ソフトバンク(Softbank)のLTE回線を利用するモバイルWiFiルーターである601ZTは比較的広いエリアで利用可能な点がメリットですが、通信速度が下り最大112.5Mbpsと遅い点がデメリット。上り最大通信速度も37.5Mbpsと主要モバイルWiFiルーター端末の中では最も遅いレベルです。

対応エリアの点ではソフトバンクのLTE回線を利用するモバイルWiFiルーター端末はWiMAXと比較して魅力的ですが、通信速度の点で比較するとWiMAX端末がおすすめ

以上、主要ポケットWiFiサービスにおけるモバイルWiFiルーター端末を比較しました。ルーター端末の性能比較のポイントなど、ご理解いただけたでしょうか?
 
ルーター機種の比較方法が分かれば、後は料金やキャンペーン内容の比較。特に当ページでおすすめしたWiMAXのモバイルWiFiルーターを最安価格で契約する場合、契約プロバイダの比較が最も重要です。WiMAX各プロバイダの最新料金・キャンペーン情報を基した価格比較は、当サイトの情報をぜひご確認ください!

【最新料金・お得なキャンペーン情報】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら