格安SIM徹底比較~WiMAXとの併用・組み合わせでおすすめはどれ?

格安SIM徹底比較~WiMAXとの併用・組み合わせでおすすめはどれ?

SIMカードとスマホ

携帯電話やスマートフォンの通信費用、WiMAXなどポケットWiFiルーターの月額利用料金。通話やインターネット通信は快適でも、毎月の支払い料金は少しでも節約したいもの。当サイトではWiMAXを最安で契約する方法を紹介していますが、WiMAXの費用だけでなく携帯・スマホの費用も定期的な見直しが必要です。
 
そこでおすすめがWiMAXと格安SIMを併用・組み合わせで利用する方法。
 
キャリアで契約・購入した携帯・スマホを利用中の場合、格安SIMとWiMAXの併用への切り替えが通信費用・スマホ代を大幅節約する方法。このページでは格安SIMサービスの概要やWiMAXギガ放題プランとの併用メリット、格安SIMの料金プランなど、併用におすすめのサービスがどれかを比較、紹介します。

通信・スマホ費用節約術~WiMAXギガ放題プランと格安SIMの併用

WiMAXの人気の理由は、月間無制限のポケットWiFi・ギガ放題プランを安い料金で利用できる点。とは言え、携帯電話やスマホに高い料金を支払っていれば通信費用は大きく節約できません。そこでWiMAXギガ放題プランの契約と合わせて携帯電話・スマホ費用も見直し、格安SIM併用の検討がおすすめ
 
まずはWiMAXとの併用・組み合わせでおすすめの格安SIMの概要を解説します。

そもそもSIMカードとは?なぜ携帯電話やスマホに必要?

SIMカードそもそもSIMカードとは何で、なぜ携帯電話やスマホに必要なのでしょうか?SIMは「Subscriber Identity Module Card」の略で、携帯電話やスマホの契約・加入者情報を特定するためのID番号が記録されているカードです。

電話の音声通話やインターネット通信などを行うには通信回線を利用しますが、その際にSIMカードの情報をもとに正しい通信契約があるかが確認されます。このため電話やインターネット通信を行う携帯電話やスマホ端末には必ずSIMカードが必要です。

当然、契約が無効のSIMカードでは電話やインターネット通信はできません。またWiMAXなどのポケットWiFiのモバイルルーター端末にもSIMカードが内蔵されています。

SIMフリー端末とは?

大手通信キャリア(ドコモやソフトバンク、au)などで購入する携帯電話・スマホ端末にはSIMロックと呼ばれる制限がかけられています。例えば、auで購入した端末ではauのSIMカードしか使えないように制限するのがSIMロックです。
 
これとは逆にスマホのSIMロック解除やSIMフリー端末は、どの通信会社と契約したSIMカードでも使えるようにすること、あるいはどの会社のSIMカードでも使えるデータ通信端末のことです。

現在利用中の携帯電話やスマホがSIMフリー端末、またはSIMロック解除済み端末の場合はどの会社の格安SIMでも利用可能。ただしスマホがSIMロック状態の場合、契約中の通信会社の回線を利用する格安SIM(例えば、auで購入した端末の場合はau通信回線を利用する格安SIM)の契約、WiMAXとの併用が必要です。

格安SIMとは携帯電話会社の通信回線を安く使えるサービス(MVNO)

上記の通り、携帯電話やスマホ、WiMAXなどのポケットWiFiルーターなど通信を行う端末には必ずSIMが必要ですが、これまでSIMカードの入手には大手携帯電話会社との契約が必要でした。これが徐々に開放され、大手携帯電話会社の通信回線を借りて通信サービス(格安SIM)を提供するMVNOと呼ばれる事業者が増えたのです。
 
このMVNOが提供するSIMカードが格安SIMで、通信回線の維持・運営が必要な大手携帯電話会社と比較して、他社から借りた通信回線でサービス提供のみに特化するMVNOは格安料金でSIMサービスを提供できるという違いがあります。

人気の格安SIMには、WiMAXサービスを運営するUQコミュニケーションズ提供の「UQモバイル」や、全国のイオン店舗で申込可能な「イオンモバイル」、ポケットWiFiサービスでも知られる「Y!mobile(ワイモバイル)」の格安SIMなどがあります。

大手キャリア契約でのスマホ料金プランと格安SIMの比較

格安SIMを使うとどれくらいスマホを安い料金で利用、節約できるかを確認するため、大手キャリア・auで契約した場合と、同じau回線利用の格安SIM・UQモバイルで契約した場合を例に、月間3GBのデータ通信・インターネットと音声通話(電話)を利用する場合の月額料金を比較した結果が下記の表です。

利用する通信回線は同じauですが、格安SIM・UQモバイルを利用するとスマホの月額料金が約1/3に、月額4,000円以上の節約になるほど料金が違います。

auの場合 UQモバイルの場合
スーパーカケホ 1,700円 プランS(3GB・無料通話付) 1,980円
LTE NET 300円
データ定額3(3GB) 4,200円
月額料金合計 6,200円 月額料金合計 1,980円

格安SIMは「音声通話対応」と「データ通信専用」の2種類

スマートフォン2019年現在、格安SIMサービスを20社以上の会社が提供していますが、これらの格安SIMサービスでは「音声通話対応」プランと「データ通信専用」プランの2種類のプランが提供されるのが一般的。
 
インターネットなどのデータ通信のみに対応した格安SIMプランの方が一般的に月額利用料金が安く、比較すると音声通話とデータ通信の両方に対応したプランは月額料金が高め

格安SIMの月額料金は音声通話可否と月間データ通信容量で決まる

格安SIMの月額利用料金は、スマホで音声通話が使えるかどうかと月間のインターネット通信容量で決まります。格安SIMサービスにより違いますが、月間1GB~3GBのプランが最小データ通信容量のプランであるのと比較して、月間データ通信量10GB以上の大容量プランを提供する格安SIMもあります。

WiMAXルーター端末と電話可能な格安SIMの併用がおすすめ

WiMAXのギガ放題プランとの併用・組み合わせを前提にした場合のおすすめ格安SIMですが、スマホでのインターネット・データ通信にはWiMAXのモバイルルーター端末が使えるため、併用で必要なのは電話・音声通話可能な格安SIM

電話・音声通話可能な格安SIMで携帯・スマホを使い、インターネット・データ通信にはWiMAXルーター端末を使う方法が、通信費用を大幅に節約可能な方法です。

スマホ・携帯は音声通話、データ通信はWiMAXルーターの組み合わせ

格安SIMを挿入したスマホや携帯電話とWiMAXのモバイルルーター端末を併用して持ち歩き、電話・音声通話の際は格安SIMを挿入したスマホや携帯電話を使い、インターネットなどのデータ通信の場合はスマホ・携帯電話とWiMAXのモバイルルーター端末をWiFi接続、WiMAX経由でインターネット接続するのが通信費用を大幅節約できる組み合わせ。
 
併用するWiMAXのモバイルルーター端末のバッテリー次第ですが、常時WiMAXのモバイルルーター端末を起動、スマホ・携帯電話とWiFi接続しておけば、ストレス無く携帯・スマホで音声通話もデータ通信もできそうです。

WiMAXギガ放題との併用ならデータ通信容量最小の最安プランでOK

後の説明の通り、格安SIMはWiMAXと比較して通信速度が遅い点がデメリット。遅いインターネットしかできないSIMに通信容量をわざわざ購入する必要はありません。つまりWiMAXと併用する格安SIMの利用プランは最小データ通信容量の最安料金プランでOK
 
インターネットはWiMAXのギガ放題プランを契約すれば月間データ量無制限で利用可能なため、格安SIMで必要最低限の通話・電話を可能にするのがWiMAXとの併用で通信費用を節約するポイント。

WiMAXのギガ放題プランの場合、月間無制限でインターネットが可能

数あるポケットWiFiの中でもWiMAXのギガ放題プランの場合、月間データ通信容量の制限無しでデータ通信・インターネットが可能な点がおすすめ理由で、他のポケットWiFiと比較して料金が安い点もメリット。
 
月間通信量は無制限である一方、直前3日間でのデータ通信量は10GBの制限があり、超過すると通信速度が約1Mbpsまで低下する速度制限に注意が必要ですが、このギガ放題プランを契約すればインターネットは十分、併用する格安SIMは最小・最安プランの契約で済みます。

つまりWiMAXのギガ放題プランを利用中の場合、格安SIMサービス・プランの中から「音声通話対応」「月間データ通信容量1GB~3GB」の最安プランに絞って料金の違いを比較、併用を検討する方法がおすすめ。

WiMAXとの併用でおすすめの格安SIMはどれ?~料金・サービス比較

ここからはWiMAXのモバイルWiFiルーター・ギガ放題プランとの併用・組み合わせを前提に、音声通話に対応したおすすめの格安SIMがどれかを、料金やサービス内容の違いを比較しつつ紹介します。

格安SIMサービス・2019年最新料金プラン一覧

2019年現在提供されている主な格安SIMサービスの最新料金プランを一覧で紹介します。各格安SIMサービスの月額料金は、WiMAXとの併用を前提に音声通話と最小容量のデータ通信のセットプランの最安料金で比較します。

主な回線 格安SIMサービス 音声通話+データ通信セットプランの最安月額料金 備考
ドコモ(docomo) LINEモバイル 1,200円(1GB・LINEアプリの通話無料) ソフトバンク回線も選択可
ドコモ(docomo) DTI SIM 1,200円(1GB)
ドコモ(docomo) ロケットモバイル 1,250円(1GB)
ドコモ(docomo) DMMモバイル 1,260円(1GB)
au イオンモバイル(AEON MOBILE) 1,130円(500MB) ドコモ回線も選択可
au BIGLOBE SIM 1,400円(1GB) ドコモ回線も選択可
au mineo(マイネオ) 1,310円(500MB) ドコモ・ソフトバンク回線も選択可
au UQ mobile 1,980円(3GB・無料通話付)
ソフトバンク(Softbank) b-mobile 990円(1GB) ドコモ回線も選択可
ソフトバンク(Softbank) QTモバイル 1,700円(1GB) ドコモ・au回線も選択可

ドコモで購入した携帯・スマホ利用の場合のおすすめは「LINEモバイル」

LINE MOBILEのロゴドコモで契約・購入した携帯・スマホを使用中の場合は、ドコモ回線を使う格安SIMの利用が必要で、その場合にWiMAXとの併用でおすすめは「LINEモバイル」または「DTI SIM」。どちらも音声通話に対応、月間データ通信量1GBまでインターネットがセットになった格安SIMを月額料金1,200円で利用できる点がおすすめ理由。
 
特にLINEモバイルはLINEアプリの通話は通信カウントの対象外。1GBのデータ容量を使い切った後も、スマホでLINEアプリが使える点はメリットです。

au回線利用でおすすめの格安SIMは無料お試しも可能な「UQモバイル」

UQモバイルのロゴMMD研究所が実施した「2018年9月格安SIMサービスの満足度調査」で、mineoに次ぐ総合満足度2位、特に回線スピードの評価が高い格安SIMがUQコミュニケーションズが提供するUQ mobile(ユーキュー・モバイル)。
 
データ通信量1GBプランが無く、最小プランでも3GBのため月額料金は1,980円と他社格安SIMの最安プランと比較して料金が上がりますが、通信速度の遅い1GBよりも、回線速度の速い3GBであれば有効利用できそうです。

無料のお試しレンタルサービス・Try UQ mobile

UQモバイルのメリットが、5分以内の国内通話が何度でもかけ放題など無料通話が付いている点。またWiMAXルーター端末の無料お試しレンタルと同様、SIMカードやUQモバイルのスマホを15日間、無料レンタルできる「Try UQ mobile」のサービスもおすすめ。契約前に利用し、実際に自宅などの利用場所で電波に繋がるか、通信速度がどの程度かを無料でお試し・確認できます。

ただしUQ WiMAXとのセット使用はメリットが少なくおすすめでない

au回線を利用したい場合にUQモバイルはおすすめの格安SIMですが、一方WiMAXのモバイルルーターも同じUQコミュニケーションズのUQ WiMAXで契約することはおすすめでない点に注意が必要。UQモバイルとUQ WiMAXのセット利用で毎月300円が割引されるギガMAX月割などもありますが、UQ WiMAXはWiMAXの利用料金が最も高いプロバイダのため、メリットが少ないのです。

WiMAXの契約はMVNO(プロバイダ)の利用がおすすめ

WiMAXを契約する場合も、格安SIMと同様にMVNOの利用がおすすめ。WiMAXには、同じポケットWiFiサービスを契約できるプロバイダが20社以上あり、キャッシュバックキャンペーンがあったり料金の割引があるなど、UQ WiMAXと比較して安い料金でWiMAXを契約できます。
 
なおWiMAXの場合はどのプロバイダ契約でも使用する通信回線は同じで、通信速度や対応エリアなどのサービス内容はどれで契約しても同じです。

ソフトバンク携帯・スマホを使うユーザーの場合は料金最安「b-mobile」

b-mobileのロゴソフトバンクで購入した携帯・スマホを引き続き使うユーザーの場合、WiMAXとの併用におすすめの格安SIMは、同じソフトバンク回線を使用するMVNO・b-mobileのサービス。
 
b-mobileの利点は圧倒的に最安な月額料金で、音声通話付きで月間データ通信量1GBの格安SIMを月額990円で利用可能。なお、b-mobileの場合は通信量を超過しても速度制限が発生せず、1GBごとに500円が加算される料金体系のため、誤ってデータ通信を長時間使用すると請求額が大きくなる点に注意が必要。
 
インターネット通信はWiMAXなどのポケットWiFiルーターで行い、携帯・スマホではデータ通信を行わない場合、主要格安SIMの比較で月額料金が最安のb-mobileがおすすめです。

mineo(マイネオ)最安プランの併用も節約効果大でおすすめ

mineoのロゴまたau・ドコモ・ソフトバンク3社の通信回線に対応、MMD研究所の「2018年9月格安SIMサービスの満足度調査」でも総合満足度1位になったおすすめの格安SIMがmineo(マイネオ)。最小データ通信容量500MBのプランがあり、他の格安SIMと比較して安い料金で利用できる点が特徴のサービス。特にインターネットはWiMAXで良く、携帯・スマホは通話だけできれば良いという利用者におすすめの格安SIMです。
 
mineoが人気の理由は3キャリア全て対応可能な点に加え、料金プランが豊富な点。どのプランも最安では無いものの他の格安SIMと比較して全般的にコストパフォーマンスが高く、多くの方に節約効果が大きい点が特徴。通信速度の評価は高くないものの、WiMAXと併用する格安SIMの比較で迷ったらまずはmineoから始めるのもおすすめ。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンとmineo併用の場合

GMOとくとくBB特典金額最大4万円などWiMAX新規契約時のキャッシュバックキャンペーンで有名なWiMAXプロバイダ・GMOとくとくBB。このGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用してWiMAXのモバイルルーターを契約、スマホ用の格安SIMとしてmineoの月間500MBプランを契約した場合、2つの併用・組み合わせの月額料金合計は下記の通り4,763円
 
スマホとモバイルWiFiルーターを月額5,000円未満の格安費用で利用できます。

WiMAXルーター GMOとくとくBB 格安SIM mineo
月額基本料金(ギガ放題プラン) 4,263円 月間容量500MBプラン 1,310円
キャンペーン 最大4万円のキャッシュバックキャンペーン
実質月額料金 3,426円
併用した場合の合計月額料金 4,736円

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)とmineo併用による節約効果

BroadWiMAXキャッシュバックキャンペーンは無いものの、安い月額利用料金で人気・おすすめのWiMAXプロバイダがBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。WiMAXのモバイルルーターはBroad WiMAXでギガ放題プランを契約、また格安SIM・mineoの月間500MBプランを契約した場合、2つの併用・組み合わせの月額料金合計は4,671円
 
Broad WiMAXとmineoの併用の場合もスマホとモバイルWiFiルーターを月額5,000円未満で利用でき、大手キャリアの月間容量20GBプランを月額8,000円~10,000円で契約するのと比較して毎月3,000円以上、年間4万円以上の節約効果に。

WiMAXルーター Broad WiMAX 格安SIM mineo
月額基本料金(ギガ放題プラン) 3,411円 月間容量500MBプラン 1,310円
キャンペーン Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン
実質月額料金 3,361円
併用した場合の合計月額料金 4,671円

併用ではなくスマホの大容量プランで一本化する方法のデメリット

このページではあくまでWiMAXのルーター端末・ギガ放題プランとの併用を前提におすすめの格安SIMを紹介しましたが、格安SIMサービスの料金が安く「スマホは格安SIMの大容量プランで一本化する方法」ではダメか?と考える方も。
 
料金面でメリットがある場合も考えられますが、インターネット通信の使い勝手や快適度で比較すると格安SIMの大容量プランよりもWiMAXなどのモバイルルーターとの併用が断然おすすめです。
 
ここからは格安SIMサービスの大容量プランと、格安SIMの最小プランとポケットWiFi・WiMAXの併用と比較した場合のメリット・デメリットを紹介します。

月間10GB以上使える!格安SIM・スマホの大容量プラン料金一覧

多くの格安SIM・スマホサービスでは、月間通信容量が10GB以上使える大容量プランも提供しています。当然、月間データ通信量1GBなどの最小・最安プランと比較すると月額料金は高額。大容量プランの中では、ドコモ(docomo)回線を利用するU-mobileの月間25GBプランが最安でおすすめですが、他の大容量プランの月額料金は「最小プランの格安SIM+WiMAXのギガ放題」の併用・組み合わせの場合の月額料金と比較して高額で、おすすめではありません。

主な回線 格安SIMサービス 音声通話+データ通信セットプランの最安月額料金 備考
ドコモ(docomo) U-mobile 2,880円(25GB)
au UQ mobile 4,980円(21GB)
ソフトバンク(Softbank) QTモバイル 5,100円(20GB) ドコモ・au回線も選択可

月間通信量の制限なしで使いたい場合はWiMAXの併用が必要

格安SIMの大容量プランでも契約中のデータ容量を超過すると速度制限が発生、制限解除には追加料金が必要なのが一般的です。このため月間通信量の制限無しでインターネット通信を使いたい場合、WiMAXギガ放題プランの併用が必要。

格安SIMの最安プランは月額1,200円、WiMAXのギガ放題プランも最安プロバイダで契約すれば月額3,500円程度、合計月額4,000円台の組み合わせで、電話も通信量無制限のインターネットも利用可能です。

またWiMAX以外にもポケットWiFiサービスがありますが、月額料金3,000円台で通信量無制限プランを利用できるのはWiMAXくらい。特に、ノートPCなどと接続したインターネット利用や、アプリのダウンロードや動画視聴などで通信量が多い場合、格安SIMとWiMAXのポケットWiFiルーターの併用がおすすめです。

WiMAXと比較すると格安SIMは通信速度が遅い点もデメリット

また格安SIMのデメリットが通信速度。各格安SIMサービスは、ドコモやau、ソフトバンクの4G LTE通信回線を使用して通信を行うものの、通信回線の利用は各キャリア契約者が優先され、格安SIM利用者の通信帯域は狭くインターネット通信が混雑しがち。このためUQモバイルなど一部格安SIMを除き、格安SIMサービスの通信速度への過度な期待は禁物。
 
このため格安SIMの大容量プランの利用料金が安い場合でも、実際にはインターネット通信にストレスを感じたり、使い勝手が悪いとの口コミや評判がネット上には数多く、この点もWiMAXと併用する方法をおすすめする理由の1つです。

WiMAXのモバイルWiFiルーター最新機種は下り最大867Mbps対応で高速

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
モバイルWiFiルーター最新機種W06

WiMAXを併用するメリットは、月間通信量無制限のギガ放題プランに加えて高速な通信速度。WiMAXのモバイルWiFiルーター最新機種W06端末を利用すれば、下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大速度75Mbps対応の高速インターネット通信が可能です。
 
スマホなどで大容量のインターネットを快適な速度で利用したい場合、通信速度の遅い格安SIMよりもWiMAXの高速モバイルルーターの併用がおすすめ

 
以上、WiMAXのギガ放題プランの契約・併用を前提に、おすすめの格安SIMサービスを紹介しました。

すでにWiMAXを利用中、かつWiMAXの通信速度や使い勝手に満足されている場合は、携帯・スマホの契約を格安SIM利用に切り替えるのがおすすめ。電話やインターネットの使いやすさは変わらないまま、毎月の通信費用を大きく節約できる可能性があります。

当サイトでは他にもWiMAXをお得に利用するための方法や節約のための裏技・コツなどをまとめた記事を紹介しています。ぜひ当サイトのトップページにもアクセスしてみてください!

【WiMAXのお役立ち情報が満載!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/3/31までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!