【比較】旅行・出張におすすめ!海外で使えるWiFiルーターレンタル

【比較】旅行・出張におすすめ!海外で使えるWiFiルーターレンタル

海外WiFiレンタルおすすめ比較

日本国内生活でも便利でおすすめと口コミでも評判のWiMAXなどのポケットWiFiルーター。当然海外出張や海外旅行でもWiFiルーターを持ち歩きたいですが、日本国内契約のポケットWiFiルーターは一部機種・料金プランを除いて海外で利用できず、海外で使えるWiFiルーターレンタルサービスの比較・利用がおすすめ
 
このページでは海外出張や海外旅行時のレンタルでおすすめの海外で使えるポケットWiFiルーターについて、口コミで評判のグローバルWiFiやWi-Ho(ワイホー)など各レンタルサービスの比較ポイントや料金目安、料金が安いおすすめのレンタル業者を2020年9月の最新情報で紹介します。

東南アジア(韓国・中国)やアメリカ(ハワイ・本土)への海外旅行・出張経験の豊富なWiMAX比較ナビ編集部員による海外WiFiルーターレンタルのおすすめ記事です!レンタル利用者による海外現地での口コミや評判も紹介します。

コンテンツ

おすすめはどこ?海外WiFiルーターレンタルの比較ポイントと選び方

海外旅行で使えるWiFiルーターのレンタルサービス提供会社は数が多く、どこがおすすめかの比較は大変。料金プラン内容や通信容量、速度比較ももちろん重要ですが、当サイトのおすすめは以下の3つの比較ポイントを重視した選び方です。

WiMAX比較ナビ編集部員は延べ10ヶ国・30回以上の海外ポケットWiFiルーターレンタル経験がありますが、WiFiルーターの料金プランが他と比較して安いや、データ容量が多いより、信頼して利用できるサービスが重要と考えます。利用場所が海外のため、トラブル時に頼れるレンタル会社がおすすめです。

おすすめ比較1:海外旅行先の現地から問い合わせ可能なサポート

海外旅行先の現地に到着、いざポケットWiFiルーターを起動、インターネットに接続できなかったらどうしますか?もちろんレンタル会社各社は、困った時の対応・対処方法をレンタルするポケットWiFiルーター一式に同梱していますが、それでも端末の不調や現地通信会社の障害などで接続できない可能性も。
 
そういった状況も想定、海外WiFiルーターレンタルサービスの比較ポイントの1つが「海外から問い合わせ可能なサポートの有無」。海外からの電話連絡は時差もあり、24時間365日の問い合わせサポートがある会社がおすすめで、また通話料金がかからない方法で問い合わせできる会社もおすすめです。

日本の夜間は問い合わせに非対応の場合や通話料有料の問い合わせサポート窓口のみの海外WiFiレンタル会社の場合、海外旅行先現地から問い合わせできる時間帯が限られ、問い合わせの電話に膨大な通話料金がかかる可能性もあり注意が必要です。

おすすめ比較2:出発当日、成田・羽田・関空などでの空港受け取り

多くの海外WiFiレンタルサービス会社はレンタルするポケットWiFiルーター機器の自宅への宅配・発送や空港受け取りに対応しますが、おすすめは海外旅行出発当日の空港受け取り。自宅への宅配・配送は便利な一方、万が一の事故で出発前日までに届かない可能性もあり、その分余裕のある日数でのレンタルは空港受け取りと比較してレンタル料金が上がります。
 
その点で比較して、海外旅行・出張の出発当日、成田や羽田など国内空港での受け取りが確実でおすすめ。自宅からポケットWiFiルーターを忘れないよう注意する必要がなく、空港受け取り対応のレンタル会社は日本国内空港での返却にも対応、WiFiルーター返却が楽な点もメリットであり、おすすめ理由です。

比較で重要なのは、成田空港や羽田空港、関西国際空港(関空)など日本国内の主要国際空港に海外WiFiルーターのレンタル・受け取り可能なカウンターの有無、各ターミナルに十分なカウンター数があるか。また地方在住の場合、成田・羽田・関空以外の地方空港での受取・返却可否もおすすめの比較ポイントです。

おすすめ比較3:海外WiFiルーターレンタルの口コミ件数や利用実績

海外WiFiルーターのレンタルでは日本国内での受け取り直後は実際に通信可能か分からず、海外旅行先の現地到着後しか分かりません。また日本国内のポケットWiFiルーターレンタルと違い、インターネット接続できない場合に代替ポケットWiFiルーター機器のレンタルも難しい状況。
 
つまり海外WiFiルーターのレンタル比較では「海外旅行先の国・地域でのレンタル利用実績が十分か」の確認が重要です。海外WiFiルーターレンタルの口コミや評判を確認、利用者数やレンタル実績が多く、自分が行く予定の海外の国・地域で問題なく利用できた!との口コミ・実績のあるレンタル会社がおすすめ。

レンタル前に「韓国 グローバルWiFi」など“海外旅行先”と“レンタル会社名”で口コミを検索、海外現地での利用実績を確認する方法がおすすめです。

Twitterなどで海外旅行中にWiFiルーターをレンタルした人の口コミを確認

例えば、このページでおすすめする海外WiFiルーターレンタルサービスのグローバルWiFiやWi-Ho(ワイホー)については以下のような口コミがあり、海外旅行中も安心して使えることを確認できます。

海外WiFiルーターレンタルサービス・2020年9月おすすめランキング

海外WiFiルーターレンタルでは料金プランや容量・速度の比較以外に、サポートや日本国内空港での受け取り・返却、口コミ件数の比較や確認がおすすめです。
 
以上を踏まえ、当サイト・WiMAX比較ナビ編集部も海外旅行・海外出張でよく利用する、口コミで評判の海外WiFiレンタルサービスを2020年9月の最新情報からおすすめランキング形式で紹介します。
 
当サイトでおすすめの海外WiFiルーターレンタルサービスは下記3社。下記のレンタルサービス以外は比較・検討が不要と言えるほど、口コミの評判も良く、自信を持って利用をおすすめできる3社です!

以下、おすすめランキング上位3社でサービス内容を詳しく比較・紹介します。

業界最安級の格安料金プランがおすすめと評判!グローバルワイファイ

GLOBAL WiFi(グローバルワイファイ)他の海外WiFiルーターレンタルサービスと比較して業界最安級の格安料金プランがおすすめで、問い合わせサポートや国内空港受け取りなどサービス内容も充実のGLOBAL WiFi(グローバルワイファイ)。何度も海外WiFiルーターレンタルを利用するとグローバルWiFi以外は比較不要ではと感じるほど、利用者の満足度も高く、口コミでも評判のサービスです。

東京商工リサーチの「海外用レンタルWiFiサービス(国内→海外)」利用者数調査で2016年~2018年の3年連続利用者数No.1に選ばれたのがGLOBAL WiFi(グローバルワイファイ)のサービスです!

新潟・仙台・小松・静岡空港などルーターを受取可能な日本国内空港数が多い

グローバルWiFIの国内空港カウンター
グローバルWiFiは国内15空港にカウンターがあり、
東京都内にはレンタル受け取り可能な営業所も。

グローバルWiFi以外の海外WiFiレンタルサービスでも、成田空港や羽田空港、関西国際空港(関空)、中部国際空港・セントレア、福岡空港、新千歳空港にカウンターがある会社は多数ありますが、他サービスとの比較でグローバルWiFiの特徴が新潟・仙台・小松・静岡空港など日本国内の地方空港にもカウンターがあり、WiFiルーターレンタルの受取や返却が可能な点。特に地方在住の方におすすめがグローバルWiFi。
 
また成田空港や羽田空港、関空では国際線の各ターミナルに複数のカウンターがあり、出国・レンタル時も日本帰国・返却時も利用しやすく便利な点もおすすめ。東京都内では渋谷・新宿のカウンターでレンタル機器受取も可能です。

海外旅行・ビジネス出張の当日、出発直前のレンタル予約・申し込み可能

グローバルWiFiは各空港カウンターが豊富で、海外旅行・ビジネス出張当日でもカウンターにレンタル可能なポケットWiFiルーター機器の在庫があれば、その場でレンタル可能。また出発直前にWEBサイトから予約・申し込みも可能で「ポケットWiFiのレンタル手配を忘れた!」という場合も安心して利用できるのがグローバルWiFiのおすすめポイントです。

24時間サポート対応、LINE・Skypeでの問い合わせ方法も可能で便利と評判

LINE・Skypeでも問い合わせ可能
電話だけでなく、海外旅行先現地から
LINE・Skypeでの問い合わせ方法も可能

当サイトでグローバルWiFiを強くおすすめする理由の1つが、海外旅行先の現地でトラブル・問題があっても問い合わせしやすい、充実したサポート。24時間365日の問い合わせ対応、電話・メールの問い合わせ以外にLINE・Skypeでの問い合わせ方法が可能な点も便利でおすすめです。

ポケットWiFiルーターに問題があってもLINE・Skypeで問い合わせ可能な場合、海外現地空港・ホテルの無線WiFiを使ってインターネット接続、グローバルWiFiに問い合わせ可能な点が口コミでも良い評判です!

この方法なら、高い電話通話料金を負担せずに無料で問い合わせできます。多くの海外WiFiルーターレンタルがありますが、LINE・Skypeで問い合わせ可能な点は他サービスと比較してグローバルWiFiをおすすめする一番の理由です。

アメリカ1日110円など、安いWiFiルーターレンタル料金プランも人気の理由

もちろんグローバルWiFiの人気理由はサービス・サポートの充実に加え、安いレンタル料金プラン。例えば海外旅行・出張先がアメリカの場合、WiFiルーターの最安レンタル料金は1日あたり110円など、他サービスと比較して圧倒的に安い料金プランが特徴。少ないデータ容量、遅い速度でも良いから、最安料金で海外WiFiルーターをレンタル利用したい場合、グローバルWiFiはおすすめです。

最安料金は速度の遅い3G回線のポケットWiFiルーターレンタルの場合に注意

グローバルWiFiの魅力は業界最安級の格安料金プランですが、最安料金プランが3G通信回線のポケットWiFiルーターの場合に注意が必要。最大通信速度150Mbpsの4G LTE回線と比較して3G回線は最大速度42Mbpsと遅いため、レンタル利用で通信速度重視の方にはおすすめでありません。
 
またグローバルWiFiの4G LTEプランを選ぶと3Gプランと比較して料金が上がり、他の海外WiFiルーターレンタルと比較して大きな料金差が無いか、むしろ他社と比較してグローバルWiFiの方が料金が高い場合もある点に注意が必要です。

海外留学・ビジネスなど長期レンタル利用の場合は割引料金もあり安い

短期の海外旅行ではなく、留学や長期のビジネス出張、ワーキングホリデーなどで海外に長期滞在する場合、長期レンタル利用専用の割引料金プランもおすすめ。長期割引プランはグローバルWiFi以外の海外WiFiルーターレンタルサービスでも一部ありますが、概ね30日間(1ヶ月)以上の滞在・WiFiルーターのレンタル利用の場合、通常料金と比較して大幅に安い割引料金で利用可能です。
 
以上、通信回線速度がやや遅い3G回線対応のポケットWiFiルーターで良い場合、グローバルWiFiの料金は他と比較して最安の国・地域が多く、おすすめの海外ポケットWiFiレンタルです。

グローバルWiFiは口コミでも良い評判で海外現地の通信も安心

海外旅行でグローバルWiFiでルーターをレンタル利用した方の口コミからは良い評判を確認できます。海外現地で問題なくインターネット通信ができると口コミを見て分かれば、安心してレンタルできますね。

【料金最安!口コミで人気の海外WiFiレンタル】

グローバルWiFi

老舗会社テレコムスクエアで口コミも多い海外WiFiレンタル・Wi-Ho(ワイホー)

Wi-HoグローバルWiFiと比較しても同程度の安い料金で海外WiFiルーターをレンタル利用できるおすすめがWi-Ho(ワイホー)の海外レンタルサービス。約20年の海外携帯電話・WiFiルーターレンタルサービスの実績がある老舗会社テレコムスクエアが運営、口コミも多い安心のサービスです。

中部国際空港・セントレアや福岡空港など主要空港にレンタル受取カウンター

成田空港、羽田空港、関空をはじめ、中部国際空港・セントレアや福岡空港、新千歳空港など日本国内主要空港内に、テレコムスクエア・Wi-Ho(ワイホー)の海外WiFiルーターレンタル機器の受取・返却用カウンターがあります。グローバルWiFiと比較してカウンターのある国内空港は少ない一方、レンタル実績が豊富で信頼できるサービスです。

羽田空港カウンターは24時間営業、深夜便・LCC利用の場合はメリット

さらにグローバルWiFiにないWi-Hoだけのメリットが、羽田空港内の24時間営業の受付カウンター。特にLCC利用や深夜便や早朝便で羽田から海外旅行へ出発、日本到着の場合、24時間営業の受取・返却カウンターはおすすめポイント。

WiFiルーターの設定・使い方など海外現地からの問い合わせに24時間対応

テレコムスクエア・Wi-Ho(ワイホー)がおすすめのもう1つの理由が、24時間365日の問い合わせサポート対応。海外現地から時差も気にせず、WiFiルーターの設定方法や使い方などを問い合わせ可能な点がメリットです。メールの問い合わせのほか電話問い合わせも可能ですが、通話料金が自己負担に注意が必要。

Wi-Ho(ワイホー)も口コミで評判の良い人気の海外WiFiレンタルサービス

Wi-Ho(ワイホー)の口コミを確認しても評判の良い人気の海外WiFiレンタルサービスだと分かります。長年のサービス実績もあり、リピーターによる口コミも多いサービスです。

標準の1日300MBや1ギガ(GB)のデータ大容量に加え、無制限プランも

Wi-Hoの無制限プラン

またWi-Hoの海外WiFiルーターレンタルサービスの特徴が、他サービスに無いデータ通信容量無制限の料金プラン。特に利用するデータ通信容量が多い場合、他サービスと比較しておすすめの海外WiFiルーターレンタルはWi-Hoです。
 
Wi-Hoの料金プランのうち、1日のデータ容量が300MBの通常プランや1日500MBの大容量プラン、1日1GBのギガプランは他サービスと比較して同様ですが、Wi-Hoは1日1GBを超える無制限プランがあり、かつ安いレンタル料金で利用できる点がおすすめの特徴です。
※ただしデータ容量無制限プランでも、海外現地の通信会社の規定で一定の通信容量を利用すると速度制限がかかる場合もある点に注意が必要。

以上、3Gより回線速度の速い4G回線を重視する場合、データ通信容量が多いプランを探す場合は、グローバルWiFiと比較して料金が安いテレコムスクエアのWi-Ho(ワイホー)がおすすめです!

【4G回線利用・大容量プランが割安料金!】
Wi-Ho(ワイホー)

海外ルーターレンタルで人気・知名度抜群のブランド!イモトのWiFi

イモトのWiFiタレントのイモトアヤコさんがキャラクターの海外WiFiルーターレンタルサービスが、エクスコムグローバルが運営するイモトのWiFi。空港でポスターを見かけることも多く人気・知名度は抜群のブランドの一方、レンタル料金はグローバルWiFiやWi-Hoと比較して割高で、料金の安い海外WiFiルーターレンタルを探す場合は他社がおすすめです。

日本国内主要空港に受取カウンター、24時間返却BOXの提供もあり安心

イモト・返却BOXイモトのWiFiは他の海外WiFiルーターレンタルサービスと同様、成田・羽田・関空をはじめ、日本国内主要空港にレンタル機器の受取カウンターがある点は安心。成田空港・羽田空港受取の場合、海外出発前日16時までWEB予約が可能で、空港では24時間返却可能なBOXを提供している点もおすすめのサービスです。

24時間365日対応のエクスコムグローバル・テクニカルサポート

イモトのWiFiも他のレンタルサービスと同様、24時間365日で海外現地からの問い合わせにも対応。海外現地からメールでの問い合わせのほか、通話料金は自己負担ですが電話での問い合わせも可能です。

他の海外WiFiレンタルサービスと比較して大容量だが高い価格がデメリット

イモトのWiFiのレンタルサービス内容やサポートは他サービスと同様ですが、他と比較して料金プランの価格が高い点がデメリット。他の海外WiFiレンタルサービスは1日の通信容量300MBの料金プランが標準プランなのと比較して、イモトのWiFiの場合は1日500MBの大容量プランが標準で、他と比較して多い容量を利用できる点はメリットですが、それを考慮してもグローバルWiFi・Wi-Hoと比較して料金は割高。

安い料金で海外WiFiルーターをレンタルしたい場合、イモトのWiFi以外のサービスがおすすめですが、期間限定キャンペーンなどを実施中の場合は、キャンペーン内容次第でイモトのWiFiも安い料金でレンタル利用できます。

【おすすめかはキャンペーン内容次第!】

海外旅行・出張の渡航先別!おすすめ上位3社のWiFiレンタル料金比較

パスポートと世界地図おすすめの海外WiFiルーターレンタルサービス3社の概要とおすすめ理由を紹介しましたが、以下で各社のレンタル料金プランを海外旅行や海外出張で人気の渡航先別に比較・紹介します。2020年9月現在の料金比較の結果ではグローバルWiFiとWi-Hoがおすすめの2社。利用する容量プランや渡航先の国や地域によりグローバルWiFiとWi-Hoを比較して安い方でレンタルするのがおすすめのレンタル方法です。

アメリカ(本土/ハワイ/グアム)方面のレンタル最安料金比較

海外渡航先がアメリカ本土やハワイ、グアム方面の場合、1日あたりの通信容量・レンタル料金比較は以下の表の通りです。渡航先がアメリカ本土・ハワイ・グアムの場合は他と比較してグローバルWiFiがポケットWiFiルーターレンタルの最安でおすすめですが、Wi-Hoとの差はほとんどありません。

渡航先 グローバルWiFi テレコムスクエア・Wi-Ho イモトのWiFi
アメリカ本土 443円(4G・600MB) 444円(4G・500MB) 490円(3G・500MB)
アメリカ・ハワイ 443円(4G・600MB) 444円(4G・500MB) 490円(3G・500MB)
アメリカ・グアム 443円(4G・600MB) 444円(4G・500MB) 490円(3G・500MB)

東アジア(韓国/台湾/香港/中国)エリアのレンタル最安料金比較

韓国や台湾、香港、中国本土など東アジアエリアでの1日あたりの通信容量・WiFiルーターレンタル料金を2020年9月の最新情報で比較します。これらの海外渡航先の国の場合もグローバルWiFiが料金最安ですが、Wi-HoのポケットWiFiルーターレンタルもコスパが良くおすすめ。

渡航先 グローバルWiFi テレコムスクエア・Wi-Ho イモトのWiFi
韓国 258円(4G・300MB) 259円(4G・300MB) 340円(4G・500MB)
台湾 332円(4G・300MB) 333円(4G・300MB) 490円(4G・500MB)
香港 277円(4G・300MB) 278円(4G・300MB) 490円(4G・500MB)
中国 176円(4G・300MB) 177円(4G・300MB) 490円(4G・500MB)

東南アジア(タイ・バンコク/インドネシア・バリ/シンガポール)エリアの最安料金比較

東南アジアで人気の海外旅行先であるタイ・バンコクやインドネシアのバリ、シンガポールへの渡航の場合、比較結果ではグローバルWiFiのルーターレンタル料金が最安。ただしグローバルWiFiの場合は回線速度の遅い3G対応のポケットWiFiルーター端末のため、速度の速い4Gルーターのレンタルの場合はWi-Hoが安い料金でおすすめです。

渡航先 グローバルWiFi テレコムスクエア・Wi-Ho イモトのWiFi
タイ(バンコク) 199円(4G・1.1GB) 200円(4G・1GB) 340円(3G・500MB)
インドネシア(バリ) 100円(3G・300MB) 300円(3G・300MB) 490円(3G・500MB)
シンガポール 50円(3G・300MB) 328円(4G・300MB) 490円(3G・500MB)

ヨーロッパ(イギリス/フランス/イタリア)エリアの最安料金比較

ヨーロッパ方面への海外旅行でのレンタルの場合もグローバルWiFiのレンタル料金が最安ですが、イギリス・フランス・イタリアの場合は3G回線対応WiFiルーターのレンタル料金が最安の点に注意。4G LTE回線を利用可能なWiFiルーター端末で比較するとWi-Hoの方が料金が安い可能性もあります。

渡航先 グローバルWiFi テレコムスクエア・Wi-Ho イモトのWiFi
イギリス 60円(3G・300MB) 188円(4G・300MB) 720円(3G・500MB)
フランス 110円(3G・300MB) 188円(4G・300MB) 720円(3G・500MB)
イタリア 60円(3G・300MB) 188円(4G・300MB) 720円(3G・500MB)

キャリアの定額サービス~携帯・スマホの国際ローミングとレンタルの比較

海外旅行やビジネス・出張時の海外WiFiルーターレンタルを紹介しましたが、キャリアで契約中の携帯電話やスマホの場合、国際ローミングを利用してインターネットに接続する方法も可能です。海外WiFiルーターをレンタルする方法と、キャリアの定額サービス・国際ローミングを利用する方法を比較して、どちらが安い料金でおすすめでしょうか?メリット・デメリットを比較します。

海外パケットし放題・定額サービスは料金が高額、WiFiレンタルが安い

ドコモやau、ソフトバンクなどキャリア各社は、海外での通信専用の定額サービスやパケットし放題プランを提供中ですが、海外WiFiルーターのレンタル料金と比較して高い点がデメリット。レンタルの申し込み手続きや、自分の携帯・スマホ以外にWiFiルーターの持ち歩きが不要な点はメリットですが、比較して料金が安いおすすめは海外WiFiルーターのレンタルサービスの利用です。
 
参考までに下記に海外パケットし放題・定額サービスの料金をまとめます。

ドコモ・au・ソフトバンクの海外データ通信サービス

キャリア 海外利用プラン・オプション 料金 特徴
ドコモ(Docomo) パケットパック海外オプション 980円/24時間 日本で契約中のパケットパックのデータ量が使えるオプション(詳細はドコモ公式サイトへ
au 海外ダブル定額 最大1,980円/日または2,980円/日 4G LTE対応機種が対象/通信容量無制限で利用可能
ソフトバンク(Softbank) 海外パケットし放題 最大1,980円/日または2,980円/日 通信容量無制限で利用可能

同行者とテザリングで通信する場合、バッテリー消耗がデメリット

海外旅行先の現地で携帯電話やスマートフォンのインターネット通信には良いですが、ノートパソコンと接続したり、同行者の家族や友人とインターネット接続方法を共有するにはテザリングが必要
 
テザリングの使用には、常に自分の携帯電話やスマートフォンを起動、テザリング可能な状態にする必要がありバッテリーを消耗する原因にもなり、肝心な時にスマホがバッテリー切れで誰もインターネットに接続できず、写真も撮れないなどの問題も起こり得ます。

海外WiFiルーターレンタルのメリットは同時接続でインターネット使える点

比較して、同行者と一緒にインターネット通信を利用しやすいのは専用の海外WiFiルーターのレンタル。ポケットWiFiルーターには同時に5台程度が接続可能で、ルーターを起動しておけば同行者全員がインターネット接続可能。自分の携帯・スマホのバッテリーを消耗せず、またレンタル料金も割り勘にすれば国際ローミングと比較して安く海外旅行中にインターネット通信を利用可能と口コミでも評判です。

au・ソフトバンクの場合、テザリングオプション加入も必要

またauやソフトバンクで契約中の携帯電話・スマホで、国際ローミング中のテザリングの使用にはテザリングオプション加入が必要な場合も。月額500円のテザリングオプション料金が追加でかかるため、比較して海外WiFiルーターレンタルの方が安い料金です。

まとめ~グローバルWiFi・Wi-Ho・イモトの比較で口コミで良い評判は?

以上、海外旅行やビジネス出張時に利用がおすすめの海外WiFiルーターレンタルについて、口コミで評判のグローバルWiFi・Wi-Ho・イモトのWiFiの3つのおすすめサービス、最安料金比較、携帯電話・スマホの国際ローミングとの比較などを紹介しました。

日本国内と同様に快適にインターネット接続できれば、海外旅行が楽しいものに!当サイトの海外WiFiレンタルのおすすめは、口コミの評判も良い「グローバルWiFi」または「Wi-Ho(ワイホー)」です。

特に海外旅行先・出張先が韓国や台湾など東アジアの場合は、安い料金で実績も豊富なWi-Ho(ワイホー)がおすすめですが、他の地域では人気のグローバルWiFiがおすすめ。

一方、海外旅行でポケットWiFiルーターをレンタルするのに日本国内では利用していない方には、WiMAXのルーター契約がおすすめ。ポケットWiFiルーターがあれば、いつでもどこでも快適なインターネット通信が可能です!

【日本国内用のWiFiルーターなら!】

海外WiFiルーターのレンタルについてよくある質問

最後にこのページのまとめとして、海外WiFiルーターのレンタルについてよくある質問に回答します。

海外WiFiレンタルの比較ポイントやおすすめの選び方は?

海外旅行用のWiFiレンタルサービスの比較では、料金プラン内容や通信容量、速度比較も重要ですが、海外旅行先の現地から問い合わせ可能なサポート体制の有無や、受取・返却が可能な国内空港カウンター数の比較も重要なポイント。万が一の現地での通信トラブルも考え、口コミを確認してサポートや貸出実績の豊富なレンタルサービスを選ぶのがおすすめの選び方です。

グローバルWiFiとWi-Ho(ワイホー)のどちちがおすすめ?

グローバルWiFiとWi-Ho(ワイホー)のどちらも同程度の安い料金で海外WiFiルーターをレンタル可能なおすすめサービスですが、日本国内の地方空港から海外に出発する場合は、受け取り・返却可能な空港の多いグローバルWiFiがおすすめ。また、Wi-Hoと比較して海外現地からLINEやSkypeで問い合わせ可能な点もグローバルWiFiのおすすめポイントです。

海外WiFiルーターレンタルと国際ローミングの比較でどっちがお得?

ドコモのパケットパック海外オプションや、ソフトバンクの海外パケットし放題の料金は1日あたり1,000円以上とポケットWiFiルーターのレンタルと比較して料金が高い点がデメリット。特に、海外旅行中に毎日インターネットを利用したい場合や、友人・家族と一緒にインターネットを使う場合は、海外WiFiルーターのレンタルがお得でおすすめです。

2020年9月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年9月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
海外ポケットWiFiのおすすめは…
安いレンタル料金で空港受取も便利な『グローバルWiFi』!