おすすめは?ホームルーター3社を速度・回線・エリア・料金で比較

おすすめは?ホームルーター3社を速度・回線・エリア・料金で比較

ホームルーター徹底比較

自宅用のWiFiインターネット環境に使える、おすすめのホームルーター

自宅用のインターネットと言えばフレッツ光などの固定回線契約を考える人も多いですが、回線工事やプロバイダ契約、WiFiネット接続用の無線LANルーター購入など、ホームルーター契約と比較して準備に手間がかかるもの。
 
このページで比較・おすすめするホームルーターは据え置き型のポケットWiFiルーター。契約後、端末をコンセントに繋ぐだけでWiFiインターネットが可能な、おすすめ製品です。WiMAXのホームルーターやソフトバンクのSoftBank Air、人気ポケットWiFi・ネクストモバイル(NEXT mobile)の端末の3つのおすすめ候補から、通信速度や利用通信回線、無制限プランを含む最新料金プランなどメリット・デメリットを比較します。

当サイトではおすすめホームルーターサービス3つを厳選して徹底比較しました。比較結果のおすすめランキングの確認はこちら!

固定回線やモバイル端末と比較!ホームルーターのメリットとおすすめ理由

WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02
WiMAXの据え置き型ホームルーター最新端末
Speed Wi-Fi HOME L02

WiMAXやソフトバンク、人気ポケットWiFiの1つ・ネクストモバイルが提供するホームルーター。最近、フレッツ光などの固定回線を契約せず、ホームルーターを利用する人が増えています。インターネットの固定回線契約と比較して、ホームルーターを利用するメリットや人気・おすすめの理由は何でしょうか?
 
また持ち運び可能なポケットWiFiルーター、モバイルルーターではなく、据え置き型のホームルーターをおすすめする場合やその理由も紹介します。

固定回線と比較して導入が簡単でおすすめ!据え置き型ホームルーター

フレッツ光などの固定回線の契約・利用には、まず回線の開通工事が必要。また開通工事には立ち会いも必要で、土日の場合は追加料金が必要など費用や時間がかかります。さらにプロバイダ契約や、自宅で無線Wi-Fiを利用するには無線LANルーターの購入も必要。
 
比較して、WiMAXやソフトバンクの据え置き型ホームルーターは回線工事不要。端末到着後、コンセントに繋ぐだけですぐにインターネットを利用開始可能と導入が簡単と評判。また契約・申し込みも家電量販店の店舗やWEBで簡単にでき、短時間で使える点もおすすめ理由の1つ。

工事不要で最短契約当日から自宅でWi-Fiインターネット接続が使える

家電量販店でのWiMAXやソフトバンクエアーを契約・申し込みの場合、店舗に在庫があれば最短契約当日からホームルーター端末を使える点がメリット。またWiMAXのプロバイダ契約やポケットWiFi・ネクストモバイルに申し込みする場合も、最短即日発送で届け先エリアによっては契約翌日から自宅でWi-Fiインターネット接続を開始できます。
 
固定の光回線サービスと比較して、工事不要で時間や手間をかけずに自宅のネット環境を整える方法である点がホームルーターのメリット・おすすめ理由です。

引っ越しが多い場合や一人暮らしはホームルーターがおすすめと評判

引っ越し直後ですぐにインターネットに接続したい場合や、一人暮らしで光回線工事は面倒な場合におすすめがホームルーターを利用する方法。また引っ越しが多い方にもホームルーターは手軽で便利。固定回線の場合は一度契約を解約、引っ越し後に再度契約が必要などの手間がデメリットで、比較してホームルーターの場合は引っ越し先に持ち運び、コンセントに接続すれば利用再開できます。

ホームルーターは契約プランにより速度制限がある点がデメリット

通信量無制限の固定・光回線と比較してホームルーターのデメリットの1つが速度制限。月間通信量無制限のWiMAX・ギガ放題プランでも3日間で10GBの通信容量量制限があるなど、各サービス・契約プランで違う速度制限に注意が必要。
 
また同じホームルーターでも利用する通信回線や機種により、固定回線と比較して通信速度が遅い可能性も。このためホームルーター各機種の通信速度比較やサービス内容比較も重要です。

モバイルルーターと比較して同時Wi-Fi接続台数が多い点がメリット

W06イメージ
2019年1月発売!
WiMAXモバイルルーター最新機種W06

WiMAXやネクストモバイルなどのポケットWiFiで一般的なのは、ホームルーターよりも持ち運びできるモバイルルーター端末。モバイルルーター端末があれば自宅でも外出先でもインターネット通信が可能で、ホームルーター利用をおすすめするケースは限定的。
 
ただし、モバイルルーターとホームルーターの比較で一番の違いがルーター端末に同時Wi-Fi接続可能な機器台数。モバイルルーターが1人など少人数利用におすすめなのと比較して、ホームルーターは家族の多い家庭や会社・法人オフィスなど大人数利用にメリットのある方法です。

ホームルーターがおすすめなのは大人数の家族や小規模の会社で利用する場合で、1人1台のモバイルルーター契約では費用が膨大になる場合です。

電波の送受信が安定する点もホームルーター端末のメリット

ホームルーターのイメージ自宅などに設置して利用する前提のホームルーター端末は、モバイルルーターと比較して電波をWi-Fiで送受信できるエリア・範囲が広く設計されており、自宅のどこでも安定してインターネット利用可能な点もおすすめのメリット。

ホームルーターは無線Wi-Fiに加え、LANケーブルの有線接続も可能

モバイルルーターの場合は無線Wi-FiやBluetooth接続が前提で、パソコンなどとLANケーブルで有線接続して利用できませんが、ホームルーターは無線Wi-FiでもLANケーブルの有線接続でもインターネット接続できる点もメリットです。

持ち運びしづらく、バッテリーが無いため常に電源コンセントが必要

モバイルルーター端末と比較した際のホームルーターの一番のデメリットは持ち運びしづらい点。重さが100g程度のモバイルルーター端末と比較して、WiMAXなどのホームルーター端末は400g~500gの機種もある上、バッテリーを搭載していないため常に電源・コンセントに常に接続しての利用が必要です。

自宅でも外出先でも利用したい場合はモバイルルーターがおすすめですが、比較して外出先はスマホで十分、自宅専用のインターネット方法を検討中の場合はポケットWiFiサービスをホームルーターで契約がおすすめ。

ホームルーターおすすめ機種~利用回線や通信速度、料金プランの違い

モバイルWiFiルーターを提供するポケットWiFiサービスは多数ありますが、ホームルーター端末を提供するサービスは一部。また似たホームルーターでもサービスごとに、機種のスペックや利用する通信回線・電波、最大通信速度、月額料金プランに大きな違いがあります。
 
以下、当サイトでおすすめのホームルーター3機種で各WiFiサービスの違いを比較・紹介します。

2019年9月のホームルーター選びで人気・おすすめ機種は3つ

2019年9月に契約する場合、ホームルーター端末選びのおすすめ機種はWiMAX、ソフトバンクエアー、ネクストモバイルの3つ。各人気ルーター機種の対応回線や通信速度などのスペック比較をまとめたのが以下の一覧です。

おすすめホームルーター機種 WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02 SoftBank Air(ソフトバンクエアー)・Airターミナル4 ネクストモバイル(NEXT mobile)・HT100LN端末
製品イメージ ホームルーターL02 Airターミナル4 ホームルーター・HT100LN
サイズ 93×178×93 mm 103x225x103 mm 130x37x130 mm
重量 436g 635g 200g
通信回線 WiMAX2+回線・au 4G LTE回線 ソフトバンク4G LTE回線 ソフトバンク4G LTE回線
通信速度 下り最大1,000Mbps
上り最大75Mbps
下り最大481Mbps
上り最大10Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps

利用回線の比較~ソフトバンクLTEやWiMAX2+などの違い

各ホームルーター機種で利用する通信回線を比較すると、WiMAXの場合はWiMAX2+回線とauの4G LTE回線に対応。比較してSoftBank Airとネクストモバイルのホームルーターはソフトバンクの4G LTE回線を利用。各通信回線の対応エリア内で利用しなければホームルーターが圏外となるため、まずは利用場所が対応エリアか、電波を受信できるかの確認が重要です。

日本全国で電波が繋がりやすい点がメリットのソフトバンクLTE回線

ソフトバンクLTE回線を利用するホームルーターのメリットは、日本全国で電波が安定して繋がりやすいサービスの点。ソフトバンクの携帯・スマホを利用できるエリアの場合、SoftBank Airやネクストモバイルのホームルーターを利用可能なエリアと考えて問題ありません。

WiMAXもエリア拡大中、かつauのLTE回線ネットワークも使用できる

比較してWiMAXの通信回線は大都市エリアはすでにほぼ全域をカバーしている一方、地方はエリア拡大中という状況。ソフトバンクのLTE回線ネットワークと比較するとWiMAXの対応サービスエリアは狭いと言えるかも知れません。
 
ただし、WiMAXのホームルーター最新機種はauのLTE回線を利用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードに対応。WiMAXの圏外エリアでもauのLTE回線ネットワークの対応エリアの場合、通信モードの設定をハイスピードプラスエリアモードに変更すればインターネット通信が可能です。

通信速度の比較~WiMAXホームルーターは高速・下り最大1Gbps(1,000Mbps)対応

対応エリアの広いソフトバンクのLTE回線ですが、通信速度の比較で高速なのはWiMAX。おすすめホームルーター3機種の比較では、2019年1月発売で下り最大速度1Gbps(1,000Mbps)対応のWiMAX HOME L02が最速で、前機種L01やL01sと比較して速度が大幅向上。
 
また上り通信速度の比較でも、特にSoftBank AirのAirターミナル4は上り最大速度10Mbpsの遅い端末で、比較してWiMAX HOME L02は上り最大速度75Mbps対応の高速端末。

月間通信量無制限プランでも速度制限に注意が必要な点はデメリット

ホームルーターの機種比較では通信速度の比較に加え、速度制限ルールの比較も重要。例えばWiMAXの場合、月間通信量無制限のギガ放題プランでも直前3日間で10GBまでの通信量制限があり、超過すると速度が約1Mbpsまで低下する速度制限がデメリット。

ただし、このWiMAXの速度制限は時間帯が18時~2時までの夜間のみで、日中は通常速度でホームルーターを利用可能な比較的緩やかな速度制限。

比較してネクストモバイル(NEXT mobile)には3日間の通信量制限は無いものの、契約プランにより月間通信容量20GB~50GBの制限があり、超過すると速度が約128Kbpsまで低速化する厳しい速度制限がかかる点に注意が必要です。
 
またSoftBank Air(ソフトバンクエアー)には明文化された速度制限ルールが無く、通信量無制限のホームルーターサービスと謳われていますが、利用者の評判・口コミを確認すると不規則に速度制限がかかるようです。この点はホームルーター選びでソフトバンクエアーをおすすめしづらい理由の1つです。

最新料金プラン比較~最安費用で使えるおすすめホームルーター

ホームルーター機種の比較で気になる月額料金プランや維持費用。期間限定キャンペーンなどでも各機種の利用費用が違うため、2019年9月現在の最新情報で、各ホームルーターの月額料金を比較したのが下記の表です。

料金比較の結果、最安費用で契約できるおすすめはWiMAXとネクストモバイルのホームルーター。ソフトバンクのSoftBank Airはやや料金が高い点に注意が必要です。
ホームルーター
おすすめ機種
WiMAX Speed Wi-Fi HOME L02 SoftBank Air(ソフトバンクエアー)・Airターミナル3 ネクストモバイル(NEXT mobile)・HT100LN端末
料金プラン ギガ放題プラン(月間通信量無制限) ホームルーター本体の分割購入プラン ギガネクスト30(月間通信量30GB制限プラン)
月額料金 月額3,411円~
(当サイトおすすめBroad WiMAXでの契約の場合)
月額4,880円
(端末レンタルの場合は月額490円が別途必要)
月額3,490円
(契約3年目以降は月額3,695円)
備考 契約プロバイダで月額料金や利用可能なキャンペーンが違うため、プロバイダ比較が重要 契約開始から2年は「はじめよう SoftBank Air割」キャンペーンを適用可(月額1,080円割引) 他に、月間通信量20GB、50GB制限プランも利用可能

WiMAXの場合、契約プロバイダによる料金プランの違いも

WiMAXでホームルーターを契約する場合、契約プロバイダにより月額料金プランが違います。同じWiMAXサービスを契約可能なプロバイダが20社以上あり、プロバイダ別に月間無制限・ギガ放題プランの月額料金や利用可能なキャッシュバックなどのキャンペーン内容が違うため、最安プロバイダの比較がおすすめ。

auユーザーの場合はWiMAXのホームルーターを選ぶのがおすすめ

携帯やスマホの契約がauの場合、他と比較してWiMAXのホームルーターを選ぶのがおすすめ。理由はauユーザーがWiMAXを契約するとauスマートバリューmineによる料金割引を利用できるから。auスマートバリューmineの適用で、毎月auの利用料金から最大1,000円が割引され、WiMAXが実質最安のホームルーターになる可能性が高いのです。

ソフトバンクエアーの場合、端末の購入費用が必要な点に注意

WiMAXと比較してソフトバンクのSoftBank Airが高い料金なのは、ホームルーター端末・Airターミナル4の分割払い購入またはレンタル利用費用が必要なためで、その分だけ月額料金が高くなります。また、SoftBank Airの契約は2年契約、Airターミナル4の割賦(分割払い)契約は3年契約など特殊な契約形態で、途中解約時の違約金などが分かりにくい点がデメリット。

WiMAXやネクストモバイルのホームルーター端末は販売価格無料

一方、WiMAXのL02やネクストモバイルのHT100LNなどのホームルーター端末はキャンペーンで販売価格が無料で提供され、SoftBank Airのような分かりにくさが無い点もおすすめ理由の1つ。またWiMAXには月間通信量7GB制限プランが、ネクストモバイルには月間通信量20GB制限のプランもあり、上記の料金比較表よりも安い月額料金プランでホームルーターを利用する方法も可能です。

まとめ:当サイトのホームルーターおすすめ比較ランキング

以上のホームルーター比較結果のまとめが、当サイトのホームルーターおすすめ比較ランキング。上記で比較したホームルーター3機種をおすすめ順に紹介します。

1位:WiMAX HOME L02端末~Broad WiMAXで無制限プランを契約

Speed-WiFi-HOME-L02
据え置き型のホームルーター最新端末
2019年1月発売のWiMAX HOME L02

自宅用のホームルーターを検討中の場合、一番のおすすめがWiMAXのSpeed Wi-Fi HOME L02端末。WiMAXは月間通信量無制限・ギガ放題プランの場合でも速度制限に注意が必要ですが、下り最大1,000Mbps対応と通信速度が高速で、WiMAXの電波を受信可能なエリアで利用する場合、ぜひ使用をおすすめしたいホームルーターです。
 
月額利用料金は契約するWiMAXプロバイダにより違いますが、当サイトおすすめのBroad WiMAX(ブロードワイマックス)でプロバイダ契約すると、月間通信量無制限のギガ放題プランを月額料金3,411円~で利用可能です。

月額料金3,411円~!ギガ放題プランでホームルーターを使える

BroadWiMAXWiMAXプロバイダの比較で、特に安い月額料金で人気・おすすめのBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。月間通信量無制限のギガ放題プランが月額料金3,411円~、月間通信量7GB制限のライトプランを月額料金2,726円~と、SoftBank Airやネクストモバイルと比較して安い料金でホームルーターを使える点もおすすめ。
 
またHOME L02端末はBroad WiMAX新規契約時に価格無料で提供されるため購入不要で、即日発送にも対応しているため、最短契約翌日から高速インターネットを利用開始できます。

当サイト限定のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンもおすすめ

Amazonギフト券10,000円分プレゼントさらに当サイト経由でのBroad WiMAX契約・申し込みでは、Amazonギフト券1万円分プレゼントの当サイト限定&期間限定のキャンペーンも実施中。当サイトのキャンペーンを利用、お得な料金でWiMAXのホームルーターを契約できます。

GMOとくとくBBなどのキャッシュバックキャンペーンには注意

WiMAXにはBroad WiMAX以外にもお得な料金プラン・キャンペーンを提供するプロバイダがあり、有名なのがGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン。キャッシュバック特典金額が最大4万円前後と他社と比較して高額キャンペーンですが、GMOとくとくBBの場合ギガ放題プランの月額料金が4,000円以上。キャッシュバック特典の受取手続きも複雑で、受け取りに失敗したとの口コミ・悪い評判も多い点に注意が必要です。

WiMAXのホームルーターを契約する場合、確実に安い月額料金で、また当サイト限定キャンペーンもあるBroad WiMAXがおすすめです。
【最安料金&当サイト限定キャンペーン】

WiMAXならホームルーター契約前に無料レンタルする方法も

契約プロバイダにかかわらずWiMAXのホームルーターの契約メリットが、契約前に無料レンタルする方法がある点。これはUQ WiMAXが提供するTry WiMAXというルーターの無料お試しサービスで、15日間ホームルーターをレンタル、自宅などでの電波受信を確認できます。
 
比較して、ネクストモバイルやソフトバンクエアーには契約前の無料お試しの機会は無く、WiMAXのホームルーターなら安心して契約できる点もおすすめです。

WiMAXの無料レンタルサービスについては別記事「Try WiMAX~無料お試しレンタルサービスの利用・返却手順まとめ」でも詳しく紹介しています。ぜひ一度ご確認ください!

2位:ネクストモバイル(NEXT mobile)・HT100LN端末

ホームルーター・HT100LN
ネクストモバイル(NEXT mobile)ホームルーター

WiMAXと比較して通信速度が遅い、月間通信量無制限の料金プランが無いなどがデメリットの一方、WiMAXの圏外エリアでの利用や月間通信量30GB未満など比較的通信量の少ない場合におすすめが、ソフトバンクLTE利用のポケットWiFi・ネクストモバイル(NEXT mobile)のホームルーターHT100LN端末。
 
WiMAX HOME L02やソフトバンクのAirターミナル4と比較して小型の置き場所に困らないホームルーター端末で、ルーター端末の購入も不要、比較的安い利用料金もおすすめポイントです。

ネクストモバイルはソフトバンクLTE回線の電波を使うポケットWiFi

NEXT mobileネクストモバイル(NEXT mobile)が人気ポケットWiFiである理由は、ソフトバンクのポケットWiFiと同じLTE回線をソフトバンクと比較して安い料金で利用できる点。またWiMAXのホームルーターが当サイトのおすすめですが「WiMAXを利用したいがWiMAXの電波が圏外エリア」の場合、迷わずおすすめはネクストモバイルのホームルーター端末です。

月間容量20~50GBをSoftBank Airと比較して安い月額料金で使える

ネクストモバイルには月間通信容量20GB、30GB、50GBの3つの月額料金プランがあり、通信量に応じてホームルーターの料金プランを選べる点もメリット。このうち月間通信容量50GBプランはSoftBank Airと比較して月額料金が高いですが、月間通信容量20GB~30GBで十分な場合、SoftBank Airよりも安い月額料金で使えるネクストモバイルのホームルーターはおすすめのサービスです。

【ソフトバンク回線を使える格安ポケットWiFi】

3位:SoftBank Air(ソフトバンクエアー)・Airターミナル4

ソフトバンクエアーソフトバンクのLTE回線を利用するホームルーター・SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のAirターミナル4端末は対応エリアが広く、下り通信速度が最大350Mbpsとネクストモバイルと比較して速い点が特徴。一方、上り通信速度が最大10Mbpsと遅い、月額料金が高い点から他のホームルーターと比較しておすすめ度は低め。

サービスの途中解約が難しく、通信が不安定で遅いとの口コミがデメリット

またSoftbank Airは2年契約のサービスである一方、Airターミナル4の割賦契約は3年と、途中解約時には解約違約金やルーター代金の残債など何らかの請求無しに解約が難しい点がデメリット。
 
さらに通信量無制限のホームルーターを謳いつつ、利用者の口コミを確認すると通信が不安定で実際には不規則に速度制限が発生しているとの声も。
  
ただ、
WiMAXの圏外エリアでホームルーターを利用予定(ソフトバンクLTE回線の電波は受信可能な圏内)
・ネクストモバイルの月間通信量30GBプランでは不十分
の場合、自宅用のインターネット回線は固定回線とするか、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)がおすすめです。
 
以上、2019年9月時点のホームルーター選びでおすすめの3機種について、利用回線や通信速度、料金プランの違いを比較して紹介しました。

当サイトのおすすめはWiMAXのホームルーターですが、WiMAXの契約ではプロバイダの料金・キャンペーン比較が最も重要です。当サイトでは最新の料金・キャンペーン情報を基におすすめのWiMAXプロバイダを紹介しています。そちらもぜひご確認ください!

【WiMAXの料金プラン・キャンペーンを比較】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019年9月の当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!