一人暮らしのインターネット~おすすめは光回線とWiMAXのどっち?

一人暮らしのインターネット~おすすめは光回線とWiMAXのどっち?

どっちがおすすめ?

一人暮らし中の自宅のインターネット環境を、光回線などの固定回線と、WiMAXなどポケットWiFiのどっちにするか比較で悩む方も多い様子。
 
一人暮らしの自宅ネット環境には固定回線・光回線が頭に浮かびますが、WiMAXと比較して開通工事が必要で、月額利用料金が高い点がデメリット。一人暮らしや引っ越しが多い場合、光回線契約と比較して安い料金に節約できる方法としてWiMAXなどポケットWiFiの利用もおすすめです。
 
このページでは、WiMAXと光回線を徹底比較、通信速度や速度制限、月額料金プランなど各インターネット接続サービスのメリット・デメリットを紹介、特に一人暮らしにはWiMAXと光回線のどっちが便利でおすすめかを確認します。

光回線とWiMAXの違いやメリット比較~一人暮らしにおすすめは?

例えば一人暮らしの自宅で、パソコンやスマホでWiFiを使ったインターネット通信に必要なのがネット回線契約。自宅用ネット回線と言えばフレッツ光やauひかりなど光回線が人気ですが、光回線にも多くの通信サービスがあります。まずは各光回線の通信サービス内容を比較、WiMAXと比較した違いやメリットを紹介します。

ADSLは電話線、比較して光回線は光ファイバーを使った固定通信回線

光ファイバーケーブルを利用した高速通信の固定回線が、いわゆる光回線。電話線を使用するADSLなどの通信回線が一般的だった一昔前と比較して、光回線が普及、電話回線を使用したインターネット通信はほぼ無くなりました。

光回線の代表「NTTフレッツ光」

フレッツ光NTT東日本やNTT西日本が提供する光回線サービス・フレッツ光はNTTが敷設・管理する光回線を利用、NTTが提供するインターネット接続サービス。日本全国で(光コラボレーションも含め)2,000万件以上の契約があり、最も利用されているネット固定光回線サービスの代表です。

光コラボレーション(光コラボ)の種類

全国で普及するNTTのフレッツ光回線ですが、利用者を増やすため2015年にNTTが光回線の卸売りを開始。回線はNTTのフレッツ光回線ですが、多くの事業者がこの回線を利用するインターネット接続サービスを提供可能で、現在、豊富な種類の光コラボサービスが提供されています。

ドコモ光・ソフトバンク光などコラボサービスは一人暮らしにおすすめ

光コラボ
多くの事業者が光コラボサービスを提供

NTT以外の事業者もフレッツ光回線を利用するインターネット接続サービスを提供、例えばNTT docomoやSoftbankなどの携帯電話会社も、自社の顧客・ユーザー向けに自宅用の光通信サービスを提供中。それが「ドコモ光」や「ソフトバンク光」など光コラボと呼ばれるサービスです。
 
利用者にとって、NTT docomoやSoftbankなど携帯電話やスマホで契約中の事業者と自宅のインターネット回線契約も1本化でき、特に一人暮らし中の方にはお得なセット割引などもある点がおすすめ理由。またNTTにとっては光コラボ事業者が自ら光回線利用者を増やしてくれる点がメリットで、光回線利用者急増の理由の1つが、この光コラボです。

NTT以外の光回線事業者~KDDIのauひかりやケイ・オプティコムのeo

NTTの光回線と比較して規模は小さいものの、独自の光回線を利用する方法のインターネット接続サービスも。それがauひかりやeoなどの光回線サービスです。

auひかりはKDDI独自の回線を利用した通信サービス

auひかりauブランドを持つKDDIグループが提供する光回線サービス・auひかり。東京電力が敷設した光ファイバー網をKDDIが取得、KDDI(au)が独自に提供する通信サービスです。auひかりはドコモ光やソフトバンク光と比較して、NTTのフレッツ光回線を利用するサービスでない点が最大の違い。
 
auの携帯電話・スマホを契約中のユーザー向けにauスマートバリューなどのセット割引を提供、特にauユーザーにおすすめの光・固定回線サービスです。

ケイ・オプティコムによるeo(イオ)光

ケイ・オプティコムという会社が独自の光ファイバー網を使って提供する固定光回線サービスが「eo光」で、関西地方を中心に提供される通信サービスです。

WiMAXなどポケットWiFiとの比較で最大の違いは有線か無線か

WiMAX普及が進む光回線を使うインターネット通信ですが、原理は光ファイバーケーブルを利用した通信。一方、WiMAX(ワイマックス)などポケットWiFiは無線通信の点が比較して最大の違いで、WiMAXは専用基地局が日本全国に展開、基地局間の通信はすべて無線です。
 
またWiMAXのポケットWiFiルーター端末と基地局間の通信も無線、手元のパソコンやスマホとルーターとの接続もWiFiやBluetoothと、すべて無線通信の点がWiMAXと光回線の大きな違い。裏を返せば無線通信がWiMAXの強みでありデメリットでもあります。

WiMAXのおすすめ理由は“どこでも持ち歩けるインターネット”

WiMAXのようなポケットWiFiのメリットは小型の無線通信端末・モバイルルーターを持ち歩けば、いつでもどこでもインターネット接続可能な点。WiMAX2+対応基地局は日本全国で3万局以上あり、WiMAXの対応エリアは2020年現在も拡大中です。
 
WiFiルーター端末でWiMAXの電波を受信できればどこでもネット利用可能。特に一人暮らしの場合は自宅でしか使えない光回線と比較して、外出先でも使える便利なインターネット方法である点がWiMAX・ポケットWiFiのおすすめ理由です。

固定回線と違い、工事不要で即日開通できる点も一人暮らしにおすすめ

またWiMAXなどポケットWiFiが一人暮らしや引っ越しの多い方におすすめの理由が開通工事が不要な点。フレッツ光など固定回線の場合、光回線の開通工事が必要で工事の立会いや、工事費用、開通までの時間が必要です。
 
比較して無線通信のWiMAXは工事不要で契約・申し込みの即日開通が可能、ルーター端末が届けばすぐにパソコンやスマホとWiFi接続してインターネット通信を使える手軽さがメリットで、一人暮らしや引っ越しの多い方におすすめです。

光回線をWiFi接続で利用するには無線LANルーターが必要

比較して光回線は自宅利用向けの固定回線で、外出先のインターネット通信に利用できません。またLANケーブルを使った有線接続が原則で自宅のインターネット利用もLANケーブルの届く範囲内。スマホやパソコン、タブレット端末、携帯電話とWiFi接続できません。
  
スマホやパソコンと無線WiFi接続でインターネットを利用する場合は別途無線LANルーターの購入・設置が必要で、その分WiMAXと比較して自宅のインターネット環境整備に手間や時間が必要です。

WiMAXとの比較で、安定して通信を使える点は光回線のメリット

逆に、固定・有線回線である光回線は無線通信のWiMAXと比較して安定した通信が違いでありメリット。無線通信の場合は、建物の形状や地形で電波の送受信の通信が安定しにくい場合もありますが、比較して専用の光ファイバーケーブルを使う光回線通信は常に同じ状態で、安定してインターネット通信を使える方法と言えます。

ネットの通信速度の比較はWiMAXと光のどちらが快適?

光回線の理論上の通信速度は1Gbpsと、高速通信が可能な点は光回線の強み。比較して、WiMAXルーター最新機種のネット通信速度も下り最大速度867Mbpsに到達、またWiMAXのルーター端末を有線接続で利用すると下り最大速度は1Gbps以上。光回線の速度と比較して遜色ないレベルで、光回線とWiMAXで通信速度の違いが少ない点もWiMAXのおすすめ理由です。

またWiMAXのおすすめ理由は他のポケットWiFiと比較しても高速インターネットを使える点で、WiMAXの契約者数が急速に増えています。

なお実際のネット利用は理論値通りの速度といかず、光回線でもマンションなど集合住宅で複数家庭の共有回線の場合、混雑状況次第でネットの速度は低下。無線通信のWiMAXも利用エリアにより想定の通信速度にならない場合もあり、WiMAXと光回線の通信速度の比較でどちらが快適かはインターネットの利用状況や利用環境によります。

WiMAXと光回線~マンションでの一人暮らし向きなのはどっち?

以下ではマンションでの一人暮らしを想定、一人暮らしの自宅インターネットは光回線とWiMAXのどちらがおすすめか、月額利用料金プランや速度制限などの使い勝手はどっちが良いかを比較・確認します。

安い月額料金と持ち運びできるWiMAXが一人暮らしにおすすめ

光回線と比較してWiMAXの最大のメリットは安い月額料金と持ち運び可能な点。一般に光回線契約の月額利用料金4,000円~6,000円と比較して、WiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランは月額3,000円台で利用可能。特に大学生の一人暮らしなど、費用節約のメリットが大きい点もおすすめです。
 
また光回線と違い回線工事不要、専用のルーター端末があればパソコンでもスマホでもインターネット通信が可能な手軽さもWiMAXのおすすめ理由。工事無しですぐに利用したい、自宅でも外出先でも高速インターネットを利用したい一人暮らしの方にはWiMAXがおすすめです。

スマホのLTE通信を上回る下り最大速度867MbpsもWiMAXの特徴

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーターW06機種

外出先はスマホのインターネットやテザリングで十分という一人暮らしの方に伝えたいのが、WiMAXの通信速度。2019年発売のWiMAXのモバイルルーター最新機種W06を利用すれば下り最大867Mbpsの通信速度を利用可能で、比較してスマホ・携帯電話で利用するLTE回線は下り最大通信速度150Mbps前後と遅いのが注意点。
 
またWiMAX以外の多くのポケットWiFiも、スマホと同じLTE回線を利用するインターネット接続サービスで通信速度がWiMAXと比較して遅いため、一人暮らしのインターネット方法には他ポケットWiFiよりもWiMAXがおすすめです。

WiMAXのルーター端末は、最新機種も含め多くのプロバイダで新規契約時に無料提供中の点もメリット。

外出先でもパソコン・タブレットでインターネットを快適に利用可能

WiMAXのモバイルWiFiルーター端末があれば、外出先でもパソコンやタブレットを使って快適な高速インターネット通信を利用可能で、これは光回線に無いメリットです。またスマホのテザリングと比較して通信速度が速い、スマホの容量制限・速度制限を気にせず使える点も、一人暮らしの方にWiMAXなどポケットWiFiの併用をおすすめする理由です。

WiMAX契約で携帯電話・スマホも最低料金プランに変更すれば安くなる

外出先で利用できない光回線を契約中の場合、外出中のネット利用やテザリングで携帯電話・スマホ費用は増えがち。比較してWiMAXを契約すれば外出先のネット利用はWiMAXに一本化、携帯電話やスマホの料金プランを最低限に変更可能。光回線からWiMAXへの乗り換えで安い料金に節約でき、同時に携帯・スマホ費用も安くなる節約方法の点も、特に一人暮らしの場合にWiMAXがおすすめの理由の1つです。

スマホのテザリングよりも費用節約~auユーザーだけの割引利用方法

外出中の通信量が多い一人暮らしの方の場合、WiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランの追加契約・併用の方が、スマホの契約プランを大容量プランに変更・テザリング利用と比較して通信費用を節約できます。外出先のデータ通信量次第ではスマホとWiMAXの2台持ち・併用が安くておすすめ。
 
また利用中のスマホや携帯がauの場合、WiMAX契約と同時に「auスマートバリューmine」のセット割引に申し込みする方法も。au利用料金から最大月額1,000円が割引され、auユーザーはさらに安いお得な料金でWiMAXを利用可能です。

一人暮らしの自宅用にはホームルーター端末が固定光回線の代替に

WiMAX HOME 02
2020年1月発売の据え置き型最新端末
ホームルーターWiMAX HOME 02

インターネット利用が主に一人暮らしの自宅のみの場合はWiMAXのホームルーター端末もおすすめ。持ち歩き可能なモバイルWiFiルーターと違い、自宅利用向けの据え置き型のWiMAXルーター端末で、工事不要、コンセントがあればすぐ使える手軽さが特徴です。
 
WiMAXは月間通信量無制限・ギガ放題プランの月額料金も光回線と比較して安いため、一人暮らしの自宅の固定回線費用を安く節約したい場合、おすすめの代替方法がWiMAXホームルーター端末の利用です。

一人暮らし・引っ越しが多い場合は工事不要で使えるWiMAXが便利

WiMAXのメリットはどこにでも持ち運べる点ですが、これは一人暮らしで引っ越しが多い場合も便利なポイント。光回線利用の場合、引っ越しの度に契約・解約手続きや回線工事が必要で手間や費用がかかる一方、比較してWiMAXのルーター端末の場合は契約変更も不要、そのまま引っ越し先で使える点もおすすめです。

WiMAXのデメリット~3日で10GBの速度制限と対応エリアに注意

光回線と比較した時のWiMAXのデメリットが速度制限と対応エリア。月間通信量無制限のギガ放題プランでも3日間で10GBの通信量制限があり、超過時は最大速度約1Mbpsに低速化する通信制限がかかります。WEBサイトの閲覧や中画質の動画視聴などのネット利用で3日間10GB以上の通信量は考えづらいですが、オンラインゲームや長時間の高画質動画視聴の場合、速度制限発生の可能性も。
 
また大都市部のWiMAXのエリアカバー率は99%以上ですが、一部地域では繋がりにくくWiMAXの圏外エリアも。特に地方ではWiMAXと比較してNTTフレッツ光の対応エリアが広く、光回線との比較でWiMAXを使うデメリットです。

自宅でオンラインゲーム・高画質動画視聴に使うなら光回線か

WiMAXのギガ放題プラン契約でも3日間で10GBの速度制限があるため、特に通信量が多く、安定したネット回線が必要な場合は一人暮らしでもどちらかと言えば光・固定回線がおすすめです。
 
例えば、通信の瞬断も避けたいオンラインゲームや長時間かつ高画質の動画視聴、また自宅での仕事で大容量ファイルのアップロードやダウンロードを頻繁に行う場合、一人暮らしでも通信量が多く、WiMAXなどポケットWiFiを使うのと比較して光回線が良さそうです。

マンションの共用回線ではWiMAXより通信スピードが遅い場合も

一方、マンションなどの集合住宅では光回線でも利用環境によりインターネット通信が不安定との口コミもあり、無線通信でもWiMAXの方が通信スピードが速く、ネットに安定接続可能な場合も。インターネットの利用時間帯でも変わるため、マンションの光回線の場合は常にWiMAXと比較して快適とは言い切れません。

一人暮らしでも自宅は光回線・外出先はWiMAXの両方併用が理想

予算が許せば一人暮らしでも、自宅インターネット通信用に光回線契約、また外出先での利用にWiMAXのモバイルルーター契約の両方の併用が理想でおすすめ。自宅でも光回線が遅い時はWiMAXを利用でき、WiMAXで速度制限がかかりそうな時は光回線を利用可能と、2つの通信回線を併用してセットで使える状態なら、常に快適にインターネットを利用できます。

WiMAXプロバイダには光コラボの提供事業者も

WiMAXを契約できるプロバイダには光回線サービスを提供する事業者も。両方の併用でお得なセット価格などはないですが、契約の1本化などがメリットです。

So-net(ソネット)・NURO

So-net(ソネット)はWiMAXプロバイダサービス以外に、NTTの光ファイバー回線を利用した「So-net光コラボレーション」サービスや、ソニーネットワークコミュニケーションズによる下り最大2Gbpsの超高速光回線サービス「NURO」を提供中。

ニフティ~@niftyでんきやNifmoとのセット割引

NTTの光回線を利用する「@nifty光」は、同じくniftyが提供する「@niftyでんき」や格安スマホ・格安SIMサービス「Nifmo」との同時加入で、お得なセット割引を提供しています。

ビッグローブ~BIGLOBEモバイルとのセット割引

人気のWiMAXプロバイダ・BIGLOBEも「ビッグローブ光」という光通信のプロバイダサービスを提供、「BIGLOBEモバイル」とのセット割引も提供中です。

まとめ:一人暮らしにはどちらを選ぶのがおすすめ?

主に自宅のインターネット環境で、光回線契約か、WiMAXなどのポケットWiFi契約か、一人暮らしや引っ越しの多い方でどちらにするかの比較で悩む場合、おすすめのまとめは以下の通りです。

一人暮らしでWiMAXより光回線契約がおすすめの方は限定的

以下のいずれかに当てはまる場合、通信状態が比較的安定して容量制限の無い光回線が、一人暮らしでもおすすめですが対象の方は限定的です。

  • WiMAXの圏外エリアで一人暮らし中
  • 自宅インターネットの利用目的が、高画質動画の長時間視聴や瞬断も避けたいオンラインゲームの利用

特に大学生の一人暮らしにおすすめの理由はWiMAX・ギガ放題プラン

対応エリアが拡大、通信速度も向上中で光回線との比較で遜色がないWiMAXは、開通工事不要で多くの方におすすめのサービス。一人暮らし中で上記2点に当てはまらない場合、安い料金で契約後すぐに利用開始できるポケットWiFi・WiMAXが、自宅でも外出先でも利用可能なインターネット接続方法として、特に大学生などの一人暮らしにおすすめです。
 
WiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランは契約者の9割以上が加入するおすすめプランですが、最安プロバイダで契約すれば実質月額料金3,000円台で利用可能。同時に携帯電話・スマホの契約は最小容量プランに変更可能なので、一人暮らしの通信費用を節約、自宅でも外出先でも安い費用で高速インターネット通信を利用できる点もおすすめです。

他のポケットWiFiに少ない、データ通信容量無制限で使えるプラン

WiMAX以外のポケットWiFi・Y!mobile(ワイモバイル)やYahoo! Wi-Fiにも一部、データ通信容量無制限で使えるプランがあるものの、無制限利用の対象エリアが限定されたり、通信速度がWiMAXと比較して遅いなど使い勝手が悪く、おすすめでないサービスも。
 
その点、WiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランは広い対応エリアと高速な通信速度がおすすめ理由です。

光回線や他のポケットWiFiと比較してお得な料金で使えるWiMAXですが、契約では20社以上のWiMAXプロバイダの月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容比較が重要。ギガ放題プランの月額利用料金も契約プロバイダで違います。

UQ WiMAXなど20社以上のプロバイダの選び方~実質料金比較が重要

UQ WiMAXのロゴ
WiMAXプロバイダの「本家」
UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

WiMAXを契約できるプロバイダにはUQ WiMAXなど20社以上がありますが、どれもUQコミュニケーションズが管理するWiMAX2+回線を利用するインターネット接続サービスで、速度や対応エリアに違いはありません。契約プロバイダの選び方で重要なのは、各プロバイダで違う料金プランやキャッシュバックなどキャンペーン内容の比較です。

このうちプロバイダの本家UQ WiMAXは割引が少なく、最も料金が高額。安い料金でWiMAXを契約したい場合、UQ WiMAX以外のプロバイダを比較・検討するのがおすすめ。

WiMAXのプロバイダには大きく分けて、キャッシュバックキャンペーンがあり3年間の実質総額費用が安いタイプのプロバイダと、月額料金が割引価格で安いタイプのプロバイダの2つがあります。

GMOとくとくBBなどのキャッシュバックキャンペーンには注意が必要

GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンを実施するWiMAXプロバイダの中で特に人気・おすすめがGMOとくとくBB。新規契約対象の特典金額最大4万円のキャッシュバックは、WiMAXプロバイダの中で比較して最高額のキャンペーンです。
 
実質負担費用は安い一方、ギガ放題プランの月額料金が高い上、キャッシュバックキャンペーン特典受け取りが契約開始約1年後と遅く、手続きが複雑で失敗するリスクは注意が必要なデメリットです。

月額料金の安いBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめ

Broad WiMAX
当サイトおすすめのBroad WiMAXは
月額2,000円台からインターネットを利用可能

比較して当サイトおすすめのプロバイダ・Broad WiMAXはキャッシュバックキャンペーンは無いものの、毎月支払う月額料金が安く、通信費用を節約できる上、当サイト限定のAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンを利用でき、他プロバイダと比較して最安級の費用でWiMAXを利用できるプロバイダ。
 
キャッシュバックキャンペーンと比較してリスクが無いため、確実にお得にWiMAXを使える点が一人暮らしの方にもおすすめする理由です。

新規申し込みでモバイルルーター最新機種WX06やW06が無料

WiMAXモバイルルーターWX06
2020年1月発売!下り最大速度440Mbps対応
WiMAXモバイルルーター最新機種WX06

回線工事費用や無線LANルーターの購入が必要な光回線と比較して、Broad WiMAXなど多くのプロバイダが新規申し込み時にルーター端末を無料提供、月額利用料金以外に料金がかからない点もおすすめポイント。
 
2020年1月発売のWiMAXモバイルルーター最新機種で長時間のバッテリー持ちがおすすめのWX06機種や下り最大速度867Mbps対応のW06機種などが即日発送かつ無料で入手できます!

違約金無しでWiMAXから光回線へ乗り換え!いつでも解約サポート

他のWiMAXプロバイダと比較してBroad WiMAXのおすすめ理由の1つが「いつでも解約サポート」という独自サービス。WiMAX契約後、「やっぱり光回線が良かった」「引っ越したらWiMAXの圏外エリアだった」という場合にBroad WiMAXが紹介できる通信サービスに限り、違約金無しでWiMAXから光回線など他サービスに乗り換え可能な制度です。

WiMAXと光回線の比較で悩む場合、Broad WiMAXを契約してWiMAXを利用してから、光回線への乗り換えを検討するのも1つの方法です。

以上、一人暮らし中の方におすすめのポケットWiFi・WiMAXについて光回線と比較して解説しました。回線工事が不要で申し込み後にすぐ使えるWiMAXがおすすめですが、各WiMAXプロバイダの比較・検討では、最新料金情報やお得なキャンペーン情報の比較が重要です。お得にBroad WiMAXを契約できる当サイト限定キャンペーンもぜひご確認ください!

【当サイト限定!お得なキャンペーンも】

2020年7月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年7月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
2020年7月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAX申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!