【比較】一人暮らしには光回線とWiMAXのどちらがおすすめ?

【比較】一人暮らしには光回線とWiMAXのどちらがおすすめ?

どっちがおすすめ?

自宅のインターネット環境を考えた時に、光回線とWiMAXのどっちにするかで悩む方も多い様子。
 
一人暮らしであっても自宅となると固定回線である光回線がまず頭に浮かびますが、WiMAXと比較すると開通工事が必要になったり、料金が高くなるなどのデメリットも。一人暮らしや引っ越しの多い方には光回線の契約よりもWiMAXの方が料金の節約に繋がりそうです。
 
そこでこのページでは、WiMAXと光回線を比較、通信速度や料金など各インターネット接続サービスのメリット・デメリットを解説するとともに、一人暮らしではWiMAXと光回線のどちらの利用ががおすすめかを詳しく確認します。

どちらがおすすめ?光回線とWiMAXの違いやメリットを比較

例えば、一人暮らしの自宅のパソコンでインターネット通信をしようと考えた時にまず必要なのが通信回線の契約。自宅用の通信回線と言えば、フレッツ光やauひかりなどの光回線を思い浮かべる方も多いと思いますが、まずは光回線について簡単に解説、WiMAXと比較した時の違いやメリットを説明します。

ADSLは電話線を、光回線は光ファイバーを使った通信回線

現在では一般的になった光ファイバーケーブルを利用した高速通信回線が、いわゆる光回線。一昔前であれば、電話線を使用したADSLなどの通信回線が利用されていましたが、光回線の普及が進み、電話回線を使用したインターネット通信はほぼ無くなってきました。

代表格は「NTTフレッツ光」

フレッツ光NTT東日本やNTT西日本が提供する光回線サービスがフレッツ光。NTTが敷設・管理している光回線を利用し、NTTが提供するインターネット接続サービスです。日本全国で(光コラボレーションも含め)2,000万件以上の契約があり、最も普及している回線サービスです。

光コラボレーション(光コラボ)の種類

全国で普及するNTTのフレッツ光回線ですが、さらに利用者を増やそうと2015年からNTTは光回線の卸売りを開始。回線はNTTのフレッツ光回線ですが、さまざまな事業者がこの回線を利用したインターネット接続サービスを提供可能になりました。現在では非常に多くの種類の光コラボサービスが提供されています。

ドコモ光・ソフトバンク光など多様なコラボサービス

光コラボ
さまざまな事業者が光コラボによるサービスを提供

NTT以外の事業者でもフレッツ光回線を利用したインターネット接続サービスを提供できるようになり、例えばNTT docomoやSoftbankなどの携帯電話会社が、自社の顧客向けに自宅用の光通信サービスを提供しています。それが「ドコモ光」や「ソフトバンク光」といった光コラボと呼ばれるサービス。
 
利用者からすると、NTT docomoやSoftbankなどすでに携帯電話やスマホで契約がある事業者と自宅のインターネット回線契約も1本化できるほか、NTTからすれば自社で顧客を開拓しなくても光コラボ事業者が自ら利用者を増やしてくれる点がメリット。

光回線利用者数が急増しているのは、この光コラボの影響が大きいと考えられています。

NTT以外の回線事業者~KDDIのauひかりやケイ・オプティコムのeo

NTTと比較すると普及規模が小さいものの、独自に光回線サービスを提供する事業者もあります。

auひかりはKDDI独自の回線を利用した通信サービス

auひかりauブランドを持つKDDIグループが提供する光回線サービスが「auひかり」。もともと東京電力が敷設していた光ファイバー網をKDDIが取得し、KDDI(au)が独自に提供する通信サービスです。auひかりはドコモ光やソフトバンク光とは異なり、NTTのフレッツ光を利用したサービスではない点が大きな違い。

ケイ・オプティコムによるeo(イオ)光

ケイ・オプティコムという会社が独自の光ファイバー網を使って提供しているサービスが「eo光」で、関西地方を中心に提供されている通信サービスです。

WiMAXとの比較で最大の違いは有線か無線WiFiか

WiMAX着々と普及が進む光回線を使うインターネット通信ですが、原理は光ファイバーケーブルを利用した通信。これと比較して、WiMAXの大きな違いは無線通信であること。WiMAX専用の基地局が日本全国に展開しており、基地局間の通信はすべて無線で行われています。
 
またWiMAXのルーター端末と基地局の間の通信も無線、手元のパソコンやスマホとルーターとの接続も基本的にWiFiやBluetoothと、すべて無線通信で成立している点がWiMAXと光回線の大きな違い。裏を返せば無線であることがWiMAXの強みでもありデメリットでもあります。

“どこでも持ち運べるインターネット”がWiMAXのメリット

WiMAXのような無線通信のメリットは小型のルーター端末を持ち歩けば、いつでもどこでもインターネット接続ができる点。WiMAX2+対応基地局は日本全国で3万局以上、WiMAXの対応エリアは日々拡大中。WiMAXの電波をルーター端末で受信できればどこでもインターネットが可能なため、特に一人暮らしには自宅でも外出先でも使えるインターネット方法としてWiMAXがおすすめです。

固定回線と異なり、工事不要で即日開通できる

さらにWiMAXのメリットとして挙げられるのは開通工事が不要な点。フレッツ光などの場合、回線の開通工事が必要で工事費用がかかったり、開通までに時間もかかるもの。その点、無線通信のWiMAXは契約・申し込みの即日開通が可能で、ルーター端末さえ届けばすぐネット接続を開始できる点もメリットです。

光回線をWiFi接続で利用するには無線LANルーターが必要

比較して光回線は、原則として自宅で利用するための“固定回線”で、自宅外でのインターネット通信には利用できません。またLANケーブルを使った有線接続が原則で自宅でのインターネット利用もLANケーブルの届く範囲に限られる他、スマホやタブレット端末とWiFi接続できません。
  
スマホなどと無線WiFi接続でインターネットを利用する場合は別途無線LANルーターの購入・設置が必要で、その分WiMAXと比較すると自宅のインターネット環境を整備するのに手間や時間がかかります。

WiMAXと比較して通信の安定性は光回線の強み

逆に、固定・有線回線である光回線は無線通信のWiMAXと比較すると通信状態が安定しやすいと言えます。無線通信の場合は、間にある建物や地形により電波の送受信などの通信が安定しにくいことも。比較して専用の光ファイバーケーブルを使う光回線の通信は基本的に常に同じ状態が維持され、その点で安定したインターネット接続が可能と言えます。

ネットの通信速度はどちらが上?

光回線の理論上の通信速度は1Gbpsと、超高速通信が可能な点は光回線の強み。一方でWiMAXルーターのネット通信速度も年々向上、2017年には下り最大速度が758Mbpsになるなど光回線の速度に近づいていて、光回線とWiMAXで通信速度の違いは小さくなりつつあるのです。
 
ただし実際のネット利用は理論値通りとはいきません。光回線でもマンションなどの集合住宅では複数家庭で回線を共有する場合もあり、混雑状況により速度が低下します。WiMAXも無線通信のため、利用エリアによって想定の通信速度にならない場合も。

どちらも通信速度についてはインターネットの利用状況・利用環境に大きく影響されると言えそうです。

WiMAXと光回線~マンションでの一人暮らし向きなのはどっち?

ここからはマンションでの一人暮らしを想定し、主に一人暮らしの自宅インターネット通信は光回線とWiMAXのどちらが良いのか、料金や使い勝手の面からおすすめがどっちかを確認します。

安い月額料金と持ち運びできるWiMAXは一人暮らしに最適

光回線と比較した時のWiMAXの最大のメリットは、安い月額料金と持ち運びができる点。一般的に光回線契約の利用料金は月額4,000円~6,000円になるのと比較して、WiMAXのギガ放題プランは月額3,000円台で利用可能と費用面のメリットが大きそう。
 
また光回線と違って回線工事が不要で、専用のルーター端末があればインターネット通信が可能という手軽さもWiMAXの利点。すぐに利用を開始したい、自宅でも外出先でも高速インターネットを利用したい一人暮らしの方には、WiMAXの方がおすすめと言えそうです。

スマホのLTE通信を上回る下り最大速度758MbpsがWiMAXの特徴

W05ルーター
下り最大速度758Mbps対応!
WiMAXのモバイルルーター端末・W05

外出先ではスマホのインターネットやテザリングで十分という一人暮らしの方に知っていただきたいのが、WiMAXの通信速度とコスパの良さ。WiMAXのルーター最新機種・W05を利用すれば下り最大758Mbpsの通信速度を利用可能ですが、スマホ・携帯電話で利用するLTE回線の通信速度は下り最大で150Mbps前後とWiMAXと比較すると遅いのが実状。
 
またWiMAX以外の多くのポケットWiFiも、スマホと同じLTE回線を利用するインターネット接続サービス。通信速度がWiMAXよりも遅いため、一人暮らしのインターネット手段には他のポケットWiFiよりもWiMAXがおすすめなのです。

スマホのテザリングよりも費用の節約に

さらに外出先での通信量が多い一人暮らしの方の場合、テザリングのためにスマホの契約プランを大容量プランに変更するより、月間通信量無制限のWiMAXのギガ放題プランを追加契約した方が通信費用の節約に繋がることも。外出先でのデータ通信量によってはスマホとWiMAXの2台持ち・併用がおすすめ。
 
また利用中のスマホや携帯がauである場合、WiMAXの契約と同時に「auスマートバリューmine」割引を申請でき、auの利用代金から最大で月額1,000円が割引されるなど、auユーザーの場合はさらにお得な料金でWiMAXを利用可能です。

自宅用であればホームルーター端末が固定回線の代替に

HOME L01s
据え置き型のホームルーター端末「HOME L01s」

インターネット利用は主に一人暮らしの自宅のみ、の場合はWiMAXのホームルーター端末もおすすめ。持ち運び可能なモバイルWiFiルーターとは違い、自宅利用を想定した据え置き型のWiMAXルーター端末で、もちろん工事不要、コンセントがあればすぐに使える手軽さが特徴。
 
月額料金も固定回線契約と比較して安くなるため、自宅用の固定回線をできるだけ安くしたい場合の代替策となるのがWiMAXのホームルーター端末です。

一人暮らし・引っ越しが多い場合は工事不要で使えるWiMAXが便利

WiMAXのメリットはどこにでも持ち運べる点ですが、これは一人暮らしで引っ越しが多い場合にも有利なポイント。光回線を利用する場合、引っ越しの度に契約手続きや回線工事が必要となり、手間も費用もかさみます。WiMAXのルーター端末であれば契約変更も不要で、そのまま引っ越し先でも使える点で便利です。

WiMAXのデメリット・3日で10GBの速度制限と対応エリアに注意

光回線と比較した時のWiMAXのデメリットは速度制限と対応エリア。月間通信量制限の無いギガ放題プランでも、3日間で10GBまでの通信量制限があり、これを超過すると速度が約1Mbpsに低速化する通信制限が発生します。通常のWEBサイト閲覧や中画質の動画視聴などのネット利用で、3日間で10GB以上の通信量は考えづらいですが、オンラインゲームや長時間の高画質動画視聴の場合は速度制限にかかる恐れもあります。
 
また大都市部ではすでにWiMAXのエリアカバー率は人口の99%以上ですが、地方においては繋がりにくくWiMAXが圏外のエリアも。特に地方ではWiMAXと比較してNTTのフレッツ光の対応エリアが広いため、その点はWiMAXのデメリット。

自宅でオンラインゲーム・高画質動画視聴に使うなら光回線か

WiMAXの速度制限を考えると特に通信量が多く、安定したネット回線が必要な場合は一人暮らしであってもどちらかと言えば光回線がおすすめ。
 
例えば、一瞬でも通信が途切れることを避けたいオンラインゲームや、長時間かつ高画質で動画視聴したい方、また自宅で仕事をしていて大容量のファイルのアップロードやダウンロードを頻繁に行う方は、一人暮らしであっても通信量が多くなるため光回線が良さそうです。

マンションの共用回線ではWiMAXより通信スピードが遅い場合も

とは言え、マンションなどの集合住宅では光回線でも利用環境によってはインターネット通信が安定しない時も。この場合、無線通信でもWiMAXの方が通信スピードが速く、安定してネットに接続可能ということも。インターネットの利用時間帯によっても変わるため、マンションの光回線であれば常にWiMAXよりも快適とは言い切れません。

一人暮らしでも自宅は光・外出先はWiMAXの併用が理想で快適

予算さえ許せば一人暮らしでも、自宅のインターネット通信用に光回線を契約、また外出先での利用のためにWiMAXも契約する併用が理想。自宅でも、光回線が低速な時にはWiMAXのルーターを利用可能ですし、WiMAXで速度制限がかかりそうな時は光回線を利用可能と、2つの通信回線を使える状態であれば常に快適な状態でインターネットをできそうです。

WiMAXプロバイダには光コラボを提供する事業者も

WiMAXのプロバイダの中には光回線サービスも同時に提供している事業者もあります。両方の併用によるお得なセット価格などはありませんが、契約を1本化できるなどのメリットはありそうです。

So-net(ソネット)・NURO

So-net(ソネット)はWiMAXプロバイダサービス以外にも、NTTの光ファイバー回線を利用した「So-net光コラボレーション」サービスや、ソニーネットワークコミュニケーションズによる下り最大2Gbpsの超高速光回線サービス「NURO」を取り扱っています。

ニフティ~@NiftyでんきやNifmoとのセット割引も

NTTの光ファイバー回線を利用した「@nifty光」は、同じくNiftyが提供する「@Niftyでんき」や格安スマホ・格安SIMサービス「Nifmo」との同時加入で、お得なセット割引を提供しています。

ビッグローブ~BIGLOBEモバイルとのセット割引も

BIGLOBEも同様の「ビッグローブ光」という光通信のプロバイダサービスを提供しているほか、「BIGLOBEモバイル」とのセット割引も提供しています。

結論:一人暮らしにはどちらを選ぶのがおすすめ?!

主に自宅のインターネット環境を、光回線を契約するか、WiMAXを契約するか、一人暮らしや引っ越しの多い方でどちらにするか悩まれている場合、おすすめは以下の通りです。

WiMAXよりも光回線をおすすめしたい方は限定的

以下のいずれかに当てはまる方には、通信状態が比較的安定していて容量制限の無い光回線がおすすめです。
1.WiMAXの対象エリア外
2.自宅インターネットの利用目的が、高画質動画の長時間視聴や瞬断も避けたいオンラインゲームの利用

特に一人暮らしにおすすめはギガ放題プランの契約

対応エリアが拡大中、通信速度も年々向上しており、光回線と遜色がなくなってきているWiMAXは、開通工事も不要で多くの方におすすめのサービス。特に一人暮らし中で上記2点に当てはまらない場合、料金が安く、契約後すぐに利用開始できるWiMAXが、自宅でも外出先でも利用可能なインターネット接続サービスとしておすすめです。

他のポケットWiFiには少ない、データ通信容量無制限プラン

WiMAX以外のポケットWiFiであるYahoo! Wi-FiやY!mobile(ワイモバイル)にも一部、データ通信容量無制限プランがあるものの、無制限で利用できるエリアが限られていたり、通信速度がWiMAXと比較して遅いなど使い勝手が低く、おすすめではありません。
 
その点、対応エリアも広く、通信速度も速いWiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランは契約者の8割以上が加入しているほど、人気・おすすめのプラン。最安プロバイダで契約すれば月額料金3,000円台で利用可能と、同時にスマホの契約は最小容量のプランに変更すれば、通信費用を節約しつつ一人暮らし中の自宅でも外出先でも高速インターネット通信を利用できます!

光回線よりもお得な料金で利用できるWiMAXですが、契約にあたっては20社以上のWiMAXプロバイダの料金やキャンペーン内容の比較が重要です。ギガ放題プランの月額利用料金もプロバイダにより異なります。

UQ WiMAXを始め、20社以上のプロバイダの料金比較が重要

UQ WiMAXのロゴ
WiMAXプロバイダの「本家」
UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

WiMAXを契約できるプロバイダには、UQ WiMAXを始めとする20社以上がありますが、すべてUQコミュニケーションズが管理するWiMAX2+回線を利用するインターネット接続サービスのため、速度や対応エリアに違いはありません。比較が必要なのは、各プロバイダで異なる料金プランやキャンペーン内容です。

このうちプロバイダの本家にあたるUQ WiMAXは最も料金が高額となるため、安い料金でWiMAXを契約する場合、UQ WiMAX以外のプロバイダを比較検討する必要があります。

WiMAXのプロバイダには大きく分けて、キャッシュバックキャンペーンが充実していて3年間の実質総額費用が安くなるタイプのプロバイダと、月額料金が割引されて安いタイプのプロバイダの2つがあります。各WiMAXプロバイダの比較・検討には、ぜひ当サイトの最新料金情報やお得なキャンペーン情報を活用ください。当サイト限定のお得なWiMAX契約キャンペーンもあります!

【当サイト限定!お得なキャンペーンも】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら