GMOとくとくBBのWiMAXキャッシュバック特典の評判・口コミは最悪?

GMOとくとくBBのWiMAXキャッシュバック特典の評判・口コミは最悪?

GMOとくとくBBとは
最大4万円のキャッシュバックキャンペーンで評判のGMOとくとくBBのWiMAX。WiMAXの口コミサイトや比較サイトの多くがおすすめしており、WiMAXの契約を検討中の場合はGMOとくとくBBのサービスを知らない人はいないほど。
 
キャッシュバックキャンペーンの特典金額が大きく、月間データ通信量7GB制限プラン、月間無制限・ギガ放題プラン共に最安級の実質月額利用料金でWiMAXを契約可能で、端末の即日発送にも対応、大手インターネット企業GMOグループの安心感もある点がWiMAXプロバイダとしておすすめの理由。

一方、注意が必要なのはGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンに関する悪い評判や口コミ。WiMAXの利用料金が最安なのはあくまでキャッシュバック金額を受け取れたらの話で、受け取り手続き方法が分かりにくい・複雑との悪い評判・口コミも多く、万が一キャッシュバック特典受け取りに失敗するとWiMAXの価格総額が高額となる最悪の場合も。

また契約開始約1年後に受け取り可能なキャッシュバックで実質費用は安くても、月額の支払い料金は高く、毎月の費用負担は高いのがGMO WiMAXのプランの特徴。このページではGMO WiMAX利用者の評判や評価を知った上で契約できるよう、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの評判が悪い理由、気をつけるべき注意点を確認します。

コンテンツ

悪い評判・口コミでもGMO WiMAXがおすすめされる理由

GMO後ほど紹介するキャッシュバックキャンペーンに関する悪い評判や口コミにもかかわらず、多くのインターネットサイトでGMOとくとくBBのWiMAXがおすすめされ、またWiMAXの契約先としても人気の理由は何でしょうか?
 
初めに、WiMAXの契約プロバイダとしてGMOとくとくBBがおすすめされる5つの理由を紹介します。

運営はGMOインターネット株式会社~とくとくBBWiMAXのメリット

東証一部上場企業・GMOインターネット株式会社が運営するインターネットサービスプロバイダがGMOとくとくBBで、WiMAX以外にもフレッツ光やドコモ光などの光回線サービスも提供する会社。安くてお得な料金が評判で、定期的に「鬼安」という格安キャンペーンを行うこともあるプロバイダサービスです。
 
比較的規模の大きなGMOインターネット株式会社が運営している点が「GMOとくとくBB」のWiMAXサービスの特徴であり安心感。またGMOとくとくBBが運営するサービスだけに、以下のような特典メリットもあります。

WiMAX料金の支払いでGMOポイントが貯まる、他サービスで使える

GMOのポイントサービス

WiMAX利用料金などGMOとくとくBBのサービス代金の支払いで貯まるGMOポイント。1ポイントを1円相当で利用可能なポイントサービスで、WiMAX利用料金の支払い毎に100ポイントが貯まるほか、GMOとくとくBBからのアンケートに回答してGMOポイントが貯まることも。
 
貯まったGMOポイントはWiMAX利用料金の支払いに使えたり、クーポン購入サイト「くまポン」やネットショッピングサイト「カラメル」などGMOグループサービスで利用可能な点がメリット。

無料で最大15個まで作成できるメールアドレス・ホームページ

レンタルサーバーなどホームページの作成支援事業も行うGMOインターネット株式会社ならではのサービスとして、GMOとくとくBBのWiMAXを契約するとメールアドレス・ホームページをそれぞれ最大15個まで無料作成できる特典も。自分でホームページを作成・運用中などの場合は嬉しい特典かも知れません。

GMOとくとくBBのWiMAXを検討中の方で、よほどGMOインターネットのサービスが好きだったり、自分でホームページを運営中の場合でない限り、GMOポイントや無料メールアドレスの特典・サービスは大きな魅力ではないでしょう。

GMOとくとくBBがWiMAXの人気・おすすめプロバイダである本当の理由は、次に紹介するキャッシュバックキャンペーンと考えられます。

最大4万円!WiMAXで人気の高額キャッシュバックキャンペーン

GMOキャッシュバックキャンペーン

GMO WiMAXがおすすめされる最大の理由がこのキャッシュバックキャンペーン。キャッシュバック金額はキャンペーン時期や選択するルーター機種で変わるものの、最大4万円以上の高額キャッシュバックキャンペーンがGMOとくとくBBの人気理由の1つ。他のWiMAXプロバイダでは、これ以上の金額のキャッシュバックキャンペーンはなく、WiMAXのキャッシュバックと言えばGMOとくとくBBと言えるほど評判のキャンペーンです。

一方、GMOとくとくBBでのWiMAX契約で最も注意が必要なのもキャッシュバックキャンペーン。悪い評判や口コミも多く、注意の必要なデメリットもあり、単純にキャッシュバック特典金額が大きいという理由だけでGMO WiMAXを契約しないことが重要。

月間データ量7GB制限プラン、ギガ放題プランのどちらも適用対象

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンのおすすめ理由の1つが、月間データ通信量7GB制限プラン、月間無制限・ギガ放題プランのどちらの契約でも適用対象の点。比較して、UQ WiMAXなど一部プロバイダはキャンペーン対象がギガ放題プランのみの場合もあり、特に月間7GB制限プランでWiMAX契約を検討中の場合、キャッシュバックキャンペーンを利用可能なGMOとくとくBBは魅力。

GMO公式サイトより高いキャッシュバック金額が無いか確認が必要

またGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの利用で分かり難い点は、公式サイトよりもお得な、高いキャッシュバック金額のキャンペーンが他のWEBサイトで紹介されている点。GMOとくとくBBのWiMAX契約の場合、公式サイト以外からの申し込み方法がお得です。
 
GMOとくとくBBでWiMAXを申し込みする場合、公式サイトよりも高額なキャッシュバックを提供するWEBサイトが無いかの比較、ネットでの確認が必要です。

解約やプラン変更など、オンラインで各種手続きができるBBnavi

GMOとくとくBBには契約後の各種申請・手続きをサポートするサービス・BBnaviがあり、WiMAXの解約やプラン変更などもこのBBnaviで行います。電話などの手間をかけず必要な手続きがWEBででき、WiMAX契約者には便利なサービスでGMO WiMAXを利用するメリットの1つ。

端末機器の到着までの期間が短い!契約・申し込み即日発送

GMOとくとくBBのWiMAXサービスのもう1つのメリット・おすすめ理由が、ルーター端末の即日発送に対応、端末機器の到着が早い点。多くのWiMAXプロバイダでは申し込み後1週間以内のルーター端末到着が目安。比較してGMO WiMAXは平日15:30までの申し込みの場合は端末を即日発送、届け先エリアによっては最短で契約・申し込み翌日にルーター端末が届く評判のサービスで、端末の配送料金も無料です。

短い期間でWiMAXを開通させたい場合はGMOとくとくBBや、同様に即日発送や店舗での端末受け取りが可能なBroad WiMAXがおすすめです。

auの4G LTE回線を使用するハイスピードプラスエリアモードが無料

この点はGMOとくとくBBに限った契約メリットではありませんが、UQ WiMAXをはじめとするWiMAXプロバイダを3年利用プランで契約するとLTEオプション利用料金が無料で、auの4G LTE回線を使用するハイスピードプラスエリアモードを無料利用できます。

WiMAXの2年契約の場合はハイスピードプラスエリアモードを利用すると、利用月のみ月額1,005円のLTEオプション料金が請求されましたが3年契約では無料です。

なお、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+回線とauの4G LTE回線を同時に使用して通信を行うモードで、通信速度が高速化するほか、WiMAX2+の圏外エリアでもauの4G LTE対応エリアの場合はインターネット接続可能な便利なモード。ルーター端末で設定変更できますが、利用にはハイスピードプラスエリアモード対応ルーター機種が必要です。

モバイルルーターのおすすめ・下り最大速度867Mbps対応のW06機種が無料

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

GMOとくとくBBでは、WiMAXモバイルルーターのおすすめ機種で、2019年1月発売の最新端末W06を新規契約時に無料提供している点もポイント。モバイルルーターW06機種は、auのLTE回線・ハイスピードプラスエリアモードに対応、下り最大通信速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大通信速度75Mbps対応の高速モバイルルーター端末です。

GMOとくとくBBには古い機種のルーター端末を選ぶとキャッシュバック金額が増えるようなキャンペーンがある場合も。古い機種はWiMAXの通信速度が遅いなどのデメリットもあり、ルーターは新しい機種以外を選ばないように注意が必要です。

NEC製の最新機種WX05や、ホームルーター端末HOME 01も無料提供

wx05
2018年11月発売!WiMAXルーターWX05

当サイトでおすすめのWiMAXのルーター端末は最新機種W06ですが、NEC製の最新機種WX05や、自宅利用に最適な据え置き型のホームルーター端末HOME 01なども無料提供対象の点はGMOとくとくBBの特徴の1つ。モバイルルーターWX05機種は、下り最大通信速度440Mbps、上り最大通信速度75Mbps対応とW06と比較して遅い点に注意が必要ですが、バッテリー容量が大きく連続通信可能時間がW06と比較して長い端末。
 
またWiMAXのホームルーター最新端末HOME 01は、自宅やオフィスの据え置き型ルーターとしてWiMAXの利用人数が多い場合におすすめの端末です。

新規契約時に選ぶ端末で、キャッシュバック金額が変わる点に注意

いずれのルーター端末もGMOとくとくBBではWiMAX新規契約時に無料提供しており、また端末の即日発送に対応している点は利点ですが、選ぶルーター端末の機種によってキャッシュバックキャンペーン金額が変わる点に注意が必要です。

ルーター端末別・GMOとくとくBBのキャッシュバック金額の違い(2019年3月時点)

2019年3月時点でのGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン金額の違いを、契約時に選ぶWiMAXのルーター端末別に比較した表は以下の通りで、おすすめは最新端末W06での契約でキャッシュバック金額が大きいからとW05機種で契約しないことに注意が必要。

2019年3月のGMOとくとくBBのキャッシュバック特典金額は他の月と比較して少額。今月はGMOとくとくBBでWiMAXを契約するおすすめ度が下がっています。
契約時に選ぶWiMAXルーター端末の機種 キャッシュバックキャンペーン金額
W06機種(モバイルルーター最新機種・下り最大速度867Mbps対応の最速端末) 32,100円
WX05機種(NEC製のモバイルルーター端末) 32,100円
W05機種(W06の1世代前の古い端末 37,000円
WX04機種(WX05の1世代前の古い端末、クレードルが無料セット) 33,000円
HOME L02機種(Huawei製のホームルーター最新端末)) 31,600円
HOME 01機種(NEC製のホームルーター最新端末)) 31,400円

注意!他WiMAXプロバイダと比較した時のデメリット・悪い評判の理由

ここからはGMOとくとくBBのWiMAXサービスの注意点やキャッシュバックキャンペーンの評判・口コミ、デメリットを紹介します。どのWiMAXプロバイダも「100%完璧」ではなく、GMOとくとくBBも例外ではありません。最悪の事態を避けるために、WiMAXプロバイダによって違う注意点やデメリットを正しく知ることが重要です。
 
また、GMOとくとくBBのWiMAXサービスの特徴であるキャッシュバックキャンペーンの注意点や悪い評判の理由も同時に確認していきましょう。

GMOとBroad WiMAXの料金プラン・キャンペーン比較(2019年3月)

GMOとくとくBBの料金プランやキャッシュバックキャンペーンの内容をさらに理解するため、当サイトのおすすめプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)と2019年3月現在のサービス内容を比較します。

Broad WiMAX プロバイダ GMOとくとくBB WiMAX
Broad WiMAX GMOとくとくBB
・最新機種を含む全端末無料
・WEB申し込み、かつ料金支払い方法がクレジットカードで初期費用18,857円割引
・当サイト限定!Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーン
キャンペーン ・最新機種を含む全端末無料
・最大4万円の高額キャッシュバックキャンペーン(または月額割引キャンペーン)
2,726円 月額料金(月間7GB制限プラン) 3,609円
3,411円 月額料金(ギガ放題プラン) 4,263円
101,062円* 3年間料金総額(月間7GB制限プラン) 104,433円
124,352円* 3年間料金総額(ギガ放題プラン) 126,669円
クレジットカード/口座振替 支払い方法 クレジットカードのみ
W06、WX05、L02、HOME 01 提供ルーター端末 W06、WX05、W05、WX04、L02、HOME 01
最短即日発送、Broad WiMAX店舗での端末受け取りの場合は即日利用開始可能 最短利用開始日 最短即日発送
1ヶ月目~12ヶ月目:19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目~36ヶ月目:9,500円
38ヶ月目以降:9,500円
解約金・契約解除料 1ヶ月目~24ヶ月目:24,800円
25ヶ月目以降:9,500円
メールでの問い合わせ以外にも、電話問い合わせに11:00~18:00(月~土/年末年始は除く)で対応 問い合わせサポート メールでの問い合わせ以外にも、電話問い合わせに平日のみ10:00~19:00で対応
株式会社リンクライフ 運営会社 GMOインターネット株式会社
*総額はAmazonギフト券のプレゼント分を含む その他

auユーザーの場合、auスマートバリューmineでさらに割引も

auロゴauの携帯電話やスマートフォンを契約中のauユーザーの場合、auスマートバリューmineを利用してさらに料金割引も。GMOとくとくBBもBroad WiMAXもauスマートバリューmineに対応、WiMAX契約後にこの割引をauに申請・手続きすると毎月最大1,000円がau利用料金から割引されるお得なサービス。
 
auで契約中の料金プランによってはWiMAXの3年契約(36ヶ月間)で最大36,000円が実質割引になり、auスマートバリューmineで上記料金比較よりさらにお得な料金でWiMAXを利用可能です。

毎月支払う月額料金はBroad WiMAXと比較して1,000円高いGMO

GMOとくとくBBのWiMAX契約でまず注意すべきが、毎月支払う月額利用料金が他プロバイダと比較して高く、Broad WiMAXと比較すると月間7GB制限プランもギガ放題プランも約1,000円高い点。例えばGMOとくとくBBでWiMAXのギガ放題プランを契約する場合、毎月支払う月額利用料金は4,000円以上。
 
キャッシュバックキャンペーンがあるため3年間の実質負担費用は安いのですが、キャッシュバックを受け取るまで毎月の費用負担が大きい点がGMO WiMAXの注意点でありデメリット

キャッシュバック適用後の実質総額は月間7GB上限・ギガ放題ともに最安級

月間データ通信量7GB上限プランでも、ギガ放題プランでも、毎月の支払い金額総額からキャッシュバックキャンペーン特典の振込金額を引いた、契約期間3年間での実質負担総額はGMOとくとくBBは最安級のWiMAXプロバイダ

ただしWiMAXのルーター最新機種を選ぶ場合、2019年3月はGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン特典金額が少ないため、比較してBroad WiMAXの方が最安です。

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は毎月変動するため、月額料金が安いBroad WiMAXと比較して、実質総額が安いおすすめがGMOとくとくBBとなる月も。ただし、安いとは言えGMOとくとくBBとBroad WiMAXの料金差はそれほど大きくなく、GMOとくとくBBの安さ・キャッシュバックキャンペーンには次のような悪い評判や口コミもあります。

キャッシュバック受け取りに関するデメリットや悪い評判・口コミ

GMOとくとくBB WiMAXが最安である理由のキャッシュバックキャンペーン。ところがこのキャッシュバック特典の受け取りは手続き方法が複雑で、分かりにくいとの口コミや悪い評判も数多く、注意が必要なデメリットの1つ。
 
前提としてこのキャッシュバックキャンペーンはGMOとくとくBBに新規入会の方が対象で、過去にWiMAX以外でもGMOとくとくBBサービスを利用した経験がある方は対象外の場合も。その場合キャッシュバックキャンペーン特典は受け取れず、GMOとくとくBBは高額なWiMAXプロバイダになる点に注意が必要です。

キャッシュバックの申請は11ヶ月後かつ期限切れによる特典失効も

GMOとくとくBBのキャンペーン特典・数万円のキャッシュバックの評判は良いものの、受け取りの申請手続きはWiMAX契約開始の11ヶ月年後。つまりキャッシュバックの申請手続きまでの間、Broad WiMAXよりも約1,000円高い月額料金を支払い続ける必要がある点がデメリットで、3年総額ではなく短期的に得したい、WiMAXの料金負担を下げたい場合はGMOとくとくBBのWiMAXは不向き

さらにキャッシュバックの受け取りではGMOとくとくBBの指定期間内に、正しくキャッシュバック振込用の銀行口座の登録を完了させなければキャッシュバック特典が失効するリスクも。

キャンペーン特典はメール確認を忘れると受け取れない、という罠

GMO WiMAXのキャッシュバックキャンペーンの利用では、「キャッシュバック受け取り手続き開始のメールの確認を忘れてた」「申請手続きを忘れ、キャッシュバック用口座登録の期限が切れた」との最悪の評判や口コミが多数あり、WiMAXのキャッシュバック受け取りに失敗するリスクや“罠”があるのです。
 
3年で数千円の節約のためGMO WiMAXのデメリットを取るのか、キャッシュバックの失敗リスクを気にせず毎月安い月額料金プランのBroad WiMAXを契約するのか、おすすめの方法は後者というのが当サイトの考え方です。

キャシュバックの受け取りに失敗したとの最悪の口コミや悪い評判

WEB上の口コミ情報を確認すると、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン特典の受け取りに失敗したとの口コミや悪い評判が多数確認できます。キャッシュバック特典が無ければWiMAXの費用が非常に高額で、最悪のケースとなるため注意が必要です。
 
また口コミを確認すると、キャッシュバック特典の受け取り時期が分かりにくいとの評判や、手続き方法が煩雑過ぎるとの口コミなど、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック特典に対する悪い評判・口コミが多く見られます。

キャンペーン特典申し込み・振込口座の指定は45日の期間内に!

GMO WiMAXのキャッシュバックキャンペーンで罠とも呼べるリスクが45日以内の受け取り手続き期間。キャッシュバック受け取りの通知メールは、WiMAX契約開始から11ヶ月目にGMOとくとくBB入会時に作成する専用メールアドレスに届きます(普段、自分が利用するメールアドレスではない)。
 
このメールを受信した月の翌月末までに、キャッシュバック受け取り用口座の指定など必要な手続きを終えなければGMO WiMAXのキャッシュバックキャンペーン特典は失効、受け取れません。月の中頃に通知メールが届くとすると45日の期間内に手続きの完了が必要です。

WiMAXのキャンペーン特典受け取りの連絡が、普段利用していないGMOとくとくBBの専用メールアドレスに届く点と、このメールにはGMOとくとくBBから大量の広告メールが配信され、キャッシュバック特典受け取りのメールを見つけづらい点が、悪い評判・口コミの理由のようです。

契約時の安心サポート・WiFi(公衆無線LAN)オプション加入が条件

GMOとくとくBBでのWiMAX契約・申し込みで注意が必要なのが、キャッシュバックキャンペーン利用に有料オプション加入が必須である点。加入が必要なオプションサービスは、月額300円の安心サポートと月額362円のWiFi(公衆無線LAN)接続サービスで、不要な場合はBBnaviで解約可能です。
※当サイトではオプション料金を含めず総額料金の算出・比較をしています。
 
これらキャッシュバックキャンペーン適用条件である必須オプションの解約を忘れると想定よりも多い費用負担が発生するため、GMOとくとくBBでWiMAXを契約・申し込みする際のもう1つの注意点・デメリットと言えます。

違約金が高額で、早期の途中解約は大きく損をするため注意が必要

GMOとくとくBBと他のWiMAXプロバイダを比較した際のデメリットの1つが、契約開始後24ヶ月以内での途中解約。GMOとくとくBBの場合、他プロバイダと比較して解約違約金が高額で、早期のWiMAX途中解約には24,800円の違約金が必要。
 
さらに、キャッシュバックキャンペーン特典の受け取りが可能になる契約開始後1年を待たずに途中解約すると、上記の解約違約金に加えてキャッシュバックも受け取れず二重の損に。月額料金が他と比較して高額なため、WiMAXの費用負担は非常に重くなる点に注意が必要です。

引っ越しなどでWiMAXの利用場所・エリアが変わると、電波が繋がりづらくなるなど解約が必要となる場合も。他のWiMAXプロバイダと比較して、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン利用は途中解約が非常にしづらい点もデメリット。

またGMOとくとくBBのWiMAX解約手続きは毎月20日までに行わなければ当月付の解約にならない点にも注意が必要。20日を過ぎると翌月付の解約扱いです。

電話問合せサポートは他WiMAXプロバイダと比較して低レベル

上場企業であるGMOインターネット株式会社のサービスでありながら、電話での問合せサポート時間が他のWiMAXプロバイダと比較して低レベルなのもデメリットの1つ。GMOとくとくBBの事務手続きの電話サポートは平日10時から19時までと週末は受け付け時間外
 
ニフティやビッグローブなど他の大手WiMAXプロバイダが年中無休で対応していたり、Broad WiMAXも土曜日は問合せ対応していることを考えると、BBnaviがあるとは言えGMOとくとくBBのサポートレベルは低い印象

GMOの料金支払い方法はクレジットカードのみ、口座振替は非対応

またBroad WiMAXが月額料金の支払い方法としてクレジットカード払いと口座振替の2つに対応するのと比較してGMOとくとくBBの場合、支払い方法はクレジットカードのみ。WiMAXを口座振替で利用したい場合はGMOとくとくBBは契約プロバイダの候補にはなりません。

GMO WiMAXは遅い?~通信回線・エリア・速度制限は他と同じ

GMOとくとくBBでWiMAXを契約・申し込みの際の注意点を、キャッシュバックのリスク・悪い評判の理由を中心に説明しましたが、最後にGMO WiMAXの対応エリアや通信回線速度について。
 
「GMOとくとくBBは繋がりやすいですか?」という質問や「GMOはWiMAXの回線速度は速い!」との感想を耳にしますが、WiMAXの対応エリアや通信速度はどのプロバイダでも同じ。月間7GB制限プランにおける通信量制限や超過時の速度制限、ギガ放題プランでも注意が必要な3日間で10GBの制限などはプロバイダ間で違いがなく、対応エリア・回線速度・通信制限の比較は必要ありません。

本家UQ WiMAXとGMOとくとくBBの違い

UQ WiMAXのロゴWiMAXプロバイダはすべてUQコミュニケーションズが管理するWiMAX2+回線を利用してインターネット接続サービスを提供しています。このUQコミュニケーションズが提供するプロバイダサービス「UQ WiMAX」はWiMAXプロバイダの本家と呼べる存在。
 
GMOとくとくBBを含むUQ WiMAX以外のプロバイダは、自社で通信設備を持たずUQコミュニケーションズの通信回線を借りてサービスを提供するMVNOと呼ばれる事業者。GMOとくとくBBも、UQ WiMAXも、他のプロバイダも使用する回線が同じであるため、通信速度や繋がりやすさを比較しても違いはないのです。

WiMAXプロバイダ間の違いは、月間7GB制限・ギガ放題の各プランの月額利用料金や、キャッシュバックなどのキャンペーンのみです。

GMOとくとくBB利用者による評判や口コミでの評価

最後にGMOとくとくBBのWiMAXサービス利用者による評判や口コミ評価を紹介します。GMOとくとくBBでのWiMAX契約を検討中の方にとって、現在利用中の方や、実際にGMOとくとくBBを利用した結果、他社に乗り換えた方の口コミや評判は非常に参考になります。

通信費用の節約を考えるとGMO WiMAXの価格は魅力との評価

WiMAXのプラン料金が最安級のGMOとくとくBBと格安SIMの組み合わせで、携帯電話やインターネット費用を大きく節約できる可能性は魅力でありメリット。

キャッシュバックの受け取り手続きが不安との評判・口コミも多数

万が一、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン特典の受け取り手続きに失敗すると非常に高額なWiMAXの費用負担となり大きく損をすることに。そのため、キャッシュバック特典の受け取り方法に不安を感じるみなさんの評判や口コミも多数あります。

事前に悪い評判を把握、十分比較・検討した方は失敗しない様子

GMO WiMAXのキャッシュバックは受け取りづらい、受け取りに失敗するリスクもあるとの悪い評判や口コミによる注意点を事前に把握できていると、冷静な比較・検討ができる様子。

キャッシュバックの悪い評判を理解した上でならおすすめ可能

キャンペーン内容が魅力で、キャッシュバック特典を考慮すればWiMAXの実質利用料金が最安級のプロバイダ・GMOとくとくBB。多くのサイトでおすすめの人気WiMAXプロバイダですが、最安料金の一方でキャッシュバックキャンペーン特典受け取りの悪い評判・口コミはリスクで、WiMAXのプロバイダ選びは「GMOとくとくBB一択」ではありません
 
契約1年後に振込される数万円のキャッシュバックも嬉しいですが、以下の点はBroad WiMAXとの違いとして理解しておくべきです。

  • 毎月支払うWiMAXの月額利用料金は、月間7GB制限プランでもギガ放題プランでもBroad WiMAXと比較して約1,000円高い
  • キャッシュバックの受け取り失敗リスクもあり、そのために神経を使ってもBroad WiMAXとは3年総額で数千円の料金差

当サイトでおすすめランキング1位、2位のGMOとくとくBBとBroad WiMAXですが、Broad WiMAXの料金プランの案内やお得なキャンペーン情報は確認済みでしょうか?キャッシュバックのようなリスクも無く、口コミでの評判も良い当サイト限定のAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンもあります。
 
GMOとくとくBBと同様、WiMAXの実質負担総額が最安クラスとなるBroad WiMAXの料金プラン情報もぜひ比較・検討してみてください!

【当サイトだけの限定キャンペーン!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/3/31までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!