【比較】GMOとくとくBBとBroad WiMAXはどちらがおすすめ?

【比較】GMOとくとくBBとBroad WiMAXはどちらがおすすめ?

GMOとくとくBB vs Broad WiMAX当サイトや他のWiMAX比較サイトでプロバイダおすすめランキング上位のGMOとくとくBBとBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。WiMAX契約を検討中のみなさんは、GMOとくとくBBとBroad WiMAXのどちらが安い料金、どちらのキャンペーンがお得でおすすめか、メリットやデメリットの比較が重要ですね。
 
そこで当サイトではGMOとくとくBBとBroad WiMAXの2つのプロバイダを徹底比較!月額料金プランやキャッシュバックなどのキャンペーン、解約違約金や問い合わせサポートなどサービス内容の違いを比較、どういう場合にGMOがおすすめで、どういう場合はBroad WiMAXの契約が良いかを解説します。

コンテンツ

まとめ:GMOとくとくBBとBroad WiMAXを徹底比較!

まずBroad WiMAX(ブロードワイマックス)とGMOとくとくBBの2つのプロバイダを9つの観点で比較、各比較でどちらのプロバイダがおすすめか、下記表で評価をまとめました!違いを比較してGMOとくとくBBが高い評価の点もあれば、Broad WiMAXがおすすめの場合も。
 
GMOとくとくBBとBroad WiMAXを徹底比較してどちらがおすすめかは、比較するみなさんのWiMAXプロバイダ選びで重視するポイントで変わります

GMOとくとくBBとBroad WiMAXの比較一覧~各プロバイダのおすすめ評価

比較観点ごとに、GMOとくとくBBとBroad WiMAXの各プロバイダのおすすめ度を◎~×の4段階で評価しました。

特に重要な料金・キャンペーン比較ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック金額が毎月変わるため、Broad WiMAXとどっちの実質費用が安いかは契約タイミング次第です
比較観点 GMOとくとくBBGMOとくとくBB BroadWiMAXBroad WiMAX(ブロードワイマックス)
WiMAXの月額利用料金が安い ×ギガ放題プランの月額利用料金が4,000円以上 ◎ギガ放題プランの月額料金が3,000円台の割引価格
キャンペーンの魅力・お得度 ◎特典金額最大4万円のキャッシュバックキャンペーン ◎当サイト限定Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーン・初期費用全額割引キャンペーン
WiMAXの実質負担費用が最安 ◎~×キャッシュバックを受け取れれば実質負担費用は最安 ○GMO以外の他のプロバイダとの比較では最安級
WiMAXの料金支払い方法 △支払い方法はクレジットカードのみ ◎クレジットカードと口座振替の支払い方法に対応
ルーター端末発送・即日受け取り ○ルーター端末の即日発送に対応 ◎即日発送に加え、端末の店舗受け取りも
運営会社の規模 ◎GMOインターネット株式会社は東証一部上場企業 △運営は株式会社リンクライフ
問い合わせ・サポート体制 ×電話問い合わせサポートは平日のみ ○土曜日も電話問い合わせ受付
違約金・途中解約のしやすさ ×他のWiMAXプロバイダと比較して違約金が高い ○解約違約金は他のWiMAXプロバイダと同様
契約更新・継続利用 ×契約更新はキャッシュバックも無く、お得ではない ○月額料金が安いため、長期継続利用も可能
このページでは上記9つの比較観点で、GMOとくとくBBとBroad WiMAXの月額料金プランやキャッシュバックなどキャンペーン、サービス内容を徹底比較します。

毎月支払う月額利用料金の比較で選ぶなら、安いのはBroad WiMAX

WiMAXのプロバイダ比較で重要な、毎月プロバイダに支払う月額利用料金。キャッシュバックなどキャンペーン特典が魅力でも、毎月支払う月額料金が高いとお得なプロバイダではありません。GMOとくとくBBもBroad WiMAX(ブロードワイマックス)も、月間データ通信量7GB制限プランと月間通信量無制限・ギガ放題プランの2つの料金プランを提供、プラン別に月額料金の違いを比較します。

月間データ通信量7GB制限・通常プランの月額利用料金比較(2019年11月)

GMOとくとくBBとBroad WiMAXで、月間データ通信量7GB制限・通常プランを契約した場合の月額利用料金は以下の通り(料金は2019年11月現在)。Broad WiMAXと比較してGMOとくとくBBの月額利用料金が約1,000円高い点は注意が必要なデメリット。

WiMAXプロバイダ 月間データ通信量7GB制限プランの月額基本料金
GMOとくとくBB 3,609円
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 2,726円

月間通信量無制限・ギガ放題プランの月額利用料金比較(2019年11月)

同様に、月間通信量無制限のギガ放題プランの料金もGMOとくとくBBとBroad WiMAXで比較すると(料金は2019年11月現在)、Broad WiMAXより月額利用料金が約1,000円高いのがGMOとくとくBBのギガ放題プラン。

WiMAXプロバイダ 月間通信量無制限・ギガ放題プランの月額基本料金
GMOとくとくBB 4,263円
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 3,411円
多くのWiMAXプロバイダでギガ放題プランの月額利用料金は4,000円以上。GMOとくとくBBが高いと言うより、Broad WiMAXが他社と比較して大幅な割引価格です。

キャッシュバックキャンペーン特典金額が魅力のGMOとくとくBB

GMO WiMAXのキャッシュバック(2019年10月)WiMAXの月額利用料金がどちらの料金プランも高いのに、GMOとくとくBBが料金の安いWiMAXプロバイダである理由が特典金額最大4万円以上のキャッシュバックキャンペーン。月額料金の安いBroad WiMAXはGMOとくとくBBのような高額キャッシュバックキャンペーンが無く、キャッシュバックキャンペーン特典金額次第でGMOとくとくBBが最安費用のWiMAXプロバイダに。

昨年と比較して2019年はGMOとくとくBBのキャッシュバック金額が3万円台に減額、Broad WiMAXとの比較でおすすめ度が低下しています。

またGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン利用を選ぶ前に知っておくべき口コミの評判や注意点、デメリットもあります。

GMOのキャッシュバック受け取りは契約開始11ヶ月後で注意が必要

まずGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン特典振り込みは、WiMAX契約開始11ヶ月後と遅い点に注意が必要。また自動振り込みではなく、キャッシュバックキャンペーン受け取りのための手続きが必要で、手続き可能な時期・期間も限られます。
 
結果、キャッシュバックの受け取り忘れや、手続き期間を過ぎてGMOとくとくBBのWiMAXキャッシュバックキャンペーン特典の受け取りに失敗したとの口コミが多数あるのです。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは悪い評判も多数

ネットの口コミ情報を確認すると、

  • GMOとくとくBBのWiMAXキャッシュバックキャンペーンの受け取り手続き方法が複雑で分かり難い
  • 自分のメールアドレスでなく、GMOとくとくBBのメールアドレスにキャッシュバック受け取りの連絡が来るため気付けない
  • キャッシュバック受け取り用の銀行口座登録手続きの期限を過ぎて、キャンペーン特典を受け取れなかった

など、GMOとくとくBBの悪い評判やキャッシュバックキャンペーンのデメリットを確認できます。

キャッシュバック受け取り手続きの連絡が自分のメールアドレスに来ない

特にGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン特典受け取り手続きで評判の悪い点が、キャッシュバック振込用の銀行口座登録の連絡が自分のメールアドレスに来ない点。メールはGMOとくとくBB契約時に発行されるGMOのメールアドレス宛てで、見逃してキャッシュバック特典を受け取れない人が多いのです。

Broad WiMAXの場合、Amazonギフト券のキャッシュバックで良い評判

Amazonギフト券10,000円分プレゼント
当サイト限定!Broad WiMAXの
Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)にはGMOとくとくBBのような現金キャッシュバックは無いですが、当サイト限定のAmazonギフト券1万円キャッシュバックキャンペーンを利用可能。これは当サイトとBroad WiMAXが共同で提供する公式キャンペーンで、何ヶ月も待たず契約開始直後に受け取りでき、口コミの評判も良いキャンペーン。
 
Broad WiMAXの場合は安い月額利用料金に加え、当サイト経由の申し込みの場合はAmazonギフト券1万円分が契約直後にキャッシュバックされ、WiMAXの実質負担総額費用がGMOとくとくBBと比較して同程度に安い点がメリットです。

Broad WiMAXのネット申し込みで初期費用の全額割引キャンペーン

またBroad WiMAXのデメリットは契約・申し込み時にかかる初期費用18,857円ですが、電話ではなくネット申し込みの場合は初期費用の全額割引・無料キャンペーン適用対象。当サイト経由のネット申し込みは初期費用無料、かつAmazonギフト券ももらえる最もお得なBroad WiMAX契約方法です。

キャンペーン適用にはどっちも有料サポートオプションが必要

GMOとくとくBB、Broad WiMAXのどっちのキャンペーン利用の場合も、キャンペーン適用に有料サポートオプション加入が必要な点が契約時の注意点。GMOの場合は安心サポート(月額300円)とWiFi・公衆無線LAN接続サービス(月額362円)、Broad WiMAXの場合は安心サポートプラス(月額550円)、My Broadサポート(月額907円)の各オプション加入が必要です。
 
どちらのプロバイダのキャンペーンを選ぶ場合も注意が必要ですが、オプションサービスが不要の場合はWiMAXの利用開始後すぐに解約可能です。

キャッシュバックキャンペーン特典金額次第でGMOとくとくBBが最安ですが、比較してBroad WiMAXはリスクなく確実にお得なキャンペーン内容がおすすめポイント。

WiMAXの実質負担費用比較で安い方を選ぶならGMOとくとくBB?

上記で紹介した月額料金プランとキャッシュバックなどのキャンペーン特典を加味したWiMAXの実質総額費用比較がプロバイダ選びに重要です。GMOとくとくBBは月額料金が高いものの最大4万円以上の高額キャッシュバックキャンペーンがあり、Broad WiMAXと同様、WiMAXの実質負担費用が最安級のプロバイダ

またGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン金額は毎月変動するため、Broad WiMAXとどっちを選ぶと最安かは契約月で違います

GMOとくとくBBもBroad WiMAXも3年契約のため、3年利用のWiMAX実質総額費用の比較が以下の表。注意が必要なのはキャッシュバックを受け取れればGMOとくとくBBが最安でも、受け取りに失敗すると高額なWiMAXの負担費用。キャッシュバックの失敗で3年間のGMOとくとくBBのWiMAX費用は、Broad WiMAXと比較して2万円~3万円高く、損します。

2019年11月最新情報:Broad WiMAXとGMOとくとくBBの実質総額費用

2019年11月の最新情報で、GMOとくとくBBのキャッシュバック金額はWiMAXのモバイルルーター最新機種を選ぶ場合「34,800円」。この金額の場合、キャッシュバックを受け取れればGMOとくとくBBもBroad WiMAXとの比較で同程度の安い料金で利用でき、どちらもおすすめ
 
なおGMOとくとくBB公式サイトで最大キャッシュバック特典金額が上記より大きい場合も、古いモバイルルーター機種を選ぶ場合の金額の点に注意しましょう。

WiMAXプロバイダ GMOとくとくBB Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
月間7GB制限プラン実質総額費用(キャッシュバックあり) 101,733円 101,062円
月間7GB制限プラン実質総額費用(キャッシュバック受け取り失敗の場合) 136,533円 111,062円
ギガ放題プラン実質総額費用(キャッシュバックあり) 123,969円 124,352円
ギガ放題プラン実質総額費用(キャッシュバック受け取り失敗の場合) 158,769円 134,352円

対応可能なWiMAXの料金支払い方法にも違い

GMOとくとくBBとBroad WiMAXのメリット・デメリットの違いは月額料金やキャンペーン内容に加え、WiMAX月額料金の支払い方法も。GMOとくとくBBなど、多くのWiMAXプロバイダで料金支払い方法はクレジットカードのみですが、比較してBroad WiMAXはクレジットカードと口座振替・銀行引き落としの2つの支払い方法に対応可能な点がメリット。

口座振替や銀行引き落としの支払い方法でWiMAXを契約したい場合、GMOとくとくBBはプロバイダ選びの対象外が注意点。

2プロバイダとも契約・申し込み即日のルーター端末無料発送に対応

契約・申し込み後のルーター端末発送の比較では、GMOとくとくBB・Broad WiMAXのどちらのプロバイダも即日発送対応は同じ。両プロバイダともWiMAXプロバイダの中で比較してルーター端末発送の早さでおすすめのプロバイダ。またどちらも端末配送料金は無料です。

Broad WiMAXの場合は店舗で端末受け取り可能な点がメリット

どちらも端末の即日発送対応ですが、Broad WiMAXの利点は端末の店舗受け取りが可能な点。東京・大阪周辺4店舗限定で、Broad WiMAXの場合はネット契約・申し込みの2時間後に店舗でルーター端末を受け取り可能。GMOとくとくBBに無いBroad WiMAXだけのメリットです。

契約当日に回線開通、端末を利用開始したい場合、GMOとくとくBBよりもBroad WiMAXがおすすめ。家電量販店店舗での契約と比較しても安い料金でWiMAXを利用できる方法です。

GMOインターネット株式会社が運営するGMOとくとくBB

2つのWiMAXプロバイダの運営会社の比較で、GMOとくとくBBの運営は東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社。比較してBroad WiMAXの運営は株式会社リンクライフと、会社規模ではGMOとくとくBBが上。
 
会社規模や信頼性はGMOとくとくBBがやや優位ですが、次の問い合わせ・サポート体制の比較ではBroad WiMAXの方が安心できます。

問い合わせ・サポートセンターの比較ではBroad WiMAXが安心

WiMAXプロバイダの比較で重視したい観点の1つ、電話問い合わせ対応などサポートセンターの体制。ルーター端末の故障やインターネットに接続できないなどの問題が起きた際、問い合わせに迅速に対応可能なサポートセンターのあるプロバイダは安心です。
 
Broad WiMAXはWEBサイトのサポート情報が充実、WEBサイトから24時間いつでも問い合わせが可能。また、Broad WiMAXのサポートセンターは電話問い合わせに月曜~土曜の毎日11:00~17:00の時間帯で対応しています。

GMOとくとくBBのサポートには土日・祝日に電話問い合わせできない

比較してGMOとくとくBBのサポートのデメリットが、電話問い合わせ対応が平日のみの点。土日や祝日に電話問い合わせができず、その分平日に問い合わせが集中するためかサポートデスクに電話が繋がりにくいとの評判も。

違約金が高額で途中解約しにくいGMO、そうではないBroad WiMAX

GMOとくとくBBとBroad WiMAXの比較で注意点が途中解約時の解約違約金。Broad WiMAXの場合は他のWiMAXプロバイダと同様の違約金金額なのと比較して、GMOとくとくBBの場合は特に早期の途中解約で請求される違約金が高額な設定の点がデメリット。

GMOとくとくBBの契約1年以内の途中解約では、キャッシュバックキャンペーン特典を受け取れず、高額な違約金の支払いも必要な点が注意点。

GMOとくとくBBとBroad WiMAXの解約違約金比較表

GMOとくとくBBとBroad WiMAXの解約違約金を比較するとGMOとくとくBBが高く、途中解約しづらいプロバイダです。

WiMAXプロバイダ GMOとくとくBB Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
契約1ヶ月目~12ヶ月目の途中解約時の違約金 24,800円 19,000円
契約13ヶ月目~24ヶ月目の途中解約時の違約金 24,800円 14,000円
契約25ヶ月目~36ヶ月目の途中解約時の違約金 9,500円 9,500円

契約期間3年以上の利用、更新するならBroad WiMAXがお得でおすすめ

GMOとくとくBBもBroad WiMAXも、WiMAXの契約は契約期間3年間の自動更新契約。つまり、3年目の契約更新時に解約しないと自動的に契約期間3年が延長されます。WiMAXの利用に満足の場合や3年目の契約更新時に解約を忘れると、結果的に3年以上の長期利用に。
 
この場合も想定、契約3年目以降の月額利用料金の確認も必要な比較ポイントです。GMOとくとくBBとBroad WiMAXの契約3年目以降の月額利用料金比較では、月間7GB制限プランもギガ放題プランもGMOとくとくBBは高額で、長期利用でもお得でおすすめはどっちかと言えばBroad WiMAX。

WiMAXプロバイダ GMOとくとくBB Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
月間7GB制限プランの月額料金(契約3年目以降) 3,609円 3,326円
ギガ放題プランの月額料金(契約3年目以降) 4,263円 4,011円

GMOとくとくBBの場合、契約期間終了時の乗り換えがおすすめ

仮にGMOとくとくBBを契約した場合も、契約期間終了時に必ずWiMAXプロバイダの乗り換えがおすすめ。GMOとくとくBBの料金が安いのはキャッシュバックキャンペーンがあるからで、契約更新にキャッシュバック特典はありません。つまり、GMOとくとくBBの契約更新は高額なWiMAXプロバイダの契約と同じ。GMOとくとくBBの利用は初回契約期間満了までがおすすめです。

Broad WiMAXとGMOとくとくBBの2つの比較でどっちも同じ内容の点

GMOとくとくBBとBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を比較、2つのプロバイダで違う月額料金やキャッシュバックなどキャンペーン内容を説明しましたが比較してどっちも同じサービス内容も
 
以下はBroad WiMAXとGMOとくとくBB、他の多くのWiMAXプロバイダの共通点で、プロバイダ選びでメリットやデメリットの比較が不要な項目です。

使用通信回線や速度、対応エリアは同じインターネット通信サービス

UQ WiMAXのロゴGMOとくとくBBもBroad WiMAXも、WiMAX2+通信回線を利用するポケットWiFi・インターネット通信サービスを提供。どちらのプロバイダもUQコミュニケーションズのWiMAX2+通信回線を借りてサービス提供するプロバイダ(MVNO)で、同じ通信回線を利用する以上はサービスの質は比較しても同じ。
 
WiMAXの通信回線速度や対応エリアは契約プロバイダが違っても同じで、GMOとくとくBBは速度が遅い、Broad WiMAXの方が電波が繋がりにくい、などメリット・デメリットの違いは無いのです。

3日間で10GBや月間7GBの速度制限ルールもGMOとBroadで共通

WiMAXにはギガ放題プラン契約中でも注意が必要な3日間で10GBの通信量制限や、auのLTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードは月間データ通信量7GBまでの通信量制限があり、超過時に速度制限が発生します。この速度制限ルールもWiMAXプロバイダ間で共通、Broad WiMAXとGMOとくとくBBで比較の必要が無いポイントです。

どちらのサービスもルーター最新機種を新規契約時に無料提供

GMOとくとくBBと比較してBroad WiMAX(ブロードワイマックス)はルーター端末の即日発送に加えて店舗受け取り可能な点が違いですが、どちらのサービスも新規契約キャンペーンでWiMAXルーター最新機種を価格無料で提供は同じです。

おすすめモバイルWiFiルーター最新機種W06やWX05も価格無料

W06イメージ
2019年1月発売!下り最大速度867Mbps対応
WiMAXモバイルルーター最新機種W06

どちらのプロバイダも2019年11月現在、モバイルWiFiルーター端末のW06・WX05機種、ホームルーター端末のL02・HOME 01機種などWiMAXの最新機種を扱っており、いずれも新規契約対象に無料提供キャンペーンを実施中。

中でもWiMAX契約者に人気は外出先で持ち歩き可能なモバイルWiFiルーター端末で、2019年11月現在のおすすめは2019年1月発売のファーウェイ製W06機種や2018年11月発売のNEC製最新機種WX05。

通信速度比較では、WX05は下り最大速度440Mbps対応とW06の下り最大速度867Mbps対応(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)と比較して遅い点がデメリットですが、バッテリー容量の比較ではWX05の方が連続通信時間が長いなど各機種で利点・特徴の違いも。WiMAXルーター機種の性能や速度を比較、希望に合う端末を選ぶのがおすすめです。

auスマートバリューmine割引に対応

GMOとくとくBBとBroad WiMAXは、他の多くのWiMAXプロバイダと同様、auスマートバリューmine割引に対応。auスマートバリューmineは、auのケータイ・スマホを利用中のユーザーがWiMAXを契約すると適用可能な割引で、申請後、毎月最大1,000円がau利用料金から割引されます。つまりauユーザーにとって最もお得なポケットWiFiはWiMAX。
 
ただし、一部WiMAXプロバイダ契約ではauスマートバリューmine割引を利用できない場合がある点に注意が必要です。

月間7GBプラン・ギガ放題の3年契約でau LTE回線のオプション無料

最後にGMOとくとくBBとBroad WiMAXの比較で違いが無い点が、月間通信量7GB制限プラン・ギガ放題プランのどちらでも、3年利用プランの契約でauのLTE回線利用のハイスピードプラスエリアモードを無料利用可能な点。
 
2年利用プランでは、ルーター端末で設定できる通信モード・ハイスピードプラスエリアモードを利用すると、利用月のみ月額1,005円のLTEオプション料金が請求されます。これが3年契約で利用中の場合は無料で、ハイスピードプラスエリアモードを使用してもLTEオプション料金は請求されない点がメリットです。

WiMAX2+回線とauのLTE回線を同時に使用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAXの圏外エリアでもauのLTE対応エリアではインターネット接続が可能な便利な通信モード。GMOとくとくBBでもBroad WiMAXでも無料利用でき、有効活用したいWiMAXの機能です。

確実にお得なプロバイダ選びならブロードワイマックス~当サイトのおすすめ理由

GMOとくとくBBとBroad WiMAXを徹底比較しましたが、比較の結果、当サイトは以下の理由でBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の方が多くの皆さんに自信を持っておすすめできるWiMAXプロバイダと考えます。

GMOとくとくBBを選ぶ場合に注意すべきデメリット

キャッシュバックキャンペーン金額により3年間のWiMAXの実質負担費用が最安のGMOとくとくBBですが、Broad WiMAXと比較してGMOとくとくBBを選ぶことをおすすめしない理由は、

  • WiMAXの月額利用料金が高い(ギガ放題プランの支払いが月額4,000円以上)
  • キャッシュバックキャンペーン特典受け取りに細心の注意が必要(万が一、キャッシュバック受け取りに失敗するとWiMAXの費用負担が高額
  • 急な引っ越し・転勤でWiMAXの途中解約が必要になった際のリスク大(違約金が高い、キャッシュバックキャンペーン特典を受け取れない)
  • 契約3年目以降の料金が高い上、キャッシュバックは最初の新規契約時のみで長期利用ほど費用が高額

などのデメリット。上記理由で当サイトのプロバイダ選びのおすすめはBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。

リスクがあっても1円でも安いプロバイダを選びたい場合はGMOとくとくBBもおすすめですが、2019年11月のキャッシュバックキャンペーン金額ではBroad WiMAXも最安級です。

当サイト経由のBroad WiMAX申し込みはメリット大でおすすめ

割引価格で安い月額料金プランのBroad WiMAXはキャッシュバックキャンペーン受け取りの手間も無く、確実にお得がメリット。さらに当サイト経由のBroad WiMAX申し込みの場合、Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンも利用でき、実質割引額がさらに大きくメリット大。

当サイトのAmazonギフト券キャンペーン特典は契約後すぐ申請可能で評判も良く、また東京・大阪の店舗で契約即日にルーター端末を受け取れるなど対応が早い点もBroad WiMAXのメリット

2019年11月に最安料金でWiMAXを契約したい場合、WiMAXプロバイダにBroad WiMAX(ブロードワイマックス)を選ぶのがおすすめです。

ぜひこの機会にBroad WiMAXの料金プラン詳細や当サイト限定キャンペーンの利用方法を確認ください!下記ページで詳しくご案内中です。

【GMOとくとくBBと比較しておすすめ】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019年11月当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!