完全無制限?どんなときもWiFiの料金や口コミ・評判をWiMAXと比較

完全無制限?どんなときもWiFiの料金や口コミ・評判をWiMAXと比較

どんなときもWiFiの特徴

ポケットWiFi史上最高のサービス・どんなときもWiFi。最新のクラウドSIM技術を活用、ドコモ・ソフトバンク・auすべての4G LTE回線を使い放題。どこのエリアでも繋がりやすい、かつ通信量完全無制限で使えるおすすめポケットWiFiです。

当サイト・WiMAX比較ナビはWiMAXをおすすめしますが、どんなときもWiFiは広いエリアで繋がりやすく、海外利用も可能な点でWiMAXと並ぶ、おすすめポケットWiFi!

このページではどんなときもWiFiがおすすめサービスである理由や料金プランを、2020年5月現在の最新情報でWiMAXと比較しながら徹底解説、また利用者による最新の口コミ・評判情報やどんなときもWiFiの契約・申し込み前に知っておくべきデメリット・注意点も紹介します。

2020年5月どんなときもWiFi最新情報~通信障害に伴い新規受付停止

2020年5月現在、どんなときもWiFiで発生した通信障害の影響で、インターネットに繋がらない、速度が異常に遅いなどの口コミが増えています(通信障害の詳細は「どんなときもWiFiが繋がらない!通信障害について」を参照)。また端末の在庫切れなどにより、どんなときもWiFiは新規契約の申し込み受け付けを停止中です。

どんなときもWiFiと同様の完全無制限ポケットWiFiで、2020年5月現在も契約可能なおすすめサービスはギガWi-Fi(ギガワイファイ)。どんなときもWiFiとの比較でほぼ同じサービス内容で、安い月額利用料金がメリットです。詳細は下記でご確認ください!

コンテンツ

口コミで評判のポケットWiFi!どんなときもWiFiのおすすめ理由

どんなときもWiFi2019年サービス開始、CMや宣伝でお馴染みのポケットWiFi・どんなときもWiFi。当サイト・WiMAX比較ナビ編集部はWiMAXなど各ポケットWiFiサービス、モバイルルーターを実際に利用中ですが、そんな私たちが史上最高のポケットWiFiと感じるのが以下で紹介するどんなときもWiFiです。
 
利用者による口コミの評判も良く、高い評価。まずはポケットWiFiサービス・どんなときもWiFiが人気・評判である4つの理由を紹介します。

  1. どんなときもWiFiは完全無制限で利用可能
  2. クラウドSIMで3キャリア対応!どんなエリアでも電波が繋がる
  3. どんなときもWiFiのモバイルルーター端末は海外でも使える
  4. 月額利用料金プランが他ポケットWiFiサービスと比較して安い点もおすすめ

CM・宣伝で評判!完全無制限で利用可能などんなときもWiFi

CM・宣伝などで、どんなときもWiFiのサービス内容をご存知かもしれませんが、どんなときもWiFiのメリットで評判の理由の1つが完全無制限で利用可能なポケットWiFiサービスの点。違法ダウンロードや不正利用などの場合を除き、どれだけインターネットを使っても速度制限が発生せず、データ容量無制限で使い放題のサービスがどんなときもWiFiの最大の特徴です。

WiMAXギガ放題などの無制限プランと比較して完全使い放題が特徴

WiMAXのギガ放題プランなど他のポケットWiFiサービスでも月間通信量無制限のサービスはあっても、直近3日間で10GBまでのデータ容量制限も。WiMAXの場合、実際に速度制限無しでの利用は月間データ容量100GBまでの制限があります。
 
比較して、どんなときもWiFiは完全無制限・使い放題のサービス。ネットワークを占有するほどの大容量通信を除き、通常の動画視聴やアプリのダウンロードなどの利用で速度制限はかからず、無制限でルーター端末経由のインターネット利用が可能な点がメリットです。

インターネットを完全無制限・使い放題で利用したい場合、フレッツ光など固定回線契約が必要でしたが、今後はどんなときもWiFiのルーター端末が1台あれば可能です!

最新のクラウドSIM技術!どんなエリアでも電波が繋がるポケットWiFi

クラウドSIMどんなときもWiFiのおすすめ理由の2つ目が広い対応エリアで、どんなエリアでも電波が繋がりインターネットを利用できる点。他のポケットWiFiと違い、どんなときもWiFiは最新のクラウドSIM技術に対応したポケットWiFiです。

どんなときもWiFiのルーター端末はSIMカード無しでデータ通信可能

WiMAXなどの一般的なポケットWiFiルーター端末はSIMカードを挿入、SIMカードに設定された契約情報から、利用する通信回線や使用可能なデータ容量が決まるのと比較して、どんなときもWiFiのモバイルルーター端末にはSIMカードが無く、クラウドサーバーにSIM情報が記録されます。
 
どんなときもWiFiでは端末使用場所の電波状況次第で、ソフトバンク・au・ドコモのLTE回線から最適なSIMがクラウド側で自動選択され、どんなエリアでも電波が繋がりやすく、データ通信が可能なのです。

3キャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)の4G LTE通信回線をすべて使えるからエリアが広い

例えば、ソフトバンクのポケットWiFiルーターの場合はソフトバンクのSIMカードを挿入、ソフトバンクの4G LTE対応エリアでのみインターネット通信できます。比較して、どんなときもWiFiの場合は3キャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)の通信回線を利用可能
 
自分で通信回線を選択できませんが、ソフトバンクの電波が強い場所ではソフトバンクのLTE回線が、ドコモの電波が強い場所ではドコモのLTE回線が、どんなときもWiFiでは自動選択されます。つまり、3キャリアのいずれかの電波が入るエリアでは、どんなときもWiFiのルーター端末でインターネット通信可能です。

どんなときもWiFi1台で、海外でもインターネット通信が使える

海外利用WiMAXなど他のポケットWiFiとの比較で、どんなときもWiFiのメリットは海外旅行や海外出張時に同じモバイルルーター端末を持参、現地のインターネット通信に使える点。前述のクラウドSIM技術で、どんなときもWiFiの端末は海外現地でも最適なSIM・通信回線を自動選択、インターネットが使えるのです。

どんなときもWiFiは世界107カ国で利用可能、ただし注意点も

WiMAXなど他のポケットWiFiの契約の場合は端末が日本国内利用のみの対応で、海外旅行や海外出張時は別途海外で使えるWiFiルーターのレンタルが必要です。比較して、どんなときもWiFiは日本を含む世界107カ国で利用可能で、海外出発前の手続き不要で利用できる点もメリット。
 
ただし、どんなときもWiFiの海外利用時は月額利用料金プランとは別料金がかかる点と通信速度が注意点。海外現地の高速LTE回線利用は1日1GBまでで、超過時は通信速度最大384Kbpsの低速通信になる点に注意が必要です。

海外利用の場合の料金プラン~1日あたりの定額制

どんなときもWiFiの端末を海外利用する場合、通常の月額利用料金プランとは別の利用料金が請求されます。海外利用料金は1日あたりの定額制で、現地で端末を使わなかった日は料金請求対象外。海外で使った日数分だけ下記料金が請求されます。

海外利用国・エリア 1日あたり料金
アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米の69カ国の場合 1,280円
中東・南米・アフリカの37カ国の場合 1,880円

海外出張などで滞在中、仕事で毎日大容量のデータ通信をする場合などは別途WiFiルーターのレンタルがおすすめですが、現地で毎日接続せず、いざと言う時に使う程度の場合はどんなときもWiFiの端末が役立ちそうです。

月額利用料金プランが他ポケットWiFiと比較して安い点もおすすめ

どんなときもWiFiの料金プランどんなときもWiFiがいくら無制限で対応エリアが広くても、月額利用料金プランが高ければおすすめしませんが、どんなときもWiFiが人気・評判の理由は、WiMAXなど他ポケットWiFiサービスと比較して月額利用料金も安い点。高品質のサービスを比較的割安な料金で利用できる点もどんなときもWiFiのメリットで、おすすめ理由です。

WiMAXなど他ポケットWiFiサービスとどんなときもWiFiの料金比較

WiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランやソフトバンクLTEを利用するポケットWiFi・Y!mobileのアドバンスオプション料金と、どんなときもWiFiの料金プラン比較が下記の表。なおWiMAXの場合は契約プロバイダにより月額料金・適用可能なキャンペーン内容が違うため、当サイトおすすめプロバイダ・Broad WiMAXの場合の料金で比較します。

ポケットWiFiサービス・無制限プラン 月額利用料金
どんなときもWiFi(完全無制限・データ放題プラン) 3,480円
Broad WiMAX(月間無制限・ギガ放題プラン) 3,361円(実質)
Y!mobile(Pocket WiFiプラン2+アドバンスオプション) 4,380円

※2020年5月現在の各公式サイトの情報です。

キャッシュバックキャンペーン無しでシンプルに安いのがどんなときもWiFiの特徴

WiMAXの場合はキャッシュバックキャンペーンなどがあり、毎月プロバイダに支払う月額料金が高くても実質負担費用は安い場合も。上記のBroad WiMAXも当サイト限定・Amazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーン適用で、実質月額費用はどんなときもWiFiと比較して安い料金。
 
比較して、どんなときもWiFiはキャッシュバックなどのキャンペーンがないものの完全無制限のデータ放題プランが月額料金3,480円。シンプルで安い料金プランもどんなときもWiFiのおすすめポイントで、評判の良い理由です。

どんなときもWiFiは2年契約で利用できるが、25ヶ月目以降は料金が高い

またWiMAXなど他の多くのポケットWiFiが契約期間3年の3年縛りなのと比較して、どんなときもWiFiは2年契約で利用可能な点もメリット。ただし、契約更新して25ヶ月目以降は月額料金3,980円に値上がりする点は注意の必要なデメリット。

クレジットカード払い以外に口座振替での料金支払い方法に対応

どんなときもWiFiが対応する月額料金の支払い方法は、クレジットカード払いと銀行口座振替の2種類。クレジットカード無しでポケットWiFiを契約したい場合、口座振替が可能などんなときもWiFiは魅力ですが、口座振替払いの場合、月額料金3,980円(契約25ヶ月目以降は4,411円)と高い上、毎月200円の口座振替手数料に注意が必要です。

どんなときもWiFiの契約では支払い方法はクレジットカードがおすすめで、WiMAXより使い勝手の良い無制限ポケットWiFiを月額料金3,000円台で利用できます!

万が一でも安心の「いつでも解約サポート」で無料乗り換え可能

いつでも解約サポートおすすめ理由が多数のどんなときもWiFiですが、万が一、利用開始後に「使いづらい」「思っていたのと違う」となっても安心なのが、いつでも解約サポートのサービス。どんなときもWiFiの解約違約金が無料で他社に乗り換え可能です。

どんなときもWiFiを契約開始後1年以内の途中解約の違約金は19,000円。この費用負担が不要で、他のインターネット回線サービスに無料で乗り換え可能です。

いつでも解約サポートで乗り換え可能なサービスは、どんなときもWiFiの運営会社である株式会社 グッド・ラックが紹介可能なサービス限定ですが、万が一どんなときもWiFiに満足できない場合も安心のサービスがある点もおすすめです。

どんなときもWiFiのデメリット~遅い回線速度と解約時の注意点

どんなときもWiFiのメリットや魅力、おすすめポケットWiFiとして評判の理由を紹介しましたが、契約前に知っておくべき、どんなときもWiFiのデメリットも。以下、契約前に注意すべき回線速度と解約時の端末返却の2点について解説します。

どんなときもWiFiの使用ルーター端末D1は下り最大速度150Mbps

ルーター端末D1どんなときもWiFiで使用できるルーター端末は「D1」1種類のみ。D1機種の速度スペックを確認すると下り最大速度150Mbps、上り最大速度50Mbps対応と他のポケットWiFiサービスと同程度の回線速度ですが、WiMAXと比較すると速度の遅いモバイルルーター端末です。

WiMAXの下り最大速度867Mbps対応と比較してどんなときもWiFiは遅い

WiMAXのモバイルルーター最新機種W06は、下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大1.2Gbps)、上り最大速度75Mbps対応の高速ルーター端末。WiMAXのW06機種と比較して、どんなときもWiFiのD1機種は遅いルーター端末の点がデメリットです。

このためポケットWiFiサービスの重視ポイントが通信速度の場合、どんなときもWiFiと比較してWiMAXがおすすめです。

WiMAXのクレードルのような機器が無く、LANケーブルで有線接続できない

WiMAXのモバイルルーター最新機種W06はノートパソコンなどの機器とUSBケーブルで有線接続可能なほか、クレードルと呼ばれる機器を購入するとルーター端末とパソコンをLANケーブルで有線接続可能。
 
比較して、どんなときもWiFiのルーター端末D1にはクレードルのような機器が無く、ケーブルを使った有線接続はできません。無線WiFiに非対応の古いノートパソコンなどのインターネットに、どんなときもWiFiの端末は使えない点も注意が必要なデメリット。

自宅向けのホームルーターを利用できない、同時接続台数が少ない

またどんなときもWiFiが提供するD1機種は、端末への同時接続可能台数が最大5台と少ない点もデメリットで、最大10台と接続可能なWiMAXのモバイルルーターと比較すると複数人数での利用にやや不向き。またWiMAXでは利用可能な、自宅向けの据え置き型ホームルーター端末をどんなときもWiFiでは利用できない点もデメリットです。

D1機種は連続通信時間12時間、モバイル端末のバッテリー容量は十分

一方、速度以外の端末スペックを確認すると、どんなときもWiFiのD1機種は連続通信時間12時間と十分なバッテリー容量で重量も151gと持ち歩きに適した軽量なルーター端末。この点はWiMAXなど他サービスのモバイルルーター端末と同等です。

どんなときもWiFiは解約時にルーター端末の返却が必要な点も注意点

どんなときもWiFiの契約で注意点がルーター端末がレンタル扱いの点。WiMAXなど他ポケットWiFiの場合、新規契約時に無料提供され、0円購入とする会社が多いのと比較して、どんなときもWiFiはレンタル扱いで解約時に端末の返却が必要です。

ルーター端末はレンタル扱い、故障や紛失で機器損害金が必要

自分専用の端末とは言え、どんなときもWiFiの端末はレンタルのため、破損や紛失、故障時は18,000円の機器損害金・機種代金の支払いが必要な点に注意が必要。この支払いを避けたい場合は月額400円のあんしん補償オプションに加入できますが、その分どんなときもWiFiの月額利用料金が高くなる点がデメリットです。

どんなときもWiFiのデメリットは上記2点で、通信速度にこだわりが無い場合は端末がレンタル扱いの点が注意の必要なデメリットです。

利用者によるどんなときもWiFiの口コミ・評判

2019年サービス開始のどんなときもWiFiですが、ネットの評判を確認すると利用者による口コミ情報が多数確認できます。すでに多くの方がどんなときもWiFiを契約・利用中で、口コミの評判も上々です。

通信・速度制限なし、どんなどきもWiFiの良い使い勝手が評判

どんなときもWiFiの口コミで評判が良いポイントの1つが使い勝手の良さ。WiMAXなど他ポケットWiFiサービスには何らかの通信・速度制限がある一方、どんなときもWiFiは完全無制限がメリット。契約・利用する方が増えています。

2020年5月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年5月現在、当サイト・WiMAX比較ナビとWiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
3キャリア対応の無制限ポケットWiFi
2020年5月も新規申し込み受付中のおすすめは『ギガWi-Fi』!