【解説】ドコモ(docomo)とWiMAXの併用で通信料金を4割節約

【解説】ドコモ(docomo)とWiMAXの併用で通信料金を4割節約

NTTドコモ

スマートフォンや携帯の契約がドコモ(NTT docomo)、かつ毎月のインターネット通信量が多い場合、ドコモの契約プランをどうするかは常に悩みどころ
 
ドコモならスマホ・携帯の通信容量を増やしてテザリングする方法や、ポケットWiFiを追加契約して併用する方法も。もちろんWiMAX(ワイマックス)の追加契約も十分お得で検討価値のあるオプション。上手くすればWiMAXの併用で通信料金を約40%節約できるかもしれません。
 
このページではドコモのスマホ・携帯ユーザーのみなさんを対象に、WiMAXとの併用はお得か、ドコモの契約プラン変更とWiMAXの追加契約のどっちがおすすめか、それぞれのメリット・デメリットの比較や料金比較を通して検証します。

WiMAX(ワイマックス)とドコモ(NTT docomo)の料金プラン比較

WiMAX(ワイマックス)の併用が費用の節約になるかは、ドコモ(NTT docomo)で契約するスマホや携帯の料金プランをどうするかで違います。まずはドコモとWiMAXの料金プランの特徴や内容を比較しましょう。

ドコモのスマートフォン・携帯でのデータ通信と料金プラン

docomoのロゴスマートフォンや携帯の契約がドコモ(docomo)の場合、音声通話利用にかかわる「基本プラン」とデータ通信利用量で変わる「パケットパック」の選択内容で、月額料金が大きく変化します。
 
データ通信量が少ない場合は最小のパケットパックまたはパケットパック自体の契約が不要で、逆にスマホのテザリングなどでもネットを利用、データ通信量の多い方は高額・高容量のパケットパックの契約が必要です。

ドコモスマホの料金プラン(基本プランとパケットパック)の例

対象ユーザー スマホのデータ通信はほとんど無い スマホのデータ通信量が少ない スマホのデータ通信量が多い
ドコモの「基本プラン」 カケホーダイプラン(国内通話が無料) カケホーダイライトプラン(5分以内の通話無料、パケットパック加入が必須) カケホーダイライトプラン(5分以内の通話無料、パケットパック加入が必須)
月額料金 2,700円 1,700円 1,700円
ドコモの「パケットパック」 ※データ通信は従量制、spモード利用料(300円/月)が必要 ベーシックパック(3GB) ウルトラデータLLパック(30GB)
月額料金 300円 4,300円 8,300円
合計料金 3,000円~ 6,000円~ 10,000円~

パケットパック料金はテザリングなどで通信量が多い場合に不向き

ドコモのスマートフォン・携帯でのデータ通信の場合、通信量が多い料金プランほど料金の値上がり幅が大きく、月間通信量30GBのウルトラデータLLパック利用料は月額8,300円にもなります。この金額は他の通信キャリアやWiMAXの同等プランと比較しても非常に高額
 
通信量20GBのウルトラデータLパックは月額6,300円と少し安く契約できるものの万が一パケットを使い切り、パケット追加が必要となると1GBあたり1,000円の追加費用も。スマホのテザリングなどでデータ量が多い場合、月間30GBのウルトラデータLLパックの利用がおすすめ。

ドコモのスマホで注意すべきデメリットは通信制限と回線スピード

ドコモのスマホを使ってテザリング、Youtubeの動画視聴やLINEやSkypeのビデオ通話などでネットを利用すると、データ通信量が短時間で上がることも。契約中のパケットパックの通信容量上限に達するとデータ通信速度は約128Kbpsに低下、リミットモードという速度制限が発生する点は注意が必要なデメリット。
 
この通信制限状態ではネットはもちろん、メールの送受信も困難で、スマホでのデータ通信はほぼ不可能に。またドコモのLTE通信の回線スピードは150Mbps程度とWiMAXの下り最大867Mbpsと比較して低速で、そもそも大量データ通信に不向きな点もデメリットと言えます。

ドコモのモバイルWiFiルーター端末と料金プラン

ドコモ(docomo)にはスマホや携帯でのデータ通信以外に専用のモバイルWiFiルーター端末を利用したデータ通信サービスもあり、スマホや携帯の契約を最小限にして、ドコモのモバイルWiFiを追加契約、2台持ちで併用する方法も。
 
ドコモのモバイルWiFiルーターの料金プランはスマホと同様、基本プランとパケットパックの組み合わせですが、音声通話が無い分、基本プランの料金は安く使えます。ただしスマホ・携帯とモバイルWiFiの2台持ちで併用する場合、月額利用料金は合計1万円以上となり、料金面でおすすめの方法とは言えません。

ドコモのモバイルWiFi料金プランの例

対象ユーザー モバイルWiFiのデータ通信量が少ない モバイルWiFiのデータ通信量が多い
ドコモの「基本プラン」 データプラン(ルーター)+mopera U利用料 データプラン(ルーター)+mopera U利用料
月額料金 1,400円 1,400円
ドコモの「パケットパック」 ベーシックパック(5GB) ウルトラデータLパック(20GB)
月額料金 5,000円 6,000円
合計料金 6,400円~ 7,400円~

専用ルーターがあればスマホのバッテリーを気にせず使用できる

ドコモスマホでのテザリングの場合、バッテリーの消費量が大きく、すぐにスマホが電池切れすることも。そうしたテザリングのデメリットを避けるために専用WiFiルーター端末を使用するのは1つの方法。テザリングと比較してドコモのモバイルWiFiやWiMAXを追加契約・併用をおすすめする理由の1つです。

受信時最大1288Mbps対応ルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」がおすすめ

docomo Wi-Fi STATION HW-01L
下り最大通信速度1288Mbps対応!
ドコモのモバイルルーター・Wi-Fi STATION HW-01L

ドコモの「PREMIUM 4G」対応のルーターで、受信最大1288Mbpsの高速通信が可能な機種が2019年3月発売の「Wi-Fi STATION HW-01L」。ドコモのスマホ・携帯ではPREMIUM 4G対応機種が少ないため、「docomo Wi-Fi STATION HW-01L」ルーター端末を併用すれば、繋がりやすいドコモの通信回線で高速インターネットを使える点がメリットです。

WiMAX(ワイマックス)の契約プランと料金

BroadWiMAXこれらのドコモの料金プランと比較して人気のポケットWiFi・WiMAXはどうでしょうか?WiMAX(ワイマックス)には月間通信容量7GB制限プランと月間通信量無制限のギガ放題プランの2つの契約プランがあり、月額利用料金はUQ WiMAXなど20社以上のWiMAXプロバイダのどこで契約・申し込みするかで違います。

WiMAXの料金プラン~Broad WiMAXで申し込みの場合

当サイトでおすすめのWiMAXプロバイダ・Broad WiMAXで申し込みした場合、WiMAXの月額利用料金は以下の通りで、月間容量無制限のギガ放題プランを月額3,000円台で使える点がドコモのパケットパック費用と比較したメリット。

対象ユーザー データ通信量が少ない データ通信量が多い
料金プラン ライトプラン(月間容量7GB制限) ギガ放題プラン(無制限)
月額利用料金 2,726円~ 3,411円~

月間通信容量無制限・ギガ放題プランが月額利用料金3,000円台

WiMAXが人気・おすすめの理由が、月間通信容量無制限のギガ放題プランを月額3,000円台で利用できる点。3日間で10GBの通信容量制限はあるものの、超過しても約1Mbpsの速度でWiMAXでの通信が可能な比較的緩やかな速度制限で、また速度制限の時間帯も夕方18時~深夜2時までの夜間のみ。
 
WiFiルーターを使って動画視聴やオンラインゲーム、LINE・Skypeでのビデオ通話の利用頻度が多いなどデータ通信量が多い場合、ドコモの料金プランと比較して通信量の面でも料金面でも安心して使えるのがWiMAXのギガ放題プランです。

他ポケットWiFiよりもWiMAXの契約をおすすめする理由もギガ放題

WiMAXは人気のポケットWiFiですが、他のポケットWiFi(Y!mobileやYahoo! Wi-Fiなど)よりも評判が良い理由の1つも、この月間通信量無制限プラン・ギガ放題が使える点。
 
他のポケットWiFiにも無制限プランがあるものの、対応エリアが狭いなどWiMAXと比較して使い勝手が悪い点がデメリット。WiMAXのギガ放題のように対応エリアが広く、高速インターネット通信を無制限で使えるプランが他に無いのです。

下り最大速度867Mbps対応のモバイルルーター最新端末も無料

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

WiMAXのもう1つの魅力が高速インターネット通信。2019年1月発売のモバイルルーター最新機種W06は下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大速度75Mbpsの高速通信に対応、かつこのモバイルルーター端末を多くのWiMAXプロバイダが無料提供している点もおすすめポイント。基本的に月額料金以外に費用がかからないシンプルな価格体系もWiMAXのメリットです。

ドコモ(docomo)ユーザーの通信費節約にはWiMAX併用がおすすめ

ドコモ(docomo)とWiMAXのデータ通信費用についてご覧いただいた通り、全体的にはWiMAXと比較してドコモのデータ通信料金は非常に高く、WiMAXを上手く併用することで通信費用を大きく節約できる人が多そうです。ここからは実際にWiMAXとドコモのスマホの併用で、おすすめの料金プランの組み合わせなどを紹介します。

LTEの帯域は貴重、だから割引が少なく高いドコモユーザーの料金

ドコモ(docomo)のテータ通信料金が高い理由の1つが、帯域の限られた貴重なLTE回線を利用しているから。一般的に電波は周波数により繋がりやすさが変わり、周波数700~800メガヘルツの電波は特に繋がりやすいプラチナバンドと呼ばれます。
 
ドコモに限らずauやSoftbankも含め、スマホやケータイ、モバイルWiFiのLTE通信はこのような繋がりやすい周波数の通信で、すべての通信機器が使い放題になると通信帯域が不足します。このためWiMAXと比較してLTE利用サービスには厳しい通信量制限があったり、通信量を増やすのに高い料金がかかるのです。

最も安い組み合わせ「ドコモのカケホーダイとWiMAXギガ放題」で通信費40%節約

比較して、WiMAXのWiFiルーターが利用する「WiMAX2+」通信帯域はWiMAXサービスの専用帯域。このためギガ放題のような使い放題サービスを提供できる点がWiMAXの強みです。
 
LTE回線を使う高額なデータ通信量を増やすより、インターネット通信の場合はWiMAX、電話の音声通話はドコモのLTE、と2つを併用して使い分けるのが最も通信費用を節約して使えるパターン。

実際、ドコモスマホは音声通話のみとしてデータ通信を行わないプランとし、WiMAXのギガ放題を追加契約すれば、ドコモの月額費用を40%節約可能というのが以下の料金比較です。

WiMAX併用とドコモのみ(ウルトラパック・30GB利用)の料金比較

ドコモのウルトラデータLLパック利用(月間30GB)と比較して、ドコモのカケホーダイライトとWiMAXギガ放題の組み合わせで併用すれば月額約4,000円、年間4万円~5万円の通信料金が節約可能です。

ドコモ・WiMAX併用 パターン ドコモのみ
ドコモ・カケホーダイ 通話プラン ドコモ・カケホーダイライト
2,700円 月額料金 1,700円
WiMAX・ギガ放題(月間無制限) データ通信プラン(パケットパック) ドコモ・ウルトラデータLLパック(月間容量30GB)
3,411円 月額料金 8,300円
6,111円~ 合計料金 10,000円~

ドコモスマホ・ケータイもWiMAXに接続してインターネットが使える

パケットパックを解約、ドコモのスマホ・ケータイでインターネット通信を行えない、通話のみの契約プランに変更しても、WiMAXのモバイルWiFiルーターがあればWiMAX経由でいつでもどこでもインターネットに接続可能です。
 
ドコモのスマホとWiMAXのルーターはWi-FiやBluetoothなどで接続でき、これには通信費は発生せず無料。つまりWiMAXのルーター・ギガ放題プランを併用すれば、ドコモスマホでもインターネットを無制限で利用可能になります。

スマホは通話のみに、さらに光回線など自宅固定回線も解約可能

ドコモ(docomo)のスマホは通話のみのプランに変更して料金を安くすることができる上、さらにWiMAX併用のメリットが自宅にドコモ光やフレッツ光などの固定回線の契約があれば、それも解約できる点。WiMAXのギガ放題を契約すればインターネット通信を無制限で利用できるため、外出先でも自宅でもWiMAXのルーター経由でネット利用が可能です。
 
WiMAXのルーター端末があれば固定インターネット回線が不要で、固定回線を解約可能になります。一般に固定回線の利用料金は月額5,000円~6,000円で、これを0円・無料にできるのは大きな節約。スマホのテザリングでは固定回線の解約まで踏み切りづらいのと比較して、WiMAXを併用するメリットの1つです。

2つの回線サービスの対応エリア比較

ここまでの内容で料金を比較するとドコモ(docomo)よりもWiMAXが圧倒的にお得なことは理解いただけると思いますが、電波の繋がりが悪かったり接続できなければ意味がないもの。
 
一般的にドコモ(docomo)の回線が利用するLTE通信は対応エリアが広く、繋がりやすいと言われるのと比較して、WiMAX2+は対応エリアはやや狭いと言われますが、実際はどうでしょうか?

電波が繋がる安心感のあるドコモのLTEネットワーク

ドコモのサービスエリアマップ
首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)およびその周辺のドコモ対応エリア

Softbankやauも含めた大手通信キャリアの中でもドコモのLTEは特に電波が繋がりやすいと安心して利用中の方も多い様子。首都圏を中心に対応エリア状況を確認すると、山間部を除くとほとんどのエリアがドコモLTEを使える対応エリアであることが分かります。

対応エリアが急速拡大中のWiMAX2+、都市部のカバー率は99%以上

関東地方のサービスエリアマップ
関東地方のWiMAX2+サービスエリアマップ。ピンク色のエリアが下り最大440Mbps対応エリア。

WiMAXのサービスマップを確認すると、首都圏を中心としたエリアではドコモのLTEネットワークに匹敵するほどのエリアで、主要都市部での人口カバー率は99%以上。2017年にはWiMAX2+の基地局数が3万局を突破するなど急速にWiMAXの対応エリアが拡大しています。
 
地方や山間部ではドコモの方が繋がりやすいエリアもありますが、特に都市部にお住まいで都市圏中心にデータ通信を利用する場合、WiMAXもドコモと同様に利用できそう。費用節約のメリットも考え、ドコモユーザーにWiMAXの併用を強くおすすめしたい理由の1つです!

WiMAXはプロバイダ多数!お得なキャンペーンが多い点もメリット

WiMAXのメリットが、UQ WiMAXなどの20社以上のプロバイダがさまざまなお得な割引料金プランやキャッシュバックキャンペーンを実施している点。中には期間限定のお得なキャンペーンもあり、しっかり比較・検討するば安く契約できる点もWiMAXのメリットです。

本家UQ WiMAXとMVNOプロバイダ

WiMAXには数多くのプロバイダがありますが、これらはすべて“自社で通信設備を持たず、他社の通信インフラを利用してサービス提供を行う”MVNO事業者。実際にWiMAXの通信回線などを管理するのはUQコミュニケーションズという会社で、プロバイダサービス・UQ WiMAXも運営しています。UQ WiMAXは数あるWiMAXプロバイダの本家です。

格安スマホや格安SIMも同様のMVNO

このWiMAXのプロバイダというのは、格安スマホや格安SIMを提供する事業者と同様です。格安スマホ・SIMも回線はドコモ回線を使用するなど、自社で通信設備を持たずドコモなどのキャリアの回線を借りています。この例では、ドコモが本家、格安スマホ・SIMの事業者がMVNOということになります。

WiMAXプロバイダ各社の料金プラン・キャンペーン比較が重要

WiMAXでは多くの事業者が参入し、少しでも安い料金で提供しようと競争しています。また、どのプロバイダも提供するのは同じWiMAX回線を使うインターネット接続サービスで、通信速度や対応エリア、速度制限のルールはどのWiMAXプロバイダも変わりません
 
一方、スマホ・携帯におけるドコモと同様、本家UQ WiMAXの料金は他のWiMAXプロバイダと比較すると割引が少なく高額。つまりWiMAXを契約する場合、UQ WiMAX以外のプロバイダを比較、お得な割引料金プランやキャンペーンを見つけることが重要です。

以上、ドコモ(docomo)のデータ通信サービスの料金プランやWiMAXの料金・特徴などを比較しながら説明しました。

あなたがもしドコモユーザーで、月間10GB以上のデータ通信を行う場合、WiMAXの併用を本格的に検討するのがおすすめ!場合によって、月々数千円の通信費用節約を実現できるかもしれません。

当サイトでは20社以上のWiMAXプロバイダ各社の最新料金・キャンペーン情報を常に調査、アップデートしながらお届けしています。WiMAXの新規契約を対象とした、お得なキャッシュバックキャンペーンも多数ありますので、ぜひ一度比較・検討してみてください!

【WiMAXの併用はまずお得なプロバイダ探しから】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019年9月の当サイト限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!