ドコモ回線・無制限のおすすめポケットWiFi~シーモバイル(Cmobile)

ドコモ回線・無制限のおすすめポケットWiFi~シーモバイル(Cmobile)

ドコモ回線利用のポケットWiFi

数あるポケットWiFiサービスの中でドコモ(docomo)のXi・LTE回線に対応、月間通信容量無制限プランもあるシーモバイル(Cmobile)は、安い料金でおすすめポケットWiFiサービスの1つ。特にWiMAXやソフトバンクの圏外エリアでの利用や、ドコモ回線を安い料金で利用したい場合のおすすめポケットWiFiサービスです。
 
このページでは、ドコモ回線を利用、月間データ通信量無制限プランも使えるおすすめポケットWiFi・シーモバイル(Cmobile)のサービス内容や料金プラン、契約時の注意点を解説、ドコモのモバイルWiFiルーターとの料金比較やWiMAXの無制限プラン・ギガ放題との料金比較からシーモバイル(Cmobile)のメリット・デメリットを紹介します。

【2020年4月最新情報】
ドコモ回線対応でも3日間の通信量制限がシーモバイルのデメリットでしたが、ドコモ回線に対応した完全無制限のポケットWiFiサービス・どんなときもWiFiが誕生。ドコモ回線の無制限ポケットWiFiなら、どんなときもWiFiが2020年4月のおすすめポケットWiFiです。理由を以下で詳しく紹介します。

無制限プランも!ドコモ回線のポケットWiFi・シーモバイル(Cmobile)

  • ポケットWiFiを契約したいが、WiMAXやソフトバンクの圏外エリアでドコモ(docomo)の電波しか受信できない
  • エリアの広さやインターネット通信の安定性で、ドコモ回線が一番安心
  • ドコモ回線で月間データ通信量無制限プランのあるポケットWiFiがいい

上記の場合のおすすめポケットWiFiの1つがシーモバイル(Cmobile)。ポケットWiFiにはWiMAXやソフトバンクLTE回線利用のサービスが多い中、ドコモのXi電波・LTE回線を使える、無制限プランもある貴重なポケットWiFiサービスです。

ドコモXi電波に対応、広いサービスエリアで通信可能なポケットWiFi

C mobileのロゴシーモバイル(Cmobile)のメリットは、ドコモのXi(クロッシィ)電波対応のポケットWiFiの点。ドコモのLTE回線であるXi回線は、人口カバー率がほぼ100%と広いサービスエリアが特徴で、日本全国どこでもインターネット通信可能な点がメリットです。

Cmobileは日本全国インターネット接続しやすいドコモ回線を使える

ドコモのサービスエリアマップ
首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)周辺のドコモXi(LTE)回線対応エリア

シーモバイル(Cmobile)などのポケットWiFiの利用では、自宅や外出先、旅行先など日本全国のエリアでインターネット接続したいもの。他のポケットWiFiでもソフトバンク回線利用のポケットWiFiサービスやWiMAX2+は人口カバー率99%以上と広いエリアで利用できますが、特に地方での電波の繋がりやすさやインターネット接続のしやすさで、シーモバイルが利用するドコモ回線ネットワークの評価が高く、広範な対応エリアがおすすめ理由です。

ドコモXi電波を使える上、安い料金の通信容量無制限プランがあるポケットWiFiの点がシーモバイルの最大のおすすめポイントです。

使い放題・無制限プランがおすすめ!Cmobileの2つの月額料金プラン

ドコモ回線利用のポケットWiFiサービス・シーモバイル(Cmobile)の特徴でおすすめが、月間データ通信容量無制限で使える使い放題プラン。月間通信量無制限のポケットWiFiには、WiMAX2+のギガ放題プラン、ソフトバンク回線を利用するポケットWiFiのアドバンスオプションなどもありますが、ドコモ回線かつ無制限は貴重。
 
特に月間データ通信容量が多い場合、対応エリアの広いドコモの通信ネットワークを月間無制限で利用できるCmobileは魅力的なポケットWiFiサービス。また通信量が少ない方向けに月間データ通信容量5GB制限の割安な料金プランもあります。

ドコモ回線利用の月間通信量無制限プラン!Cmobileプラス Xi 使い放題

月間通信量無制限プラン「Cmobileプラス Xi 使い放題」は月額基本料金3,600円のプラン。契約期間3年間に加え、4年目以降も同じ月額料金3,600円で無制限プランを利用できる点もメリット。ドコモXi回線を無制限で使える、かつ安い月額利用料金のポケットWiFiルーターはシーモバイルがおすすめです!

月間データ通信容量5GB制限で低価格の月額料金!Cmobileプラス Xi Ⅲ

ポケットWiFiルーターのデータ通信量が少ない場合、シーモバイルの月間データ通信容量5GB制限プラン「Cmobileプラス Xi Ⅲ」もおすすめ。月額利用料金2,800円と無制限プランよりも安い価格でドコモ回線のポケットWiFiルーターを利用できる点がメリットで、定額の月額料金プランで継続利用できる点も魅力。
 
ただしデータ通信量が5GB以上で速度制限が発生、超過時から月末まで速度制限が続く点に注意が必要で、無制限プランと比較した際のデメリットです。

無制限プランも月間データ容量5GBプランも、ドコモのモバイルルーターよりも安い料金で同じドコモ回線を使えるポケットWiFiの点がシーモバイルの魅力。

契約期間3年、途中解約時の契約解除料・違約金が安い点もおすすめ

シーモバイルのポケットWiFi契約は3年間の自動更新契約で、契約満了後の37ヶ月目の更新月以外での途中解約には契約解除料・違約金が発生します。これはWiMAXなど他ポケットWiFiと同様ですが、契約解除料・違約金が一律9,500円と他ポケットWiFiサービスと比較して安い解約費用はおすすめ理由の1つ。

料金支払い方法はクレジットカードのみ、口座振替は非対応

シーモバイルの料金支払い方法はクレジットカードのみで、銀行の口座振替やデビットカードでの支払い方法には非対応の点に注意が必要。ドコモ回線を使える貴重なポケットWiFiサービス・シーモバイルですが、契約にはクレジットカードが必要で、口座振替を利用したい場合はドコモのモバイルルーター購入か、WiMAXやソフトバンク、どんなときもWiFiのポケットWiFi契約が必要です。

使用するポケットWiFiルーター機種・FS030Wは下り最大速度150Mbps

ポケットWiFiルーター・FS030W

シーモバイル(Cmobile)契約時に実質無料提供されるドコモ回線に対応可能なポケットWiFiルーター機種FS030W。連続通信時間20時間以上の大容量バッテリーと軽量・コンパクトなデザインがメリットで、富士ソフト株式会社製のモバイルWiFiルーター端末です。月間容量5GBプランも無制限プランも使うルーター機種は同じで、下り最大速度150Mbps対応の端末す。

ポケットWiFi・Cmobileを契約・申し込み後、最短翌日にモバイルルーター端末が発送され、送料も無料ですぐ使える点も魅力。

通信速度は下り最大150Mbps・上り最大50Mbpsとやや遅い点に注意

ドコモXi回線を使用可能なポケットWiFiルーター・FS030W機種の速度スペックは下り最大150Mbps・上り最大50Mbps対応。ソフトバンクLTE回線利用のポケットWiFiと同等の通信速度ですが、ドコモのモバイルルーター・Wi-Fi STATION HW-01Lや、WiMAXのモバイルルーターは下り最大速度1Gbps(1,000Mbps)以上の高速端末。比較して、ドコモ回線利用で安い料金のポケットWiFiでも、通信速度が遅いポケットWiFiルーターの点に注意が必要です。

友人紹介で1万円のキャッシュバックキャンペーン

シーモバイル(Cmobile)独自のキャンペーンが、1万円の友人紹介キャッシュバックキャンペーン。シーモバイル契約後、友人にサービス内容を紹介、友人がポケットWiFiを契約すればキャッシュバックキャンペーンの適用対象になります。
 
キャッシュバックキャンペーン特典受け取りにはポケットWiFi契約開始2ヶ月後にシーモバイルから送られるアンケートに回答が必要ですが、契約者本人と紹介した友人に合計1万円がキャッシュバックされるおすすめのキャンペーン。

繋がりやすいドコモ回線を使用するポケットWiFi、かつ月間無制限で低価格の料金プラン、またあまり知られていないポケットWiFiで、紹介すれば友人に喜ばれそうなキャッシュバックキャンペーンです!

シーモバイル(Cmobile)のポケットWiFi契約で注意が必要なデメリット

ドコモ(docomo)回線利用のポケットWiFi・シーモバイル(Cmobile)のメリットやおすすめポイントを紹介しましたが、無制限プランには絶対に注意が必要なデメリットも。契約・申し込み時に注意すべきデメリットとして以下の3点を紹介します。

3日間の通信容量・速度制限があり、無制限プランでも実質利用は最大20GB

月間通信容量無制限プラン契約中でも、直前3日間のデータ通信量に制限がある点はWiMAXなど他ポケットWiFiと同様ですが、ドコモ回線を使えるシーモバイルのデメリットが3日間のデータ通信容量制限が厳しい点。WiMAXや他ポケットWiFiは直前3日間のデータ通信量が10GB制限で、10GB以上使うと速度制限が発生します。
 
比較してドコモ回線利用のシーモバイルの場合、月間通信量無制限の使い放題プランは3日間の合計データ通信量2GB、月間データ容量5GB制限プランは3日間の通信量0.5GBまでで、超過時は速度制限が発生します。なお、この速度制限はポケットWiFiルーターの3日間のデータ通信量が2GB、0.5GBを下回ると自動解除されます。

ドコモ回線を利用するシーモバイルは月間通信量無制限のポケットWiFiとは言え、速度制限なしで使えるのは通信量20GBまで。実質は月間データ容量最大20GB制限プランのポケットWiFiである点が注意ポイント。

ルーター端末が割賦購入契約扱い、途中解約時に残債請求の場合も

シーモバイルではポケットWiFiルーター端末が実質無料提供ですが、実際は月額料金1,300円の分割払いの割賦購入契約で、同時に毎月1,300円割引で実質無料の形。契約期間3年間満了の場合は問題ない一方、ポケットWiFiを途中解約する場合は契約期間残月数×1,300円のモバイルルーター端末代金残債の請求に注意が必要です。

ポケットWiFiとタブレット・ノートPCのセットプランに注意が必要

ポケットWiFiルーターの契約と同時に、タブレット端末やノートパソコンが割引価格となるお得なセットプランもあるものの、本当にお得かは注意が必要なポイント。NEC製品のタブレットや東芝のノートPCをセット購入できるプランですが、その分ポケットWiFi・シーモバイルの月額料金が値上がり、3年間で7万円~10万円の費用負担に。個別購入する金額と比較して変わらず、お得な割引ではありません。

docomoユーザーの場合はドコモのモバイルWiFiルーターが良い?

docomoのロゴ注意の必要なデメリットの一方、ドコモ(docomo)Xi回線を割安な月額料金かつ無制限で使用できるポケットWiFi・シーモバイル(Cmobile)は、ドコモ回線に慣れたdocomoスマホ・携帯電話ユーザーにおすすめのポケットWiFiサービス
 
では、ドコモ公式のモバイルWiFiルーターと比較して、docomoユーザーにはどちらがおすすめのモバイルWiFiでしょうか?利用する場合の料金プランやメリット・デメリットを比較します。

ドコモの公式モバイルWiFiルーター端末・Wi-Fi STATION SH-05L

ドコモのモバイルWiFiルーター
下り最大通信速度988Mbps対応!
ドコモのモバイルWiFiルーター・docomo SH-05L

2019年11発売のルーター最新機種で、ドコモ(NTT docomo)公式オンラインショップなどで販売中のモバイルWiFiルーター端末・Wi-Fi STATION SH-05Lは、ドコモのLTE(Xi)回線やPREMIUM(プレミアム)4G回線に対応した下り最大速度988Mbpsのモバイルルーターで、光回線並みの高速データ通信が可能です。
 
付属のクレードルを使えばLANケーブルの有線接続も可能なモバイルWiFiルーター機種です。

ドコモのギガホプラン料金がCmobileと比較して高い点がデメリット

ドコモのモバイルWiFiルーター・Wi-Fi STATION SH-05Lの利用には月間データ通信量30GBまで可能なギガホプランなどの契約が必要ですが、同じドコモ回線使用のポケットWiFi・シーモバイル(Cmobile)の料金とドコモの料金の比較で、どちらがお得でしょうか?

ルーター最新機種・Wi-Fi STATION SH-05Lの高速通信は魅力ですがドコモに無制限プランは無く、ドコモのギガホ料金は高いのが特徴。比較してシーモバイルを契約する方法が安い料金でドコモ回線のポケットWiFiルーターを使ってインターネット通信を利用可能な方法。

ドコモのギガホ(月間データ量30GB)とCmobile無制限プランの料金比較

シーモバイル(Cmobile)の実質データ通信量最大20GBの月間無制限プラン月額料金と、ドコモ(docomo)の月間データ容量30GB・ギガホプランの料金を比較します。同程度のデータ通信容量でも、ポケットWiFi・シーモバイルならドコモのギガホ料金の約半額で済みます。

サービス ドコモ(NTT docomo) シーモバイル(Cmobile)
プラン ギガホ(月間データ容量30GB) C mobileプラス Xi 使い放題(無制限だが実質月間データ通信量は20GB)
月額基本料金 6,980円 3,600円

データプラスでスマホとデータ量をシェアできる点はdocomoユーザーのメリット

現在NTT docomo(ドコモ)で携帯電話やスマホを契約中のdocomoユーザーの場合、利用可能データ量をシェアするオプションでドコモの「データプラス」(月額料金1,000円)の申し込みも可能。
 
別途モバイルルーターは契約せず、現在のドコモのスマホや携帯電話の契約に1本化してギガホで利用可能なデータ量を有効利用でき、データ使用量によってはシーモバイル(Cmobile)の無制限プランと同程度の料金でポケットWiFiルーターを利用できる場合も。

ただし「データプラス」のシェアには月額1,000円のオプション料金がかかり、ドコモ(docomo)はデータ通信容量1GBあたりの料金が高いため、おすすめでありません。多くのdocomoユーザーにメリットが大きいのはドコモの携帯やスマホとポケットWiFi・シーモバイルの併用です。

シーモバイル(Cmobile)と他ポケットWiFi・WiMAXの無制限プラン比較

多くのdocomoユーザーにとって、ドコモのモバイルWiFiルーター契約と比較して同じドコモ回線利用のポケットWiFi・シーモバイル(Cmobile)が安い料金でおすすめですが、シーモバイルと他のポケットWiFiやWiMAXの無制限プランを比較した場合はどうでしょうか?
 
まずシーモバイルとWiMAXの月間通信量無制限の料金プランや利用するポケットWiFiルーター機種の速度を比較します。

無制限プランの月額料金比較~プロバイダ・Broad WiMAXの場合

ドコモ回線利用のポケットWiFi・シーモバイル(Cmobile)の月間無制限プランと、人気ポケットWiFi・WiMAXの月間通信無制限プラン・ギガ放題の月額料金を比較した場合、どちらがおすすめでしょうか?
 
WiMAXの場合、契約プロバイダで月額料金やキャンペーン内容が変わるため、ここでは当サイトのおすすめWiMAXプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の料金の場合で比較します。

ポケットWiFiサービス WiMAX
(Broad WiMAX)
シーモバイル(Cmobile)
料金プラン ギガ放題プラン(月間無制限) Cmobileプラス Xi 使い放題(月間無制限)
月額基本料金 3,411円 3,600円
キャンペーン ・最新機種を含む全端末無料
・WEB申し込み、かつ料金支払いがクレジットカードの場合、初期費用18,857円割引
・当サイト経由の申し込みでAmazonギフト券1万円プレゼントキャンペーン
・友人紹介で1万円キャッシュバックキャンペーン
※ルーター端末は実質無料
3日間でのデータ通信容量制限 10GB 2GB

WiMAXの無制限・ギガ放題プランは実質データ量100GBのポケットWiFi

月額基本料金の比較ではWiMAXが安い上、ドコモ回線利用のポケットWiFi・シーモバイルにある3日間で2GBの制限と比較して、WiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランの場合は3日間で10GBのデータ通信が可能
 
結果、ポケットWiFi・シーモバイルの月間無制限プランは月間データ通信量実質20GBなのと比較して、WiMAXのギガ放題は実質月間データ容量100GBまで無制限で利用できる点が大きな違い。

利用するモバイルルーター機種の速度比較~WiMAX2+とドコモ回線

シーモバイル(Cmobile)とWiMAXで使用するモバイルルーター機種で、各ポケットWiFiの通信回線速度を比較します。WiMAXのおすすめルーター端末はモバイルWiFiルーターの最新機種W06

2つのモバイルルーター機種の比較で最大の違いが、使用する通信回線と通信速度。高速インターネットを利用する場合、ドコモ回線のシーモバイルよりWiMAX2+とauの4G LTE回線が使えるWiMAXがおすすめ
ポケットWiFiサービス WiMAX シーモバイル(Cmobile)
モバイルルーター機種 W06 FS030W
製品イメージ WiMAX・W06 FS030W
メーカー Huawei(ファーウェイ) 富士ソフト
通信回線 WiMAX2+回線・au 4G LTE回線 ドコモXi(LTE)回線
通信速度 下り最大速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)/上り最大速度75Mbps 下り最大速度150Mbps/上り最大速度50Mbps
連続通信時間 約9時間 約20時間

auの4G LTE回線利用のハイスピードプラスエリアモードで高速通信に対応

WiMAXの対応エリアは日々拡大中ですが大都市エリアが中心。地方までサービスエリアが広がるドコモ回線利用のポケットWiFi・シーモバイルと比較して対応エリアがやや不安なWiMAXですが、モバイルルーター最新機種はauの4G LTE回線を利用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードに対応しています。
 
WiMAXのルーター端末の設定で通信モードをハイスピードプラスエリアモードに変更すれば、WiMAX2+の圏外エリアでもauの4G LTE対応エリアであればインターネット接続が可能です。ドコモ並みに対応エリアの広いauのLTEネットワークを利用できる点は、ポケットWiFi・WiMAXのおすすすめポイントの1つ。

またauのLTE回線を使うWiMAXのハイスピードプラスエリアモードは、下り最大速度867Mbpsでの高速インターネットが可能な点もメリット。

auユーザーの場合、スマートバリューmine割引が使えるWiMAXがおすすめ

auロゴさらにauの携帯・スマホを契約中のauユーザーの場合、料金が圧倒的にお得なWiMAXがおすすめ。auユーザーの場合はWiMAXの契約と同時にauスマートバリューmine割引を利用可能で、auの利用代金から月額最大1,000円が割引に。
 
auで契約中の料金プランによって、ギガ放題プランを月額料金2,000円台で利用できる可能性もある点がauユーザーのメリットで、ドコモ回線を使用するシーモバイルよりも安い料金で月間無制限のポケットWiFiを利用できます。

WiMAXでは料金・キャンペーン最新情報でのプロバイダ選びが重要

ポケットWiFi・WiMAXの契約で重要なのがプロバイダ選び。ドコモのモバイルWiFiルーターを契約する場合はドコモ、ドコモ回線を利用するポケットWiFiはシーモバイル(Cmobile)など契約先は1つですが、WiMAXの場合は無制限プランを契約できるプロバイダが20社以上
 
その上、プロバイダにより月間無制限・ギガ放題プランの月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容に違いがあり、また料金やキャンペーン内容が毎月変更されるため、最新情報での比較が必要です。

GMOとくとくBBなどのキャッシュバックキャンペーン特典に注意

GMOとくとくBBWiMAXプロバイダの中ではGMOとくとくBBの高額キャッシュバックキャンペーンが有名ですが、特典受け取りは利用開始1年後、また複雑な手続きが必要で失敗するとキャッシュバックキャンペーン特典を受け取れないリスクが注意点。

このため当サイトではGMOとくとくBBなどのキャッシュバックキャンペーンを利用したWiMAXの契約より、月間無制限・ギガ放題プランの月額料金が安いプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)をおすすめします。

まとめ:WiMAXが圏外ならドコモ回線のポケットWiFi・Cmobileもおすすめ

以上、ドコモ回線利用のシーモバイル(Cmobile)と比較して安い料金、かつ月間通信量無制限で(実質100GBまで使える)、通信速度も速いWiMAXが圧倒的におすすめのポケットWiFiサービス。
 
ただし自宅などの利用場所がWiMAXの圏外エリアの場合、ドコモのXi電波を受信可能なエリアであればシーモバイルはおすすめのポケットWiFi。ドコモのモバイルルーター契約よりも格安な料金でポケットWiFiを利用できます。

良質なドコモ通信回線を月間無制限(実質20GBまで)、かつ月額料金3,000円台で利用できるポケットWiFiの点がメリットのシーモバイルもおすすめです。

ドコモ回線にも対応したどんなときもWiFiのサービス内容も要確認

どんなときもWiFi一方、さらに安い月額料金でドコモ回線にも対応したポケットWiFi・どんなときもWiFiも要確認のおすすめサービス。シーモバイルとの最大の違いは、3日間のデータ通信量制限がなく、完全無制限で使える点で、また月額料金3,480円とお得な内容。
 
ドコモ回線だけでなく、au・ソフトバンクも含む3キャリアの回線を無制限で使用できるポケットWiFiで、日本全国の広いエリアで使える点もおすすめポイントです。

ドコモ回線利用の無制限ポケットWiFiを探す方に、どんなときもWiFiはおすすめのサービス。料金プランの詳細や利用者の口コミ・評判などをぜひ一度ご確認ください!
【おすすめの無制限ポケットWiFiは?】

2020年4月当サイト限定WiMAXキャンペーン

CTA-IMAGE 2020年4月現在、当サイト・WiMAX比較ナビと提携する「WiMAX比較.com」、WiMAX公式プロバイダ・Broad WiMAXが共同でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、またBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。
当サイト限定&期間限定の特別キャンペーンをお見逃しなく!
ドコモ回線対応の無制限ポケットWiFi
『どんなときもWiFi』の料金プランや評判・口コミ情報をチェック!