解説!ビックカメラのBIC WiMAXをおすすめしない理由やデメリット

解説!ビックカメラのBIC WiMAXをおすすめしない理由やデメリット

ビックカメラ

数あるWiMAXプロバイダの中でも比較的有名で契約者も多いビックカメラの「BIC WiMAX」。他のWiMAXプロバイダと同様、WiMAX2+通信回線を利用するインターネット接続サービスです。
 
全国のビックカメラ店舗店頭のほか、グループ会社のソフマップやコジマ店舗での契約・申し込みも可能。店頭に端末在庫があれば、即日契約でWiFiルーター端末を利用開始できるメリットがあり、おすすめのポイントです。一方、他のプロバイダ契約と比較してビックカメラ・BIC WiMAXの月額料金は高く、実質負担費用やキャンペーン面のデメリットに注意が必要。

このページでは、ビックカメラのBIC WiMAXの契約を検討中の方向けに、最新料金プランやキャンペーン内容を他のWiMAXプロバイダと比較した場合のメリット・デメリットを解説、契約・申し込み時の注意点のほか、利用者による評判・口コミ情報も紹介します。

ビッグカメラ・コジマ電気で契約できる「BIC WiMAX」の特典・メリット

BIC WiMAXビックカメラが提供するWiMAXプロバイダサービス「BIC WiMAX」はビックカメラの店舗店頭のほか、ソフマップやコジマ電気の店舗店頭でも契約できる点がメリット。ただし、サービス内容は他のWiMAXプロバイダが提供するWiMAX2+サービスと同様で、通信速度や対応エリアを比較しても同じです。
 
店舗・店頭で契約・申し込み可能なため、WiMAXのルーター端末を実際に触れたり、店頭のビックカメラ店員に質問できるほか、ルーター端末の在庫次第では契約・申し込み当日に端末を受け取り、ネットが開通可能な点もメリット。特に急ぎでWiMAXを申し込みたい場合、ビックカメラをおすすめする理由の1つです。

ビックカメラでは契約・申し込み即日にルーター端末受け取りが可能

ビックカメラやコジマ電気など、WiMAXサービスを取り扱う家電量販店の店頭でWiMAXを契約・申し込みする場合のメリットが、申し込み即日のルーター端末受け取り。ただし、店舗によりルーター端末の在庫状況が違ったり、混雑状況により設定作業に時間がかかる点に注意が必要ですが、希望機種のWiMAXルーター機器在庫があれば契約当日にビックカメラで開通・受け取りが可能です。

WiMAXのモバイルルーター最新機種が無料の点もおすすめポイント

ビックカメラやコジマ電気では、新規契約時にWiMAXのモバイルルーター最新機種が無料提供される点もメリットで、おすすめポイントの1つ。またWiMAXの利用が主に自宅の場合、据え置き型のホームルーター機器もおすすめです。

おすすめは下り最大速度867Mbps対応、2019年1月発売の最新機種W06

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

2019年6月現在のおすすめWiMAXルーターは、2019年1月発売のモバイルWiFiルーター最新機種で下り最大速度867Mbps、上り最大速度75Mbps対応のW06。USBケーブル接続での使用時は下り最大速度1.2Gbps対応のWiMAX史上最速ルーターで、ビックカメラでの契約・申し込みではW06も無料提供対象。
 
注意したいのがビックカメラの店頭でW06の在庫がない場合や、W06以外の古い機種の端末の方が割引やキャンペーン特典が多い場合。慌ててW06以外の古い機種のルーターで契約すると、WiMAXの利用開始後に回線速度が遅いなど不満を感じる原因にもなります。

2018年11月発売のNEC製・WX05端末やホームルーター機器も選べる
wx05
2018年11月発売!WiMAXルーター・WX05

ビックカメラでは2018年11月発売のNEC製モバイルWiFiルーター最新機種「Speed Wi-Fi NEXT WX05」端末を、WiMAX申し込み時に選ぶことも可能。ただし、WX05の通信速度は下り最大440Mbps、上り最大75MbpsとW06と比較して遅い点に注意が必要で、2019年6月現在の当サイトのおすすめは回線速度の速いW06端末です。
 
またWiMAXには自宅利用向けの据え置き型ホームルーター機器もありますが、ビックカメラではSpeed Wi-Fi HOME L02やWiMAX HOME 01などの最新機器も無料提供しています。

公衆無線LANサービス「Wi-Fi+プラスプレミアム」の無料オプション特典

Wi-FiプラスプレミアムビックカメラのBIC WiMAXを契約する特典の1つ、公衆無線LANサービス「Wi-Fi+プラスプレミアム」のオプション無料利用。契約後に利用可能なBIC WiMAXのマイページから申し込みするだけで、UQコミュニケーションズ提供の「UQ Wi-Fi」エリアや、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス提供の「Wi2」エリアで公衆無線LANのWiFiサービスを無料利用できる特典です。

東海道新幹線や地下鉄線内でもWiFi接続ができるUQ Wi-Fi

UQ Wi-Fiなどの公衆無線LANサービスのメリットが、自分のWiMAXルーター端末の通信量を増えすこと無く、WiFiでインターネット通信が可能な点。UQ Wi-Fiは東海道新幹線の車内や都営地下鉄線内、また全国の駅、空港、飲食店など対応エリアが広く、こうしたWi-Fiサービスを無料で利用できる点はビックカメラのWiMAXの契約特典。特に外出先でのデータ通信量が多い場合に、おすすめのオプションサービスです。

ビックカメラはauスマートバリューmine割引の適用対象プロバイダ

auロゴビックカメラでのWiMAX契約の場合に限った特典ではないものの、auのケータイ・スマホを契約中の場合、BIC WiMAXはauスマートバリューmineの適用対象プロバイダである点もメリットの1つ。auを契約中であればビックカメラでWiMAXを契約後、auスマートバリューmine割引を申し込みでき、最大月額1,000円がauの利用料金から割引されます。
 
多くのWiMAXプロバイダがこのauスマートバリューmine割引に対応していますが、一部プロバイダは対応していない点に注意が必要で、その点ではビックカメラのWiMAXは安心して利用できます。

2019年6月現在の料金プラン・キャンペーン~注意点とデメリット

ビックカメラのWiMAX契約にはいくつかの特典・メリットがあるものの、WiMAXのプロバイダ契約で最も重要なのは最新料金プランや利用できる割引やキャッシュバックなどのキャンペーン内容。特典・メリットが多数あっても、費用が高額では意味がありません。
 
結論では、ビックカメラでのWiMAX契約・申し込みで最も注意が必要なのが料金プランやキャンペーンで、2019年6月現在の最新情報で他のWiMAXプロバイダと比較すると、月額料金が高く、キャンペーン内容も魅力的ではない点がデメリット。ビックカメラでの契約・申し込みをおすすめしない最大の理由です。

ビックカメラ・BIC WiMAXの月額料金がUQと同様に高い点がデメリット

ビックカメラ・BIC WiMAXのデメリットの1つが、UQ WiMAXと同様、月額料金プランが他のプロバイダと比較して高い点。3年契約での実質負担総額は最安のWiMAXプロバイダよりも2万円~3万円高い点に注意が必要です。
 
そこでビックカメラが提供する2つの料金プラン(月間7GB制限プランと月間通信量無制限・ギガ放題プラン)の月額料金を、当サイトのおすすめプロバイダ・Broad WiMAXと、2019年6月現在の最新料金プランで比較しました。

月間通信量7GB制限プランの月額料金~Broad WiMAXとの比較

ビックカメラで月間通信量7GB制限プラン・BIC定額ツープラスを利用する場合と、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合とで最新の月額料金を比較すると、月々約1,000円、3年総額で3万円以上の料金差があり、Broad WiMAXの方が安い費用でWiMAXを利用できます。

ビックカメラ(BIC WiMAX) プロバイダ Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
BIC定額ツープラス プラン名 ライトプラン
3,696円 月額料金 2,726円
136,056円 契約3年の料金総額 101,062円
備考 2019年6月現在、当サイト限定Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーン実施中

月間無制限・ギガ放題プランの月額料金~Broad WiMAXとの比較

月間通信量無制限のギガ放題プランでも同様にBroad WiMAXの最新月額料金と比較すると、こちらもビックカメラのBIC定額ギガ放題プランの場合は月額約1,000円、3年総額で約3万円ほどWiMAXの料金が高いことが分かります。

ビックカメラ(BIC WiMAX) プロバイダ Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
BIC定額ギガ放題 プラン名 ギガ放題プラン
4,380円 月額料金 3,411円
158,628円 契約3年の料金総額 124,352円
最初の3ヶ月は月額料金が3,696円に割引 備考 2019年6月現在、当サイト限定Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーン実施中
どちらの月額料金プランでWiMAXを利用する場合も、ビックカメラでの契約は総額費用が高くなる点が注意の必要なデメリットで、料金面ではおすすめできないプロバイダなのです。

3年契約でLTEオプションを無料利用できる点は他プロバイダと同じ

ビックカメラやBroad WiMAX、また他のWiMAXプロバイダの多くで共通するのが、3年契約の場合はLTEオプションを無料利用できる点。LTEオプションは、auの4G LTE回線を使うハイスピードプラスエリアモードの利用に必要なオプションで、利用月のみ月額1,005円のオプション料金がかかります。

ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+回線の圏外エリアでもauのLTE回線対応エリアであれば、WiMAXのWiFiルーター端末を使ってインターネットに接続可能になる便利な通信モード。

ビックカメラでも他のプロバイダでもWiMAXの3年契約ではLTEオプションが無料で、ハイスピードプラスエリアモードを利用できます。ただし、ハイスピードプラスエリアモードには月間通信量7GBの通信制限があり超過すると速度制限が発生する点に注意が必要です。

商品券によるキャッシュバックキャンペーンがあるがお得ではない

ビックカメラ店頭で配布されているBIC WiMAXのパンフレットを見ると、最大50,000円の商品券によるキャッシュバックキャンペーンや、5,000円の割引・キャッシュバックキャンペーンが目を引きます。キャッシュバック金額が大きくお得に思えますが、内容を確認すると全くお得なキャンペーンではない点は注意が必要なビックカメラのデメリット。

家電製品購入で特典金額50,000円の商品券プレゼント

WiMAXの契約と合わせ、ビックカメラでパソコンやタブレットなどの家電製品を50,000円以上購入すると、最大50,000円の商品券がキャッシュバックされるキャンペーンがあります。欲しい家電製品が実質無料で手に入るように見えますが、実際は「WiMAXまとめてプラン」というオプションに加入するキャンペーンで、毎月の利用料金に1,547円のオプション料金が加算されます。
 
50,000円の商品券によるキャッシュバックがあるものの、毎月1,547円の追加費用を2年間(24ヵ月)ビックカメラに支払い続ける必要があり、実質は1万円程度の値引きキャンペーン。1万円程度の割引では、まだビックカメラの負担総額は他のWiMAXプロバイダと比較して高く、お得なキャンペーンとは言えません。

家電製品購入で5,000円の割引・キャッシュバックキャンペーン

もう1つ、WiMAXの契約と合わせてビックカメラで5,000円以上の家電製品を購入すると5,000円の割引・キャッシュバックがあるキャンペーンですが、こちらも同様で、ビックカメラのWiMAX総額料金から5,000円が割引されても高いことには変わりません

残念ながら、これら2つのキャッシュバックキャンペーンはビックカメラでのWiMAX契約メリットとなるようなお得なキャンペーンではありません

店舗ごとの割引キャンペーンを利用する方法も、ただし特典金額が不明

ビックカメラでは上記の商品購入に伴うキャッシュバックキャンペーン以外にも、各店舗ごとに個別に割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを実施している場合もある様子。
 
2019年6月、WiMAX比較ナビ編集部が独自にビックカメラの都内複数店舗で調査したところ、下記傾向がありました。

  • ビックカメラの店舗により、独自の5,000円~15,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施(ただし、店舗によりキャッシュバック額が違う)
  • 同じ店舗でも、WiMAXの契約・申し込み時期でキャンペーン金額が増減(同じ店舗でも時期によりキャンペーンを実施していない場合も)
  • (ヨドバシカメラやヤマダ電機など)競合店が近くにあるビックカメラの店舗ほどキャンペーン特典金額が多くなる傾向

もしビックカメラの店舗でWiMAXを契約・申し込みする場合、東京都内のような競合店が多いエリアの店舗での申し込みが、特典金額の大きなキャッシュバックキャンペーンを実施中の可能性が高くておすすめ。ただし調査の結果、最大でも15,000円のキャッシュバックキャンペーンがある程度。料金面では他のWiMAXプロバイダ契約がおすすめです。

いずれも実際にビックカメラの店舗を訪れて確認しない限りキャッシュバックキャンペーン特典金額が不明で、お得な料金で契約をするには時間や手間が必要な点もデメリットです。

その他、他のプロバイダとのサービス内容の比較

料金プランやキャンペーン内容以外に、サポート体制や機種変更などの各種サービス内容についてビックカメラのBIC WiMAXと他のプロバイダを比較します。

ビックカメラの電話での問い合わせサポート体制や受付時間は十分

ビックカメラのBIC WiMAXでは「BIC WiMAX SERVICE お客様サポートセンター」にて電話またはメールでの問い合わせに対応しており、他のWiMAXプロバイダと比較して受付時間も十分に長く、サポート体制には安心できます。

<電話での問い合わせ先>
ビックカメラ BIC WiMAX SERVICE お客様サポートセンター
電話番号:0120-99-5151
受付時間:9:00~21:00(年中無休)

各種手続きのためのマイページもあるが、解約の場合は電話・郵送のみ

プラン変更の手続きやオプションの追加加入などの各種手続きは、ビックカメラのBIC WiMAXを契約後に利用できるマイページで申請が可能。ただし、解約手続きの場合は「BIC WiMAX SERVICE お客様サポートセンター」への電話、もしくはWEBサイトから解約届をダウンロードして郵送する必要があり、マイページからの解約手続きはできません。

BIC WiMAXの解約金・更新月の考え方は他のプロバイダと同じ

BIC WiMAXの途中解約に伴う解約金は他のプロバイダと比較して大きな違いは無く、契約1年目の途中解約には19,000円の契約解除料が、2年目の場合は14,000円、3年目以降の場合は9,500円がそれぞれかかります。また違約金の発生しない更新月は、3年契約の場合、契約開始の翌月を1ヶ月目として37ヶ月目です。

通信回線や対応エリア、速度制限はUQ WiMAXなど他プロバイダと同じ

UQ WiMAXのロゴ
WiMAXプロバイダの「本家」
UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

WiMAXには20社以上のプロバイダがありますが、その本家UQ WiMAXも他のプロバイダも、ビックカメラのBIC WiMAXのサービスも、すべて同じWiMAX2+通信回線を利用したインターネット接続サービス。同じ回線を利用するインターネット通信である以上、対応エリアや通信回線速度に違いはなく、すべてのプロバイダで共通です。
 
またハイスピードプラスエリアモードの通信量7GB制限や、ギガ放題プラン利用中でも注意が必要な3日間で10GBまでの通信制限、これらを超過した際の速度制限などもUQ WiMAXをはじめとする各プロバイダ間で共通で、これらの点はビックカメラと他のプロバイダの比較ポイントにはなりません

ビックカメラや他のWiMAXプロバイダを比較した際の違いは月額料金やキャンペーン内容のみで、それ以外はほぼ同じ内容のサービスです。

契約期間により無料で最新端末に変更できる機種変更サービスも提供

WiMAXプロバイダには一部、ルーター端末の機種変更サービスを提供していないところもありますが、ビックカメラのBIC WiMAXでは機種変更可能な点がおすすめのメリット。契約期間22ヶ月以上経過で無料で最新機種に機種変更ができるほか、端末代金がかかるものの契約期間が22ヶ月未満でも変更可能です。
 
ビックカメラの機種変更手続き方法はUQ WiMAXの公式サイトで行う形となり、機種変更後の端末もUQコミュニケーションズから購入します。

ビックカメラでWiMAXを個人契約された方の評判・口コミ情報

料金・キャンペーン面では他のWiMAXプロバイダと比較してデメリットが多いビックカメラのWiMAXですが、実際に個人契約中の方による評判や口コミ情報を確認してみました。

金額15,000円の値引きキャンペーンは嬉しいとの口コミ情報も

あまりWiMAXの料金比較をしていないと、ビックカメラの店舗を訪問、その場で「15,000円値引き!」と言われると安いと感じてしまう様子。キャンペーンを利用して申し込み、15,000円分の買い物ができて満足との口コミ情報も。ただし15,000円程度の値引きキャンペーンなら他社のWiMAX契約の方が、さらに安い費用でWiMAXを利用できます。

契約・利用中の方からはビックカメラの料金が高いとの評判も

BIC WiMAXを利用し続けているとビックカメラの月額料金が割高なことに気づかれるようで月額料金面では良くない評判も。更新タイミングで解約して、他のWiMAXプロバイダに乗り換える方も多そうです。

※ビックカメラでのWiMAX契約の評判や口コミ情報は、随時更新・追加します。

まとめ:ビックカメラでのWiMAX契約をおすすめできない理由

ここまで、ビックカメラのBIC WiMAXサービスの料金プランやキャンペーン内容の解説、注意点やデメリット、評判・口コミ情報を紹介しました。

まとめると、ビックカメラのWiMAXを利用するメリットとして即日開通やWi-Fiオプションサービスの無料利用などがあるものの、月額料金プランやキャンペーンが他のWiMAXプロバイダと比較してお得ではない点に注意が必要で、ビックカメラでの契約をおすすめできない最大の理由です。

ビックカメラ以外のWiMAXプロバイダと比較すると、特典金額最大4万円のキャッシュバックキャンペーンのあるGMOをとくとくBBや、割引価格の安い月額料金でWiMAXを利用できるBroad WiMAXなどがおすすめです。

ルーター即日発送も!キャッシュバックキャンペーンのGMOとくとくBB

GMOとくとくBBビックカメラ店舗店頭での値引きと比較して高額キャッシュバックキャンペーンが魅力のGMOとくとくBB。特典金額最大4万円のキャッシュバックキャンペーンがあり、また契約・申し込み即日でのルーター端末発送にも対応する人気プロバイダです。当然、ビックカメラと比較して安い費用でWiMAXを利用可能です。
 
ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは受け取り手続き方法が複雑、かつキャンペーン特典の振込が契約開始の約1年後と遅い点は注意が必要なデメリット。

店舗での端末受け取りも可能!月額料金の安いBroad WiMAX

一方、当サイトおすすめのWiMAXプロバイダ・Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は、キャッシュバックキャンペーンは無いものの、WiMAXの月額料金が安いことで人気。Broad WiMAXであれば、月間通信量無制限のギガ放題プランを月額料金3,411円で利用できます。

また特に急ぎでWiMAXの契約・申し込みをする場合、ルーター端末の即日店舗受取りも可能なBroad WiMAXはおすすめ。2019年6月中なら、当サイト限定のAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンも利用して、お得な料金でWiMAXを契約できます。
 
これを機会にぜひ、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の詳細情報やおすすめ理由をご確認ください!

【当サイト限定キャンペーンも!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/6/30までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!