無制限・お得な料金~auユーザーのポケットWiFiはWiMAX!

無制限・お得な料金~auユーザーのポケットWiFiはWiMAX!

auユーザーにおすすめのポケットWiFi

あなたが現在、auのケータイやスマホと契約があるユーザーであれば、間違いなくおすすめのポケットWiFiはWiMAX。少し極端かも知れませんが、それくらいauユーザーとWiMAXサービスの相性は良く、月間通信量無制限のポケットWiFi・WiMAXをお得な料金で利用できます。
 
そもそもWiMAXはauの公式ポケットWiFiサービスで、月間通信量無制限のギガ放題プランやauユーザーだけのお得な料金割引特典・スマートバリューmineなどが特徴のサービス。WiMAX以外のソフトバンクやドコモのポケットWiFiを比較・検討する必要がないほどのメリットが、auユーザーにはあります。
 
このページではWiMAXとauのポケットWiFiの関係を詳しく紹介、auユーザーにWiMAXの契約をおすすめする理由、最安料金でのWiMAX契約方法としてauショップではなくネット契約可能なプロバイダ利用がおすすめの理由を解説します。

料金最安かつ月間無制限!auのポケットWiFi・WiMAX

auユーザーなら、他のどのポケットWiFiと比較してもWiMAXがおすすめ
そう言い切れるほど、auとWiMAXには深い関係があります。ポケットWiFi・WiMAXを運営するUQコミュニケーションズは、auと同じKDDIのグループ企業というのが1つの理由。auユーザーの場合、最安料金で利用できる無制限のポケットWiFiはWiMAX以外に無いのです!

auの公式ポケットWiFi(データ通信端末)はWiMAX

そもそもauが公式に提供するポケットWiFi(データ通信端末)サービスがWiMAXであり、全国のauショップ店頭でポケットWiFi・WiMAXの契約・申し込みが可能です。
 
他の通信キャリア(ソフトバンクやドコモ)はそれぞれ独自のポケットWiFi・データ通信端末サービスを提供しているのと比較して、auはグループ企業・UQコミュニケーションズのポケットWiFiサービスを公式としている点で違いがあるとも言えます。

WiMAXを運営するUQコミュニケーションズとauは同じKDDIグループ

kddi通信事業やインターネット関連事業を手掛けるKDDIグループには、auを運営するKDDI株式会社と多数のグループ企業が含まれ、WiMAXを運営するUQコミュニケーションズ株式会社もその1社。
 
UQコミュニケーションズはWiMAX・WiMAX2+の通信回線を管理、プロバイダサービス・UQ WiMAXの運営会社でもあります。au(KDDI)とUQコミュニケーションズは同じグループ会社で密接な関係にあるのです。

ちなみに、WiMAXプロバイダとしても有名なビッグローブ株式会社(BIGLOBE)もKDDIグループ。同じグループにWiMAXのプロバイダサービスを提供する会社がau、UQ WiMAX、BIGLOBEと3社あります。

他社ポケットWiFiと料金・速度を比較~auユーザーへのおすすめはWiMAX

Softbank(ソフトバンク)やdocomo(ドコモ)もポケットWiFiサービスを提供していますが、auの公式ポケットWiFi・WiMAXと月額料金や通信速度を比較すると、WiMAX以外はそもそも無制限プランが無かったり、無制限プランがあっても月額4,000円以上などWiMAXと比較して高額なポケットWiFi。
 
また通信速度の比較でも他のポケットWiFiと比較してWiMAXのルーター最新機種の速度は最速。auユーザーにとって圧倒的にお得な料金で利用可能なおすすめのポケットWiFiはWiMAXなのです。

主要ポケットWiFiサービスの月額料金・通信速度の比較(2019年3月)

下記の比較一覧からもauのポケットWiFi・WiMAXは通信速度が速く、お得な月額料金で利用できるサービスであることが明らか。auユーザーの場合、月間通信量無制限のポケットWiFi・WiMAXのギガ放題プランを月額2,000円台の安い料金で利用できる場合もあります。

ポケットWiFiサービス 月額料金 通信回線速度 主な使用ルーター機種
auポケットWiFi(WiMAX) 2,726円(月間容量7GB)
3,411円(月間通信量無制限・ギガ放題プラン)
※さらにauユーザは月額最大1,000円割引
下り最大速度867Mbps
(有線接続時は下り最大速度1.2Gbps/auの4G LTE回線とWiMAX2+回線)
W06、WX05、L02など
ドコモ(docomo) 6,000円
※月間20GBのパケットパック(ウルトラデータLパック)
受信時最大速度788Mbps(ドコモ回線) Wi-Fi STATION N-01J
シーモバイル(Cmobile) 3,600円
※月間無制限プラン/ただし3日間2GB以上で速度制限、実質月間20GBまで
受信時最大速度150Mbps(ドコモ回線) 富士ソフト・FS030W
ソフトバンク 3,696円
※月間容量7GB・4G LTEデータし放題フラットプラン
下り最大速度612Mbps(ソフトバンクLTE回線) Pocket WiFi 601HW
Yahoo! Wi-Fi・Y!mobile(ワイモバイル) 4,380円
※料金はYahoo! Wi-Fiの3年契約たっぷりプラン(月間容量7GB)+アドバンス(無制限)オプションで、アドバンスモード通信のみ無制限
下り最大速度612Mbps(ソフトバンクLTE回線) Pocket WiFi 601ZT

Softbank(ソフトバンク)のポケットWiFiはYahoo! Wi-FiやY!mobile

Softbank(ソフトバンク)の場合、自社のモバイルデータ通信サービスのほか、Yahoo! Wi-FiやY!mobileなどのブランドでもポケットWiFiサービスを提供中。ただし携帯電話やスマホでソフトバンクと契約がある場合もYahoo! Wi-FiやY!mobileを割引料金で利用できず、それぞれ独立のサービス。当然、auユーザーがソフトバンク系のポケットWiFiを契約しても特典はありません。
 
なおソフトバンク回線のポケットWiFiには無制限プランがありませんが、アドバンスモードと呼ばれる特殊な通信のみが月間通信量無制限で利用できるアドバンスオプションがあります。

docomo(ドコモ)は自社でモバイルWiFiルーターサービスを提供

docomo(ドコモ)の場合、直接NTT docomoが提供するモバイルルーター端末があります。これはドコモのLTE通信回線利用のポケットWiFiサービスで、専用ルーター端末経由でインターネット接続が可能なほか、全国にスポットがあるdocomo Wi-Fiも利用可能
 
ただしパケット料金が高い上に無制限プランも無く、特にデータ通信量が多い場合、料金が割高な点がドコモのポケットWiFiルーターサービスのデメリット。
 
一方、同じドコモ回線を利用するポケットWiFi・Cmobile(シーモバイル)には月間通信量無制限プランがあり、安い月額料金で利用可能でおすすめです。

無制限で実用的なポケットWiFiがWiMAXの他に無い

auのポケットWiFi・WiMAXと他社のポケットWiFiを比較した際の特徴が、月間通信量無制限の料金プラン・ギガ放題プラン。他のポケットWiFiと比較して月額料金が安い上、3日で10GBまでの通信量制限はあるものの、月間通信量の制限なし(無制限)で利用可能なポケットWiFiがWiMAXのギガ放題プランです。

この通信量無制限・ギガ放題プランがさらに割引され、よりお得な料金で利用できる点が、auユーザーに他のポケットWiFiと比較してWiMAXをおすすめする理由です。

Yahoo! Wi-FiやYmobile(ワイモバイル)の月間無制限プランに注意

他のポケットWiFiでは、Yahoo! Wi-FiやY!mobileなどソフトバンクLTE回線利用のポケットWiFiで月間通信量無制限オプション「アドバンスオプション」を利用可能。ただし、これはアドバンスモードと言う特殊な通信が無制限となるオプションで、通常の通信モード・ソフトバンクLTE回線を使う通信は月間通信量7GBなどの制限がある点に注意が必要です。

現時点ではアドバンスモード対応エリアが限定的で、ソフトバンク系ポケットWiFiの通信量無制限プランは実用的では無い様子。比較してWiMAXのギガ放題は広いエリアでWiMAXの高速インターネット通信を無制限利用できる点がメリット。

WiMAXの月間無制限・ギガ放題プランは3日間で10GBまでの通信制限

他のポケットWiFiと比較しても魅力的なWiMAXの月間通信量無制限・ギガ放題プランですが、直前3日間での通信量は10GB制限、10GB以上になると速度制限が発生する点には注意が必要。
 
速度制限とは言え、制限中でも通信速度1Mbpsでネット利用が可能、制限時間も夜間のみと比較的緩やかですが、あくまでギガ放題プランは月間通信量が無制限である点が注意点。なお同様の制限はYahoo! Wi-FiやY!mobileなど他のポケットWiFiにもあり、WiMAXに限ったデメリットではありません。

auの4G LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモード通信

WiMAX下り最大速度1237mbpsの仕組み
WiMAXはハイスピードプラスエリアモードで下り最大速度1.2Gbps(1,237Mbps)の高速通信が可能

auと、auの公式ポケットWiFi・WiMAXは、サービス・通信インフラ面でも密接な関係にあるのも特徴。例えばWiMAXの通信モードの1つ「ハイスピードプラスエリアモード」はauの4G LTE回線を利用する通信モードです。
 
WiMAX・WiMAX2+回線の電波が圏外のエリアでも、auの4G LTE対応エリアであればWiMAXのポケットWiFiルーター端末を使ってインターネット通信が可能で、ハイスピードプラスエリアモードではWiMAX2+通信回線とLTE回線を同時に利用、下り最大速度867Mbps(有線接続時は下り最大速度1.2Gbps)の高速通信が可能。

数あるポケットWiFiの中で比較して、auのポケットWiFi・WiMAXこそ最速のサービスです!

ポケットWiFi・WiMAXの3年契約でauのLTE回線使用のオプションが無料

WiMAXも他のポケットWiFiも最近では契約期間は3年間が主流ですが、WiMAXの場合、3年契約の特典としてauのLTE回線を使うハイスピードプラスエリアモードを使用するためのオプション・LTEオプションが無料
 
WiMAXの2年契約ではハイスピードプラスエリアモード使用月のみ月額1,005円のLTEオプション料金が請求されましたが、3年契約では無料となり、auのLTE回線をさらに利用しやすくなりました。

ただし、ハイスピードプラスエリアモード利用は月間7GB制限。ギガ放題プラン契約中でもデータ通信量が無制限ではない点に注意が必要です。

下り最大速度867Mbps対応のモバイルルーター最新端末がおすすめ

WiMAXモバイルルーターW06
下り最大速度867Mbps対応!
WiMAXモバイルWiFiルーター最新機種W06

なお、auの4G LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードや下り最大速度867Mbpsでのインターネットを利用するには、それに対応したWiMAXのモバイルルーター端末を選ぶ必要があります。
 
2019年3月時点でのおすすめ機種は2019年1月発売の最新機種、モバイルルーター端末W06。Huawei製のルーター端末で下り最大通信速度867Mbps(USBケーブル接続時は下り最大速度1.2Gbps)、上り最大通信速度75Mbps対応の端末です。

電波の圏内・圏外などサービスエリアはUQ WiMAXホームページで確認

au(KDDI)の公式ポケットWiFiとは言え、WiMAXサービスを直接管理・運営するのはUQ WiMAXで、WiMAXの対応エリアなどの情報はすべてUQ WiMAXと同じ情報を確認します。WiMAXサービスについて言えば、UQコミュニケーションズが本家で、auは代理店のような関係。
 
実際にWiMAX・WiMAX2+のエリア最新情報は、auのホームページからUQ WiMAXへのリンクがあり、UQ WiMAXのホームページにあるサービスエリアマップで電波の圏内・圏外エリアを確認するようになっています。

WiMAXの料金がスマートバリューmine割引でさらにお得に

スマートバリューmine

auユーザーのポケットWiFiにWiMAXをおすすめする最大の理由はスマートバリューmineの割引制度。この割引が無くても他のポケットWiFiと比較して、月間通信量無制限など十分魅力的なWiMAXですが、auユーザーはさらにお得な料金でWiMAXを利用できます。

auスマートバリューmineの概要と申し込み方法

auスマートバリューmineとは、auのケータイやスマホを利用中の方がポケットWiFi・WiMAXを契約すると、契約中のauケータイ・スマホの利用料金から月額最大1,000円が割引される制度です。
 
スマートバリューmineの申し込み方法ですが、auショップ店頭またはKDDIお客さまセンターへの電話で申し込み可能です。ただし、auショップでの手続きには本人確認書類や印鑑の持参が必要です。

割引金額は契約中のケータイ・スマホの料金プランで変動

ポケットWiFi・WiMAXとのセット加入による割引金額は月額最大1,000円で、契約中のauケータイ・スマホの料金プランにより割引金額が変わります。またスマートバリューmineの割引適用は申し込み翌月から。当月や過去の請求分には適用されない点に注意してください。

スマートバリューmineによる携帯電話・スマホ料金の割引金額の例

契約中の携帯電話・スマホの料金プラン 割引金額
auフラットプラン20/30 月額1,000円
auピタットプラン(2GB~) 月額1,000円
auピタットプラン(1~2GB) 月額500円
auピタットプラン(~1GB) 割引対象外
データ定額5(ケータイ) 月額934円
データ定額2/3(ケータイ) 月額734円
データ定額1(ケータイ) 月額500円

auショップでポケットWiFiを契約しなくても割引は適用可能

重要なのは、このauスマートバリューmineはau以外のWiMAXプロバイダでポケットWiFiを契約した場合も利用可能な点。auケータイ・スマホの契約さえあれば、ポケットWiFi・WiMAXの契約はauのWEBサイトやauショップ以外のプロバイダでも問題ありません。

スマートバリューmine非対応のWiMAXプロバイダに注意

注意したいのは一部WiMAXプロバイダがauスマートバリューmineの適用に非対応である点。当サイトでおすすめの主要WiMAXプロバイダはすべて対応していますが、安い月額料金で人気のカシモワイマックス、月額料金割引キャンペーンが魅力のDTI WiMAX、novas WiMAX(ノバ・ワイマックス)といったプロバイダは、この割引の対象外。

上記以外にも非対応のプロバイダがある可能性もありますが、当サイトのWiMAXプロバイダおすすめランキング上位のプロバイダはすべて対応していることを確認済みです。

料金が高い!auショップでのポケットWiFi契約を避けるべき理由

auユーザーのポケットWiFiサービスにWiMAXがいかにお得でおすすめかを紹介しましたが、少し矛盾するのがポケットWiFi・WiMAXを最安料金で契約する方法はauショップ「以外」での申し込み方法である点。
 
店頭の店員さんと会話してWiMAXの疑問を払拭したり、安心して契約・申し込みしたい方もいそうですが、料金面で他プロバイダと比較して高額なため、auショップはおすすめではないのです。

ここからは同じauのポケットWiFi・WiMAXの契約でも、auショップでの契約を避けるべき理由を説明します。

ポケットWiFi・WiMAXをauで申し込みする場合の料金プラン

auの公式ポケットWiFi・WiMAXは全国のauショップで契約でき、月間通信量7GB制限プラン、月間通信量無制限のギガ放題プランのどちらも申し込み可能なものの料金は高額。WiMAXプロバイダの中でも安い月額料金でおすすめのBroad WiMAXと料金プランを比較してみます。

月間通信容量7GB制限プランでのau・Broad WiMAXの月額料金比較

Broad WiMAXと比較して月額料金で1,000円近くauは高く、契約期間3年間の実質費用総額で数万円の料金差。逆にBroad WiMAXで申し込み、auスマートバリューmine割引を適用すれば月額1,000円台でポケットWiFi・WiMAXを利用できる場合もあります。
※下記はauスマートバリューmine適用前の料金で計算しています。

WiMAXプロバイダ au Broad WiMAX
プラン名(月間7GB制限) WiMAX2+ フラット for DATA ライトプラン
月額料金(最初の24カ月) 3,696円 2,726円
月額料金(25カ月目以降) 4,196円 3,326円
その他のキャンペーン 無し 当サイト限定Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン

月間無制限・ギガ放題プランでのau・Broad WiMAXの月額料金比較

WiMAXでおすすめの月間通信量無制限・ギガ放題プラン。こちらもBroad WiMAXと比較して約1,000円高いのがauの月額料金。またBroad WiMAXにはAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンがあり、月間無制限プランもauでのポケットWiFi契約は実質数万円損することに。
※下記はauスマートバリューmine適用前の料金で計算しています。

WiMAXプロバイダ au Broad WiMAX
プラン名(月間無制限) WiMAX2+ フラット for DATA EX ギガ放題プラン
月額料金(最初の24カ月) 4,380円 3,411円
月額料金(25カ月目以降) 4,880円 4,011円
その他のキャンペーン 無し 当サイト限定Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン

キャンペーンのあるWiMAXプロバイダが料金面でおすすめ

上記のBroad WiMAX以外にも、auショップ店頭での申し込みと比較して、月間7GBプランも月間通信量無制限・ギガ放題プランも安い料金でポケットWiFi・WiMAXを契約でき、スマートバリューmineも利用できるプロバイダが多数あります。他のWiMAXプロバイダではキャッシュバックなどのキャンペーンがあるのと比較して、auにはキャンペーンが無いため高いのです。

数万円のキャッシュバックキャンペーン特典もあるGMOとくとくBB

数あるWiMAXプロバイダの中でもGMOとくとくBBは、特典金額最大4万円以上のキャッシュバックキャンペーンが人気でおすすめ。また、GMOとくとくBB以外にもBIGLOBEやniftyなどのWiMAXプロバイダがキャッシュバックキャンペーンを実施中です。
 
またキャッシュバック以外でも月額料金の割引キャンペーンがあるプロバイダもあり、auでWiMAXを契約する方法以外にも料金プランやキャンペーンの選択肢が多いのです。

一方、auで契約しても特に割引やキャッシュバックキャンペーンなどが無く、ポケットWiFi・WiMAXの負担料金は他のプロバイダで契約する場合と比較して高くなります。

auスマートバリューmineを活用すればキャンペーン特典金額に加えてさらに安い実質負担料金でプロバイダ契約が可能な点も、au以外のWiMAXプロバイダをおすすめする理由です。

NEC製ルーター機種を選べない点もauでのポケットWiFi契約のデメリット

auでポケットWiFi・WiMAXを直接契約する方法の料金以外のデメリットがルーター機種選びの幅が狭い点。auで申し込み可能なのがHuawei製のポケットWiFiルーター端末(W06やW05など)のみで、NEC製のWiMAXモバイルルーター端末(WX05やWX04)は選べません。

2018年12月発売のNEC製モバイルルーター最新端末WX05

wx05
2018年11月発売!WiMAXルーターWX05

特にNEC製のWiMAXルーター機種・WX05は2018年11月発売の最新機種。下り最大速度440Mbps対応とHuawei製の最新機種W06と比較して遅いものの、バッテリーの持ちが良く、連続通信時間が長い点が特徴で、WiMAXユーザーには根強い人気もあります。NEC製ルーター機種を検討できない点はauで直接申し込む場合のデメリット。

唯一のメリットは解約金が他のWiMAXプロバイダよりも安い点

auでポケットWiFi・WiMAXの申し込みを行うメリットを強いてあげるならば、解約金・契約解除料が他プロバイダと比較して安い点。WiMAXプロバイダで一般的なのは契約初年度の途中解約に伴う解約金が19,000円、その後契約期間に応じて解約金額が下がり、契約3年目の解約の場合は9,500円という設定。
 
比較してauの場合は、更新月を除く契約期間のどの時点で途中解約しても解約金は一律「9,500円」の設定。他のWiMAXプロバイダと比較してややポケットWiFiを途中解約しやすい点はメリットかもしれません。

プロバイダ比較のポイントは料金やキャッシュバックなどのキャンペーン

以上、auとポケットWiFi・WiMAXにまつわるトピックスの紹介とともに、auユーザーにおすすめのポケットWiFiが、お得な料金で月間無制限のWiMAXである理由を説明しました。
 
WiMAXの契約先がauでも他のプロバイダでも利用するのは同じWiMAX2+通信回線を使うインターネット接続サービス。このため通信速度や対応エリア、またギガ放題プランを契約すれば月間通信量無制限のポケットWiFiである点は、どこで契約しても同じです。

つまりポケットWiFi・WiMAXをどのプロバイダで契約するか、比較ポイントは月間無制限・ギガ放題プランの料金やキャッシュバックなどのキャンペーン。結論としてauユーザーのみなさんにはWiMAXの利用がおすすめですが、auショップでの契約は料金がお得でないためおすすめしません

WiMAXの契約・申し込みの前に、一度WiMAXプロバイダ各社の月間無制限・ギガ放題プランの料金やキャンペーン情報の確認・比較がおすすめ。当サイトでは、2019年3月に各WiMAXプロバイダが実施中のキャンペーンや最新料金プランをもとに最安プロバイダをランキング形式で紹介中。ぜひご確認ください!

【最新のおすすめプロバイダはどこ?】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
2019/3/31までの期間限定キャンペーン!
Broad WiMAXへの申し込みでAmazonギフト券1万円分プレゼント!