【完全版】WiMAX2+の通信速度(ルーター・エリア・実測比較)

【完全版】WiMAX2+の通信速度(ルーター・エリア・実測比較)

遅いの?速いの?

現在、WiMAX2+の契約を検討中の場合も、利用中の場合にも重要な通信速度。
 
せっかくルーター端末を入手しても、遅い実測通信速度では意味が無いもの。ただ、WiMAX2+の速度は年々100Mbpsペースで向上中で、今や遅い訳がない!というほど。それでも実測速度が遅いと感じるなら、ルーターの使い方やエリアに問題があるか、制限が発生している可能性も。
 
このページでは、WiMAXやWiMAX2+の速度や制限、ルーター端末にまつわるトピックスを解説、あわせてWiAMX2+利用者による実測速度のレビューや口コミも紹介し、WiMAX2+の速度を幅広く確認していきます。

上りも下りも年々スピードアップ!WiMAXの実測通信速度

2009年のWiMAXサービス開始に続き、2013年にはWiMAXと比較して下り速度が2倍以上に高速化したWiMAX2+サービスが開始され、年々高速化しているポケットWiFi・WiMAX。
 
特にここ数年、WiMAX2+の通信速度は飛躍的に向上。下り最大速度は1年に約100Mbpsのペースでスピードアップしており、今後2~3年で下り最大1Gbps、光回線と同レベルの速度に到達しそうな勢いです。当然、WiMAX2+の実測速度も大きく向上しています。

WiMAX2+の下り通信速度は毎年100Mbpsペースで向上

特に2015年以降、WiMAX2+では毎年何らかの形で速度の大幅な改善・向上が公表されています。2015年当時は下り最大220Mbpsで業界最速と評判だったのが、2017年にWiMAX2+の下り最大速度は558Mbpsと3年間の速度アップは300Mbps以上!今後も通信速度の向上を大きく期待できるWiMAX2+なのです。

WiMAX・WiMAX2+通信速度の変遷(2009年~2017年)

対応時期 対応時点での最大速度 備考
2009年7月 下り最大40Mbps 初期のWiMAX通信サービス開始時の対応速度
2013年10月 下り最大110Mbps 初期のWiMAXに加え、新たにWiMAX2+による通信サービス開始時の対応速度
2015年3月 下り最大220Mbps キャリアアグリゲーション(CA)技術(複数の電波を同時に使用して通信する技術)を導入
※これ以降、2015年10月にWiMAX2+による下り最大220Mbpsが全国化、WiMAXは13.3Mbpsに減速
2016年7月 下り最大370Mbps
※auの4G/LTE回線を利用せず、WiMAX2+のみでの下り最大速度は220Mbpsのまま
ハイスピードプラスエリアモードに対応したルーター「Speed Wi-Fi NEXT W03」の販売開始により実現
2016年12月 下り最大440Mbps 従来のCA技術に加え4×4 MIMO技術(データを送信する基地局と受信するルーターのそれぞれに4本のアンテナを搭載、複数のデータを同時に送受信することで高速化)を導入、モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」の販売開始と同時に対応
2017年9月 下り最大708Mbps
※auの4G/LTE回線を利用せず、WiMAX2+のみでの下り最大速度は558Mbps
従来のCA技術と4×4 MIMO技術に加えて、一度に送信できるデータ量を増加できる256QAM変調方式を組み合わせることで実現
2018年4月 下り最大758Mbps
※auの4G/LTE回線・ハイスピードプラスエリアモード利用時
モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04・W05」のファームウェアアップデートにより実現

WiMAX2+とauの4G/LTEで下り最大758Mbps、上り最大112.5Mbps

下り最大速度758Mbps
ハイスピードプラスエリアモードでは下り最大758Mbpsの高速通信が可能

さらに注目が、auの4G/LTEネットワークとWiMAX2+回線を同時に利用して通信をするハイスピードプラスエリアモード。通常のWiMAX2+を使ったハイスピードモードでは下り最大速度558Mbps、上り最大速度30Mbpsのところ、ハイスピードプラスエリアモードでは下り最大758Mbps、上り最大112.5Mbpsまでアップします。
 
auの4G/LTE利用で上り速度は約3倍以上に上がり、写真をSNSにアップしたり、重たいファイルをアップロードする際の速度が大きく向上。auとWiMAX2+を運営するUQコミュニケーションズが同じKDDIグループであり、今後も両社のシナジーによる改善効果を期待できそうです。

WiMAX回線利用のノーリミットモードは低速化、2020年停波予定

WiMAX2+の速度が飛躍的に向上する一方、古いWiMAX回線を利用する通信モード・ノーリミットモードの通信速度は徐々に低速化。2013年のWiMAX2+サービス開始当初は下り最大40MbpsだったWiMAXの通信速度が、現在は下り最大13.3Mbpsです。
 
すでにWiMAXのルーター最新機種ではノーリミットモードに対応しておらず、また2020年にWiMAX回線は停波・サービス終了予定と、今後はWiMAX2+回線のみ(ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード)と考えて良いでしょう。

高速化の一方で3日間で10GB以上の速度制限には注意

「ギガ放題プランを契約すれば、月間通信量無制限で高速インターネットを使い放題」のWiMAX2+ですが、3日間で10GBまでの通信量制限・速度制限がある点には注意が必要です。直前3日間の通信量合計が10GB以上になると、翌日の夕方18時~深夜2時まで速度制限がかかります。

遅いとは言え、夜間の速度制限中も約1Mbpsでネット通信が可能

ただし、この速度制限は比較的緩やかな制限で、夜間の速度制限中でも約1MbpsでWiMAXルーターを使用したインターネット通信が可能。遅いとは言え、約1Mbpsあれば通常のWEBサイト閲覧やメールの送受信、Youtube動画も標準画質であれば制限中も問題なく利用できます

最短8時間で制限が解除される点もメリット

また制限対象は夜間のみで日中は通常の速度でWiMAX2+を利用できるほか、直近3日間の通信量が10GBを下回れば最短8時間で制限が解除されるため、遅いと感じることがない場合も。
 
同じWiMAX2+でも月間通信量7GB制限プランの場合、7GB超過の時点で約128Kbpsの厳しい速度制限となり、これはインターネット通信が一切できなくなるほどの厳しい制限。かつ、7GBを超過した日から当月末まで制限が続きます。

比較すると、ギガ放題プランで注意が必要な3日間で10GBの速度制限は緩やかな制限と考えられ、特に通信量の多い方におすすめの料金プランです。

ギガ放題プランでもハイスピードプラスエリアモードは月間7GB制限

WiMAX2+のギガ放題プランを利用中でも厳しい速度制限が発生するのは、auの4G/LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードでの通信容量が月間7GB以上となった時。7GB以上となると128Kbpsまで速度が制限される上、WiMAX2+回線を利用する標準のハイスピードモードも速度制限対象となり、WiMAX2+ルーターを使ったインターネット通信はほぼできません。

このためギガ放題プラン中に注意するべきなのは、3日間で10GBの通信制限よりも、ハイスピードプラスエリアモードの使用量と言えます。

ここからはWiMAX・WiMAX2+通信速度のルーターやエリアによる違いを比較しながら説明します。

どのWiMAXルーター端末を使うと速い?~機種ごとの比較

どれだけWiMAX2+の速度が向上し、最速で通信可能なエリアが拡大しても、使うルーター端末が最大速度に対応していなければ実測速度は改善されません。一番速いルーターは基本的に発売時期が新しいルーター。古い端末を選択しないよう注意すれば問題ありません。
 
また現在も古いルーター端末の利用を続けている場合、WiMAX2+対応のルーター最新機種に機種変更するだけで、利用場所は同じでも通信速度が格段に改善される可能性もあります。

WiMAXのルーター機種別・対応速度一覧

WiMAX2+対応ルーターの中では、下り最大速度758Mbpsに対応したモバイルルーター最新機種・W05がおすすめです。

WiMAXルーター 製品 販売開始 下り最大速度(最速) 上り最大速度(最速)
W05 2018年1月 758Mbps 112.5Mbps
WX04 2017年11月 440Mbps 30~50Mbps
W04 2017年2月 758Mbps 37.5Mbps
WX03 2016年12月 440Mbps 30Mbps
W03 2016年7月 370Mbps 15~25Mbps
W02 2016年2月 220Mbps 15~25Mbps
WX02 2015年11月 220Mbps 10Mbps
WX01 2015年3月 220Mbps 10Mbps
W01 2015年1月 220Mbps 10~25Mbps

実測速度が遅い原因にもなるパフォーマンス設定の確認が必要

WiMAX2+ではルーター最新機種の使用が快適な速度でインターネット通信を利用するために必要です。一方、比較的新しいルーター機種には省電力モードやパフォーマンス設定と呼ばれるルーター端末のバッテリーを長時間、長持ちさせる機能も。
 
「ルーターは最新機種でWiMAX2+の電波の入りも悪くないのに、実測速度が遅い」場合、このパフォーマンス設定の再確認がおすすめ。パフォーマンス設定の変更で、WiMAX2+の実測速度が大幅に改善する可能性があります。

実測が遅い場合、ハイパフォーマンスの使用が速度を上げる一番の方法

ルーター端末の初期設定では、バッテリー消費と通信速度のバランスを重視するノーマルモードが設定されています。WiMAX2+の実測が遅く、また充電可能な環境で利用する場合は、ハイパフォーマンスモードの使用がおすすめ
 
エコモードでは遅い速度に制限してバッテリー消費を抑えるように作動するのと比較して、ハイパフォーマンスモードに設定するとバッテリー消費よりも速度を優先するため、インターネット通信速度を上げることが可能です。

WiMAX2+実測の遅い原因が、速度制限や古いルーター機種である以外に、このパフォーマンス設定であることも。ハイパフォーマンス設定が実測速度を上げる一番簡単な方法です。

WX03/WX04クレードルは補助アンテナで電波受信感度が改善、安定化

WX03専用クレードル
補助アンテナ付きのWX03専用クレードル

室内や屋内など、WiMAX2+電波の受信状況が良くない時にクレードルの利用が役立つことも。これはWiMAX2+ルーターの中でもWX03とWX04機種に限定した内容ですが、この2機種のクレードルにはWウィングアンテナと呼ばれる補助アンテナがあり、このアンテナで電波の受信感度が向上します。
 
どうしても電波の受信状況が悪くなる自宅の室内や建物内部では、WiMAX2+の速度も低下しがち。WX03、WX04のクレードルがあれば、電波受信感度が上がり、通信状態が安定化、結果として実測速度の向上も期待できます。

どのエリアが速い?~WiMAX2+利用エリアによる速度比較

WiMAX2+とauの4G/LTEのを組み合わせたハイスピードプラスエリアモードでの下り最大速度758Mbpsに対応しているのは、東京、神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫の一部などの限定されたエリア
 
ですが、大都市圏でのWiMAX2+利用時は高速インターネットを十分に体感できるほか、全国の主要都市部が下り最大速度440Mbps以上のWiMAX2+対応エリアとなっています。
 
一方で、地方や山間部ではルーター最新機種でも220Mbpsの比較的遅い速度しか出なかったり、そもそもWiMAX2+が圏外となるエリアが多いことも。エリアによりWiMAX2+への接続しやすさ、速度に差があるのが現状です。

エリアごとの接続速度の違いはUQ WiMAXのサービスマップで確認

エリアごとの接続速度の違いは、UQ WiMAXホームページにあるWiMAX2+のサービスエリアマップで確認できます。例として、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)と関西エリア(大阪・京都・兵庫)のサービスエリアマップを紹介します。
 
下記の地図でピンク色で網掛けされたエリアが下り最大速度440Mbpsに対応したWiMAX2+エリア、逆に色のついていないエリアはWiMAX2+に接続できない、圏外となる可能性が高い地域です。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)のWiMAX2+/440Mbps対応エリア

山間部を除くと、東京都内をはじめ、茨城県南部も含むほぼ全域がWiMAX2+の440Mbps対応エリアです。
下り最速440Mbpsエリア(首都圏)

関西(大阪・京都・兵庫)のWiMAX2+/440Mbps対応エリア

関西も山間部を除く主要都市部は、滋賀県や和歌山県、三重県も含めてWiMAX2+の440Mbps対応エリアとなっています。
下り最速440Mbpsエリア(関西)

実測が速いプロバイダと遅いプロバイダは「無い」!

WEB上での口コミやプロバイダ各社の評判を確認すると、比較的よく目にするのが「〇〇プロバイダは速度が遅い」や「△△プロバイダに乗り換えたら実測が改善した」という内容。WiMAXプロバイダはすべてMVNO事業者で自社の通信設備でサービスを提供する訳ではなく、基本的にこれらの口コミ・評判のようなプロバイダによる実測通信速度の違いはありません

WiMAXのプロバイダは通信回線を持たないMVNO事業者

WiMAX・WiMAX2+の通信回線はすべてUQコミュニケーションズ社が管理しており、WiMAXプロバイダはこれを利用してサービスを提供しています。自社で通信設備を持たずに他社のインフラを使ってサービスを提供する通信事業者をMVNOと言いますが、WiMAXのプロバイダは(UQ WiMAXを除き)すべてMVNO事業者
 
つまりどのプロバイダでWiMAX2+を契約しても、利用するのはすべて同じWiMAX・WiMAX2+回線。理論的にどこでも通信速度は同じ、実測が速いプロバイダや遅いプロバイダの差は無いのです。

最新機種のWiMAXルーターの提供が無いプロバイダとの契約に注意

プロバイダによる通信速度の違いは無いため、WiMAX2+プロバイダを比較・評価する際、「通信速度」は無関係。ただし、ルーター最新機種を提供しているかは実測速度にも影響する重要な比較ポイント
 
よくWEBの口コミで見かけるのが、キャッシュバック金額が大きい、端末価格が安かったという理由で古いWiMAX端末で契約してしまうケース。上記の通り、古いルーター端末はスペック面でそもそも速度が遅いため、WiMAX2+の実測も遅いことにつながりかねません。

当サイトのおすすめランキング上位のプロバイダはすべてルーターの最新機種を提供していますので、WiMAX2+プロバイダを比較する観点は、やはり料金プランやキャンペーンになります。

WiMAX2+利用者による実測レビュー・評判・口コミ

ここまで出てきたのは、あくまでカタログスペックの通信速度。実際のWiMAX2+の利用では実測速度の方が重要ですよね。ただし、どの程度の通信スピードが実測で出るかは使用してみなければ分かりません。
 
一方、実際にWiMAX2+を利用している方が実測速度を測定、公開している場合も。そのような実測レビューや口コミから、WiMAX2+の実測レベルで速い・遅いなどの評価や評判を紹介します。

WiMAX2+通信速度の実測値を確認・測定する方法

スピードテスト自分が利用中のルーターがどの程度の速度のインターネット通信をしているか、実測値を確認・測定する方法をご存知ですか?実はGoogleが、非常に便利な通信速度の実測値測定サービスを提供しています。
 
利用方法は簡単で、「スピードテスト」とググるだけ。Googleの検索結果上部に「インターネット速度テスト」というボックスが表示されるので、ボタンをクリックして測定を実行するだけ。下り(ダウンロード)の速度実測値と上り(アップロード)の速度実測値を確認可能なおすすめの方法です。

WiMAX2+の実測レビューや評判

上記のGoogleのサービス以外にも、さまざまな実測速度の確認・測定方法があり、その結果やレビューがWiMAX2+利用者のみなさんによってTwitterなどで公開されています。ここで一部を紹介します。

※WiMAX2+の実測速度についてのレビューや口コミは随時最新のものに更新しています。

自宅など屋内なのか屋外か、計測場所・条件で実測は変化

一点、注意が必要なのがWiMAX2+の実測速度は計測条件や測定方法によって大きく変わる点。ルーター端末の機種やパフォーマンス設定でも違うことはここまでに紹介した通りで、それ以外にも実測値の計測場所が屋内か屋外か、あるいは同じ室内でも建物の形状で大きく変わります。 
 
このため他のWiMAX2+利用者の実測レビューや口コミはあくまで参考値として、実際のWiMAX2+ルーターを利用し、自分自身の利用場所で実測速度を確認することが重要なのです。

以上、WiMAX2+と速度にまつわるトピックスを網羅して紹介しました。

WiMAX2+の速度は年々向上、他のポケットWiFiと比較しても高速なインターネットサービス。現在は都市部中心ですが対応エリアも急速拡大中です。プロバイダ間で速度の違いは無いため、後は料金とキャンペーンの比較だけです。

これからWiMAX2+を契約される方も、WiMAXプロバイダの乗り換えを検討中の方も、重要なのは最新のWiMAX料金やキャンペーンの情報ですよね。当サイトでは常に最新情報をもとに、WiMAXプロバイダの比較・ランキングをお届けしています。ぜひ一度ご覧ください!

【WiMAXの最新情報をチェック!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら