Flatツープラスやギガ放題…WiMAX2+のプラン内容・料金を徹底比較

Flatツープラスやギガ放題…WiMAX2+のプラン内容・料金を徹底比較

解説

いざ契約しようとして、WiMAX2+の各プロバイダを比較していると少し混乱するのが、「Flatツープラス」や「ライト」などのプラン名の違い。内容を確認すると似たようなWiMAX2+のプランでもプロバイダごとに微妙に名称が異なる上に月額料金にも違いがあり分かりにくいことも。
 
ただし、基本的にWiMAX2+のプランは月間通信容量が7GB上限のプラン、または月間通信量無制限のギガ放題プランの2種類

このページでは、プロバイダ各社のWiMAX2+のプラン名称の違いやプラン内容、最新料金を比較、整理しています。みなさんがWiMAXプロバイダを比較する際の参考にしていただければ幸いです。

プロバイダにより微妙な違いが…WiMAX2+の契約プラン名

WiMAX2+には20社以上のプロバイダがあり、各社で月額利用料金が異なったりキャンペーン内容が違います。その上、契約するプラン名にもプロバイダによる違いがあるのですが、プランの内容をよく確認すると実は2種類しかないことが分かります。
 
1つは月間通信量7GB上限のプランと、もう1つは月間通信量の制限が無い使い放題のプラン。当サイトではそれぞれ「通常プラン」、「ギガ放題プラン」と呼称を統一していますが、まずはWiMAX2+各プロバイダのプラン名称を具体例とあわせて確認してみます。

本家・UQ WiMAXのプラン名は「UQ Flatツープラス」

UQ WiMAX20社以上あるWiMAX2+プロバイダの中で本家とも言える存在が、このUQ WiMAX。UQ WiMAXの場合、通常プランにあたる月間7GB制限のプランは「Flatツープラス」と呼ばれ、また通信容量制限の無いギガ放題にあたるプランは「Flatツープラス ギガ放題」と呼ばれています。WiMAX2+(ワイマックスツープラス)が固定金額(フラットレート)で利用できるという意味合いで付けられたものと思われます。

プラン内容 UQ WiMAXでのプラン名称
月間7GB上限 UQ Flatツープラス(2年/3年/4年)
月間通信量無制限 UQ Flatツープラス ギガ放題(2年/3年)

BIGLOBE、So-netなど大手WiMAX2+プロバイダも同様のプラン名

なお、この「Flatツープラス」「Flatツープラス ギガ放題」というプラン名は、BIGLOBE(ビッグローブ)やSonetといった大手WiMAXプロバイダでも同様の名称が使用されています。Flatツープラスが月間7GB制限プランを指す点は覚えておくと良いでしょう。

auの契約プラン名は「WiMAX2+ フラット for DATA」

auロゴWiMAX2+を運営するUQコミュニケーションズ社はKDDIグループの子会社ということもあって、auのWEBサイト上やauショップなどの店舗でもWiMAXに加入可能です。ただし、以下のようにauではまた別のプラン名称が使用されている点に注意が必要です。

プラン内容 auでのプラン名称
月間7GB上限 WiMAX 2+ フラット for DATA
月間通信量無制限 WiMAX 2+ フラット for DATA EX

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)はライトプランとギガ放題

BroadWiMAX当サイトでおすすめしているWiMAX2+プロバイダ・Broad WiMAXの場合は分かりやすく、以下のようなプラン名称で案内されています。

プラン内容 BroadWiMAXでのプラン名称
月間7GB上限 ライトプラン
月間通信量無制限 ギガ放題プラン

月間データ通信量7GB上限!Flat(フラット)ツープラス

ここからはWiMAX2+サービスの本家である「UQ WiMAX」のプラン名称をもとに2つの料金プランやサービス内容の違いを比較していきます。
 
まず「Flat(フラット)ツープラス」は月間通信量7GB上限のプランで、この通信量制限がギガ放題プランと比較した際の唯一にして最大の違いです。

月間7GBまでの通信容量制限、超過すると厳しい速度制限が発生

WiMAX2+のFlatツープラスプランの場合、月間7GBの通信制限を超過すると約128Kbpsまで通信速度が低速化、速度制限がかかります。この128Kbpsという通信速度は非常に低速で、通常のWEBサイトの閲覧やメールの送受信も困難で、ほぼインターネット通信ができなくなる速度。
 
この速度制限は、UQ WiMAXでは「通信速度制限(月間7GB超)」と呼ばれ、翌月1日になれば自動的に解除されますが7GBを超過した時点から月末まではほぼWiMAX2+のルーター端末が使えない状態になります。

WiMAX2+を安い料金で利用したい方におすすめのFlatツープラス

厳しい速度制限があるため、インターネット利用量の多い方には不向きと言えるのがFlatツープラス。WiMAX2+をFlatツープラスプランで契約される方は、

  • 動画視聴や音楽・書籍データのダウンロードなどを行わない
  • WiMAX2+に接続するのはスマホのみでパソコンとは接続しない
  • できるだけ安い料金でWiMAX2+を利用したい

という方で、比較的インターネットの利用量が少ない方におすすめです。

Flatツープラスプランの月額料金比較(2018年7月時点)

同じFlatツープラスの料金プランでも、契約プロバイダにより実際に支払う金額は違います。ここでは料金が最安のプロバイダに絞って月額料金を比較しました。実際に毎月支払う月額料金に加え、キャッシュバックキャンペーンなどを適用後の実質負担料金でも比較します。

WiMAX2+プロバイダ Flatツープラス月額料金 3年間総額料金の比較 実質月額料金の比較
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
3,609円 92,424円 2,567円
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 2,726円 98,336円 2,732円
So-net(ソネット)モバイルWiMAX2+
(キャッシュバックキャンペーン適用)
3,450円 97,108円 2,697円
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 3,695円 106,092円 2,947円
カシモワイマックス 2,680円 106,568円 2,960円

月間通信容量制限なし!Flat(フラット)ツープラス ギガ放題

Flatツープラスと比較して「Flat(フラット)ツープラス ギガ放題」プランは毎月の通信容量を気にぜず高速インターネット通信を利用したい方におすすめのプラン。対応エリアや通信モードにもよりますが、WiMAX2+の下り最大速度708Mbpsの通信をいつでもどこでも使用できる点が、Flatツープラス・ギガ放題プランのメリットです。

3日間10GBまでの通信制限があるものの、超過しても緩い速度制限

一点だけ注意が必要なのは、使い放題とは言え部分的な通信制限がある点。これは、直近3日間で10GB以上(WiMAX2+を利用するハイスピードモードと、auの4G/LTE回線を利用するハイスピードプラスモードのデータ量の合計)の通信を行うと、その翌日の18時頃~夜中2時頃まで通信速度が約1Mbpsまで制限されるという内容。
 
UQ WiMAXでは「ネットワークの混雑回避のための通信速度制限」と呼ばれているもので、一見するとデメリットのように思われるかも知れませんが、

  • そもそも3日間で10GBを超過するには、相当程度インターネット通信が必要
  • 超過しても1Mbpsの通信速度が維持されるので標準画質の動画視聴は問題なし
  • 時間帯が限定されるため、人によっては使用することが無い時間帯である可能性も

といった点でそれほど厳しくない、比較的緩い速度制限と考えられます。

ハイスピードプラスエリアモードの通信量にも注意

もう1つ、WiMAX2+のギガ放題プラン契約者でも注意が必要なのはハイスピードプラスエリアモードの通信量。ハイスピードプラスエリアモードはauの4G/LTE回線を使う通信モードで下り最大708Mbpsの高速通信を利用できるほか、WiMAX2+の圏外エリアでもauの圏内であれば使用可能な通信モード。
 
このモードの利用は、たとえギガ放題プランを契約中でも月間7GB上限の通信量制限があり、超過すると通常の通信モードでもインターネット接続ができなくなる(通信速度が128Kbpsまで低速化、制限される)ため注意が必要。ギガ放題を契約しても「月の途中で使えなくなった」ということが起きるため、ハイスピードプラスエリアモードの通信量には十分気をつける必要があります。

データ通信量の多い方にはFlatツープラス ギガ放題がおすすめ

Flatツープラスと比較して、特にインターネット使用量・データ通信量の多い方におすすめがこのギガ放題。具体的には以下のような方に最適なプランです。

  • インターネット上の動画を観るのが好きで、毎日一定時間は動画を観たい
  • 音楽ファイルや、電子書籍ファイルなど大容量のファイルをダウンロードしたい
  • スマートフォン以外に、タブレットやノートPCなど複数の機器でWiMAX2+を使いたい
  • Skypeなどのビデオチャットを利用したい

Flatツープラス ギガ放題プランの月額料金比較(2018年7月時点)

Flatツープラスと同様、Flatツープラス・ギガ放題の料金プランも契約プロバイダで料金が変わります。こちらも実際に毎月支払う月額料金とキャッシュバックキャンペーンなどを適用後の実質負担の月額料金で料金を比較しました。

WiMAX2+プロバイダ Flatツープラス・ギガ放題月額料金 3年間総額料金の比較 実質月額料金の比較
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
4,263円 114,660円 3,185円
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 3,411円 120,941円 3,359円
So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+
(キャッシュバックキャンペーン適用)
4,050円 117,508円 3,264円
カシモワイマックス 3,380円 129,068円 3,585円
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 4,380円 129,382円 3,594円

WiMAX2+のプラン以外のサービス内容はプロバイダ間でほぼ共通

WiMAX2+の2種類のプラン内容やプロバイダごとの料金比較を紹介しましたが、これらの月額利用料金やキャンペーン内容以外の点ではプロバイダ間の違いは少なく、WiMAX2+サービスで共通している点が多数あります。ここからは多くのWiMAX2+プロバイダで共通するサービス内容を紹介します。

WiMAX2+の契約プランは月単位で変更可能

Flatツープラスと、Flatツープラス ギガ放題プランで、どちらにしようか迷っていたり、あるいは月によってインターネットの利用量が全然違う、という方でも安心なのが、WiMAX2+の多くのプロバイダが月単位のプラン変更を受け付けている点です。
 
普段はギガ放題でも、あまりインターネットを利用しない月だけFlatツープラスに変更することも可能で、小まめに調整するとインターネット費用の節約にもつながりそうです。各プロバイダに申し込むことでプランを変更できますが、具体的な申し込み方法は各プロバイダのホームページなどで確認できます。

自分が現在契約中のプランを確認するには?

WiMAX2+のプランを細かく変更し始めると、決まって出てくるのが「あれ?いまはどっちのプランだったっけ?」という問題。そのような時はWiMAX2+プロバイダ各社のWEBサイトにアクセスし、契約者向けに提供されるマイページで自分が加入中の料金プランを確認すると良いでしょう。

WiMAX2+のプロバイダの多くは、契約時にマイページへのログイン情報などを提供していますので、一度ログインして確認してみるのがおすすめ。マイページのログイン情報が無い、マイページ上で契約中のプラン内容を確認できない場合は各プロバイダに問い合わせてください。

どのプロバイダのプランでも使用するWiMAX2+ルーター端末は同じ

どのWiMAX2+プロバイダと契約しても、またどちらの料金プランを選択しても月間通信量の上限が違うだけで、使用するWiMAX2+通信回線やルーター端末に違いはありません。つまりどのプロバイダも取り扱う端末は同じで、また料金プランを月単位で変えてもルーター機種を変更する必要はありません。

おすすめは下り最大708Mbps対応のルーター最新機種・W05

W05のイメージ
WiMAXのモバイルルーター・W05

現時点でのWiMAX2+ルーターの最新機種でおすすめなのが、下り最大速度708Mbpsに対応したW05です。W05はWiMAX2+通信回線を使用するハイスピードモードと、auの4G/LTE回線を使用するハイスピードプラスエリアモードを利用可能なモバイルルーターで、ほとんどのプロバイダが新規契約時に無料提供しています。

auスマートバリューmine割引の適用対象で、さらにお得な料金

auの携帯電話やスマートフォンと契約があれば、WiMAX2+の契約と同時にauスマートバリューmineの適用対象に。申請すると月額最大1,000円がauの利用料金から割引されるため、さらにお得な料金でWiMAX2+を利用できることになります。
 
WiMAX2+のいずれの料金プランの契約でもauスマートバリューmineの適用対象で、最安料金のWiMAX2+プロバイダであればFlatツープラスを実質月額1,000円台、ギガ放題を実質月額2,000円台で利用可能になります。

多くのWiMAX2+プロバイダがauスマートバリュー割引に対応していますが、一部対応していないプロバイダ(カシモワイマックスなど)に注意してください。

WiMAX2+の3年契約でauの4G/LTEを利用するLTEオプションが無料

この点もWiMAX2+のプロバイダで共通したサービス内容ですが、WiMAX2+を3年契約するとauの4G/LTE回線を使用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードの利用にかかるLTEオプション料金が無料になります。
 
WiMAX2+の契約期間は3年が主流で、以前まで主流だった2年契約の場合は月額1,005円のLTEオプション料金が必要でした。3年縛りと契約期間が長期化したものの、LTEオプションが無料になった点はメリットです。
 

以上、WiMAX2+のプラン内容やプラン料金、プロバイダ間で共通したサービス内容を解説しました。

見慣れないプラン名称が出てきた場合も、WiMAX2+のサービスであれば必ず月間7GB上限のプランか、月間通信量が無制限のギガ放題プランかのいずれかです。

この点を頭に入れておきつつ、重要なのはWiMAX2+プロバイダ各社の月額料金やキャンペーン内容の比較・検討。さらに詳しい最新料金情報やキャンペーン内容を当サイトでぜひ確認してみてください!

【最新の料金・キャンペーンを比較】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!