【徹底比較】WiMAX2+の3つの通信モード・速度や対応エリアの違い

【徹底比較】WiMAX2+の3つの通信モード・速度や対応エリアの違い

3つの通信モード

「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」「ノーリミットモード」。

WiMAX2+には切り替え可能な3つの通信モードがあり、これら各モードの対応エリアや通信速度、利用制限ルールの違いを把握して上手く活用すると、さらに快適にWiMAXを使ってインターネット通信ができるようになります。
 
このページでは、それぞれの通信モードの特徴を比較して説明するとともに、旧来のWiMAX通信とWiMAX2+通信の違いや4G/LTE回線を利用する他のポケットWiFiとの比較、またWiMAX2+サービスを提供するプロバイダを比較する際のポイントなどを解説します。

そもそもWiMAX2+のインターネット通信は他と比較して何が違い?

WiMAXとは2009年より「UQ WiMAX」の名前で開始されたサービスで、その最新サービスである「WiMAX2+」は2013年から提供が開始されています。WiMAXもWiMAX2+も専用のルーターと呼ばれる通信機器を使ってインターネットに接続できるサービス。ただし、他のポケットWiFiや携帯電話やスマートフォンのインターネット通信と比較するとそもそも通信技術が違います。
 
携帯やスマホ、あるいはWiMAX以外の多くのポケットWiFiサービスでインターネットに接続する際に利用する通信回線は「4G」「LTE」と呼ばれる回線。これと比較して、WiMAX2+の場合は「WiMAX2+」という名前が通信回線・通信方式そのものを指します。つまり、技術的にまったく異なる通信なのです。

WiMAXとWiMAX2+・通信回線の比較

基地局の増加グラフ
WiMAX2+の基地局は急速に増加しており、30,000基地を突破している。

従来のWiMAX通信回線に加え、新たな通信回線であるWiMAX2+のサービスが開始された当初は、WiMAXと比較してWiMAX2+の基地局数が少なく対応エリアも限定的でした。ところがここ数年でWiMAX2+通信に対応する基地局数は劇的に増加、都市部では99%以上の人工カバー率となるほどつながりやすいサービスとなっています。
 
またWiMAX2+が以前のWiMAXと比較して最も進化しているのが通信速度。2013年の開始当初は下り最大110Mbpsほどだったものが、2018年には下り最大通信速度708Mbpsとなっており、光回線並みの高速インターネット通信サービスになってきています。

他のポケットWiFiやモバイルWiFiが利用するLTE通信との違い

一方、携帯電話やスマートホンがインターネット接続時に使用する4G・LTE回線とWiMAX回線を比較した時の違いは何でしょうか?4G・LTE回線は、基本的に携帯電話の通信事業を行うドコモ(docomo)やau、ソフトバンク(Softbank)向けに確保された回線で、WiMAX2+で使用する通信回線とはまったく異なります。
 
また、WiMAX2+と同様にモバイルルーターを使ったインターネット接続サービスであるYmobileやYahoo! Wi-FiといったポケットWiFiも4G・LTE回線を利用しており、よく似たモバイルWiFiルーターでも使用する通信回線が違います。

WiMAXとLTEの最大の違いは電波の周波数

携帯やスマホ、多くのポケットWiFiが利用する4G・LTE通信の電波は700~900メガヘルツという周波数の電波であるのと比較して、WiMAX2+が使用するのは2.5ギガヘルツの周波数と使用する電波の周波数が両者の最大の違い。
 
つながりやすさが重視される4G・LTE回線の700~900メガヘルツの電波はWiMAXの電波と比較して周波数が低く、建物などの障壁があっても回り込む特徴があります。一方、WiMAX2+の使用する2.5ギガヘルツと高周波数の電波は直進性が強く、高い建物などに遮られやすいという性質があります。

このため4G・LTEと比較してWiMAX2+はやや建物内部で電波が入りにくかったり、圏内となるエリアが限定される傾向があります。YmobileやYahoo! Wi-FiといったポケットWiFiがWiMAX2+と比較してつながりやすい、と言われるのは通信回線の違いに理由があるのです。

しかしながら、最近ではWiMAX2+でもLTEネットワークを利用した通信が可能になるなど、通信速度やつながりやすさの面では他のポケットWiFiとWiMAX2+の間で差が少なくなってきています。ここからはWiMAXで利用可能な3つの通信モードを解説していきます。

WiMAX2+の標準インターネット接続モード・ハイスピードモード

WiMAXには切り替え可能な通信モードが3つあります。そのうち、WiMAX2+の標準的な通信モードが「ハイスピードモード」。WiMAX2+のサービスエリアでは、このハイスピードモードでインターネットに接続可能となります。

ギガ放題プランならハイスピードモードを無制限で利用可能

WiMAX2+には月間通信量7GB上限の料金プランと、月間通信量の制限が無いギガ放題プランの2つがありますが、ギガ放題プランで使い放題となるのがこのハイスピードモード。月間通信量7GBプランでは通信量を超過すると約128Kbpsまで通信が低速化する速度制限が発生するのと比較して、WiMAX2+のギガ放題ではこの速度制限が発生しません。
 
他のポケットWiFiと比較してもWiMAX2+のメリットとも言えるギガ放題。YmobileやYahoo! Wi-FiなどのポケットWiFiでも使い放題プランはあるもののWiMAX2+と比較して利用可能エリアが限定的。WiMAX2+のハイスピードモード接続可能エリアは大都市を中心に人口カバー率99%と広いのが特徴です。

ただし3日間で10GBの通信量制限超過時には約1Mbpsに速度が低下

月間通信容量の制限はないものの、直前の3日間の通信量が10GBまでという制限があるのがWiMAX2+のギガ放題。ただし、3日間で10GBまでの通信量を超過しても約1Mbpsで通信可能と比較的緩やかな速度制限。また速度制限が発生する時間帯も夕方18時から深夜2時までの時間帯と、日中は問題なく使える点もWiMAX2+の速度制限の特徴です。

WiMAX2+の通信速度は下り最大558Mbpsの高速インターネット

ハイスピードモードでの通信速度は、下り最大で558Mbps、上り最大で30Mbpsです。他のポケットWiFiの多くが下り最大速度150~200Mbpsのサービスを提供しており、それと比較してもWiMAX2+では高速でのインターネット通信が可能と言えます。

他モードと比較して通信速度が速い・ハイスピードプラスエリアモード

他の2つのモードと比較して最も対応エリアが広く、また最も通信速度が出やすいのがこの「ハイスピードプラスエリアモード」。ハイスピードモードに「プラスエリア」が付加されていますが、これは通常のWiMAX2+の通信回線に加えてauのLTEネットワークも利用して通信接続するモードという意味です。

auの対応エリアで使える!auの4G/LTE回線を利用した通信モード

auロゴハイスピードプラスエリアモードはauの4G/LTE回線を利用した通信が可能なモードで、WiMAX2+の圏外エリアであってもauのLTE対応エリアであればインターネットに接続可能となります。WiMAX2+のサービスエリアは都市圏を中心に拡充されているものの、地方や山間部ではやや電波が繋がりにくい状況。
 
これと比較してauの4G/LTE対応エリアは地方や山間部にも拡がっており、ハイスピードプラスエリアモードはハイスピードモードと比較して接続可能なエリアが広いと言えます。また他のポケットWiFiと比較してWiMAX2+の対応エリアがやや狭いことがデメリットでしたが、このモードを上手く活用すると広範なエリアでWiMAX2+を利用可能になります。

原則は有料オプション、ただしWiMAX2+の3年契約で無料利用可能

なお、ハイスピードプラスエリアモードでの通信が発生した月はWiMAX2+の利用料金に約1,000円が加算されるという原則として有料のオプション。事前の申請や申し込みは不要で利用した月にしか請求されない「LTEオプション」と呼ばれるサービスです。
 
なお、WiMAX2+を3年契約するとこのLTEオプション料金を無料で利用可能とするWiMAXプロバイダが増えており、ハイスピードプラスエリアモードを実質無料で利用する方が増えてきています。

ハイスピードプラスエリアモードでの通信は月間7GBまで、超過時の速度制限に注意

一点注意が必要なのが、ハイスピードプラスエリアモードの通信量は月間7GBまでと制限される点。これを超過するとギガ放題プランを契約中でも約128Kbpsの速度制限が発生してしまいます。
 
ハイスピードプラスエリアモードの設定は、WiMAX2+が圏外になる時に限定した一時的な利用がおすすめです。

非対応ルーター機種に注意

比較的新しい機種のルーターはすべてこのハイスピードプラスエリアモードに対応していますが、古いルーターでは一部非対応の機種もあり注意が必要。ハイスピードプラスエリアモードには非対応で、WiMAX2+(ハイスピードモード)とWiMAX(ノーリミットモード)のみに対応した機種は以下の通りです。
 
【ハイスピードプラスエリアモード非対応ルーター機種】WX03、WX02、WX01、WiMAX2+ NAD11、novas Home+CA、Uroad-Home2+

WiMAX2+とauのLTEで通信速度は下り最大708Mbpsに

下り最大708Mbps
ハイスピードプラスエリアモードでは下り最大708Mbpsの高速通信が可能

このハイスピードプラスエリアモードの最大の特徴は通信速度。WiMAX2+の下り最大通信速度558MbpsにauのLTEを使用した下り最大150Mbpsが加わり、合計で下り最大708Mbpsとなるのがハイスピードプラスエリアモードです。同様に上りの最大通信速度も75Mbpsとなっています。
 
自宅用の固定回線などで利用されるフレッツ光などの光ファイバー回線が下り最大1Gbpsであるのと比較しても遜色ないレベルまで通信速度が向上してきているという点はWiMAX2+の特徴でもあります。

新しいルーター端末ではすでに対応していない通信・ノーリミットモード

上記2つのモードと比較すると格段に通信速度が落ちるのが、このノーリミットモード。旧来のWiMAX回線を使った通信モードであり、低速ではあるものの無制限に利用することが可能なモードでした。ところが、すでに旧来のWiMAX回線は停波が計画されているほか、最新のルーター機種ではこのノーリミットモードに対応していない端末も多く、今後は徐々に利用されなくなるモードです。

ノーリミットモード・ハイスピードモードの設定切り替えは自動

なお、ノーリミットモードに対応した機種では、WiMAX2+エリアではハイスピードモードに、WiMAXエリアではノーリミットモードに設定が自動的に切り替えされます。手動で設定を切り替えることはできません。

ノーリミットモードの特徴

  • 利用する回線は「WiMAX」の回線
  • 追加料金は発生しない
  • 常時制限なし
  • wimax速度:下り最大13.3Mbps

WiMAX2+のプロバイダを比較する際のポイント

ここまでWiMAX2+の3つの通信モードの比較や、他のポケットWiFiとの比較を中心に説明しましたが、実際のWiMAX2+の利用でもう1つ重要なのがWiMAX2+のプロバイダ比較。WiMAX2+サービスを提供するプロバイダは20社以上あり、この中からあなたのニーズに合ったプロバイダを見つける必要があります。

通信モードや速度、対応エリアはどのプロバイダも同じ

とは言え、UQ WiMAXを除くWiMAX2+のプロバイダはすべてMVNOと呼ばれる事業者で、どこも同じWiMAX2+通信回線を使ったサービスを提供するプロバイダです。つまりどのプロバイダと契約しても、通信モードや各モードでの通信速度、対応エリアに違いは無いのです。

UQ WiMAX以外のMVNOとは

自社で通信設備を持たず、他社の通信インフラを借りて通信サービスを提供するプロバイダをMVNOと言います。WiMAX2+の場合、通信インフラを保有・管理するのはUQコミュニケーションズと言う会社で、UQコミュニケーションズが運営するUQ WiMAX以外のWiMAX2+プロバイダはUQコミュニケーションズ社の通信回線を利用してサービスを提供しています。つまりWiMAX2+のプロバイダを比較して通信速度の速いプロバイダや、電波の繋がりにくいプロバイダというのは起こり得ないのです。

プロバイダ選びで重要なのは月額料金とキャンペーン特典の比較

WiMAX2+のプロバイダごとに異なるのは、月額料金プランやキャッシュバックなどの新規契約キャンペーンの特典内容です。つまりWiMAX2+のプロバイダ比較は料金・キャンペーンの比較と言えます。ただし、プロバイダ各社の料金やキャンペーンは頻繁に更新されたり、新たなキャンペーンが実施されたりするため、最新情報での比較が重要です。

以上、WiMAX2+が使用する通信回線と、携帯・スマホや他のポケットWiFiが使用する通信回線の比較から、WiMAX2+で利用可能な3つの通信モードの比較・説明をさせていただきました。

最近のWiMAX2+の傾向では3年契約が主流となりつつあり、3つのモードの比較の中でも最速・対応エリアも最大な「ハイスピードプラスエリアモード」が利用しやすい方向に料金改定や割引プランが導入され、今後はこのモードがWiMAX2+の標準になっていきそうです。

いろいろと比較させていただきましたが、WiMAX2+で重要なのはプロバイダの比較であり、最新の料金プランやキャンペーン特典の比較です。当サイトでは各プロバイダの最新情報をもとにしたプロバイダのおすすめランキングを公開中です。ぜひ一度ご確認ください!

【WiMAX2+の最新料金情報を網羅!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!