【比較】WiMAXとWiMAX2+~通信速度や対応エリアの違い~

【比較】WiMAXとWiMAX2+~通信速度や対応エリアの違い~

WiMAX

そもそもWiMAXとWiMAX2+、同じサービス?それとも違いがある?と疑問に思われる方も多い様子。簡単に比較すると「WiMAX」は1世代前の古い通信回線、「WiMAX2+」は2013年に開始された新しい通信回線という点が一番の違い。
 
現在はWiMAX回線のみを使用するサービスを契約できず、WiMAXへの申し込むとWiMAX2+回線を利用するプランを契約することに。さらにWiMAX回線は2020年3月末に停波・サービス終了が決定しています。

つまりWiMAXとはWiMAX2+という回線を利用する通信サービスであり、2つの言葉の違いを区別せずに使っても間違いではない状態。

とは言え、WiMAXとWiMAX2+を比較して違いは何か?という疑問にお答えしたく、このページではWiMAXの簡単な歴史や新たに誕生したWiMAX2+との比較、サービス内容や料金プランにどんな違いがあるかなどを解説します。

そもそもWiMAXとはどんなインターネット接続サービス?

WiMAXとは”Worldwide Interoperability for Microwave Access”の略称で、無線通信技術・通信方式の名称。スマートフォンやノートPC、iPadなどのタブレット端末と、WiMAX・WiMAX2+専用の小型通信端末(ルーター)を接続すると、どこでも高速・大容量のモバイルデータ通信・インターネット接続が可能となるサービスです。

WiMAXという通信規格

WiMAXという通信方式(規格)は、都心地域と比較して有線インターネット網を整備しづらい過疎地や山間部で無線インターネット接続を可能にし、日本の国土全体のインターネット利用可能地域を増やすことを目的に研究・開発が進められました。
 
これと同時期に携帯電話をはじめ“移動しながらインターネット接続する”ニーズが高まり、都会地域も含めて広く移動無線通信手段が求められました。この利用ニーズに応える形で生まれたのが、2005年に誕生したモバイルWiMAXという通信規格。

UQ WiMAXの始まりは2009年

UQ WiMAXのロゴこのモバイルWiMAXという通信規格を利用した通信サービスがWiMAXで、2009年に「UQ WiMAX」というサービス名で開始されました。このサービス提供会社がKDDIグループのUQコミュニケーションズ社で、WiMAXの誕生以来、通信施設の整備からサービスの運営を担っています。

WiMAX・WiMAX2+によるデータ通信~専用周波数の電波が特徴

WiMAXやWiMAX2+によるデータ通信規格の特徴は、2.5GHz(ギガヘルツ)のWiMAX専用の周波数帯の電波を使用する点。一般に電波は誰でも自由に使えるものではなく、限られた電波の周波数を各種通信サービスの目的に応じて国が割り当てています。
 
WiMAXに対して国は「2.5GHz帯の周波数の電波を専用に使って良い」と割り当てており、この周波数の電波を使ったインターネット通信サービスがWiMAXです。WiMAXのWiFiルーター端末は近くにあるWiMAX専用基地局の電波を受信、相互通信してインターネットに接続しています。

2.5GHz帯の電波を使用する通信という点ではWiMAXとWiMAX2+を比較しても同じで、この点で違いはありません。

携帯電話やスマホ、他のポケットWiFiと比較して周波数に違いが

ちなみに携帯電話やスマホ、Y!mobile(ワイモバイル)やYahoo! Wi-FiなどのポケットWiFiによる通信(4GやLTEなどの通信回線)は700~900MHz(メガヘルツ)の周波数帯域の電波を使用する点がWiMAXとの違い。
 
一般に周波数が低い通信は、周波数の高い通信と比較して安定化するという違いがあり、携帯電話やスマホには特に安定通信が可能な周波数帯域・700~900MHz(「プラチナバンド」とも呼びます)が割り当てられています。この帯域をNTTドコモやソフトバンクなどの携帯電話各社がさらに分割、各社が通信サービスを提供しているのです。

WiMAXからWiMAX2+への高速化~契約者数急増の理由

WiMAX(WiMAX2+)サービスを提供するUQコミュニケーションズによると、WiMAXの契約者数は2016年度に2,000万人を突破、2018年には3,000万人以上と、急速に増加中。契約者急増の背景ですが、他の通信サービスと比較して次のようなメリットが理由と考えられます。

他の通信サービスと比較した際のWiMAXのメリット

  • 自宅でも外出先でも、高速・大容量のモバイルデータ通信(インターネット)が可能
  • 固定回線と違い開通工事が不要、最短で申し込み翌日からインターネットに接続可能
  • 小型の通信端末(WiFiルーター)のみ、配線不要で部屋がスッキリ、自宅のどこでもネットができる!
  • WiMAXのルーター1台で、ノートPCやiPadなどのさまざまなIT機器がネットに接続可能
  • スマホのテザリングと違い、電池が長持ちなので長時間のインターネット接続も問題なし

WiMAX2+になりインターネット通信速度がさらに向上

WiMAX2+の魅力は高速インターネット。フレッツ光など光ファイバーケーブルを利用する固定回線と比較しても遜色ない通信速度でインターネットを利用可能で、動画再生やアプリ・音楽のダウンロードもスムーズな点はWiMAXをおすすめする理由の1つ。そしてこの通信速度こそ、WiMAXとWiMAX2+を比較した時の最大の違いでもあります。

2013年、新たに誕生した通信回線・WiMAX2+

WiMAX2+2009年に開始されたWiMAXサービスに加え、2013年10月にWiMAX2+通信回線によるインターネット接続サービスが始まり、WiMAX2+回線は従来のWiMAXと比較して通信速度が飛躍的に向上、注目を集めました。
 
WiMAX専用に2.5GHzの周波数帯域を使用していましたが、2013年に国(総務省)はUQコミュニケーションズに「UQ WiMAXサービスをさらに拡大して良い」という許可を出し、WiMAXサービスで使用可能な周波数帯域がさらに増加しました。結果、より高速のインターネット通信サービスを実現可能になり、誕生したのがWiMAX2+。

通信速度が従来と比較して3倍の下り最大110Mbpsに

WiMAX2+の誕生当時、WiMAXの速度が「下り最大40Mbps・上り最大15.4Mbps」であったのと比較し、WiMAX2+は「下り最大110Mbps・上り最大10Mbps」と下り(ダウンロード)のデータ通信速度が約3倍近く高速化し、話題となりました。(現在はさらに高速化しています。)

WiMAXとWiMAX2+の違いを比較

現在、WiMAXサービスの主流はWiMAX2+通信回線を使用したサービスで、従来のWiMAXは古い通信回線として徐々に使用されない回線になっています。通信速度も含め、WiMAXとWiMAX2+の違いを1つずつ比較して紹介します。

WiMAX2+の通信速度は年々高速化、比較してWiMAXは低速化

WiMAX2+の通信速度は2013年のサービス開始から改善され続け、2016年には下り最大440Mbps、2017年には下り最大558Mbpsと高速化。それと比較して、WiMAXの下り速度は最大13.3Mbpsに低速化、WiMAXとWiMAX2+の通信速度を比較すると違いが拡大しています。
 
これらの通信速度は理論値で、使用するルーター機種やエリアにより実際の速度(実測)は変わりますがWiMAX2+は年々高速化しており、他のポケットWiFi・モバイルWi-Fiサービスで使用するLTE通信と比較しても上回る通信速度です。

WiMAX2+対応エリアも急速に拡大中

基地局の増加グラフ
WiMAX2+の基地局は急速に増加、3万基地を突破

サービス開始当初はまだ限定的だったWiMAX2+対応エリアも急速に拡大中で2017年に基地局数3万局を突破、人口カバー率も99%以上とWiMAXと比較して後発のサービスでありながら、すでに広範なエリアで利用できます。

auの4G/LTE回線・ハイスピードプラスエリアモードも利用可能に

エリアが拡大中のWiMAX2+ですが、さらに対応エリアの広いauの4G/LTE通信回線を使ってインターネット接続ができる点も、WiMAXと比較した大きな違い。
 
これは新しい機種のWiFiルーター端末で切り替え可能な通信モード「ハイスピードプラスエリアモード」で、この通信モードに設定するとWiMAX2+回線に加えてauの4G/LTE回線も同時に利用してインターネットに接続します。

WiMAX2+の圏外エリアでもauの4G/LTEエリアであればハイスピードプラスエリアモードを使ってデータ通信ができ、また2回線を同時に使用するため下り最大速度758Mbpsでインターネット通信が可能な点が旧WiMAXとの大きな違い。旧WiMAXと比較して利用エリアが拡大、通信速度が大きく向上しています。

auとUQコミュニケーションズは同じKDDIのグループ企業

WiMAX2+回線を運用するUQコミュニケーションズとauは同じKDDIグループの企業で、auの公式モバイルWiFiサービスもWiMAX。またauのスマホ・ケータイと契約がある場合、WiMAXを追加契約するとauスマートバリューmineという割引を申請でき、auの利用料金から月額最大1,000円が割引となるなど、さらにお得な月額料金でWiMAXを利用できます。
 
このようにWiMAXは他のキャリアと比較してauとの相性が良く、現在、auユーザーに最もおすすめのポケットWiFiはWiMAX2+です。

WiMAXは2020年に終了・停波、早めの契約切り替え・無料機種変更も

WiMAX2+が安定的に運用されているため、古いWiMAX規格での通信は2020年3月に終了(停波)が確定しました。今後ますます“WiMAXと言えばWiMAX2+回線を使う通信サービス”となりそうです。
 
こうした背景から、UQコミュニケーションズや各WiMAXプロバイダは旧WiMAX回線利用ユーザーのWiMAX2+への切り替え・移行をおすすめしています。WiMAX通信のみが可能な旧来の契約や古いルーター機種を使用中のユーザーを対象に解約金・契約解除料やルーター端末の機種変更料金の無料キャンペーンを実施中です。

ノーリミットモード対応の古いルーター端末は早めに機種変更を

WX01
WiMAX通信にも対応したWX01は
2015年販売開始の古い機種のルーター端末

特に注意が必要なのはルーター機種。古いルーター端末の中には、WiMAX通信(ノーリミットモード)とWiMAX2+通信(ハイスピードモード)の2つのモードに対応した機種があり、また2つの通信が自動で切り替えされる機種があります。
 
知らないうちにWiMAXの電波を利用したノーリミットモードに変更され、下り最大通信速度13.3Mbpsの遅い通信になる可能性もあり、ルーター端末は早めの最新機種への切り替えがおすすめです。

モバイルルーターの最新機種・W05端末がおすすめ

W05ルーター
下り最大速度758Mbps対応!WiFiルーター最新機種W05

現時点でのWiMAX2+対応モバイルルーターのおすすめ機種は2018年に販売開始された最新端末・W05。auの4G/LTE回線・ハイスピードプラスエリアモードに対応、下り最大速度758Mbpsが可能なほか上り通信速度も最大112.5Mbpsと従来機種と比較して3倍以上の違いがあります。

WiMAX2+と旧WiMAXの料金プラン・サービス内容比較

通信速度が格段に向上したWiMAX2+。すでに新規契約はできない古いWiMAX回線のみを利用するプラン(ここでは便宜上、旧WiMAXとします)のサービス内容と比較して、月額料金は高くなったのでしょうか?今後も料金は上がるのでしょうか?
 
結論で言うと月額利用料金は大きく変わっていません。旧WiMAXで1年契約した場合の月額料金と、現在の基本プラン・月間7GB制限プランの月額料金を比較すると大きな違いはありません。つまり、同じ月額利用料金のままで通信環境が大幅に改善されたとも言えます。

通常プランの月間通信容量が7GB制限となった点がデメリット

ただし旧WiMAXの基本プランが月間通信量無制限なのと比較して、WiMAX2+の基本プランは月間7GB制限となった点がデメリットで、WiMAXとWiMAX2+のプランを比較した際の最大の違いです。
 
この違いを補うため、WiMAX2+では月間通信量無制限のギガ放題プランが加わりましたが、このギガ放題プランの料金と旧WiMAXの月額料金を比較すると値上げとも言えます。

また旧WiMAXでは1年だった契約期間がWiMAX2+では2~3年と長期化した点も違い。従来の契約と比較して途中解約時の違約金も値上がりしていて、全体的には旧WiMAXと比較してWiMAX2+の料金は高いとも言えそうです。

旧WiMAXに無かったギガ放題プランと速度制限が大きな違い

旧WiMAXと比較して、WiMAX2+では新たに直前3日間での通信量は合計10GBまでの制限、またこれを超過すると約1Mbpsまで通信速度が低下する「速度制限」が追加された点も大きな違いで、この速度制限は月間通信量無制限のギガ放題プランの契約でも対象。

この点を旧WiMAXと比較して改悪と捉える方もいますが、実際に3日間で10GBの通信量に到達するのはかなりのヘビーユーザー(Youtubeの標準画質であれば47時間分に相当)。また仮に速度制限が発生しても約1Mbpsの速度で通信可能と、通常のネット利用には大きな支障が無く、実質的には非常に緩い速度制限です。

旧WiMAXプラン契約者は、移行措置として月額料金はそのままギガ放題プランに加入できる制度もあり、契約者に配慮した形で料金体系の変更や速度制限等のルール変更が実施されています。そういう意味では、今後も高速化、通信品質が改善され続けるだろうWiMAXを安心して利用できそうです。

月間7GB制限プランの場合、超過すると厳しい速度制限に

一方でギガ放題プランと比較して料金の安い月間通信量7GB制限プランを契約した場合、月間通信量の上限に到達した時点から当月末までの間、WiMAX2+の速度は約128Kbpsまで制限されます。これはサイトの閲覧やメールの送受信もできないほどの厳しい速度制限です。
 
このためWiMAX2+料金プランのおすすめはギガ放題プランで、WiMAX2+契約者の約8割がギガ放題プランを利用しています。

おすすめのWiMAX2+プロバイダ~UQ・Broad・GMOとくとくBB

WiMAX2+のインターネット接続サービスを利用する場合、WiMAX2+サービスを提供するプロバイダとの契約が必要です。WiMAX2+のプロバイダは20社以上あり、すべてUQコミュニケーションズ社のWiMAX2+回線を使用して通信サービスを提供するMVNOと呼ばれる事業者。
 
おすすめのWiMAX2+プロバイダとして代表的なのが、So-netやBIGLOBE、@Niftyなどの大手インターネットプロバイダや、GMOとくとくBBやBroad WiMAX(ブロードワイマックス)などWiMAXサービスで有名なプロバイダがあります。

自社で通信設備を持たない通信事業者=MVNO

自社では通信ネットワークや基地局などを持たず、他社の通信設備を借りて通信サービスを提供する事業者をMVNOと言います。WiMAX2+のプロバイダサービスは、UQコミュニケーションズが運営する「UQ WiMAX」を除き、すべてのサービスがMVNO事業者によるサービスです。

速度やエリア、通信制限の点でプロバイダ間の違いは無い

WiMAXプロバイダの数は多いのですが、どのプロバイダが提供するのも同じWiMAX2+の通信回線を利用したサービス。つまり同じ通信回線を使用する以上、各プロバイダを比較しても対応エリアや通信速度、使用するルーター端末には違いはありません。繋がりやすいプロバイダや速度の速いプロバイダという違いは無く、また通信制限や速度制限に関連するルールも全WiMAX2+プロバイダで共通です。

比較のポイントは価格~月額料金やキャッシュバックキャンペーン

WiMAX2+プロバイダ間で違いがあるのは各契約プランの月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン特典、それらの金額かけ合わせたWiMAXの合計費用や価格です。例えば同じギガ放題プランでも契約するプロバイダによって月額料金が変わったり、キャンペーンによって実質の負担料金が違います。

この費用や価格がプロバイダを比較する際のポイントであり、おすすめの契約先を決める基準となるのです。

以上、WiMAXとWiMAX2+について、ここ10年の発展の経緯も含め、通信速度や料金の比較・違いなどを説明しました。いずれにせよ、旧WiMAX回線は今後終了(=停波)予定で、回線はWiMAX2+に一本化。今後は“WiMAX=WiMAX2+”と捉えて問題ないのです。
 
旧WiMAX回線で契約中のみなさんは早めにWiMAX2+への乗り換えを、これから新規契約という方はどうぞ安心してWiMAX2+のプランを検討ください!

【WiMAXの最新情報は当サイトで!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら