【比較】W04とWX03の速度や評判~おすすめルーター機種はどっち?

【比較】W04とWX03の速度や評判~おすすめルーター機種はどっち?

W04ルーター

2017年2月に発売されたWiMAXの『Speed WiFi NEXT W04』(以下、W04)。1つ前の世代の機種『W03』は2016年6月発売で、1年の期間を空けず新モデルの発売となりました。
 
また2016年12月に発売されたNEC製の『Speed Wi-Fi NEXT WX03』(以下、WX03)も、W04と同様のWiMAXのルーター。このルーター2機種を無料提供するWiMAXプロバイダも多く、新規契約や機種変更でW04とWX03のどっちの端末にするか悩まれる方も多い様子。
 
どっちがおすすめかは使い方によって人それぞれ。このページではW04とWX03の通信速度や機能、スペックを徹底比較、それぞれのWiMAXルーター端末がどんな使い方に合うのか、実際のレビューや評判・口コミも含めて解説します。

機能・スペックを比較!WiMAXのモバイルルーターW04とWX03

持ち運びが可能なWiMAXのモバイルルーター端末であるW04とWX03の概要を把握するため、各ルーター機種の機能・スペックを比較しました。この2つのルーター端末を比較する上で重要な観点は、WiMAXの通信速度や各通信モードへの対応、サイズ・重量などです。

各ルーター機種の機能・スペック比較表

W04 WX03
製品イメージ
最大758Mbps 下り通信速度 最大440Mbps
最大37.5Mbps 上り通信速度 最大30Mbps
× WiMAX(ノーリミットモード) ×
WiMAX2+(ハイスピードモード)
au 4G/LTE(ハイスピードプラスエリアモード) ×
※注意
Bluetooth
53 サイズ:横幅(mm) 99
130 サイズ:高さ(mm) 62
14.2 サイズ:厚み(mm) 13.2
140g 重さ 110g
約10時間 連続通信可能時間 約12時間
850時間 連続待受(休止モード) 1,100時間
USB Type-C 充電方式 マイクロUSB
約120分 充電時間 約140~200分
10台 同時Wi-Fi接続台数 10台

W04とWX03の最大の違いはauの4G/LTE回線への対応と通信速度

W04とWX03の2つのルーター機種比較での違いの1つが、auの4G/LTE回線を利用できるか、つまりWiMAXのハイスピードプラスエリアモードに対応しているか。ハイスピードプラスエリアモードを利用できればWiMAX2+の圏外エリアでもauの4G/LTE対応エリアであればインターネット通信が可能です。
 
W04はハイスピードプラスエリアモードに対応していますが、WX03は対応していないためauの4G/LTE回線を利用できません。都市部ででは問題ありませんが、WiMAX2+の対応エリアがやや狭い地方や田舎などではauの4G/LTE回線を利用できるW04の方がおすすめとなりそうです。

また通信速度の比較でもW04の方がWX03を上回ります。WiMAX2+回線に加えてauの4G/LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードでは通信速度も上がるからです。

下り最大通信速度758Mbps!ハイスピードプラスエリアモード

下り最大速度758Mbps
ハイスピードプラスエリアモードでは下り最大758Mbpsの高速通信が可能

WiMAX2+の標準通信モード・ハイスピードモードと比較して、ハイスピードプラスエリアモードではWiMAX2+回線と同時にauの4G/LTE回線も使用することで通信速度が向上します。WiMAXの最大速度である下り758Mbpsを体感できるのはハイスピードプラスエリアモード設定時であり、この点でWX03よりもW04の方が通信速度の速いルーター機種とも言えます。

WiMAXの新規契約でWX03の購入を促すプロバイダに注意

一部のWiMAXプロバイダでは、ルーター機種にWX03を選ぶとキャッシュバックキャンペーンの金額が増えるなどWX03の購入を促すところも。キャッシュバック金額が大きくなるので結果的に安くWiMAXを新規契約できますが、WX03は通信速度の速いハイスピードプラスエリアモードに対応していないためおすすめできません。

以前までオプション料金が発生したハイスピードプラスエリアモードですが、WiMAXの3年契約ではこのオプションを無料とするプロバイダが増えています。3年契約でせっかく無料になっても、WiMAXのルーター機種がWX03ではそもそも利用できないため、非常にもったいないのです。

例えば、UQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンの場合

UQ WiMAXのロゴ例えば、注意の必要なプロバイダの1つがUQ WiMAX。特典金額最大1万円のキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、1万円のキャンペーン特典をもらえるのはWX03とホームルーター端末・L01s購入時のみ。最新機種を指定した場合はキャッシュバックが無いなど、WX03がお得かのように見える点に注意が必要です。

バッテリーの持ちが良いWX03と充電時間が短いW04

通信速度の点ではW04がおすすめですが、WX03のメリットはバッテリーの持ちが良い点。連続通信可能時間はW04の約10時間と比較して、WX03の方が2時間長い約12時間という点が特徴です。一方、使用するケーブルにもよりますが充電時間の比較ではW04の方が短時間で急速充電できる点が特徴的。

充電ケーブルの使い方・接続端子に違いが

意外と重要な充電ケーブルの違い。WX03は従来のWiMAXのルーター機種でも使っているマイクロUSBと呼ばれる端子での充電ですが、W04では新しい規格・USB Type Cの接続端子を採用しています。W04の充電では古いWiMAXルーターの充電ケーブルが使えない場合もある点に注意が必要です。
 
このW04で採用されているUSB Type Cのメリットは急速・短時間で充電ができる点。W04の方が最新の機種・端末だけに、細かい点ですが確実に製品として進化している印象です。

デザインや形状の面での特徴

w04
WiMAXルーター・W04

使う人の好みでどっちが良いか分かれるのがデザインや形状で、一方をおすすめするのが難しいところ。W04は縦に細長いスティックタイプの形で、片手でも簡単に通信モードやパフォーマンスモードの変更操作ができる操作性の高さが特徴。
 
一方でWX03はコンパクトなサイズで、重量もW04と比較するとやや軽め。どちらも持ち運びには問題ないサイズ・重さで、後は使う人の好み次第。ちなみに色味はW04がグリーン・ホワイトの2色展開であるのに対し、WX03はホワイトゴールド・ディープブルーの2色。

WiMAXルーター端末の発売時期や製造メーカーの違いにも注目

WiMAXルーター端末の比較・検討で大事なのは、いつ発売されたルーターなのかの「販売開始時期」。機種ごとに細かな機能の違いはあるものの、当サイトのおすすめは原則として発売時期がより新しい最新機種のルーターです。なぜならば、上で説明したW04のUSB Type Cのような細かい改良・改善が、最新機種では必ずなされているからです。

発売時期の新しいHuawei製のW04は機能が改善・向上

Huawei製のWiMAXルーター・W04の販売が開始されたのは2017年2月、WX03は2016年12月とわずか2カ月の違いですが、WiMAXのルーターは新しい製品ほど機能やスペックが向上しているもの。つまりW04とWX03の比較で、もし2機種の違いをそれほど大きく感じられなかったり、見た目やデザインのこだわりが無ければ、おすすめのWiMAXルーター端末は間違いなくW04です。

W04 WX03
製品イメージ
2017年2月 販売開始時期 2016年12月
Huawei(ファーウェイ) 製造元・メーカー NECプラットフォームズ
【2018年1月追記】
W04の後継機種にあたるルーター「W05」が発売されたため、現時点でおすすめのWiMAXルーターはW04よりも最新のW05。また、WX03にも後継の「WX04」機種があります。

高い品質に期待!国産・NEC製のWX03端末

一方、WX03ルーターの特徴の1つに国産のNEC製という点があります。国産ルーターということで壊れにくかったり、サポートがしっかりしているといった印象を持つ方もいらっしゃるかと思います。「国産・NEC製の方が安心!」であれば、WX03もWiMAXのルーターとして優良な選択肢の1つ。

なお、WiMAXのルーターは基本的にW〇〇(Wと2桁の数字)系の機種がHUAWEI(ファーウェイ)社の機種で、WX〇〇(WXと2桁の数字)系の機種がNECプラットフォームズ社製の機種という違いがあります。

結局W04とWX03のどっちがおすすめ機種?

結局2つのWiMAXルーター機種を比較してどっちがおすすめなのか?と聞かれれば基本的にはW04。ただしWiMAXの利用シーンや利用場所によってはWX03の方がおすすめというケースも考えられます。

W04のおすすめ理由は最新端末であることと通信速度

まずW04をおすすめする理由の1つがWX03と比較して最新端末であること、またW04であればWiMAXのハイスピードエリアモードに対応しており最大通信速度の点でもWX03を上回る点。WiMAXが圏外となる可能性のある地方や郊外地域での利用では、auのLTE回線を使えれば通信できるのに!というシーンが多そうです。
 
またハイスピードプラスエリアモードのLTEオプション料金が無料となるWiMAXの3年契約を検討している場合、LTEオプションを利用できないWX03機種を選択しては無料の意味がなくなります。

WX03をクレードルとセット購入して電波受信感度を高める方法も

一方、自宅はWiMAXの対応エリア内だが屋内や室内だと少し電波が弱い、といったケースも。その場合はWX03とクレードルをセット購入して、室内での電波受信感度を高める方法も有効です。

補助アンテナがあるWX03のクレードル

WX03専用クレードル
WiMAXルーター「WX03」専用クレードル

クレードルはWiMAXルーター端末専用の卓上充電器のような機器で、WX03専用クレードルには「Wウィングアンテナ」と呼ばれる補助アンテナが付いています。このアンテナには電波の受信感度を向上させる機能があるのです。
 
電波受信感度が上がることで通信が安定化すれば、実測速度や体感速度も良くなることが期待できます。W04のクレードルには受信感度を高めるような補助アンテナが無いため、WX03とは違いクレードルによる感度向上を期待できません。自宅での電波感度が気になるという方に、WX03とクレードルのセットもおすすめです。

実際の利用者による評判やレビュー

最後にW04やWX03のルーター機種を実際に利用中の方による評価や口コミを紹介します。W04とWX03の比較の参考としてご覧ください。

W04の実測通信速度の評判・レビュー

WiMAXのルーター機種・W04では最大速度ほどではないものの、通常のインターネット通信には問題ない十分な実測速度が出るというレビューが多数あり、速度の評判は良い様子。

またW04から搭載された3段階のパフォーマンスモードの設定内容により、実測スピードが大きく変わるとの口コミもあり、期待通りの速度が出ない場合は設定を見直してみることがおすすめです。

WX03の場合、建物内でWiMAXが圏外となる際に困るとの口コミ

WX03の場合、auの4G/LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードを利用できないため、WiMAXが圏外となる場所ではインターネット通信を一切行うことができません。

最後は見た目で比較してWiMAXのルーターを決める手も!

WiMAXのルーターは毎日持ち歩くものなのでやっぱり見た目も重要!W04のスティックタイプの形状や、目につきやすいグリーンのデザインは評判が良いようです。

※WiMAXのルーター機種「W04」「WX03」についての評判やレビュー情報は、随時更新・追加しています。
 

以上、WiMAXのルーター機種・W04とWX03を幅広い観点で比較しました。

基本的にW04がおすすめ機種であるものの、国産メーカーの方が安心できる方、自宅でクレードルを使用したい方にはWX03もおすすめです。

また、それでも迷うという場合はデザインで決めたり、UQコミュニケーションズ社が提供する無料のルーターお試しサービス・Try WiMAXで実際の機種を使用してから決める手も。
 
またWiMAXのルーターは多くのプロバイダで無料提供されるため、WiMAXの契約ではルーター比較と同時に月額料金やキャンペーンの比較が重要。当サイトでは主要なWiMAXプロバイダの最新料金プランやお得なキャンペーン情報を紹介しています。当サイト限定のキャンペーン情報もありますので、ぜひ一度ご確認ください!

【WiMAXのルーター比較や最新の料金・キャンペーン情報も!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら