【2020年3月予定】無印WiMAX回線の停波・サービス終了影響まとめ

【2020年3月予定】無印WiMAX回線の停波・サービス終了影響まとめ

WiMAX終了

2009年2月から提供されていたWiMAXサービスの2020年3月末での停波・終了停波がUQコミュニケーションズ社の発表により、公式に確定しました。
 
これを聞いて「WiMAXが無くなる?!」と思われた方もいるかもしれませんが、現在提供されているWiMAXサービスはWiMAX2+という新しい通信回線が主流。つまり、ここ数年の間に契約した方や今後新たにWiMAXを利用する場合、WiMAXの終了・停波は影響ありません
 
では、WiMAXサービスの終了・停波による影響は何でしょうか?現在主流のWiMAX2+と比較して、“無印”と呼ばれることもある初代WiMAX回線の違いや特徴、サービス終了に伴う必要な対応などを紹介します。

2018年9月UQコミュニケーションズが公式発表~無印WiMAXの停波時期確定

2018年9月、WiMAXの通信回線を運用するUQコミュニケーションズ社は、WiMAXサービスを2020年3月に停波・終了すると公式発表しました。現在のWiMAX2+は2013年に開始された新しいサービスであるのと比較して、初代WiMAXは2009年に開始された古い通信回線サービス。

この古いサービスは、旧回線と呼ばれたり、WiMAX1(シングル)などと呼ばれることもありますが、当ページでは無印WiMAXと呼称を統一して解説します。

まずは無印WiMAXのサービス終了・停波の時期やスケジュール、具体的な影響内容を解説します。

2020年3月31日・無印WMAXの通信回線が停波、サービス終了

2018年9月にUQコミュニケーションズから公式発表された情報によると、無印WiMAXの電波が停止(停波)し、サービスが終了する時期は2020年3月31日の予定。これに伴い、WiMAXサービスはすべてWiMAX2+回線を利用する通信サービスとなります。
 
そもそも無印WiMAXとWiMAX2+を比較した際の違いは何でしょうか?

WiMAX通信は2.5GHzの周波数帯の電波を利用する点は違いなし

無印WiMAX・WiMAX2+のどちらも、国から割り当てられた2.5GHzの周波数帯域の電波を使用する点で違いはありません。この2.5GHzの周波数帯の中で50MHz幅がWiMAX専用の割り当て分です。
 
ちなみに、WiMAXと比較すると携帯電話やスマホが利用する4G・LTE通信の周波数帯域は700~900MHzと低い周波数帯域の電波。一般に電波は周波数が低い方が高い建物などに遮られにくく、比較的安定接続しやすいとされています。

無印WiMAXに割り当てられていた10MHzはWiMAX2+で使う

これまでWiMAXでは50MHz幅の割り当てのうち40MHz幅をWiMAX2+で使っているのと比較して、無印WiMAXの使用帯域は10MHz幅のみ。この点からも、すでにWiMAX2+が主流であると分かります。
 
またWiMAX2+は下り最大速度558Mbpsの高速インターネット通信が可能なのと比較して、無印WiMAXはもともと下り最大速度40Mbpsであったものの、すでに最大速度13.3Mbpsまで低速化されている点も大きな違い。

50MHzの使用帯域

無印WiMAXが停波する予定の2020年3月31日以降、50MHzのすべてがWiMAX2+通信で使うことになり、通信速度がさらに向上しそうです。

2018年10月以降は無印WiMAXのみを利用するプランに加入できない

無印WiMAXのサービス終了に伴い、2018年10月以降は新たに無印WiMAXのみを利用するプランに加入できないこともUQコミュニケーションズの公式発表に含まれています。また、UQ WiMAXを除く多くのプロバイダがすでに無印WiMAXプランに対応しておらず、2018年10月以降、WiMAXを利用する場合はWiMAX2+料金プランの契約が必要です。

UQ WiMAXで新規契約ができなくなるプラン

2018年10月以降、新規契約ができなくなるUQ WiMAXのプランは以下の4つです。

  • UQ Flat年間パスポート(1年契約、月額料金3,696円の使い放題プラン)
  • UQ Flat年間パスポートハート割(1年契約、月額料金3,315円の使い放題プラン ※「障がい者手帳」「療育手帳」「精神障がい者保健福祉手帳」のコピーの提出が必要)
  • UQ Flat(月額料金4,267円で使い放題の定額プラン)
  • UQ Step(月額362円から4,743円の2段階定額プラン)

UQ 1dayのみ、2020年3月末まで購入・利用可能

無印WiMAXを使用する通信サービスのうちUQ 1dayのみが例外で、2018年10月以降も利用可能で、2020年3月末の停波・サービス終了予定時期まで、利用時間の購入や利用が可能です。
 
UQ 1dayの名の通り1日単位での購入・利用が可能なプランですが、利用には無印WiMAX(ノーリミットモード)対応機器が必要です。また別途申し込みが必要ですが、東海道新幹線車内などで使用できるUQ Wi-Fiサービス利用できます。

無印WiMAXの停波でノーリミットモードを使った通信ができなくなる

サービス終了となる2020年3月末の停波以降は、無印WiMAX回線を利用する通信モード・ノーリミットモードを使ったインターネット通信ができなくなります。これによる影響は、無印WiMAXのみに対応したルーター機器だけではなく、無印WiMAX回線にも対応した一部のWiMAX2+ルーター機器も対象です。

ノーリミットモードと他の通信モードを比較した時の違い

無印WiMAXの契約プランではノーリミットモード通信を、月間データ通信量の制限なしで利用できる点がメリットでした。また現在もWiMAX回線を利用するノーリミットモードに対応したルーター端末であれば、通信量無制限で利用可能です。

比較するとWiMAX2+の標準通信モード・ハイスピードモードには月間7GB制限のプランがあったり、無制限のギガ放題プランでも3日間で10GBの制限や超過すると速度制限がかかる点が大きな違い。

一方で通信速度を比較すると、ノーリミットモードの下り最大速度13.3Mbpsに対して、WiMAX2+回線とauの4G・LTE回線を利用するハイスピードプラスエリアモードは下り最大速度758MBpsと大きな違いがあります。

以上をまとめると、以下の3点が無印WiMAXの停波・サービス終了に伴うポイントです。

  1. 無印WiMAXは2020年3月31日に終了・停波予定
  2. 2018年10月以降は無印WiMAXのプランに新規加入できない
  3. 2020年3月以降はノーリミットモード通信ができない(WiMAX2+対応ルーターの一部機種も影響を受ける)

無印WiMAXの停波で切り替えが必要な契約プランやルーター端末

ここまでの説明の通り、無印WiMAXの停波により影響を受ける可能性があるのは比較的古くからWiMAXの利用を続けている方。無印WiMAXのサービス終了・停波により、切り替えが必要となる契約プランやルーター端末、必要な対応・対策をまとめます

無印WiMAX回線を利用する契約プランは2020年3月末で契約が自動解除

前述した2018年10月以降、新規契約ができなくなるプランの通り、以下の4つの契約プランは2020年3月末でサービスが終了、自動的に契約解除となります。これに伴い、契約解除料などが請求されることはありませんが、2020年3月末のサービス終了時期よりも前に途中解約する場合は規定の解約金・解除料が発生します。

【2020年3月末にサービスが終了するプラン】UQ Flat年間パスポート / UQ Flat年間パスポートハート割 / UQ Flat / UQ Step

2020年3月以降もWiMAXを利用するためには、WiMAX2+契約プランへの切り替え・変更が必要です。

利用中のWiMAX機器・ルーター端末が古い場合

無印WiMAX回線を使うノーリミットモード通信のみが可能な、モバイルルーター機種やデータカード、WiMAX搭載パソコンはサービス終了以降、一切通信が行えなくなるほか、WiMAX2+対応ルーターの中でもノーリミットモード通信が可能な端末には停波に伴う影響があります。

ノーリミットモード通信のみが可能なWiMAX機器

具体的には、下記のようなデータ通信カードやモバイルルーター機種がノーリミットモード通信のみに対応しており、2020年3月の停波・サービス終了以降は利用できなくなる機器です。

WiMAX機器・データ通信カード

WiMAX機器・モバイルルーター

WiMAX2+対応ルーターの中で影響のある機器

WiMAX2+ルーターの中で影響のある機種は、無印WiMAX回線に接続可能なノーリミットモードを利用できる機種。2020年3月末予定の停波以降、利用できる通信モードがハイスピードまたはハイスピードプラスエリアモードのみとなります。

WiMAX2+・ノーリミットモード対応端末

これら影響のあるWiMAX機器を利用中の場合は、下記の「おトクに機種変更」キャンペーンなどを利用、早めのWiMAX2+対応端末への切り替え・変更がおすすめです。

WiMAX2+プラン、対応ルーター機種へ無料で変更できるキャンペーン

2020年3月予定の無印WiMAXの停波・サービス終了に合わせ、UQ WiMAXでは2018年10月から「おトクに機種変更」キャンペーンなどを実施します。契約解除料、事務手数料やルーター端末代金が無料で、WiMAX2+対応ルーター機種への変更が可能なほか、お得な料金でWiMAX2+の料金プランへ契約を移行できるキャンペーンです。

なお、WiMAX2+プランを契約中で、無印WiMAX(ノーリミットモード)対応ルーター機種を利用している場合、この「おトクに機種変更」キャンペーンの対象外。契約先の各プロバイダに機種変更の可否を確認する必要があります。

WiMAX2+の2つの月額料金プラン~月間通信量7GB制限とギガ放題

WiMAX2+の月額料金プランは大きく分けて2つで、月間データ通信量7GB制限プランと月間通信量無制限のギガ放題プラン。ギガ放題プランと比較して、月間7GB制限プランは月額料金が安い点が特徴ですが、月間通信量が7GB以上となると速度が約128Kbpsまで低速化される非常に厳しい速度制限がかかります。
 
またUQ WiMAXの場合、無印WiMAXの契約プランからWiMAX2+への変更の場合、移行措置としてギガ放題プランを月間7GB制限と同じ月額料金(通常月額料金4,380円が3,696円に、契約期間3年間を通して割引適用)で利用できます。

WiMAX2+利用者の約8割が契約する人気のギガ放題プラン。無印WiMAXと同様、月間通信量無制限でWiMAXを利用可能で、おすすめです。

月間無制限のギガ放題プランでも3日間で10GBのデータ通信量制限

無印WiMAXの使い放題に慣れている場合、迷わずおすすめは月間通信量無制限のギガ放題プランへの変更ですが、無印WiMAXとの違いで注意が必要な点が、ギガ放題プランを契約中でも直前3日間の通信量合計が10GB以上になると速度制限がかかる点。
 
これはUQコミュニケーションズが定める「ネットワーク混雑回避のための速度制限」で、どのWiMAX2+プロバイダで契約しても共通の速度制限ルールです。

WiMAX2+対応ルーター機種は下り最大速度758Mbpsの高速通信が可能

無印WiMAXプランからWiMAX2+への契約移行では、通常発生する契約解除料・登録料が無料となるほか、WiMAX2+対応ルーター端末に無料で機種変更も可能。交換可能なルーター機種は、モバイルWiFiルーター端末であるW05(HUAWEI製)とWX04(NEC製)、ホームルーター端末のHOME L01s(HUAWEI製)の3機種。
 
中でもおすすめは下り最大速度758Mbpsの高速通信に対応したモバイルルーター・W05機種です。

おすすめモバイルルーターは最新機種W05

W05ルーター
下り最大速度758Mbps対応!最新機種W05

無印WiMAXが下り最大速度13.3Mbpsと低速なのと比較して、WiMAX2+回線のメリットは高速通信。中でもWiMAX史上最速のルーターと言われるW05は、2018年9月時点の最新機種で、おすすめ機種。
 
WiMAX2+回線と同時にauの4G/LTE回線を使用する通信モード・ハイスピードプラスエリアモードでは下り最大速度758Mbpsでの高速通信が可能です。

W05以外に無料で機種変更可能なWX04とHOME L01sは、共に下り最大速度440Mbps対応とW05と比較して通信速度が劣ります。

auの4G/LTEを利用するハイスピードプラスエリアモードも使える

auの4G/LTEを利用するハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+圏外エリアでもauの4G/LTEネットワーク内であれば、WiMAXのルーター端末経由でインターネット通信が可能となる便利な通信モード。WiMAX2+対応ルーターの比較的新しい機種では、WiMAX2+回線を利用する標準のハイスピードモードに加えて、このハイスピードプラスエリアモードを使うことができ、ルーター端末上の通信モード設定を切り替えて使用できます。

旧契約からWiMAX2+の3年契約への移行でLTEオプションが無料

ハイスピードプラスエリアモードを利用した月には、月額1,005円のLTEオプション料金の支払いが必要ですが、WiMAX2+の3年プランに移行すると、このLTEオプションが月額料金に含まれ、ハイスピードプラスエリアモードを実質無料で利用可能
 
ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでの通信量制限のある点に注意が必要ですが、利用可能エリアが広がり、高速通信が可能となるLTEオプションを無料で利用できる3年プランはおすすめです。

MVNOでの契約の場合は、各プロバイダへの確認が必要

以上、このページで紹介した内容はUQコミュニケーションズの公式発表をもとにUQ WiMAXでの契約を前提とした、無印WiMAXの停波・終了に伴う機種変更や料金プランの変更、キャンペーン情報です。
 
このため、UQ WiMAX以外のMVNO・サービスプロバイダで無印WiMAX契約・利用している場合は各プロバイダへの確認が必要です。
※今後、各MVNOから無印WiMAX利用者向けの移行キャンペーンなどが発表された場合は、随時このページの情報を更新予定です。

以上、無印WiMAXの停波・サービス終了に伴う、影響について解説しました。

現在、無印WiMAXでの契約・古い機種のモバイルルーターなどのWiMAX搭載機器を利用中の場合は、以下が具体的な対応・対策となります。

  1. 「おトクに機種変更」キャンペーンを利用、契約解除料・事務手数料無料でWiMAX2+プランへ契約を移行
  2. WiMAX2+契約プランは、月間通信量無制限、月額3,696円で利用可能なギガ放題プランがおすすめ
  3. WiMAX2+対応ルーターは、モバイルルーター最新機種、下り最大速度758Mbps対応のW05がおすすめ

またWiMAX2+サービスを契約可能なプロバイダは20社以上あり、中にはキャッシュバックキャンペーンや安い月額料金のプロバイダも。現在無印WiMAXを利用中であれば、契約の終了・更新タイミングでのプロバイダ変更もおすすめです。各WiMAX2+プロバイダの料金・キャンペーンについては、ぜひ当サイトの最新情報を参考にしてください。

【WiMAX2+のお得な料金・キャンペーン】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら