【超簡単!】WiMAXのルーター初期設定の方法と困ったときの対策

【超簡単!】WiMAXのルーター初期設定の方法と困ったときの対策

端末が届いたらすぐ使える

誰でも簡単に短時間で設定できると言われるWiMAXのルーター端末などの初期設定。とは言え、IT機器の設定操作に不慣れな方にとっては分かりづらい点もあるかもしれません。
 
そこでこのページでは、WiMAXのルーター端末の設定や、接続するiPhoneなどのスマートフォン・ノートパソコン側の初期設定の方法などについて、詳しくかつ分かりやすく解説しています。また初期設定で設定した内容の確認方法、WiMAX利用開始後に設定を変更する方法についても併せて説明していきます。

誰でも簡単♪WiMAXルーターの初期設定方法

WiMAXの初期設定は何も問題なければ5分程度で終わるもので、特にIT機器のネットワーク設定に慣れている方などにとっては非常に簡単な設定です。
 
ところが、想定外の問題が起きたり、マニュアル通りにやってもなかなか接続が上手くいかず、初期設定が完了しないケースも。ここでは初期設定の方法・手順の確認と上手くいかない時の確認方法などを紹介します。

WiMAXのモバイルルーターが届いたら、まずは開梱・同梱物の確認

W05のイメージ
WiMAXのモバイルルーター「W05」

WiMAXのプロバイダの中には最短で契約・申し込み当日の発送、翌日にはWiMAXのルーターが自宅に届く場合もあります。また店頭で加入した場合、早いときはその場でWiMAXのルーターを入手できることもあります。すぐにインターネット利用を開始できるのがWiMAXの魅力ですが、利用開始にはルーターなどの初期設定が必要です。
 
まずはルーター端末の入った箱を開梱し、同梱物をチェックしましょう。充電用のケーブルや設定方法の確認に必要なマニュアル・説明書が同梱されています。不足しているものが無いか、まず初めに確認しましょう’。

付属のSIMカードをルーター本体にセット

WiMAXのルーターがインターネット通信を行うためには、スマートフォンや携帯電話と同様、SIMカードが必要です。このSIMカードは通常、ルーター本体と一緒に同梱されています。
 
SIMカードの取り付け位置はルーター機種により異なるため、取り付け場所が分からない場合は取扱説明書で確認してください。SIMカードの取り付けでよくありがちなミスが、SIMカードの向きの間違い。挿し込む方向に注意して、SIMカードをルーターにセットします。

ルーター側の初期設定は端末の電源を入れるだけ!

ルーターの電源実は、WiMAXのルーター側の初期設定としては特に何もすることが無く、電源さえ入れれば利用可能な状態になります。ここがWiMAXの初期設定が簡単と言われる理由でもあります。まずはルーター端末本体にある電源ボタンを長押しして、電源を入れてみてください。

ルーターの電源ランプが点灯しない場合は…

もし電源が入らない、ランプが点灯しないという場合は、付属のUSBケーブルを使って十分に充電してから再度電源ボタンを押してみます。あるいは、WiMAXのルーター端末内部にある電池パック(バッテリー)を一度外して再度装着、電源が入るか確認するのも効果的。
 
ただし、それでもまだWiMAXルーターの電源が入らない場合は初期不良の可能性もあり、契約プロバイダに問い合わせてみる必要があります。

電源が入ったら、アンテナの状態で電波の受信状況を確認!

問題なくアンテナが立っていれば、ルーター側のWiMAX接続設定は完了した状態となります。アンテナが立っていない場合、SIMカードの挿し込み方向が間違っているか、自宅がWiMAXの圏外となっている、ルーター機器の初期不良などの可能性もあります。

再度、SIMカードの方向が誤っていないか確認、ルーターを窓際などWiMAXの電波が入りやすい場所に移動させたりして試してみましょう。

次に、接続するiPhoneなどのスマホやノートパソコンの無線LAN設定画面へ

無線LANの設定画面を開くルーターの電源が入り、問題なくWiMAXの電波を受信していることが確認できたら、次にWiMAXと接続させたいスマートフォンやパソコンなどの機器でWiMAXとの接続設定を行います。
 
iPhoneやiPadなどのApple社製の製品やWindowsパソコン、XperiaなどのAndroid系スマートフォンなどで、設定画面の呼び方などが多少異なりますが、無線LANやWi-Fi、ワイヤレスネットワークとの接続を設定する画面が必ずあります。まずはこの設定画面・設定メニューを開きます。

接続先ネットワーク(SSID)にWiMAXルーターを選択、パスワードを入力

スマートフォンやパソコン上の無線LAN設定画面には、接続先候補(アクセスポイント)が一覧表示されます。この一覧には接続可能なネットワークの名称(SSID)が並んでおり、この中から自分のWiMAXルーターのSSIDを選びます。

SSIDが分からない場合は、WiMAXルーターの本体裏側や箱に記載がないか確認してみましょう。またルーター本体の設定メニューからSSIDを確認することも可能です。

iPhoneやパソコン上で接続先のネットワーク(SSID)を選択すると、次にパスワードの入力を求められます。このパスワードは自分のWiMAXルーターに接続するために常に必要なパスワードで、本体に記載されているかルーター本体の「情報」メニューから確認可能です。
 
このパスワードを知っていると誰でもそのWiMAXルーターに接続できてしまうため、しっかり自分自身で管理する必要があります。

インターネット接続設定完了!

接続完了パスワードの入力が完了すると、手元のIT機器からWiMAXのルーターを経由してネットに接続できるようになります。問題なくWEBサイトが閲覧できたりインターネット通信ができるようになっていれば、WiMAXの初期設定は無事完了したということになります!

インターネットに接続できない場合は

WiMAXルーターへの接続パスワードの設定が間違っていて、インターネットに接続されていない可能性があります。よくある間違いに、パスワードの中の「O」(英語のオー)と「0」(数字のゼロ)を間違って入力していたり、「l」(英語小文字のエル)と「I」(英語大文字のアイ)を見間違えたり、といったことがあるようです。もう一度、パスワードの文字列を確認して再入力してみることがおすすめです。

WiMAXの設定で困った時のお役立ちサイト

マニュアルを読んでも、このページを読んでも初期設定が上手くいかない!と言う場合は、ルーターの故障や初期不良の可能性もあるため、基本的にはプロバイダへの連絡・相談が必要です。
 
ただし、マニュアルを紛失してしまった!もっと詳しく手順を確認したい!といった場合は、以下のWEBサイトも役に立ちます。

UQ WiMAXのホームページではルーター全機種のマニュアル・設定を確認可能

UQ WiMAXのWEBサイトでは、WiMAXのルーター全機種のマニュアルや初期設定方法、困った際の対策方法などの詳細を確認できます。どうしても上手くいかない場合は、こちらのWEBサイトを参考に対策方法を確認することで問題を解決できるかも知れません。
参考:UQ WiMAX・製品サポートナビ

便利な変更メニューと設定内容の確認・変更方法

WiMAXのルーター本体では、ルーターの電波受信状態を確認したり、WiMAXの月間通信量を確認可能なほか、各種設定内容の確認・変更も可能です。初期設定を終えたら、次に知っておきたいのがいくつかの設定変更方法。みなさんが利用される機会が多いであろう、各種モードの変更について紹介します。

WiMAXの通信モードの変更方法

比較的新しい機種のWiMAXルーターでは、初期設定後の通信モードの設定はWiMAX2+回線を利用する「ハイスピードモード」になっています。また、auのLTE回線を使用する「ハイスピードプラスエリアモード」へは手動で設定を変更する必要があります。
 
ハイスピードプラスエリアモードではより高速のインターネット通信が可能となるほか、WiMAX2+のエリア圏外でもauの対応エリアであれば通信できる便利な機能。ルーター本体の「設定」メニューなどからWiMAXの通信モード変更ができますので、事前に方法を確認しておくと良いでしょう。

auのLTE回線を使用するハイスピードエリアモードでは速度制限に注意

便利なハイスピードプラスエリアモードですが、使い過ぎには注意が必要。WiMAXの契約プランが月間通信量の上限がないギガ放題プランであっても、auのLTE回線を経由した通信は月間7GBまでという制約があり、これを超過すると約128Kbpsまで通信速度が低速化される厳しい速度制限が発生します。
 
「設定を元に戻すのを忘れた!」といったことがあると、気付かないうちにWiMAXの速度制限が発生することもあるため注意が必要です。

古い機種ではauのLTE回線に対応していない機種も

WX02やWX01などの比較的古い機種ではauのLTE回線を使用するハイスピードプラスエリアモードに対応していません。その代わりWiMAX通信とWiMAX2+通信の2つのモードに対応していますが、これらの通信モードを手動で設定・変更することはできずルーター側で自動的に切り替えが行われます。

電力パフォーマンスモードの設定変更方法

W05やW04、WX04といった比較的新しいルーター機種では、省電力モードなど電力の消費ペースを変更する機能も。バッテーリーが足りないので電力消費を抑えたいといった時にWiMAXルーターの稼働時間を延ばすことができ、知っておくと便利な機能です。
 
W05やW04の場合、「ハイパフォーマンス」「ノーマル」「バッテリーセーブ」の3つのモードがあり、それぞれルーター上で設定変更が可能です。

バッテリーセーブモードでは速度が遅いと感じることも

バッテリーセーブモードなどでは、ルーターの消費電力を抑えるために通信速度も低減されることがあります。バッテリーセーブモードの設定のままにしておくとWiMAXの速度が遅いと感じるかも知れません。充電できる環境ではハイパフォーマンスモードに設定を変更するなど、こまめな設定変更もWiMAXの快適な利用に効果的。

設定の確認・変更はルーター専用アプリやブラウザからも可能!

WiMAXのルーターには、設定内容や月間の通信量を確認したり、各種モードの変更操作が可能なWiMAX専用のスマホアプリも。あらかじめ手元にあるスマホにアプリをダウンロードしておくことで、設定内容の確認・変更の操作を、ルーター本体をカバンなどから取り出さなくても簡単に行えるようになります。
 
またWiMAXのルーターに接続中のパソコンのWEBブラウザなどからルーターの設定画面にログインし、ルーターの状態や設定内容を確認したり、設定内容を変更する方法もあります。

ルーター設定画面のURLアドレス・ログイン方法

WiMAXのルーターと接続済みの端末を使ってWEBブラウザを開き、URLアドレス欄に「http://speedwifi.home/」と入力すると、ルーターの設定画面にアクセスできます。ログイン用のIDとパスワードの入力が必要ですが、初期状態ではIDには「admin」、パスワードにはルーター機器固有のIMEI番号の「下5桁」が設定されています。
 
ルーターの設定画面にログインすると、WiMAXルーターの通信状態や累積の通信量、各種モードの設定状況の確認や変更が可能です。

機種変更時の便利機能・Wi-Fi設定お引越し機能

WX04やW05など比較的新しい機種に機種変更する際、Wi-Fi設定お引越し機能を使うとスマートフォンなどのIT機器側での設定操作が不要となるので便利。
 
これは、以前まで使っていたWiMAXルーターのSSIDやパスワードを新しいルーター機種にも引き継ぐことができる便利な機能で、WiMAXルーターに接続する機器側から見ると同じSSIDやパスワードでルーターに接続可能なため、何も設定操作をする必要が無いのです。
 
 
以上、WiMAXの初期設定や設定変更方法に関連したトピックスを解説させていただきました。

こうして文字で読むと難しく感じるかも知れませんが、実際にルーターを手に取ればあっという間に設定が完了することの方が多いのです。事前にWiMAXの設定方法をしっかり調べるよりも、まずは実際に設定操作をやってみて分からなかったらWEBで調べる、というのも効率的。

当サイトでは、WiMAXの設定方法以外にも通信速度や速度制限、サービスエリアなど、さまざまな観点でWiMAXの最新情報を解説しています。ぜひ他のコンテンツも一度ご覧ください!

【WiMAXの最新情報をお届け!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら