【徹底比較】WiMAXの5つの利点・メリットと注意すべきデメリット

【徹底比較】WiMAXの5つの利点・メリットと注意すべきデメリット

選択

いざWiMAXの契約にあたっては、メリットとデメリットを十分に比較してから契約したいもの。もちろん当サイトではWiMAXをおすすめしていますが、このページではその利点だけでなく、少し注意が必要な欠点もまとめて解説します。
 
とは言え、利用シーンやWiMAXの他にどんなインターネット接続サービスと比較するかでメリット・デメリットは変わるもの。このページでは固定回線や他のモバイルWiFiとの比較を通して幅広くWiMAXの利点や注意点をまとめてお伝えします。しっかりメリット・デメリットを比較、納得の上でWiMAXの利用を始めましょう!

コンテンツ

5つの利点・メリット~WiMAXをおすすめする理由~

利用者が急増中で人気のポケット・モバイルWiFiであるWiMAXですが、その魅力やWiMAXのある生活のメリットは一体何でしょう?様々な利点やメリットが考えられますが、当サイトでは以下の5点を“WiMAXが人気・おすすめの理由”と紹介しています。

  1. いつでも、どこでも、高速・大容量インターネットが可能!動画再生もアプリ・音楽のダウンロードもスムーズ
  2. 開通工事などが必要な固定回線と違い、最短申し込み当日からWiMAXのWiFiルーターを利用開始可能
  3. ルーター1台で、スマホやノートパソコン、iPadなどのタブレット端末がすべてネット接続可能
  4. スマホのテザリングよりも電池が長持ち、長時間のネット接続でもバッテリーの心配なし
  5. インターネット無制限のお得な料金プランで、動画視聴も音楽のダウンロードも無制限

“ルーター”と呼ばれるWiMAXの通信端末1台で、これらのメリットをすべて手に入れられる点がWiMAXの利点です。
 
一方、WiMAXは完璧ですべての人にデメリットの無いモバイルWiFiという訳ではありません。ここからはWiMAX以外のインターネット接続サービスと比較しつつ、細かくWiMAXのメリットやデメリットを解説します。

光ケーブルなどの固定回線と比較した場合のメリット・デメリット

マンションなどの集合住宅の場合はフレッツ光やauひかりなど、すでに光ケーブルのインターネット回線があり、回線契約さえすれば自宅ですぐにインターネット接続が可能になるところも多い様子。基本的に自宅でのみ使用する「固定回線」と比較した場合のWiMAXのメリットにはどんな点があるでしょうか?

自宅の固定回線に対し、外出先でも使えるルーターが最大の利点

WiMAXのメリットの1つが「WiFiルーターを持ち運び可能」な点。インターネットをするのが自宅のみの場合はメリットになりませんが、外出先でも、移動中でもインターネット通信を利用したい場合、固定回線よりも圧倒的にWiMAXがおすすめ。
 
「外出中はスマホでネットが使えるからいい」という場合でも、通信容量を気にしながらのインターネットよりもWiMAXの月間通信量無制限プランを契約すれば気兼ねなく通信できる利点も。

料金が比較的安く開通工事が不要な点もWiMAXのメリット

Broad WiMAX
当サイトおすすめのBroad WiMAXであれば
月額2,000円台からインターネットを利用可能。

固定インターネット回線の利用料金が一般的に月額4,000~6,000円であるのと比較して、WiMAXは月額3,000円前後とインターネット費用を節約できる点もWiMAXの大きな利点でありメリット。
 
また引っ越し直後であれば、固定回線の場合は契約や開通工事の立ち会いが必要となるのと比較して、WiMAXはWEBサイトから簡単に申し込みでき、最短で契約・申し込み当日からインターネット接続が可能と、手間や時間がかからない点もメリットの1つです。

光回線との比較でも十分なインターネット通信速度

WiMAXの契約を検討する際、通信速度に不安を感じる方もいるようです。自宅用光回線の広告では「上りも下りも最大速度1Gbps!」などと謳われるのと比較して、WiMAXの通信速度は数百Mbpsと劣っているように考える方も。ただ、これらの速度は理論値で、その時々のインターネット回線状況により通信速度は変化します。

一般的に下り通信速度が10~20Mbpsあれば快適な通信が可能

特にマンションなどの集合住宅では共有の通信回線のため、混雑状況や時間帯でインターネットへの繋がりやすさが変わります。いずれも一般的には10~20Mbps程度の下り通信速度があれば快適に動画などを視聴可能と言われており、光回線などの固定回線でもWiMAXの速度でも十分高速なインターネット通信が可能です。

地方における対応エリアの狭さはWiMAXのデメリット

WiMAXの最大のデメリットを挙げるとすれば対応エリアの狭さや繋がりにくさ。都市部(首都圏や大阪、名古屋、札幌、福岡など)ではほぼ全エリアをカバーしていますが、地方や山間部にはWiMAXの圏外エリアもまだあります。
 
WiMAXの圏外エリアに住んでいたり、そうした場所で安定したインターネット接続サービスを探している場合、この点は大きなデメリット。利用エリアによっては、固定回線や他のインターネット接続サービスの方がWiMAXと比較してメリットが大きくなります。

【まとめ】
固定回線と比較したWiMAXのメリットは「持ち運びができ、外出先でも使える」点で、料金の安さも利点。比較してエリアカバー率の低さはWiMAXの欠点でありデメリット。

他のポケット・モバイルWiFiと比べた場合のメリット・デメリット

ドコモやソフトバンク(Yahoo!Wi-FiやY!mobileも含む)など通信会社各社が提供するポケットWiFiやモバイルWiFiルーターサービスとWiMAXを比較した場合はどうでしょうか(ちなみにauの場合、WiMAXがauの公式モバイルWiFi)。
 
“持ち運び可能なWiFiルーター端末”を使うサービスという点では同じでメリット・デメリットの違いも少ないのですが、他のポケットWiFiと比較した場合のWiMAXの利点は、月間通信量無制限のギガ放題プランを安い月額料金で利用可能な点です。

通信速度はドコモ・ソフトバンク回線のサービスと同等で欠点なし

WiMAXや、ドコモやソフトバンクのLTE回線を利用する各ポケットWiFiサービスは、基地局増加や通信設備の改善・通信技術の向上の結果、年々通信速度が改善しています。利用するルーター機種により細かなスピードの差はありますが利用中の体感通信速度にはほぼ差がない状態と言え、速度の違いや比較が大きな利点・欠点ではなくなってきています。
 
一方、インターネット接続の安定性の点では「WiMAXの方が繋がりやすいエリア」と「ドコモ・ソフトバンクLTE系のポケット・モバイルWiFiの方が繋がるエリア」の違いもあり、利用場所によってどちらのサービスがおすすめかが変わることも。WiMAXを利用する場合、まずは利用予定場所が対応エリアかの確認が重要です。

ギガ放題(月間容量無制限)プランの安い月額料金がWiMAXの利点

WiMAXと他のポケットWiFiを比較した際の最大の違いが月間通信容量無制限プランにおける月額料金。WiMAXをはじめ、各社の標準料金プランは「月間通信容量5GB~7GB制限」プランで、この標準プランでの料金差は比較的大きくありません。
 
ただし「月間通信容量無制限」のプランではWiMAXに優位性があり、動画をよく見る、スマホだけでなくパソコン接続でも利用するなど通信量が多くなる場合は通信量無制限のギガ放題プランがおすすめ。特に月間10GB以上、インターネット利用するような方に利点が大きいのがWiMAXです。

auユーザー限定の割引制度で、WiMAXの利点・メリットが拡大

auスマートバリューmineさらにauのスマホ・ケータイを契約中のauユーザーであれば、毎月最大1,000円がau利用料金から割引される「auスマートバリューmine」へ申し込み可能。auユーザーだけ割引があるのは、WiMAXサービスを運営するUQコミュニケーションズがauと同じKDDIグループの会社のため。
 
auのスマホ・ケータイを利用中の場合は割引適用後、実質2,000円台でWiMAXの無制限プランを使える大きな利点・メリットがあり、他社のポケットWiFiサービスを検討する必要がほぼありません。
※auスマートバリューmineなどauが適用する割引制度の詳細は、auの公式サイトでご確認ください。

スマホのLTE回線と比較して電波の繋がりにくさがWiMAXのデメリット

一方、他のポケットWiFiと比較した場合のWiMAXのデメリットは、固定回線との比較と同様、対応エリアや電波の繋がりやすさ。他のポケットWiFiの多くはスマートフォンや携帯と同じLTE回線を利用するインターネット通信サービスで、スマホや携帯の電波が入る場所ではポケットWiFiも繋がる仕組み。
 
WiMAXは独自の通信回線で、基地局も対応エリアも急速に拡大しているものの、LTE回線と比較するとまだ電波が繋がりにくいエリアも。都市部では問題ありませんが、地方ではデメリットとなりそうです。
 
※ご自分の利用エリアがWiMAXの対応エリアかは、WEBで簡単に確認できます。詳しくは【超簡単!】自分の場所がWiMAXサービス対応エリアか確認する方法をご確認ください。

WiMAXのクレードル購入やLTEオプションの使用でカバーする方法も

WX03専用クレードル
WiMAXルーター「WX03」専用のクレードル
WiMAXのルーター機種のうち、WX03とWX04と呼ばれる機種のクレードル(卓上型の充電器のような機器)にはWウィングアンテナと呼ばれる補助アンテナ機能があり、このクレードルを追加購入することで屋内・室内の電波感度が向上、繋がりやすさの改善効果も期待できます。
 
またWiMAXの契約内容により有料(月額約1,000円)となりますが、auのLTE回線経由で通信ができるLTEオプションの使用も便利。このオプションを利用するとWiMAXの圏外エリアでもauの対応エリア内であればインターネット通信が可能となります。LTE回線経由の通信は月間7GBの制限がありますが、WiMAX2+の電波が入りにくいエリアに限っての使用はデメリットを解消する有効な方法の1つです。

【まとめ】
動画視聴での利用など通信量が多くなる場合、ポケットWiFiと比較してWiMAXに大きなメリット。繋がりにくさは懸念点だが主要都市エリアなら問題なし。またクレードル購入やLTEオプションでデメリットの軽減も。

WiMAXとWiMAX2+の比較

サービス開始当初から続くWiMAXサービスと、2013年から開始されたWiMAX2+サービス。これから新規にWiMAXを契約する場合はWiMAX2+通信を利用することになるためWiMAXとWiMAX2+を比較する必要はありませんが、どのようにサービスが向上してきたか知る上では欠かせないもの。
 
ここでは旧来のWiMAXサービスと現在のWiMAX2+サービスを比較して改良された点・メリットと、一部制限が増えた点をデメリットとして紹介します。

WiMAX2+のメリット~下り最大558Mbpsの高速通信~

WiMAX2+のメリットは、何と言っても通信速度。旧来のWiMAXは下り最大速度40MbpsのサービスでしたがWiMAX2+で飛躍的に向上、下り最大110Mbpsとなったものが最近は下り最大速度558Mbpsまで高速化。WiMAX2+の基地局も増加中で、主要都市でほぼ100%のエリアカバー率もWiMAX2+のメリットです。
 
また繋がりやすさに応じてWiMAX2+回線に加えauの4G/LTE回線も利用可能なため、いつでも、どこでもWiMAXのルーター経由で高速インターネットに接続できる点も利点であり魅力です。

WiMAX2+のデメリット

サービス改善とともにメリットが増え続けているWiMAX2+ですが、旧来のWiMAXサービスから利用条件が厳しくなった点に契約期間が挙げられます。WiMAX2+は2年~3年契約が主流であるのと比較して、以前のWiMAXは1年契約も可能でした。できるだけ契約期間を短くしたい方にはデメリットですが、他のポケットWiFiも2年契約・3年契約が主流で、仕方がないところかも知れません。

【まとめ】
2年契約や3年契約といった契約期間の縛りはあるものの、WiMAX2+では通信速度が大幅に向上、また繋がりにくさも改善中である点がメリット。

契約・利用するプロバイダによって利点が変わる

ここまでWiMAXと他の通信サービスを比較してWiMAXのメリットを紹介しましたが、さらにWiMAXを契約するプロバイダによっても利点が変わります。契約プロバイダで特に変わるのが「料金」で、月額料金の違いに加えキャッシュバックキャンペーンなどの有無により料金面のメリットが大きく変化します。
 
つまり、WiMAXでは契約プロバイダによってさらに利点が増えたり、逆にメリットが減る可能性もあるということ。このためプロバイダの比較がとても重要です。ここではWiMAXの主要プロバイダのメリットや特徴を紹介します。

メリットが少ない本家UQコミュニケーションズのUQ WiMAX

UQ WiMAXロゴWiMAX通信のインフラ面を支えるUQコミュニケーションズが運営するプロバイダサービスが「UQ WiMAX」。他に20社以上あるプロバイダの本家とも言える存在ですが、このUQ WiMAXでの契約が良いかと言うと実は他のプロバイダと比較して料金が高くなる傾向があり、価格面の利点やメリットが多いのはUQ WiMAX以外のプロバイダです。

価格メリット大!月額が安いBroad WiMAX(ブロードワイマックス)

Broad WiMAX当サイトでおすすめしているBroad WiMAX(ブロードワイマックス)は月額料金が最も安く、毎月の費用負担が最も小さいというメリットのあるプロバイダ。また、当サイト経由でWEB申し込みをすると今ならAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンも。他のキャッシュバックキャンペーンで多い「受け取れるのは契約開始から1年後」と比較して、契約後にすぐ受け取れる点もメリットです。

最大4万円のキャッシュバックキャンペーンが魅力!GMOとくとくBB

GMOWiMAXプロバイダの中でも高額のキャッシュバック特典で有名なGMOとくとくBBで、メリットは新規契約対象の最大4万円以上にもなるキャッシュバックキャンペーン。Broad WiMAXよりも毎月支払う利用金額は高いですが、キャッシュバック特典を考慮した実質負担料金は最安クラスのプロバイダです。

キャシュバックの受け取りづらさは注意が必要なデメリット

価格面のメリットは大きいものの、実際のキャッシュバックの受け取りは契約開始から約1年後とすぐには受け取れず、また受け取りを忘れるリスクがある点は欠点とも言えるデメリット。指定期間内に必要な手続きを完了しないとキャッシュバック特典が失効するため注意が必要です。

@nifty(ニフティ)やBIGLOBE(ビッグローブ)など大手プロバイダの利点

大手だけにやや料金的には高額で料金面のメリットは小さくなりますが、逆にカスタマーサポート体制の充実度や安心感と言ったメリットがあるのが@nifty(ニフティ)やBIGLOBE(ビッグローブ)などの大手プロバイダと契約する利点
 
例えば年中無休で電話での問い合わせサポートに対応していたり、クレジットカード以外の料金支払い方法も可能などの特徴があり、大手だけにさまざまなニーズに対応している点がメリットです。

家電量販店店頭での契約には、ネット申し込みとは違った利点も

ちなみに、ヨドバシカメラやヤマダ電機などの家電量販店の店頭でWiMAXを契約・申し込むことも可能で、その場合は各店のポイントが還元されるなどのメリットも。ただし月額利用料金はUQ WiMAXと同様に高額で、契約期間の負担総額も高額になる点は注意が必要なデメリットです。
 
また上記いずれのプロバイダでWiMAXを契約しても利用する通信回線は変わらず、利用可能なルーター機種も同じ。つまり通信速度や対応エリアはプロバイダ間でメリット・デメリットの差がないのです。このためWiMAXプロバイダを比較するポイントは、あくまで月額料金や割引キャンペーンなど価格メリットが中心になります。
 
 
以上、このページではWiMAXを契約する際、みなさんが気にされるメリットや利点とデメリットを幅広くまとめました。

結論としては、誰でも簡単に持ち運びできて、かつ安い料金でネット接続し放題というのがWiMAXの利点でありメリットに対し、特に地方でのエリアの狭さは人によってデメリットや欠点になり得る点。またWiMAXではプロバイダ間での料金面のメリット比較が重要です。

WiMAXプロバイダの比較では、最新の料金・キャンペーン情報をもとにした比較がとても重要です。ぜひ、常に最新情報をご案内している当サイトのおすすめランキングも活用してみてください!

【最新料金・キャンペーン情報を網羅!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら