【完全解説】WiMAXの解約・更新月の前に知っておくべき注意点

【完全解説】WiMAXの解約・更新月の前に知っておくべき注意点

WiMAX2+
 
契約する時に確認していても、つい忘れがちなWiMAXの更新や解約方法。契約後、1年や2年といった時間が経過すると「あれ?いつ解約したら損しないんだっけ?」と契約更新月などを忘れてしまうのも仕方ないこと。
 
想定外の違約金などが発生しないように、最適なタイミングで、適切なWiMAXの更新・解約手続きを行うことはとても大切。このページでは更新月の確認方法やWiMAXプロバイダ別の解約方法、失敗しないための注意点を網羅的にまとめました!

おさらい~WiMAXの解約や契約更新~

WiMAXの契約を終了し、WiMAXの通信ができない状態にすることを解約と言います。WiMAXを2年または3年契約で利用中の方が多いかと思いますが、この契約期間途中での契約終了は「中途解約」。これには解約金・契約解除料といった違約金が発生するのが一般的です。
 
一方、2年間や3年間の契約満了のタイミングでは、解約金や違約金が発生することなくWiMAXの解約が可能です。このタイミングは契約更新月と呼ばれ、基本的に契約満了月またはその翌月の1カ月間が更新月に設定されます。

WiMAXの契約は2年または3年の自動更新である場合が多く、更新月に何も申請をしなければ契約期間が自動延長される点に注意が必要です。

他のポケットWiFiでも一般的な途中解約に伴う違約金負担

WiMAXに限らず他のポケットWiFiやモバイルWiFiサービスでも契約更新月以外での途中解除には解約金が発生します。主要ポケットWiFiサービスで負担が必要となる解約金や契約解除料は以下の通りです。

サービス 解約金・契約解除料の概要
WiMAX(ワイマックス) 契約1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降(更新月以外):9,500円
※ただし一部プロバイダでは独自に解約ルールを設定している場合も
Y!mobile(ワイモバイル) 更新月以外の契約解除料:9,500円
※「バリューセット」などの料金プランの場合を除く
Yahoo!(ヤフー)Wi-Fi 契約1年目:約30,000円~
2年目:約20,000円~
3年目(更新月以外):約10,000円~
※解約月により料金が変わる

契約更新月の確認が最も重要

多くのWiMAX契約は解約を申請しない限り2年・3年単位での自動更新契約(ぜひご自身の契約書面で確認ください)。つまり、契約開始からちょうど2年または3年ピッタリの更新月に解約しない限り、常に中途解約となり解約金の対象となるのです。このため違約金の発生しない契約更新月を事前に確認しておくことが重要です。

契約解除方法・手続きの手順

多くのWiMAXプロバイダで共通する、一般的な解約方法・手続きの手順を概要で紹介します。

1.契約更新月および各プロバイダの申請締切日を確認
(更新月以外の解約には基本的に契約解除料が発生し、またプロバイダによっては申請締切日を過ぎると当月中の解約ができなくなるため)
 
2.WEBもしくは電話などで解約申請
(電話の場合は繋がりにくいケースもあるため、比較的空いている時間を選ぶ)
 
3.違約金や契約解除月のWiMAX利用料金を翌月に支払い
(違約金は解約時期で金額が異なり、また最終月の利用料金が日割り計算されるかはプロバイダにより異なる)

以上がWiMAXの解約手続きの基本的な流れです。

ルーター端末やSIMの返却は必要かは契約プロバイダで異なる

WiMAXのルーター端末をレンタルで使用している場合、必ずルーター機器の返却が必要で指定期日までに返却しないと「機器損害金」等の名目で費用が請求されることも。ルーター端末を購入している場合は返却不要ですが、WiMAXルーターに挿入されたSIMカードがレンタル品で返却が必要な場合もあります(例えば、WiMAXプロバイダではGMOとくとくBBがこれに当てはまります)。

ルーターやSIMカードの返却を忘れると後から費用請求される可能性もあり、WiMAXの契約内容・プロバイダによって返却が必要なものや返却方法が異なるため、解約前に契約書面を確認し、不明な部分は解約申請時に確認しましょう。

更新月の月初?月末?~プロバイダへの申請時期やタイミング~

WiMAXの解約で難しいのは、各プロバイダに契約解除意思があることを伝える時期やタイミング。各プロバイダで毎月の締切日や申請方法が異なるため「解約するかも…」と思ったら、まず自分の契約内容や更新月、契約するWiMAXプロバイダの解約ルールの確認が重要です。

高い契約解除金や違約金を避けるにはWiMAXの更新月に解約

まずはじめに重要な解約違約金の発生しない更新月の把握ですが、多くのプロバイダがWiMAXのルーター端末を受け取った月を1ヶ月目として利用開始から26ヶ月目(2年契約の場合)もしくは38ヶ月目(3年契約の場合)を更新月としています(一部異なるプロバイダもあるため、個々のケースは契約書面で必ず確認ください)。この更新月以外の途中解約には契約解除金や違約金が発生します。

WiMAXプロバイダには更新月の途中に解約申請締切がある場合も

さらに注意すべきなのが、更新月の途中に解約申請の締切日が設けられているケース。更新月ならいつでも良い訳ではなく、例えば“更新月の月初1日~20日までの間に申請が必要”など、WiMAXプロバイダによっては更新月の途中に締切を設けている場合も。このため、WiMAX解約前に各プロバイダの申請締切を把握する必要があります。

月初や月途中の申請でも料金の日割りが無く、月末日になる場合も

一方、更新月の月初など早く解約を申請したからと言って最終月のWiMAX料金が日割り計算になるかと言うと、そうならないプロバイダが多いのが現状。基本的には解約日を月末日としているプロバイダが多く、解約月は(申請タイミングにかかわらず)月末までWiMAXを利用できる場合が一般的です。

WiMAX主要プロバイダ別:解約方法・問い合わせ先電話番号一覧

WiMAXの解約ではプロバイダごとに申請方法や締切日など、ルールが異なる点があります。当サイトではWiMAXの契約を解約・乗り換えなどを検討中のみなさんのために各主要プロバイダの解約方法や問い合わせ先を調査しました。

UQ WiMAX(ユーキューワイマックス)

解約方法 UQコミュニケーションズ社のホームページにある、「UQ通信サービス解約届(個人)」をダウンロードの上、必要事項に記入し郵送
もしくは、UQお客様サポートセンターに電話で申請
※インターネット上では解約できません。
解約締切日・タイミング 郵送の場合は書類が届き次第、電話での場合は即日解約が可能
最終月の利用料金 月の途中で解約する場合、月額料金は日割りでの計算となり、解約月翌月に請求される
問い合わせ先電話番号 UQお客様サポートセンター:0120-929-818
電話応対時間 9:00~21:00(年中無休)

即日解約ができるUQ WiMAXは最終月の利用料金が日割り精算

ここで紹介するプロバイダの中で唯一、このUQ WiMAXのみが即日解約が可能、かつ解約月の料金を日割りで精算してくれます。他のプロバイダは原則、申請した月の末日が解約日となり、月末までWiMAXが利用可能である代わりに解約月も利用料全額の支払いが必要です。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

解約方法 Broad WiMAXのサポートセンター・解約専用電話番号に申請
解約締切日・タイミング 25日までに連絡した場合は当月中の解約が可能
(26日以降は解約手続きができないため、翌月1日以降に再度申請が必要となるので注意)
最終月の利用料金 月初に申請しても解約申請当月の月末までの契約となり、当月末までの利用料金が解約月翌月に請求される
※契約開始月の料金は日割りで計算
問い合わせ先電話番号 解約受付窓口:0120-651-315
電話応対時間 11:00~18:00(月~土 / 年末年始は除く)
※電話が混雑して、繋がらないことがあります。火曜~土曜の14時~17時が比較的繋がりやすい時間帯。

GMOとくとくBB

解約方法 更新月であれば、GMOとくとくBBのWEBサイト(BBnavi)から解約申請が可能。更新月以外はWEBフォームで問い合わせ、または電話申請が必要
解約締切日・タイミング 毎月20日までの申請が必要(遅れると、契約解除料に加えて翌月の月額利用料も支払う必要があるため注意)
最終月の利用料金 月初に申請しても解約申請当月の月末までの契約となり、当月末までの利用料金が解約月翌月に請求される
※契約開始月の料金は日割りで計算
問い合わせ先電話番号 電話窓口:0570-045-109
電話応対時間 10:00~19:00(平日のみ)
※毎日10時~12時、16時~18時は電話が混み合い繋がりにくい。

キャッシュバック特典の受け取りに注意!

止むを得ない中途解約とは言えキャッシュバック特典を受け取らずに解約するのは大損。特にGMOとくとくBBはキャッシュバック金額の大きさが魅力で、それが理由で契約した方も多いはず。
 
一方でキャッシュバック特典の受け取りが契約開始の約1年後のため忘れている方も。せっかくのキャッシュバック、すでに受け取り済で解約するのは問題ありませんが、そうでない場合は更新月に加え、キャッシュバック特典の受け取り時期も事前に確認しましょう。

BIGLOBE(ビッグローブ)

解約方法 BIGLOBEのホームページから申請、もしくはBIGLOBEカスタマーサポートに電話で申請
解約締切日・タイミング 解約を申し込んだ月(解約月)は月末までWiMAXを利用でき、解約月の末日をもって解約
最終月の利用料金 解約月の月額費用は全額発生(日割り計算・精算は無し)
問い合わせ先電話番号 BIGLOBEカスタマーサポート・インフォメーションデスク:0120-86-0962
※フリーダイヤルに接続できない場合は、03-6385-0962
電話応対時間 10:00~19:00(年中無休)
※繋がりにくい場合は、平日午前中の10時~12時頃が狙い目。

@nifty(ニフティ)

解約方法 原則として、@nifty(ニフティ)の会員ページからの申請のみ
解約締切日・タイミング 解除日を指定することはできず、解除日は毎月月末。サービス解除受付月の末日まで解除の取り消しが可能
最終月の利用料金 解約した月までの料金が1カ月分発生(日割り計算はされない)
問い合わせ先電話番号 @niftyカスタマーサービスデスク:0120-32-2210
※フリーダイヤルに接続できない場合は、03-5860-7600
電話応対時間 毎日10:00~19:00
※平日夕方以降や、土日・祝日は電話が繋がりにくい。

So-net(ソネット)

解約方法 原則として、So-netの会員ページからの申請のみ
解約締切日・タイミング 解約は、「月末」か「即時」を選択可能。「月末」を選択した場合、解約月の月末までWiMAXを利用でき、「即時」を選択した場合、解約申込み後、すぐに利用できなくなる
最終月の利用料金 解約月も1ヶ月分の月額料金がかかる (日割はなし)
問い合わせ先電話番号 0120-080-790(携帯・PHSでもつながります)
電話応対時間 9:00~18:00
※1月1日、2日およびSo-net指定のメンテナンス日を除く

カシモワイマックス

解約方法 カシモワイマックスのサポートセンターに電話で申請
解約締切日・タイミング 毎月20日19時までに電話連絡が必要
(20日19時を過ぎると当月付の解約手続きができず、翌月末付での解約となる点に注意)
最終月の利用料金 解約は月末付で、最終月の月額料金も満額請求 (日割はなし)
問い合わせ先電話番号 カシモWiMAX2⁺サポートセンター:03-6693-0480 ※フリーダイヤルでない点に注意
電話応対時間 10:00~19:00(年末年始除く)

開始後8日目までなら違約金無し「初期契約解除制度」

WiMAXを契約したものの実際に自宅で使って「電波が入らない」「思っていたのと違う!」となっても安心なのが、この初期契約解除制度。WiMAXの契約開始後8日目までの解約であれば違約金や契約解除金を支払うことなく解約できる制度で、電気通信事業法で定められたクーリングオフに似た制度です。

理由を問われることなくWiMAXを解約可能

この制度では解約理由をプロバイダから問われることなく契約者本人の都合で解約可能で、解約金は発生しませんが契約時にかかった事務手数料などは返金されません。WiMAXでは契約開始後8日目までの解約と更新月の解約が、違約金を支払わずにWiMAXを解約できる唯一のタイミングとなっています。

解約後のインターネット接続サービスはどうする?

さまざまな理由からWiMAXの解約を検討中かと思いますが、もう1つ大切なのはWiMAX契約解除後のインターネット接続。WiMAX以外のインターネット接続サービスの方が本当に良いのか、冷静な比較・検討も必要です。

データ通信量が少なければ、スマホや携帯でのテザリングでも

WiMAXを契約したもののデータ通信量が少なく、ほとんどインターネット利用をしていない方であればスマホや携帯のテザリングで十分かもしれません。ただし、通信量が多い場合はWiMAXよりもテザリングはコストパフォーマンスが悪く、通信費用が膨らむ恐れも。これに加えて、テザリングが有料オプション化される流れもあり、慎重に費用を比較する必要がありそうです。

モバイルルーターを解約、フレッツ光等の固定回線かホームルーター?

自宅利用が多い方の中には、WiMAXのモバイルルーターを解約して固定回線への変更を検討される方も多い様子。フレッツ光やauひかりなどの固定回線であれば通信速度も速く、またWiMAXのモバイルルーターと比較して通信状態も安定しそうです。
 
ただしWiMAXが月額2,000円台から利用可能なのと比較して、一般的な光回線の料金は月額4,000円~6,000円と費用負担は上がるもの。費用を抑えるためには、同じWiMAXの契約のままルーター機種をモバイルルーターからホームルーターに変更するのも1つのおすすめ。WiMAXのホームルーターであれば月額料金は安いまま、モバイルルーターと比較して安定した通信状態で利用できる上、面倒な回線工事も不要です。

更新せずに他社WiMAXプロバイダへ乗り換え・新規契約も

「WiMAXには不満はないのだけど、プロバイダのサポート・対応がイマイチ…」、そのような理由でWiMAXの解約を検討される方も。そのような場合は、WiMAXの解約ではなく他社への乗り換えという手もあります。既存プロバイダとの契約を解除、または更新せず、他社WiMAXプロバイダと新規契約する「乗り換え」では、乗り換え先プロバイダが解約金や違約金を負担してくれるキャンペーンも。

Broad WiMAXの違約金無料・乗り換えキャンペーン

例えば、おすすめのWiMAXプロバイダ・Broad WiMAXでは違約金負担の乗り換えキャンペーンを実施中。他社プロバイダでWiMAXを契約中、更新月以外での解約・Broad WiMAXへの乗り換えで最大19,000円まで解約違約金が負担される上、さらにBroad WiMAXとの新規契約にかかる初期費用も無料というのが、乗り換えキャンペーンの魅力。

月額料金プランが安い上、当サイト限定のプレゼントキャンペーンも

またBroad WiMAXの場合、月間通信量7GB上限プランの月額料金が2,726円、月間通信量無制限のギガ放題プランの月額料金が3,411円と、他社と比較して安い点がメリット。プロバイダをBroad WiMAXに乗り換えるだけで通信費用を大幅に節約できるかもしれません。
 
さらに、当サイト限定のキャンペーンとしてBroad WiMAXとの新規契約でAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンも。もちろん、他社からの乗り換えもキャンペーン適用対象です。

Broad WiMAXなら最新機種のルーターも無料、月額料金も業界最安級なので、解約&乗り換えで毎月のWiMAX費用負担が軽くなるかもしれません!

【WiMAXの解約前にぜひ確認を!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら