【徹底解説】WiMAXのグローバルIPアドレスオプションとは?

【徹底解説】WiMAXのグローバルIPアドレスオプションとは?

グローバル

リモートアクセスやオンラインゲームで必要となるグローバルIPアドレス。WiMAXではグローバルIPアドレスや固定IPが使えない…そう考えていた方には朗報です!
 
WiMAXでもグローバルIPアドレスが使えるのをご存知でしたか?一般的なインターネットプロバイダと同様、WiMAXのプロバイダも有料オプションサービスとして提供しています。
 
このページでは、WiMAXにおけるグローバルIPアドレスオプションの概要やグローバルIPアドレスが必要とされるシーン、利用可能なプロバイダと必要な料金・ルーターの設定方法などを網羅的に解説します。

WiMAXにおけるグローバルIPアドレスとは?

WiMAXに限らずインターネット通信を行う端末であれば、どんな機器にでも割り当てられるのがIPアドレス。IPアドレスには外部ネットワークからも認識可能なグローバルIPと、あくまで内部管理用のプライベートIPの2つがあります。まずはそもそもIPアドレスとは何か、2種類のIPアドレスの違いを説明します。

インターネットにおけるIPアドレスの役割

IPアドレスとはインターネット通信を行うのに必ず必要となる情報で、いわばスマホや携帯電話、パソコンなどインターネット通信を行う機器にとっての「住所」。この住所があるから、手元のIT機器とサーバーは通信ができるのです。
 
と言うのも、私たちがあるWEBサイトのページを閲覧しようとすると、「ページを見せて!」という要求がWEBサイトのサーバーに送られます。サーバーはページの情報を送り返そうとするのですが、その時に必要なのがIPアドレスという住所情報。このIPアドレスがなければサーバーはどこにページ内容を送り返すのか判断できず、私たちもWEBページを閲覧することができないのです。

普段、WiMAXなどを利用してインターネット接続する際、自分のIPアドレスやグローバルIPを意識することはほぼ無いと思いますが、通信の際には必ず自分のIT機器には何らかのIPアドレスが割り振られています

IPアドレスは有限で、通信機器が増えると枯渇する

このようにIPアドレスは、インターネット通信を行うすべての通信機器1つ1つに必要な情報です。またIPアドレスは、以下の形式で管理することがインターネット通信の決まりごとになっています。

IPアドレスの形式: XXX.XXX.XXX.XXX ※XXXには0~255までの数字が入る

0~255までの数字の4セットで構成されますが、この形式で理論上43億通りのIPアドレスを設定できることになり、当初はこれで十分と考えられていました。
 
ところがIT技術の進化に伴い、地球上に43億以上のインターネット通信を行う機器が生み出されようとしています。つまり、このままではIPアドレスが足りなくなり、枯渇するのです。

多くのプロバイダでは利用者に対して動的に割り当て

グローバルIPとプライベートIP
グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの考え方
(https://www.cman.jp/より転載)

IPアドレスが枯渇するという事態を想定して考え出されたのが、内部用の(プライベート)IPアドレスを動的に割り当てるという仕組みです。最初から決まったアドレスを固定で割り当てるのではなく、利用者がプロバイダに接続する度に内部用のアドレスを割り当てる仕組みで、利用者からすると接続の度にアドレスが変わることから「変動(動的)」とも呼ばれるIPアドレスです。
 
この場合、外部のサーバーなどとの通信にはあくまでプロバイダの保有するグローバルIPアドレスが使用され、利用者の通信機器に割り振られる動的IPはあくまでプロバイダ内部で使用するもの。このため、グローバルIPに対してプライベートIPなどと呼ばれています。

WiMAXも以前はグローバルIPアドレスだったが、今はプライベートIP

2015年まではWiMAXの通信サービスに接続する機器にはグローバルアドレスが割り振られていました。現在では上記のような仕組みで変動する(動的な)プライベートアドレスがWiMAXのルーター経由でそれぞれの接続機器に割り振られるようになりました。

このIPアドレス運用の変更にあわせて導入されたのが、WiMAXのグローバルIPアドレスオプションサービスなのです。

グローバルIPアドレスがあれば外部からWiMAX接続機器を特定可能

ここからが本題ですが、「外部からIPアドレスを指定して、WiMAXルーターや接続機器にアクセスすることが必要」という方向けに用意されたのがWiMAXのグローバルIPオプション。このオプションに加入するとWiMAXのルーター経由でグローバルIPアドレスが自動で割り当てられます。
 
それでは、なぜWiMAXのインターネット通信でグローバルIPが必要となるのでしょうか?ここからはグローバルIP(もしくは、固定IP)が必要なシーンやグローバルIPアドレスがあると実現できることを紹介していきます。

グローバルIPアドレス・固定IPアドレスが必要なケース

WEBサイトや動画を閲覧したり音楽ファイルをダウンロードするなど、通常のインターネット利用ではグローバルIPアドレスオプションの加入・申し込みは不要。ただ、次に挙げるようなインターネットサービスをWiMAXを通じて利用するケースではグローバルIPアドレスオプションが必要となります。

自宅パソコンをWiMAXで常時接続、外部からリモートアクセスする場合

例えば、外出先から自宅のパソコンの中にあるファイルを参照したいといったニーズを実現するためのリモートアクセス。このリモートアクセス機能を利用する場合はグローバルIPアドレスや固定IPが必須で、外部から自宅パソコンのアドレスを指定してアクセスします。
 
WiMAXルーターを使用したリモートアクセスの場合、以下の手順が概要となります。

  1. 自宅にWiMAXルーターを設置し、パソコンと常時接続
  2. WiMAXのグローバルIPオプションサービスを利用するように、ルーターの設定を変更
  3. ルーターの設定画面で割り振られたグローバルIPアドレスを確認
  4. 外出先からグローバルIPアドレスを指定して、自宅のパソコンにアクセス

ネットワークカメラを設置、自宅の様子を外出先から確認する場合

防犯上の目的やペットの状態を常に確認したいといったニーズから増えつつあるのが、自宅に設置するネットワークカメラ。このネットワークカメラに外部からアクセスする場合もグローバルIPアドレスが必要です。
 
パソコンへのリモートアクセスと同様、まずはカメラとWiMAXのルーターをWiFi接続し、グローバルIPアドレスを設定、このアドレスを指定して外部からアクセスすることでカメラの映像を外出先でも確認できるという流れです。

一部のオンライン対戦型ゲームではグローバルIPアドレスが必要

任天堂のWiiUやDS、Nintendo Switchなどを使ったオンライン対戦型のゲームでは、WiMAXルーターを使用した通常の接続ではエラーとなってしまい、オンライン対戦が一部できないケースも。この原因の1つとして考えられるのがプライべートIPアドレスで、WiMAXのグローバルIPオプションを利用するとオンライン対戦が問題なくできるようになったという報告もあります。

オプション利用可能なWiMAXプロバイダと料金、申し込み・設定方法

WiMAXグローバルIPオプション

このようなグローバルIPが必要となるケースでは、WiMAXのグローバルIPアドレスオプションへの加入が必須。また契約中の、オプションを申し込むWiMAXプロバイダがどこかにかかわらず、WiMAXのグローバルIPアドレスオプションの料金は一律「月額96円」で、日割り計算はなく設定開始月から料金が発生します。
 
なおグローバルIPアドレスオプションの利用にあたり事前の申し込みは不要で、WiMAXルーターの設定変更後、すぐにグローバルアドレスを利用できます。

グローバルIPオプションを利用できる主なWiMAXプロバイダ一覧

多くのWiMAXプロバイダでグローバルIPアドレスオプションの利用が基本的に可能です。以下の主要なWiMAXプロバイダでは、オプションに対応していることがWEBサイトで明記されています。

  • UQ WiMAX
  • BroadWiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX2+
  • BIGLOBE WiMAX 2+
  • So-net モバイル WiMAX 2+
  • DTI WiMAX 2+
  • @nifty WiMAX(ニフティ・ワイマックス)

契約プロバイダのオプション対応確認後に行うルーター側設定方法

あなたが契約しているWiMAXプロバイダがグローバルIPアドレスオプションに対応していれば事前の契約や申し込みは不要で、グローバルIPアドレスを設定した通信を行った月のみ利用料金が請求される仕組み。
 
ルーター側の設定方法ですが、まずWiMAXのルーターでグローバルIPアドレスを取得するにはルーター上での新たなプロファイルの作成が必要です。プロファイルの作成は、WiMAXルーターとWiFi接続したパソコンのWEBブラウザを使用、ルーターの設定画面にアクセスして行います。

ルーター設定画面のアクセス方法や新規プロファイルの作成方法は、Huawei製のルーターかNEC製のルーターかで若干異なるため、詳細は各ルーター機種のマニュアルを参照ください。

接続先情報(APN)を含む新たなプロファイルの設定内容

ルーターの設定画面から新たに作成するプロファイルは下記の通りです。設定後、WiMAXのルーターを使った通信を下記プロファイルを使って実行することで、グローバルIPアドレスオプションの利用が開始されます。

プロファイル名(任意) Global
APN(接続先情報) wx2.uqwimax.jp
ユーザ名 global@wx2.uqwimax.jp
パスワード 0000 (ゼロ4つ)
認証タイプ CHAP
IPタイプ IPv4

設定変更後に自分のグローバルIPアドレスを確認する方法

問題なくグローバルIPアドレスオプションの設定変更が完了したか、WiMAXのルーターにグローバルIPアドレスが問題なく割り当てられているかを確認する方法をご案内します。

最初にWiMAXルーター端末の設定内容を再度確認

プロファイル作成と同様の手順でWiMAXルーター端末の設定画面にアクセス、接続情報の中で割り当てられたグローバルIPアドレスを確認します。Windowsパソコンであればコントロールパネルの「ネットワークと共有」メニューでもIPアドレスを確認可能です。

次に外部から認識されるWiMAXルーター機器のIPアドレスを確認

例えば、こちらのサイトにアクセスして「環境変数チェック」を実行すると、外部サーバー側で自分のIPアドレスがどう認識されるかが分かります。ここで表示されるIPアドレスと最初に確認したものが一致すれば、問題なくグローバルIPアドレスで通信できている状態です。

グローバルIPアドレスの割り当ては動的で固定IPでない点に注意

WiMAXのグローバルIPオプションの利用にあたって1点だけ注意が必要なのは、あくまでグローバルIPアドレスが利用可能なサービスであり、固定IPアドレスとは異なる点。つまり割り当てられるIPアドレスはルーターの接続の度に変わる可能性もある点に注意が必要です。
 
「外部からリモートアクセスしようと思ったのに、前回と同じIPアドレスでは接続できない」といった問題も起こり得るため、定期的にグローバルIPアドレスが変更されていないか確認したり、グローバルIPアドレスが変更されても問題ないように自動で対応するサービス(ダイナミックDNS)の利用をあわせて検討する必要があります。

 
以上、WiMAXとグローバルIPアドレスについて、IPアドレスの基本的な概要からグローバルIPオプションの利用方法まで幅広く解説させていただきました。

グローバルIPアドレスオプションは月額96円と低額で、基本的にほぼすべてのWiMAXプロバイダで対応しているため「WiMAXではグローバルIPが使える」と理解して問題ありません。

やはりWiMAXのプロバイダ比較は料金やキャンペーン次第。当サイトでは常に最新のWiMAX料金プランやお得なキャンペーン情報を更新してお届けしています。WiMAXプロバイダの比較・検討にはぜひ当サイトを活用ください!

【WiMAXの料金・キャンペーン比較!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!
Amazonギフト券1万円プレゼントキャンペーンは今月末までの期間限定!詳細はこちら