7GB制限無し!WiMAXギガ放題プランの月額料金比較と評判・口コミ

7GB制限無し!WiMAXギガ放題プランの月額料金比較と評判・口コミ

ヒント

「月間通信容量無制限」が魅力のWiMAXの料金プラン・ギガ放題。WiMAXや他のポケットWiFi・モバイルWiFiでも標準的なプランには“月間7GB(ギガバイト)制限”といった月間通信容量の上限がつきもの。この7GB上限が無く、速度制限も比較して緩やかな点がギガ放題プランの特徴です。
 
WiMAXのギガ放題プランを契約する上で重要なのは月額料金比較。WiMAXには20社以上のプロバイダがありますが、それぞれ料金やキャンペーン内容が異なるため、同じギガ放題でも契約プロバイダにより実質料金が変わります。
 
このページでは、WiMAXのギガ放題プランについて月間7GB制限プランとの比較や、注意が必要な速度制限ルールなどを解説しますが、すでにギガ放題についてご存知の方は各プロバイダ別の「WiMAXギガ放題プランの最新料金比較」をページ下部に用意していますので参考にしてみてください。

7GB制限無し!WiMAXのギガ放題と通常プランの違いを比較

WiMAXの標準プランでは月間通信量7GB(ギガバイト)までの上限・制約があり、7GBを超過すると以降はインターネット通信ができなくなるような厳しい速度制限が発生します。
 
これと比較してWiMAXのギガ放題プランは月間通信量の制限がなく、WiMAXの高速インターネットが使い放題である点が特徴。他のポケットWiFiと比較してもギガ放題のような月間通信量無制限プランのあるサービスが少なく、特にデータ通信量が多い方におすすめで評判なのがWiMAXのギガ放題プラン

“WiMAXのギガ放題”はどのプロバイダでも共通?

WiMAXのギガ放題という言葉、みなさんにもよく認知されている様子ですが、紛らわしいのがWiMAXのプロバイダごとにギガ放題を表すプランの名称が微妙に異なること。どのプロバイダとの契約も月間7GB制限プランとギガ放題の2つの料金プランがある点は共通ですが、プラン名称だけがやや異なるのです。
 
まずはWiMAXの主要プロバイダにおけるギガ放題プランの名称を比較します。「Flatツープラス ギガ放題」や「WiMAX2+ギガ放題接続サービス」などがありますが、いずれも月間通信量無制限のギガ放題であることには変わらず、当サイトでは「ギガ放題プラン」で呼称を統一しています。

WiMAXプロバイダごとの料金プラン名の比較一覧

プロバイダ ギガ放題にあたるプランの名称 (参考)通常プラン(月間7GB制限)の名称
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) ギガ放題プラン ライトプラン
GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題接続サービス WiMAX2+接続サービス
BIGLOBE(ビッグローブ) Flat ツープラス ギガ放題 Flat ツープラス
@nifty(ニフティ) WiMAX2+ Flat ギガ放題
So-net WiMAX2+ Flat ツープラス ギガ放題 Flat ツープラス
UQ WiMAX UQ Flatツープラス ギガ放題 UQ Flatツープラス

ギガ放題のメリット・月間7GB制限のある通常プランとの比較

ギガ放題や月間7GB制限などのWiMAXの料金プランにかかわらず、WiMAXのメリットと言えば、

  • いつでも、どこでも、高速インターネットが可能!
  • 回線工事が不要で、導入・利用開始が簡単&最短翌日から利用可能!

などが挙げられますが、ギガ放題と月間7GB制限プランの違いやそれぞれのメリット・デメリットは何でしょうか?

ギガ放題・通常プラン比較表~月間通信量と速度制限が最大の違い

プラン 月間通信量上限 3日間での通信量制限
ギガ放題 なし あり(3日間で10GB)
※超過すると通信速度が約1Mbpsに制限
通常
(月間7GB)
あり(7GB)
※超過すると通信速度が約128Kbpsに制限
なし

月間通信量の違いに加えて注意が必要なのは、月間7GBプランで月間通信量上限を超過した場合に発生する速度制限で、7GBを超えると通信速度が約128Kbpsまで低速化する厳しい速度制限が発生します。この速度ではWEBサイトの閲覧やメール送受信も困難で、WiMAXのルーター端末を使ったインターネット通信はほぼできません。
 
さらに、この速度規制は7GBを超過した月の月末まで続き、翌月1日にならないと解除されません。比較して、このような厳しい速度制限がギガ放題プランには無く、WiMAXの通常プランのデメリットです。また他の多くのポケットWiFiも月間通信容量に上限があるプランが主流で、WiMAXのギガ放題と比較して同様のデメリットがあります。

このためWiMAXの契約者の約8割がギガ放題プランを選択するほどで、特に通信量の多い方におすすめなのがギガ放題プランなのです。

混雑回避のための速度制限・3日間10GBの通信容量制限には注意

WiMAXのギガ放題のメリットは月間通信容量制限の無い点であるのと比較し、ギガ放題でも注意すべきルールが3日間の通信容量による速度制限。これは「ネットワーク混雑回避のための速度制限」と呼ばれるものでWiMAXの全プロバイダに共通したルールです。

ただし、このギガ放題プランでも注意が必要な通信制限は、結論で言うとデメリットと呼ぶほどのものではなく比較的緩やかな制限です。

WiMAXのギガ放題プランを契約中でも、直前3日間の通信容量合計が10GBを超えると速度制限が発生します。ただし相当なデータ通信をしない限り、10GBを超えることはありません。以下に通信量が10GBとなるケースを動画の視聴時間を例にまとめていますが、10GBはYoutubeの超高画質動画で7時間分に相当し、1日2時間、超高画質動画を視聴しても3日間10GBの上限に達することはないのです

データ通信量10GBの目安~何時間、動画視聴したら速度制限?

通信量10GBの目安

月間データ通信量7GB制限プランの契約か、ギガ放題プランかの比較で悩み中の場合もこの表が参考になります。月間7GBプランの場合は1カ月に5時間程度しかYoutubeの超高画質動画を視聴できず、1日あたりわずか10分程度。このため少しでも動画視聴をする場合は、おすすめはギガ放題なのです。

仮に3日で10GBをオーバーしても速度制限期間は最短8時間で解除

例えギガ放題の速度制限が発生しても、速度制限期間は通信容量10GBをオーバーした翌日18時ごろから深夜2時にかけての時間帯。夜間のみのため、場合によっては気づかない間に速度制限が解除されていることも。また制限時間帯でも約1Mbpsの速度で通信可能で、これは通常のWEBサイトの閲覧には支障がないと言われる速度。
 
通常プランの月間7GB超過時と比較すると緩やかな速度制限であり、通信量が非常に多い方でない限りは制限対象にもならないため、多くの人にとってこの速度制限はWiMAXギガ放題のデメリットにはならないと考えられます。

注意!au・LTE回線のハイスピードプラスエリアモードは月間7GB

WiMAXの通常通信モード・ハイスピードモードが遅い、もしくは圏外で接続できない時に便利なハイスピードプラスエリアモード。これはauの4G/LTE回線を利用する通信モードで、通常のハイスピードモードで接続できない場所でも、auのネットワーク圏内であればWiMAXを利用できる通信モード。
 
注意が必要なのはギガ放題プランを契約中でも、ハイスピードプラスエリアモードの通信量は月間7GB制限である点。7GBを超えると128Kbpsの厳しい速度制限が発生、この速度制限は通常のハイスピードモードにもかかります。

この速度制限が発生すると、ギガ放題プラン契約中でもインターネット通信が使い放題でなくなるのです。ハイスピードプラスエリアモード利用は必要時に限定しましょう。

WiMAXのLTEオプション費用は月額1,005円、ただし3年契約では無料

原則としてハイスピードプラスエリアモードは有料のオプションで、ハイスピードプラスエリアモードを利用した月のみLTEオプション費用1,005円が請求されます。ただし、WiMAXを3年契約で利用中であれば月額料金にLTEオプション費用が含まれるため、無料利用できます。また利用にあたってはauの4G/LTE回線・ハイスピードプラスエリアモードに対応したルーター機種が必要です。

料金プランによる通信速度の違いはなく、ルーター端末も同じ

ギガ放題と月間7GB制限プランの違いが月間通信容量や速度制限ルールであるのと比較して、どちらの料金プランで契約してもWiMAXの通信速度に違いはありません。どちらのプランも同じWiMAX2+回線を使うインターネット接続サービスであり、使用するWiMAXルーター端末は同じであるため、通信速度は変わらないのです。料金プランの違いはあくまで通信量の違いのみです。

高速通信に対応したルーター最新機種なら下り最大708Mbps

W05ルーター
下り最速708Mbps対応のWiMAX・W05ルーター

WiMAXのルーター最新機種を利用すれば、ギガ放題でも月間7GBプランでも下り最大速度708Mbpsでの高速インターネット通信が可能です。この高速通信が使い放題となるか月間7GBの通信制限があるかが2つの料金プランの大きな違い。また、いずれの料金プランでも最高速度に対応した新しい機種のルーター端末でなければ下り最大708Mbpsの通信ができないため、ルーターは最新機種のものを選ぶのがおすすめです。

ギガ放題での契約・申し込みをおすすめするのはこんな方

ここまでの内容で、動画視聴やオンラインゲーム、またWiMAXルーターとノートPCを接続して利用するなど比較的通信量が多くなる場合にはWiMAXのギガ放題プランが圧倒的におすすめで、WiMAXの利用がわずかな時間・通信量に限定される場合は月間7GBプランで良さそう、というのが結論です。
 
とは言え、ギガ放題と月間7GBプランの月額料金の差は約700円程度。月間7GBプランで契約して7GB以上の通信量になった結果、月の途中で速度制限が発生してWiMAXが使い物にならなくなった!では本末転倒ですよね。
 
以下のような項目に当てはまる方は通信量が多くなる傾向がありますので、月間7GB制限プランよりもギガ放題でのWiMAX契約・申し込みがおすすめです。

  • 動画を観るのが好き!それもできれば高画質で!
  • 音楽のダウンロードやオンラインゲームもしたい!
  • WiMAXを使ってスマホだけでなく、タブレットやパソコンとも接続する
  • 毎日一定時間、自宅だけでなく通学・通勤などでもWiMAXを使用する

利用開始後に月間7GBからギガ放題へ無料でプラン変更も可能

まずは月間7GBプランでWiMAXを契約、自分の通信量を確認してからギガ放題プランに変更することも可能です。多くのWiMAXプロバイダでは、月単位でのプラン変更を無料で受け付けています。「来月は通信量が多そうだからギガ放題に」といった変更も可能なのです。小まめに通常プラン・ギガ放題の切り替えることで、WiMAXにかかる費用の節約にも繋がりそう。

プラン変更の申請方法と注意点

契約するWiMAXプロバイダによって異なりますが、各プロバイダとの契約後に利用できるWEBの管理画面などから申請するプラン変更方法のほか、サポートセンターへの電話などでも変更が可能。
 
一点だけ注意が必要なのが、プラン変更の申し込み締め切り。プロバイダによっては毎月20日までにプラン変更の申し込みをしないと、翌月1日からプラン変更が反映されないところも。毎月の申し込み締め切り日は、事前に各WiMAXプロバイダに確認しておきましょう。

他ポケットWiFiの無制限プランとの比較でギガ放題がおすすめの理由

WiMAX以外のポケットWiFiサービスで人気のあるY!mobile(ワイモバイル)やYahoo!(ヤフー)Wi-Fiですが、いずれもWiMAXと同様に月間7GB制限のプランや月間通信容量無制限の料金プランがあります。ところが実際に月間通信量無制限となるのはアドバンスモードと呼ばれる特殊な通信モードでのインターネット接続のみで、通常の通信モードは月間7GB上限のまま。

さらに現時点ではまだアドバンスモードに接続可能なエリアが限定的で、、実質無制限で利用できる方は非常に限られます。

これらのポケットWiFiサービスと比較するとWiMAXのギガ放題はあくまでWiMAXの標準通信モードが使い放題となるプランであり、特に大都市部を中心に対応エリアが十分に広いことから、実際に使い放題でインターネットしたい方におすすめなのはWiMAXのギガ放題プランになるのです。

WiMAXプロバイダ別!ギガ放題の最新月額料金・比較ランキング

当サイトでも特に人気・おすすめのWiMAXプロバイダ7社について、各社の最新料金プランからギガ放題の月額料金を比較してみました。
 
各WiMAXプロバイダで、新規契約時のキャッシュバックキャンペーン特典などが異なり、また最近では契約期間3年が主流となっているため、各種割引や手数料を加味した契約期間3年での支払い総額と、それを36ヶ月で割った実質月額料金による比較ランキングです。

比較の結果、WiMAXのギガ放題を最安料金で契約できるのは、GMOとくとくBBとBroad WiMAXです。

最安比較!ギガ放題の3年総額および実質月額料金

GMOとくとくBBやBroad WiMAXでギガ放題プランを契約すると、実質月額料金3,000円台の最安料金でギガ放題を利用できます。

ランキング WiMAXプロバイダ ギガ放題の3年間総額料金 実質月額料金の比較
1位 GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン適用)
114,710円 3,186円
2位 Broad WiMAX(ブロードワイマックス)
(当サイト限定!Amazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーン)
120,941円 3,359円
3位 So-net(ソネット)モバイルWiMAX2+
(月額料金大幅割引キャンペーン)
121,080円 3,363円
4位 @nifty(ニフティ)WiMAX 127,460円 3,541円
5位 カシモワイマックス 129,068円 3,585円
6位 BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 129,382円 3,594円
7位 UQ WiMAX【WiMAX2+】 148,628円 4,129円

キャッシュバックのGMOと月額料金が安いBroad WiMAXの比較

ギガ放題プランを最も安い料金で契約できるGMOとくとくBBとBroad WiMAX。この2つのプロバイダの3年総額料金には大きな差はありませんが、その内訳には大きな違いがあります。

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックキャンペーンの適用でお得

GMOとくとくBBGMOとくとくBBの魅力は何と言ってもキャッシュバックキャンペーン。新規契約に対して最大4万円のキャッシュバック特典があり、適用されると実質負担費用が安くなるのがGMOとくとくBB。
 
ただし、このキャッシュバック特典は契約開始後約1年後まで受け取れず、また受け取り手続きが煩雑なため受け取りに失敗するリスクも。キャッシュバックキャンペーンがある分、毎月支払うギガ放題プランの月額利用料金はBroad WiMAXよりやや高めであり、キャンペーンが万が一適用されないと非常に高額な費用負担となる点に注意が必要です。

Broad WiMAXはギガ放題プランの月額最安級の3,000円台の料金

BroadWiMAXこれと比較して、Broad WiMAXはギガ放題プランの月額料金があらかじめ最安料金に設定されており、実質料金が安くなるのではなく、確実に月々の支払い費用が安い点がおすすめの理由。キャッシュバックキャンペーンのような面倒な受け取り手続きが不要で、また受け取り忘れのリスクも無く確実に安いのがBroad WiMAXのメリットです。

さらに、当サイトではBroad WiMAXへの新規申し込みを対象にしたAmazonギフト券1万円分のプレゼントキャンペーンも実施中!ぜひ当サイトのBroad WiMAXの情報をご確認ください。

実際に利用中の方による評判・口コミ

最後にWiMAXのギガ放題を利用中の方や、ギガ放題に乗り換えた!方による評判や口コミ情報を紹介します。

通信量が多い方ほど、安心して利用できるギガ放題への期待大!

アニメやゲームをよく利用する方や、スカイプなどのオンラインビデオチャットを利用する方などは通信量が多くなりがち。他社で使い放題となるプランが無い中、安心して利用できるWiMAXのギガ放題に期待が集まっています。

WiMAXのホームルーターは自宅のインターネットに良いとの口コミ

WiMAXには、持ち運び可能なモバイルルーター機種以外にも、自宅使用を想定したいホームルータータイプの機種があります。この機種をギガ放題で利用、フレッツ光などの固定回線の代替として自宅に快適なインターネット環境を構築できたとの口コミも見られます。

3日10GB制限超過時、速度制限は夜間限定であるのは評価ポイント

仮に3日間で10GBの通信容量を超過しても、速度制限が発生するのは夜間の時間帯。日中の時間帯は問題なく使用できるため、大きな支障とはならないという評価も。

月間7GBからギガ放題へのプラン変更も手軽で利用しやすいと評判

月間7GB制限プランとギガ放題の切り替えが、比較的手軽に行える点も利用しやすいと評判。ただし、プラン変更の締め切りスケジュールはWiMAXプロバイダ各社ごとに異なる点にご注意ください。

ハイスピードプラスエリアモードを使用する場合はデータ量に注意

 
以上、WiMAXのギガ放題プランについて、月間7GBプランとの比較やギガ放題ならではの注意点、最安でギガ放題プランを契約できるプロバイダなど、網羅的に解説しました。

少しでも通信量が増えそうだという場合はギガ放題がおすすめで、またWiMAXのギガ放題プランへの申し込みであれば月額料金の比較で最安クラス、かつ当サイト限定キャンペーンもあるBroad WiMAX(ブロードワイマックス)がおすすめです。

ぜひ一度、Broad WiMAXのお得な料金プラン・キャンペーン内容を確認してみてください!

【WiMAX・ギガ放題の料金が最安級!】

当サイト限定のWiMAXキャンペーン!

CTA-IMAGE ただいま、当サイトおよび提携する「WiMAX比較.com」、WiMAXプロバイダ「Broad WiMAX」と共同でAmazonギフト券1万円分プレゼントの特別キャンペーンを実施中!WiMAXの契約は月額料金が安いBroad WiMAXがお得、さらにBroad WiMAXの契約なら当サイト経由が断然おすすめ。

当サイト限定&期間限定キャンペーンのためお見逃しなく!