ランキング発表!月額利用料金が最も安いWiMAXプロバイダ

月額料金がお得

どのプロバイダと契約しても、WiMAXのサービスエリアや通信速度、速度制限のルールは同じ。それならば、毎月支払うWiMAXの利用料金が安ければ安いほどお得ですよね。
 
WiMAXプロバイダごとに月額料金が異なるため比較が重要になりますが、月額料金の考え方には2種類あります。1つは、実際に毎月支払う月額利用料金で、クレジットカードへの請求額や口座から引き落としされる実際の金額。
 
もう1つの考え方は、契約期間中に付与されるキャッシュバックやキャンペーン特典の金額も加味した実質の月額負担料金。契約期間中に支払うWiMAXの総額からキャンペーン特典金額を際し引いて計算する1カ月当たりの負担価格です。
 
どちらも比較する上で重要なWiMAXの月額料金であることには変わりませんが、このページではそれぞれの月額料金の考え方ごとに最安のWiMAXプロバイダをランキング形式で紹介します。

2種類あるWiMAXの月額料金の考え方

WiMAXの月額料金には2つの考え方があります。1つは毎月のプロバイダへの支払い金額となる「月額利用料金」。もう1つは、キャッシュバックキャンペーンなどの特典も考慮、契約期間3年間で負担することになるWiMAXの合計費用を36カ月で割って計算する「実質の月額負担価格」。それぞれの月額料金の考え方の違いをまずは比較します。

いずれの考え方でもWiMAXの月額料金は、月間7GB制限プランなら2,000円台、月間通信量無制限のギガ放題プランなら3,000円台であることがお得な月額料金の目安です。

WiMAXプロバイダに毎月支払う「月額利用料金」

できるだけ毎月の出費を抑えたい方であれば、月額利用料金の安いWiMAXプロバイダがおすすめ。一般的にキャッシュバックキャンペーンが充実しているプロバイダは月額利用料金が比較的高めで、毎月の支払い負担は重くなりがち。
 
それと比較して月額利用料金が安いプロバイダは、キャッシュバックなどのキャンペーンが無くても、毎月少ない費用負担でWiMAXを利用可能。また万が一の途中解約でも月額料金が低価格のプロバイダはリスクが少ない点もメリット。

月額利用料金の高いプロバイダで契約、キャッシュバックの受け取り前に万が一解約となると経済的な損失がかなり大きくなるからです。

契約期間の総額費用から計算する「実質の月額負担価格」

WiMAXのプロバイダは3年契約が主流で、またキャッシュバック特典が数万円の新規契約キャンペーンを実施するプロバイダも。こうしたキャンペーンを実施するプロバイダは月額利用料金は高いものの、契約開始から約1年後に入手できるキャッシュバックのおかげで、3年間での負担価格総額は安くなります。
 
こうしたキャッシュバックキャンペーンなどで総額が安くなるプロバイダの場合は、3年間の実質負担総額を36カ月で割って計算する実質の月額負担価格で比較すると分かりやすくなります。

実質の月額負担価格=(月額利用料金×36カ月-キャッシュバックなどのキャンペーン特典金額)÷36カ月

auユーザの場合、スマートバリューmine適用で料金がさらに割引

実質の月額負担価格で言えば、auユーザーの場合はさらに安くなる割引制度も。auでケータイ・スマホの契約があるauユーザーがWiMAXを契約すると、auスマートバリューmineという割引制度の対象になります。これは、auのケータイ・スマホの月額利用料金から毎月最大1,000円が割引される制度。
 
WiMAXの月額利用料金は安くなりませんが、この割引を適用すると最大毎月1,000円、WiMAXの3年契約で最大36,000円がケータイ・スマホ料金から割引されることになり、その分WiMAXの実質負担総額が安くなると考えることもできます。

WiMAXルーター端末は無料、携帯・スマホのような月額負担は無し

携帯電話やスマートフォンの本体とは異なり、多くのWiMAXプロバイダがWiMAXルーター端末の機種代金を無料で提供しています。したがって、携帯電話やスマートフォンであるような機種代金の月額負担金などはありません

3年契約ならLTEオプション込みの月額料金・実質無料で利用可能

2種類の月額料金の考え方のどちらかによらず、WiMAXの3年契約では月額料金にLTEオプション料金(月額1,005円)が含まれ、実質無料で利用可能です。

auの4G/LTE回線・ハイスピードプラスエリアモードを無料で利用可能

LTEオプションとはauの4G/LTE回線を利用する通信モード・ハイスピードエリアモードの利用に必要なオプションで、2年契約の場合は利用した月のみ月額費用とは別に1,005円が請求されました。

最近ではWiMAXプロバイダの多くが3年契約をメインとするようになり、このLTEオプションの月額利用料金を無料としています。

ハイスピードプラスエリアモード通信のメリットはWiMAX2+の圏外エリアでも、auの4G/LTEネットワークの圏内であればWiMAXのルーターでインターネットに接続可能になる点。WiMAX2+の電波が入りにくい場所でもインターネット通信が可能になる便利な通信モードです。

ルーター最新機種を使用すれば下り最大速度708Mbps

W05ルーター
下り最速708Mbps対応!WiMAXのW05ルーター

auの4G/LTE回線を使用するハイスピードプラスエリアモードのもう1つの利点が通信速度。ハイスピードプラスエリアモードではWiMAX2+回線に加えてauの4G/LTE回線も使用してインターネット通信を行うため、その分だけ通信速度もアップします。
 
このハイスピードプラスエリアモードを使用し、下り最大速度708Mbpsの高速インターネットを利用できるのがモバイルルーター最新機種のW05やW04。ハイスピードプラスエリアに対応していてもWX04機種などの下り最大速度は440Mbpsで、最新機種W05をおすすめする理由の1つがこの通信速度です。 

月額料金を単純比較!最安プロバイダランキング

実際に毎月の支払い金額となる月額利用料金でのWiMAXプロバイダの最安ランキングを紹介します。WiMAXの契約プランには月間7GB制限プランと、通信量無制限のギガ放題があるため、各プランごとに月額料金を比較します。

月間7GB制限プランでのWiMAXプロバイダ最安ランキング

ランキング WiMAXプロバイダ 月額利用料金 (参考)3年間の総額
1位 カシモ・ワイマックス 2,680円 106,568円
2位 Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 2,726円 98,336円
3位 3WiMAX(スリー・ワイマックス) 2,980円 116,280円

カシモワイマックス・Broad WiMAXなど格安プロバイダは月額2,000円台

特に月額の支払い利用料金が安いのがこの上位3社で、WiMAXの月間7GB制限プランであれば2,000円台で利用可能。特にBroad WiMAX(ブロードワイマックス)の場合、当サイト限定のAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンもあり、月額料金が安いだけでなく3年間の実質負担費用も安くなるためおすすめです。

ギガ放題プランでのWiMAXプロバイダ最安ランキング

WiMAX利用者の8割が加入するギガ放題プランですが、最安のWiMAXプロバイダでは月額3,000円台で利用可能。月間7GB制限プランと同様、カシモワイマックスやBroad WiMAXが最安プロバイダになります。

ランキング WiMAXプロバイダ 月額利用料金 (参考)3年間の実質総額
1位 カシモ・ワイマックス 3,380円 129,068円
2位 Broad WiMAX(ブロードワイマックス) 3,411円 120,941円
3位 3WiMAX(スリー・ワイマックス) 3,615円 137,870円
4位 DTI WiMAX 3,760円 134,850円
5位 @nifty(ニフティ)WiMAX 4,100円 148,188円
6位 So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+ 4,179円 117,592円
7位 GMOとくとくBB(キャッシュバックキャンペーン) 4,263円 114,360円
8位 BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 4,380円 126,382円
9位 UQ WiMAX 4,380円 148,628円

キャッシュバックキャンペーンのあるGMOやBIGLOBEは月額料金が高い

高額キャッシュバックキャンペーンが魅力のGMOとくとくBBやBIGLOBE、So-netなどのWiMAXプロバイダですが、毎月支払う月額料金は4,000円以上と他のプロバイダと比較して高め。キャッシュバック特典があるので3年間の実質負担費用は安いですが、月々の価格は高いこと、またキャッシュバックが万が一受け取れないとかなり高額なWiMAX料金になる点に注意が必要です。

本家UQ WiMAXや家電量販店も毎月の支払い料金が高い点に注意

WiMAXプロバイダの本家とも言えるUQ WiMAXですが、ギガ放題プランの月額利用料金が最も高い料金となっており、また割引金額の大きなキャンペーンも無いため、3年間の負担費用も最も高い料金プランとなります。認知度の高いUQ WiMAXですが、毎月支払う料金の負担は大きいことを知っておいてください。
 
また、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどの家電量販店の店舗・店頭でWiMAXを契約することが可能ですが、UQ WiMAXと同様に月額利用料金が高い点に注意が必要です。

キャッシュバック割引も考慮、実質負担価格が安いWiMAXプロバイダ

毎月の支払い金額が多少高くても、契約期間のトータルで安ければそれが良い」という方におすすめは、実質の月額負担価格でWiMAXプロバイダを比較する方法。WiMAXの月額利用料金に加え、各種手数料なども加味した支払い総額からキャッシュバックの特典金額を差し引いた実質負担総額を計算、実質の月額負担が安いプロバイダのランキングを作成しました。

月額ベースの実質負担価格が安いWiMAXプロバイダランキング

月間7GB制限プランでもギガ放題プランでも、キャンペーンなどをすべて考慮した実質の月額負担価格が最も安くなるWiMAXプロバイダは下記の5社です。
※料金はギガ放題プランで契約した場合の料金です。

ランキング WiMAXプロバイダ 月額ベースの実質負担価格 (参考)3年間の総額
1位 GMOとくとくBB(キャッシュバックキャンペーン適用) 3,177円 114,360円
2位 So-net(ソネット)モバイルWiMAX 2+ 3,266円 117,592円
3位 Broad WiMAX(ブロードワイマックス)) 3,359円 120,941円
4位 BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+ 3,511円 126,382円
5位 カシモ・ワイマックス 3,585円 129,068円

Broad WiMAXとカシモは、月額支払いも契約3年間の総額も安い

月額利用料金の最安ランキングでも上位となるBroad WiMAX(ブロードワイマックス)とカシモは、契約3年間での実質負担費用も安く、2つの月額料金の考え方のいずれでも最安のWiMAXプロバイダ
 
キャッシュバックキャンペーンはあるが月額料金の高いプロバイダと異なり、月額料金が安いため万が一の途中解約時のリスクも小さく、「不要なリスクは避けたい」方におすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBやSo-netの実質料金は安いが、特典受け取りが遅い

GMOとくとくBBやSo-netなどのプロバイダの実質負担月額料金が安くなるのはキャッシュバック特典が大きいから。逆にWiMAXの月額利用料金は比較的高めだったり、キャッシュバック特典の受け取りは契約開始約1年後と、特に契約1年目の費用負担が高いのが特徴です。

料金支払い方法はクレジットカードが前提、口座振替は費用が変わる

実質負担価格の比較で1点注意すべき点は、WiMAXの料金の支払い方法がクレジットカードである場合を前提としている点。もし銀行の口座振替による料金支払いを希望している場合、契約できるプロバイダが限られ、また一部キャンペーンが適用されないために費用が上がる点に注意が必要です。

毎月の支払い金額も実質料金も安い!おすすめはBroad WiMAX

BroadWiMAX

毎月支払う月額利用料金が安いWiMAXプロバイダを選ぶか、実質の月額負担価格が1円でも安いWiMAXプロバイダを選ぶかはあなたの好み次第。ですが、当サイトでおすすめするのはリスクが少なく安心して、かつ最もお得なクラスの料金で利用できるBroad WiMAXです。
 
月間7GB制限プランは月額2,000円台、ギガ放題は月額3,000円台と、毎月の費用負担が少なく安心してWiMAXを継続利用できる上、契約期間3年間の実質負担総額で他のWiMAXプロバイダと比較しても遜色ないお得な料金。

お得なAmazonギフト券キャンペーンは当サイト限定で申し込み可能

Amazonギフト券10,000円分プレゼント
当サイト限定のAmazonギフト券1万円分プレゼント

月額料金のお得なBroad WiMAXをさらに安く利用できるのが、当サイト限定のAmazonギフト券1万円分プレゼントキャンペーンで、当サイト限定で申し込み可能なキャンペーン。他プロバイダのキャッシュバックキャンペーンとは違い、契約後すぐに申請できるので受け取り忘れのリスクがない点もメリット。
 
月額料金にこだわりたいあなたにピッタリのWiMAXプロバイダこそ、Broad WiMAXだと思います。これを機会にぜひBroad WiMAXの詳細や当サイト限定のキャンペーン情報をチェックしてみてください!

【Amazonギフト券キャンペーンも!】